5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【悪魔】ドラコルル長官スレッドPart4【天才】

1 :マロン名無しさん:04/01/26 11:14 ID:???
「新スレに移行する準備は出来たんだろうな、ドラコルル長官」
「もちろんですとも将軍。まずこのテープをお聞きいただきましょうか」
『異論は許さん』
「初代スレ>>1の声ではないか」
「間違いなく本人です。
 昨年大長編ドラで一番カッコいい悪役はドラコルル長官というスレが何者かによって立てられました。
 スレは順調に伸び、第二スレ、第三スレも成立。発展を遂げました。
 テープはここまでです。過去スレの位置も突き止めました。
 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1045056355/
 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1057136821/
 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1065330917/
「流石だな長官! 名無しの大軍をさしむけて前スレを埋め尽くせ!」
「いえ、泳がせておきましょう」
「何故だ!?」
「知っての通り、奴らこのスレの住人です。このスレが即死を回避し、軌道に乗せましょう。
 そのあと前スレに総攻撃をかけ、一気に根絶やしにするのです」
「素晴らしい手土産だったよ長官!」
「ありがとうございます」

2 :マロン名無しさん:04/01/26 11:17 ID:Z11rcjcR
今だ! 2ゲットォォッ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ズザーーーーッ (´
     ∧∧   )      .(´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;

3 :マロン名無しさん:04/01/26 11:33 ID:???
●長官SS&しりとりスレ しりとりのルール●

・”ん”がついたら、その手前の題から再スタート
・漫画のタイトルONLYでしたが、漫画のネタならもうなんでもいいです。
・濁点の有無は関係無いです 例:ルーキーズ→スクライド
・新スレとともにリセットされます。が、なるべく既出のネタは控えるのが望ましいですね。
・ここはSS&しりとりスレです。しりとりだけでなく、キチンとSSに感想をつけましょう。


4 :マロン名無しさん:04/01/26 11:33 ID:???
>>1
乙です!

5 :マロン名無しさん:04/01/26 11:36 ID:???
すげえ。単発ネタが4スレ目だ

6 :マロン名無しさん:04/01/26 11:40 ID:???
前スレで、「戦車解体場面だけ手袋が白い」というレスを見て
驚いたがよく見たら左手は服と同じ色だった。どういうこっちゃ?

7 :マロン名無しさん:04/01/26 11:49 ID:???
>>6
確認してきた。
・・・単なるトーンの削り忘れと思われ。
あと、左手じゃなくて右手だった。
次のページの「決め手が見つかったぞ!」のコマではちゃんと白くなってるので、
ホントに只の削り忘れだろうね。

8 :マロン名無しさん:04/01/26 11:56 ID:???
一応これも。すぐに過去ログを見たい人の為に。

第一スレ
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/28/1045056355.html

第二スレ
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/28/1057136821.html



9 :マロン名無しさん:04/01/26 11:59 ID:6zkJ+r7v
ドラコルル長官1位は決定で、もうねたもなくなりつつあるので2位争い
しようぜ。

俺はデマオンの子分でタイムマシンを遡って来たやつが2位だと思う。

10 :マロン名無しさん:04/01/26 12:02 ID:???
>>7
おぉそうでしたか。てことはFセンセーは意識して白手袋に
してたんだな。うーんさすが。

11 :マロン名無しさん:04/01/26 12:20 ID:???
>>9
・・・・?


ああ!メデューサだな、メデューサ。
思い出すまでチョト時間かかった。人間じゃないしw

12 :マロン名無しさん:04/01/26 12:25 ID:???
>>9
大長編敵キャラ全体の順位?
それともラスボス以外の部下・参謀的キャラの順位?
後者なら、俺的にはギラーミンかな

13 :ドラコルル長官(嘘):04/01/26 12:27 ID:???
>>1
スレ立て任務ご苦労。
君の昇進を約束しよう。

14 :マロン名無しさん:04/01/26 12:31 ID:???
なぜ誰も
>>8でかした
と言ってやらんのだ。そんなことでは兵がついて来ぬぞ

15 :マロン名無しさん:04/01/26 14:20 ID:???
思ったんだが、長官率いるPCIAと
アカンベーダーが対決したらどういう
展開になるだろう。
…このネタってマイナーか?

16 :パピ:04/01/26 15:49 ID:???
>>14
おっしゃるとおりですね。では及ばずながら僕が。

>>8さんはなんて親切なんだろう。
スレ住人を代表して、深く感謝の意を表します。



17 :マロン名無しさん:04/01/26 16:12 ID:???
>>15
1:まともに議論できるほどアカンベーダーに詳しい住人がいない
2:議論しようにもアカンベーダー側の判断材料が少なすぎる
3:議論するまでもなくPCIAの勝ちに決まってる

上のいずれかの理由で、このスレではマイナー扱いですな
話題にはチラッと出たんだけどね

18 :マロン名無しさん:04/01/26 16:17 ID:???
>>10
そのあたりのさりげない描写いいよね。
作業にただ立ち会ってるだけじゃない、って感じで。

19 :マロン名無しさん:04/01/26 16:45 ID:???
>>17
ジャイアンのホームランで撃破されたアカンベーダーの旗艦と
ジャイアンに馬鹿でかい石投げつけられても煙が出るだけの
「鯨のような宇宙船」を比べただけで
PCIA>>>>アカンベーダーだからねぇ。

よく考えたら腕力強すぎるぞジャイアン。

20 :マロン名無しさん:04/01/26 17:49 ID:???
ガルタイト鉱業のは
石ホームランで穴があいていたから
鯨型艦と同じ位か。
同サイズなら鯨が上だ

21 :マロン名無しさん:04/01/26 19:24 ID:???
部下A「『事を納めるのは始めるよりもはるかに難しい』…長官が、死の間際に
   記されたたものです」
(部下A、部下Bに紙を手渡す)
部下B「PCIAの解体…!」
部下A「そうです、長官が究極において目指したもの。
    この世界から、国権の発動たる軍事力を抹消する。
    それを、この星が先んじてやる。
    そしてそれは、これから訪れるであろう長い戦い、
    真の戦いを貫く意志を示したものでもある」
部下B「真の戦い…」
部下A「我々が何を目指さなければならないのか、
    心から真剣に問いかけている…」
部下B「…この余りにも重い問いかけに、私たちは力の及ぶ限り
    答えなければいけない。」

22 :マロン名無しさん:04/01/26 20:23 ID:???
映画版、はるか昔に見たのであまりおぼえてなかったのだが、
こんなページが。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/6159/dd-6.html
 ・原作では結構重要なシーンだった、自由同盟の人数や、暴動の可能性を
ゲンブが話すシーンは、映画ではなぜかバッサリとカットされている。
 ・映画では自由同盟基地でスネ夫が戦車をメンテするシーンがなく、
よってスネ夫が発信機を壊す描写もない。

がーん。「ドラコルルがギルモアの居場所を吐く」というのは知ってたが…
さらに
ドラコルル(CV・屋良有作)
 ギルモアが作った情報機関・PCIAの長官で、冷酷で残忍な男。作戦遂行のためには
 どんな手段も厭わない。原作では皮肉屋の一面も持つ冷静な策士だったが、映画では
 多少「どなり型上司」のテイストも混じっており、原作のような不気味さは感じられなかった。

 演じた屋良氏も「ちびまる子ちゃん」のまる子のパパをはじめとして代表作が多く、
 藤子作品では「キテレツ大百科」でキテレツのパパを長い間演じていらっしゃいました。

うーんわかってるなぁ。

ギルモア将軍(CV・八名信夫)!Σ(゜д゜;)

23 :マロン名無しさん:04/01/26 20:56 ID:???
>>8よ。
前スレが落ちた時もそのように頼む。

24 :前スレ938:04/01/26 21:09 ID:???
どうも、前スレで938を書いた者です。
新スレ立ててくださったようなのでSS載せることにします。

で、下書き含めて今8000字くらいなんですが
下手に載せて無駄にスレを消費しては申し訳ないんで
評判をみつつ投下したいと思います。
後、続きなんですが時間的には1話より前の話になってます。

25 :2話:04/01/26 21:11 ID:???
執務室にドラコルルが入って来た。
だが、パピの顔は暗い。
いつもならばこの旧友の顔を見れば多少なりとも彼の顔は晴れるのだがこの時は違った。
確かに、思うように行かない政権運営や、頻発する地方での内乱等
悩みの種はつきなかったが、表情の曇りが解けないのはそればかりではなく
ドラコルルにもその原因があったためである。

「やあ、ドラコルル」
パピがそう言うか、言わないかの内にドラコルルが口を開いた
「私の書いた提言書は読んでくれたか?」
「ああ、読んだ。だが…。」
パピは口を濁らせる。
「…だが、それを実現するのは難しい。
いや、二つの提言の内一つは案として口に出すのもまかりならん。
…そう言いたいのだろう。」
「その通りだ。」
パピは自分の言いにくかったことを、ドラコルル本人に代弁されたことを
驚きもせずに、その内容を肯定する。
なんとなれば、このような光景は二人の会話が行われる時
毎度のように繰り返されていることだからだ。
「理由もお前の代わりに言ってやろうか?」
「いや、いい。それくらいは僕自身に言わせてくれ。」

そして、パピはドラコルルに聴こえるように大きなため息をつく。
それを見てドラコルルは口元に微笑を浮かべる。
もっとも、彼の愛用するサングラスが目の周囲を覆ってしまい
表情を窺いしることができなかったが。

ひと呼吸おいてから、パピは再び口を開きドラコルルの提言書を
握り潰した理由を語りはじめた


26 :3話前半:04/01/26 21:13 ID:???
提言書はドラコルルが大統領官邸を訪れる三日前にパピのもとに届いたものだ。
それには、ピリカの国防と治安に関する案件が二つ書かれていた。
軍の情報部の責任者であるドラコルルがこれらのことについて
意見するのは別段、不思議なことではない。
だが、
意見の仕方がまずい。
パピはまずそう思った。

その提言書は上司にも通さず、ほとんどパピへの私信に近い形で
届けられたのである。
他の者からの意見であれば、むしろ、
よくぞ言ってくれた。
そう思ったかもしれない。
だがドラコルルからの場合は違った。
彼はその優秀さ故に、パピ同様に異例の出世を遂げているのだが
それ故に彼の事を妬む者は多い。
さらに、ドラコルルは、多くの将官達にとって
都合の良い情報も悪い情報も正確に報告することを
上層部に報告することを佳しとし、部下にもそう命じていたため
一部の者達から強烈に嫌われていたのである。
そのことをパピは十分承知しており、この提言書のことが周り知られた場合
友人の立場が危うくなるのではないかと心配した。
だが、提言書を読んだ時、パピの心配などふきとんだ。
それほど、その内容は苛烈であった。
内容を簡略にいうと以下のようなものだった。



27 :3話後半:04/01/26 21:14 ID:???
一. ここ数十年来ピリカ各地で頻発している内乱は都市部の一部富裕層
知識人が違法な武器商人と結託し資金、武器の提供または、悪意ある助言をし
比較的貧しいといえる地域の民衆を煽動している事に起因する。
この内憂を患治するために、現在、過去、未来において
ピリカに害をなす者達の思想を調査し危険性が認められた場合は
資産没収、逮捕、身柄の拘束といった処分をかす。
二. 現在、ピリカ国軍において情報が軽視されること甚だしく
これがために内乱時での派兵数、装備はきわめて無駄が多く
さらには無用ともいえる程、大量の兵の採用、軍備の増強につながっている。
その結果として国防費は増大し国家財政をひっ迫せしめた。
この状態を解消する為に、情報による軍の一元管理を目指すべく
現在の情報部の権限を強化するため、大統領府直属の機関とし
陸、海、空の三軍をその下部組織とする


