5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【白蛇伝】東映動画の長編アニメーション【長靴】

1 :鳳未鳴朝陽:02/07/08 00:42 ID:5xS/1Nic
 日本のアニメーション史、また宮崎・高畑アニメを語る上で欠かせない東映動画の長編アニメーションのスレッドです。 東洋初のカラー長編アニメーション『白蛇伝』から、
 東映動画のマークにもなった『長靴をはいた猫』、そして隠れた名作『龍の子太郎』辺りまでの“良き時代”を中心にマターリと語り合いましょう。

参照:太陽の王子 ホルスの大冒険
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1011008543/l50

◆このスレの対象外
・独自のスレがあるもの。『太陽の王子ホルスの大冒険』(の個別の話題)のほか、
『サイボーグ009』『マジンガーZ』『宇宙円盤大戦争(UFOロボグレンダイザー)』『銀河鉄道999(劇場版)』など
・東映ならびに東映動画(東映アニメーション)制作のTVアニメ全般

◆このスレに含まれるもの
・東映動画の劇場公開を前提としたオリジナル短編
(『こねこのらくがき』『ハヌマンの冒険』『これがUFOだ空飛ぶ円盤』など)
・同中編(『きかんしゃやえもんD51の大冒険』など)
・『金の鳥』(1987)までの劇場用の名作系アニメーション(『アラジンと魔法のランプ』など)
・東映まんがパレード/まんが祭り/アニメフェスタなど全般の話題

◆グレーゾーン
・東映動画制作ではないが、主要スタッフや作風が重なるもの(『草原の子テングリ』など)。
 但し、「ハイジ」「世界名作」など独自スレッドの存在するものは除く
・東映動画(アニメーション)制作のTVスペシャル
・日本動画などの『白蛇伝』以前の国産アニメーション(『くもとちゅうりっぷ』など)
・東映動画系の影響が濃厚な現在の作品(『アリーテ姫』など)

2 :鳳未鳴朝陽:02/07/08 00:45 ID:5xS/1Nic
◇DVD情報
http://www.toei-video.co.jp/data/campaign/tokutoku.html
 を参照されたし。2002年7/21に、
『白蛇伝』『少年猿飛佐助』『太陽の王子ホルスの大冒険』『長靴をはいた猫』『どうぶつ宝島』が
各\4500でリリースされます(レンタルもあり?)。他にDVDはないはずです。
 LD/VHSでなら主要長編の殆どは販売されていました。中古/レンタルをこまめに探せば見つかる可能性あります。

◇参考資料
「作画汗まみれ」大塚康生 徳間書店 1982(AM文庫)/2001
「東映動画 長編アニメ大全集(上下)」徳間書店 1978
(古い本ですが、『まんだらけ』などで定価以下で入手できると思います)
「日本アニメーション映画ポスター史(上下)」徳間書店 1987(AM文庫)
他に
「劇場アニメ70年史」徳間書店 があります。

3 :すさのう:02/07/08 11:03 ID:???
>>1さん
スレ立てお疲れさまです。

「わんぱく王子」は子供の頃、東映まんがまつりで観て、
絵本も持っていたので一番思い入れのある作品です。
DVD化(販売用)されるのは冬あたりでしょうかね。
今から楽しみです。

「少年猿飛佐助」はデパートの屋上で、覗き穴のような
機械でよく見ました。10円入れて双眼鏡のようなメガネに
眼をあてて見るヤツです。覚えてる方いるかな?
いつもいいところでガシャッと無惨に終わってしまい、
ガッカリしたものです。これからもヨロシク。

4 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/08 12:59 ID:???
白蛇伝は宮崎監督が見て、アニメに目覚めた作品だってね。
区立の視聴覚ライブラリーにフィルムがあるかもしれんな、今度捜してこよう・・・

5 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/08 13:26 ID:rEb.lOKQ
白蛇伝は声優の下手さにクラクラしますた。

6 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/08 18:07 ID:kbtILOAc
「長靴をはいた猫」大好き!
ローザ姫をずっと「姫」と呼んでいたピエールがラストに初めて
「ローザ!」って呼ぶところが良かった。
「カリオストロの城」のクラリスも最後にルパンの名前を言うんだよね。

7 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/08 18:10 ID:kbtILOAc
「ぺロ!おまえはネズミを助けた。なぜだ!!」
「月がとっても青かったからね」

8 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/08 18:54 ID:???
「白蛇伝」はうれしい。
あとはLDがあるから、いならい。
「80日間世界一周」が入ってないのが残念か。
それにしても大好きで、大好きで、大好きだった
ペロなのに、大っ嫌いななべがあてていると思うと
鬱になるよ。子供の時は気にならなかったのに。

9 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 00:52 ID:..8kfx8g
>>3 すさのう様
 こちらこそ、宜しくお願い申し上げます。

「わんぱく王子」をリアルタイムでご覧になっていたのですか!
 当時の他作品と比較しての印象などお聞かせいただければ幸いです。
(前年の「アラビアンナイト」との作風の違いは際立ってますね。「ガリバーの宇宙旅行」は
雰囲気を巧く残しているように感じられます)
 絵本というのも、当時のものならかなり貴重な筈です……羨ましい!!
 あの独自の平面的な絵柄での絵本ならさぞや魅力的なものでしょう!

>「少年猿飛佐助」はデパートの屋上で、覗き穴のような
>機械でよく見ました。10円入れて双眼鏡のようなメガネに
 世代的には全然違うはずなのですが(笑)、その機械知っていますよ。
私が知ってる奴の中身は「一休さん」「ダンガードA」等の東映系(!)のテレビアニメの奴でした。
しかし、長編がこんなところで「どさまわり」していたとは驚きです。
(そういえば、「太陽の王子」等は学校等の上映用に16mm版があったそうで、
アニメファンダムの黎明期にはそれを借り出してきて上映会をやっていた……と伝え聞きます)

>>4
(知ったか知識ですいませぬ!)
一説には「白娘萌〜」だったとか(笑)。萌えの元祖といいたいとこですが、森康二先生は
「くもとちゅうりっぷ」のてんとう虫さんに萌えてたとも聞いたことありますし……。
日本のアニメはかなり初期から萌えとメカ(「桃太郎海の神兵」の兵器描写)は必須だったのかも
しれません(笑)。しかし「萌」が一つの文化を作り上げたのは事実です。
 なお、「白蛇伝」は何度かVHSにはなっていてセルとレンタルがあった由なので、
フィルムを借り出す用はないと思いますが……。セルは1999年版を私は持っています。

10 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 00:54 ID:/95cmCLs
>>5
まだ、アニメ声優の概念がない時代でしたから……。森重久弥氏と宮城まり子氏が
全ての役をあててられますね(これは意図的なのか?)。
さすがに長編2作目の「少年猿飛佐助」からは各キャラに役が振られてますね。

>>6
そこまで共通性があると、「カリ城」は「長靴」のリメイクにさえ思えてしまいます。
(画面設計の共通性は周知の通り!)
でも、ピエールとペロを足して2で割ればカリ城ルパンに……ならないか。
あ、でもあのラストシーンは「もののけ」のアシタカとサンにも被るかな?


>>7
>「月がとっても青かったからね」
ペロってキャラクターのカッコ良さが、この一言で表現しきれているようにさえ思います。

>>8
ペロの声は、長靴3部作で全部違うんですね……。
「長靴をはいた猫」石川進
「ながくつ三銃士」鈴木やすし
「長靴をはいた猫 80日間世界一周」なべおさみ
 ……お好みは、どれでしょう?
(私は初代の石川進しか聞いてないので……^^;) 

11 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 01:11 ID:/95cmCLs
あと、暫くはage進行にしませんか? 「懐かしアニメ板」の中でも埋没の虞れはありますゆえ。

12 :通りすがり:02/07/09 09:36 ID:???
前に似たスレ立った時も書いたけど、
中篇の『夢見童子』ってのが観たいんだよね。
とにかくソフト化どころか、近年上映もされた記憶もない。
あと『ひょっこりひょうたん島』
観たことある人や詳細知ってる人レスきぼ〜ん。

13 :すさのう:02/07/09 22:19 ID:???
「わんぱく王子」をリアルタイムで観たといっても、
ほとんど記憶がありません。ただ「大蛇(おろち)」が
ぬ〜んと出てきたシーンは子供心に怖かった記憶があります。
普段、白黒の小さいTVでしか映像を見たことのない子供が、
いきなりあんなに大きなスクリーン、しかもカラーで
大蛇の登場に遭遇するのですから、怖いですね。
でも、その大蛇の首を縫うように駆け抜ける、すさのうの
手綱さばきは心躍りました。

あの作品以降、東映キャラの顔が決まってきた感じがします。
「宇宙っこジュン」や「長靴シリーズ」「ハッスルパンチ」等、
口が半月のようになりましたね。とっても可愛い。

「ひょっこりひょうたん島(アニメ版)」も初日に親に
連れられて行ったんですが、初回の特典にドン・ガバチョの
メダルを貰って嬉しかった思い出があります。その時だったか
忘れましたが、同時上映の「赤影」が立体だったんです。
あらかじめ入場時に3Dメガネが配られており、スクリーンの中の
赤影が「さあ、メガネをかけよう!」と子供達に指示するのです。
飛び出て見えたかはあまり覚えてません。

14 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:19 ID:tuX6izwU
>>12 通りすがり様
前スレがあったんですか……どなたかのサルベージしていただけないでしょうか?

『夢見童子』ですか。『東映長編アニメ大全集(上)』での紹介しか観た事ないですが
あれはどれほどに上映の機会あったのでしょう? 歌にアニメーションが付いてる、といった作風で興味津々です。『白蛇伝』と雰囲気が似てるなぁと思ってたら、
白蛇伝の半年前に完成していたんですね。
(あの辺の短編と中編纏めたDVDを出してくれたら絶対に買ってしまいそう)

 完成順に並べてみると……
『こねこのらくがき』(モノクロ)S32,5
『ハヌマンの新しい冒険』S32.10※
『かっぱのパァ太郎』(モノクロ)S32.11
『夢見童子』S33.4
(この間に『白蛇伝』)
『みんなでいっしょにうたいましょう』S33.12※
『こねこのスタジオ』S34.4
『たぬきさん大当り』S34.6
『熊と子供たち』S34.10※
(この間に『少年猿飛佐助』)
『もちつもたれつ』S34.12
(この間に『西遊記』と『安寿と厨子王丸』)
『ねずみのよめ入り』S36.10
『鉄ものがたり』S37.4
『もぐらのモトロ』S37.7

……大きく時代は離れて(笑)『これがUFOだ!空飛ぶ円盤』(S50.3)
<※はバンコクのアメリカ大使館委託制作で非公開>

 東映より、アニドウにでもお願いした方が日の目を見る可能性はあるかもしれん(笑)。
 にしても、※なアメリカ大使館委託制作アニメは、どなたかご覧になった勇者はいらっしゃるでしょうか?
 キャラスケッチやエピソードこそは「作画汗まみれ」でも紹介されていますが……。台詞はタイ語かしら?
(『ねずみのよめいり』が昭和54年の「東映まんがまつり」で再上映されてたのには吃驚しました……)

15 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:20 ID:tuX6izwU
『ひょうたん島』も『東映長編アニメ大全集(上)』で紹介されていますね。というか、
ひょうたん島=人形劇のイメージ強すぎて埋もれてしまってるのかもしれないですね。
スタッフはテレビアニメ系の人が中心だったそうで。それでもシネスコで61分ですから
“東映動画長編”のひとつといえるのでしょうか。
 井上ひさしと山元護久の「ひょうたん島」コンビは『アンデルセン物語』『長靴』の脚本もやってて
東映動画とは縁浅からじ、ですな。

16 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:23 ID:tuX6izwU
ここで、長編のリストでも上げておきます。オリジナル作品以外も混みにしていますが、昭和50年代の作品は
制作が「東映動画」とクレジットされているものに限っています。日付は封切り規準です。
(LDはLDの発売が確認されたもの、VHはVHSの発売が確認・推測されたもの、VLは両方が確認されたものです
調査をしたわけではないので、漏れは多いと思います。『西遊記』『安寿』辺りは出てそうな気がしますし)

S33.10『白蛇伝』VH
S34.12『少年猿飛佐助』LD
S35.8『西遊記』
S36.7『安寿と厨子王丸』
S37.7『アラビアンナイト シンドバットの冒険』
S38.3『わんぱく王子の大蛇退治』LD
S38.12『わんわん忠臣蔵』LD
(S39は長編なし)
S40.3『ガリバーの宇宙旅行』LD
 参S41.7『サイボーグ007』
S42.3『少年ジャックと魔法使い』LD
 参S42.3『サイボーク009 怪獣戦争』
(これより長編もTVアニメと組み合わせた所謂「まんがまつり」式の一部となる。「まんがまつり」はS39.7の「まんが大行進」より開始)
 参S42.7『ひょっこりひょうたん島』

17 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:26 ID:tuX6izwU
(長編2本/年の確立)
S43.3『アンデルセン物語』LD
S43.7『太陽の王子ホルスの大冒険』VL
S44.3『長靴をはいた猫』LD
S44.7『空飛ぶゆうれい船』LD
S45.3『ちびっこレミと名犬カピ』LD
S45.7『海底3万マイル』LD
S46.3『どうぶつ宝島』LD
S46.7『アリババと40匹の盗賊』LD
S47.3『ながくつ三銃士』LD
S47.7『魔犬ライナー0011変身せよ』
(この辺から、崩れ出すような……)
S48.3『パンダの大冒険』
 参S48.7『マジンガーZ対デビルマン』LD
S49.3『きかんしゃやえもんD51の大冒険』
 参S49.7『マジンガーZ対暗黒大将軍』LD
S50.3『アンデルセン童話 にんぎょ姫』LD
 参S50.3『グレートマジンガー対ゲッターロボ』LD
 参S50.7『Gマジンガー対ゲッターロボG対空中大衝突』LD
 参S50.7『宇宙円盤大戦争(UFOロボグレンダイザー)』
S51.3『長靴をはいた猫 80日間世界一周』LD

18 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:26 ID:tuX6izwU
(シネスコ、そして東映動画長編の終焉)
S54.3『龍の子太郎』LD
 参S54.8『銀河鉄道999』VL
S55.3『森は生きている』
 参S55.4『地球へ…』
 参S55.7『キャプテンハーロック』
 参S55.10『サイボーグ009 超銀河伝説』
S56.3『白鳥の湖』
 参S56.8『さよなら銀河鉄道999』VL
S57.3『アラジンと魔法のランプ』
 参S57.3『1000年女王』
 参S57.4『浮浪雲』
 参S57.7『Dr SLUMP』
 参S57.7『わが青春のアルカディア』
S57.11『198X年』
S58.3『イソップ物語』
 参S58.7『パタリロ スターダスト計画』
 参S61.3『北斗の拳』
S62.3『グリム童話 金の鳥』VH
(オリジナル作は4年ぶりにして、これが最後となる)

19 :鳳未鳴朝陽:02/07/09 23:42 ID:tuX6izwU
>>13 すさのう様
 
>ただ「大蛇(おろち)」がぬ〜んと出てきたシーンは子供心に怖かった記憶があります。
 LDかDVDを手に入れたら、部屋真っ暗にしてプロジェクタで確認してみたいと思います(笑)。

>普段、白黒の小さいTVでしか映像を見たことのない子供が、
>いきなりあんなに大きなスクリーン、しかもカラーで
 あの時代の映画の意味合いを感じますね。今はお家で大画面の時代……。私なぞお家に大画面入れたら
映画館いく機会が更に減ってしまいました(笑)。“まんが映画”に魅力的なものがないのも理由ですけど。

>あの作品以降、東映キャラの顔が決まってきた感じがします。
 森康二氏のセンスが目立ってきた印象ありますね。そのまま日本アニメーション系に引き継がれていくわけですが。
 私も「わんぱく王子」以前以後は節目として大きいと思っています。

>口が半月のようになりましたね。とっても可愛い。
 同意です。私もギリギリあの顔を観て育った世代ですんで(笑)。

 あと「ひょうたん島」S42.7(東映まんがまつり)の併映は「黄金バット」「魔法使いサリー」「キャプテンウルトラ」
の3本で、「赤影」ではなかったようです。
 ただ、「赤影」の3D映画は面白そうですね。主人公にさぁメガネをかけようと云われ、主人公の仮面のようなメガネ
(そんなデザインですよね?)つけるとは一種のヴァーチャルリアルティ(←死語)かもしれませぬ。

20 :ほいほい:02/07/09 23:46 ID:89zBxts2
>>10
「カリ城」のリメイクというなら、
最初の「長猫」より3作目の「80日間世界一周」です。
ラストの山場が、時計塔の中の追っかけシーン。
大時計の歯車を利用したりと、ほとんど元ネタ。
でもこの3作目は宮崎は関与していないのよね。
「長猫」は1作目ばかりが語られますが、
たしかに1作目が最高で、素晴らしいですけど、
2作目の「三銃士」題名とまったく違う西部劇なのですけど、
ヒロインのアニーがなかなか良かったですよ。

21 :すさのう:02/07/10 16:02 ID:???
『こねこのらくがき』その他の資料感激です。
子供の頃、田舎の親戚の家に行った時、偶然その中の
1作品をテレビで見ました。そして記憶も新しい内に、
地元神社の境内にて「こども映画会」の演目として上映され再会。
その後も小学校の映画会にどさまわりでやってきて、再び観賞。
「これ好きなんだよネ…」と一人ほくそ笑んで観ました。

内容は確か、クマや猫、うさぎ等の小動物(猫の目は切れ長)が、
助け合ったりしてる内容の… ああ、全然思い出せない…

【記憶を振り絞って出てきたシーン】
煙が出てきた
汽車or電車に乗るor電車ごっこ
最後小さくなってどっかへ行ってしまう
動物たちがパニクる
皆で仲良くおやつを食べている

書いてくださったリストの中に絶対あるはずです。
「もちつもたれつ」がなんだかあやしい感じ。
その本(大全集)欲しいなあ。中古屋で探してみます。

22 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/10 17:46 ID:???
殆どオナニースレだな
晒しage

23 :鳳未鳴朝陽:02/07/10 23:49 ID:/qIM9Jew
>>20 ほいほい様
 リメイク、というのはあの城絡みのシーンを宮崎氏がやっていたから……位のニュアンスです。
 あと、ラストの格好良い方の(笑)ピエールとルパンは立ち位置がダブらなくもないですし、
お姫様はクラリスだし、魔王ルシファは公爵だし……いいだしゃキリないな。
 「長靴80日間」の方は宮崎氏が手がけていない以上、リメイクと云うより模倣……なのでしょうね。
(ペロ、って立ち位置がどうみても“主人公”じゃないんですよ)

 に、しても「歯車」絡みのシーンは誰が創始者なんでしょう。『モダンタイムス』以前にあったのかしらん?
(映画史は不勉強なので……)

 それは兎も角、『三銃士』『80日間世界一周』の方は今までどうしても二級作のイメージがあって
(東映動画から大塚・高畑・宮崎の三氏が去ったあとの作品と云う事もあり)
積極的に観る気にはなれなかったのですが、面白そうなので比較の意味も込めて、“機会があれば”
(LD探すか、DVDを待つか……)観てみたいと思います。
(そういえば、このスレでの私の発言全般なのですが、「観てもないクセに偉そうに」が結構あるかも。
御許しあれ。ホルススレでも記しましたが、資料から入った若輩者ですので……)

 アニーはスチルで見ましたが、なかなか可愛いですな。


>>14 自己レス
 14の短編リストの方、間違ってました。
『もちつもたれつ』S34.12 は無印としましたが、※印付のアメリカ大使館委託作品です。
 地域同士、国同士みんなで協力して、全体主義(=共産主義)と戦おう……という趣旨の反共シリーズ(笑)の
一本。「長編アニメ大全集」にもスチルが載っていない幻の一本です。ちなみに『ハヌマンの新しい冒険』は
タイの神様ハヌマーンが共産主義勢力っぽい敵と戦う話、『熊と子供たち』は熊(露西亜のメタファ)と中国人の
子供が、各国の子供を襲っていく……(最後に熊と中国の子供が大喧嘩、ってオチは多分ないはず^^;)とかいう
内容だったそうで。社内では“仕事と割り切って”嫌々作ってたとか。

24 :鳳未鳴朝陽:02/07/10 23:51 ID:/qIM9Jew
>>21 すさのう様
 モノクロ作品でしたら、それは『こねこのらくがき』だと思われます。汽車とか出てきますので。
>内容は確か、クマや猫、うさぎ等の小動物(猫の目は切れ長)が、
 スチルで見ると猫の目は如何にもな森康二キャラで真ん丸ですけど……うーん。

 しかし神社の境内の映画会、とか小学校の映画会、というシチュエーションは似合いそうですね。
(前者は、野外ですよね……。外で映画を観る機会というのは失われて久しいですねぇ。まぁ公民館とかの
視聴覚室が整ったがゆえの、発展的解消なんでしょうが)
 小学校の映画会は私の頃はまだ残ってて昭和55年頃「ハイジ」の劇場版を体育館で観た覚えがあります。

 徳間書店の『東映長編アニメ大全集(上下)』はA4ハードカバー各300頁以上の分厚い本です。定価は\2500×2。
 私は5年前に二冊組\7000で購入しましたが、復刻したらもっと高い本になってしまうことでしょう……。
渋谷や中野の「まんだらけ」でなら偶に見つかります。探してもよろしいですよ。
 この本があると取りあえず、「しったか君」はできますので便利です(笑)。ただ、資料的価値は大きいのですが
ストーリィの要約の仕方はまずく、これ読んでも各作品を観た気分になれないのは問題あり。1978年という
アニメに関する出版物がようやく出回り出した頃のものなので、その辺りはしかたないのかもしれませんが。
 そろそろ新装版が必要かもしれませんね。
(ところで、このスレの方で、この本を他にお持ちの方いらっしゃいますか?)

 大塚康生の『作画汗まみれ』(徳間書店)も良い本。此方は2001年に新装版(A5ハードカバー)が出ていて、
入手されやすいと思います。設立期から「太陽の王子」辺りまでの内側からみた記録といった案配でしょうか。
資料というより、回想&エッセイなので読み物としても面白いものです。

25 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/11 00:52 ID:FN8S6Y1Q
「空飛ぶゆうれい船」
ボアジュースのCMソング良く出来てると思いませんか?
何故って
♪ゴーックリ、ゴックリコンとボーアジューゥスッ
て今でも歌えるもんなぁ…

ボロボロの幽霊船に見えて実は最新鋭の戦艦って設定がええなぁ。
雲海に浮かぶ幽霊船が被弾し、ゆっくりと雲間へ沈没、空中を落下して
海面へ叩きつけられ巨大な水柱、をロングで撮ったシーン
ほか好きなシーンがいっぱい。

26 :鳳未鳴朝陽:02/07/11 03:06 ID:7LTUyenI
◇DVD情報◇
8/9 『西遊記』
9/21 『安寿と厨子王丸』
10/21 『シンドバットの冒険』『銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999』『銀河鉄道999エターナルファンタジー』

各\4500 高いぞ東映!(東宝ほどボッタくってないけど)。あとさっさと『わんぱく王子』も出せぇ!
(順序的には11月の可能性が高そう……)
『長靴』の続編と、『空とぶゆうれい船』の予定が見えないのも、辛し……。

27 :鳳未鳴朝陽:02/07/11 03:23 ID:7LTUyenI
上記追加。
8/9 『わんぱく王子の大蛇退治』
9/13 『わんわん忠臣蔵』
10/11 『ガリバーの宇宙旅行』
が、“レンタル”で出るから、セルも近いか。レンタルがあるのは良心的と云えるかも。

28 :鳳未鳴朝陽:02/07/11 04:25 ID:7LTUyenI
>>25
偉そうなこと云ってる割には未だ『ゆうれい船』は観てない私……。あまり石森作品が好きではないので
避けてたんですけど……でも、宮崎氏の戦車のシーンとか見所あるわけですから、LD見つけたら抑えて
おこうかしらん(DVDはいつになるやら……)。ゆうれい船が飛んでるところは綺麗そうですし。

ボアジュースCM、TV放送時にはスポンサーの要請でカットされたとか。今の目で観ると、缶ではなく
瓶入りというのが時代を感じさせますね。余談ですが、急行電車のテーブルには「センヌキ」が付いていた
時代の事ですよねぇ(21世紀になっても、北陸本線の普通電車にその「センヌキ」残ってたのを見たとき
にはビクーリしましたが)。
 そういえば、昔はコーラは習慣性があるとか、骨が解けるとか云われてましたよね(笑)。

29 :名無しさん@お腹いっぱい:02/07/11 05:03 ID:???
あげ

30 :すさのう:02/07/11 06:50 ID:???
>>24 鳳未鳴朝陽さん
「こねこのらくがき」であろうとのこと。
わざわざ調べて下さったみたいで、感謝感激!です!
どことなく「少年猿飛風」の印象があったので、
猫の目は切れ長だと思い込んでいたようです。
神社の境内の映画会は、たぶんスクリーンを木の枝を
工夫して吊っていたような風情… 町内会のおじさんに小さな
袋入りお菓子を貰って、ござの上で観賞していました。
とっても楽しく(・∀・)イイ! 時代だったなあ。

書籍情報もありがたかったです。大塚さんの本、読んでみます。
都内に住んでいるので「まんだらけ」もチェックしてみますね。
色々ご親切にありがとうございます。嬉しかったです。

「ゆうれい船」の上映とコカコーラの習慣性(中毒性?)が問題に
なっていたのは、ほぼ同じ頃だったかな?
ボアジュースは確か緑色の炭酸飲料だったけど、身体が溶けてゆく
描写がコーラの噂とシンクロして不安になった記憶があります。
少なからず、大手コーラメーカーからクレームがあったのでは
ないでしょうか。宮崎氏の戦車のシーンって悪役ゴーレム(ロボット)が登場して
街を荒らすシーンですね。このゴーレム憎たらしかった。
印象に残ってるシーンは、お屋敷の大きな窓。がいこつ船長が、
窓に大きく映る(覗いていた?)シーンです。カーテンがバサッと
翻って迫力ありました。もう一度大画面で観たいなあ。

31 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/11 07:02 ID:???
>>17―18
リストお疲れ様です。
こーやってあらためてみると、『太陽の王子ホルスの大冒険』で一皮向けた、
とゆーか、娯楽性がアップしたように思えます。
(それ以前の作品は「サイボーグ009」の二本を別にすると、垢抜けないと
ゆうか、タルい気が・・・・)
S43〜47ってホント黄金期ですね。この時期の作品のDVDがほしくなっちゃいました。

32 :25:02/07/11 11:09 ID:/eszBVMs
>>28
>ボアジュースCM、TV放送時にはスポンサーの要請でカットされたとか
そうそう。ところがあのボアジュースの件、後半の重要なキーポイントじゃないすか。
(隼人が飲んでいたため、苦しみだしその結果ゆうれい船のXXが○○して…)
複線もへったくれもなかったようで。

宮崎御大は「民間人が右往左往する市街地に臨戦態勢の戦車」ってシチュエーション
が好きなのかな。「さらば愛しきルパン」でも同じシーンやってましたね。
いや確かにこれは観ていて面白い。今度は映画でやってくれんかな。

33 :_:02/07/11 15:25 ID:bCK0tdCA
でもボアジュースで人が溶けるのとボアの野望ってどう結びつくので
しょうか。そこがいまいち不明確でしたが。
 私なりにかんがえていたのですが

 ジュースを飲む→体が溶ける→溶けた体が下水に流れる→
下水を伝って海に至る→ボアの養分になる。

 こうでしょうか。

34 : :02/07/11 16:47 ID:H.wvGgVY
コカコーラは、クエン酸などの有機酸ではなくて、安いリン鉱石から
作られる燐酸を酸味料として使っているのだけど、燐酸を取ると、その
強い酸性が血液中のカルシウムと結びついて、尿から排出される傾向が
高まるので、骨中カルシウムが減って、弱くなる、成長に害がある、
骨折しやすくなる、という。
 そのほか習慣性を高めるためにカフェインをコーヒーとは比べ物に
ならないほど多量に含んでいる。そのため中毒した小学生も現実に
いた。なぜか飲みたくなるように、くわえてあるものだ。

小学生にはコーヒーなどのカフェイン含有物も、多量のチョコレート摂取
も有害。

35 :鳳未鳴朝陽:02/07/12 00:19 ID:???
>>30 すさのう様
 
>神社の境内の映画会は、たぶんスクリーンを木の枝を
>工夫して吊っていたような風情… 町内会のおじさんに小さな
>袋入りお菓子を貰って、ござの上で観賞していました。
 凄く楽しそうですね……。いかにも昭和の一光景って感じです。そして掛けるフィルムには
森康二氏の可愛く素朴なキャラ……。
 映画館(含む公共施設)とも、ホームシアターとも違う魅力的な環境には惹かれます。

>ボアジュースは確か緑色の炭酸飲料だったけど、身体が溶けてゆく
 噂との連動をねらっていたのかしらん? 際どい演出ではあります。

>がいこつ船長が、窓に大きく映る(覗いていた?)シーンです。
 スチルで観ても格好良いですね。このセンスも宮崎氏なのでしょうか。

>都内に住んでいるので「まんだらけ」もチェックしてみますね。
 連絡したい事がありますので、この書込みのメールアドレス(捨て用)に一報くださいまし。

36 :鳳未鳴朝陽:02/07/12 00:21 ID:Bc05xBKI
>>31
いえいえ、リストは文献からの引き起こしですから。

>こーやってあらためてみると、『太陽の王子ホルスの大冒険』で一皮向けた、
 大方同意ですが、『太陽の王子』が余りに突出した印象ありますね。東映動画長編の予告編は
大抵「お子様向け」に作られますが、『太陽の王子』に関しては違和感がかなりありますから。
以後の『長靴』『どうぶつ宝島』ではそれまでは感じられないんですよ。

>(それ以前の作品は「サイボーグ009」の二本を別にすると、垢抜けないと
 正直申せば、私もその辺の作品を観るときは「古いものだから」という心のフィルターを掛けて
しまいます。まぁ『太陽の王子』も初めて観た10年前は「古いもの」フィルタかけてましたが(笑)。
慣れってやつですね。あ、勿論、私は今のアニメ(地上波と少し古めのOVA)も楽しんで観てますよ。

>S43〜47ってホント黄金期ですね。この時期の作品のDVDがほしくなっちゃいました。
 激しく同意。あ、でも1970年の『ちびっこレミと名犬カピ(家なき子)』は個人的にはイマイチ。
垢抜けない路線に逆戻りしてしまったようで。でも翌年が『どうぶつ宝島』だからいいか(笑)。

>>32 25様
>宮崎御大は「民間人が右往左往する市街地に臨戦態勢の戦車」ってシチュエーション
 ジブリになってからやってないですねぇ……。そーいうシーンのある作品はもう作る気ないのかな。
(『豚の虎』でもアニメ化してくれれば、そんなシーンあってもいいかしらん? ちと違うか)

37 :25:02/07/12 11:28 ID:???
>>32
>「複線」もへったくれも…
→「伏線」ですね失礼m(__)m

38 :すさのう:02/07/12 16:55 ID:???
>>35 鳳未鳴朝陽さん
さっきメール送りましたよ

39 :ほいほい:02/07/13 01:13 ID:txwPN.mg
>>28
「空飛ぶゆうれい船」を未見とは、
まだこれから初めて見れる楽しみがあるってことですね。
宮崎駿の戦車シーンが有名ですが、
アニメーターとしての宮崎は、ああゆうのが描きたいんだなと。
「さらば愛しきルパンよ」で、も一回やったし。
アスファルトを砕きながら、車を踏み潰しながら進むキャタピラ、
このシーンで何人死んだ、いや何人殺したんだ。(アニメーターを)
ボアジュースが劇中で流行っているってのには、
ボアジュースを飲んで海底旅行に行こう、キャンペーンが人気あったから。
それとあの、コマーシャルソングですね。
当時のCMパロディがいっぱい詰まっていました。
3杯やっかボーアジュース、くしゃみ3回ボアジュース、
はっぱふみふみボアジュース、おと〜さ〜ん。元ネタ分かりますか。
主題歌は、オープニングのスキャット、怖くてよかったです。
そしてエンディングは、それまで暗いトーンだった作品が一転明るくなり、
「隼人のテーマ」がかかるんです。♪ゴー アヘッド キャプテンハヤト♪
この歌、カラオケでよっく歌いましたよ。他に誰も歌わなかったけど。
これと「海底三万マイル」の主題歌は、東映長編で一番好きです。

40 : :02/07/13 01:59 ID:zTcxQg1w
当時、PTA運動でコーラ反対がさかんに叫ばれておりました。
(その運動の中身はぜんぜん間違いではありません)
 さて、ソラ飛ぶ幽霊船は、多分劇場でコーラ類が売られて
いなかった時代のものではないか??? はたして。

41 :鳳未鳴朝陽:02/07/14 00:01 ID:BTAg80lc
>>39 ほいほい様

>まだこれから初めて見れる楽しみがあるってことですね。
 積極的に解釈してくださり幸いです。DVDがいつになるか分からないので、暫くは
LD探す楽しみもありそうで(苦笑)。

>このシーンで何人死んだ、いや何人殺したんだ。(アニメーターを)
 大藁(マジで)。それだけ凄いシーンなら是非とも拝まないとなりませんね。

>3杯やっかボーアジュース、くしゃみ3回ボアジュース、
>はっぱふみふみボアジュース、おと〜さ〜ん。元ネタ分かりますか。
 後者は分かりますが(パイロット万年筆)、前者は分からないですねぇ。
 そういった社会風刺的な部分も拝んでおかないと。

>この歌、カラオケでよっく歌いましたよ。他に誰も歌わなかったけど。
 X2000でしょうか? そういえばホルスの主題歌も割と昔から入ってました。この辺は
アニソン縛りのカラオケで歌っても誰も分かってくれない諸刃の剣(以下略)。

>これと「海底三万マイル」の主題歌は、東映長編で一番好きです。
 ぬお、これも未見。これも石森原作ですね。

>>40
>さて、ソラ飛ぶ幽霊船は、多分劇場でコーラ類が売られて
>いなかった時代のものではないか??? はたして。
 昭和44年ですから、映画館内でも売られてたと思いますが。冷静に考えればシュールかも。

42 :鳳未鳴朝陽:02/07/14 00:04 ID:BTAg80lc
 そういえば、東映動画長編というとシネスコ(東映スコープ)という印象がありますが、
長編2作目の『少年猿飛佐助』で導入しているのは見事という感じです。他の邦画洋画に合わせただけなのかも
しれませんが……。

 シネスコでの制作は『おやゆび姫』が最後になった模様で、
『龍の子太郎』から普通のビスタになってしまったのは残念な気がします。
さらに『銀河鉄道999』はあれだけ気合をいれた作品だったのに長編では『白蛇伝』以来の(笑)スタンダートに
なってしまいました。一部の映画館では『999』をビスタでかけてしまったそうですが、
意識的にしろ間違いにしろ気持ちは分かるような気がします。
 しかしDVD版で強引にビスタにしたのは(上下カットで!)酷い話ですが。LD持っててよかった……。
(一応東映ビデオには抗議済み……返事ないですが)

 まぁシネスコはテレビ、特に一昔前のそんなに大きくないテレビで鑑賞するのに向かない欠点はあります。
『龍の子太郎』は割とすぐにテレビで流れた記憶がありますが(1980の正月だったか)、
テレビへの再利用を考えて有効画面面積の狭いシネスコは避けられてしまったのかもしれません。
(これは映画全体に云える事でありますが。無論映写機が高価なのも大きいでしょう)
『太陽の王子』も私が初めて鑑賞したのは図書館の映像コーナーの14吋モニターで、
画面の半分が真っ黒で、迫力までは意識しないと感じ取れないものでした。

 幸いにも、今は家庭で液晶プロジェクタを導入できる様になりました(20万以下)ので
シネスコのアニメ(に限らず映画全般)鑑賞には理想的な環境を整えられます。
 白い壁があれば、部屋の壁の巾いっぱいを画面にすることだってできます(スクリーンが理想ですが)し、
16:9のビスタや4:3のスタンダート観る際にはズームで適切なサイズに調整すればよいわけで。
 そもそも劇場用作品は大画面で観る事を前提とした画面設計になっていますから、テレビの小さい画面で観ると
登場人物が小さくなり過ぎて迫力不足になることが多い由。スレ違いながらもこのスレッドではプロジェクタの導入を
お勧めしておきます。ワイドテレビ+αの出費ですよ?

