5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マロンで殺伐と西野つかさを応援スレ Part12

793 :マロン名無しさん:04/03/12 13:58 ID:???
480 名前: ◆GttM2UqcVo [sage] 投稿日:04/03/12 13:51 ID:dQM/Nsb+
いちご100% 第100話「走り出した運命」

階段から転げ落ちて真中に馬乗りになる少女。
どいて欲しいと頼む真中に、小声で謝ったあと絶叫して塾に逃げていく。
少女の名前は向井さん。
塾で東城に会うと、今どこかの男子にパンツ見られた。気持ち悪くて許せない。
でも、恋ってこーやって始まるのかなと話す。

真中はバイト先の映画館に行き、先に西野にホワイトデーのプレゼントを渡そうと取り出す。
それを見つけた館長は「なんでワシより大きいプレゼント買っとんじゃい!」と
真中に跳び蹴りを入れ、プレゼントを奪う。
開けるとクッキーが砕けていたので、こんなボロボロのもの渡す気かと全部食べる。
そこに、館長に呼ばれた西野がやってきたので、館長は自分のプレゼントを渡す。
西野は真中の用意した箱をみ見つけるが中身は空っぽ。
西野は「今月中にこの中身をちゃんと埋めてくれる?」といってバイト先に戻り、
真中は東城に渡すためのクッキーを買いに行く。

向井は幼稚園から女子校で、男性に免疫がないから
男子に慣れるために塾に通い始めたと東城に話す。
「あーあ、彼氏がいたらなー お礼にキミと熱い夜を?なんて…」
 (「でも、こわいよお…って言っちゃうかも」
  「だけどあなたとならいいよ…って」)
暴走する向井の妄想に東城はくらくらする。

向井と別れ、家に向かう東城に真中が追いつき、ホワイトデーのプレゼントを渡す。
うれしさのあまり腰を抜かし道ばたに座り込む東城。
そんな二人を酔っぱらいが冷やかしたので、真中は東城の手を握って走り出す。
塾の話をする二人。
東城は親に無理矢理行かされているといい、真中にどこの大学に行きたいのか聞く。
真中は「俺も塾に行きながら考えよぉかなぁ…と」と答え、
東城は「真中くんが一緒ならすごく塾が楽しくなるかも」と喜ぶ。

181 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)