28 :4話前半:04/01/26 21:17 ID:???
パピはドラコルルに向かい、提言を取り上げるわけにいかない理由を語っていた。
それこそ、彼の愛犬であるロコロコのように熱く延々と。

「……だから、君の意見を取り上げさえすれば
それが将来の国家の安定と平和に大きく寄与することは、僕も理解している。
だが我々、政治家、役人、軍人等々がまず、第一に考えなければないのは
今現在、共に生きている国民のことであり、……
そして、何度も繰り返し言うことになるが
いや、僕としては何度、言っても言い足りない程だが
国民の内心の自由は国家権力がもっとも侵すべかざる
国民の権利であって……、」



29 :4話後半:04/01/26 21:17 ID:???
途中でドラコルルがパピの演説を遮って言った。
「お前の言いたいことは、分かった。
いや、そう言うだろうと思っていた。
だが、もう一つ私がお前に対し意見しただろう。
そちらについてはどうだ。」
「あ、ああ…。」
パピは口ごもった後、黙り込んだ。
返答を促されて、ようやく口を開いたほどだ。
「確かに、君の一方の意見は優れたものだし、できればすぐにでも
閣議に取り上げたいほどだ。
だが…。」
「だが?」
ドラコルルが再度、促す。
「だが、実現するのは、大変に困難だ。
軍からの大きな反発が予想されるし
そうなれば現在の政権運営は立ちいかなくなる。」
パピは、やっとのことでそう言い、苦しそうな顔をしつつ、また黙り込んだ。
ドラコルルは、今度は何も言わなかった。
ただ、じっと幼い友人を見つめていた。
彼の苦悩をもっとも理解していたのは他ならぬドラコルル自身だったからである。


30 :前スレ938:04/01/26 21:20 ID:???
とりあえず今日はこれくらいにしときます。
残りはスレ員の皆さんの評判をみてからということに。


31 :マロン名無しさん:04/01/26 22:19 ID:???
第一案の二は「PSIA作って軍隊が全部PCIAの指揮下に」
ってことっすね。クーデター起きる直前の二人のやりとりを
詳しく書いたのは初めてなので期待大です。
大変面白いとは思うのですが、それでもあまり長くなってしまうと
なんていうか。こう、ねっほら

32 :マロン名無しさん:04/01/26 22:30 ID:???
もうすでに読んでないもん。
短くまとめろ。

33 :マロン名無しさん:04/01/26 23:07 ID:???
長いか?
わりと簡潔やん。

個人的にはもうちょい動きがほしいけど、まだ序盤だし。
俺はとりあえず続きが読みたい。異論は許さん。

34 :マロン名無しさん:04/01/26 23:10 ID:???
このままでいいと思う

思ったんだが、パピが十歳で大統領になったっていうのは、
ピリカ人の発達の仕方が地球人と全然違うってことでもあるんじゃないかしら(ノビタ口調)
生まれたと思ったら脳だけほそろしひ勢いで成長期を迎えて一気に成人し、
その後からだがマターリ発達するとか。その中で飛び級や実力主義が
浸透してるから地位と年齢がテンでバラバラと。
いやそうじゃないといくら天才だからって十歳児が大統領になったり
したら不安じゃん。

35 :マロン名無しさん:04/01/26 23:16 ID:???
このスレ的な発想ではないが
スタッフが充実してて大統領は象徴的な意味が強いのかもしれんよ
でもってパピはまだ子供だから社会のタテマエとホンネが分かってないとか。

36 :マロン名無しさん:04/01/27 08:29 ID:9rQU+uc6
ところで近年のドラコルル再評価のきっかけは[ドラえもん研究所]ですよね。

37 :マロン名無しさん:04/01/27 11:13 ID:???
なんだそれ。俺は初代スレで長官にはまったクチだが

38 :マロン名無しさん:04/01/27 11:27 ID:???
>>36
検索したら厨サイトだった

39 :マロン名無しさん:04/01/27 11:29 ID:9rQU+uc6
>>37,>>38
今はもうなくなっちゃった。>>38のやつとは別。

40 :マロン名無しさん:04/01/27 13:07 ID:???
ttp://dodo-again.web.infoseek.co.jp/nerima/pocket_gaiden/gaiden12.htm
ここはかなりイイ。原作における長官の有能さを堪能せよ。
「そんなのありかよ!?」は当時の全読者の心の叫びだったと思う。

41 :マロン名無しさん:04/01/27 13:50 ID:???
これでもドラコルルの評価低すぎる。
「スモールライトの弱点を探していない。」
なんて。

42 :マロン名無しさん:04/01/27 14:10 ID:???
いくら能力第一主義の星とはいえ、やっぱり10歳の大統領は異例。
パピの大統領就任にあたっては、その立候補から選挙戦、就任後の閣僚選びに
至るまでの全てを、その卓越した頭脳と行動力で取り仕切った参謀がいた。
実はその人物こそが他ならぬ長官であった・・・などと妄想。

43 :マロン名無しさん:04/01/27 14:11 ID:???
まー「調べたけどわかんなかった」が自然かな。
でもここは良く分析してると思います。
>「全軍で叩きつぶせ」と力押ししかできず、目先の勝利にとらわれるギルモア将軍。
>無能な男だ。ジオン軍の指揮官、マ・クベ大佐ならこの男のことを
>「力押ししか考えられんからこうなる・・・」と笑うだろう。
ばかうけ。


44 :43:04/01/27 14:12 ID:???
>43は>>41へのレスです


45 :マロン名無しさん:04/01/27 14:53 ID:???
大長編が面白くなくなった理由について分析してる文章をどっかで見たな。
その理由の一つとして「手ごわい敵がいなくなった」と。
でも逆に、敵が強すぎると話が終わらない(orバッドエンドになる)ので、
それはそれで問題だ、てなことを言ってた。この強すぎる敵の例に挙げられてるのが
当然長官w


46 :マロン名無しさん:04/01/27 15:35 ID:???
>>15
アカンベーダーは食事にでかけてる間に監視もつけず、アーレ姫を
あっけなく奪還されてる時点で敗北。

俺としては1度でいいから大長編最強のドラコルル率いるPCIAと短編最強の
スネ吉兄さんのラジコンによるガチンコ対決が見たい。
どちらもインターネットの普及で大いに再評価されてる敵キャラ(?)だし。

↓というわけで何か書いてくれ。

47 :マロン名無しさん:04/01/27 16:32 ID:???
宇宙大戦争撮影は二日目に入った。骨皮邸の庭では…。
「今日はいとこのスネ吉兄さんにも来てもらったんだ」
スネ夫に紹介され、良く似た顔のパーマ頭の青年が現れる。
「よろしく、出来杉君、君の着火装置は実にいいね!」
ありがとうございます、と笑顔で答える出来杉。
と、セットに目を留めたスネ吉がスネ夫に向き直って怒鳴る。
「スネ夫!何度いったら分かるんだ?プラモは
質感、重量感、遠近感を大事にするんだ。この戦車なんか
まるっきりペンキ塗りたてのおもちゃじゃないか。地面の
パウダーは手前ほど粗く奥ほど細かく…」
直立不動で圧倒されるスネ夫。そこへ、主砲の二つついた小さな戦車が
ゆっくりと近づいてきた。
「お、これはすごくいい出来じゃないか!」
目を輝かせるスネ吉。ジャイアンはスネ夫に
「おまえ、いつあんなの作った?」と怪訝そうに尋ねる。
「ぼ、ぼく知らない…」
しかしそんな会話はスネ吉の耳に届いていない。
「デザインは変わってるけど…いや凄い!継ぎ目も全然見えないし
 ディティールも…」
ヒョイッと戦車を持ち上げるスネ吉、その瞬間、戦車の主砲が火を噴いた。
「ハチャチャ!」
戦車の放った光線は辛くも顔面直撃を免れたものの、スネ吉の額をかすめ、
パーマのかかった前髪をさらにチリチリにした。出来杉が叫ぶ。
「本物の熱線だ!危険だぞ!!」

48 :マロン名無しさん:04/01/27 16:49 ID:???
この攻撃が合図であったかのように同型の戦車が次々と骨皮宅の
庭になだれ込んできた。そして彼らは、次々にスネ夫とスネ吉が
苦心して作り上げた「ワルモンダー要塞」のセットとそこに配置された
戦車、戦闘機を破壊し始めた。
「このやろ!!」
激怒したジャイアンが手近な戦車を蹴っ飛ばす。戦車は壁にぶつかり、
地面に落ちるとなぜか爆発した。しかし、残りの戦車は一斉に
ジャイアンを撃つ。
「ギャン!!」
奇声を発して逃げ回るジャイアン。狼狽するスネ夫&出来杉。
ふと気づくとスネ吉がいない。「あ、あれ?スネ吉兄さんは?」
「誰かの手の込んだいたずらだな?」スネ夫の声にこたえるように
スネ吉が現れた。手には大きなラジコンのコントローラーが握られている。
「ス、スネ吉兄さん…?」
「こんなチャンスを待ってたんだ」
コントローラーを握るスネ吉。どこからともなく、けたたましい
モーター音が聞こえてきた。


49 :マロン名無しさん:04/01/27 17:08 ID:???
次の瞬間、彼らの上空に現れたのは緑色に塗装された零式艦上戦闘機の
ラジコン4機だった。スネ吉の愛機である。
「ラジコンなら負けるもんか!こっちは12チャンネルバラバラで
 4機動かせるんだぞ」
そう、スネ吉はひとつのコントローラーでただでさえ操縦の難しい
ラジコン飛行機を四機操り、さらにそれぞれの機は爆弾を投下できるのである
設計も操作技術も、もはや人間業ではない。
慌てた様子で主砲を空に向け撃ちまくる戦車達。しかし命中はしない。
ほかの三人はこの様子を呆然と見ていた。
「今度はこっちの番だ!」
四機のゼロ戦が一斉に急降下する。
「 爆 弾 投 下 ! 」
叫び声とともに4つの発射ボタンを一斉に押すスネ吉。その顔からは
ある種の狂気さえ伺える。そして投下された爆弾は見事に四両の戦車を
捕らえた。破裂音とともに小さな爆発が起こる。
「やった!…あ…」
歓喜の声を上げスネ吉。しかしそれは一瞬で途切れた。
戦車には傷ひとつついていなかったのだ。

50 :マロン名無しさん:04/01/27 17:24 ID:???
「そ、そんな…ラジコンなら必ず壊れるはずなのに…」
呆気にとられるスネ吉。呆然としていたスネ夫が叫ぶ
「兄さん!どうにかならないの!?」
「だ、だって爆弾は一発ずつしか…」
そういいかけた瞬間、戦車が、主砲から今までの熱線とは違う、筒のような
ものを発射した。そしてそれは、爆弾を失ってぐるぐると旋回し続ける
ゼロ戦を正確に捉え、そして木っ端微塵に打ち砕いた。
「そ、そんな…威力強すぎ…第一なんでミサイルなんか…」
目の前で起きたことが理解できないスネ吉。
「逃げましょう良く分からないけど、危険です!」
出来杉の声にわれに返った彼らは、一気に家の中へ飛び込んだ。

そのころ、学校の裏山では、何人かの男たちが「巨大な」戦闘艦の中で
この様子をいくつものモニター越しに見つめていた。
「敵戦闘機部隊撃破。要塞はすでに沈黙したようです
 被弾した戦車は…いずれも軽損です」
モニターを監視していた兵士の一人が、自分の後ろにいる男に報告する。
報告を受けた男は、軍服に制帽を被り、サングラスをしていた。
「損失は無人戦車一両か…ま、行動不能になった以上、鹵獲される訳には
 行かないからな」
そうつぶやくと、声のトーンを変えて兵士に命令する。
「全車両帰還せよ」