43 :鳳未鳴朝陽:02/07/14 00:05 ID:BTAg80lc
 さて、上のシネスコに関する書込みの補足なんですが、『長靴をはいた猫』はシネスコ(1:2.35)と云われながらも
実際には今日のビスタ16:9(1:1.85)に近い画面比率…ですよね?
(自信がないのは手許にあるLD(東映ビデオ版の古いやつ。価格\9800でデジタル音声無。画質イマイチ)しか
資料がないから。まさかカットされてるとか?)

 翌年の『ちびっこレミ』に翌々年の『どうぶつ宝島』はシネスコ(1:2.35)に戻っているのですが。
 どなたか理由ご存知ありませんか?
 あと関係ないのですが、『どうぶつ宝島』でシルバーが海賊船で他の船を襲っているシークエンスの約5分に、
画面に奇妙な黄緑掛っているのも不可解な点です(フィルムの退色や劣化という感じではない)。これもどなたか
理由ご存知でないでしょうか? LDはバンダイビジュアル版で、画質面では文句無しです。

 最後に、シネスコというと「○○対○○」の類のロボットアニメも律義にシネスコで作られているのには
妙に感心させられます。『マジンガーZ対暗黒大将軍』は氷川竜介氏がやたら誉めてましたっけ。

44 :すさのう:02/07/14 09:46 ID:???
上記の>3杯やっかボーアジュース

これって伴淳(伴淳三郎)の酒のCM、
「一杯やっか?」のパロディーではないですか?
当時の一般家庭の食卓で頻繁に交わされていた名フレーズ
です。父さんはもちろん、子供までもがジュースを片手に
「一杯やっか?」とおどけていました。

45 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/14 09:54 ID:p3WJQ.Bw
>>43
シネスコなんかで作るからテレビ放映の時に敵の大軍団が
左右切られて戦力1/3(w
質問があるのですが「空とぶゆうれい船」のTV放映を
前後篇で放送する場合の前篇のあらすじのナレーション内容を
憶えておられる方はおられますでしょうか?

46 :ほいほい:02/07/14 10:40 ID:adG012NU
>>44
三杯やっかボアジュースは、おっしゃるとおり
伴淳三郎が出ていて人気のあった清酒の一杯やっか、からです。
>>41
はっぱふみふみボアジュースは、おっしゃるとおり
大橋巨泉が出ていた万年筆のCMからです。
くしゃみ3回ボアジュースは風邪薬の、くしゃみ3回ルル3錠から。
曲の最後のおと〜さ〜んは、味噌のCMのおか〜さ〜んからです。
>>45
わたしもそれ、覚えがあります。
前後2回の1時間枠に分けてTV放送されたのを。
1時間枠でCM抜いた正味時間の2回分でだいたい時間丁度だった。
それで、後編の最初にあったナレーション、覚えていません。
これを確認するのは、至難の技かな。
放送自体が相当前で、覚えている人もそういないと思うし、
ましてや録音、録画しているなんて考えられない。
放送した局にも、このような形の放送て、残っていないと思うし。

47 :鳳未鳴朝陽:02/07/16 02:18 ID:ISKzmdtQ
 東映動画長編と云っても、外れはあるわけで、個人的な「外れ」の話。
 観たのは今年に入ってからですから、当時の評価と違うのは御許しあれ。

その一『ちびっ子レミと名犬カピ』(1970)
 文部省選定ではなく「特選」を貰ってる自信作らしいのですが、刺激も毒もなーんにもなく、かわりに
あるのはハリボテの感動劇、作品としての魅力は限りなく、薄いです。
 主人公は苦労はしてるけど、どこか運の良さで救われる感じ多々ありで、
努力や機智で自力更生してるホルスやジム(宝島の)、はたまた弱さを克服したピエールのような魅力は皆無。
(と、いうか序盤のピエールは弱いけど前向きなのが好し。追い出されたのを人生の転機と捉えてたから。
レミは弱くて後ろ向き、観てて苛々。いい加減に乳離れしやがれ!)
 あと安易にキャラ殺しすぎ。70年代アニメの批判に
「安易に登場人物殺して感動させてる」なんていうのがありますが、それを悪い意味で先取りしてましたねぇ。
 世界観もなんとなく有り合わせの材料で作りました、って感が凄く強く、纏まりにかけてます。
確かに容易に西欧にまで取材に行ける時代ではないですけど、「長靴」で見せた中世都市や
農村描写の存在感はいずこに?
 演出もひたすら冗長。前半のレミと育ての親が別れるシーンなんか引っ張り過ぎです。1975年の再上映時には
ずいぶんカットされた短縮版になったそうですが、それも止む無しかと……。

 あと、アクション要素の欠如というのも“まんが映画”としては辛し。
子供受けの悪かったという「太陽の王子」でさえ、快活なアクションシーンは多かったんですから。

48 :鳳未鳴朝陽:02/07/16 02:21 ID:ISKzmdtQ
 それから、ストーリィ上のツッコミ。

 ラストの前で、レミが檻に閉じ込められてて、母親にあえないシーン。
 せっかく仲間に鳥いるんだから、手紙でも軽い持ち物(服のボタンとかね)持たせて母親に飛ばせれば
母親にレミの生存を知らせる事はできたと思うんですが。いや、ジムやピエールなら絶対に
それ位はやってたな(笑)。
 あと、ラストシーンで強引に命張って船を追いかけなくても、
母親は無名人ではなく著名な貴族なんだから、名前分かってりゃイギリス渡ってから
ゆっくり探せばいいと思うんですが。あと育ての親の元に戻るときも豪華な馬車に乗ってちゃねぇ。
(歩いていけとはいわんが、せめて馬にしてくれ)

 『作画汗まみれ』で宮崎氏?が『安寿と厨子王丸』をボロボロにけなしてましたが、
『ちびっ子レミと名犬カピ』にも同じ欠点は指摘できるのかも。母を三千里(爆)ってテーマは爆弾?
その意味で名劇の『母をたずねて三千里』は偉大だったのだなぁ。

49 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/16 15:00 ID:???
こんなオナニースレ、誰が見てるんだか・・・

50 : :02/07/17 00:14 ID:1pLTw0zE
ごっくり、ごっくりこんと、ボーアジュース。

51 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/17 00:38 ID:???
俺は見てる。厨房のちゃちゃなど気にしないでやってくれ。

52 :鳳未鳴朝陽@天地GXP鑑賞中(藁:02/07/17 00:58 ID:HjrY76zI
>>51
ROMの方々、感謝します。7/21のDVD発売で更に書き込み増えること期待して……。

53 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/17 15:40 ID:???
>>51
厨房か?(プ
こんな誰も書き込まんオナニースレなど存在価値もありゃしねえだろ?

54 :_:02/07/17 18:09 ID:y6JGLk3E
ワシがいるよ。いちゃもんつける暇があるなら、キーボード叩く替わりに
自分のチンポでもいじってろ。

55 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/17 18:18 ID:???
ちんこのたたねえ年寄りのくせに(プ
こんな加齢臭の臭うスレに書き込むのはてめえ位なもんだ

56 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/17 18:46 ID:1ykXfjkw
わんわん忠臣蔵が以外と面白いです。
キャラがカラー版狼少年ケンっぽくて。

57 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/17 23:10 ID:pmyeF/Zk
じゃあ、私も初書き込み。
ホルス以外は見たの少なくとも20年前なので、ほとんど覚えてないけど。
でも、ボアジュースの歌は何故が少し覚えてる。

58 :初カキコ:02/07/17 23:24 ID:???
ちんぽといえば「竜の子太郎」は?

59 :ほいほい:02/07/17 23:50 ID:JTYoDytU
>>42
シネスコのTV放送は辛いですね。
「ホルスの大冒険」船出のシーンでは、完全にホルスが画面からはみ出て、
何やってるんだかわからないシーンを見た覚えがあります。
またOP、EDは左右を圧縮して画面に入れているから、
縦長の変な映像になるんだな。
OP、EDはなぜか左右をカットするわけにはいかないんですね。
最新のワイドテレビとDVD買って、見たいです。

60 :鳳未鳴朝陽:02/07/17 23:52 ID:14N.p8gs
そういえば、東映はこの辺のDVDもレンタル向けに先行リリースしてる由ですが
どなたか利用者いらっしゃいますか?

>>56
『わんわん忠臣蔵』は忠臣蔵嫌いと、犬キャラに抵抗があってノーチェックだったのですが
たしかに“カラー版狼少年ケン”という見方はできるかも。

>>57
20年以上前ですか。昔はテレビでかかる機会も少なくなかったようですね。
最近ではBS2で「白蛇伝」がかかったこともあったような。最近はBS/CS以外でオンエア
期待できないのは、普及という意味でちと残念。

>>58
>ちんぽといえば「竜の子太郎」は?
 それより、ラストシーンの母親の姿の方が……(爆)。

61 :ほいほい:02/07/18 00:01 ID:jpIye6xo
>>47
『ちびっ子レミと名犬カピ』ですか。
うーむ、これにはまともにコメントしようがないです。
ずーっと大昔に一度見たきりで。
他の作品は何度か、レンタルビデオ借りて見ているのに。
やはり一度見てつまらなかったから、再度見る気がしないんだろうな。
あのぶさいくな犬が名犬と言われても、ぜんぜんそんな気がしないし。
ラストはあまりの東映的くささだった印象くらいしかないな。
その後の出崎、杉野の「家なき子」を見てしまったら、
もうこれを二度と見ようとは思わない、って言うのは言いすぎかな。
これに並ぶとしたら、『パンダの大冒険』。
日本じゅうが沸いたパンダブームに便乗して作られたんだろうけど、
同時期にあの「パンダコパンダ」がありましたから、やはりどうしても。
当時から人気の差はあったけど、「パンコパ」は宮崎印ですからね。

62 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/18 00:16 ID:???
『パンダの大冒険』は高橋信也
「パンダコパンダ」は宮崎駿

どっちも、ハイジのスタッフ

63 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/18 00:24 ID:???
あのう・・・そろそろ、「魔犬ライナー0011」の話をしません?

まだ、ダメですか?
「ど宝」の方が先ですか?

64 :ほいほい:02/07/18 00:47 ID:jpIye6xo
>>63
「どうぶつ宝島」は私の最も好きな東映まんが映画であります。
語りだしたら止まりませんよ。

65 :鳳未鳴朝陽:02/07/19 00:15 ID:4gqFTX.6
>>59 ほいほい様

>「ホルスの大冒険」船出のシーンでは、完全にホルスが画面からはみ出て、
>何やってるんだかわからないシーンを見た覚えがあります。
 良いシーンなだけに残念ですね。これ、逆に云えば、シネスコを活かした画面作りをきちんと
しているって証でもあるのですが。テレビ放映を考慮すると、画面設計の自由度は低下しますし。
(ホルスでは婚礼の祭のシーンも情報の欠落が多く、テレビ向けではなさそうです)
 前に少し話に出した『マジンガーZ対暗黒大将軍』でも、TV放映時は敵陣営が1/3になってし
まった、って話がありましたが、あれもシネスコの使い方が巧すぎたが故の悲劇?だった訳ですね。

>OP、EDはなぜか左右をカットするわけにはいかないんですね。
 スタッフクレジットが切れるとマズいからでしょうね。

>最新のワイドテレビとDVD買って、見たいです。
 ワイドテレビ買うなら、液晶プロジェクタもご検討を。(松下のTH-AE100は15万切ってます)
 最近の廉価機は十分に明るいので、平常のテレビかわりにも使えますよ。

66 :鳳未鳴朝陽:02/07/19 00:16 ID:4gqFTX.6
>>61 ほいほい様
>やはり一度見てつまらなかったから、再度見る気がしないんだろうな。
>あのぶさいくな犬が名犬と言われても、ぜんぜんそんな気がしないし。
 私も何度も観ろと云われたら、苦痛です…あの映画は。クサい画面が苦痛に感じられ。
犬は「ヤッターワン」みたいという指摘が他擦れでありましたが、それはタツノコに失礼かも。

>その後の出崎、杉野の「家なき子」を見てしまったら、
 確かに。何度か他にアニメ化され、そちらの評価は高いですから(レミが女の子のは賛否両論?)。
出崎とのカチあいでも『どうぶつ宝島』と『宝島』は良い勝負してると思いますのに。

>>62
 『パンダの大冒険』はビデオグラム化されてるのでしょうか? 『きかんしゃやえもん』も
そうなのですが、こうした時代の徒花的作品は観る機会がかぎられてしまいますね……。

>>63
 『魔犬ライナー』も資料でしかしらないのですが、『009』二作から始まる、石森原作路線の
4作目という認識で宜しいのでしょうか?

>>64 ほいほい様
 『どうぶつ宝島』の画面が一部黄緑かかる現象についてご存知ありませんか? 自分が観たverでは
そんなことなかった、でも構いませんので。
 それはそうと、“闘う宮崎ヒロインのルーツ”キャシーは文句無しに格好良いですよね! 性格の
突っ張り方もまた魅力。揺れる心のヒロインという意味では、ヒルダとは違った魔力の持ち主でしょう。

67 : :02/07/19 00:26 ID:i2.PnJk6
レミが女のコ(どろろが女の子)

68 :ほいほい:02/07/19 01:24 ID:J9funG9A
>>66
>>『どうぶつ宝島』の画面が一部黄緑かかる現象について
これって、前半にある海賊の襲撃シーンのことでしょう。
♪あっちのものはこっちのものだー お前のものは俺のものだー♪
この挿入歌に乗せて、シルバー船長のポークソテー号が
次々に船を襲い、略奪を繰り返すシーン、
歌が始まってすぐ画面が黄色かかり、歌が終わると同時に元に戻る。
このような演出なのでしょうが、なぜ黄色にしたのかは分かりません。
そんな残酷なシーンではないので、色でごまかしたわけではないし。

キャシーは、宮崎ヒロイン第一号ではないでしょうか。
主人公に従うことなく、自分の意思で行動し、戦う女の子。
いきなりの平手打ち、二丁拳銃、度胸も満点。
ボーイッシュなショートカットもヒロインでは初めてなのでは。
そしてなにが凄いって、マストの上で海賊と戦うシーン、
ミニスカートなのに、下からのアングルなのに、
おまけにハイキックをお見舞いしても、見えない、絶対に見えない。
さすがは宮崎、絶対に見せない。
(でも「トトロ」「魔女宅」では惜しげもなく見せていたけれどね)

69 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/19 15:44 ID:eJTHgXSM
 ウーロン茶の宣伝に孫悟空が出てますね。あれって中国製アニメだっけ??
声がルパン三世だった。

70 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/19 19:03 ID:pevnMri6
7/31(水)10:21〜 
NHK-BS2夏休みアニメ特選「ガリバーの宇宙旅行」
8/1(木)10:22〜 
NHK-BS2夏休みアニメ特選「空とぶゆうれい船」
放送開始時間が1、2分程前後することもあるので、
タイマーセットは余裕を持たせたほうがよろしいかと。

71 :鳳未鳴朝陽:02/07/20 07:59 ID:yp99g.gw
東映のDVD、金曜夜の地点で店に出てましたね(東京の中野の話)。\4500は高いなぁとか思ってたら
\3800で売ってました。よくよく考えてみたら二割引の店もあるんですね……。前にも話が出てたように
2枚買うと一枚サービスですし。そう思うと、安いかな……。

>>69
中国製アニメだと思います。『孫悟空』は現地タイトル忘れましたがアニメになってますので。
しかし中国製アニメに関する纏まった情報ってないなぁ。

>>70
情報感謝します。『ゆうれい船』は未見なので楽しみ♪

72 :鳳未鳴朝陽:02/07/20 13:02 ID:DBOrUUBY
>>68 ほいほい様
>>『どうぶつ宝島』の画面が一部黄緑かかる現象について
>これって、前半にある海賊の襲撃シーンのことでしょう。
 それです。凄く違和感があるんですよ。前に何か意図あってそうしたって話聞いたこと
あるのですが、どうも思い出せない。どなたかご教示願います。

>主人公に従うことなく、自分の意思で行動し、戦う女の子。
>いきなりの平手打ち、二丁拳銃、度胸も満点。
 剣を振り回すヒロインこそ増えど、二挺拳銃ぶっ放すヒロインなんて、そうそう居ませんよね
……今になっても。
 そういえば森康二さんのイメージボードでは更にワイルドな味が出ていました。紐状の帯に萌えます。

 あとキャシーの原型は「雪の女王」の山賊娘にあるそうですけど、こっちも見たいぞ、と。
(そう云えば海外アニメのスレッドもないですな。あっても沈んだか)

>ミニスカートなのに、下からのアングルなのに、
>おまけにハイキックをお見舞いしても、見えない、絶対に見えない。
>さすがは宮崎、絶対に見せない。
 大笑。確かに見えてない……(笑)。それでも未だヒロインは下着を見せない時代だったのか(笑)。
(そういえば、ラナもまた「見えない」娘でしたね。まぁその時代ではアルバトロスの富士子が
“すっぽんぽん”だった由ですが。ああ)

73 :すさのう:02/07/20 22:59 ID:???
いよいよ明日ですね。DVDリリース。
もう大人なんだから… って5枚も予約してしまいました。
予定では午前中に宅急便が来るはずですが、来週の水曜まで
仕事がテンパッてて見れそうにありません。
無事観賞できた曉には早々にココに感想を書きに来ます。
『どうぶつ宝島』の黄緑現象も気になります。

ところで7/31の『ガリバー』と8/1の『ゆうれい船』
楽しみです!ココをチェックしてなかったら、見逃す
ところでした。>>70さんありがとう!

『ガリバー』のキャラデザイン、すごく好きです。
今観るとモダンな気さえしますね。

74 :鳳未鳴朝陽:02/07/21 00:29 ID:yYQRtnT6
>>73 すさのう様
早く観られればよいですね。私は今回のリリースで購入予定はなかったのですけど
『太陽の王子』を友人(アニメ観る人、念の為)の結婚祝にでも贈ろうと思ってます。
婚儀のシーンでも観て照れてくれれば儲けもの、って感じで(笑)。

>『ガリバー』のキャラデザイン、すごく好きです。
>今観るとモダンな気さえしますね。
 線と色使いが凄く綺麗で(マシントレスでは不可能とか。今のCGなら出来そうですが)、
モダンな味を感じさせますね。
 全体でも、実験アニメ的演出が邪魔にならない程度(重要!)に入り、今の目で観ると
芸術的価値を高めている印象があります。

 個人的には、森の中の“自然と共棲したかのごとき”ロケット発射台がお気に入り。
あんなに優しく美しく、そして適度なリアルさも失わぬロケット発射台は他にないであろうかと。
(「ライトスタッフ」だって「王立宇宙軍」だって砂漠の中なんですから……)

75 :    :02/07/21 12:48 ID:tPJ3wNVU
ガリバーの宇宙旅行かあ。坂本九の声が聞きたいな。
テレビでアトムがあたって、急激に宇宙物、SF物を
やろうということで出た企画だったろうと思う。
家のテレビと違ってカラーだったから印象強かった。
小学館の学年誌にも紹介とかあらすじ出てたし、
東映の宣伝をかねた漫画雑誌にも映画の後でも連載
されていたし。 虹色にひかるシャボン玉の中に入って浮かぶシーンの
幻想的なシーンや、寒寒としたロボットの国のボスロボットの巨大さ
不気味に光る目のライト、星の国の王女とか人民などのすごい斬新で
サイケなデザイン、最後にそれまでの寒寒とした雰囲気が水で
カプセルがはじけて王女がというロマン。
 あの頃が黄金期だったかな。東映は。

76 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/21 13:39 ID:???
>>13
 3Dの赤影は69年の夏休み東映マンガ祭りで空飛ぶ幽霊船と同時上映でした。

>>66
 魔犬ライナーは笹川ひろし原作です。
 時代的にはウルトラマン、仮面ライダーなどの怪獣、変身ブームに便乗した企画のようで
オープニングは当時の流行った怪獣の透視図が山下毅雄の音楽に乗って延々と流される
ちょっとグロテスクなものでした。

77 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/21 16:11 ID:???
>>76

ライナージェット ライナージェット ♪

78 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/21 20:24 ID:???
>>75
>カプセルがはじけて王女がというロマン。

あれは宮崎駿のアイディア。

79 :鳳未鳴朝陽:02/07/22 23:18 ID:hJjcCWYs
 アニメージュ文庫「長靴をはいた猫」を手に入れてきました(御馴染み中野まんだらけ)。
LD持ってる以上ストーリィ面には興味なかったのですが、巻末に宮崎駿による中日新聞日曜版
連載用カラー漫画「長靴をはいた猫1〜12」が再録されてるのに吃驚。
 宮崎氏の漫画の仕事といえば
『ナウシカ』『雑草ノートシリーズ』『砂漠の民』(別名義)しかないと思ってたので貴重な収穫。
(名義は「東映動画」) 内容は……まぁ映画通りですが、ラスト手前の展開は随分とシンプルに
なってます。ピエールが魔王に止めを刺してますし。

 なお、『ガリバーの宇宙旅行』が話題になってるので記しておけば、あの映画の最大の欠点は、
【以下ネタバレ含む!】





“エンディングが夢オチ”
ってことですかねぇ。なんか、それまでの素晴らしきものがすべて台無し・ブチ壊しにされて
しまってるような気がしてならない。夢なら宇宙行くのだってお姫様助けるのだって
何でもありなわけで、逆に科学的考証してるシーン(水を作る画面ね)や地球について
説明してるシーン(♪地球の歌)が白々しく思えてしまいます。なんか違うエンディングを
あの傑作には与えてほしかったと思ってなりません。そりゃ夢オチ作品は多々あるわけですけど、
『ガリバー』に関してはそりゃないだろ!感が余りに強すぎる。
【ネタバレ解除!】

80 :鳳未鳴朝陽:02/07/22 23:20 ID:hJjcCWYs
>>75
>ガリバーの宇宙旅行かあ。坂本九の声が聞きたいな。
 思えば豪華でしたよね。昔は劇場用アニメの「声の出演」はそれなりの方があててたわけで。
 余談ですけど、宮崎駿が声優使いたがらないのはこの時代のへの郷愁があるから……かも。
 ガリバー、に話し戻せば妙にひねたところのある主人公には良い感じではまってました。

>テレビでアトムがあたって、急激に宇宙物、SF物を
 宇宙/SFものの長編アニメはこれが日本初なんですよね。で、微妙にこれまでの名作もの
路線も崩していない……まぁガリバーが出てくる必然性は薄いのですが、良いキャラだとは思って
ます。

>家のテレビと違ってカラーだったから印象強かった。
 産まれた時からテレビがカラーになってた私からみても、あの独自の淡い色彩は印象的!
 独自の線調もそうですけど、失われた技術になってしまったような気がしてなりません。

>小学館の学年誌にも紹介とかあらすじ出てたし、東映の宣伝をかねた漫画雑誌にも
>映画の後でも連載されていたし。
 どんな方が描かれていたのでしょうね。「長靴」のように意外なビックネームの手に
よってたり……とか。

>星の国の王女とか人民などのすごい斬新でサイケなデザイン、
 あの時代のモダニズムを感じさせてくれます。貴重な映像です。前にも記しましたが、
メジャーの商業作品ながら、自主実験作品を志向している部分も多々見えますね。

> あの頃が黄金期だったかな。東映は。
 文献あたってみると、TVアニメはじめる前の(労使紛争が派手になる前の)東映動画が
黄金期だった……という記述にもあたります。個人的には、もう少し時代が下って、
『太陽の王子』『長靴』『どうぶつ宝島』の頃が黄金期で、それ以前はその準備期間だった
のかな……って認識ですけれど。USAの宇宙開発で喩えればアポロ計画とジュミニ計画みたい
な関係で(時期もあってますし^^;)。

81 :鳳未鳴朝陽:02/07/22 23:22 ID:hJjcCWYs
>>76
>魔犬ライナーは笹川ひろし原作です。
 うわ、手許に資料があるのに勘違いしてる。キャラデザとか全然違うのに。
 犬がサイボーグで変身。ペットロボブームで再評価……されないか。

>>78
>>カプセルがはじけて王女がというロマン。
>あれは宮崎駿のアイディア。
 「殻」から御姫様を解放してやる……というイメージは後の宮崎作品の原点!
 に、しても新人のアイディアを受け入れられる往時の制作体制には感服せざるを得ません。
 あの展開の有無で作品の意味合いは大きく変わってしまうわけですから。

 下世話な話をすれば、あのシーンでお姫様は裸のはずなのに、
それが全く見えないというのはなんだかな。「龍の子太郎」とはえらい違いだわ(爆).

82 ::02/07/23 03:16 ID:4G9UUMto
「ど宝」の黄緑現象についてちょいと。

個人的意見ですが、アレはシルバー達の海賊行為と、主人公(ジム)の行動を、
区別するための演出じゃないっすかね。
ジムの主観部分(ノーマル部分)と同じ視点で悪事を描くのはマズイと判断したのかと。

83 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/23 04:28 ID:0409JsfU
ttp://home.catv.ne.jp/nn/kotatu/movie/1997_03/970304.htm
「わんぱく」評

84 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/23 07:02 ID:hxq90Xuo
ナンダカンダ言っても『長靴を履いた猫』が一番さ

ある意味男版シンデレラだから

勇気・努力・友情がある(少年ジャンプか?)

お姫様を助けるんだぜ

悪者のキャラがしっかりしてる

俺が全編ちゃんと見た記憶がないから美化してるかもしれない

以上の理由だ
俺の家は民法の映りが悪いチャンネルが合ったしね(実家電気屋)
テレビで放映してたとき見れなかった。
レンタルビデオで何度か探したけれどない。
DVDは出るんだろうか?

85 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/23 09:19 ID:Y5PIgLAo
お姫様は裸なんだけど、今の人にはなんだあれはとしか見えないだろうけど、
当時は、画期的なことで、あれが、時代性からいって、「ぎりぎり」の
表現でした。当時、おおおーーーー、といったどぎまぎものでした。
メディア規制が再びされても、あれならまあおとがめありえません。
どろペりの宮様の原点ここにありといった感じですな。

スターウォーズなんか、ナンボのもんじゃいな。
宇宙を旅して、ロボット軍団と戦い、抑圧された人民を救って、
本来の姫を取り戻す、既に全部でておるやないか。

86 :鳳未鳴朝陽:02/07/24 00:12 ID:BphFSyYk
>>84
>ある意味男版シンデレラだから
 確かに! 確かに或る意味、ペロは魔法使いだわ。
 で、私がピエールを好きな理由は機転を利かせすぎる(人を騙してる)ペロに
反論する誠実さを持ってるからなんですよね(それゆえに、姫に好かれたのでしょう)。
ペロとピエールの、この辺の関係が見事すぎる……!

>悪者のキャラがしっかりしてる
 ルシファ、可愛すぎ♪ 憎みきれない悪役になってます。

>俺が全編ちゃんと見た記憶がないから美化してるかもしれない
 いえいえ、その通りだと思いますよ!

>DVDは出るんだろうか?
 先にも触れましたが、DVDは7/21に出たところです。\4500也。レンタルのDVDもあるらしいの
ですが……。

>>85
>どろペりの宮様の原点ここにありといった感じですな。
 まぁ、確かにお姫様が殻の中で裸である必然はないわけで(イ○サー1じゃないし(爆))。
 でも、こーいう想像を刺激する“奥床しい”エロスは今となっては貴重かもしれないです。

>スターウォーズなんか、ナンボのもんじゃいな。
>宇宙を旅して、ロボット軍団と戦い、抑圧された人民を救って、
>本来の姫を取り戻す、既に全部でておるやないか。
 ……た、確かに。
 とはいえ、これってスペースオペラの基本ですから、やはりアメリカのそうした小説等に
『ガリバー』が大きく影響されたと考える方が自然な気もします。SW自体、敢えて古風な
宇宙冒険譚を目指しているわけですし。
 『ガリバー』に関しては、あの時代にアメリカのスペオペを日本風に翻案した事に価値が
ある……って考えたいですね。

87 :ほいほい:02/07/24 00:38 ID:QY28rXRg
>>72
「雪の女王」は数年前に映画館で見ました。
映画館といっても小さな上映館で、1週間くらいの特別上映でしたが。
宮崎が影響を受けただけのことはある作品でした。
雪の女王にさらわれたカイ(少年)を助けに行くヒルダ(少女)の話。
宮崎の好きな自らの意思で行動するヒロインなわけですから。
山賊の娘は確かにキャシーのような感じでしたね。
これってビデオ、LD、DVDは出ているのでしょうか。

88 :ほいほい:02/07/24 00:50 ID:QY28rXRg
>>86
「長靴をはいた猫」での一番の悪者、それは国王です。
ローザ姫の国王は、一番の金持ちに姫を嫁にやる、と公言しました。
ルシファーはそれに従い、姫をもらいに来ただけですから。
実際ルシファーは、魔力で何でも手に入る、大金持ちだったのですから。
ローザ姫はルシファーに嫁ぐ気はなかったのでしょうが、
そうさせたのは父の国王だったわけです。
ルシファーは王国に何か害をなした訳でもなく、
ただ姫に気に入られようと、努力しただけです。
自分の城に勝手に入って来られて、暴れられたら怒るのは当然です。
自分の言動が招いた結果で、頭をかかえるだけ、
自分では何もしなかった国王、あんたが悪い。

89 :84:02/07/24 07:35 ID:Q8vtvTIk
>>86
>先にも触れましたが、DVDは7/21に出たところです。

そうなんですか。すいません
ペロのことを思い出していきなり書き出したものですから
過去ログ探してみます。

あとペロの魅力の中に3匹の追っ手がいますよね。
あのおチビちゃんがまた人が良いというか、猫が良いというか(w
かわいらしいですね。
これを機会にDVD自体の購入を検討します。

それぐらいの価値はありますよね?