51 :マロン名無しさん:04/01/27 17:24 ID:???
あまり続きすぎてもなんなので、いったん区切りまぁす。

52 :46:04/01/27 17:55 ID:???
面白い。スネ吉はどう対処するんでしょうか。

53 :ふら〜り:04/01/27 18:22 ID:???
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ


54 :マロン名無しさん:04/01/27 18:22 ID:???
間違えました。

55 :マロン名無しさん:04/01/27 20:52 ID:???
戦艦の右舷のハッチが開き、無人戦車は格納されていく。制御は遠隔操作から
自動の帰還モードに切り替わり、一連の動きには全く滞りがない。
戦艦の艦長とPCIA長官ドラコルルは、ともにCICでこの様子を
モニターで眺めていた。
「いやあしかし、さすがはタイラント級ですなあ。私が言うのも
なんですが、戦艦に戦車12両、戦闘機3機とは…」
白い軍服を着た艦長は笑いながら長官に言った。
「隠密行動の特殊作戦とはいえ、空母なしでは心もとないかと思いましたが、
敵があの程度の戦力ならこの艦が出て行けば楽勝でしょう!」
「いや、戦闘はしばらく無人車両のみで行う」
本来ならば艦長がすべての指揮を執る戦艦だが、今回はギルモアの特命を
うけたドラコルルが全権を委任されていた。
「敵の戦力は未知数、こちらが攻撃した以上、おそらくは戦力を増強してくる
だろう、他に僚艦がいない以上うかつには動けん」
なるほど、と艦長はうなづいた
「無人機はありがたいですね」
一方ドラコルルは、一抹の不安を感じていた。
(あの4機、いい動きをしていたな…)

56 :55:04/01/27 22:03 ID:???
ごめん。続きが書けなくなった。勘弁してくれ(TT)

57 :マロン名無しさん:04/01/27 22:34 ID:???
じゃあ最初から書くなボケ

58 :マロン名無しさん:04/01/27 22:58 ID:???
>>56
面白かったですよ。
また、書ける時にガンガッてくだちいな。

59 :マロン名無しさん:04/01/27 23:17 ID:???
話が進んでないここまでではなんとも言えないけど
ここまでの印象は
>鹵獲
>タイラント級
etcの戦記ものっぽい文章のデコレーションばかり目立って
内容がついてきてないように感じた。

60 :マロン名無しさん:04/01/28 15:16 ID:???
>>56
いやいや、書いてくれと言われてすぐこれだけ書けるだけでもスゴイし

61 :マロン名無しさん:04/01/28 15:39 ID:???
>>42
自分で大統領にしといてクーデター。
ドラマチック杉です。
でもパピ大統領誕生の立役者が長官ってのはいいですな。ありそうだし。

62 :マロン名無しさん:04/01/28 18:13 ID:???
>>46
遅レスだが
スネ吉兄さんも再評価されてるの?

63 :マロン名無しさん:04/01/28 22:05 ID:???
>>61>>42
その関係でもドラコルルは約束破りまくってたのだろうか。

64 :前スレ938:04/01/28 23:17 ID:???
どうも。
やはり長いというのが大方の感想のようで。

しかし、尻切れトンボで終えてしまってはさすがにあれなので
キリのいいところまでのせて終わることにします。

65 :5話前半:04/01/28 23:18 ID:???
パピ、ドラコルルの二人は学生時代に知り合った、共に学んだ仲だ。
双方とも天才と称され彼等の書く論文は多くの学者、政治家、官僚から早い時期から注目されていた。
大学卒業後、一方は治安省に、また一方は軍の情報部に入った。
彼等はピリカの安定した成長には、終わることのない地方での内乱に
終止符を打つことが不可欠と、共通した認識を持っていたためである。
そして、その為になにを成すことが必要か理解している
と、自分達では思っていた。
やがて、思っていたにすぎないと、現実によって気付かされた。

実力主義のピリカでは優れた人間は、年齢に関係なく要職につける。
そのことが、幸いし二人共希望の部署に就くことができた。
パピは、治安省に入るなり大臣ゲンブの秘書官になることができたし、ドラコルルは情報部に配属された。
パピは秘書官としてゲンブに就いて廻り秘匿性の高い情報に触れることで
ピリカの実状を知る。
ピリカの資産家、知識人といわれる人物の多くが武器の密輸商人やテロリストと密接に関わり内乱やテロの煽動、武器の調達の一翼を担っている現状を目の当たりにしながら、手を出せなかった。
一部政治家、閣僚らは彼等と悪性腫瘍のように癒着しており司法の介入を
阻害していたためだ。
だが、ドラコルルに比べれば遥かに恵まれてはいた。
パピの才能に早くから注目していたゲンブが
彼のことを優秀な政治家に育てあげようと考え
それと気付かぬように教導してくれていたからである。


66 :5話後半:04/01/28 23:19 ID:???
軍の情報部に入ったドラコルルの場合は悲惨だった。
パピを暗澹とさせていた、目を覆いたくなるような情報が
彼のもとには生の状態で入ってきた。
しかし、そんなことで落ち込む彼ではなかった。
軍部において情報部が実に軽視されている。
その事実がドラコルルを限りようもなく憂鬱にさせたのである。
軍隊活動における情報の重要さを理解していてこそ、この部署につくことを希望したのにこれは何ということだ。
これが職務についてすぐの感想である。
実際に戦闘を行うことの少ない部署が何故軍隊に必要であるのか。
ピリカの軍部、とりわけ陸軍系の連中にそんな思想がはびこっていた。
さらに情報部は士官学校出身者よりも軍隊教育を受けてこなかった大学出身者が多く在籍したために一段と低く見られていたのである。
また、実際に戦闘に従事する将官の多くは自分達にとって都合の悪い情報は極力排除し、都合の良い情報を過大に報告したがった。
そういった連中にとって常に正確な情報を把握しようとし
部下にもそう厳命するドラコルルは厄介者以外のなにものでもなかった。
そして彼が国家と軍における自分の職務に忠実であろうとしたために
出世が遅れたり、降格させられたりした将官が彼のことを
悪し様にいうことも少なくなかった。
一方でドラコルルの正確な情報により、武功をたてる者や
上層部から正当な評価を受けることができた将官がいたのも事実であり
その手法を肯定的に見る者もわずかずつだが増えていったことも確かである


67 :6話後半:04/01/28 23:20 ID:???
それから、多少の月日が過ぎた。
当時の大統領の任期がせまり、大統領選に備え世間が騒がしくなってきていた。
そんな時、パピが治安省を突如として辞職しピリカ自由同盟からの立候補を表明したのである。
この突然の行為に賛意を示したのはドラコルルであり
強く反対したのは意外なことに彼の上司であるゲンブであった。

この時期から、ドラコルルはパピを巻き込んだ途方もない計画を
抱いていたのだが、パピの立候補によりそれを諦めることにした。
もとより現実味にやや欠ける計画であったし
何よりパピが本当に大統領になれば計画を実行する必要などなくなるだろうと考えた。
パピが当選すれば自分達が考えた理想のピリカの実現に一歩近付く
そのために友人を応援しようと思ったのだ。


68 :6話後半:04/01/28 23:21 ID:???
一方でゲンブが反対したのはパピの甘い幻想を見抜いたためだった。
当のパピはピリカの闇を知るにつれ焦りがつのっていった。
自分はピリカに役立っているのか、秘書官としてどんなに働いてもその実感が得られないからだ。
その理由を自分の力のなさに求め、権力さえ与えられれば
素晴らしいピリカを作り上げてみせる、そう思いはじめていたのである。
だが、ゲンブがパピに求めたのは、そんな悩みを抱くことではなかった。
ゲンブは、パピが自分の秘書官として付いて廻ることで
実際の政治の奇怪さをもっと学んで欲しかった。
政治家は多くの時間を政局に費やし、安定した政権運営をこなすには
人心掌握の術がもっとも重要である。
これが、ゲンブの考え方であり、どれほどすぐれた政策をもっていようとも
安定した政権を保てなければ全ては机上の空論となる、とまで言った。
だが、パピはこの事実から目を背けたまま政治の世界に飛び込もうしていた。


69 :7話前半:04/01/28 23:22 ID:???
そして、パピは大統領となった。
前職者に比べ組織力においても、知名度においても圧倒的に不利な状況であり
大方の予想ではパピは敗北すると踏んでいたのだが
パピの若さと今までの政治家には無い清廉さに国民は期待をかけたのである。
この結果にドラコルルは、パピがピリカの過去のしがらみを断ち、癌を一掃してくれると期待した。
ゲンブは逆だった。
パピが大統領の持つ権力を過信し、与党や支持者の意見を無視し
自分の考えのみで人事を断行するではないか、と不安に思っていた。
就任して早々に政局が混乱するではないかと心配したのである。

やがて、パピが就任し閣僚名簿が発表された。
パピが任命した閣僚の面々をみて、ドラコルルは落胆し、ゲンブは安堵した。
閣僚名簿にはゲンブ自身が、陰で国賊とまで罵りたくなる者も混じっていたが
政局の混乱を避けるためには及第点を十分与えられる内容であった。

だが、ドラコルルから見れば、最悪の人事に等しい。
ピリカが生まれ変わることを望んで、パピの出馬に賛意を示したというのに
従来通りの顔ぶれが並ぶ閣僚名簿を見て気分が悪くなった。
治安大臣に再任されたゲンブを含めてわずか数名は評価に値する者もいたが
その大半が、ただ自らの保身のみに懸命になる者か、
違法な武器商人や、テロリスト共の支援をする資産家との関わりを持った連中だったのである。


70 :7話後半:04/01/28 23:22 ID:???
自分の前に並ぶ閣僚達を見て、パピは思っていた。
こんなはずではなかった、と。
パピは自らの信頼に足る、有能な人物を多く選びたかったのだが
唯一、意見が通せたのはゲンブの再任のみだった。
組閣について自分の考えを、自由同盟はじめパピを推した与党幹部らに
述べた時、猛反発を受けたのである。
大統領のみ考えのみで組閣はさせない、もし、我々の意見を受け入れない
つもりならば議会の運営、議員の意見の集約等で協力できない。
それが、彼等の言い分だった。
パピは、大統領の権力というものを過大に評価しすぎていた、
というより、幻想を抱いていた。
権力者というものが実際は周囲の考えに縛り付けられ自分の意見すら
自由に述べられぬことに、就任早々思い知らされたのである


71 :8話前半:04/01/28 23:24 ID:???
そうして、彼等は執務室で向かい合っていた。
一方は大統領、一方は軍に所属する高級官僚として。
ドラコルルは目前でうなだれるパピを見つつ思っている。

ーもし、こいつに全く白紙の状態のピリカを与えれば、
素晴らしい国家を描き上げるだろう。
それこそ、気が遠くなるほどに永く続いてきたピリカ史上最高の国家を。
こいつはそれだけの才能を持っている。
俺は、その為の力になりたいとずっと思ってきた。

だが、現実は違った…。
国家は過去のしがらみに囚われ、
政治家や資本家はただ自らを利するための行為に終始し、
その身をピリカに捧げようと思う者のことなど、歯牙にもかけない。
そして、ピリカに害をなすだけの連中を一掃することすらままならない。

ピリカを産まれ変わらせる方法は確かにある
…しかし、パピでは無理だ。
その方法たるや、こいつの信条からすれば到底受け入れ難いものだからだ。ー

やがて、うつむいていたパピが顔をあげて言った。
「それはそうと、君がここに来た用件だが。」
「そうだったな。先にそのことを話すべきだったかもしれん。」
ドラコルルが答える。