90 :さるとび:02/07/24 13:19 ID:jlXOSFmo
夜叉姫は何度みても怖ひ〜

91 :すさのう:02/07/24 15:44 ID:???
>>90
禿同!
あんな怖いモノ、子供用の娯楽映画に登場させて良いの?って
思うほど怖いですよね。声優さんの台詞回しも怖い。
夜叉姫の台詞「にんじゅつぅ???」の短いシーン、
結構気に入ってます。あと、舞のシーンもカッコイイ!

92 :鳳未鳴朝陽:02/07/25 00:34 ID:iTT694Z6
>>87 ほいほい様

>これってビデオ、LD、DVDは出ているのでしょうか。
 『雪の女王』はLD(日本語音声)、DVDとも出ています。DVDは入手容易なはずです。
……手に入る内に買っておこ>自分
 ただ、フィルムの状態が悪いためにDVDは画質がいまいちという噂も聞いています。
\2500なので高いものではないのですが。上映時のフィルムの状態は如何でしたか?
(LDは某処で中古で見つけたんですが、日本語音声のみらしいし。うーん)
 そうそう、『雪の女王』はなんかソ連のアニメーション以外にもあるみたいですね。
(BBCとかクレジットにありました。英国製? かなり最近のものです)

>「長靴をはいた猫」での一番の悪者、それは国王です。
 凄く面白い見方ですね……と、いいますか疑問点が晴れてすっきりといったところです。
 いや、ペロはなんだかんだで国王を騙しているわけで、私はそれに引っかかるものを
ずっと抱えていたんですが、その解釈ならばすっきりします。

>自分の言動が招いた結果で、頭をかかえるだけ、
 確かに! そりゃペロに「目的の為なら手段選ばず」されてもなぁ……。

93 :鳳未鳴朝陽:02/07/25 00:56 ID:iTT694Z6
>>84
>あとペロの魅力の中に3匹の追っ手がいますよね。
>あのおチビちゃんがまた人が良いというか、猫が良いというか(w
>かわいらしいですね。
 声が水森亜土だったと思います。すごく可愛らしく、あの追っ手三匹をなお魅力的なものに
してますよね。ガイジュツのルシファもそうですけど、敵役が憎みきれない処が『長靴』の身上。

>これを機会にDVD自体の購入を検討します。
>それぐらいの価値はありますよね?
 ありますとも! 私が持ってるのは古いLD(最初に東映ビデオから出た奴で画質悪し)ですけど、
それでも満足しているほどですから。
 \4500は高いかもしれませんが、DVDなら二割引の店だってあります。更に今なら2枚買うと
1枚サービスのキャンペーン中です。この機会に『太陽の王子』『どうぶつ宝島』も
揃えてしまうのは如何でしょう?

>>90 さるとび様
>夜叉姫は何度みても怖ひ〜
 髑髏のデザインでしたっけ? 映画館の暗闇&大画面で観ると恐さもひときわ?
 ……といいつつ、本に載ってるスチル観ると“綺麗……”って印象も否めないのですが(笑)。

>>91 すさのう様
>あんな怖いモノ、子供用の娯楽映画に登場させて良いの?って
>思うほど怖いですよね。声優さんの台詞回しも怖い。
 でも、やっぱり恐いのですか(苦笑)。
 美しい姿のままで恐ろしくなって欲しかった……とか考えるのは余りに今風の考えかな?
 さらに、『長靴』のルシファ並みの愛敬とかを求めるのも無茶か……。
 いや、好きなんですよ。あーいう妖艶なる怪(あやかし)って……。
(その意味では『少年ジャックと魔法使い』の魔女も残念な存在……)

94 :ほいほい:02/07/26 01:24 ID:UKmzn.O2
>>92
「長猫」で一番悪いのは、国王ですが、次に悪いのは、当然ペロです。
「月が蒼かったからさ」と言う理由で、猫の侵さざる掟、ネズミを捕まえる
を破ったペロは、冒頭シーンから猫の世界のアウトローとして登場しました。
ペロを追う三匹の殺し屋、正義は彼ら、裏切り物を処罰する側にあるのです。
そして主人の出世のために、ウソをつきまくる。
助けたネズミを利用して、農民を脅し、ウソをつかせる、
これまでウソなんかついたことない農夫にウソをつかせた罪は大きいぞ。
(それにしても国王、領地のすぐ近くが、誰のものか知らなかったんかい)
さらにはルシファーを騙して、殺してしまおうとする。
知恵があるのと、ずる賢いというのは違うぞ。

一方の魔王ルシファー、こいつは悪くない。誠実なやつだ。
姫を嫁に迎えようとしたのは、国王との約束どおりにしただけ。
姫の心が自分に向いていないのを、頑張って向かせようとする。
ローザ姫は容姿だけで判断して、ルシファーを嫌っていたな。
ルシファーは、その気になれば、美男子に変身して、姫を口説くことも出来た。
しかしあくまでも素顔で、ありのままの姿で姫に分かってもらおうと努力した。
他に魔法で、強引な手段で従わすことも出来ただろうに、そうはしなかった。
なんて純真で、けなげではないか。

95 :すさのう:02/07/27 16:26 ID:???
私も「長猫」の魔王に好感持った。
まるでドラえもんに頼りきるのび太のようで、ピエールは
線が細くて情けない。少なくとも魔王はピエールより
前から姫にご執心だったはずで、ペロに後押しされなければ、
農民の息子は姫にアプローチするなぞ、これっぽっちも
考えなかっただろう。
不器用だが純粋な魔王に比べて、姑息な手段でいいとこ取りを
したピエール。>>94さんが仰る通り、魔王はその気になれば
姫を手中に入れることも安易だったはず。ああ不憫な魔王よ…

ところで原作だと、ネズミに化けた魔王を猫がぺろりと
食べてしまってハッピーエンドではなかったでしょうか?
でもアニメ版は、その後の城の追っかけ劇が圧巻ですよね。
もうハラハラドキドキで今観ても飽きさせない演出が盛り沢山。
藤田淑子さんの「正統派美少年」的な声も魅力です。
ひょっとして「ねえムーミン♪」のおねいさん?

96 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/27 17:55 ID:???
>>95
>藤田淑子さんの「正統派美少年」的な声も魅力です。
>ひょっとして「ねえムーミン♪」のおねいさん?

一休さん

97 :すさのう:02/07/27 19:32 ID:???
>>96
ありがとうございます。
そうでした。しかも歌は「どろろ」でした。

98 :96:02/07/27 22:22 ID:???
ちょい補足、ムーミンも歌ってますよ。
ただ、賞は貰い損ねたみたい。
審査員の勘違いで競作の子供のほうに取られたと愚痴ってた。
昔、TVでやってたトムとジェリーのジェリーも彼女と言うのはご存知ですね。

99 :鳳未鳴朝陽:02/07/28 03:46 ID:./MGY3gU
>>94 ほいほい様
 ペロを気まぐれ屋の悪漢(でも正義?)、と解釈すれば、
かのアルセーヌルパンの三代目に近いキャラ位置なのかと思ったり。

>(それにしても国王、領地のすぐ近くが、誰のものか知らなかったんかい)
 確かに、これは疑問点。しかし、国王がそれなりにマヌケっぽいので、それでも
おかしくはないのか……。うーん。
>ローザ姫は容姿だけで判断して、ルシファーを嫌っていたな。
 ルシファが美形キャラであったと仮定すると、この話はさらに深みがでるかしらん?
 そういえば、ルシファが可哀相という意見は当時のスタッフからも当然上がってたそうで。

>>95 すさのう様
>ペロに後押しされなければ、農民の息子は姫にアプローチするなぞ、
>これっぽっちも考えなかっただろう。
 ピエールはペロの強引さに引っ張られてる印象ありますね。でも、あのピエールの弱さと
ペロの勝手?さに惹かれるものはあります。ピエールが野心的なキャラではこのお話は
面白くならないような。

>でもアニメ版は、その後の城の追っかけ劇が圧巻ですよね。
>もうハラハラドキドキで今観ても飽きさせない演出が盛り沢山。
 絵が動き回り、アニメーションの特質を生かした演出といいますか、
とにかく素晴らしく、美しく、楽しい。(当時の子供たちの喜び様が伝わってくるよう!)
 で、ラストの崩壊シーン。カタルシスを感じさせます。ガイシュツですが、「ラピュタ」や
「もののけ姫」にも影響与えてますよね。覚悟される崩壊と死、それに向かう勇気…。

100 :特典:02/07/28 05:28 ID:7t6zYtqk
映像特典が薄い東映DVDですが、
当時撮影したと言うロトスコープ用の映像とか残ってないものなのですかねえ・・・
前に教育テレビの「アニメーションの昭和史」て番組で佐久間良子が出て、
衣装とかもきちんとつけてセットも組んで通常の映画のように撮影してたって言ってたけど。
でも「安寿と厨子王」じゃ、いまいち見たいとも思わないんですけどね。

101 :メロン名無しさん:02/07/28 14:40 ID:???
所で、只今キャンペーン中により
2枚買ったら一枚プレゼントは概出ですか?

私は「ど宝」「長猫」で
「ホルス」をもらう予定です。

102 :漏れは:02/07/28 15:34 ID:hh8ayyfU
『白蛇伝』『少年猿飛佐助』で何をもらおうか検討中

103 :すさのう:02/07/28 20:25 ID:???
>>99 鳳未鳴朝陽さま
>ラストの崩壊シーン。カタルシスを感じさせます。
 カラスが白い鳩に変化するシーン、鳥肌立ちました。
 贅沢を言うなら、二人のクッションとなって鳩が救う瞬間を
 アップのスローモーションでやって欲しかった。しかも光が
 雲の間から荘厳に射し込んで、めでたし。そしたら号泣だった…。

年代のせいもあるけど、昭和30年代作品はあまり
人気がないのかな。私は初期の「切れ長の目」や
日本画のような美しい背景、ばらばらなびく髪の毛の
描写etc…がとても好きだけどな。確かにテンポはもったり
してるんですけどね。それも又味ですよね。

104 :ほいほい:02/07/28 22:41 ID:R6c53i9U
>>95
原作では当然、ペロが魔王が化けたネズミをペロリと食べて終わりです。
でもこれでは東映的にだめなのですね。
東映という会社は、アニメでも普通の映画でも、苦労して敵を倒す、
その過程を描くことで倒したあとのカタルシスをより大きくする、
と言う作風ですから。
>藤田淑子さんの「正統派美少年」的な声も魅力です。
藤田さんは、今でも、現役で、少年の声を演じているのが凄いです。
野沢さんですら、すでに少年役を引退、おばあさん役などされているのに。
しかも藤田さんは、歌まで歌ってしまえる。
「長猫」でも挿入歌を歌ってますし、♪嬉しい時も 悲しい時も ほいほい♪
「キングコング」♪大きな山を一またぎ キングーコングがやって来た♪
「ムーミン」♪ねぇムーミン こっち向いて♪
「一休さん」♪母上さま お元気でーすーかー♪
「ベムベムハンターこてんぐテン丸」♪ウォンチット ウォンチット♪
「ドリモグだァ!!」♪ドリドリモグモグ ドリドリモグモグ♪
「キテレツ大百科」♪いいさメリー 今夜は♪
挿入歌含めると、もっとあるよな。

105 :ほいほい:02/07/28 22:50 ID:R6c53i9U
>>101
私も今日ショップでこれを目にしまして、喜んでおります。
「ど宝」「長猫」で 「ホルス」、私もこれかなぁ。

106 :すさのう:02/07/28 23:31 ID:???
>>104 ほいほいさま
原作の件、藤田さんの情報等、色々ありがとうございました。
「キングコング」懐かしいですねえ♪
子供の頃、とっても好きな歌でした。あの声にしびれて
いたなあ。

107 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/29 06:51 ID:MKJJTKNk
確か魔王ルシファーと刑事コロンボの声が一緒だったような・・・

108 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/29 11:22 ID:???
>107
小池朝夫さんね。初代コロンボはこの方です。
(現在は石田太郎氏)
『フレンチコネクション』のジーン・ハックマンも担当されました。
1985・86年頃に亡くなられましたね。

『長靴』見てて思ったけど、凄い俳優さんだったんだなーと思いました。

109 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/29 18:02 ID:tNL12xhI
亡くなった声優さんと言えば
先週テレビでルパン三世をやってて少し見たが・・・以下自粛

110 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/29 18:38 ID:tqu1c/vY
東映動画作品で映画で美少年でこのスレに含まれる藤田さんの出演作。
『スターダスト作戦』

111 ::02/07/30 01:09 ID:oMMOZ5Tw
東映動画はロトスコープは使っていなかったみたいです。
森康二氏もインタビュー等で「使っていなかった」と明言されています。
ロトスコープ云々の話は、全て役者側からの話で出ているようなのですが、
当時の役者さんが、果たしてロトスコープという物を理解していたのか疑問です。
また、役者さんの口から「ロトスコープ」という単語が出てきたのかも疑問です。
役者さんの話を聞いた記者さんが、勝手に思い込んで記事にした可能性もあります。
東映にそういう機械や、システムがあったという話も聞いたことがありませんし。
>>100さんの書き込みに出てくる実写映像は、宣伝用のデモンストレーションのような物だと思います。
おそらく当時の製作ニュース(劇場で流すヤツ)か何かのために撮影されたのでしょう。

112 :ほいほい:02/07/30 01:34 ID:DfQ7sznU
>>100
それは98年11月27日にNHKのETV特集
「アニメーションの昭和史 第2回 ブームはこうして始まった」
ですな。(大塚康夫氏の「作画汗まみれ」に書いてあります)
佐久間良子さんは「安寿と厨子王丸」ではなくて「白蛇伝」と言っています。
プールに浮かべた船で、白娘が嵐に翻弄されるシーンの撮影だったとか。
でもこのシーンを作画した大塚氏がそんなのまったく知らなかった、
と言っていますので、ライブアクションはなかったんですね。
東映側はライブアクションをやりたくて、「わんぱく王子」「ホルス」でも
このような撮影をやったそうですが、これは実際は宣伝を兼ねていて、
>>111で書かれているとおりの様ですね)
作画ではライブアクションは行われず、ポーズの参考にした程度だったそうです。

113 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/30 08:19 ID:???
 東映制作じゃないけど、「長猫」はTVアニメもあったね。
全然違う話だったみたいだけど、放映当時ノーチェックだったからなあ。
東映版見た後、激しく悔やみまった。sage

114 :100:02/07/30 08:52 ID:TWuUI1n2
>>111 >>112
そうでしたか、それならそれでその宣材映像を特典でつけて欲しいナリ〜
猛烈に見たいゾ

115 :鳳未鳴朝陽:02/07/30 23:51 ID:NfWThIFA
 『ライトスタッフ』『王立宇宙軍』好きの友人に『ガリバーの宇宙旅行』を見せたんですが、
ガリバー号の発進シーンで感心してる様子でした。あの水平にレールで運び、発射台で立てる
やりかたはソ連式なのだとか。とにかく子供向けの漫画映画なのに考証がしっかりしている
ことに感心しどおしだったようです。
 に、してもまこともって綺麗な動画です。色と色の間を黒線の垣根無しに描く技法はハンド
トレス時代ゆえのものでしょうが、それこそCGで復活できないものか知らん。
 富田勲の音楽の音楽もまた魅力的。シンセ的な表現は既にみられますが、それが後の氏のLP
『惑星』に繋がったのではないというのは言い過ぎでしょうか?
 ガイシュツの通り、明日(7/31水)にBS2で掛りますので、未見のかたは是非……!

>>100
>当時撮影したと言うロトスコープ用の映像とか残ってないものなのですかねえ・・・
『白蛇伝』のライブアクションのスチル?は『東映動画長編アニメ大全集(上)』に
4頁に渡って収録されています(モノクロ35mm)。
 宣伝用という説も出ていますが、「取りあえずディズニーもやってるからやっておこう」
という雰囲気は感じさせなくもないです。
 私も話の種に、一度観てみたい気はしますが、DVDの映像特典にするほどのものかなと
いう気はします。ライブアクションに縛られなかったからこそ、ディズニーとは違う
日本的な“アニメ”を作ることができるようになった訳ですから。
(映像特典の為に、DVDの値段が高くされるのも困りますし。東宝みたいに……)

>>101
 既出です(笑)。2割引の店で買えば\3600×2=\7200=\2400×3で、一枚\2400で
買える計算になりますね(をを、安い!)。
>私は「ど宝」「長猫」で「ホルス」をもらう予定です。
 来ましたら、『太陽の王子』スレが最近沈むがちなので、書き込みでも願います。

116 :鳳未鳴朝陽:02/07/31 00:09 ID:gutiI3T2
>>102
>『白蛇伝』『少年猿飛佐助』で何をもらおうか検討中
 他が『太陽の王子』『長靴』『ど宝』ですから……どれを勧めればいいのやら?
 制作順なら、『西遊記』なんですけど、プレゼント対象にはなってないし……。

>>103 すさのう様
> 贅沢を言うなら、二人のクッションとなって鳩が救う瞬間を
> アップのスローモーションでやって欲しかった。
 そのシーン、欲しいような気もしますが、やはり意図的にそういう直接的な描写は
避けたのではないかとも思ったり。遠景として処理しているのも、どこか品が感じられて
私としては好きなんです。

>年代のせいもあるけど、昭和30年代作品はあまり人気がないのかな。
 個人的見解ですけど、『太陽の王子』〜『ど宝』あたりは技法や人脈的に今のアニメに
通じるものが多く、昔のアニメと云うフィルタを掛けずに鑑賞できるのに対し、それ以前の
ものは技法とかに断絶感を否めないような気がするのです。
>「切れ長の目」や日本画のような美しい背景、ばらばらなびく髪の毛の描写
 美しく、魅力的なのは確かなのですが、つい“失われた技術”という目でみてしまうのです。
あたかも、文化財でも観るかの目で……。あ、でもそういう文化財的な見方は嫌いでは
ないです。寧ろ、そうしたアニメ鑑賞の文脈は普及して欲しいと思っています。アニメに
おける「古典」の確立ですね。

117 :鳳未鳴朝陽:02/07/31 00:10 ID:gutiI3T2
>>104 ほいほい様
>原作では当然、ペロが魔王が化けたネズミをペロリと食べて終わりです。
 それでは、ピエールの活躍の場面がないですもんね! ペロが賢いだけで終わってしまう。
 
>>110
>『スターダスト作戦』
 正式タイトル他、詳細キボンヌです。

>>111 俺様
 『東映動画長編アニメ大全集(上)』では、
「こうして撮影されたフィルムは(中略)、さらに特別の装置をつかって、一コマ一コマ動画用紙に
転写されて……」
 の記述がありますが、特別の装置がロトスコープではないかと推測されるのですが。
 ただ、この本自体が東映動画のいわば“大本営発表”のようなものですから、現場の当事者の
云う事の方が信じられもしましょう。作画の参考にはしたが、ディズニーのように頼り切りは
しなかったのではないか、と思ってはいます。
 なお、ライブアクションフィルムは『シンドバットの冒険』まで制作されているようです。

>>112 ほいほい様
>プールに浮かべた船で、白娘が嵐に翻弄されるシーンの撮影だったとか。
 ちなみに件の本のスチルでは、この勇壮な場面は収録されていません。
(俺様の指摘通り、役者さんの思い違いの可能性が高そうです)。
>東映側はライブアクションをやりたくて、「わんぱく王子」「ホルス」でも
 この時代になっても作られていたのでしょうか?

>>113
ttp://members.tripod.co.jp/animelist/ad/Fankb.htm
『ファンタジーアドベンチャー 長靴をはいた猫の冒険』(1992)ですな。
ビデオは出てるの確認。画像入りの頁、どこかにないものか……。絵柄とかかなり
気になるのですが……。

118 :ほいほい:02/07/31 00:26 ID:Jb/rNn0.
>>117
110の「スターダスト作戦」詳細を聞いたら、ちょっとがっかりかも。
「パタリロ」の劇場版なのです。
藤田さんは当然マライヒの役。
基本的にテレビのパタリロのまんまの作品です。
悪の組織が、マリネラ王国のダイヤを盗み、人工衛星から地球に落とし
地上に大被害を与えようとするのを阻止するバンコランとパタリロ。
この作品の一番の収穫は主題歌の「ローズボーイズ」かな。
なんと原作者の魔夜峰男が歌っているそうで、私の好きな歌です。
♪たとえるならばフルムーン 存在自体が派手派手で
 薔薇が飛び交う あの手にこの手 気がつきゃいつでも あいつの罠さ
 振りまき散らすバッドチューン 逃げても空しく捕まって
 爪の先まで染め替えられて 中毒患者にされるが落ちさ
 ヘイ ローズボーオーイズ 今あいつが来るぜ
 ヘイ ローズボーオーイズ 悪い夢じゃないぜ ラナウエィー♪

119 :すさのう:02/07/31 12:18 ID:???
「ガリバー」堪能しました。しっかりと観たのは今回が
初めだったんですけど、新鮮な気持ちで楽しめました。
まず色彩センスが抜群!目から鱗が落ちる思いでした。
全体的にホワイトを混ぜたようなパステル調の色合いの中に、
時折スパイスを振りかけたかのように、原色が少量飛び込んで
きては、ハッとさせる。実に上手いなあと感激しながら
観ておりました。森の中の発射台も不思議だったし、
チェコのアニメを彷彿させるシーンも美しかった。
それに何より、デザインが凄い。青い星に付いてからというもの、
いったいどうしちゃったの?ってくらい斬新なデザインの
てんこ盛りで、頭がおかしくなりそうでした(w
あのヘンテコなバランスは「わんぱく王子」「宇宙っ子ジュン」と
共通してますね。個人的にはこの頃が一番好きだなあ。

120 :0号:02/07/31 13:08 ID:lT4hf8SM
「ガリバー」、さきほど観ました。
声の出演にビックリ。
宮口精二(「七人の侍」の一番強い侍)が出ていたとは!

ところで質問です。
都内でDVDを2割引きで買える店って、どこにあるのでしょうか?
中野あたりのようですが、教えていただけると幸いです。
私はネット通販の「い〜でじ」を利用していて、
これも2割引きなんですが、送料をとられちゃうんですよね。

121 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/31 22:00 ID:???
>>120
http://www.murauchi.co.jp/nsapi/webpnsa.dll?SHOPID=muos1&TEMPLATE=index.html&sname=Top

ムラウチが安いですよ。
お試しあれ。

122 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/07/31 22:02 ID:???
>>120

五千円以上は送料タダです。

123 :鳳未鳴朝陽:02/08/01 00:58 ID:yTA7EjAU
 明日は『空とぶゆうれい船』がBS2にて。楽しみなんですが、BS入る知人に録画依頼という
状況なので、観られるのはもう少し先……。もどかしや。
 そう云えば前に少し話題に出した、ソ連アニメ『雪の女王』のDVD、調べてみたら音声日本語
吹き替えだけでした(こーいうの欲しがる奴の客層考えて、ロシア語+字幕位入れてくれ…)。
 しかし、海外アニメって日本語吹替は“必ず”する慣習でもあるのかしらん?
『ナーザの大暴れ』も、『チャーニーズゴーストストーリー スーシン』だって日本語吹替されてるんだもんなぁ。

>>118 ほいほい様
 >>18で私が長編リストに入れてました(爆)。もう忘れるか……自分^^;
 パタリロはリアルタイムでテレビで観てましたので(笑)、大丈夫です(何が?)。
 とにかく、詳細感謝します。

>>119 すさのう様
>しっかりと観たのは今回が初めだったんですけど、
 ひょっとすると、前にご覧になったのはリアルタイムに劇場で、とか?
 と、すると37年ぶりの再会、でしょうか?

>チェコのアニメを彷彿させるシーンも美しかった。
 アニメーションというのが元来は実験映画の一つであり、セルアニメもまたその一分類である
……なんて理屈っぽいことを思い出させてくれるシーンが多いですね。

>あのヘンテコなバランスは「わんぱく王子」「宇宙っ子ジュン」と
 平面化、象徴化という意味で『わんぱく王子』の影響は強い絵柄だと思います。
 そういえば、スチルみる限りでは1966年の『サイボーグ009』の背景も
まだ影響引きずってるような。

>>120 0号様
>「ガリバー」、さきほど観ました。声の出演にビックリ。
 豪華ですよね……挿入歌も坂本九ですし。そーいう意味でアニメファン以外にも観て欲しい
作品のような気もします。

124 :風末鳴朝陽:02/08/02 03:12 ID:pRZkmLcA
 東映動画長編? 世界レベルからみればまだ及第点ってとこでしょ。フルアニメーション
じゃなくて所詮は2コマ撮りだし。動きがまだ駄目駄目。こんなもの観て通ぶってるようじゃ
まだまだヌルいね。やっぱり世界の頂点はソ連アニメでしょ。『雪の女王』ハラショー。これ観ると
如何に宮崎とかがパクり好きか分かるよね。まぁ山賊娘よりキャシーの方が媚びててヤな感じ
だけど。ゲルダはやっぱクラリスとかナウシカ?
 で、日本でそのころったら『白蛇伝』でしょ。白娘なんて大根演技じゃん。
あんなのに萌えたってゆう宮崎なんかしれてるよ。動物キャラだってかわいくないし。

 じゃ、この擦れの連中は程度の低い東映のフルアニメもどきでも観てなさいってこった。

125 :鳳未鳴朝陽:02/08/02 03:13 ID:pRZkmLcA
 ……って思わず頭の悪すぎる(というか、そこらの評論の受け売りだらけの^^;)煽りを
入れたくなるくらいに、ソ連アニメ『雪の女王』(1957)には感銘を受けてしまいました……。
(ようやく入手したLDは酷い状態の盤でしたが、なんとか再生可能というよりプロジェクタ
でも観られる画質で一安心。無論、フィルムのキズとか少なくないですが気にしてはいけない)
 フルアニメーションの凄さを今更ながら思い知らされてしまいましたね。これを労組の集会で
観たときの東映動画社員の気持ちは如何ほどのものだったか……。まぁその悔しさが絵よりも
ストーリィや演出で勝負する方向に出て、『太陽の王子』に『長靴』やらを生み出したので
しょうけれど。

 に、しても序盤の街の映し方で度肝を抜かれました。マルチプレーンとか、トラックアップ
とかの効果が最強に炸裂してます……。あの無茶な効果は東映動画作品よりは『アリーテ姫』
(CGでその辺は巧く処理)あたりでようやく模倣しきれたのでは、と思ったほど。同じ意味で
ゲルダが街から出て船で移動するシーンも凄かった……。
 で、此処から先は私が下手な言葉で感想書くより、以下を参照あれ。
ttp://www.people.or.jp/~russia-eigasha/arc/films/y/yukino/index.htm
 おかだ女史が絶賛してますね。

 それにしても、登場人物のデザインが日本人受けするものであるのに不思議な感じですね
(ディズニーあたりと比べても)。LD/DVDは吹替え版しかないのは大いに不満ですが、
違和感がすくないのも事実。ゲルダにも山賊娘にも萌え(結局それかい!)

 あ、一応欠点ということで、全体にシナリオがシンプルすぎることと、クライマックスが
ちとあっさりしすぎていることは指摘しておきます。そこに、「女王を倒すのに、もっと
もっと大冒険をいれる。主人公に努力と協力etcを要求する」という方向を見出した
東映動画長編はやはり凄いなということで……このスレらしい結論に。

 最後に、先の煽りは完全にジョークですので念の為。ゲルダや山賊娘と同じように白娘に
だって萌えてます…私(爆)。馴染み深き森康二系動物キャラだって大好きですし。

126 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 11:56 ID:KeNDc7Ig
昔 大映から出てたビデオは字幕版だったよ。
>『雪の女王』
でも画質はあんまり良くなかったし、字幕も手書きだった。
今IVCから出てるビデオ&DVDはBGMもオリジナルじゃないって聞いたけど

127 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 12:24 ID:.dJVfGEs
「ガリバー」「空飛ぶ幽霊船」で今日のコナン、と言うのは
さり気なく宮崎つながりなのでしょうか<NHK編成

ほぼシネスコサイズで放送してくれて良かった…

128 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 12:28 ID:bREF0HTw
週刊アスキーの唐沢の漫画を読んで
久々に「やぶにらみの暴君」を見たくなってしまった。
つーか傷や退色のない状態で一度見てみたい。

129 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 12:52 ID:.dJVfGEs
>>128
違和感バリバリの追加カット付き「王様と鳥」じゃなくて
オリジナルの「やぶにらみの暴君」…の方はどうなんでしょうねえ。
監督の存命中は絶対許可されなさそうだったけど
物故された今…

130 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 16:16 ID:EnKhNzrI
そうですねえ、今の技術なら『王と鳥』のオリジナルの『やぶにらみ』部分だけ抜いて、
オリジナル音声かぶせて、とかできそうだけどそこまではやらないでしょうねえ。
でも、監督存命中から米では『やぶにらみ』のビデオが発売されていたという不思議もありますからね。
半分海賊みたいなのものですけど。英語吹替えだし。

131 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/02 23:17 ID:ZUQFKiaE
「やぶにらみ」の巨大ロボットはアイアン・ジャイアントに似てる。
あ、逆か

132 :鳳未鳴朝陽:02/08/02 23:26 ID:.W6z2MnA
>>126
>『雪の女王』
>昔 大映から出てたビデオは字幕版だったよ。
>でも画質はあんまり良くなかったし、字幕も手書きだった。
 欲しいなぁ……。ただ、今日もLD見直してて気がついたのですが、スタンダートなので
字幕があるとモロに画面にカブりますよね。吹替も画面カブリがないと考えれば、悪くない
のか……。しかし……。
>今IVCから出てるビデオ&DVDはBGMもオリジナルじゃないって聞いたけど
…ええ、手許のLD(レーザディスク株式会社 AY005-24NK)もBGMは日本語音声と一緒に入れ直した
代物です。ところどころ台詞とかぶらないところだけオリジナルのBGMなのが救い。なんか、
出来が全然違うんですよね(オリジナルの方が気品あります)。
 字幕も吹替えも入っていないDVDって本国では出てるんでしょうか……? うちのモニタは
PAL対応なので、あとはリージョンフリーのプレイヤーか。
(なんか海の向こうの“ANIME”好きの“OTAKU”な気分です)

>>127
> 「ガリバー」「空飛ぶ幽霊船」で今日のコナン、と言うのは
>さり気なく宮崎つながりなのでしょうか<NHK編成
 確かコナン劇場版では宮崎氏のクレジットは「本人の希望」でされてなかった筈^^;。
 宮崎氏は劇場版コナンには相当御立腹だったそうで。ファンの評判も芳しくない由。
 で、コナンはきちっとテレビ版を全話放送して欲しいです(おねーさんがおしゃべり
入れる時間がとれないか。衛星アニメ劇場では……)。

>ほぼシネスコサイズで放送してくれて良かった…
 ガイジュツですが、東映長編は昔のTV放送ではカットされまくってたそうですので……。
良い時代になったものです。

>>128〜130
『やぶにらみの暴君』(『王様と鳥』)も観ておくべき一本のようですね。現在出ている
DVDには何か問題ありますでしょうか?(『王様と鳥』に改作されたことは別にして)

133 :0号:02/08/02 23:42 ID:AXrq5bQ6
>121、122
情報ありがとうございます。
最近のDVDリリース・ラッシュはすさまじく、
小遣いがいくらあっても足りません。

ところで皆さんはDVDで買いなおした作品のLDやビデオは
どうされてますか?
私は基本的に中古屋(「まんだらけ」とか)かヤフオクで処分していますが、
最近は中古市場もキビシイようで・・・。

134 :すさのう:02/08/03 04:13 ID:???
ガイシュツの話題で申し訳ない。ちょっと前に神社の映画会で観た作品が
「こねこの〜」ではないかとご教示していただいたんですが、
昨日「こねこ」の顔を見るチャンスがあって、確認したところ、
全然違っていたんです。正直あんなに可愛くなかったです(w
そこで、インターネットで色々と、日本アニメの歴史を紐解いて
みたら、なんとも「白蛇」以前の短編作品の多いこと!
たぶん絵のデザインからして、「くもとちゅーりっぷ」と
同時期、もしくはそれ以前(30~50年代?)の作品かと思われます。
ネットを覗いても、作品名がただ羅列してあるだけでよく
判りませんでした。こういった古いモノは時々フェスティバル等の
イベントで観るしかないのでしょうかね。
怪しい作品名『おいらの非常時』『森の騒動(よくぱり狐)』
『すて猫トラちゃん』『トラちゃんと花嫁』『ポッポやさん・のんき機関士』『村の人気者』
『トラちゃんの冒険』『子熊ちゃんの花束』
トラも出てたかも… とふと思い出しました。

また振り出しに戻ってみると、無性に知りたくなってきます。
ところで「わんぱく王子」11/21リリースですね!

135 :鳳未鳴朝陽:02/08/04 01:08 ID:dq6T6Iuo
>>133 0号様
 世は捨てるものあれば拾うものある訳で、
>私は基本的に中古屋(「まんだらけ」とか)かヤフオクで処分していますが、
 私は、そうして処分されたLDを買い漁る側です(笑)。DVD化されるとLDの相場は
がたっと落ちる事多く、いろいろとコレクション充実させて貰ってます(まぁ最近のOVAとかが
多いですけどね)。
 LDには寿命ある事は承知ですが、まぁ観れなくなる前にバックアップ考えれば良い訳で。
 何よりもジャケの大きさは魅力ですし。これはLPと同じですね。
>最近は中古市場もキビシイようで・・・。
 買い取りは減ってるみたいで、安値買い漁りの私にとってもちと厳しくなりつつあります……。
「まんだらけ」はLD買い入れしてないようですし。秋葉もリバティー位かなぁ?

>>134 すさのう様
 ありゃ……失礼いたしました。「汽車」「猫」で『こねこ〜』かと思ってましたから。
>昨日「こねこ」の顔を見るチャンスがあって、確認したところ、
 どんな機会だったのでしょう? 少し気になったり(笑)。そういや『こねこ〜』は過去にLDに
なったことあるそうで。入手むつかしそう……。DVD化の可能性を期待?

>なんとも「白蛇」以前の短編作品の多いこと!
 私もこのスレッド立ててから『白蛇伝』以前の日本アニメやら、海外アニメのことなど興味
持って調べだしましたが……割と泥沼かもしれないです(苦笑)。でも填まってみたい泥沼。

>こういった古いモノは時々フェスティバル等の
>イベントで観るしかないのでしょうかね。
 ……でしょうね。でも、そうしたイベントあれば同好の士に会えるのかな、とか考えても
みたり。『太陽の王子』スレッドでもそうした昔のファン交流は触れられていましたし。
(勿論、ビデオやLD、DVDの形で手許にあるに超した事ありませんけど)
 何かイベント合わせでオフ会でもやりますか……?
(先々週地元で『桃太郎海の神兵』の上映あったの見過ごしたのは痛かった……)

136 :ほいほい:02/08/04 01:45 ID:reIPsJA6
「白蛇伝」以前の短編作品を知るなら、
アニメージュ創刊10周年に出た「劇場アニメ70年史」がいいです。
「白蛇伝」以前の作品だけでも、1917年(大正6年)から
132作品が収録されています。
全てが映像写真入りで掲載されているのがよいです。
>>134すさのおさんが見たのも、たぶんこの本に載っているかと思いますが、
ちょっと情報が不足で、分かりません。
上映時間とかわかるといいのですが。

137 : :02/08/04 01:51 ID:dUkE0VC.
雪の女王はIVCから出ているDVDを注文したら、もう無いといわれてがっかり
です。これの日本語でのTVに出てきたのは昭和の40年代の中ごろでは
なかったでしょうか?クリスマスイブの番組だったような。太田淑子の
吹き替えとかだとすれば、そうだと思います。エルマーと竜とか、
実に多くのアニメーションの吹き替え、教育テレビの声などとして
活躍されていました。

138 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/04 06:02 ID:???
えーっと、「長猫」DVDで、ひとつ伺いたいことがあるのですが。
自分の記憶では、ローザ姫が魔王にさらわれる直前の噴水の場面で、
自分の正体を告白したピエールに対し、姫が「かまわない」と答えた後で
「ピエール、私を助けて」という台詞があったはずなのですが、DVDでは
それが中途半端に切れているような気がします。
どなたか正確なことおわかりの方いらっしゃいますでしょうか。

139 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/04 06:48 ID:mGkk/5rY
白蛇伝説以前の短編
「のらくろ」(戦前)ぐらいしか観たことないけど10分少々なのに
無茶苦茶面白かった。

140 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/04 09:22 ID:jzsXpYjg
東映以前の創世記のアニメーションは、「マツダ映画社」や大阪の「プラネット」から
ビデオ出てますね。検索してみてください。
にしてもどうしても見たい肝心の大藤信郎や政岡憲三の作品はまだまだソフト化されてないものも多いですね。
一刻も早くアニドウさんから「日本の初期アニメーション」DVDを出して欲しいものです。

宮崎アニメのロボット(ルパンのラムダとか、ラピュタのやつ)はフライシャーのスーパーマンが
元ネタというのは知られていますが、
『やぶにらみ』&『王と鳥』のロボットも、首をなくせばコナンのロボノイドそっくり。
圧政で虐げられた民衆が地下に潜んでいるところなどもコナンに似てますね。
高い塔(城)を昇りながらの追っかけも、長猫〜カリ城 ですね。
『雪の女王』のゲルダじゃなくて、途中で出てくる山賊のワガママ娘なんかは
コナンの「ジムシーのバカ!」って叫ぶ山の向こうの豚飼いのリーダーの妹の性格そのままですね。

141 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/04 13:10 ID:???
「雪の女王」の山賊の娘の方が、実は宮崎氏のお気に入りらしいです。
ゲルダの方じゃなくって。もののけ姫のサンなんか、まんま性格その
ままですしね。

142 :すさのう:02/08/04 14:18 ID:???
>>135鳳未鳴朝陽さま
「こねこ」の顔は、フィギュアを作ってらっしゃる方のHPで
見ることができました。『こねこのらくがき』で検索してると
辿り着くと思いますよ。
いやいや、私も割とこの世界、泥沼かな… と(w
ちょっと東映とは離れてしまいますが、同じく『白蛇伝』以前の
日本アニメに加えて海外アニメ(特にチェコ)等にも興味あるので、
今後のどつぼが予想されて、自分でも怖いです。

昭和40年頃、東京12チャンネルで「プラハの夢」という番組を
やっていたんですが、見てた方いるかな?
週に1回の放送で古〜いチェコのアニメを放送していました。
人形アニメ、粘土アニメ、紙アニメ(?)色々あって、当時の
教育テレビ子供向け番組のクオリティーを遙かに超えていて
目を見張るものがありました。フィルム残ってればいいなあ。

>>136ほいほいさま
「アニメージュ」の情報ありがとうございました!
全て映像写真付きとは凄いですね!ああ、今すぐ見て確かめたい。
例の短編はおそらく10分程度、白黒だと思います。

>>140さま
貴重な情報ありがとうございました!
早速注文しましたよ(w
以下、興味のある方々のために作品リスト書いておきます。

143 :すさのう:02/08/04 14:18 ID:???
『昭和漫画映画大行進第1巻』“のらくろ二等兵” 33分 3,800円
1 のらくろ二等兵〜教練の巻・演習の巻〜 昭8 原作/田河水泡 演出/村田安司 弁士/牧野周一
2 冒険ダン吉〜漂流の巻〜 製作年不詳 原作/島田啓三
3 空の桃太郎 昭6 監修/青地忠三 漫画/村田安司 弁士/澤登 翠
4 おいらの野球 昭6 監修/青地忠三 漫画/村田安司 弁士/澤登 翠

『昭和漫画映画大行進第2巻』“のらくろ伍長” 36分 3,800円
1 のらくろ伍長 昭9 原作/田河水泡 脚色/青地忠三 漫画・演出/村田安司 弁士/牧野周一
2 のらくろ少尉〜日曜日の怪事件〜 製作年不詳 原作/田河水泡 弁士/澤登 翠
3 大あたり空の円タク 昭7 作画/加藤禎三 弁士/澤登 翠
4 日の丸太郎〜武者修業の巻〜 昭11 作画/鈴木阿津志 弁士/松田春翠
5 塙団右衛門〜證城寺の狸囃子〜 昭10 脚色/魔須田和弘 作画/片岡芳太郎 弁士/澤登翠
6 日の丸旗之助〜化物屋敷〜 製作年不詳 原作/中島菊夫 弁士/澤登 翠
7 日の丸旗之助〜稲妻組討伐の巻〜 製作年不詳 原作/中島菊夫
8 忍術火の玉小僧〜江戸の巻〜 昭10 監督/田中与志
9 御存知荒又仇討 昭7 作画/大石 郁 弁士/澤登 翠

144 :つづき:02/08/04 14:19 ID:???
『昭和漫画映画大行進第3巻』“漫画日本お伽噺”46分 3,800円
1 舌切り雀 昭3 作画/山本早苗 弁士/澤登 翠
2 一寸法師 ちび助物語 昭10 作画・演出/瀬尾光世 弁士/澤登 翠
3 日本一桃太郎 昭3 作画/山本早苗 弁士/澤登 翠
4 こうもり(かうもり) 昭5 監修/青地忠三 漫画/村田安司 弁士/澤登 翠
5 證城寺の狸囃子 製作年不詳 大石郁雄作品
6 浦島太郎 製作年不詳 作画/宮下万三
7 サルカニ合戦 製作年不詳 作画/宮下万三
8 ワニザメ ト シロウサギ 昭9 作者不詳

『昭和漫画映画大行進第4巻』“漫画日本昔話”46分 3,800円 
1 海の水はなぜからい 昭10 脚色/青地忠三 漫画/村田安司 弁士/澤登 翠 
2 三公と蛸〜百万両珍騒動〜 昭8 作画/村田安司 弁士/澤登 翠 
3 居酒屋の一夜 昭11 原作/今 順太 漫画/村田安司 弁士/澤登 翠

『昭和漫画映画大行進第5巻』“動物村の大騒動”38分 3,800円
1 動物村の大騒動 製作年不詳 作画/山本早苗 トーキー 
2 動物村のスポーツデー 昭3 原作・脚本/青地忠三 作画/村田安司 弁士/澤登 翠 
3 泳げや泳げ 昭14 原案/伴野文三郎 作画/大石 郁 弁士/澤登 翠 
4 カンガルーの誕生日 昭15 原作/木村阿弥子 原画/熊川正雄 弁士/澤登 翠

145 :   :02/08/04 20:46 ID:dUkE0VC.
惜しいのう、注文するためには、発売元会社名、カタログ番号、
媒体のフォーマット、発売年月日があったほうがよかったのになぁ。

146 :鳳未鳴朝陽:02/08/05 02:03 ID:VZIz8/2c
http://www.toei-anim.co.jp/shop/video/vcatalog/anime_others/anime_others.html
なんて頁見つけました。東映ビデオの通販頁です。長編のビデオテープは一律\2800
なので、DVDより安いですね(割引&キャンペーン使いまくると別ですが)。画質や
操作性に拘らない向きにはお勧めでしょう。
(何を隠そう、私の手許にある『白蛇伝』もコレ……。あと中文海賊版VCD^^;)
で、これで気になったのは『こねこのらくがき』もまだ入手可能らしいこと。しかし
価格は\7320……考え込んでしまうなぁ。このビデオ持っている方いらっしゃいますか?
内容とか教えてくだされば幸いです。
(そうそう、『カッタ君ものがたり』はトンデモ系珍品として一部では有名ですね)

>>136 ほいほい様
>アニメージュ創刊10周年に出た「劇場アニメ70年史」がいいです。
 前から気になっていた本ではあります(古本でみたこと何度かあり)。
歴史的な記述は相当に充実していそうですね。で、この本扱っているのは
国内だけですか?

>>137
>雪の女王はIVCから出ているDVDを注文したら、もう無いといわれてがっかり
 通販業者に流通在庫が残っている可能性とかないでしょうか?
http://www.hmv.co.jp/search/title.asp?keyword=%90%E1%82%CC%8F%97%89%A4&category=TITLE
http://catalog.nbj.co.jp/55/catalog/ctlg0279.htm#34637f3d
 ご無事に入手できること願っています……。欲を出して云えば、露語/日本語切替化で
再版してほしいのですけど。それなら買い直すファンも多いでしょうし(私は買う!)。

>これの日本語でのTVに出てきたのは昭和の40年代の中ごろでは
>なかったでしょうか?クリスマスイブの番組だったような
 吹替がいつ頃のものか気に掛っていたので、有り難い情報です。TV用に吹替えされた
という事は、普通に上映されたことはなかった……のでしょうか。東映動画のスタッフが
1963年に観て感銘をうけたというのは「労組主催の上映会」だった由ですし。

>太田淑子の吹き替えとかだとすれば、そうだと思います。
 メジャーなところではサファイア役ですね。

147 :鳳未鳴朝陽:02/08/05 02:12 ID:VZIz8/2c
>>138
 手許のLD(東映ビデオLSTD00068、ちなみにアナログ音声のみ画質劣悪の酷い盤)を
確認してるんですが、
>「ピエール、私を助けて」という台詞
 最初から入っていないのでは?
「私にはあなたが必要なの」
 なら入っていますが。あと「ピエール」と名を呼んでいるだけの場面も幾つか。

 ただ、今回のDVDでは『太陽の王子』の方でも重要なシーンの欠落とかが報告されて
います……(『太陽の王子』スレ参照)。なんか不安です。

>>139
>白蛇伝以前の短編
 実いうと私もテレビで『桃太郎海の神兵』『くもとちゅうりっぷ』の触りの数分間を
観ただけです。とはいえ、その数分間で十分に凄みは伝わってくるものでしたけど。
 前者に関してはよく軍国主義との絡みで語られますが、個人的には
「アニメーターって人々は、昔からリアルなメカ描写にこだわってたんだな」
 という感想を抱きました。爆撃機のシーンでは『マクロス』思い出してしまいましたから。

148 :鳳未鳴朝陽:02/08/05 02:13 ID:VZIz8/2c
>>140
>「マツダ映画社」や大阪の「プラネット」からビデオ出てますね。
 情報感謝です。
>一刻も早くアニドウさんから「日本の初期アニメーション」DVDを出して欲しいものです。
 同感です。一番相応しく、丁寧に扱ってくれそうな気がしますし。

 に、しても『雪の女王』の山賊娘が『ど宝』のキャシーに影響が……というのは散々評論で
読んでて染み付いてた先入観でしたが、『未来少年コナン』のテラと性格まんまだってこと…
…あぁ気が付きませんでした。テラ大好きだったのに(ラナよりも!モンスリィ別格)……ああ逝っ
てきます。

>>141
 ゲルダはこれまでにもあったであろう“一途なヒロイン”でしたけど、山賊娘はさぞや
画期的なキャラクターだったのでしょうね。そういえば山賊娘、黒髪と顔つきの濃さが、
ゲルダ(&カイや王子・王女様あたり)との民族の差異を感じることができますね。
この辺ソ連という多民族の国で作られたという事情を……というのは勘繰り過ぎですか。
(ゲルダが山賊から離れてから辿り着く民家や人物も、妙に民族描写がかってますし。
フィンランドやラップランドよりも、極東ロシアっぽさを感じるのは気のせいか……)

149 :鳳未鳴朝陽:02/08/05 02:15 ID:VZIz8/2c
>>142 すさのう様
>「こねこ」の顔は、フィギュアを作ってらっしゃる方のHPで
……見つかりませんでした。
 リンクいただけないでしょうか? 立体モノは好きなので気になるんですよ。
(2chに個人頁にリンク張るときの慣習で、httpの最初のhは外して直リンにならぬよう
願います。ご存知なら失礼します)
 そういえば東映長編もののガレキとかアニドウが制作中のヒルダは別にして
聞かないのは……その筋に人気がないからか。
(東映アニメーションは当日版権は通るので、それがネックというわけではないようです)
 まぁ高価なガレキより、ガチャポンのような形で出てくれる方が有り難いですが。
『太陽の王子』『長靴』『ど宝』あたりなら十分売れると思うんですが……。

>昭和40年頃、東京12チャンネルで「プラハの夢」という番組を
 凄い番組あったんですね……(タイトルも凄いし)。
 なおチェコのアニメは『チェコアニメ傑作選1』等のDVDが出ているようです。

>>143〜 すさのう様
 リスト化感謝します。知らない作品ばかりです……。にしても、
ttp://tokyo.cool.ne.jp/noa2/anime.html
 の年表みた限りでは、東映動画が動き出してからこの種の短編がガタっと減って
しまった時期があるような気もするのですが。
 まぁこの年表、1959年の『たぬきさん大当たり』が1967年になっていたり、1962年に歴史的
名作たる『ある街角の物語』と抜けてたりと瑕疵が見られるのであまり信用しない方が
いいのかもしれませんが。1960年代の実験映画はおおむね無視されてますし……。
 余談なんですが、近年においても「語られないアニメ」ってありますよね。教育映画の
類や(『マリーベルの交通安全』の類。オリキャラのは尚、マイナー。自治体制作『カッ
タ君』もこの類だが、内容の無茶さで話題に)、安いパチモンセルビデオ、サンリオの
キャラものなど……。キャラがハローキティの『雪の女王』『長靴をはいたねこ』には
正直たまげましたわ……。

150 :すさのう:02/08/05 10:51 ID:???
>>149鳳未鳴朝陽さま
では「立体こねこ」貼っておきます(白蛇伝のもありますよ)
ttp://www6.ocn.ne.jp/~omanta/hashimoto/list.html

あと「マツダ映画社」の注文ページもついでに
http://www.infoasia.co.jp/subdir/matsuda/f_pages/fj.html

ハローキティの『雪の女王』『長猫』とは萎え萎えですね(w
どうも、キャラはその作品だけの「描きおろし」じゃないと
魅力を感じません。
書いてくださったその年表、結構鵜呑みにしてました。
あんまり当てにならないもんだったんですね…

151 :鳳未鳴朝陽:02/08/06 23:27 ID:hhm5qylk
 『グリム童話 金の鳥』の中古ビデオを入手しました(確かLDは出てないはずです)。
 東映動画長編の最後の一本……というのは諸説ありましょうが、オリジナルの名作路線と
してはこれが事実上最後のはず。確かに、スタッフ等で全盛期からの継続はなく、尺も52min
サイズはスタンダートですから長編としての威厳には欠けますが、独特の可愛らしくも
品のある絵柄とかには惹かれてましたので……。

 脚本:田代淳二/演出:平田敏夫/キャラクターデザイン・作画監督:大橋 学/製作協力:マッドハウス
 ハンス王子:三輪勝恵/狐のルル:藤田淑子/魔女:富山 敬/ローランド姫:木の葉のこ/カネマッチ王:滝口順平

 予算と時間、それ以上に制作時代の関係でしょうか、演出もTVアニメ調でかっての豪華さは
感じにくいのですが、省略と強調のメリハリの利いたキャラデザ(特に魔女が秀逸)は味があります。
主人公やヒロインに関しては、「リトル・ルル」や「ビッケ」、或いは「ポポロクロイス」あたりの系統ですね。
素直にかわいらしい。あと魔女が生産(量産!)する機械兵はどこか「やぶにらみ」系であり、
こいつらがぞろぞろ歩いてくる様は『ガリバーの宇宙旅行』をもイメージさせます。
 また、魔女の手下の蝙蝠三匹はどこか『長靴』の殺し屋どもにダブります。
 丁寧に描かれた背景も合間って、往年の長編名作群を彷彿させるものは十分にあるでしょう。
 最後に魔女の城はかっこよく崩れますしね……崩れる間際の金の馬で崩れゆく壁を駆けていく
絵には痺れました……ここは『長靴』に負けていません!

 特筆すべきは狐のルルの役でしょう。ルルは主人公ハンスを助けゆく、恰もペロのようなキャラ
なのですが、声優はかつてのピエール役の藤田淑子。「ピエール、お前も立派になったものだ(笑)」
と『長靴』ファンにとっては感慨深いものはあります。
 あと、ヒロインのローランド姫は主人公を怒鳴り散らす強き姫君。件の機械兵を槍で一突きと
いう場面もあります。まぁ1987年の地点では“御転婆姫”も定着したキャラですから、強引に
キャシーからの系譜を辿らせる気にはなれませんが。

 とにもかくにも、全体に全盛期長編へのレスペクトも感じられ、往年の東映動画長編ファンなら
観て損はない一本と申しておきます。
 再評価の機会、ないものでしょうかね……。

152 :鳳未鳴朝陽:02/08/06 23:48 ID:hhm5qylk
 そうそう、或る通販業者から中古(ゆえに一品モノです)で『桃太郎海の神兵』のビデオを
入手できる目処立ちました。ただ、今でも松竹のカタログには載っているようなので、意外と
今でも入手しやすいのかもしれません。1980年代半ばまで埋もれていた幻の作品なのに、恐らく
一番有名な(手塚治虫が絶賛していたり、何度かテレビで映ったりで)戦前の国産アニメーション
になってしまったというのは皮肉な感じがします。

>150 すさのう様
 件の頁、拝見してまいりました。スサノオさまも立体化されていましたね。『こねこ』は
映画の1シーンをジオラマで再現されたものと思います。見事です!
 ただ、東映古物は商売にはされていないようで、御趣味の一品モノしか作られていないのは
残念な気もしますけれど。

>ハローキティの『雪の女王』『長猫』とは萎え萎えですね(w
 いや、ビデオ屋のキッズコーナーとか見れば分かると思うのですが、この程度はマシと
思うような、如何にも駄目そうな「名作アニメ」は少なくないんですよ……。

>書いてくださったその年表、結構鵜呑みにしてました。
 まぁ私も間違いに気づいたのはその二個所だけですから。
 ちなみに私も、過去の記述で間違いやってますので修正を。1979『龍の子太郎』はLDを
入手したところ、ビスタではなくてシネスコサイズでした。『龍の子太郎』は私が初めて観た
東映長編なので、気合を入れて、正座して観なければ……。

153 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/07 04:06 ID:???
>>147鳳未鳴朝陽様、レスありがとうございます。
そうですか、私の記憶違いでしたか。安心いたしました。
ただちょっと気になるのが、DVDのその部分、ローザ姫の
台詞がよく聞き取れなかったようなのですが、これもオリジナル通り
なのでしょうか?

154 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/07 09:58 ID:IUSzjYqA
今年はポールグリモー追悼上映会を見に広島まで行きますよ。
今年はアニメーションフェスティバルの年ですから。
前回はハリーハウゼンも来てたりしましたし。

155 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/07 17:09 ID:ctt2NqGU
DVD2枚で1枚ゲット!
配達記録で発送する事になっているが、表にアンケートなど記入するとこで
一杯のため配達記録のスタンプ、シールの張るスペースが 無く
郵便局の人困っていた・・・・・・

156 :鳳未鳴朝陽:02/08/09 00:31 ID:EVQ/1LfU
『金の鳥』に関する追加情報。
http://www.ntv.co.jp/ghibli/web-as/talk6/ohashi01.htm
 が参考資料。他のコンテンツもとても面白いのでお勧め。

・キャラクターデザイン・作画監督の大橋学氏は、モロに東映動画系の方でした。
・完成は1984年! 1984年内の「まんがまつり」での上映予定だったと。
(これで1983年の『イソップ物語』から『金の鳥』1987までの4年のブランクの謎も解明です)
 余談ですが、1984年は春の「まんがまつり」がありません。これが『金の鳥』お蔵入りと
 関係あるように思えます。
・ホルスのスレッドで少し触れた『チャイニーズゴーストストーリー スーシン』(1996 香港日本合作)にも
 大橋氏は関わってるそうで。『チャイニーズ…』の絵柄は凄く東映動画チックなのでどこかに縁は
 あると思ってましたが……。
http://imsp008.netvigator.com/chineseghoststory/poster/
(公式頁 英文・中文)

>>153
 そのシーン、BGMが入っているので台詞はくっきりと入っているわけではなかったと。

>>154
 「広島」はまだ私には敷居高いです(苦笑)。
 個人的に気になってる事なのですけど、海外アニメ(除く北米)や実験アニメの
世界と、一般のアニメファンの間の距離って余りに大きすぎるんですよね……。

157 :153:02/08/09 04:25 ID:???
156様、再レスありがとうございます。
これで安心してみることが出来ます。

158 :ジャック:02/08/09 22:36 ID:???
>>156
>海外アニメや実験アニメの世界
がお好きな方はこちらもどうぞ
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/997277993/l50

159 :鳳未鳴朝陽:02/08/09 23:43 ID:ZXtKTn0k
>>158 ジャック様
大変面白く拝見しました。アニメ系の板にないのがなんというか……。ほんと、アニメばかり
観ていては気がつかないところにあるわけですね。
で、やはり感じてしまったのはこうした“アニメーション”映像の世界と所謂日本の“アニメ”の
落差なんですね。(どちらが上下とかいう次元ではなくて、製作者やファン層、またその意識が)
その間を埋めるジャンルが存在しない事に、一抹の寂しさは感じるのですよ。
(『アリーテ』『ほしのこえ』あたりでは、まだ“アニメ”の方でしょうね)
まぁ、このスレッドが“間を埋める”充填材の一部にでもなればそれに超した事はないのですけど。
(「ストレンジなアニメーション」スレに、このスレをリンクしても……宜しいのでしょうか?)

160 :ジャック:02/08/10 18:22 ID:???
>>159鳳未鳴朝陽さま
そんな特別断らなくてもいいですよ。どうぞよろしくお願いします。

161 :鳳未鳴朝陽:02/08/12 01:38 ID:xJJgOlHI
>>160 ジャック様
向こうにリンク貼っておきました。

そういえば、夏コミではアニドウのブース行って「もりやすじ画集」買ってきてしまいました。
生活苦(…最近LD買い過ぎ)の中での1万円はヘビィでしたけど、まぁ相応の中身はあるって
ことで……満足はしてます。
ただ、あれほどの豪華本にする必然性は?ですけど。同じ企画を徳間書店あたりから
並装版でやればもう少し常識的な価格にできたのではないかとも思ってしまいました。
いや、豪華すぎる資料って開くのがおっくうになることあるんですよ。このスレ書込み用に
開く事の多い『東映動画長編アニメ全集』にしても決して(重量的に)軽い本じゃないですし。
「ロマンアルバム」程度なら引っ張り出すのも気楽なのですが。

162 :鳳未鳴朝陽:02/08/12 01:40 ID:xJJgOlHI
 『龍の子太郎』(1979)を22年ぶりに観ました。
 正直、歳はとりたくないもんです。この種の作品は大人というか評論系アニオタな、邪な視線で
みちゃいかんなって実感させられましたから。素直に、感動できた昔が懐かしいなと。
 いや、出来はよいんです。日本画調の背景は適度にモダニズムを与えていますし、キャラの動き
やらすべて一級品。文句のつけようはないんです。しかし、往年の長編では当たり前のようにあった
飛びぬけた表現がないのが地味な印象をひたすら強めているなと。100人力の太郎に空とぶ白馬、
そして龍がいるなら、もっと力強いアクションシーンだって描けたはずなのに。すべてが
地味に見えてしまっている。それどころか回想シーンが尽く止め絵なのが、「東映長編」と
してはただ欠点というか、手抜きにしかみえてこないんですわ。

 それから、どうもストーリィが単純・単調に見えてしかたがない。
 たとえば、「あや」という山から現れるヒロインについては語られていないし、せめてその正体を
“考えさせてくれても”よかったのではないかと(正直、只の村娘には見えませんよ…彼女)。
 「白い蛇」「山姥(妙に艶っぽいんだこれが)」だってもっと語って欲しかった(で、その分
「雪女」のエピソードはいらなかったでしょう)。

 なにより、太郎の旅路の長さが伝わってこないのは考え物です。山を九つ越えてきたって重みが
正直感じられませんでした。原作者によれば、太郎が拓いた湖は安曇・松本の大平野であるとの
ことですが(恐らく太郎の母=龍が壊したのは北アルプスの一部ではあるまいか?)、そんな
原作や、その基になった民話群のスケールの大きさはこのアニメからは伝わってきません。
太郎や龍は、もっと狭い水溜まりで遊んでいるようにしか感じられないのです。

 ストーリィ的にもっと原作やその根にある民俗を掘り下げ、ダイナミズムを持たせれば
『太陽の王子』や今日のジブリアニメの如き、大人の解釈にも耐えうる傑作になったと思われ、
しかたがありません。
 思えば22年前にみた印象は「まんが日本昔話」のスペシャルみたい……で面白い、といった
ものでした。その文脈でなら高い評価もできよう『龍の子太郎』も、「東映動画長編」という
流れでは、一佳作に終わってしまった印象は否めないのです。

163 :鳳未鳴朝陽:02/08/12 01:42 ID:xJJgOlHI
 そういえば、このスレの方には“いまさら”と思うのですが、『太陽の王子』の企画は
ごく初期の段階では、『龍の子太郎』であったというのは有名な話ですよね。
 『太陽の王子』級の熱意、そして採算度外視の志で作られた『龍の子太郎』は如何なる化物に
なったか……興味は尽きません。
(個人的には『チキサニの太陽』の方が通ってよかったとは思っていますが。アイヌ神話大好き
なのです)

 余談1
『龍の子太郎』のLD(LSTD01285)には例によって予告編も収録ですが、1979春の
「東映まんがまつり」全体の予告編になっています。『龍の子太郎』の予告編だけで通常の
予告編のボリュームはあるので、オマケが観られたようでトクな気分(『キャプテンヒューチャー』
とか、わざわざ新作作ったのかなぁ)ちなみに併映作も全部シネスコ。
 実写+アニメ『ピンクレディーの春休み』がひたすら恥かしいですが、良く考えれば
今のミニモニみたいなもんか……(笑)。

 余談2
 英文タイトルは準備段階では『NATURE BOY』というしょーもないものでしたが、完成段階
では『TARO, THE DRAGON BOY』とカッコ良いものになってます。中文タイトルが思い出せな
い……。中国のVCD屋にも出回っていたんですが。しかし、漢民族に「罰として龍の姿に変え
られる」という設定は共感できるのか、疑問感じなくもないです。

 余談3
 手塚治虫の漫画「ハトよ天まで」も『龍の子太郎』の解釈の一つですが……。御大、頼む
ので安易に未来人や宇宙船ださないやうに……まったく。

164 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/12 18:08 ID:Y35zoUTl
東映動画究極の鬼子「198X年」は語ってもいいですかあ?

165 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/12 21:51 ID:TZsr4M/G
長猫をはいた靴

166 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/12 23:37 ID:???
 長猫のレヴューを某所で読んで、なんか原作が気になったんで
久々に読んでみた。(河出文庫版)
 そういえば、こんなに短かったんだ・・・・

167 :ほいほい:02/08/13 00:08 ID:u4xGPgKc
本日ジブリの「ねこの恩返し」を見てきました。
これまでのジブリ作品の中では、宮崎が監督の大作ではなく、
中作品って感じでしたが、
東映長編、まんが映画、「ねこ」だけに「長猫」のテイストを。
まぁ、城から塔への逃亡、おっかけシーンがあったからなんですが、
ねこ王のギャグやているとことか、どうぶつの擬人化とか、懐かしい感じでした。
森川さんデザインのキャラ、「名犬ラッシー」から注目していまして、
今もっとも森やすじさんに近い味を出せるんじゃないかと思います。
ペロと違って、バロンはかっこ良かったなぁ。

168 :鳳未鳴朝陽:02/08/14 23:45 ID:GeUkVL0C
>>164
『198x年』ですか……。このスレの定義から外れてはないですけど……うーん。
駄目とは云えぬ雰囲気。検索かけてみると「東映動画労組の制作拒否」とゆータームが
よく引っかかりますな。

>>166
私も恥ずかしながら原作未見ですが……。まぁ短い話を長〜くするのはあの時代のアニメ
関係者の十八番でした、と(『母をたずねて三千里』とか)。『太陽の王子』の原作(笑)も
やたら短かったなぁ(爆)。

>>167 ほいほい様
「耳をすませば」のテイストかと思ってたら、随分違うようですね。
(それ以前に、頭に沸いたのは竹本泉の漫画『ねこめーわく』シリーズですが)
最近のジブリには? でしたが、これは素直に楽しめそうな。

>ペロと違って、バロンはかっこ良かったなぁ。
 うーん。ペロも私の文脈では「かっこよい」なんですけど(笑)。

169 :ほいほい:02/08/15 00:36 ID:iT5/dqov
>>166
すこし前に、グリム童話がはやりました。本当は残酷だってね。
その時出版された数々の本の中で、
「長靴をはいた猫」にも色々な解釈がありました。
猫が長靴をくれと言うのは、中世の階級制度を表していて、
靴など履けない奴隷の身分から、長靴という高価な靴を履ける高貴な身分への脱却
と言うのはまともなもので、これには納得。
またあの猫はメスである、と言うのもあり、これはなかなかの説でした。
ご主人のため献身的に尽くす、執念深く、綿密に事を進めるのは、女の特性だと。
ペロがメス猫だったら・・・イメージ湧かないけどね。(笑)

170 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/15 21:06 ID:???
「桃太郎 海の神兵/くもとちゅうりっぷ」
普通に買えます↓
ttp://www.shochiku.co.jp/video/v40s/sb0109.html

171 :鳳未鳴朝陽:02/08/16 04:20 ID:MCD+rDED
『桃太郎海の神兵』のビデオ観ますた(よりによってこの日に観なくても←自分ツッコミ)。
とにかく予想以上のクオリティの高さに吃驚。日本のアニメーション技術がこの時代に一つの
頂点に達していたということに今更ながら驚かされます。まぁ北米では総天然色で『白雪姫』
とか撮ってた時代なので、その辺との比較はキツいのですが。

なにより感心したのは、生活描写的なものを大事にしていること。緩急の差をつけてるが故に
作戦・戦闘場面が際立っているのでしょう。冒頭の、のどかな農村描写は護るべき銃後でも
表現しているのでしょうか(平和への願い、と見るのは勘繰り過ぎでしょうね)。
あと、飛行機が(型は分からないのですが)ひたすら格好よいです。リアルとディフォルメの
バランスも心地よい(尾翼の桃のマークがまたよし!)。で、古来よりアニメーターという
人種はメカ描くのが好きという事の証明になっているように思えなくもないです。
(どこかで聞いた説では、強制的に軍用機かかされた、ってことになっていますけど)

に、しても台詞を極力減らして、表情の描写で感情を表現する演出は如何にも「アニメーション」
という表現を分かってるなぁと思いました。さぞや手間をかけているのでしょう。

とにもかくにも、この作品を軍国主義云々や、戦争と平和云々のタームのみで語るのは
余りに勿体無いなと。肩肘張らずとも、十分快活な娯楽活劇として楽しめる一本だと思うのです。
(これ否定すると、ヤマトやガンダム、マクロスも否定する羽目になるような気が……あと
ハリウッド製戦争映画の殆ども^^;)

>>169 ほいほい様
>ペロがメス猫だったら・・・イメージ湧かないけどね。(笑)
 それはそれで(今風の)面白い話にはなりそうですが、往年の東映動画的な雰囲気には
そぐわないですな。長靴はいた猫耳娘(笑)とローザ姫がピエールを取り合うなんて展開、
駄目な萌えアニメで出来そう(個人的には観たいような……私も駄目人間)。

>>170
 私が買ったビデオもこの版です。確かに普通に買えそうですね。誰か通販試して
頂けませんか?