72 :8話後半:04/01/28 23:28 ID:???
もとより、ドラコルルが官邸を訪れているのは政策論議をするためではない。
軍の情報局の責任者として国家の安全保障に関わる機密性の高い情報を
大統領へ定期的に報告するためにここに居る。
そして、この週一度の時間は、ドラコルルが情報の重要性を上層部に向かい
ことあるごとに説いてきた結果として、ようやく得たものだ。
今回のように、報告任務と全く関係ないことを最初の話題にあげるのは
ドラコルルにしてみれば珍しいことだった。

「しかし、お前のことだ。もう報告書には目を通しているだろう。
それとも、不明な点でもあったか?」
普段とは違い今週は事前に綿密な報告書がパピのもとには届けられていた。
毎回、事前に概略程度の書類は提出されるのだが、今回のような報告書はめったにない。
ドラコルル自身が機密情報をむやみに書類におこすのを嫌っていたためだ。
だが、いつもと違うその書類ついてパピがそのことを疑問に思うことはなかった。
半月前からピリカ南部でここ数年来では最大規模の内乱がおきており
その詳しい情報をパピ自身が早くに求めたからだ。
しかし、パピがこの日ドラコルルに尋ねたかったのは、内乱についてではなかった。

「ああ、君の報告書は読んだ。
だが、僕の聞きたいのは…、これは軍に所属する君には非常に聞きにくいんだが
ギルモア将軍のことだ。」
「なるほど。」
ドラコルルがパピの不安を察したように言う。
「将軍の反乱を、恐れているのか。」


73 :9話前半:04/01/28 23:29 ID:???
週のはじめに行った閣議では南部で起きている内乱のことがまず話題にあがった。
情報がのぼってくるにつれ、その規模が極めて大きなものであり
予断を許さないと見た者が多かったからだ。
だが、その内乱以上に不穏な発言が閣議で飛び出した。
ギルモアが自ら、鎮圧に向かうと言い出したのである。
これにはゲンブが、真っ先に反対した。

「閣下がわざわざ出向く必要はないのではありませんかな?」
「いや、陸海空の三軍を統括する私が戦地に赴くことで
反乱軍の連中は今回の事態に対する大統領の断固たる決意を示すことができる。
違うかな。治安大臣。」
「しかし、閣下に万が一のことがあっては…」
「ご心配にはおよばない。
今回の反乱軍の鎮圧には例の新造戦艦を使うつもりだ。
これをもってすればたかが地方軍閥あがりの反乱軍などケシ粒に等しい。」

ギルモアの言う新造戦艦とは鯨の姿を模した巨大戦艦だった。
いや、ピリカ人の感覚すれば移動要塞とあらわしたしたほうがふさわしいかもしれない。
計画時には、外敵の存在しないピリカには無用の長物ではないかと
指摘するものが多かったが軍部の強権により建造がおしきられた。
そして、完成した戦艦は、攻撃力、兵の収容能力、情報収集能力
どれをとっても一軍に値する上、宇宙空間での航行、ワープ航法を備えるという強力なものとなっていた。
ゲンブは、この強力無比な新造戦艦を持ち出すというギルモアの意見を聞き
危険を感じるよりも、むしろ安堵した。


74 :9話後半:04/01/28 23:31 ID:???
ーこの男は…、新しい玩具を与えられた子供のようなものだ。
おそらく、新たに手に入れたこの兵器を一刻も早く使用したいに違いない。
ましてや、その中にいれば自分の身の安全はほぼ確実となれば尚更だろう。
そもそも、普段は軍司令部の将軍室に閉じこもっているだけの
ただ猜疑心のみ強いこの男に反逆をおこすだけの才覚もなければ、人望もあろうはずがないではないか。ー

そう思ったゲンブはこれ以上ギルモアに反対しようとしなかった。
さらに、他の閣僚達いたってはギルモアの背景にある武力を恐れ
このことについて意見しようとすらしなかった。
結局ギルモアが内乱の鎮圧向かうことに決まる。
閣議はその後、ギルモアが過去の手柄話を、身ぶり手ぶりを交え大げさに語る内に時間が過ぎた。

ギルモアの意見に、同意はしたもののパピは不安でたまらなかった。
閣議の終了後ゲンブが、おそらくギルモアは反乱などできまい、
とそっと耳打ちしてくれたのだが、その程度のことで心の曇りが晴れるはずもなかった。
そもそも、ピリカ国軍の武力は自分の意見を通すためにある、
と思い込んでいるギルモアを、パピはけっして閣僚に迎え入れたくはなかった。
大統領に就任したら一番最初に排除したい勢力がギルモア一派であった。
だが、彼の脅迫といったほうがふさわしい自己推薦により
陸、海、空三軍の長として再任せざるを得なかったのである。


75 :10話前半:04/01/28 23:33 ID:???
「もし、お前がギルモア将軍の反乱を恐れているのであれば、それは杞憂に過ぎない。
そもそも、将軍にはそれだけの才覚も人望もないからな。」
「ゲンブ大臣にも同じことを言われたよ。」
パピは、ようやく明るい顔を取り戻して言った。
「それから、今回の作戦だが私も例の戦艦に乗ることにした。」
「君が?」
「ああ、だからもし将軍が謀反の兆しを見せたら、私がその場で刺し殺してやってもいい。」

ドラコルルが珍しく、冗談めいたことをいったころには、パピのギルモアに対する恐れは解けていた。
「だが、何故君がわざわざ?」
「新造艦の実際の戦闘力や情報収集能力をこの目で見ておきたいからだ。
資料の数値を鵜呑みするわけにいかんからな。」
相変わらずだ。と、パピは思った。

ドラコルルは徹底した現場主義者であった。
彼はその地位の高さとは裏腹に、重要な戦地には自ら出向き
戦況や自軍の士気、敵軍の構成を確認するのを旨としており、部下達にもそう指導していた。
ドラコルルのこうした面は、彼が士官学校出身者ではなく大学出身者であったことに起因する。
ピリカ国軍内部で大学出の人間が士官学校出の者よりも軽く見られている
ことを知っていたドラコルルは、自身に対する軽侮の目を払拭するため
情報部に入って早々から自ら戦地に赴き情報を収集することが多かった。
そこで、現地の部隊から送られてくる情報が思いの他、当てにならないことを知る。
兵員たちは、自分達の不安を打ち消すために常に戦果を過大に思いたがるものだったし
一部の将官たちは出世のために、ありもしない戦闘での勝利の報を届けることを
恥とも思わなかったのである。
結果、彼が現場を重視するようになったのは当然とも言える。


76 :10話後半:04/01/28 23:35 ID:???
「ところで、残りの時間だが、お前に他に聞きたいことがなければ、…無駄話でもどうだ?」
ドラコルルが執務室にかけられている時計を見つつ言った。面会時間はまだ二十分程残されている。
「勿論、構わないとも。だが、用事がすむとすぐに帰る君にしては珍しいな。
そうだ、せっかくだから何か飲み物で取り寄せよう。君は、コーヒーでいいだろう?」
「ああ、そうだな。それからコーヒークリームと砂糖はいらんからな。
どうせ使わないものは持ってこなくていい。」
少したって、レモンティーとコーヒーが届けられ二人は会話に興じいった。
会話は次第に学生時代の思いで話になっていった。
ドラコルルがパピとの約束を殆ど守らなかったことや
パピの操って遊んでいたネズミが、突然コントロールが解け
講義室で突然あばれだし講義が大混乱におちいったことなど
彼等の地位からしてみれば実に他愛ない話だったが、それは久しぶりに楽しい時間になった。

面会時間終了と同時にドラコルルは席を立った。
「それじゃあな、パピ。時間もきたし私はもう行くことにしよう。」
「ああ、できたらまた今日みたいな時間を取りたいものだ。」
「そうだな…。もし、そんな機会があったらな…。」
その言葉を最後にドラコルルは大統領官邸から去っていった。
そして、パピは次にドラコルルに会う時が、
PCIA長官となったドラコルルの手により大統領の座を追われ
その身捕縛される時だったとは思いもよらなかったのである。


77 :前スレ938:04/01/28 23:37 ID:???
長々と失礼しました。
本当はパピ逃亡までやるつもりでしたがとりあえずこれで終わりということに。

78 :マロン名無しさん:04/01/28 23:40 ID:???
これからではないですか。

状況説明の上手さは外伝さん歴史家さんみたい。
これでドラマが動き出すとこが読みたいのにぃ

79 :マロン名無しさん:04/01/29 11:35 ID:???
それにしてもこのスレッド見た後に[宇宙小戦争]読むと、

「これだけのことだったかなあ。」
「ガスの効き目が切れたんだね。」

って感じだよな。

80 :マロン名無しさん:04/01/29 14:33 ID:???
>>77
読ませますねえ。
もしまた何かインスピレーションがわいたら、是非書いてください。
今回の続きでもいいですし。
あと、長さなんて気にしないで思う存分投下してほしいなあ。
その事でスレ自体も活発化したりしますから。

81 :マロン名無しさん:04/01/29 17:37 ID:???
うpされてたんだ…
10話後半のあたりの長官の心理を思うと
なんか切ないな

82 :マロン名無しさん:04/01/29 18:08 ID:???
>「そうだな…。もし、そんな機会があったらな…。」

自分的にはこのセリフが・・・・
“そんな機会”はもう二度とないと知ってるんだよね


。・゚・(ノД`)・゚・。


83 :マロン名無しさん:04/01/29 21:44 ID:???
原作だと静ちゃん人質にしたりパピに「約束守ったことがない」って言われたり
してて「頭の切れる悪人」て感じなんだが。身内にはむやみに厳しくなさそうだけど。

84 :単発ネタ:04/01/29 22:02 ID:???
♪風の中のす〜ばる〜 ♪砂の中の銀河〜
  ピリカ暦75年   パピ政権は壊滅した
♪みんな何処へ行〜った〜 ♪見送〜られることもなく〜
  圧倒的戦力差       怒涛の侵攻作戦
♪草原のペガ〜サス〜 ♪街角のヴィ〜ナス〜
  最後の希望      大統領緊急脱出
♪みんな何処へ行〜った〜 見守〜られることも〜なく〜
  ドラコルルの恐怖    逮捕者200名
♪地上にある星を  誰も覚えていない
  望みをつなげ!  地球人との出会い 
♪人は空ばかり見〜てる〜
  しかしPCIAの手が…
♪つーばめよー 高〜い空かーらー
 教ーえてよー 地上の星を〜
 つーばめよー 地上の星は〜
 今どーこにー あるーのだろ〜

(バックは進行する戦車部隊、演説するギルモア、ドラコルル、
逮捕される政治犯、泣き叫ぶ市民等)

これは、愛するピリカのため立ち上がった600人の戦士たちの、
壮絶な戦いの記録である…


85 :マロン名無しさん:04/01/29 22:03 ID:???
パピとドラコルル≒ネモとガーゴイル

86 :マロン名無しさん:04/01/30 15:12 ID:???
出来立てのようだが…
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1075442268/
……たぶん伸びない

87 :マロン名無しさん:04/01/30 16:12 ID:???
任務報告!
前スレの埋め立て完了いたしました!

88 :マロン名無しさん:04/01/30 16:43 ID:???
ギルモアと長官≒バラスとナポレオン
・・・・わかりにくいか。
パピと長官≒アムロとシャア は、とっくに既出だよな

89 :マロン名無しさん:04/01/30 17:02 ID:???
>>87
ご苦労!
引き続きこのスレで任にあたるべし!

90 :マロン名無しさん:04/01/30 17:04 ID:???
>>84
GJ
次はPCIAの技術者ネタでどうですか

91 :マロン名無しさん:04/01/30 19:03 ID:???
>>86
お、面白そうかも…でも人がいない…
>>88
前はドラコルル≒ユスーポフ候(オルフェウスの窓)というネタで
ずいぶん盛り上がったよ。
これも今だったら同人お姉さま方がユスーポフ候×ロストフスキー
とか散々やっただろうなぁ……。実際一歩手前のような。

92 :マロン名無しさん:04/01/30 20:49 ID:???
長官asユスーポフ候はほんとにはまってるよね

93 :マロン名無しさん:04/01/30 20:58 ID:???
知らない人の為にチョト布教を兼ねて

長官:ユスーポフ候
パピ:アレクセイ
ギルモア:ロシア皇帝+ラスプーチン
PCIA兵代表:ロストフスキー
しずか:ユリウス
ドラえもん、のび太その他:ボリシェビキの人々

以上のキャスティングで「オルフェウスの窓」(池田理代子著)の
第3部ロシア編を読んでみよう!
・・・・結末はカナーリつらいことになるけど

94 :マロン名無しさん:04/01/30 21:19 ID:???
エフレム撃ち殺すシーンとかモスクワ攻め落とすシーンとかすごいよな>ユスーポフ候
格好も同じようなトーンの軍服+帽子だし

95 :マロン名無しさん:04/01/30 23:13 ID:???
少女漫画、読まんから池田理代子ネタはわからんけど
パピとドラコルル≒ネモとガーゴイル はなんとなく納得

でもパピと長官≒アムロとシャアは違うんじゃないかな。
確かにシャアはガンダムでの唯一の悪役かもしれんけど
むしろシャアとザビ家の皆さん≒パピとドラコルル+ギルモアじゃないかと。
まあ、アムロはあの世界じゃただのパイロットにすぎんし。

96 :マロン名無しさん:04/01/31 04:40 ID:???
ゲンブ「諸君の愛してくれたパピはなぜ死んだ」
長官「坊やだからさ」

97 :マロン名無しさん:04/01/31 10:44 ID:???
ドラコルルの女性関係ってどうなんだろうか。
候のように不器用なのか、案外やり手だったりして…


98 :マロン名無しさん:04/01/31 12:44 ID:???
>>96
そ、そのまんま・・・・w

99 :マロン名無しさん:04/01/31 12:59 ID:???
どうでもいいけどドラえもんファンが他の漫画・アニメとドラえもんを
結びつけるネタ見るのって面白い。

前にあった[ドラえもんvs.ドラゴンボール]スレッドも途中までは
面白かったなあ。

100 :マロン名無しさん:04/01/31 13:18 ID:???
>>94
アレクセイとの再会シーンもイイ!
「容赦はせぬぞ・・・」
そのままパピとの再会に使えそう
>>97
ギルモアの姪と政略結婚したけど仲は冷え切ってる、とかはヤだよねw

長官!早くも100です!

101 :マロン名無しさん:04/01/31 13:34 ID:???
へー結構いい速さだな
>>100
>ギルモアの姪と政略結婚
うああああ…み、見てえかも・・・・性格は極悪ですか、堂々と浮気しますか
離婚して初めて本当の気持ちを知りますか。そしてギルモア暗殺に協力するわけか…

>>86が面白そうだから参加してくる。


102 :マロン名無しさん:04/01/31 14:14 ID:???
「ギルモアをお討ちになりますのね…
私にも協力させて下さいませ、ドラコルル」

103 :マロン名無しさん:04/01/31 16:46 ID:???
>>99
軍事・政治色の強い漫画・アニメだと更に結びつけやすいよね。
それで前スレの最後あたりに沈黙の艦隊ネタが・・・・

104 :単発ネタ:04/01/31 19:05 ID:???
♪風の中のす〜ばる〜 ♪砂の中の銀河〜
  ピリカ暦75年   パピ政権は壊滅した
♪みんな何処へ行〜った〜 ♪見送〜られることもなく〜
  圧倒的戦力差       怒涛の侵攻作戦
♪草原のペガ〜サス〜 ♪街角のヴィ〜ナス〜
  最後の希望      大統領緊急脱出
♪みんな何処へ行〜った〜 見守〜られることも〜なく〜
  ドラコルルの恐怖    逮捕者200名
♪地上にある星を  誰も覚えていない
  望みをつなげ!  地球人との出会い 
♪人は空ばかり見〜てる〜
  しかしPCIAの手が…
♪つーばめよー 高〜い空かーらー
 教ーえてよー 地上の星を〜
 つーばめよー 地上の星は〜
 今どーこにー あるーのだろ〜

(バックは進行する戦車部隊、演説するギルモア、ドラコルル、
逮捕される政治犯、泣き叫ぶ市民等)

これは、愛するピリカのため立ち上がった600人の戦士たちの、
壮絶な戦いの記録である…



105 :マロン名無しさん:04/01/31 19:41 ID:???
つまらん

106 :マロン名無しさん:04/01/31 20:24 ID:???
ていうか何がやりたいんだ・・・・
そろそろ新手の職人さん家紋。

107 :単発ネタ:04/01/31 23:37 ID:???
♪星の中のす〜ばる〜 ♪砂の中の銀河〜
  ピリカ暦75年   パピ政権は壊滅した
♪みんな何処へ行〜った〜 ♪見送〜られることもなく〜
  圧倒的戦力差       怒涛の侵攻作戦
♪草原のペガ〜サス〜 ♪街角のヴィ〜ナス〜
  最後の希望      大統領緊急脱出
♪みんな何処へ行〜った〜 見守〜られることも〜なく〜
  ドラコルルの恐怖    逮捕者200名
♪地上にある星を  誰も覚えていない
  望みをつなげ!  地球人との出会い 
♪人は空ばかり見〜てる〜
  しかしPCIAの手が…
♪つーばめよー 高〜い空かーらー
 教ーえてよー 地上の星を〜
 つーばめよー 地上の星は〜
 今どーこにー あるーのだろ〜

(バックは進行する戦車部隊、演説するギルモア、ドラコルル、
逮捕される政治犯、泣き叫ぶ市民等)

これは、愛するピリカのため立ち上がった600人の戦士たちの、
壮絶な戦いの記録である…


108 :前スレ938:04/02/01 02:00 ID:???
どうも。
なんだか予想外に好評を頂いてしまったようで。
さすがに外伝師、歴史家さんみたい、てのは言い過ぎな気もしますが。

続きなんですが、私は戦闘描写とかは、まともにできないので
今みたいのがグダグダと続く感じになってしまうと思います。
まあ、それでもいいから続きを書けとおっしゃってくれるなら
続きを書いてみようと思いますがいかがでしょうか。

109 :三井:04/02/01 04:27 ID:???
安西先生、続きが読みたいです。

組織や政治の中で考え、行動する長官のSSは
長官のかっこよさが感じられて好きです。

110 :マロン名無しさん:04/02/01 11:41 ID:???
お、SSの予感。がむばってください。

111 :マロン名無しさん:04/02/01 11:49 ID:???
ところでドラコルル=ユスーポフ候だとすると、
ガリーナは誰がやりますか。やっぱしず(ry

112 :マロン名無しさん:04/02/01 17:39 ID:???
>>111
93にはしずか=ユリウスと書いてるじゃんw
まあ下の方にさりげなく書いてるから私もしばらく気付かなかったが。
実はしずか=ユリウスでもヤバい事には変わりない訳だけどw

113 :マロン名無しさん:04/02/01 21:42 ID:???
時に、牛乳風呂ってのは湯船全部牛乳で満たすものなのか…?

114 :マロン名無しさん:04/02/01 22:28 ID:???
臭くなりそうだな>牛乳100%風呂

115 :マロン名無しさん:04/02/02 11:30 ID:???
「インチキー!牛乳“うすめ”風呂じゃんかー!」
「当たり前でしょ、2リットルしか入ってないんだから。全部牛乳でなんか
ベタベタで入れやしないわよ」

というセリフが某長寿漫画にあった

116 :マロン名無しさん:04/02/02 12:25 ID:???
>>115
妙な話題になってしまったが、ひょっとして「あさりちゃん」?
>>97
意外と口八丁手八丁かもしれん

117 :115:04/02/02 13:57 ID:???
>>116
そう、あさりちゃんです。
でも小戦争のしずちゃんは牛乳100%の風呂に入ったんだよね・・・
ベタベタしてたのかな

>長官の女性関係
長官を心密かに慕ってて、クーデター前も後も変わらない忠誠を誓うPCIAの女兵士さんと
自然に・・・とかいうのが理想かな、個人的に。辛い時も心の支えになってくれたとかで

118 :マロン名無しさん:04/02/02 17:26 ID:???
じっさい、入り心地はナゾだ>牛乳100%風呂

誰かやってみた香具師はいるか?

119 :真・うんこ:04/02/02 20:25 ID:???
新作が完成しそうなので、近々投下しようと思います。
よろしくお願いします。

120 :マロン名無しさん:04/02/02 23:51 ID:???
>>117
俺としては長官命な女性が家に住み着いてて
長官は冷たくあしらいつつもそばにおいてる、みたいな
イメージなのだが

121 :マロン名無しさん:04/02/03 07:37 ID:???
一番の悪役は鳥人間のときの進化させた博士だろ。

122 :マロン名無しさん:04/02/03 10:32 ID:???
>>120
家に住み着いてる・・・・
な、何者?!
おっかけみたいなもん?
あ、親類関係という線もあるか

123 :真・うんこ:04/02/03 13:36 ID:???
明日あたり、新作を投下致します。
ちょっと話を再考してみたので、時間がかかってしまいました。
申し訳ありません。

124 :マロン名無しさん:04/02/03 15:36 ID:???
>>117 >>120
かつてPCIAに身内(or恋人)を殺され、復讐の為に長官に近づくが、
いつのまにか仇であるはずの長官を好きになってしまい・・・

って、どこかで聞いたようなベタな話はどうですかw

125 :マロン名無しさん:04/02/03 17:03 ID:???
「われわれもかねてからギルモアにはがまんならないと考えていたんだ
 今こそ立ち上がりましょう、政府にクーデターを起こすのです!」
「ドラコルル長官、われわれはあなたの味方だ!このままでは政府は
くさりきって滅ぼされるにちがいない。あなたの指揮があれば兵を結集
することはたやすい。軍隊さえ味方につけられればこっちのものです」

「諸君らの気持ちはありがたいが・・・・
いまクーデターを起こせばギルモアめの思うつぼだ。反逆を理由に
反ギルモア派の将校や実力者は根こそぎ粛清されるだろう、
それよちも、ギルモアひとりなど簡単にのみこんでしまうもっと巨大な
歴史のうねりに耳をかたむけぬか……われわれはピリカを守るためにも
いまギルモアなどの策謀におちて命をおとしてはならないのだ」
「(涙を流しながら)く…くやしいのです長官…!」
「あせらずに時期を待つことだ冷静に状況だけをみつめて……」
「長官……」

126 :マロン名無しさん:04/02/03 23:44 ID:???
>>125
オル窓だよね。
やっぱはまるなぁ・・・・

127 :マロン名無しさん:04/02/03 23:59 ID:???
>>124
最後には長官を庇って「これでいいんです…」と言って死ぬ?
宇宙小戦争・追憶編?