172 :猿吉:02/08/17 00:30 ID:NpksYQ0L
『桃太郎海の神兵』のビデオは、音声カットありますか?
昔、テレビで放送されたのは世界の7つ宝(ゴアの王様)が
1つだけ消されています。知っている方いますでしょうか?


173 :鳳未鳴朝陽:02/08/17 01:10 ID:lGsu/6PN
『桃太郎海の神兵』ですが、「あいうえおの唄」とシーンはほんと良く出来てるなぁと思います。
 唄と画面のシンクロの加減が堪らない。大きな獣が走ったり跳ねたりしてるとこでは大きな
楽器が鳴ってて、小動物が可愛く跳ねてるとこでは可愛いアレンジ。フル・シンクロ。
 あれに匹敵するミュージカルシーン、今じゃできないなぁと悲しい思いにもなりました……。
 とにかく、あの唄クセになりそう。

>>172 猿吉様
>『桃太郎海の神兵』のビデオは、音声カットありますか?
 手許のビデオ(現行品?)では不自然なところは、一応確認できませんでした。
>昔、テレビで放送されたのは世界の7つ宝(ゴアの王様)が
>1つだけ消されています。知っている方いますでしょうか
 列挙しますと、
・ペルシャの絨毯
・印度の宝石
・シャムの首飾り
・安南カンボジアの更紗
・支邦広東の茶
・同じく北京の黄金・羊毛・砂金
 で、以上です。音声に不自然なところはなかったので、ビデオではカットはないものと。
(支邦が引っかかったのかしらん?)

174 :猿吉:02/08/17 23:29 ID:FuKwY2CF
>>173 鳳未鳴朝陽様

情報ありがとうごさいます。

もう1度ビデオ見返して確認し報告したいと思います。


175 :猿吉 :02/08/18 23:25 ID:HaT7iij0
>>173 鳳未鳴朝陽様
ビデオ、確認しました。
世界の7つ宝じゃなかった。9つ。まちがいますた。

ペルシャのじゅうたん
エジプトのたばこ
インドのほうせき
シャムのくびかざり
あんのんかんぼちゃのさらさ

「し__かんとんのちゃ」←ここがカット

北京の黄金、羊毛、砂金←金で同じなのに・・・

問題の動画
ttp://www.42ch.net/UploaderAnime/source/1029680486.mpg
こんな感じです。


176 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/20 00:53 ID:iZ/2UjcF
「長靴をはいた猫」を初めて見ました。
お姫さまより、ピエールのほうに萌え(?)ました。
マジメで素朴で、感情移入しました。いいキャラでした。

あと、朝日よ!のシーンのギリギリ感が良かったです。

177 :鳳未鳴朝陽:02/08/20 02:17 ID:62ArrYrL
>>175 猿吉様
 まぁテレビとビデオソフトでは“言葉狩り”の規準も違うということで。
(支邦はやはりマズいんですね)
 しかし『海の神兵』DVD化はされないのかしらん。ビデオではランダムアクセスできずで
凄〜く不便ですから。「あいうえおの唄」のシーンだけ観たいとき、不便。

>>176
 『長靴』ご覧になりましたか。ピエールは成長していく様が凄く心地よいキャラですね。
 誠実さは、この東映動画版の持ち味だと思います。狡猾なペロに誠実なピエール、実に
佳き組み合せではありませんか!
 ローザ姫に関しては、敢えて個性を殺しているキャラって感じはします。いや、姫が抑え目の分、
ピエールもペロもルシファも際立つわけですからね。
(ローザ姫が不満なら、『グリム童話 金の鳥』のローランド姫をオススメしときます^^;)

>あと、朝日よ!のシーンのギリギリ感が良かったです。
 前も記しましたが、『もののけ姫』のラストシーンに通じるものを感じます……ね。
 まぁ構図とかは『長靴』の方が上だと思いますけど(苦笑)。

178 :鳳未鳴朝陽:02/08/20 02:21 ID:62ArrYrL
『長靴』の話題でたついでに……。
『長靴』のLD、手許の初期東映ビデオ版(LSTD00068)の画質の酷さに呆れて、バンダイビジュアル版
LD(BELL370)買ってきてしまいました。まぁ法外に安かったからですけど…(ちなみに秋葉の某店は
ボリすぎ)。
 『太陽の王子』スレでも記しましたけど、BV版LDはジャケと解説書の豪華さが嬉しい。ジャケは
書き下ろしっぽいですが、お陰で今に通じる作品という風情が出ています。なにより印刷インクに金色
を配しているのが良い感じです。

 いや、画質変わるとまるで別の作品のよう。今まで観てたのはなんだったんだ? と。
「こんなシーンあったかな」とか思いながら眺め、ひょっとして初期東映版のではカットされたシーンか?
とか思って初期東映版も観ると、カットされてるわけではない。画質ひとつで印象と情報量が
ここまで変わるとはちょっとした発見。なによりローザ姫も凄く美人に見える……(笑)。なにせ、初期
東映ビデオ版の画質ではなんでピエールがローザ姫に惚れてしまったか分からなかったですからね(爆)。
それはともかく、森キャラたちの微妙な表情が分かるのがいいです。

 で、やはり初期東映版のLDはシネスコを左右トリミングでビスタ?にした極悪仕様だったと判明。
今更LD買う奴はあんまりいないと思いますけど、マジで初期東映ビデオ版(LSTD00068)はオススメ
しかねます。LDでは大事なジャケも本編からのキャプ映像で悲しい代物ですし(同じシリーズの
『太陽の王子』はまだマトモだったのに……)。解説書もないし。唯一のメリットは「ど宝」
「長靴三銃士」「長靴80日間」の予告編もオマケ収録されてる事ですけど、これは各々のLDにも
入ってる筈で今となっては意味なし。
 いやまぁベストはDVD買ってしまうことなんでしょうけど(笑)。

(とかいいつつ、土曜日に秋葉で末期東映ビデオ版の新品[LSTD01504]を発見し、こちらは
マルチオーディオ仕様でBGM付、且つリバイバル上映時の予告編もついてるの確認しました……
LDの物理的寿命も考えればLDで一番いいのはコレかも。
東映ビデオのLDは或る時期[『龍の子太郎』あたりから]から画質が大幅に改善されてますし)

179 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/20 06:01 ID:bz/p+GEF
鳳未鳴朝陽様
すいません。もうちょっと改行していただけると
読みやすいのですが…

180 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/22 05:13 ID:???
皆さんディープな話題で盛り上がってるトコすいません。
次の東映長編DVDのラインナップはなんなんでしょうか?

181 :鳳未鳴朝陽:02/08/22 23:56 ID:wknA+h4M
 アニメージュ文庫『長靴をはいた猫』は現在も再版されてるの確認。DVDや
VHSが簡単に入手できる現状でのフィルムブックの必然性は薄いのですけど、
巻末に収録された宮崎駿のコミカライズは必見……。

>>179
 改行増やします。読みにくくてすいません。
(しかし当方の環境、800×600の古ノートPCなんですが……)

>>180
 次回以降のDVDのラインナップ、変更なければ、
8/9 『西遊記』
9/21 『安寿と厨子王丸』
10/21 『シンドバットの冒険』『銀河鉄道999』
   『さよなら銀河鉄道999』『銀河鉄道999エターナルファンタジー』

 です。『西遊記』はもう出ているはずですね。
 なお、11月に『わんぱく王子の大蛇退治』。12月に『わんわん忠臣蔵』が
出ると“予想”されます。
(LD化されんかった『グリム童話 金の鳥』あたりもいつか
DVDにして欲しいな、今度こそ……)

 なお、VHSで宜しければ、
http://www.toei-anim.co.jp/shop/video/vcatalog/anime_others/anime_others.html
 で、長編の多くが殆ど販売されています。一本\2800なのでDVDより安い!
予告編も入ってる由。

182 :すさのう:02/08/23 03:05 ID:???
お晩です。
>>180-181さん
「わんぱく王子の大蛇退治」は11/21リリースで決定ですよ!
今から待ち遠しいです。

そういえば「わんぱく」も「どう宝」も「ホルス」も動物を従えて
船で旅立つんですよね。「ホルス」は特に、肉親の死をきっかけに
旅立つところ、大魚を成敗するところ、不思議少女に出会うところ、
氷系の敵と差し合うところ、聖なる神器を所有するところ、
「わんぱく」と随分共通点がありますね。

『西遊記』買いましたよ。沙悟浄に会うまで長いこと、長いこと(w
中国テイストの中にいきなりKKK団のようなキャラが飛び出てきたり、
変身合戦では恐竜に化けたり、と手塚色があちこちに現れていました。
三蔵法師の顔とシンドバッドの顔が似ていましたが、シンドも
虫プロが関わっているのでしょうか。


183 :メロン名無しさん:02/08/23 21:07 ID:???
折れは、孫悟空、孫悟空〜♪



184 :   :02/08/24 16:28 ID:bPLiuOwG
東映は、いまだにVHSテープばかりで作品を出してますね。
ハリウッドプライス並みの1500円で、過去の劇場用名作を
総出にすればどうでしょうか?

185 :鳳未鳴朝陽:02/08/24 23:42 ID:skzeuydN
 『わんぱく王子』はLD探しているのですが、初期東映ビデオ版の画質劣悪?版しか
(ガイシュツですけど、『長靴』で酷い目にあった)見つからないので(しかも高いし)、
DVD買うのが幸せなのかもしれないです。で、皆様に質問。バンダイビジュアルから『わんぱく』
のLDは出てたのでしょうか? あれば欲しいなぁ……(ジャケと解説書目当てで)。

>>182 すさのう様
>そういえば「わんぱく」も「どう宝」も「ホルス」も動物を従えて
>船で旅立つんですよね。
 『白蛇伝』の許仙もそうだったような(爆)。『ガリバーの宇宙旅行』も船と云えなくも
ないかな……いや、失礼。確かにそのパターン多いです。船に乗らなきゃ『長靴』も。

>「ホルス」は特に、肉親の死をきっかけに
>旅立つところ、大魚を成敗するところ、不思議少女に出会うところ、
>氷系の敵と差し合うところ、聖なる神器を所有するところ、
>「わんぱく」と随分共通点がありますね。
 かたやカムィユカラ原点、かたや倭族神話原点ですが……神話としての共通性より
この辺はアニメーション演出のパターンと考えた方がすっきりするように思います。
 動画にしやすいシチュエーションやストーリィ、構図がまだまだ限られていた
時代だったと思いますし。

186 :鳳未鳴朝陽:02/08/24 23:43 ID:skzeuydN
>中国テイストの中にいきなりKKK団のようなキャラが飛び出てきたり、
>変身合戦では恐竜に化けたり、と手塚色があちこちに現れていました。
 はちゃめちゃ西遊記という点で、後の虫プロ『悟空の大冒険』に通じるものありますね。
 というか東映動画『西遊記』の不満を『悟空』ではらしたのかしらん?

>三蔵法師の顔とシンドバッドの顔が似ていましたが、シンドも
>虫プロが関わっているのでしょうか。
 『シンドバットの冒険』の脚本は手塚治虫と北杜夫ですね。前者は虫プロ名義では
関わってないようです。それと『西遊記』のように原画までは関わっていません。

>>184
>東映は、いまだにVHSテープばかりで作品を出してますね。
 DVD化が現在進行中なんでしょう。いささか遅れた感はありますが。
>ハリウッドプライス並みの1500円で、過去の劇場用名作を
 VHSが\2800(LDは約\4700)だったところで、DVDを\4700で出されると値上げされた感は
否めないですな。2本買うと1本オマケキャンペーンが続いてくれればいいのですけど。
 個人的には\3500位で出してくれてればLD持ってても買ったかも、って感じです。

187 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/24 23:52 ID:gzmfQVXp
自分が見た中でのランキング

神 ガリバーの宇宙旅行のラスト3分
1 どうぶつ宝島
2 長靴をはいた猫
3 ホルスの大冒険
4 白蛇伝
5 空とぶ幽霊船
6 ガリバーの宇宙旅行のラスト3分以外

まだあんまり見てないもんですけど。

あと、空とぶゆうれい船の船長の
「傷を隠すのにドクロをかぶってたら習慣になってしまったんだ」
みたいな説明にワラタ

188 :会社員七氏:02/08/25 00:33 ID:???
微妙にスレ違い名のですが、
自分は仕事場の都合で『鉄ものがたり(テレシネ編集版)』の入ったテープを持ってるんですけど、
このスレでの評価はどのくらいなのでしょうか

たしか高畑勲先生が演出(助手)だったはずです

189 :鳳未鳴朝陽:02/08/25 01:07 ID:XhDrxsxx
>>177
>自分が見た中でのランキング
 私も近日中に晒します。というかネタ尽きたらやろうと考えてた企画でした(笑)。

>神 ガリバーの宇宙旅行のラスト3分
 例の宮崎氏が描きかえしたところでしょうか? しかし私的には、
夢オチのラスト2分が許せないのですけれど……(笑)。

>1 どうぶつ宝島 2 長靴をはいた猫 3 ホルスの大冒険
 王道ですね。どれも今観ても通用する作品ですし。

>6 ガリバーの宇宙旅行のラスト3分以外
 ラスト3分以外は退屈でしょうか? 実験アニメ的表現が綺麗でなかなかと
思うのですが。

>>178 会社員七氏様
>微妙にスレ違い名のですが、
 いや、まさにこのスレッドが相応しいかと(笑)。
>自分は仕事場の都合で『鉄ものがたり(テレシネ編集版)』の入ったテープを持ってるんですけど、
>このスレでの評価はどのくらいなのでしょうか
 非常に貴重だと思います。ただ、定番の参考文献『東映動画長編アニメ大全集』には
粗筋のみ紹介でスチルが掲載されてないので、どんな出来なのか分からないのですが。
(ちなみにあの本でスチルが載ってないのは、他はアメリカ大使館向け受託作品位)
 なお、手許の資料では高畑氏の関与は確認できず。
 で、外部への公開可能でしたら、上映会(オフ会)開いて欲しい次第……。勿論、
“できれば”の話ですけれど。


190 :鳳未鳴朝陽:02/08/27 23:52 ID:XdMjKfkM
私も「自分が見た中でのランキング」晒しておきましょう。『009』や『999』は
このスレの趣旨通り外しておきますね。

<ベスト>
神 太陽の王子(別格! アニメの歴史変えましたし。なにより、
  救いあるシリアスなストーリィは好みです)
1 ど宝(楽しさ満載。娯楽の王道)
1 長靴(これも王道!)
3 ガリバーの宇宙旅行のラスト2分以外(適度な実験表現が快い)
4 グリム童話 金の鳥(前にも書いたけど、以外と面白いですよ)
5 白蛇伝(歴史的価値)

<ワースト>
3 龍の子太郎(出来は良いが、東映長編としてはパワー不足)
2 少年ジャックと魔法使い(ストーリィに纏まりがなさすぎる)
1 ちびっこレミと名犬カピ(開放感ゼロ。全体に駄目)
悪魔 ガリバーの宇宙旅行のラスト2分(夢オチなんて酷いや)

※観てない作品には、もっとマズいのあると予想もされます(苦笑)。

<観てないけど、観たいぞベスト>
1 わんぱく王子(シンプルなキャラに惹かれ)
2 こねこのらくがき/こねこのスタジオ(森キャラ萌!)
3 ながくつ三銃士(長靴シリーズってことで)
4 長靴80日間世界一周(同上)

191 :180:02/08/28 03:15 ID:???
遅レスですがみなさんありがとうです。


192 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/29 16:17 ID:???
東映衝撃、「夏のアニメフェア」惨敗…

東映の“ドル箱”「夏のアニメフェア」(16日まで)が興行収入4億円と惨敗した。
毎年春夏の「フェア」はそれぞれ20億円前後の興収だけに、「この数字は異常」(業界関係者)。
6月に岡田裕介社長の新体制がスタートしたばかりの東映に衝撃が走っている。
「フェア」の製作は、「スタジオジブリ」の宮崎駿監督もかつて在職した東映アニメーション(旧東映動画)。
創立45年の老舗で「シンドバッドの冒険」「長靴をはいた猫」など長編アニメの名作を生み出してきた。
これまでの「フェア」でもヒットを飛ばしてきたが、今夏は「デジモンフロンティア」、「キン肉マンII世」、
映画初登場の「激闘クラッシュギアターボ」の3本立て。
「『春のフェア』では『ワンピース』人気で20億円を確保したが、子供相手で、はやりすたりが目まぐるしい。
この夏は人気落ちのアニメを出し、読みが大ハズレした」(映画興行関係者)

一方の東宝は春の「ドラえもん」(23億円)、「名探偵コナン」(33億円)、夏の「ポケットモンスター」(30億円)と順調に数字を確保。
番組編成は半年以上前に決まっており、「読み違い」は現体制の責任ではない。だが、東宝も同時期に新社長(高井英幸氏)が就任しての明暗だけに、“体質”を問う声も出ている。
「アニメの映画化にはキャラクターグッズなどで数十億円単位の大金が動き、原作の出版社やテレビ局などとの関係にも神経を使う。
これまでのような映画会社主導ではなかなかヒットアニメは作れないのでないか」(映画プロデューサー)
ただ、「フェア」後に目を転じれば、光明も。公開中の「劇場版 仮面ライダー龍騎」は興収20億円が見込まれるヒットで、
秋には窪塚洋介主演の「凶気の桜」、優香初主演のミュージカル映画「恋に唄えば♪」、正月にはモーニング娘。の「仔犬ダンの物語」など話題作がズラリ並ぶ。
巻返しに期待したいが…。(夕刊フジ)


皆さんが上で挙げられている作品群は幼少の頃、町内会館とかで上映していたのを見たことがあります。
最近の漫画を原作とした作品や、まず玩具ありきの作品を見直して、親子で楽しめる作品を公開して行って貰いたいものです。
           

193 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/30 13:19 ID:GICiIMzI
>創立45年の老舗で「シンドバッドの冒険」「長靴をはいた猫」など長編アニメの名作を生み出してきた。

シンドバッドって面白いの?

194 :鳳未鳴朝陽:02/08/30 23:32 ID:1RXxBp0T
>>192
貴重な情報の書込み、感謝します。

 なるほど、今の東映アニメーションはそういう状況なんですか……。
 まぁ、東映動画長編の系譜は東映アニメーションよりも人脈・技術的にはジブリが引き継いで
いるわけで、そっちが健在ならいいかな、っていうのも正直な思いではありますが。
(云うまでもなく、ジブリは日本で一番稼いでいる映画製作会社ですし。勿論、
今のジブリに不満はありますけど、それは別の話ですしね)
 しかし、もし今の東映アニメーションがかっての長編路線に再び手を付けるとしたら……
可能性は限りなく低い話ですが、妄想してみるのも面白くはありますね。
『太陽の王子』や『長靴』にインスパイアされた世代で、たまたまロボットアニメの
洪水に流されなかったものたちが、ジブリとは違った路線の大作長編を作って
くれたら! それを東映の資本力(笑)で。是非とも観たいものです。
(系譜は違いますが、4℃の『アリーテ姫』はその可能性の一つだったと
思っています。祝DVD化!)

※しかし今夏のアニメフェス、突っ込みどころの多いラインナップですな……あれでよく
4億も稼げたな、っていったら酷いですか。ちなみにアリーテはたった1億5千万で
作られてるとの話。(やろうと思えば)できるじゃん長編!

>>193
 確かに『長靴』はともかく『シンドバット』を出すのはなんか違うような。
(日本初のカラー長編『白蛇伝』や、ジブリに繋がる『太陽の王子』なら兎も角)
 創業45年の老舗、というのも正確には46年ですな。いや、日動からの歴史加えると
更に長くなりますが。

195 :鳳未鳴朝陽:02/08/31 16:47 ID:hfEu6ehw
 『わんぱく王子の大蛇退治』ようやくLD(しかもBV版。画質良好!)を入手。
 とにかく「凄い」の一言。序盤のまったりしたシーンで平面的なキャラデザインの妙、
そしてそれを動かすハンドトレスの絵画的な線に萌え、中盤の火の神の抽象的な、恰も
実験アニメの如き表現に惚れ、クライマックスのヤマタノオロチとの戦いではもう言葉も
出ない。八つの首を倒すシーンのバリエーション、全く退屈知らず……この種の空中戦で
やりたいことやり尽くした感さえ、あり。この辺では後の東映長編(例えば、傑作『太陽の
王子』あたりでさえも)でも追いつけなかったのでは……と思うほど。
 ストーリィの要約の仕方もまた良好。冗長なシーンも無用な台詞もなく、尺を巧く
使い切りキャラクターを魅力的に見せる。
 キャラ魅力と云えば、アカハナの可愛らしさは動画化された森キャラ随一かと。
シンプルな線の兎君が表情もポーズも豊かに動く動く。背景の優しき色調(日本の
伝統色か?)も良き東映の伝統か。シネスコの画面に合わせて歪むキャラ(馬に乗る
スサノオとか)もまた、味わいの一つ。
 そして、明瞭なる伊福部サウンド。力強く、気高き、原始の調べ。

 ……思わず体言止め多用の礼賛文にしてしまいましたが、それほどに感激できました。
 先に晒した、私的ランキングも当然変更ありです(笑)。
 最後に、“すさのう”様、面白い作品を推してくださり有り難うございました。

196 :鳳未鳴朝陽:02/08/31 16:48 ID:hfEu6ehw
【緊急オフ会の呼びかけ】
 緊急もなにも、自分が情報集めてなかったのがいけなかったのですが……。
 明日9月1日の東京写真美術館(恵比寿)の『アリーテ姫』の上映(東京国際
アニメフェア一環。無料!)観に行きますが、御一緒してくださる方募集します。

http://www.arete.jp/arete/theater.html

 時間は10:30かららしいです。先着順入場なので早めの方が安全かもしれません。
(無料、且、最終日ですので混雑予想され……閑古鳥じゃなければいいのですがほんと)
 なお、上映後13時より一時間、片渕監督と笹川CGI監督と氷川竜介氏の講演が
ありますので、私はそっちも出席の予定です。

 待ち合わせは10:00、上映ホール前。民族衣装の様な妖しい格好した長髪の男が
AM文庫『日本アニメーション映画ポスター史』を持って立っています(笑)。
(映写と講演の間にも、その本持って立っているようにします)
 気後れせずに、話し掛けてやってください。で、講演終了後は……お茶でも
飲みに行きましょう♪ 

 『アリーテ姫』は皆様もご存知と思いますが、東映長編の雰囲気を含む、現在に
制作されたのが奇跡とも云える、地味ながらも佳き作品です。このスレッドのロム
されている方には強くお勧めしたいものです。

 なお、飛び入りで構いませんが、参加表明を当日朝7時までにしてくださると、
少し助かります(笑)。

197 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/31 16:55 ID:???
逝きたいけど逝けない・・・(;´Д`)
その日は仕事・・・

198 :すさのう:02/08/31 17:37 ID:???
>>198鳳未鳴朝陽さま
「わんぱく王子」LDご購入おめでとうございます!
たいへんな絶賛ぶりで私も嬉しいです。しかも流暢な
日本語での解説、うまく代弁していただいたようで感謝してます。
確かにアカハナ可愛いですよね。ぬいぐるみになるキャラですね。
あばれ白馬に乗ったスサノオが「ボク、スサノオっていうんだ…」
みたいにつぶやくシーンなかったですか?その一言で暴れ馬が突如と
大人しくなる。あれ?竜の子太郎だったか?いやスサノオのはず。
鳳未鳴朝陽さんの解説読んで、再び見たくなりました。
11/21が待ち遠しい!

明日の「アリーテ姫」ですが、私も仕事があって行けそうに
ありません。・゚・(ノД`)・゚・。 でも今後何かあったら是非!

どうやら私は山本早苗さんの作画がとても好きなようです。
マツダ映画社から出されている戦前のアニメ、どれもこれも
珍しいものばかりで圧倒いたしました。
特に「海の水はなぜからい」はテンポも良く、森の小人が(あんまり
小人じゃない・子供サイズ)全員お爺さんみたいな顔してるのに感動!
「動物村の大騒動」で沢山動く絵に感動!「一寸法師」で主人公が
スタンプで分身してゆくそのアイデアに感動(とっても可愛い)!
機会があったらチェックしてみてくださいね。

199 :すさのう:02/08/31 17:38 ID:???
すんません。リンク先間違えました。
>>198改め>>195ですた。

200 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/08/31 20:32 ID:1ZOCS349
200

201 :鳳未鳴朝陽:02/09/01 01:00 ID:4yvvr6+l
>>197
日曜日なのに御仕事お疲れ様です。ロム感謝しますね。

>>198 すさのう様
>たいへんな絶賛ぶりで私も嬉しいです。しかも流暢な日本語での解説
うーん。今読み直してみると恥かしいです……。でも普通の言葉ではもはや
感想は出てきませんでした。

>確かにアカハナ可愛いですよね。ぬいぐるみになるキャラですね。
 もりやすじデザインの縫いぐるみって、商品企画通らないものか……?
ゲーセンのプライズとかアニメグッズじゃなくて、ちゃんとした子供向けの
おもちゃとして。幼稚園・保育園の現場では親しまれているキャラですし。

>あばれ白馬に乗ったスサノオが「ボク、スサノオっていうんだ…」
 スサノオで合ってますね。意味深なシーンではあります。
(龍の子太郎にはそんなシーンもなかったですし)
>鳳未鳴朝陽さんの解説読んで、再び見たくなりました。11/21が待ち遠しい!
 古いファンの方にそう云っていただければまこともって幸いです。

>明日の「アリーテ姫」ですが、私も仕事があって行けそうに
>ありません。・゚・(ノД`)・゚・。 でも今後何かあったら是非!
 残念無念。いつかオフ会やりましょう!

>どうやら私は山本早苗さんの作画がとても好きなようです。
>マツダ映画社から出されている戦前のアニメ、どれもこれも
 どんなものか気になっていたのですが、どれも当たりのようですね。
 日本のアニメーションの水準が戦前にあるところまで達していたことは、
戦後のアニメを語る上でも忘れてはなりますまい。
 そういえば、御検索されてた作品はありましたか?

202 :ほいほい:02/09/01 01:29 ID:9Ruluu8t
>>195
「わんぱく王子」見られたのですね。おめでとうございます。
わたしは、もう何度も見ていますが、見るたびに毎回いい、と感じています。
森さんのキャラクター、平面的で、影さえもついていない、足も短い。
この今のご時世、いや当時からしても主流ではないキャラクターが、
動き出したら、まぁ凄いこと、凄いこと。
伊福部音楽に乗せたオロチとの決戦、
あの重厚な音楽に、一歩も負けていない動きは東映まんが映画史上、
いや日本のアニメで最高の戦闘シーンだと言っても過言ではありません。
「幻魔大戦」ラストの戦闘シーンもそうでしたが、
空を舞う竜の首との決戦は、当代随一のアニメーターが描くものだなと、
勝手に思っています。
オロチのシーンの話ばかり言っていますが、もちろん他も良かったです。
それぞれの国での作画に個性があってね。

203 :鳳未鳴朝陽:02/09/01 23:49 ID:MS6bz49r
 結局、『アリーテ姫』一人で観てきました(苦笑)。DLPプロジェクタによる映写で、
スタンダートのスクリーンの上下黒帯という、無料だから許されるような上映状態
だったのは遺憾でしたが……。去年は有料ながらも同じ会場で35mmをワイドのスク
リーンで観てたわけなので、少し複雑な思い。入りは適度に空席が残るくらいで
丁度良いくらいでした。
 講演(トークショウって言い方個人的に嫌い)はデジタル技術に関する具体的な
もので、幾つかのシーンを使っての具体的な説明がメイン。政治的な話(笑)はまだ
時期尚早か。まぁデジタル化によって、
監督「スタッフによる作品(内容への)参加が可能になった」
司会(氷川氏)「ホルスみたいですね」
という話が聞けたのは大収穫でしたが。
 最後に監督への質疑応答の時間が5分だけあったので
「東映動画長編は意識されていたのか?」
「如何にして、こんな地味な作品の企画を電通や小学館他に通したのか?」
とか無茶なこと聞きたかったのですが、つい気後れして聞けずじまい。あぁ情けなや。

 そうそう、この催し(仮にも「国際アニメフェア」。『アリーテ』は招待作品という
扱い)の参加・受賞作(『ほしのこえ』など)はセルとCGが主流なので、“ストレンジ”
な感じはあまりなく、広島よりは敷居がぐっと低い(観る側には)ように感じられました。
 前々から指摘していたアート・ストレンジ系アニメーションと、所謂“アニメ”の間の
落差という問題を、充填してくれれば良いのですが。時間が許せば、他の応募作の
上映(今週の火〜土)も観に行こうかと考えてます。

204 :鳳未鳴朝陽:02/09/01 23:50 ID:MS6bz49r
>>202 ほいほい様

貴方も結構な名文調で『わんぱく王子』紹介されていますね。

>森さんのキャラクター、平面的で、影さえもついていない、足も短い。
 それなのに、格好よく、感情移入も出来るキャラデザイン。ほんと森康二氏は
ただものではないですね。

>伊福部音楽に乗せたオロチとの決戦、
 余談ですけど、東映のアニメでは結構つかまわされてるそうですが……?
 更に余談ですけど、
『わんぱく王子』の伊福部昭。
『ガリバーの宇宙旅行』の富田勲。
『太陽の王子』の間宮芳生。と、一流の現代音楽家の個性が実に見事に
活かされている。音楽と内容が巧く競り合っての、至福ってとこですか。

>あの重厚な音楽に、一歩も負けていない動きは東映まんが映画史上、
>いや日本のアニメで最高の戦闘シーンだと言っても過言ではありません。
 演出の芹川氏は飛行機好きだったと聞き及びますが、それだけではここまで
できますまい。アングル的には、空中戦で見せたい角度全てやったかのように
見えます。実写ではきびしそうな(アニメでも大変でしょうが)アングルも
含まれているわけで……。
 或る人が「SW(今でいうとこのEP4)の空中戦にもひけを取らぬ」と評しましたが
蓋し同感です。

>それぞれの国での作画に個性があってね。
 個性があっても、調和しているのですから見事です!