128 :マロン名無しさん:04/02/04 08:11 ID:???
ピリカの単性疑惑は置いといて

長官みたいな立場は
親しい女性を作る=敵に狙われる弱みを作る
だから深い女性関係は避けてそう

だが、防護策を幾重にもはりめぐらし、
狙って来た相手を逆にはめるくらいの手腕も持っていそう

イメージとしては過去のまだ未熟な頃に
仕事関係で死別した妻ありって感じ

129 :マロン名無しさん:04/02/04 10:08 ID:???
「危険因子は自分の目の届く所に置いて監視する」というやつだな

130 :マロン名無しさん:04/02/04 16:48 ID:???
「全く想像以上だったなコルニロフ将軍の人気は」
「ギルモアが失敗したガリシャ戦線を掬った英雄だからな」
「まさにわれわれの計画にこれ以上の適任者は見あたらん」
「だが肝心の将軍自身の意向は?」
「それとなくあたりをつけてあるがまず大丈夫だ。彼は十分に野心家だ」

******************************************************************
「ピリポリスに偽のレジスタンスの反乱を起こし、これを鎮めるという名目で
前線にある軍隊を一気に首都に入れ制圧します」
「クーデターだな・・・」
「成功すればコルニロフ将軍を首班として軍部による新しい政府を作り、
パピ大統領を再び首都にお迎え出来るのです」
「だが民衆がそれまで黙ってはいまい」
「そちらの方はギルモア将軍にうまく言い含めて首都の民衆を抑えさせます。
その為に今までずっと表向きはギルモアに協力をしてきたのですから」
「で・・・クーデターがなったあかつきにはギルモアは・・・」
「もちろん・・・・・・消します」
「偽のレジスタンスの反乱か・・・しかしそんなことが実際・・・」
「やれます。それをやれる男を自由同盟の中に潜り込ませてあります」
「なるほどスパイか・・・だがどうかな、自由同盟と行動を共にしていては
案外革命思想にかぶれてしまっておるかもしれんぞ」
「・・・ご懸念には及びませぬ。私の為ならユダの汚名をもあえてかぶろうという部下です」
「それほどの部下を・・・!スパイだという事がわかれば間違いなく死刑にあうだろう
そんな危険な任務に君は・・・。私なら大切な部下をとてもそんな任務にはつかせられん。
ピリカ法務省時代に氷の刃と異名をとっていたのもなるほどドラコルル長官、君ならばこそと
いうべきかね・・・」
「(椅子の肘掛を握り締めて)も・・・しも・・・」
「・・・」
「もしもその男に万一の事があれば・・・もとより私も共に命を捨てる覚悟です・・・!」

超長くなってスマソ。オル窓ネタPart2です。


131 :130:04/02/04 17:04 ID:???
二行目:掬った→救った
23行目:法務省→治安省

132 :マロン名無しさん:04/02/04 20:57 ID:???
>>124
なんたって情報組織の長官だし、過去にPCIAが粛清した人間の身内なんて
すぐにバレると思う。ベタなパターンは嫌いじゃないけどw

>>130
オルフェウスの窓は読んどくべきですか

133 :マロン名無しさん:04/02/05 00:23 ID:???
引っ越す前にベル薔薇と一緒に買ったんだがな
元々少女漫画読む習慣がなかったから
まだダンボールの中にある

オル窓は某大長編ライトノベルで知った

134 :マロン名無しさん:04/02/05 01:07 ID:???
映画公式サイトでこんなんあった。

ttp://dora-movie.com/gallery/gallery06.html
残念ながら長官については触れられてないけど。
たぶん昔のフィルムコミックスに載ったやつかな。

135 :前スレで書いたっけ:04/02/05 12:14 ID:???
「オルフェウスの窓」で有名なユスーポフ候は


亡命して長生きした
---------------------------------------------------------------------
ロシア革命に詳しい××大学の○○先生に聞いてみた
「はい、確かにユスーポフは亡命し、結構長生きしました」
「ユスーポフは1916年、怪僧として知られるラスプーチンを暗殺し、
その罪を問われ、シベリアやクリミアに追放されました。その後革命が起こったため
家族でヨーロッパへ脱出しています。余生は回顧録などを書きながらギリシャで
過ごし、1967年に80歳で亡くなりました」
さらに先生は、こんなことを教えてくれた
「マンガでは「そうろう」という文字を使ってユスーポフ候と書いてありますが、
実際は「おおやけ」の文字を使う方の「公爵」ですので、そちらを使って「ユスーポフ公」
と書くのが正しいですね」

           偉人は命を大切にしていた
---------------------------------------------------------------------


136 :マロン名無しさん:04/02/05 12:15 ID:???
補足トリビア:
ヤジマ「VTRのとおりマンガでは自決したユスーポフ公爵ですが、実際には
    亡命し、1967年、80歳でこの世を去っています。結構最近ですね〜…
    ちなみに彼と奥さんの写真がこちら(の下のほう)
     http://homepage1.nifty.com/orpheus/pinoko/zituzai.htm 
    美青年、といった感じでこれも原作とはちょっと違いますね。
    また、マンガの「侯爵」よりも地位の高い「公爵」であり、はるかに
    強大な権力、巨大な邸宅、広大な領地を保有する大富豪でもあったそうです。
    なお、マンガでの山場のひとつ、ラスプーチン暗殺の場面では、奥さん
    の料理に毒を盛って毒殺しようとしたもののなぜか効果が現れず、銃で
    散々撃ったのにまだ死なず、最後はナイフで刺し殺す、という壮絶な
    シーンが描かれていますが…これらは全て、事実です!」

タカハシ「まあ私もね、亡命したいときはしょっちゅうありますよ」
  

さあ続きまして……

137 :マロン名無しさん:04/02/05 18:05 ID:???
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

ところで、長官=ユスーポフ侯 が最初に連想されたきっかけは何だろう
誰かが「こういう漫画があるんだけど〜」的に紹介したの?

138 :マロン名無しさん:04/02/05 19:25 ID:???
へぇへぇへぇへぇ〜
>>137
初代スレの最初のSSに長官が自決するシーンが出てくるのね。それで
誰かが「池田理代子のマンガに出てきた貴族の最後を思い出した」
だかそんなこと言って、2スレ目の最初のほうで
「ドラコルル=ユスーポフ候」
という決定的なレスがなされ、以後定説になったのさ、たぶん。

139 :マロン名無しさん:04/02/06 14:37 ID:???
>>138
137じゃないけど、俺も知りたかったのでdクス

140 :マロン名無しさん:04/02/06 16:54 ID:???
あのSSね・・・・入り込んで泣いた記憶が。

ところでピリカの正式名称は何だろうな。
やっぱりアメリカと一緒で「ピリカ合衆国」か?

141 :マロン名無しさん:04/02/06 17:19 ID:???
ピリカ共和国or連邦共和国にイピョーウ

142 :マロン名無しさん:04/02/06 18:12 ID:???
もしも共和国だとしたら
元は王国とか帝国だったのが市民革命で共和国になったのかもしれない
実はギルモアは隠してるけど王家の生き残りとかで
自分こそがピリカの本来の支配者なんだとかいう理屈で
皇帝になろうとしたのかも、というのもありそうか?

143 :マロン名無しさん:04/02/06 20:55 ID:???
うぃっす。一番最初のSS書いたやつです。2ちゃんはこのスレぐらいしか
見ないのですが、4スレまで来ててびっくり。
どうでもいいことですが、2スレ目たててテンプレ書いたの実は俺ですw
>>142
自分もこの前その辺を妄想しました。

ひょっとしてピリカは元植民地だったんじゃないでしょうか。
もともとどっかでっかい星の勢力圏に入っていたのを「自治も落ち着いたので
独立します。」ということになり、100年くらい細々と平和に共和制を敷いてたのを
どっかのあんまりよくない覇権主義の星が目をつけ、解任寸前のギルモアに
「支援してやるからクーデター起こしてうちの傘下に入れ!成功のあかつきには
おまえ皇帝になっていいからさ!」とかいう取引したとか…
「ラスト、ギルモアは空港からどこに亡命する気だったのかな…」と考えてたら
そんな妄想が浮かびました。

144 :マロン名無しさん:04/02/07 11:15 ID:???
>>143
お久しぶりです!俺あなたのSSのファンの一人です
第二スレでもガラッと違うタイプのSSを書いておられましたよね
そうですかテンプレも…

>支援してやるからクーデター起こしてうちの傘下に入れ!
ありそうな話だと思います
ギルモアにあるのは権勢欲だけで、“国の為”なんて感覚はこれっぽっちも
ないことでしょう。自分が権力の座につけるならピリカが他国の支配下に入っても
構わない、といったとこでしょうか

145 :マロン名無しさん:04/02/07 11:51 ID:???
>>143
気が向いたらまた・・・・




書いてみません?SS(ぼそ)

146 :マロン名無しさん:04/02/07 15:57 ID:???
>>143
なるほどね。ギルモアは手駒に過ぎなかった。
背後にはそれを操る大きな影が・・・
亡命してもギルモアはそいつらに消されてた気がw

147 :マロン名無しさん:04/02/07 16:21 ID:???
>>142
周辺の国家を武力で統合してピリカが誕生した、という説も出たよ

148 :マロン名無しさん:04/02/08 05:38 ID:???
ピリカは一個の星として全国家が統一されてたんじゃないかなあ?
空港に逃げたギルモア将軍はピリカ星の別の国に亡命とかじゃなくて
宇宙の別の惑星or小惑星帯の隠れ家に宇宙船で逃げようとしてたのだと思ってた

149 :マロン名無しさん:04/02/08 15:40 ID:???
>>148
隠れ家に逃げるんだったらもっとコソーリ逃げるんじゃ…
空港に向かうなんて目立ちすぎると思う(裏道通ってる様子もなかったし)

ま、ギルモアなら切羽詰っててそこまで頭が回らなかったとかでも
十分納得できるけどな

150 :マロン名無しさん:04/02/08 15:48 ID:???
>>149
切羽詰ってないとしても
蜂起した民衆の恐ろしさなど
想像すらしたことなかったと見る

151 :マロン名無しさん:04/02/08 18:54 ID:???
「な、なんだあれは」
なんだも何も見たまんまだろ!

152 :マロン名無しさん:04/02/09 14:11 ID:???
>>150
「人間は信用ならん」とか言ってたくせに・・・
オマヌだなw

153 :マロン名無しさん:04/02/09 16:34 ID:???
>>149
それにしても、護衛の一人くらいつれてけよと(w

個人的に、あの逃亡シーンこそが、ギルモア=へタレの評価を決定付けた
一番の要因だとオモタ。最後に「全ては自分の責任」とかいって潔く自決でも
してれば、カナーリ評価は違っただろう。

154 :マロン名無しさん:04/02/09 17:31 ID:???
>>153
それか、ラスボスらしく崩壊していく基地の中で高笑いとかな。
何にしても俺ギルモアのむかつく場面ランキングワースト1>逃亡
ちなみに
ワースト2:長官に向かって「失敗は許さん!」
ワースト3:「こんな時間にわしを叩き起こすとは〜」

155 :マロン名無しさん:04/02/09 18:54 ID:???
ティラノサウルスにボコられた時空犯罪者、警察に逮捕された悪徳企業は最後まで抵抗した。
ショボイ兵器で世界征服を企んだ小悪党は姫攫って足掻こうとした。
それなのにギルモアは逃亡だもんなあ

156 :マロン名無しさん:04/02/09 21:09 ID:???
長官もジャイアンに脅されてあっさり吐いてるしなw
舌噛んで自決するくらいの心意気が欲しかった。

157 :マロン名無しさん:04/02/09 21:25 ID:???
それは映画版だと何回言ったらわかるんだと小一時間(ry

158 :マロン名無しさん:04/02/09 21:27 ID:???
>>154
「失敗は許さん」はもう滅茶苦茶。
その作戦立てたのあんただろ!

159 :マロン名無しさん:04/02/10 02:04 ID:???
>>158
そのムチャクチャさがギルモア
F先生は計算ずくだと思う

160 :マロン名無しさん:04/02/10 09:00 ID:???
>>154
ワースト3も密かにムカつき度高いと思う
藻前は寝てても長官は“こんな時間”まで起きて仕事してんだぞ!と
その後の“明朝までには必ず”と言って技術者の分析に立ち会う長官と
比較して、更にムカつき度うp

161 :マロン名無しさん:04/02/10 13:55 ID:???
>>159
そうすると、
「こんな時間にわしを叩き起こすとは、本来なら死刑ものだぞ」も、
ブラックジョークじゃなくてマジな可能性も?

へタレ通り越してただのドキュソだなw

162 :マロン名無しさん:04/02/10 18:15 ID:???
ギルモアがヘたれであることには別に腹は立たない。
長官の有能さやカリスマ性が更に引き立つし。



ん〜…そう考えても、「失敗は許さん!」はやっぱフォロー不可。

163 :マロン名無しさん:04/02/10 23:31 ID:???
>>162
でも参謀的キャラっていうのは、いい主君と組み合わせた時一番光る気も

164 :マロン名無しさん:04/02/10 23:34 ID:???
ところで、長官名場面ランキングベスト1はやっぱり
カムフラージュなんてお見通し
「来たな!そんな事でごまかしたつもりか」
で決まりかな?

165 :マロン名無しさん:04/02/10 23:48 ID:???
俺は
1、うろたえるな 至急機甲師団を呼べ(あんな非常事態にびくともしない)
2、まつのだ!そのうちきっとボロをだすにちがいない
3、いえ、泳がせておきましょう

だな。
「来たな!そんな事でごまかしたつもりか」は
3の当然の結果に思えるので
俺的には3のギルモアへの報告の方が名場面

166 :マロン名無しさん:04/02/11 00:00 ID:???
名場面多いからなあ。順番つけがたいけど
・どんな過去が?と想像をかき立てるパピとの会話
・「だまれ!調査に手抜きがあってはならん」
・白手袋にチェンジして作業立会い
とかも俺としては外せない所だ


167 :マロン名無しさん:04/02/11 01:12 ID:???
個人的には
1. なるほど反乱をおそれているのか
2. 一度でも約束を守ったことがあるか?
3. まつのだ!そのうちきっとぼろをだすに違いない
かな。1.はギルモアに対する長官の本心が見える気がするよ。

168 :マロン名無しさん:04/02/11 01:18 ID:???
>>167
1と2のたった2つのセリフのおかげで
宇宙小戦争の人間関係に奥行きが生まれてるんだよね。

169 :マロン名無しさん:04/02/11 12:37 ID:???
1:来たな、そんなことでごまかしたつもりか
2:なるほど、反乱を恐れているのか。自分の不人気をよ〜〜くご存じだ。(「よ〜〜」が好き)
3:うろたえるな!至急機甲師団を呼べ!

かっこいいねえ。
そろそろSS職人さん来てー。

170 :マロン名無しさん:04/02/11 18:38 ID:???
>>168
その辺、ほんと上手いというか、色々想像が広がる
いいセリフを作ってくれたよね、F先生は。

171 :マロン名無しさん:04/02/11 21:47 ID:???
直接長官が出てる場面じゃないけどこれも欠かせない気がする。
パピが長官を評した「悪魔のように悪知恵が働き、情け容赦のない男」
ここから全てが始まったというか。

172 :マロン名無しさん:04/02/11 22:50 ID:???
初登場シーンの「包囲せよ!」もなかなか…。

173 :マロン名無しさん:04/02/12 01:41 ID:???
煽りでも荒らしでもなく、寂しいスレになったな

174 :マロン名無しさん:04/02/12 05:22 ID:???
見れば見るほどスターリンとベリヤ(NKVD=後にKGBの長官)がモデルだよな。

175 :マロン名無しさん:04/02/12 12:19 ID:???
>>174
詳しく説明キボンヌ

176 :マロン名無しさん:04/02/12 13:31 ID:???
今恐ろしい事実に気が付いたんだが。
ピリカは能力があればあっという間に学校を卒業して、
大人も子供も関係なく好きな仕事、向いた仕事に就ける。
という事は、逆に言えば能力がない香具師は、オサーンな年齢になっても
なかなか卒業できず、卒業した後も好きに仕事を選べず、当然昇進も出来ない
という事にもなりうるのだろうか…

177 :マロン名無しさん:04/02/12 14:13 ID:PR6jo5D2
ドイツみたいに、10歳で試験を受けて、

・大卒エリートコース
・高卒普通人コース
・教育を受ける価値なし肉体労働者コース

というふうに人生の選別が行われるのかも。

178 :マロン名無しさん:04/02/12 15:32 ID:???
>>176
>>177
コエーヨー。
あれなんじゃないか?普通はゲンブみたいに着実に成長、進学してくけど
たまにパピみたいな突出した能力持つ人が出てきて、その割合が結構
大きいから飛び級や実力主義が浸透してるってことじゃないか?
たぶん長官もそっちの人間なんだろう。

179 :マロン名無しさん:04/02/12 16:40 ID:???
どんなシステムにも光の部分と影の部分があるよ
個人的にピリカの能力主義は素晴らしいシステムだと思うけど

180 :マロン名無しさん:04/02/12 17:01 ID:???
でも一旦責任ある立場になったら、もう「普通の子供に戻りたい」とか言っても
駄目なんだろうな多分。特にパピや長官みたいな国に関わる立場ならなおさら。

181 :174:04/02/13 01:55 ID:???
>>175
ヨシフ=スターリンはソビエト連邦のその後の体制をつくった、第二次大戦当時の書記長。
第二次大戦以前にはソビエト軍の高官を大量に粛正したり、ナチス・ドイツと分割占領したポーランドの将兵を虐殺・虐待したりした。
第二次大戦中から以降も恐怖体制を敷き、ゴルバチョフ時代になって数々の情報が明らかにされ、「ヒトラー以上の独裁者」とさえ言われている。
ギルモアよりは遥かに有能だったろうが、自分に逆らいそうな気配がけほどもアリそうならなにがなんでも排除するという考え方は良く似ていると思う。

ベリアはそのスターリンの元でKGBの前身であるNKVDの長官をしていた人物で、スターリンの行ったとされる粛正・虐待・虐殺を実行したのは彼とその部下とされている。スターリンに忠誠を誓っていたが、その反面野心家であったとも言われている。

182 :175:04/02/13 10:27 ID:???
>>181
レスthx!
なるほど…結構そのままっぽいですね。
F先生にもその辺聞いてみたかったかも。

183 :マロン名無しさん:04/02/13 16:58 ID:???
自分もチョトググってみたら、なかなか凄い文章が↓


当時のソ連は、スターリンによる近代史稀にみる恐怖政治が行われていた。
スターリンにとって、権力維持を絶対的なものとするためには反対派に対する
恒常的な監視が必要であった。そこで、彼の指示により秘密警察の長官
ラバレンテ べリアはソ連中に、インフォーマーネットワークを張り巡らせ、
密告社会を築き上げた。(1954年にKGBと改名される。)


ベリアって知らなかったけど、これって・・・・
本当にモデルだとしても不思議じゃないな

184 :174:04/02/13 18:06 ID:???
というか、PCIAと名乗ってはいるけど、実態としてはKGBやゲシュタポ(ドイツの秘密警察)のような社会監視組織であることは間違いないでしょ。

アメリカに全くそう言う傾向がないわけではないけど、どちらかと言うとCIAは外亊向きなんで、FBIの方が近い性格を持ってると思う。

185 :マロン名無しさん:04/02/13 18:09 ID:???
流れに乗り遅れたが、
俺は自由同盟のアジトを突き止めて一網打尽にする場面が燃え。
「総員出動!」

186 :マロン名無しさん:04/02/13 18:17 ID:???
>>184
確かに、俺も最初にハーケンクロイツが頭に浮かんだ。
ま、CIAにも暗殺チームなるものが存在するとか聞いたけど。

187 :マロン名無しさん:04/02/13 19:26 ID:???
PKGBだと読みにくいからだろうな

188 :マロン名無しさん:04/02/13 21:38 ID:???
長官「では、諸君の意見を聞こう」

部下A「はい、私はPirica Natinal Seculity Agency、略してPNSAがよいと存じます!」
長官「PNSAか…」
部下B「いやいや!その名前は問題です。新機関の主たる任務は情報収集です
   その点を盛り込まなければ!」
長官「ふむ、では君の意見を聞こう」
部下B「ハッ、私はPirica Federal Bureau of Investigation、PFBIでどうかと。
    徹底した調査、まさにinvastigationこそ我らの任務であり…」
部下C「ちょっとまった!お二人とも重要なことを忘れちゃいませんか?」
部下A&C「重要なこと?」
部下C「呼び方ですよ、呼び方。PNSAだのPFBIだの呼びにくくて仕方ない」
部下A「う…し、仕方無いだろう!ギルモア将軍が「必ず頭にピリカをつけろ」って
    うるさいんだから!」
部下B「なんであんなことにこだわるのかな…」
長官「ということは君はその辺をクリアできたのかね?」
部下C「はい、そこでそれらの問題を解決しなおかつ組織の内容も表す名が
    こちら!Pirica Central Intelligence Agency!」
部下A「って結局四文字じゃないか!」
部下C「たわけ。続けて呼んでみたまえ」
部下B「ピー…シー…ア…。ピシア?」
部下C「そう!PCIA!ピシア!これこそが新機関にふさわしい名前です!」
長官「なるほど、PCIAか。中央情報局というのも我々の活動に
   よく合っているな」
部下A「あ、あの…PNSAは「ピンサ」と読めないことも…」
部下C「ハッ!しかも中央集権の新国家にはぴったりの名です」
部下B「あ、あのPKGB略してピーカーゲーべーという案も…」
長官「でかしたぞC!君の昇進を約束しよう!」
部下C「ありがとうございます!」
長官「というわけで解散!明日から我々はPCIAだ!」

………ということがあったのだ。

189 :マロン名無しさん:04/02/14 11:26 ID:???
>>188
ワロタ。
でも長官は必死に喋ってる部下を無視して話をまとめたりはしないだろう。
ちゃんと部下Aと部下Bもフォローしてやっていたはずさ。

190 :マロン名無しさん:04/02/14 14:02 ID:???
>>183
漏れも知らなかった>ベリア
スターリンは知ってたけどw
知る人ぞ知るって感じなのか?

191 :マロン名無しさん:04/02/14 16:28 ID:???
ユスーポフ侯だのベリア長官だの
何だか長官がロシア人に思えてきたんだが

192 :マロン名無しさん:04/02/14 16:55 ID:???
確かに“ドラコルル”はロシアっぽい名前だと思う。
“パピ”“ゲンブ”は・・・どうかなw

193 :マロン名無しさん:04/02/14 21:27 ID:???
他の国に比べたらまだロシアの方がありそうな名前ではある>パピとゲンブ

しかしベリアには驚いた

194 :マロン名無しさん:04/02/14 21:44 ID:???
貴族っぽい名前だよな>ドラコルル

195 :マロン名無しさん:04/02/15 01:41 ID:???
いいかげんドラコルルのフィギュアだせ。
あとギラーミンもだ。
劇場版に出てくるヘンな犬人間のフィギュアなんていらねーよ。

196 :マロン名無しさん:04/02/15 03:04 ID:???
あと監視システムがギルモアの肖像で、しかも町のあちこちに貼ってあるってのも。モロにスターリン時代のソ連そのものだよね。ヒトラーは、そこまでひどくなかった。

197 :マロン名無しさん:04/02/15 15:35 ID:???
>>196
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェー

そ、そこまでとは


198 :マロン名無しさん:04/02/15 23:41 ID:???
>>192-193
さりげなくギルモアが忘れられてるあたり…

そもそも苗字なのかファーストネームなのかわかんないよね>ピリカの人達

199 :マロン名無しさん:04/02/15 23:46 ID:???
>>198
つか、ギルモアって名前はメジャーで見当つくからな
けどスレ的には
>さりげなくギルモアが忘れられてるあたり…
この晒しプレイが正しい。

200 :マロン名無しさん:04/02/16 00:00 ID:???
>>194
ドラコルル=ミハイロフとか?
ドラコルル=ユスーポフとか?