205 :すさのう:02/09/03 21:29 ID:???
>>201 鳳未鳴朝陽さま
>そういえば、御検索されてた作品はありましたか?
それが入ってなかったんですよ。でも「動物村の大騒動」が
その雰囲気を出していました。だからたぶん山本早苗氏による
作画なのかなあと思ったり。

SAMURAI JACKって知ってますか?
なんだか「わんぱく王子」に絵が似てますよね。

206 :鳳未鳴朝陽:02/09/07 04:52 ID:Xer/89lp
>>205 すさのう様
 マツダ映画社のビデオ、なかなか当たりが多かったようですね。
 それでも、該当作は見つからず……まぁ調べる目標があるのは研究家的マニアとして
悪い事ではありませんし。私も今後に期待させていただきます。

>SAMURAI JACKって知ってますか?
 不祥ながら、存じません。ご教示願いますか?
 そういえば、任天堂ゲームキューブ用の新作ゼルダ(まだ出てないはず)の絵柄が
まるで『わんぱく王子の大蛇退治』みたいな雰囲気だとかゲームファンの間で春頃、
話題になってたりしました(笑)。意識されてるのかどうか知りかねますが。

207 :鳳未鳴朝陽:02/09/07 04:53 ID:Xer/89lp
『空飛ぶゆうれい船』先日のNHK-BS2での放送分をようやく見終わりました。
やたら有名な宮崎駿氏の担当部分とか、凄いところは凄いのですけど、全体的には
“B級作なんだな”って感じでしょうか。実態は知りませんが、なにか企画者に愛が
足りないなぁ……って感じです。漫画・TV原作系と似た意味で
「こんなのやったら、現代っ子(死語)は喜ぶだろう」
ってニュアンスを感じてしまうんですよ。
(ボアジュースの現代資本主義批判?も軍需産業批判も安易に社会派やろうとして
空回りしてる印象は否めないです。ボアジュースCMの劇中劇演出は好きですが)
 勿論、宮崎氏のような現場の製作者たちは制約の中で精一杯良心やマニア心(笑)を
詰め込もうとしているのは分かるし、それが今は評価されているわけですが、やはり
全体的な志の低さのようなものの前には無力な感じということで。
 あと、予算や時間の制約は分かっていますけれど。その辺を度外視した『太陽の王子』
との比較はともかく、『長靴』『ど宝』あたりとの比較も無意味なのかもしれません。

 まぁ、これ以上は好みの問題なんでしょうね。個人的にはファンタジィものが
好きなので、現代性の強かった『ゆうれい船』への興味は限界があります。
 取りあえず、好きな方には「ごめんなさい」ということで。

※あと、ヒロインの魅力の無さは特筆もんですねぇ。私はヒルダかキャシーか
ローザ姫に「特攻しろ」って云われれば喜んで以下略ですけど(笑)、『ゆうれい船』の
ヒロインにに「一緒に特攻しましょ」って云われても逃げるかも知れん(爆)。

208 :すさのう:02/09/07 19:34 ID:???
>>206 鳳未鳴朝陽さま
>SAMURAI JACK
当然ご存じかと勘違いして、説明不足すいません。
http://samuraijack.tv/
↑とりあえずココでキャラの特徴を見ることができると思います。
動画もちらっとみることができます。
私も本編はちゃんと観賞したことがなく(CATVが通じてない)、
詳しいことは何にも分からないのですが、悪者の「AKU」(たぶん
日本語の『悪』が由来)は、火の国の神に似てるし、背景の狂った
パースなども60年代にありがちのデザイン。
これ作った人、絶対東映見てるな…と直感してしまったのです。

ゼルダの絵柄探せなかった。ゲームキューブじゃどうせできないし、
見ない方が今後のためにいいのかも(w

209 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/08 03:03 ID:lH7gD97t
予算や時間を無視してまで作った「ホルス」より
「ど宝」のほうがはるかに今見ると面白いという現実ッ!!

210 :鳳未鳴朝陽:02/09/09 00:00 ID:AJCAXJL6
>>208 すさのう様
 SAMURAI JACKの頁を拝見しました。確かに雰囲気『わんぱく王子』に似てる気もしますし、
同じ60年代作品の『アンクルトリス』(アニメしてるとこ観た事ないですけどね)に通じる
ものもありますね。
 しかし、あれ、いつ頃の作品なのでしょう? 頁眺めててもその辺の情報がないのが困り者。
(かなり最近かなとは思いますが。ハンドトレス的な表現がCGで復活してるのかしらん?)
 で、
ttp://samuraijack.tv/images/samuraijack5.jpg
 の背景は凄いですね。『ガリバー』にも通じるものがある。凄い絵です……。

ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~nanko/e32002/204zel.html
 ゼルダ新作に関してはここを参照くださいまし(激重注意)。
 わざわざ3Dに適したマシンでこの表現するとは絶対に確信犯? ゲームキューブ持ちなので
発売予定の12月が楽しみだったり。

>>209
 『太陽の王子』と『ど宝』はコンセプトも違いますので、比較は難しいかと。ただ、
前者の方が今は有名になってしまった感は否めませんね。『ど宝』はぱっと見の子供向け
っぽい雰囲気で70年代末のアニメファンによる再評価期以降、損をしてるのかも。

211 :鳳未鳴朝陽:02/09/09 01:19 ID:mXoZMEwX
「アラビアンナイト シンドバットの冒険」(1962 東映動画)
 リアルなキャラが特徴……ではありますけど、動いているものを観るとさして抵抗は
なかったです(70年代以降のアニメキャラと比較すればあの程度は普通ですしね)。
 アリーは可愛いし、御姫様は綺麗だし、大臣は憎らしいし……でも、それだけ。
 手堅く纏めてはいますし、画面や動きは綺麗なのですけど、なにか後に残るものがない
んですね。(苦労したと云われる、波の表現には観るべきものありますけれど)
 タイトルに反してスタッフは冒険を避けたのかな……って印象はあります。舞台を
中近東に持ってきた事だって「アラビアンナイト」という超メジャー原作を使ったことで
帳消しな訳ですし。
 丁寧に作られたスタッフには失礼なのですが、苦労や丁寧な仕事が報われなかった
凡作という感じは否めないです。ストーリィに隙が大きいのもありますしねぇ。

 余談ですが、あの悪役のトルファ大臣のそっくりさんが虫プロの『千夜一夜物語』(1969)にも
出てますな(しかも同じ役柄で!)。手塚つながりなんでしょうね。

212 :ほいほい:02/09/09 01:48 ID:DVIbdqJ3
みなさんは、すでにこのCDお持ちですかね。
私は98年に出た時すぐに買いました。
東映動画アンソロジー AYCM-617
「白蛇伝」から「アリババと40匹の盗賊」までを収録、
オリジナルサウンドトラック音源からの劇場サイズの主題歌、が売り。
だから「長猫」の「カラバ様万才」ちゃんとテンポが変わるし、
「少年ジャックと魔法使い」の「ばら色の夜明け」では
曲の前にキキの「うれしい!」ってセリフは入っています。
このCD、どれもいい歌だけど、私が一番好きなのは、
「海底3万マイル」の主題歌「海底3万マイル」と
「長靴をはいた猫」の「離れられない友達」かな。
しかし「長猫」は挿入歌全て入っているのに、
どーして「ど宝」は主題歌だけなのよ。


213 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/11 20:45 ID:DBmXTYck
>>210
「ど宝」は純粋にエンターテイメントとして完成されてると思う。

「長靴」も「ホルス」も、面白いとは思うけど、俺にとっては
あくまで古典としての、あるいはルーツとしての価値なんだよね。
「ど宝」にも史料的価値しか期待してなかった。
ところが、最初見たとき、マジで面白かったのでビックリしたよ。

以後、同じ路線で宮崎駿が再生産した「コナン」にしろ「ラピュタ」にしろ
「ど宝」と比べると、左翼イデオロギー臭く感じてしまう。
(技術的・映像的にはどんどんすごくなってるんだけどね)

「ど宝」をまだ見てない人は幸運だよ。
あの面白さを、これから味わえるんだから。

214 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/12 02:54 ID:ZhQX9wX0
>>213

ちっちゃな、ちっちゃな船だって、
大きい、大きい帆を立てて
行くぞ、行くぞ、何処までも

行くぞ、ぼくらのパイオニア号〜♪



215 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/12 06:38 ID:???
↑なんか違うかも

216 :ほいほい:02/09/12 08:01 ID:ztxlxjr2
>>214
この歌詞は、間違えて欲しくないです。
正しいのをあげておきます。
♪ちっちゃい ちっちゃい ちっちゃい ちっちゃい 船だって
 でっかい でっかい でっかい でっかい 夢乗せて
 どこまでも どこまでも どこまでも
 行くぞ ぼくらの パイオニア号
 波も 風も お日様も
 みんな みんな みんな みんな 友達だ
 行くぞ 僕らの パイオニア号♪


217 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/12 09:21 ID:eAanKseJ
>>216

>>214です。
申し訳ない限りで・・・m(__)m

宜しければ、「海へ行こう」の歌詞のアップも宜しく。



218 :◆MMAPureU :02/09/12 15:18 ID:ZM2OIQGv
ちっちゃい ちっちゃい ちっちゃい ちっちゃい 船だって
おっきい おっきい おっきい おっきい 夢のせて
どっこまでも どっこまでも どこまでも
行くぞ 行くぞ パイオニア号
ちゃっぷん ちゃっぷん ちゃっぷん ちゃっぷん 波のうえ
ざんぶら ざんぶら ざんぶら ざんぶら 漕いでゆく
どっこまでも どっこまでも どこまでも
行くぞ 行くぞ パイオニア号
波も 風も お日様も
みんな みんな みんな みんな 友達だ
行くぞ ぼくらの パイオニア号

ひゅう ひゅう ひゅう ひゅう 風切って
希望 希望 希望 希望 追いかける
どっこまでも どっこまでも どこまでも
行くぞ 行くぞ パイオニア号
波も 風も お日様も
みんな みんな みんな みんな 友達だ
行くぞ ぼくらの パイオニア号

耳コピーで書き起こしたので、細かい言い回しが違っているかも知れません。
CDの歌詞カード見れば正確なんでしょうが、著作権の問題もあるんで・・・。

219 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/12 16:53 ID:6D41NXF/
そうか「パイオニア号」だったのか。
俺は四半世紀「樽ビヤ号」だと思ってたよ(w
いや〜ここ見なかったら死ぬまで勘違いしてたな。

220 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/12 19:09 ID:2DrNcbKN
>>219
>「樽ビヤ号」
乗ってみたい、でも酔いそう。

221 :ほいほい:02/09/12 23:26 ID:ztxlxjr2
>>217
これですかな。
♪うーみーの向こーうに 知らない国がーあーるー
 うーみーの向こーうに 知らない人がいるー
 知らない国の 知らない人と 仲良しになろう
 みーんーなーで話ーそうー みんなのゆーめーをー
 うーみよりひろーく そーらよりたかーく
 ゆーめを広げよーおー ひーろげよーおー♪

222 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/13 01:01 ID:CJl4X+B8
>>221
>>217です。

感謝、感謝、涙、涙です!!

あのリンゴ、ほんとうに美味しそうですよね!!



223 :◆MMAPureU :02/09/13 01:51 ID:22whZUZj
訂正>218
希望→雲
でした。

>>221
>うーみーの向こーうに 知らない人がいるー
「波の向こうに知らない人がいる」です(CDのブックレットで確認)。

224 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/14 19:46 ID:ozWFR3xM
>>219
オレも樽ビヤ号だと思ってたYO・・
だってビヤ樽で作った船なんだし(笑)

パイオニア号だったのか・・・

225 :ほいほい:02/09/15 02:25 ID:zLqMC6GL
>>223
訂正どうもです。
今本編を見て波だったのを確認しました。
やはり大脳皮質再生では完全でありませんでした。
でも他は合っていてよかった。

226 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/16 00:34 ID:???
今ガリバーの宇宙旅行のビデオを観ています。
なんか自分の原風景って感じの構図が多くて好きっす。

227 :鳳未鳴朝陽:02/09/17 03:27 ID:TjEwHzXp
 『ナーザが海を騒がす』(1979 上海美術電影)を観ました。往年の東映長編……
昭和30年代の作品の印象は強く感じられます。全体に丁寧に作られているなという
印象はあり、大いに気に入った作品ではあります。
(個人的には、父親がナーザを殺そうとして殺せないするシーンの“痛さ”には流涙
もの……)
 ただ、動画としてのクオリティは日本では『わんぱく王子』が1963年に達したものとも
考えられます。正直、娯楽作品としてのストーリィや人物描写では後進性を指摘せず
にはおけません。むろん、1979年の東映動画作品として『龍の子太郎』と比べれば、
『ナーザ』の丁寧さを評価したいところですが、『長靴』『太陽の王子』あたりとの
比較になると……。逆にいえば、その辺の東映長編が異常なクオリティを確立して
しまったのかもしれませんけどね。
 『ナーザ』に関するネット上での評価を見ると手放しの誉め評価に煩くあたりますし
事実、それに該たる作品たるとは思いますが、ちと引っかかるものは感じたので
記させていただいた次第。

 そうそう、同じ上海美術電影作成の『金剛那咤』(金剛ナーザ 10分×15話?)も
気になる存在。すごーく日本のテレビアニメ的な作品のようですが……。
(参考)
ttp://homepage2.nifty.com/shuilongtou/fengshen06.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/8845/vcd.html

 出来はイマイチな作品のようですけど、市井のアニメファンとしては水墨画系の
芸術作品より、こーいう俗的なものに興味感じてしまうのですよ……。

<余談>
邦題は、現題に近い『ナーザが海を騒がす』『ナーザの大暴れ』で
今は定着してるようですが、一昔前は、
『ナーザと竜王』(作品内容を正確に云っている気はします)
『わんぱくナージャの竜王退治』
も使われてたようで。後者は「わんぱく王子の大蛇退治」を意識した“確信犯”
なのでしょうかね? まぁ間違いではないですけど。

228 :◆MMAPureU :02/09/17 04:46 ID:PRRvdh6B
最初に日本公開されたときのタイトルは「ナーザの大暴れ」でした(1980年頃)。
ずいぶん上映会を追いかけ回した記憶あります。
「セロひきのゴーシュ」と一緒に、よく上映されていましたね。
「ナーザ(那託 )が海を騒がす」というタイトルは、中国で出版された同名の絵本の題名が
元になっているんだと思います。
この絵本は日本向けに出版されていて、映画本編用の素材(セルと背景)を再構成して作られています。
そのため中国側が付けたこの本のタイトルが、その後この映画の正式タイトルになったんだと思います。
個人的には「ナーザの大暴れ」が一番しっくりきます。

当時、この映画で一番話題になったのは、ナーザが自らの命を絶つシーンの「止め」ですね。
仲間内でずいぶん議論の的になりました、「この演出技法は何処から来たんだ?」って。

日本の「リミテッドアニメ」(テレビアニメ)の技法が、中国の「フルアニメ」の中で使われたんですね。

1980年当時、アニメ界全体が「新しい何か」を求めて試行錯誤をしていた時代だからこそ、
歓迎され、評価された作品でもあります。
今の時代の流れの中で初めて「ナーザ」に出会った人には、ピンとこない話かも知れませんね。

それから、この映画にはスタンダード版と、シネスコ版の2種類のフィルムが存在します。
それぞれの画面サイズに合わせて、同じセルと背景を使って別撮りされています。
スタンダード版の方はNHKで数回放送されました。
シネスコ版の方はLD等で観ることが出来ます。
見比べてみると面白いですよ。

229 :教えてくん:02/09/17 10:37 ID:???
>>227>>228
今出てるDVDはどっちなのですか?
シネスコ or スタンダード?
未だ購入してないのです。

230 :◆MMAPureU :02/09/19 02:54 ID:08R3GIFF
>>229
DVD出てたっけ?>「ナーザ」

231 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/19 08:24 ID:???
上海美ホのDVDは最近二枚程出たみたいだが、入ってたかな。

232 :◆MMAPureU :02/09/19 12:27 ID:LIsFh9jd
あ、ホントだ出てる。
買ってこよ。

233 :すさのう:02/09/22 20:50 ID:???
>>210 鳳未鳴朝陽さま
遅レスすいません。
アンクルトリスってトリスウイスキーですか?そういえばそんなタッチですね。
ttp://radioactive.nofuture.tv/ ←ここでトリスその他のCM見れますよ。

ゼルダの画像ありがとうございました。
たしかに!似てる!あの眉毛と目の感じが!凛々しいな。
でもGCじゃできないなあ。SAMURAIは現在進行中の作品です。

昨日「安寿と厨子王」買いました。いや〜、平安絵巻のような色彩&背景が
たいへん美しい。厨子王の声は住田クン(現風間杜夫)でスサノオと同じですね。
「おかあさまー」「おねえさまー」のボーイソプラノが懐かしかったです。
しかし、人さらいのテーマは時期的に重いものがあり、悔しい思いで見て
しまいました。山椒大夫の次男が、焼きごてを握って安寿に迫るシーンは、
一種の性的描写とも取れ、女であることの非情さを感じてしまいます。
しかし白い鳥が安寿の処女性を表しているのかと考えると、ほんの少し
ホッとします。かなりの芸術作品だと思いますがどうでしょう。


234 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/26 14:12 ID:9FVxuAak
age

235 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/28 00:31 ID:???
ちょっと前にビデオで龍の子太郎を見たよ。
上にある通り、たしかに小さくまとまり過ぎと思った。

でも映画としてはむしろそれで完成度高まっている気も。
山姥なんかはあのくらいの登場時間の方が色々想像できて
良いんじゃないだろうか。

一番ショックだったのはお母さんが太ってた事…(TдT)アリャナイヨ

236 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/29 04:28 ID:???
大昔に一度だけ見たわんぱく王子の大蛇退治のDVDを
買いに行った筈が見当たらず
何故かLDの方を中古で購入。
シンプルなデザインのキャラクター達が動き出すと
その表現力に圧倒されました。
ラストの大蛇退治のアクションシーンは
現在のアニメの空中戦の雛型がここにあるといった出色の出来で
たっぷりと堪能させてもらいました。
このシーン、大塚康夫氏と月岡貞夫氏のお二人によって
作画されていたのですね。

237 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/29 20:41 ID:3zIM+8Uf
>>236
>わんぱく王子の大蛇退治のDVD
2002年11月21発売

238 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/09/29 22:00 ID:inuhcHdK
>>235

>お母さんが太っていた事・・・

あれは平均的な「日本の母親像」だと思う。
その昔、監督の浦山桐郎のルポを見たけど、
自分の中の「母親象」を作り直そうとしていた部分があり、
その表れなんでは?



239 :235:02/09/30 00:40 ID:???
>238太っている事自体はいいんだよ。
でも、顔とのバランスがあんまりだ・・・

240 :鳳未鳴朝陽 ◆UrIc5YCc :02/10/03 01:28 ID:5DAal0TJ
>>228 俺 様
 『ナーザ』絡み、少々生意気申したかと反省。でも好きな作品。ナーザ可愛い!
>最初に日本公開されたときのタイトルは「ナーザの大暴れ」でした(1980年頃)。
 そうでしたか。今は『ナーザが海を騒がす』が定着しちゃったみたいですね(上映会、
DVD、BSでの放送)。
>個人的には「ナーザの大暴れ」が一番しっくりきます。
 確かに映画のタイトルとして纏まりは良いですね。
>この絵本は日本向けに出版されていて、映画本編用の素材(セルと背景)を再構成して作られています。
 読んでみたいものですが、もう手に入らないだろうなぁ……。
 中国でアニメ版『ナーザ』絡みのグッズ手に入らないものですかねぇ。

>当時、この映画で一番話題になったのは、ナーザが自らの命を絶つシーンの「止め」ですね。
>仲間内でずいぶん議論の的になりました、「この演出技法は何処から来たんだ?」って。
 やはり、日本のアニメからなのでしょうか。中国における日本アニメの受容の
歴史というのも興味深いネタではあります。『鉄腕アトム』『ドラえもん』人気は
いつ頃だったかしらん?

>1980年当時、アニメ界全体が「新しい何か」を求めて試行錯誤をしていた時代だからこそ、
>歓迎され、評価された作品でもあります。
 国交回復間もない中国から来たもの、が凄く珍しく・価値のあるものと思われていた
時代でもありましたね。今ほど“近い”国ではなかった由。

>それから、この映画にはスタンダード版と、シネスコ版の2種類のフィルムが存在します。
>それぞれの画面サイズに合わせて、同じセルと背景を使って別撮りされています。
 作り分けの仕方が徹底してますね。日本の同時期の劇場用アニメでよくあった
“スタンダートで作画し、上映時は上下トリミングしてビスタ”
(TVで再利用時はスタンダート)
 とはえらい違い。そういえば、
 日本ではルパン3世(旧)のパイロットフィルムもそんな作り方してました。
 スタンダート版『ナーザ』、機会あったら見比べてみたいものです。
(私が観たのはシネスコ版。今のDVDもシネスコ版かな?)

241 :鳳未鳴朝陽 ◆UrIc5YCc :02/10/03 01:29 ID:5DAal0TJ
 『白蛇伝』の白娘子を“しろにゃんこ”と読んだツワモノの話を聞き大笑い。
 白娘にネコミミつけたイラストが頭に浮かんで消えないぞ、と。

>>233 すさのう様
>アンクルトリスってトリスウイスキーですか?
 そのつもりでした。古い意味での“リミテッド”アニメーションですね。
 動画サイト教えてくださり感謝です。

>たしかに!似てる!あの眉毛と目の感じが!凛々しいな。
「ゼルダ」に引っ張られて『わんぱく王子』のDVDも売れてくれればいいな(笑)。

>昨日「安寿と厨子王」買いました。
『作画汗まみれ』ではボロボロに叩かれていた作品ですけど、見所はなくも
なさそうですね。ストーリィより美術を観るべきなのかなぁ。
 
>山椒大夫の次男が、焼きごてを握って安寿に迫るシーンは、
 不謹慎にも、三角塔でのレプカとラナを思い出してしまいました(笑)。

>>235
>上にある通り、たしかに小さくまとまり過ぎと思った。
 レスポンス有り難うございます。確認の為『龍の子太郎』観直してるとこですが
背景だけは水墨画アニメ風ですね……『牧笛』とか観た後で思えば(笑)。あと、水の
表現が独特ですな。ディテールは悪くない作品なのですが……。
>でも映画としてはむしろそれで完成度高まっている気も。
 単体で観ると、まとまりの良い佳品なんですが、東映長編の流れでみると凡作と
いう印象が否めないんですね。『わんぱく』以前の、昭和30年代の作品に通じる
雰囲気はあるのかもしれません。

>一番ショックだったのはお母さんが太ってた事…(TдT)アリャナイヨ
 ……ですねぇ。昔観たときはあんな太ってた印象なかったのに。でも、あれは
あれで魅力的かなとも(笑)。和服なら隠せる体型でしょうし。

242 :鳳未鳴朝陽 ◆UrIc5YCc :02/10/03 01:37 ID:5DAal0TJ
そういえば、最近『西遊記』も見る機会(例によって中古LD購入)がありました。
リンリン殺す必要ないよなー、って今更ながら思いました(笑)。死んでたら
凄く嫌な印象の映画になってたと思います。
それはそうと羅刹女さん、綺麗(爆)。手塚氏の描くキツ目の女性ですが
あーいう女性、嫌いじゃないので(笑)。

>>236
 『わんぱく王子』よく中古のLD見つけられましたね(秋葉のリバ?)。
 まぁ、私も最近運良く購入できたクチですけど。
 昭和30年代の東映長編では文句無しのベストです。というか、日本のアニメの
方向性を変えた作品でもあるような。シンプルな線をダイナミックに動かすやり方は、
それまでの東映長編のリアルな絵を緻密に動かすやり方とは大きく違っていますし。
 シンプルな線といってもテレビアニメとも違いますから、以後途絶えた系統と
考えると寂しくもあるのですが……。傾向としては『ガリバーの宇宙旅行』も
近い印象を感じます。ご覧になっていないのでしたらお勧めします。

>ラストの大蛇退治のアクションシーンは
>現在のアニメの空中戦の雛型がここにあるといった出色の出来で
 蓋し同感! 世界のアニメ史に残るべき空中戦ですね。

243 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/04 01:50 ID:4o0LaWkx
>>240 自己レス
アニメサロン板より“アニメーション産業の中国進出”
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1033614306/l50

やりとりは、興味ぶかいです……。


244 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/04 18:49 ID:Wo8L5Aop
いろいろ言われておりますが、『長靴をはいた猫』が日本最高いや世界最高傑作
のアニメだと思っております。

245 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/07 02:32 ID:szz0Ue+a
最近「トップクラフト」と、その製作作品に興味が湧いてきました。
1977年に『ホビットの冒険』、1978年に『町一番のけちんぼう(クリスマス
キャロル)』を日米合作で作り、その後『風の谷のナウシカ』を作って
……ジブリの前身に? とにかく、合作の日本側の受け皿としてあまり注目
されない印象があり、また資料も殆どない(『ホビット』の英語版ビデオは
現在入手可能だそうですが)。
googleで検索掛けても出てくるのはナウシカの製作会社ということばかり。

私も“おしえてくん”として、いろいろ聞かせてくだされば幸いです。

>>244
 日本最高水準、ということは異議ないのですが、世界のアニメーション史
という点から、東映長編は如何なる立場にあり、評価されてきたのか? 結構
興味深い点ですね。賞とかはいくつも貰っているようですけど、どれほど
価値のあろものか分かりませんし。どなたか海外の文献等で、東映長編が
如何に評されているか教えては頂けませんか?


246 :235:02/10/08 00:59 ID:???
上の方で長靴の続編の一つ、80日間はどうかという話があったが、
あまり良くなかったなあ。
メカは色々出てくるんだけど、予告以上のインパクトはないし、
作画もそれほど良くない。
クライマックスでも特別変わった演出がないので、満足感も少なし。
前にLD見た時の感想だから、今見るとまた変わっているかもだ。

247 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/08 02:51 ID:mB5ecWbu
>>246
まぁスタッフがおおむね入れ替わってからの作品ですものねぇ……。
その意味では期待すべき作品ではないのかも知れませんが。

>メカは色々出てくるんだけど、予告以上のインパクトはないし、
 予告編では凄く面白そうに見えるんですけど……うーん。

 中古LDは行動圏内で売ってるの確認しているので、折りを見て
観ることにします。

248 :236:02/10/08 04:25 ID:???
当たりです。リバでゲットできました。
わんぱく王子のラインは御推薦のガリバーやジャックに続いている様に感じます。

トップクラフトといえば一度は見たかった作品があったのを思い出しました。
「ザ・ラスト・ユニコーン」日本未公開のFT映画です。
キャラクターデザインはホビットの流れを汲んでいますが
良い塩梅に日本のアニメテイストが混じって
この手の絵柄が苦手な人でも許容範囲内に納まっています。
特にヒロインであるユニコーンが変化した少女の美しさは一見の価値有り。
(少女だけ日本人好みのデザインになっているとも)
FT好きの友人に聞いて確認したのですが
やはり日本では公開されなかったらしく
私もアニメージュの記事で見ただけの幻の作品。
アメリカで中古のビデオかLDを探すしかないのでしょうね。はあ・・・

249 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/08 06:31 ID:ooqqtYIE
主だった東映アニメは1本2,800円で
VHSテープとして東映からでています。
安いと思います。お金のない人は買いましょう。

250 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/08 09:33 ID:L12Rc2sE
わんわん忠臣蔵がある意味、カラー版狼少年ケンであるように
80日はある意味、カラー版ハッスルパンチ。

251 :235:02/10/09 01:37 ID:???
>>247>>メカは色々出てくるんだけど、予告以上のインパクトはないし、
>予告編では凄く面白そうに見えるんですけど……うーん。
そうなんですよ。基本的に予告で出る部分が最大の活躍で、
出たメカはすぐに壊れたりするんです。

252 :すさのう:02/10/10 01:22 ID:???
お久し振りです。1月! 遂に「ガリバー」のDVD出ますね。
12月が「わんわん忠臣蔵」。とりあえず、私の思い入れアニメの
ラインナップも終止符を打ちそうです。

253 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/10 03:14 ID:GoKmLViq
>>236
>当たりです。リバでゲットできました。
『わんぱく』LDのジャケットは(手許のバンダイビジュアル版より)貴方がお持ちの
東映ビデオ版の方が好みです(笑)。

>「ザ・ラスト・ユニコーン」日本未公開のFT映画です。
 ……知りませんでした。こんな作品もあったのか! って感じですね。
 で、検索かけてみると或るセルコレクターのページで
ttp://homepage2.nifty.com/terrouna/Cels/rares/unicon/unicon.htm
 を発見。人物は洋モノ臭がありますが、ユニコーンが凄く良い感じです。
 表情も、背景も実に素晴らしい!

>アメリカで中古のビデオかLDを探すしかないのでしょうね。はあ・・・
 で、更にamazonで検索かけてみると、VHS(多分NTSC)は入手可能なようですね(14US$
安!)。DVDは“頼みcom”状態のようですが。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/6303047564/qid=1034185388/sr=1-1/ref=sr_1_1/103-9922011-6175031?v=glance
 『ホビットの冒険』もVHS入手可能な模様。海外発送してくれるのなら、取り寄せたい
ものですが……。

254 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/10 03:16 ID:GoKmLViq
>>249
>主だった東映アニメは1本2,800円でVHS
 申し訳ないんですが、ガイシュツです。でも一つの選択枝ではありますね。

>>250
>80日はある意味、カラー版ハッスルパンチ。
 でも、『ハッスルパンチ』は森康二氏が関わってるんですよねぇ。『長靴80日間』は
森氏が東映動画離れてからの作品だったりしますし……。

>>252 すさのう様
>お久し振りです。1月! 遂に「ガリバー」のDVD出ますね。
>12月が「わんわん忠臣蔵」。
 さてさて、その次にはどんなラインナップで来ますかね?
 『空飛ぶゆうれい船』『龍の子太郎』『少年ジャックと魔法使い』あたりは揃えて
欲しいと思うのですが……。個人的には『こねこのらくがき』未収録の
短編アンソロジーを希望したいところです(『夢見童子』『ハヌマン』あたりの……
って『ハヌマン』は“黒歴史”か)。

255 :すさのう:02/10/10 03:28 ID:???
あっそうか、龍の子も少年ジャックも出るんだった。
「こねこのらくがき」も是非出して欲しいなあ。

256 :ジャック・ザ・スケリントン:02/10/10 07:28 ID:???
>>254
そうですね、続々出ると云うことは、初めに出したアニメDVDが好調だったのでしょうね。
しかし、みんな欲しいモノは初めに出たモノだけだったりして、
第三、四弾あたりで売れ行きが伸びずに本当にマニアックなとこまではリリースが届かなかったりして…

『夢見童子』や『ハヌマン』等収録した短編作品集を熱烈に希望します。
東映って、いろいろ教育映画も作ってるから、
あんまり知られてない傑作短編もあるかもしれないし…

257 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/10/13 00:56 ID:96LpuQL+
 11月中を目処に、このスレッドのオフ会(東京)を催せたら……とか考えているの
ですが如何なものでしょう? 平均年齢は低くなさそうですけれど。

>>255 すさのう様
>「こねこのらくがき」も是非出して欲しいなあ。
 DVD版も是非とも欲しいですね! ただ、LD/VHSの『こねこのらくがき もりやすじ
の世界』をそのまま再版するより、他の短編も加えて『東映動画:短編アンソロジー』
みたいな感じにしてくれた方がいいかなとは思っています。

>>256 ジャック・ザ・スケリントン様
>そうですね、続々出ると云うことは、初めに出したアニメDVDが好調だったのでしょうね。
 店頭から良い感じでなくなっているのは分かるのですが、購買層がいまいち読め
ないタイトルではあります(笑)。もっと宣伝において“宮崎アニメのルーツ”とか
煽ってもいいような気がするのですけど(「文部省推薦」なんてどうでもいいので)。
 宮崎(高畑・大塚)氏に関しては“追い出した”以上名前を出しにくいの
かしらん?

>しかし、みんな欲しいモノは初めに出たモノだけだったりして、
 最初にリリースの『太陽の王子』『長靴』『ど宝』の三発は大きいですが……
まだ『わんぱく』のリリースが残されてます! 隠し玉は『ゆうれい船』ですかね。
 しかしDVDリリースされていないメジャー長編もほんと僅かになりましたね。

>第三、四弾あたりで売れ行きが伸びずに本当にマニアックなとこまではリリースが
>届かなかったりして…
 少し不安です。80年代の長編(『金の鳥』etc)とか、時流に合わせたもの
(『きかんしゃやえもんD51の大冒険』)とか出るのかなぁ?

>『夢見童子』や『ハヌマン』等収録した短編作品集を熱烈に希望します。
 購買層考えると、この辺の方がまだ出る見込みは……。教育映画関連は殆ど
知られぬジャンルですね。東映動画制作では『鉄ものがたり』がありましたが。

258 :ほいほい:02/10/13 01:20 ID:+dPa8/rd
東映まんが映画の範疇ではないのですが、
東映制作でありながら、その後封印されている「浮良雲」を出して欲しいです。
劇場公開作品で、人気原作で、当時はアニメ誌にも取り上げられていたのに、
その後LDはおろか、ビデオすら出されなかった作品です。
話の面白さでは実写版(渡哲也主演のやつね、たけしのはダメ)には及ばないけど、
あれは原作の枠を超えてアレンジしたものだったから。
この「浮良雲」では、日本の四季を描いた美術がよかたな。
冬の雪から始まり、春の菖蒲、夏の青竹、秋の雲。
特に隅田川の打ち上げ花火を背景にしての、雲さんと坂本竜馬の新撰組との立合い。
橋の上で闇から音と光に二人が浮かびあがるシーンは美しかった。
竜馬の死を聞いて駆け出していく新之助のシーンでは、
いかにもこれから新しい時代が始まるぞという予感のするBGMで、これも良かった。
なんでこの作品、封印されているのでしょう。原作との版権問題でもあるのかな。





259 :とおりすがりの流浪者:02/10/13 01:27 ID:???
はぐれ雲といえば、竜馬暗殺のシーン。絵コンテが村野守美(もりび)
作画が川尻善昭だったね。

260 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/14 02:04 ID:QEgWadg9
VHSテープなら、どれも東映ビデオから2800円だよ。
(バッタ物ではないよ)

261 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/14 12:03 ID:QEgWadg9
昔の映画は長かったね。

262 ::02/10/14 14:43 ID:???
時間が?それとも画面の横の長さが?

263 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/14 17:10 ID:???
>>258
はげしく見たい。

264 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/17 12:16 ID:???
>>248
うちにLDあるよ。ラストユニコーン

265 :264:02/10/17 14:59 ID:???
主題歌のCDも持ってる。

266 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/18 21:09 ID:???
ラスト・ユニコーンいいですよね(^o^)

ビデオとサントラCDならば、日本のアマゾンで購入が可能です。
あとDVDもドイツでは発売されていてアッチのアマゾンでなら買える様
なのですが、でもリージョンコードはあるしそもそもPALですし、
さすがに手を出しかねています(^_^;)

海外にはファンが多い様でサイトも沢山あります。
こちらは比較的大きめなキャプチャー画像のあるサイト。
ttp://www.chanth.com/lastunicorn.html

それからこっちには、動画キャプチャーも少しあります。
ttp://www.magicfields.com/ger/guestind.htm

作品として見るにはビデオ必須ですが、雰囲気のみならばこうしたサイト
でもちょっとだけ感じることは出来るかと思います(^_^)

267 :264:02/10/18 21:25 ID:???
サントラのCDがあるのは知らなかったなあ。



268 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/18 21:51 ID:???
ラストユニコーンのCDは内容的には昔のLPと同一です。
CD時代になった直後に一度発売されたものが、数年前に再発されたらしいですね。
内容はこちらで・・・(爆)

ttp://www.inorg.chem.msu.ru/~cubbi/tlu/index.html

269 :266.268:02/10/18 21:57 ID:???
ビデオ情報は鳳未鳴朝陽さんが既にご紹介ずみだったのですね。
すみませんm(__)m

270 :266.268:02/10/18 22:27 ID:???
ついでに余談です(^^;)
制作側ではなくアニメファンの側で日本で最も早くラスト・ユニコーンに
ついての情報を嗅ぎつけたのは、現ロック情報誌VANDA編集長のS氏
だったのではないかと思います。
S氏はロックグループ「アメリカ」がサントラを担当したアニメ作品がある
との情報を独自ルートで仕入れて、当時はじまったばかりのビデオ
レンタル店に海外ビデオとして入荷しているのを確認。その頃S氏が
編集長をされておられた漫画情報誌「漫画の手帖」主催のビデオ上映会
にて、国内の漫画家・マニア諸氏に紹介されたのでした。
そのためナウシカのアニメ化が決定し、徳間書店で製作を担当する
トップクラフトの代表作として試写された際には、たまたま同社を訪れた
漫画家の方が既にラストユニコーンを知っておられて大ファンだった
という様な、プロサイドとファンサイドの情報の逆転現象が生じたりも
していました(^^;)
セルについては、トップクラフトが解体される際にナウシカの制作会社
ということで食いついた業者があり、そちらが残存していたセル・原画類
を押さえた様です。しかし国内では知る者が少なく、奇麗だけど知らない
作品のセルという以上の価値をもち得ないまま、そこそこの価格で大半が
アニメショップ前のワゴンセール等で売却された様です。
その中にはお姫さまの乳首がそのまま作画されていたためフィルムの時点で
リテークとなったボツ版セルとか(^^;)、原作「最後のユニコーン」ラスト
付近に登場するものの結局映画ではカットされた端役お姫さまの羽根章悦氏
による原画等も含まれていた模様です(^O^;)

271 :264:02/10/18 22:50 ID:???
>>270
良く知ってますねえ。現場にいたんですか?

うちにも原画少しありますよ。ホビットとかも。

272 :270:02/10/18 23:02 ID:???
いえ。漫画の手帖がらみの一般ファンです。
セル話については、知人が新宿のアニメショップ「ぺロ」前のワゴンでラストユニコーンの
セルを売ってるのを見つけて、どこの業者か尋ねて教えてくれたんです。
その話を聞いてマンションの一室のその店を訪れてみたら、私がその店で初めての、実際に
ラストユニコーンを見たことのある客だった・・・(^o^;)

ホビットいいですね。
なのに同じTVスペシャルの筈の次回作の「フライト・オブ・ドラゴン」がなんで
あんな気の抜けた作品になっちゃったんだか。その頃にはナウシカ話が出てて
米作に気が入らなかったのでしょうか?
しかしその次に「ドラゴンになった青年」が予定されてたって、本当ですか?
ちょっと見てみたかった気もします。

273 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/19 01:48 ID:???
アニメショップ「ぺロ」って三丁目の映画館の並びにあった所ですね。
あんなところで売られていたんですか…海外に持って行けば、良かったのに。

「フライト・オブ・ザ・ドラゴン」は、時期的には、「ラストユニコーン」の後じゃ
ないですか?気が抜けた、というのはキャラクターの雰囲気じゃないかと思うのですが、
デザイナーがあれだけ違っていたと思います。
「フライト・オブ・ザ・ドラゴン」は、丁度制作が「ラストユニコーン」
とぶつかっており、窪氏ではなく熊田・白梅氏が担当していたはずです。
結局、「ラスト・ユニコーン」が終わった後の窪氏が引き継ぐ事に
なるんですが、時間切れで、海外に持って行ったらしいです。
それも、たぶん「気の抜けた」遠因だったのかも。
ナウシカとは、時間的に全く関係ないでしょう。
それから「ホビット」は確か2作作っていた、と思います。


274 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/19 12:01 ID:???
当時ラストユニコーンのセル販売をしていたのは事務所のみの店舗を持たない会社で、
イベント会場に出展したり、日曜祝日等に大手アニメショップ前に間借りをして
ワゴンを出させてもらったりという販売方法でした。ですので販売場所は新宿の
「ペロ」前とは限らなかった様です。早い話がドサまわりですね(^^;)
当時の状況ではまだ海外でのセル販売なんて想いもよらぬことでしたけれど、
今はなんだか凄いことになっている様ですね(^^;)

私がフライトドラゴンを見たのは国内放映(衛星放送でしたっけ?)の時だけなので
うろ覚えなのですが、キャラクターの為というよりも、作画面全般がゆきとどかない
というか、導入部のドラゴンの群の動きだけでも、ああもういいや、て感じだった様な
気がします。
なるほど時間切れで海外だったのですか。うーむ。国内での修整作業、さぞ大変だった
ことでしょうねm(__)m
トップクラフト作品としては珍しく吹き替え版で国内公開されているにもかかわらず、
作品的にはいまひとつで覚えている人も皆無。不幸といえば不幸な作品ですねえ。

「ホビットは2作」
・・・あれれ?と思って検索かけてみましたら、うわぁ!ホビットの冒険と同じ絵柄で
「王の帰還」が作られていたんですね。存じませんでした。
早速 Amazon.co.jp にて Return of King 発注させていただきました。
ついでにしばらくぶりの Hobbit と、LDでは発色がイマイチの The Last Unicorn
も発注。1本2000円以下なのでホイホイと頼めてしまうのが嬉しいですねぇ(^_^)

275 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/21 11:22 ID:???
>>274
今にして思えば、本当にもったいない事ですね。

>なるほど時間切れで海外だったのですか。うーむ。国内での修整作業、さぞ大変だった
>ことでしょうねm(__)m

どうやら、何人かで向こうに詰めて、仕上げた様ですよ。韓国だったかなあ。
どちらにしろ、大変は大変だった様です。

細かくてあれですがホビットの二作めのタイトルは Return of"The"Kingですよね。
一遍みたきりなんですが、劇中の音楽(オープニングかな)で連呼していた様に憶えているので。

後、トップの物ではないんですが、同じメインスタッフで当時作られた
「Wind in the willow」なる作品も、いい感じかもしれません。

276 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/21 20:49 ID:???
>>275
「Wind in the Willow」というのは、もしかしたらこの前カートゥーンネットワークで
やってた「たのしい川べ 〜ヒキガエルの冒険〜」のことかもしれない。

277 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/22 10:40 ID:P2t57jWV
>細かくてあれですがホビットの二作めのタイトルは Return of"The"Kingですよね。

うわぁ!すみませんm(__)m
アマゾンでの検索では The 抜きで出てきたので、ついそのまま・・・(^^;)

Wind in the willow もアマゾンにて発注させていただきました。
こちらの作品も、まったく存じませんでした。ご紹介ありがとうございます。
276さんがご指摘くだすった様に「たのしい川べ 〜ヒキガエルの冒険〜」の様ですね。
原作は石井桃子さんの訳で岩波書店から刊行されているのですね。こちらも未読でした。
いまから拝見させていただくのがとても楽しみです(^_^)

・・・なんだか、日本のアニメーションが海外で話題だ、という話題で国内が盛り上がって
いるうちに、海外資本による日本製アニメーションが日本で紹介されずじまい、という
ケースが増えているのかもしれませんね。
トップクラフト作品等の海外資本による日本製アニメーション映画は、日本製でありながら
ジャパニメーションではないという、特異なスタンスに立つ作品、ということになるの
でしょうか?(^^;)
たしかに多くの日本製TV/ビデオアニメ群からすると、アイドル的なキャラクター性には
乏しいかもしれませんが、東映長編が衰退し、ジブリ作品も数年に1度という現状の中、
数少ない直球勝負の映画的作品として、もっと注目されてもよい様に思われますよね。

278 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/22 12:57 ID:???
小柳ルミ子と杉本哲太の映画なら知ってるが。

279 :276:02/10/22 20:25 ID:???
私が知る範囲では、「Wind in the Willow」を原作にしたアニメ何度か作られていて、
劇場版のセルアニメ、テレビシリーズ(?)のセルアニメ、劇場版(たぶん)の人形アニメ、があるようです。
しかも海外だとみんなタイトル同じ。
人形アニメは、日本でもかつてビデオ化されていました。
「ウィロータウンの仲間たち」のタイトルで、日本語吹替えでした。
これはなかなか良かったですよ。最近人気の「のばらの村のものがたり」にちょっと似た雰囲気で。
ちなみに、このスレの住人の年代ならご存知と思いますが、木馬座の人形劇「ケロヨン」も
実は同じ原作のようです。

280 :275:02/10/22 21:12 ID:???
>>277>>279
えー私がアマゾンで検索した「Wind in the willow」は、どうやら制作年が違う
(近作過ぎる)様な気がします。スタッフ名がわからないのでなんとも
言えませんが、トップクラフトのスタッフで作ったものは、TVスペシャル版セルアニメです。
後、そのあたりのスタッフで「コーンヘッド」も作っていました。
ちょっとHBっぽい雰囲気ですが、面白かったです。

281 :277:02/10/22 21:44 ID:QKdnhJ+t
げげげのげ。
国内在庫が1本あったとかで、今日、もう配達されて来ちゃった(笑
冒頭をすこーしだけ見た限りでは、一部にCG合成を使ってたりして確かに近年の
作品の模様。実写から導入してアニメーションに入るんですね。
アニメーション部分はピーターラビットのシリーズの線をもう少し整理した感じ。
ピーターラビットのシリーズ同様、カットの一つ一つを奇麗な絵として見せよう
という姿勢が感じられて、なかなか好感が持てます。
・・・あぁぁしかし、トップクラフトのものとは別物ですか。
今回購入したものも個人的には収穫でしたのでまあ良かったですが、しかしまた
「見てみたい幻の作品」が増えてしまいました。あうー(苦

282 :277:02/10/22 22:22 ID:???
「ケロヨンの自動車レース」のLDなら持っているのですが、さすがにこれは
映像化された「Wind in the willow」の勘定には入らないでしょうね(笑

283 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/23 18:31 ID:???
>>282
そのLDがある意味貴重(藁

284 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/24 16:12 ID:???
トップクラフト好きの人もオフ会に来てね

285 :277:02/10/30 20:09 ID:5JiQV6Pn
過日ホビット2作とラストユニコーン到着しました。
書き込みは「Return of The King」を見てからとも思ったのですが、
まだ通しでは見れていません。
ようやく一部を流し見しただけなんですけれど、さすがのトップクラフト!
横で見ていたカミサンも、絵が奇麗ねー、と感心していました。
アメリカ製のストーリーはなんだかかったるそうですが、好き者同士で
集まってワイワイ言いながら見たらすごく楽しそうですね。

下記サイトに画像がありました。丁寧な作りですが、日本製アニメの基準
で見ると好き嫌いは出そうですね、やっぱり。
ttp://www.cedmagic.com/featured/tolkien/return-of-the-king.html

・・・オフ会って、いつごろでしょう?

286 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/10/30 23:48 ID:???
>>278
それは白蛇抄

287 :275:02/10/31 09:07 ID:???
>>285
久しく見ていないですねえ。見たいなあ。
いまだに見られるというのも映画の影響もあるのでしょうが、それなりの
作品だったという事でしょうね。
オフ会は257で11月中と書いていますが、最近彼、来ませんね。
ところで285は海底二万哩は見た事はありますか?

288 :277:02/10/31 13:29 ID:0/UQMI/x
やはり欧米でも、親が安心して子どもに見せられる質の良いアニメ映画
は貴重なのでしょうね。アメリカのTVコードについては論議はあるか
とは思いますが、銃が普及している様な社会では、親が暴力に対して
より過敏になるのもいたしかたない様な気もしますし。
それになにより、やはり作品そのものが見応えありますもんね。

オフ出たいには出たいのですが、家屋の改築に伴う引越しで忙しくて
年内厳しいかも。オフで希少な作品の上映なんてのができると理想
なんでしょうけれど、そこまでは2chでは難しいかもしれませんね。

海底二万里、ずいぶん昔にアニドウが上映してましたっけか?
私は残念ながら未見です。一度見てみたい作品ではあるのですが。
どこかの閲覧可能なライブラリーに収蔵されていたりしないもので
しょうかねぇ?

289 : :02/10/31 18:50 ID:eTJcpPbr
「どうぶつ宝島」初めてビデオで見ました。
スゴ! おもしろ〜い!
大スクリーンで見たいなあ。
ていうか、スクリーンで上映することをかなり意識してつくってますよね。
(もっとも当時はビデオとかなかったわけだけど)

稚拙レスですまそ

290 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/02 11:45 ID:???
「どうぶつ宝島」いいですよね!
ああぁ、私もまた見たくなってしまった。
こんどDVD買ってこよっと(^_^)

291 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/02 23:49 ID:bo/NEkTu
TV放映を前提としない東映作品の話もこちらでよいのでしょうか?

子どもの学校に「Drスランプアラレちゃん(新)」のオリジナルビデオが
ありました。特許庁の委託作品で、子どもにわかりやすく特許のシステムと
役割を教えるのが目的らしいのですが・・・。
教頭先生にお願いして見せていただいたら、これがもう大爆笑!

みどり先生の指導で特許庁のサイトで特許のしくみを学んだ子どもたち。
次は実地で、各自特許になりそうなものを考えてみましょう・・・。
で、アラレちゃんが考案したのが「ガッちゃんアイス」。
まずはガッちゃんと牛乳を用意して、牛乳を飲ませたガッちゃんを
フリーザーに入れて、待つ。
次にカチンコチンに凍ったガッちゃんを取り出して、アイスクリームコーン
の上に冷えたガッちゃんの・・・(以下略

あうー(^o^;)

これがガッちゃんの体内菌によって健康にもよくメチャ旨(^_^;)ということで
めでたくガッちゃん菌が特許になるのですが、Drマシリトが粗悪な類似品を
大量に販売して・・・とお話しはつづいてゆきます・・・
しかし美味しくても喰いたくはないですねぇ。ガッちゃんアイス(^O^;)

そういえば昔の消防庁委託作品で、杉野出崎の「ザ・ファイヤーGメン」とか
あったのを思い出しました。また見てみたいですね(^_^)
こういう企業や公官庁の委託作品をまとめて見られるところって、
どこかにないものでしょうかねぇ?

292 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/04 17:36 ID:vmHLCNIM
暇つぶしに何か漫画みたいな、と思ってたまたま名作コーナーにあった「長靴」「ホルス」
を借りて見たのですがすごい面白くてビクーリしたΣ(゚д゚lll)!
こ、こんな良作昔から作られてたのか…!
やっぱ一般的にアニメっていうと宮崎アニメ、ディズニーがあげられがちだけどそれより
ずーっと面白かった!!とくに長靴はアレンジもすごい聞いてて面白かったし何より動きが
素晴らしい…!ディズニーほどクネクネしてないし。一見キャラデザはイマイチなんだけど
動くとすごいというか。
今この路線でアニメが作られて無いというのは残念…。
やっぱ東映映画というとジャンプアニメ祭りしか思い浮かばなかったので、オリジナル
というか昔話な作品が作られてたとは全く知りませんでした;
他にもレンタルして見てみたいと思います。
とりあえず次はオススメされてたどうぶつ宝島をv

他にもこれは絶対…!というお勧めはありまつか?
近くのレンタル屋、他あんまりなかった気がするのでつが…
頼むと結構お取り寄せしてくれるレンタル屋さんなので。

293 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/04 22:15 ID:???
>>292
古い東映の長編でだったら「わんぱく王子の大蛇退治」などいかがでしょう。
これ「だいじゃたいじ」ではなくて「おろちたいじ」なんですけど、世評では
「ホルス」「長猫」「わんぱく」「ど宝」というふうに、東映動画の4大長編と
言われてる中の一つです。
内容的には、日本神話のスサノオのみことのお話。
制作されたのが昭和39年(でしたっけ?)という作品なので、
見てみるといろーんな意味で古さを感じるかもしれません。
でもとにもかくにも、クライマックスのヤマタノオロチとの対決が凄い!
もうほんとにすごーーーーーいんですよおっ!
日本のアニメ映画の中ではじめて「作画監督」というポジションが設けられた
作品という歴史的な点からも話の種になりますし、これはもう一度見ておいて
絶対に損の無い作品と思います。

294 :293:02/11/04 22:28 ID:???
「わんぱく」の制作は昭和39年ではなく、昭和38年でしたね。ごめんなさい。

295 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/07 00:23 ID:dSmKM/8f
なんか長靴をはいた猫の評価とか見ると、皆宮崎パヤオが関わったからいたから
傑作傑作扱いされてるね…。そりゃパヤオのおかげもあるけど、それだけじゃないよねぇ。
パヤオ持ち出さなくても評価されるべき作品だと思うんだけどな。

296 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/08 18:20 ID:72IDdhSi
長靴の三銃士と世界1周はおもしろいんですか?

297 :わや:02/11/08 19:49 ID:???
「80日間世界一周」は、けっこう楽しいお話ですよ。
さまざまな危険や妨害をかいくぐり、ペロと仲間たちが世界各国を駆けめぐります。
前作をご存じの皆様には、うれしくなるような作品です。

 登場する「ガリガリ博士」は、あの「ハッスルパンチ」のガリガリなんでしょか?
確認する資料が無いもので…

298 :ほいほい:02/11/08 23:49 ID:ufpPDznA
>>297
「80日間世界一周」は前にも書いたけど、ラストの追っかけとか面白かった。
ペロの声がなべおさみなのがちょっと、だけど。
ガリガリ博士は、そのとおり「ハッスルパンチ」のその人です。
「どうぶつ宝島」では男爵、「名探偵ホームズ」ではモリアーティ教授
の名前で出演していました。


299 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/10 00:41 ID:HV3SREXx
長靴見た〜!面白かったです。アレンジがいいね。
最後の追いかけっこドキドキしました。良質アニメだね。

ところでOPの歌詞知ってる方教えてくれませんか?聞き取れなくて;
なんか歌が頭に残ってますw カラオケにあったら歌いそう〜w

300 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/10 11:37 ID:/zlRjcP/
     曰
     | |   ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ノ__丶(〃´Д`)_ < うぃ〜、300ゲッd!
     ||日||/    .| ¢、 \__________
  _ ||本||| |  .    ̄丶.)
  \ ||酒||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

301 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/10 12:25 ID:H0kNkOq8
白娘萌え

302 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/10 20:20 ID:Om/BZ0ox
長靴をはいた猫 ( 石川進 水垣洋子 )

びっくりしたニャ びっくりしたニャ
びっくりした びっくりした びっくりした びっくりしたニャ ♪
長靴はいて 苦しみ求めて 幸せ捨てて
イカすネコだから イカすネコだから  ( ミャーオオン )
インチキ野郎の面の皮 お世辞野郎の面の皮 ( ミャーオオン )
ひっぺがしたくなるのさ ひっかきたくなるのさ 猛烈なネコ

びっくりしたニャ びっくりしたニャ
びっくりした びっくりした びっくりした びっくりしたニャ ♪
長靴はいて 一人で泣いて 涙ふいて
淋しいネコだから 淋しいネコだから ( ミャーオオン )
愛し合ってる二人を 幸せそうな二人を ( ミャーオオン )
かばいたくなるのさ 守りたくなるのさ ばぶるんなネコ

びっくりしたニャ びっくりしたニャ
びっくりした びっくりした びっくりした びっくりしたニャ ♪
長靴はいて 望みをしょって 夢を抱いて
素敵なネコだから 素敵なネコだから ( ミャーオオン )
道端の小さなひなぎく 大空の流れる雲も ( ミャーオオン )
愛したくなるのさ 愛したくなるのさ 素敵なネコ

びっくりしたニャ びっくりしたニャ
びっくりした びっくりした びっくりした びっくりしたニャ ♪



303 :ほいほい:02/11/10 23:56 ID:IrHYjdtP
さっき見た「ガイアの夜明け」日本アニメの海外ビジネス戦略特集だったが、
今の日本アニメの原点ということで、
45年に焼け野原の中の映画館で公開された「桃太郎 海の神兵」を
手塚治虫が見て、アニメを作ると決意したエピソードが紹介されていた。
(これってまるまる「その時歴史が動いた」なんですけどね)
そのあと東映アニメーションが日動から発展したと紹介され、
宮崎駿もここで活躍していたともあった。
この番組でここまで紹介されるとは思ってなかった。

304 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/11 13:12 ID:1yULAiJ2
「白鳥の湖」ってここでいいのかな。
子どもの頃テレビ放送のを撮ったのみで、まだレンタルビデオがあるのが驚きです。
今見ても、音楽と映像、特に白鳥の動きがすごくきれいだった。

オデット姫が囚われている鳥かご状の部屋も、舞踏会の会場の外でロッドバルトに
後ろから捕まって口をふさがれるシーンも、さらわれフェチの私にはたまらないですw

305 : :02/11/12 05:09 ID:???
「ガリバーの宇宙旅行」って東映動画なんかな
なんでもラストは宮崎駿がかきかえちゃって
あんなことになったらしいんだが
(また宮崎かよ、、、はいいっこなし)

306 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/12 19:59 ID:VDxqHuDq
アニドゥから出てるもりやすじ画集は買いですかね?高いんでつが…。
長靴をはいた猫がいっぱいのってるならホスィ…。

307 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/12 23:31 ID:1IoaRWJt
>305
宮崎はガリバーのことダメとか言ってたがなたしか。

308 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/13 15:36 ID:???
>>306
ジブリの画集の方がイイ

309 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/13 18:25 ID:???
>>306
アニドゥの画集の方がイイ


310 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/13 18:42 ID:???
両方買え!

311 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/13 21:52 ID:???
両方買う奴は金持ち。約二万だろ…。
学生の俺にはとうていだせん。2000のやつまちだよ…(ノД`)

312 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/13 22:21 ID:???
おまえら つづきは森スレでおながいします
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1029731904/l50

313 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/14 18:12 ID:???
ああ森スレなんかあったのでつか!ありがとう逝ってきまつ!

314 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/16 17:56 ID:m50rPIlG
どうぶつ宝島見た!面白かった〜!!もりやすじ絵サイコーだな。動きもいいし。
前半がすごくイイカンジだ。
だけど「ジム、弟置いて脱出するのかよ!」「キャシーが海賊と一緒になって離れ離れに
なってるっつーのに宝島バンザーイ!じゃねーだろ!!」
とちょっと展開というか心理面で謎というか甘いというかツッコミ面が多かったな…。
そんな所気にするな!ですかね。
あと最初の義足猫がいつでるのかと思ったらでなかったのが残念だ…。
オリジナルだと重要な役割だったら期待してたのにな。


315 :わや:02/11/17 19:14 ID:???
「白蛇伝」も、いい作品ですよ。
白娘子のファンが多いのですが、個人的には侍女の小青の方が好きだったりします。
…いや、別にロリが良いって訳じゃあないんですよ。
ヒロインより躍動感があって(ダンスシーンもあるし)お茶目な性格で、
白娘や許仙のために全力で戦う所もよろしおす。
(二人とも去ってしまうので、ちょっと報われない気もしますが…)

316 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/19 09:52 ID:???
長靴をはいたねこの

はーなれーられーないーい とーもだーちさーーあんあんあん あん

って歌が好き。

317 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/19 21:30 ID:Zwvf5OTL
ガリバーの宇宙旅行記は、投影が出していた(プロモーションを兼ねた)
漫画雑誌で一般売りしていたものに、もりやすじの絵で、漫画が連載されて
いたけど、なあ。主人公の顔は、坂本きゅうに似ていると思うね。

318 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/19 21:59 ID:???
ガリバーは、森キャラじゃないから、クレジットされていなければ
別の人だと思う。

319 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/19 22:30 ID:???
長靴をはいた猫のお姫様の歌も好き。すごい歌詞だけど。
声素人っぽかったけど清楚としてりんとしてよかったな。

320 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/19 23:40 ID:???
♪お月様お願い 森の中を探してぇ〜 幸せが迷子に なっていないかどぉおかぁ〜♪

321 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/20 12:22 ID:9t+gg6f0
こう見えてもあたちはお魚の妖精なのよ!

322 :すさのう:02/11/21 20:05 ID:???
「わんぱく王子」のDVD今日届きました。
幼い頃に絵本を何度も何度も眺めていたせいか、懐かしい顔ぶれが
いっぱいで、涙しながら観ました。内容について語りたいことは
山ほどありますが、これからご覧になる方のネタバレになるのを
懸念して、「観ないと損する作品」とだけ言っておきます。
あの時代に、あんなテンポの良い格闘シーンが作られていただけでも、
凄いです。伊福部さんの重厚な音楽も大蛇の迫力に一役買ってたんですね。
子供の頃、黒い頭のおろちがスポーツカーのように格好良くて、
憧れていたことを思い出しました。それから「僕スサノオっていうんだ」の
シーンの謎が今日初めてわかってまたまた感動。
住田少年の素直なセリフ回しもいいなあ。

323 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/25 02:12 ID:???
白娘

324 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/11/27 00:06 ID:o8poWgYD
悲惨な?>>1です。

久々に書き込みします……。まず、オフ会予告の方、果たせなくて申し訳ございません。
(諸般の都合で年内は無理そうです。来年こそは……)

>>322 すさのう様
思い入れのある作品のDVD入手されたようでなによりです。
期待を裏切らぬ思い出、になりうる作品というのはやはり素晴らしいもの
なのですね……。

325 :すさのう:02/11/27 00:26 ID:???
>>324
お久し振りですね。来年でも都合がつけばオフ会行きたいと思います。
その時は宜しくお願いします。

ところで2月に「少年ジャックと魔法使い」のDVDが出ますが、
どんな作品なのでしょうね。サンプルのジャケットを見る限り、
ちょとガリバーに似てる感じがして、買おうと決めていますが、
今まで全然話題に出てこない作品なので謎です。

326 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/11/27 00:48 ID:o8poWgYD
>>325 すさのう様
DVDのリリースは順調に続いているようですね。で、『少年ジャックと魔法使い』
なんですが、私的にはあまり好きな作品ではないんです。以下、LDで観たときに
認めておいた感想文……。

●とにもかくにも主人公ジャックが魅力に欠けるキャラ。自力で蒸気自動車作れる
天才らしいのに駄目な腕白って感じしかせず、それっぽさが全然感じられません。
理系天才少年というのは発明品への拘りとか論理性とかで、もっと魅力的になれる
はずなんですが。
 で、ヒロイン魔女のキキー(名前がどっかのヤマト運輸協賛アニメっぽいのは、
偶然でしょうな)。彼女も魅力的なキャラ……敵と味方を揺れ動く、それこそ
ヒルダを先取りできるキャラだったのにも関わらずそれを生かしきれてないような。
まぁヒルダとの比較は酷かもしれませんけど。
 ストーリィはジャックの家と魔女の城の間を安易に往復しすぎ。魔女の城が
近所にあるのは神秘性損ねてますし、なんかストーリィ作成が破綻しているような。
正直申せば後半は眠くなって仕方なかったです。

 で、これは宮崎駿に毒されてるから(笑)そう思うのかもしれませんけど、敵の魔女
が余りに憎く不気味なだけのキャラなのは勿体無い。(まぁ黒衣の裾から、おみあし
覗いているのは艶っぽくて好かったですが。お父さん向けサービス?)
 もし、彼女なりの正義や美学、論理を描いていればレプカ長官やカリオストロの
某公爵並みの、魅力的な悪役になれたと思うのに。あの魔女、主張は何一つなかった
んですよねぇ。

 全体に魅力的な舞台や設定、また独特の美術感覚はあったにも関わらず、それを
生かす方向に作り込まれてないって感じでしょうか。キキーのデザインなんか
好きだっただけに残念でした。

……以上。検索かけてみるとこの作品のファンも多いそうなので、飽くまで
一意見、一感想として捉えてくださいな。

327 :すさのう:02/11/27 22:46 ID:???
>>326
そうですか。ありがとうございました。
眠くなるのは嫌だけど、私の場合あんまり厳しくアニメを
観ないので、ひょっとしたら楽しめるかもしれません。
見終わった後に、酷評するかもしれないけど、取りあえず
「買い」の方向で行くと思います。

もうすぐ「わんわん忠臣蔵」のリリースだーーーー!!

328 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/27 22:54 ID:foQX8rO5
「白蛇伝」のビデオについてた公開当時の劇場用CMでの社長の喋りに唖然と
したのは俺だけか?まさにバカ社長だった。

329 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/11/28 00:13 ID:54xoobQM
>>327 すさのう様
期待し過ぎて観たら、少しハズれだった……程度のことですから、
「少年ジャック」は十分に佳作ですよ。ご覧になって損はないです。
(美術面では観るべきところのある作品ですし)

>>328
あれ、私も吃驚しました(笑)。でも、スタジオの実写は良い資料ですね。
まぁ香具師(この場合は間違った使い方ではないような^^;)が金出してくれた
おかげで素晴らしい長編漫画映画が観られたって訳で。

330 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/11/30 03:58 ID:hxEStH7d
微妙にスレ違いですけど、先日NHK-BS2ではじまった「冒険者」は
1992年の海外向け作品の国内初公開なんだそうで。合弁ものとかに
興味ある向きにはオススメ?です。

関連スレ(NKH-BS「冒険者」)
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1037971066/l50


331 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/01 17:56 ID:y/uNHb0i
>>304
うん、まんがまつりだったけど「白鳥の湖」は奇麗だったにょ〜
それまでの少女向け中編みたいなマンガっぽさが少なくて。
予算も少なかろうに?よくあそこまで作ったって感じ。

東映の中編といえばもう「空飛ぶ円盤これがUFOだ!」これっきゃない。
たしか学年誌だかとタイアップだったとか聞いたけど。
帽子みたいなヘルメットの宇宙人が車の窓に貼り付いて「○×▲凸♪◇〜」って喋るシーンで
怖くて大泣きした(当時幼坊)。今でも夢に見る…

332 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/02 02:23 ID:6opEJtJv
>>331
そのUFOのやつは、ちょっと前に東映チャンネルでやってた気がする。
スーパーカーのとか、ずうとるびのとか、フィンガー5とかの短編特集みたいので。

333 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/04 13:58 ID:pwsiJeTI
『どうぶつ宝島』をリアルタイムで映画館で観た
最初、「ゴジラ対キングギドラ」を観るために新宿の映画街へ行ったけど
もの凄い行列で何回待っても入場できそうになかった
なので仕方なく入った近所の映画館で上映していたのが『どうぶつ宝島』だった
最初はゴジラが観られなくて非常に悔しかったけど、すぐにスクリーンに釘付けになった
『どうぶつ宝島』を映画館で経験できたのも「ゴジラ」が大人気だったおかげ、とゴジラ人気に感謝


334 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/04 14:03 ID:???
子供の頃見た「海底3万マイル」をもう一度見たいんだけど
近くのビデオ屋でずーっと借りっぱなしなんだよなぁ。

おい!GEOで借りっぱなしの奴、早く返せよ!

335 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/04 14:43 ID:iFsGhDz0
来月東映チャンネルで「魔犬ライナー」やるけど、面白いですか?

336 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/05 00:49 ID:???
 発作的に20年以上前のTV放送時に録画した『長猫』のビデオを見ております。
 やっぱり良いなぁ〜、今度5つの姪っ子に見せてやろっと。

337 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/12/07 01:46 ID:+KsPfy5t
>>291(遅レス)
 新アラレちゃんのネタですが、
>で、アラレちゃんが考案したのが「ガッちゃんアイス」。
>まずはガッちゃんと牛乳を用意して、牛乳を飲ませたガッちゃんを
>フリーザーに入れて、待つ。
 これ、旧Drスランプの単行本7巻であったネタですな。あれが特許の
教育用に……うーむ。しかしバイオ系特許とは進んでますよね。

>そういえば昔の消防庁委託作品で、杉野出崎の「ザ・ファイヤーGメン」とか
>あったのを思い出しました。また見てみたいですね(^_^)
 これは私も観たい作品の一つ。ちなみに製作元は消防庁ではなく、日本損害保険
協会だった由。『火事と子馬』という作品もあるそうです。

>こういう企業や公官庁の委託作品をまとめて見られるところって、
>どこかにないものでしょうかねぇ?
 16mmフィルムを地方公共団体等で持っていることが多いようです。アニメファン
向けにDVDにしても(或る程度は)売れるとは思うんですけどねぇ。
 
 そういえば雪印のPR用短編『草原の子テングリ』(桜映画社1977)は東映長編と作風・
スタッフがかなり共通する逸品。2000年夏にBS2で掛ったことありましたが、また
やらないかなぁ……。そういえば、今冬のBSアニメ特撰は東映長編無しで
残念……。

>>292
>今この路線でアニメが作られて無いというのは残念…。
 人材・技術的には日アニ・テレコム・ジブリが引き継いだ、と個人的には
認識しています(異論はありそうですけど)。
 あと、少々地味ですが『アリーテ姫』(2000 4℃)もお勧めしておきます。
今度レンタル用ビデオも出るはずですよ。
 東映長編では話のあった『わんぱく王子の大蛇退治』は私もお勧め。

338 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/12/07 01:47 ID:+KsPfy5t
>>295
>なんか長靴をはいた猫の評価とか見ると、皆宮崎パヤオが関わったからいたから
 私も抵抗は感じますが、人に(特にアニメファン以外に)勧めるとき「昔、宮崎駿が…」
というと分かって貰えやすいのは事実です。製作年度や絵柄だけで古い作品と
引いてしまうこともあるわけで。評価して貰うためには、先ず観て貰わなくては
いけないわけですから。

>>301
>白娘萌え
 えーと、宮崎駿さんですか? 学習院大入る前の(笑)。

339 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/12/07 01:50 ID:+KsPfy5t
>>331
「白鳥の湖」81.3公開ですね。演出は『長靴をはいた猫』の矢吹公郎。
機会があれば観てみたいもの(あの時代の中長編はLD出てないので手が出しにくいですな。DVD化に期待)。ちなみにリアルタイムでは
“まんがまつり”は子供っぽくてまともに観てないのですが、対象年齢もこの作品は高そうですし。

>東映の中編といえばもう「空飛ぶ円盤これがUFOだ!」これっきゃない。
或る意味貴重なオリジナル短編(15分45秒)ですな。
あれ観てトラウマになった子供が多数居たことに10000ロズウェル。今から思えば
トンデモアニメでしょうけれど、1975年の地点で矢追純一スペシャルをアニメで
やってたのか。ヒル夫妻のエピソードがちゃんと黒人と白人の夫婦で描かれてる
らしいのは誉めてもよいことだと思うのですが。
そういえば「まんがはじめて物語」にもUFOの話がありましたっけ。ちなみにグレン
ダイザーのDVD-BOXに『宇宙円盤大戦争』のついでで『空飛ぶ円盤……』も収録されてるという話は真なりしか?

>>332
>そのUFOのやつは、ちょっと前に東映チャンネルでやってた気がする。
>スーパーカーのとか、ずうとるびのとか、フィンガー5とかの短編特集みたいので。
 そういった作品を「なかったこと」にしないのは好感持てますね(笑)。
ピンクレディーのやつの予告編だけ観たことあるんですが(『龍の子太郎』LDのオマケ)、
今から思えばミニモニみたいなもんですかね……。

>>333
 まんがまつりはゴジラに比べて人気なかったんですねぇ……『ど宝』の時でも。
 そういえば、>>289
>大スクリーンで見たいなあ。
>ていうか、スクリーンで上映することをかなり意識してつくってますよね。
 とありましたが、全盛期東映長編はモブシーンとか、フィルム(35mm)の解像度を
シネスコの大画面で観ること前提に作られてますものね。劇場で観られてよかったと
おもいますよ。シネスコは今のプロジェクタでも再生苦手です(テレビよりはずっとよいですが)。

340 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/12/07 01:51 ID:+KsPfy5t
>>334,335
その二本は未見……。

>>336
>発作的に20年以上前のTV放送時に録画した『長猫』のビデオを見ております。
 20年前のビデオというのが別の意味で貴重品かもしれないです。ただ、放送が
スタンダートサイズ(上下に黒帯なし)なら、シネスコ画面の左右はばっさりと
切られている筈で、ちと残念かも。画質の意味でも、可能なら現行のDVDを
お勧めします。あの作品は画質に拘って損はないと思いますので。
(私はLD新旧二種類もってたりしますが、画質の違いで内容も違って見えたほど)

>やっぱり良いなぁ〜、今度5つの姪っ子に見せてやろっと。
 喜んで貰えればよいですね。いや、きっと喜んで貰えるはず!

341 :_:02/12/12 02:12 ID:26Lj3a3o
[ゆうれい船」や「どうぶつ宝島」辺りの演出・脚本? に
池田 宏 とありますが、どう云う人なんでしょ??
御存知の方の御意見を聞かせて頂けないでしょうか〜?

342 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/15 11:32 ID:???
アニメスレでも言われていたが、昭和期のミュージカル+絵本的な
東映長編漫画映画の伝統は、東宝でゴジラと併映している
劇場版「ハム太郎」(出崎統監督)に受け継がれました。

343 ::02/12/19 04:01 ID:f5pp8adp
DVD「雪の女王」(日本語吹き替え版)
・・・が再発売されていたので購入、ずいぶん久し振りに鑑賞いたしました。
手塚治虫は、ディズニーアニメに触発されてアニメーションを作ったようですが、
東映動画のスタッフは、間違いなくこの作品の影響を受けて作品を作ってますね。
(あと「やぶにらみの暴君」あたりでしょうか)
当時の東映動画の社長は「東洋のディズニー」を目指していたようですが、
現場のスタッフはちょっと違う物を目指していたみたいですね。

で、あの盗賊の娘って、何て名前だっけ?

344 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :02/12/23 05:39 ID:NrV9OMNI
>>342
>アニメスレでも言われていたが、昭和期のミュージカル+絵本的な
>東映長編漫画映画の伝統は、東宝でゴジラと併映している
>劇場版「ハム太郎」(出崎統監督)に受け継がれました。
 うーん。なんか抵抗感かんじるのですが。東宝ってこともありますけど、
出崎監督の演出技法そのものがアンチ東映って感じもしますし。

>>343 俺様
お久しぶりです。
>DVD「雪の女王」(日本語吹き替え版)
 再版されたのですか。それは好かったと思いたいものの、また吹き替え版ですか。
音楽まで「吹替え」ですから、是非一度原語版観たいと思ってますのに。日本に
ロシア語のマスターは残ってないんでしょうかね?
 PALやリージョン2以外でも構わないので、どこかから原語版DVD出てないかしらん?
(大映の字幕版ビデオは見つかりそうにないですし)

>東映動画のスタッフは、間違いなくこの作品の影響を受けて作品を作ってますね。
>(あと「やぶにらみの暴君」あたりでしょうか)
 社内上映会が昭和39年だったと聞きますので“以後の作品は”という
但し書きは必要かもしれないですね。しかし、激しく胴衣であります。

>当時の東映動画の社長は「東洋のディズニー」を目指していたようですが、
>現場のスタッフはちょっと違う物を目指していたみたいですね。
 ディズニーの模倣に終わらず、独自のものを作ろうとした志があったからこそ
あの長編群があったのでしょうね。

>で、あの盗賊の娘って、何て名前だっけ?
原作でも「名無しさん」だったような?

345 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/23 06:12 ID:79c+xVfc
東映動画、安寿と厨子王はすごく金をかけて作られたと思うが、
多分あれは海外売りできなかったのではなかろうか?
ストーリーとしては動物をたくさん付け加えたりして子供向きに
しているが、相当に古臭い戦前の講談社絵本的な内容だし、
安寿が池に投身自殺するシーンは描かれないし(もちろん死ぬに
いたった理由としての”暴行”などは、ごまかされている)
 製作陣の中からも、内容に疑問の声があがったとか(所詮は
権力者の格の上下で正義が決まるというような内容だし。)
 悪者が、いかにも悪そうに描かれているのは、歌舞伎とかの
影響か? 設定は後のTVアニメ:風のフジ丸に転用されているような。。。

346 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/23 06:20 ID:79c+xVfc
手塚治虫の参画した「西遊記」は、とても良い出来で、それ以前の
東映ものに比べて音楽や効果音の使い方、リズム感が抜群に良いです。
これを大スクリーンで見たかった。
 しばしば出る話ですが、りんりんが映画の途中で(原因不明の)病床に
伏せるようになり、最後天竺から帰ってきての病床での対談のところが
ポイントですが、結局最後にとってつけたように病状回復して他のサル
たちの前に現れて手を振りながらのエンディングは、不自然だと誰しも
思うでしょう。
 やはり、製作の最後の頃までは、当初の手塚の案のように、りんりんは
死んでしまい、最後のシーンはりんりんの墓の前で手を合わせる御供という
感動シーンだったのだと分かりますね。
 天界を描くのに、西洋風の神様とかが出てくるのは、輸出を意識したのか?

とにかく、この映画は、それまでの東映動画とは、絵のリズム感が違います。
サルのりんりんの色っぽさが素晴らしいし、子鬼の絵は月岡貞夫調ですね。
牛魔王の宴会のシーンなどは、後の虫プロTVアニメリボンの騎士の
魔王メフィイストの登場する巻で再現されているような。

あまり話題にされないのは、やはり東映内部にわだかまりが残って
いるためか?


347 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/23 07:44 ID:8hSnY6jV
白鳥の湖はここにアンチが
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=24741&log=200004

348 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/25 19:36 ID:cK4ThiR+
1月の東映チャンネルかなりのアニメが放映されるみたいだね。
一ヶ月だけ視聴申し込んでみようかな。

349 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/28 16:58 ID:2OTQbQso
そういえば、白蛇伝のビデオの最初に出てくる、かつての東映動画の社長の
宣伝会見のフィルムは、貴重な資料だな。但し、本編の映画を観る前に、
予告編とかあのような社長の出てくる部分をVHSだから頭におかれると
必ず先に見せられるというのは、余り良くないような気がする。

この大川社長が、このときに東映動画を立ち上げなければ、日本の動画の歴史
は相当に替わっていたし、後に手塚治虫を招いたり、虫プロの成立につながる
話、ひいては今の日本のアニメ産業全体が、まるで違っていただろう。 
あの時期でなくて、もっと後(たとえば10年あと)でだったら、
賃金などやテレビの普及のファクターなども考えてみると、
全然劇場アニメ映画が商売として成功せずに、結局直ぐに潰れてしまった
可能性が大だ。

350 :わんわん忠臣蔵:02/12/29 14:33 ID:s0SnSbjM
わんわん忠臣蔵という原案手塚治虫の作品は、なぜかあまり語られることが
ないのだが、その動画(フルアニメーションとして)のすばらしさは
ディズニーなんかはるかにしのぐ。(これに匹敵レベルのものがあるとすれば
それはファンタジア(初代)ぐらいのものでしょう)
どうしてこれ無視されているのかわかりにくい。今でも劇場でこども向けに
再上映できるレベルだと思うし。
 この作品に関しては、ディズニーが東映動画を訴訟で訴えたという経緯がある。
これは101匹わんちゃんの盗作だというのだ。理由は犬がたくさん出てくるから
というしょうもない言いがかりであるが、その後裁判がどうなったのかなどは
私はフォローしていなく、覚えていない。だれか、結局どういう結論になった
のか、またそれが結審したのはいつかなどをご存知なら教えてほしい。
とにかくこの作品は、トムとジェリー式の本格的フルアニメだった。動きは
すばらしい。
脚本のストーリーは、手塚のジャングル大帝にかぶるところ多し。
月岡貞夫の絵が大活躍。また後の狼小年ケンのキャラっぽいトラとか、、、
映画館のワイドスクリーンで観たかったね。

351 :シンバットの冒険:02/12/29 14:44 ID:s0SnSbjM
これは、脚本が手塚治虫と北杜夫によるもので、宝探しの海洋冒険物。
冨田勲が音楽を担当している。お姫様が、イイ。(多少以上にほかの
キャラから浮いているほどで、とくに目元の描き方が、白蛇伝ゆずり
ではあるが、ずっと命が吹き込まれている。顔が中村和子なのか?)
里見京子が声を当てているが、お母さん声である里見京子
が若い姫っぽく声を出そうとして無理している感じがとれるところが
ちょっと難。(里見京子が声優としてだめなのではなくて、配役に問題が
あるといいたい、それでもまあ問題はあまりないだろう)
そらとぶ電気くらげとか、わけのわからない魔像とかには何ら説明が無い
のだが、最初のところで宇宙からの隕石うんぬんで、すべて説明ということ
だとすると、多少問題あり。
音楽を聴けば、この後に虫プロでジャングル大帝やリボンの騎士を担当した
冨田式の楽器の当て方、情景描写音楽、効果音、虫プロアニメでもよく聞いた
旋律に似た節などが、たくさんちりばめられていることがわかる。

飲酒あり、薄ベールだけを着た美女のダンス(えろい)とかあるから、
多分中東には輸出できなかったに違いない。

352 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/31 17:07 ID:rhwLRwRw
基本的に手塚がアニメでやったことは全く評価できない、と宮崎が言い切っているらしいが、
禿同だな。あの人はアニメができることを2D漫画で表現できてしまった天才だから、逆に、
実際にアニメ現場に立った瞬間、アニメで何をやったらいいのか分からなかったのでは?
またジャングル大帝のような左翼的人民蜂起物語を作る一方で意外と貴族趣味な所もあるので
宮崎や高畑には嫌われるのだろうな。
やはり東映長編の本領は、女性と動物の森、動きの大塚、その他の異常に高レベルなスタッフ達の
総合力であって、折れは宮崎ですら東映長編については過大評価されていると思っている。
「長猫」の旅立ちのシーン、音楽宇野+脚本井上山元のひょうたん島必殺トリオによる素材を
矢吹演出の絵コンテに基づき素晴らしい作画が行われ、それでも森が後年「あのスキップは自分。
恥ずかしい。だからハイジの時は勉強しなおした」というエピソードには逆に感動させられた。
これは折れのオタク道の完全な原点なので必死に語りたい。
ちなみに「長猫」のローザ姫の声優は女優の榊原ルミ。
「白鳥の湖」は時期的に未来少年コナンの頃、ヤマトで始まったアニメブームに対する回答として
「竜の子太郎」と並んでジブリの駄作よりは遥かに気合の入った作品です。


353 :352:02/12/31 19:42 ID:???
今日初めてこのスレの存在に気づき興奮して思わずレスをした352です。空気の読めないレスで
すみませんでした。とりあえず落ち着いてこのスレ全て読みました。
私は「長猫」に命を捧げた者ですので、「長猫」についていくつか語ってみます。
@「東映長編アニメ全集」で矢吹氏が「脚本が自分の意図と違う方向のものが出てきたので、
 未完成のまま受け取り、あとは勝手に自分で直してしまった」とおっしゃっています。
 実はキネマ旬報69-3頃の新作映画紹介の欄で、「長猫」の荒筋が実際の作品とは
 似ても似つかぬ内容で紹介されており、以前から私はこのストーリーこそ矢吹氏が
 未完成のまま受け取った脚本そのものではないかと考えています。
 それによるとルシファ初登場のシーンで王様は豚に変えられてしまうとなっており、
 いかにもひょうたん島の井上山元らしい匂いを私は感じるのですが。
 ですから「一番の悪者は王様」という意見は実は脚本の本来の意図通りだと思います。
Aオープニングテーマの補充…with boots ! という合いの手が入ります。
B私は高校時代、ピエールと同じ髪型にしていました。すると女子高生に
 「あの人ガンダムのガルマ=ザビに似てる」と言われ少し悲しかったです。
「長猫」のことは何でも私に聞いてください。


354 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/31 20:16 ID:rZRudXdw
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


355 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/31 22:44 ID:???
今ふと思ったのだけど、「不思議の海のナディア」って「ど宝」に似てるね。
気の強い女の子、頼りない男の子、黒ぶち眼鏡。
まあパロディが信条のガイナックスだから当然と言えば当然だけど。

356 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/01 03:57 ID:VaLfRdgy
CSの東映チャンネルで2日にど宝、ゆうれい船、ホルス、長猫の四本立て放映しますね。
家はCATVなので東映チャンネルはオプション料金払わないといけないんですが
1月だけ契約しました。DVDレコーダーを買ったので録りまくるつもりです。

『わんぱく』もやってくれると完璧なんだが・・・。

357 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/04 00:09 ID:Qqagjxt0
>>333
最初、「ゴジラ対キングギドラ」を観るために新宿の映画街へ行ったけど

どうぶつ宝島の年ならば「怪獣大戦争」のリバイバル版の「怪獣大戦争・
キングギドラ対ゴジラ」かと思われ。
「ゴジラ対キングギドラ」は1991年公開。

358 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/06 17:57 ID:Ep/WOLrv
20年以上も前のことですが・・・・
某スタジオで毎週秘密裏(だったのかなぁ??)に、
東映動画の上映会が営まれておりました・・・・
一回に2作品上映だったかなぁ〜・・・
録音するところ(バレバレ?!?!)だったので、音響最高!
あちゃらこちゃらの上映会を行脚するよりも良かったなぁ〜

あの頃はビデオもなかったから、上映会を8ミリで撮る輩までいたもんね
ヒルダちゃんの撮影会!!ってのもあった(藁)

某スタジオでの上映会は少人数で静かに観られて最高でした



359 :マロン名無しさん:03/01/07 19:45 ID:???
>この作品に関しては、ディズニーが東映動画を訴訟で訴えたという経緯がある。
>これは101匹わんちゃんの盗作だというのだ。理由は犬がたくさん出てくるから
>というしょうもない言いがかりであるが、

大工さんもこれじゃ101匹じゃないか!?と思ったそうだが。

360 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :03/01/08 00:09 ID:NIZHXejN
 遅レスですが、>>1としていろいろと。

>>345
>権力者の格の上下で正義が決まるというような内容だし。
 「安寿」に関しては「作画汗まみれ」での各スタッフ(森康二他)の叩きっぷりが
まことに面白い……ものになってますね。既読でしょうか?
 個人的には、テーマの選び方で既に失敗しているのではないかと。ただ、「東映動画
長編アニメ大全集」では脚本家が美しく気品ある作品と自画自賛しているのが
気に掛りますが(笑)。
 なお、一応海外でも賞は貰ってます。東洋趣味の作品ですから、海外売りは
しやすかったのではないでしょうか。

>>346
 「西遊記」のラストは、個人的にはリンリン殺さないで欲しかったなと思っては
いますが……。あれで死んでたら可哀相というか、救いがないですし。

>音楽や効果音の使い方、リズム感が抜群に良いです。
 これは激しく胴衣です。

>天界を描くのに、西洋風の神様とかが出てくるのは、輸出を意識したのか?
 手塚氏の作風・趣味ではないでしょうか。氏は世界設定や時代考証に敢えて
アレンジをいれる手法を漫画では多用されていますし。あ、本作に関しては
いい味出しているとおもいますよ。

>あまり話題にされないのは、やはり東映内部にわだかまりが残って
 個人的には、「あまり面白くないから」でしょうか。何度も観返したいとは
思いませんでしたし……。いや、東映動画と虫プロのミッシングリングとしての
価値は分かっているのですけれど。

361 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :03/01/08 00:09 ID:NIZHXejN
>>348
 CSは観れない私……。BSか地上波でかからないかなぁ。春か夏のBSアニメ特選に期待。

>>349
>そういえば、白蛇伝のビデオの最初に出てくる、かつての東映動画の社長の
>宣伝会見のフィルムは、貴重な資料だな。 
 ですよね! 太陽の王子のスレでも上がっていましたけど、香具師(間違った使い方では
あるまい?)がお金出したからこそ珠玉の名作群が出来たわけでもあるので。スポンサー
というかパトロンとして、再評価されてもよいかと。
 あと、スタジオの風景も貴重な映像資料。

>但し、本編の映画を観る前に、
>予告編とかあのような社長の出てくる部分をVHSだから頭におかれると
 吃驚はしますね(笑)。でもまぁあの時代の意気込みみたいなものは社長の姿から
伝わってくるので、あれが冒頭に入っているのも悪くはないなと思います。
 ちなみに東映長編のLDでは、予告編を先に収録したタイプ(「白蛇伝」「太陽の王子」
「龍の子太郎」etc)と、予告編は最後に入れたタイプ(「西遊記」「長靴」)に
分けられますね。販売元がBVか東映ビデオかは関係ないようです。

>この大川社長が、このときに東映動画を立ち上げなければ、日本の動画の歴史
>は相当に替わっていたし、
 世界のアニメーション史が変わっていたことでしょうね。あの時代に日本のアニメが
世界のスタンダートになるとは誰も予想しえなかったのでは。無論、戦前からの蓄積は
あり、その水準は高いものでしたけど、商業化という意味で弱かったと思いますので。

>後に手塚治虫を招いたり、虫プロの成立につながる
>話、ひいては今の日本のアニメ産業全体が、まるで違っていただろう。
 虫プロや手塚治虫に関してはいろいろな見解がありますけど(例えば宮崎駿氏の“追悼”文)、
一消費者の観点からいえば、アニメに関しては一生観きれない膨大な「量」と豊富な選択肢を
得ることができるようになったという功績は大きいかと。
(クオリティの高い海外作品は好きですが、それを年に数本しか観られない体制より、
毎週ン十本もTVで新作が観られる状況は甘受してもよいと私は考えます)

362 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :03/01/08 00:11 ID:NIZHXejN
>>352
>基本的に手塚がアニメでやったことは全く評価できない、
>と宮崎が言い切っているらしいが、禿同だな。
 うーん。東映動画という本流に対して、虫プロという傍流が存在し、そちらから派生した
人脈や表現とやらを考えると手塚治虫の批判には走れないです。まぁ「千夜一夜」は大した
作品ではないと思いますし、「ジャンピング」辺りも技術の無駄使いかなという気はしますけれど。

>折れは宮崎ですら東映長編については過大評価されていると思っている。
 これは同感です。宮崎氏以外が正当に評価されていない印象強すぎ……。チームワークに
関しても、スタッフがぼろぼろと落ち出してからの長編がどんどん今一つになっていきましたし。

>「白鳥の湖」は時期的に未来少年コナンの頃、ヤマトで始まったアニメブームに対する回答
 「龍の子太郎」の翌年の作品として、そうした見解もできましょうね。しかし、
当時のアニメファンの目って余り肥えてなかったのかしらん。「カリ城」が不入りに終わった
時代でもありましたから。前にも記しましたが、リア消防の私には当時の東映長編は
子供っぽい作品に映り、映画館に観に行く価値を感じられませんでしたし。
(そのくせ、初期のドラえもん長編なんかは毎年観てたんですが^^;)

>これは折れのオタク道の完全な原点なので必死に語りたい。
>私は「長猫」に命を捧げた者ですので、「長猫」についていくつか語ってみます。
 今後ともこのスレッド宜しくおねがいします。私のレスは的外れだけれど(苦笑)。

363 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :03/01/08 00:11 ID:NIZHXejN
>>353
>実はキネマ旬報69-3頃の新作映画紹介の欄で、「長猫」の荒筋が実際の作品とは
>似ても似つかぬ内容で紹介されており、
 この辺は初耳。でも説得力のある見解です。に、しても矢吹氏が、
>それによるとルシファ初登場のシーンで王様は豚に変えられてしまうとなっており
 を止めた理由が分からないですね……。原作になかったからなのでしょうか?
(宮崎駿が32年後に……ゴホンゴホン)

>私は高校時代、ピエールと同じ髪型にしていました。すると女子高生に
>「あの人ガンダムのガルマ=ザビに似てる」と言われ少し悲しかったです。
 あの……笑って、宜しいでしょうか?


>>350
 「わんわん忠臣蔵」……未見です。犬のキャラクターにはどうも抵抗があって。
(あと、忠臣蔵には涙できない世代なので……)
 でも、この紹介みるとなかなか面白そうですね。機会あれば観るようにします。

>>351 シンドバットの冒険
>お姫様が、イイ。(多少以上にほかのキャラから浮いているほどで、
 綺麗ですよね……。白娘以来の、リアル系キャラとしては最後の華でしょうね。
 個人的にはアリーも可愛いと思いますけど(笑)。元祖ショタキャラ(爆)。

>そらとぶ電気くらげとか、わけのわからない魔像とかには何ら説明が無い
 この辺の纏まりの悪さが辛い感じでした。

>飲酒あり、薄ベールだけを着た美女のダンス(えろい)とかあるから、
>多分中東には輸出できなかったに違いない。
 でしょうね(笑)。虫プロの「千夜一夜物語」でもその辺は問題になってたような。
(でも、アラビアンナイトって元来は中国の物語ではなかったかしらん?)

364 :鳳未鳴朝陽 ◆aYUrIc5YCc :03/01/08 00:13 ID:NIZHXejN
>>355
>今ふと思ったのだけど、「不思議の海のナディア」って「ど宝」に似てるね。
 原作というか、原案作品は別なんですけどね。でも、気の強い女の子というアレンジは
両者に共通しますけれど。「ナディア」と出崎「宝島」は似てない由ですし。
>気の強い女の子、頼りない男の子
 この組合わせ、日本のアニメやゲームでは頻見されますけど、ルーツはやはり
「ど宝」なんでしょうね。そーいや東映長編は「頼りない男の子」が主役の作品多いな(笑)
……「白蛇伝」とか。

>>356
豪華な四本立てですね。確かに、それに『わんぱく』加われば最強……。
でも、観たいのはもっとマイナーな作品だったりする自分。『夢見童子』とか。

>>358
>東映動画の上映会が営まれておりました・・・・
>録音するところ(バレバレ?!?!)だったので、音響最高!
 タ○゙o○?
 それはそうと、35mmならさぞや綺麗だったことでしょう!


365 :353:03/01/08 02:08 ID:???
僕はガルマじゃないよ……ガルマじゃない……ガルマじゃない……!
……ガルマ様?……
僕はピエール………ピエールだぁっ!!
鳳未鳴朝陽様、丁寧なレス、有難うございました。どうぞ笑ってやって下さい。

366 :358:03/01/08 09:36 ID:HAQ/J2n1
鳳未鳴朝陽サマ・・・アタリでございます
たいそう綺麗でございました もう遠い思い出ですが・・・

367 :358:03/01/08 11:24 ID:xdas5XvY
続けて思い出話で失礼致します

「ハイジ」や「ヤマト」の本放送の頃だったでしょうか、
自宅で視聴するソフト販売なんて無い時代でしたから、
何処かで営まれる上映会でしか昔の作品に巡り逢えませんでした。
”もう観れないのでは?!”の焦燥と、”今!!観なくては!”の情熱と、
何かに突き動かされるかのように、上映会は盛んでした。
その中で、旧青年館で行われたモノは印象深かった・・・・
(東映動画ではなく虫プロ&手塚治虫原作の作品中心でしたが)
上映作品の内容もさることながら、その場に駆けつけて来た観客の凄さでした。
入場可能な人数を超えてしまって騒ぎになったような・・・・
私はスタッフの身内でしたから入場出来ましたが、観られなかった方も
いたのかも知れません(再上映があったかどうか??)
小学生を連れていらしていた母親らしき方が”どうにかして!!”と、
叫びながらスタッフに詰め寄る場面も目撃しました。
中高大学生、それ以上のマニア連中しか来ない…と思っていたので、
どうやって上映会知ったのか…と不思議でした。

その他にも、あまりにも大人数が押しかけて来て、騒ぎになってしまい、
上映会が予定通りに営まれなかったことは多々ありましたね。
(公民館なんぞは二度と借りられず、お出入り禁止!!)



368 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/09 03:31 ID:f3IwgzBM
家庭用にはビデオ以前にも、8mmがあったものの、えらく高額なのに尺が
短いという欠点はあったが、映画館やテレビでは不可能な、コマを目で見たり
静止させたり、コマ送りをさせて動きを観ることができるという点では
実に教育的なものだった。
ビデオでは、(後の高級機ではかのうになったが)コマ送りや静止画は
綺麗には出なかったのだ。(LDによって初めて可能になった)

家庭用VTRが普及価格帯になるまでのアニメファンは、劇場作品に関しては
こっそり持ち込んだ録音機や、高感度フィルムによるスローシャッター撮影
による限定的なコマの撮影ができるだけだった。テレビに関しても、
テレコやカメラ撮影は可能だったが、所詮、映像に関してはスナップ写真に
しかならず、アニメーションの動きを捉えることはまず無理だった。
そのために、観るときは真剣そのものだった。セルバンクを多用していた
TVアニメの場合、ある個所の動きや背景が以前のどこで使われていたという
のが直ぐに指摘できるやつとか、どこのエピソードで、どういう動きをして、
そのときに背景音楽や効果音がどうシンクロしていたかなどというような
オタクなマニアとか、TVシリーズのキャラの絵柄の揺らぎで描いた人間を
分類したり、撮影のテクや癖から、外注関係を推察する奴とか、、、、、
とにかく気合が入っていたものである。とにかく慣れてくると、撮影ミスとか
色塗り間違いとかセルの反射とか傷、背景のつなぎあと、鉛筆線、声優の
節約による一人複数役とか、音ずれ、不自然な脚本、エピソード間の
主人公の思考傾向の矛盾などが気になって来る。 マニアになると、純粋に
物語を娯楽として楽しめなくなり、次第に修行のそれに近くなる。そうして
TVアニメの不完全さ、未完成さ、に段々と不満をもつようになり、劇場用にも
アラが見えてきたり、不満がドンドンと募るようになる。時代が経っても
ちっとも良くならないか、むしろ製作のレベルダウンが明らかになってきて、
残念に思うのだ。



369 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/11 20:54 ID:sDun5MPI
>358
大久保駅そばのタバックでやってた上映会ですねぇ。懐かしいです。
当時「東映アニメーションファンクラブ」なんて組織があって案内がよく来てました。
録音スタジオの映写室なので画質や音響は最高でしたが、長篇も16ミリでした。
(東映の関連スタジオなのにスクリーンスナップや録音が自由でした)


370 :山崎渉:03/01/12 19:47 ID:???
(^^)

371 :はじめまして:03/01/13 03:15 ID:???
懐かしい!東映アニメーションファンクラブ!
これの会員証を持ってると、東映系の映画館に小学生料金で入場できたので、
この当時はよく、映画館に行きました。
大阪のペロ主催で梅田東映パラスでなつかしの長編3本立てなんて
企画もあったりしましたっけ。
ラインナップは
わんぱく王子の大蛇退治
太陽の王子ホルスの大冒険
長靴を履いた猫
でした。
わんぱく王子〜だけは、オチの覚えがなかったので、
(その昔朝日放送の夏休み漫画劇場とか言う番組は東映長編の放送の宝庫でした。
勿論画面はテレビサイズ両横ぶった切り&内容は短縮バージョンですが。)
楽しみににしていた覚えがあります。

ホルスはLPレコードドラマ編で(脚本と名場面集付き2枚組みレコード)
テレビ放映時カット部を含む全ストーリーを知っていたのですが
他の二作品に関しては始めて知る全編でした。

しかし、わんぱく〜の印象は薄いです。
テレビ放映でラストを見たことがない。と思い込んでいましたが
「コレがラストだったの?ここで終わり?」
という未消化感が凄く残った事を今でも覚えています。

もともと、他の二作品目当てでしたのでその所為かもしれませんが。

タバック、この前始めていきました。某試写で。
小さい映画館みたいな上映室なんですね。ビックリ!
って、アタリマエか・・・(^.^;もっと小さいところを想像してました。



372 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/13 04:23 ID:dSnftExw
東映ビデオから、ほとんどの劇場作品が出ている。1本が2800円と安い。
ホルスのマスターはどうも保存状況があまりよくないようだ。
また、ほかの作品も、ヴィデオの所々で色調がすこし狂っているので、
おそらくこれは、フィルムから採取して色補正を加える作業をして
いるのかと思うが、それが不完全なんだろうね。
三原色分解ネガはほとんど使われていなかったんだろうね。

373 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/13 13:19 ID:6QGx711+
前にも書いたけど、東映動画に60年代以前の長篇のネガは現存しません。
劣化が酷くてマスターポジだけ残してネガはジャンクされてます。
もちろんテクニカラーみたいな三原色分解なんて贅沢な方式は採用されてません。
「長猫」もピエールの家でのドタバタのあたりはデュープ(複製)ポジから起こしているみたいです。



374 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/13 22:50 ID:3FA+ycaa
ああ、それは残念だね。東映の経営者はアホだったとしか思えん。
どうして劣化がひどかったんだろうか?保存環境が悪かったのか、
それとも現像の化学処理とその後の水洗や劣化防止の保護処理が
劣悪だったのか? ネガって、もしかすると、シーン毎、カット
ごとに別れているものなのですか?
 60年代には、誰も、映画を固定した安価な記録媒体を使って
各家庭内で見られるようになるとは、あまり思っていなかったん
だろうね。VHS、LD、DVDとかの出現を。
日本の映画会社は、アニメに限らず、あまりにもフィルムをぞんざいに
扱うと思う。地価のコストが高いからなのも一因なのだろうけども。

246 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)