貴族だったらもっと長くなるだろうけど
おっと、もう200ですね

201 :マロン名無しさん:04/02/16 10:11 ID:???
名前と名字分かれてないんじゃない?裁判所が
「元大統領パピに対し」って言うくらいだから。

202 :マロン名無しさん:04/02/16 13:55 ID:???
>>201
「パピ」が名字だったらそういう言い方もアリじゃないか?

203 :マロン名無しさん:04/02/16 16:48 ID:???
ギルモアと長官のモデルがスターリンとベリアだとしたら、
パピとゲンブは誰に相当するんだろう。

204 :マロン名無しさん:04/02/16 18:43 ID:???
20日創刊のドラえもんムックは大長編一作目の特集があるみたいだね
6冊目には小戦争特集やってくれるのかな

205 :マロン名無しさん:04/02/16 19:01 ID:???
いっそ各大長編ごとにオンリー本出してくれればいいのに

206 :マロン名無しさん:04/02/16 20:04 ID:???
オンリー本とか書くとなんかドジーンみたいだなw
でもそんな本があれば買う。

207 :マロン名無しさん:04/02/16 23:54 ID:???
>>205
めっちゃ読みたい

208 :マロン名無しさん:04/02/17 13:25 ID:???
>>203
パピは・・・ゴルバチョフとか?
わからん。誰かロシアの歴史に詳しい人はいないか!

でもこれで本当にパピとゲンブにピッタリなのも見つかったら面白いかも。

209 :マロン名無しさん:04/02/17 18:51 ID:???
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                 ヽ
    l:::::::::               | 
    |::::::::::   (●)    (●)   |  越後屋さんからお中元もらったけど、中に小判が入ってたよ。
   |:::::::::::::::::   \___/    |  最中と小判間違えるなんて、越後屋さんはそそっかしいなあ。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 :
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

間違えたんじゃないですって。

210 :マロン名無しさん:04/02/17 18:52 ID:???
ギャー!すんません間違えました。

211 :マロン名無しさん:04/02/17 23:55 ID:???
>>210
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 :
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

間違えたんじゃないですって。

212 :マロン名無しさん:04/02/18 00:16 ID:???
>>186
ベリア長官ほどピッタリじゃないが、ナチスで当てはめるなら
ゲッベルス博士だな。なんたって「ヨーロッパのメフィストフェレス」。
この人の事書いた本にも「悪魔のような」という形容詞が多い。

213 :マロン名無しさん:04/02/18 03:19 ID:???
>>212
SS長官ハインリッヒ・ヒムラーじゃないの?

214 :212:04/02/18 10:45 ID:???
>>213
ま、ポジション的にはそうかもしれない。
でもゲーリングとヒムラーはさっさとヒトラー見捨てて
連合軍と交渉して身の安全をはかるのに必死だった、ってとこが
どうも長官には似合わない感じがして。

215 :マロン名無しさん:04/02/18 13:01 ID:???
>>214
長官もジャイアンにつかまってあっさり将軍の居場所吐いてるじゃん。

216 :マロン名無しさん:04/02/18 14:07 ID:???
>>215
原作読んでない厨は放置で。

だれか〜ドラコルルのAA作ってよ!
俺、作ろうとしたけど結局挫折した…

217 :マロン名無しさん:04/02/18 16:06 ID:???
読んでないんじゃなくて、多分わかってやってるんだよね
そのレス1スレ目からあるし

218 :212:04/02/18 16:33 ID:???
んじゃ、俺が読んだ本から抜粋で。

第二次大戦中ナチスの宣伝大臣として悪魔のような活躍ぶりを示し、
ベルリン陥落直前ヒトラーと運命を共にして自殺したパウル・ヨーゼフ・ゲッベルス博士。
後に「ヨーロッパのメフィストフェレス」うたわれた第三帝国の領袖の一人である。

なるほど演説は達者だし、宣伝活動は天才的だし、それにハイデルベルク大学
哲学博士の肩書きを持つ、党内随一のインテリであるには違いない。
しかしその性格は暗く、虚無的で、ほとんどナチの理想というものをすら信じていない。
頑迷な国家主義者でもなければユダヤ人排斥論者でもなく、シニカルな一個の
ニヒリストに過ぎない。ローゼンベルクのような狂信的な理想主義者と違って、
彼の理性は常に明晰であり、自分が少しも信じていない事でも平然とやってのける。
幻影を作りだす名人だが、およそ自分は幻影を信じていないのだ。つまり、
それだけ冷酷に徹する事も出来る男なのである。

1943年、スターリングラードの攻防戦に破れ、1944年、連合軍がついにドイツ国内に
侵入してくると、ナチ党の幹部の中には、姿をくらましたり、敵と個人的に妥協したり
する方法を探そうとし始める者も現れた。その中にあって、一人急進的な意見を
固執し、最後まで戦うことを主張していた。

実のところ、明敏な彼には、ドイツの敗北が目に見えていたのである。
ヒトラーを説得して、このままベルリンに踏みとどまり、敵の包囲の中で
ワーグナーの「神々の黄昏」の賛美者にふさわしく、悲劇的な最期を遂げるように
と勧めたのも、このゲッベルスである。

ヒムラー・ゲーリングらが逸早く総統のもとを去り、何とかして連合軍と秘密交渉をして、
一命を取りとめようと必死になっていた頃、ゲッベルスのみはベルリンの防空壕の中で、
彼らの滑稽な最後のあがきを冷然と嗤っていた。たとえ戦争終結まで生き延びたとしても、
連合軍がナチの幹部をそのまま放っておくはずはない。彼はその事をよく承知していた。
むしろ第三帝国と運命を共にして、自分の死を伝説の光輝で包んでしまうに如くはない。
――――ゲッベルスは依然として、宣伝家としての天才を失ってはいなかった。

219 :マロン名無しさん:04/02/18 18:08 ID:???
「逃げずに華々しく死んで伝説になれ」という進言をヒトラーは実行したわけか


・・・・ギルモアには100% むりぽ だが

220 :マロン名無しさん:04/02/18 22:19 ID:???
グデーリアンかも…ttp://www02.so-net.ne.jp/~muraji/gunji/dengeki.htm

ヒトラー  「こんなたわけたことを命じたのは、いったいどこの馬鹿者か」
グデーリアン「これは総統ご自身でご命令になったことです」

ヒトラー  「二年この方、われわれはなぜこう失敗ばかりしているのか、
       私には、どうしても理解できぬ」
グデーリアン「やり方をお変えなさい」

ヒトラー  「なんだ、いまの報告は。全く惨めな報告ではないか。小さなことばかり
       言いくさりおって。奴の話しぶりからすると、東プロイセンかベルリン
       生まれだろう。あんな男は罷免してしまえ」
グデーリアン「ラウス上級大将はわが装甲兵将官のなかでも最優秀のランクに
       入る軍人です。‥‥彼ラウスはオストマルク人、
       すなわち同郷人ですぞ、閣下」
ヒトラー  「それは嘘だ」

ヒトラー「私に楯突くことを禁ずる」
反対意見を述べるグデーリアン
ヒトラー「楯突くのはよせ。今命じたばかりではないか」

↑:ttp://www.mirai.ne.jp/~ittaka/meigen2.html

221 :マロン名無しさん:04/02/19 13:39 ID:???
>>218
>彼の理性は常に明晰であり、自分が少しも信じていない事でも平然とやってのける。
何も信じていない、ニヒリストな長官というパターンですか。
今まであまりそのパターンはなかったけど、それもありかもしれない。
「なるほど、反乱を恐れているのか。自分の不人気をよくご存知だ」
のセリフには、ギルモアを少しも信じてないのに従っている長官の
ニヒリズムが現れている、と取れなくもないですね。

222 :マロン名無しさん:04/02/19 17:15 ID:???
このスレ的には
PCIA要員と長官の(熱い)絆はぜひ欲しいから
ニヒリストだとどうなるかな、って思ったが
設定次第では面白いかもしれん

223 :マロン名無しさん:04/02/19 18:26 ID:???
>>220
一行目のページ見てみた。
確かに通じる所があるとオモタ。
PCIAを立ち上げて短期間であれほど有効に稼動するようもっていったのは
絶対長官だろうし、そういう意味で。

あと、セリフのやりとりもイイ!チョト小馬鹿にした感じが。長官も言いそうで

224 :マロン名無しさん:04/02/19 18:35 ID:???
長官のモデルに(一部でも)なってそうな実在の人物
長官も言いそうな歴史上の人物の名言集

こういったものを探すのもおもしろいかも

225 :マロン名無しさん:04/02/20 14:51 ID:???
では早速

不確実性こそ戦争の本質である。
不確実性に対処することが軍隊の本質である。(クラウゼヴィッツ)

長官もどんな事態にも冷静に対処するし

226 :マロン名無しさん:04/02/21 11:19 ID:???
ドラえもんマガジンでか杉
あんなのどうやって袋に入れんだw
ま、俺は6号待ちだが

227 :マロン名無しさん:04/02/21 11:43 ID:???
隣国の兵は大なり、その武器は新なり、その武勇は優れたり。
しかれども統率の一点においては譲るべからず。

名言となればやっぱりナポレオンは外せない

228 :マロン名無しさん:04/02/21 14:04 ID:???
>>227
「隣国」を「地球」に置き換えたらそのまんま小戦争の長官のセリフに使えるな

229 :マロン名無しさん:04/02/21 15:50 ID:???
人間は恐れている他人より、愛情を感じている他人を容赦なく傷付ける。
――――マキャベリ

このスレ的には長官とパピってこんな感じ?

230 :マロン名無しさん:04/02/21 17:10 ID:???
>>227
こういう名言で要所要所をひきしめるのは、きっとやってるだろうね。

231 :マロン名無しさん:04/02/21 19:12 ID:???
スマン、ドラコルル長官のコスチュームはアニメの方がいい。

232 :マロン名無しさん:04/02/21 19:51 ID:???
このスレは三月末までに完走するだろうか。

などといってみる

233 :マロン名無しさん:04/02/21 23:26 ID:???
>>231
そうか…?
いや、好みは人それぞれだけど、俺は断然原作の軍服派だな
もっとも、もろ軍服だとアニメではヤバくて変えたのかもしれないが

234 :マロン名無しさん:04/02/22 00:11 ID:???
やっぱり、軍服ていうだけで拒否反応、示す人とかいるのかな。
単行本の長官コスチューム全書き換えとかまではさすがに小学館もやらんだろうけど。

235 :マロン名無しさん:04/02/22 16:47 ID:???
多分アニメという媒体(映像)だと駄目なんだろう。
特にドラえもんは子供向けというのがあるし。
漫画ならOKだと思う。大全集でも書き換えなんてしてなかったし。

236 :マロン名無しさん:04/02/22 19:08 ID:???
長官って軍服着てるけどいわゆる「軍人」「武官」ではないと俺は思ってる
けど、どうなんだろう。情報組織の長官≠軍人だよね?

237 :マロン名無しさん:04/02/22 19:18 ID:???
秘密警察の長官だったら、イコール軍人・・・・なのか?
俺も正直その辺はあんまり詳しくないんで…

238 :マロン名無しさん:04/02/22 19:55 ID:???
CIAやKGBは軍ではなく独立した組織。
イギリスのSIS(旧MI6)は軍の内部組織。
日本の公安は警察の内部組織。

239 :マロン名無しさん:04/02/22 19:57 ID:???
ってことはピリカじゃ情報機関が軍を統括してるんディスね。

240 :マロン名無しさん:04/02/22 20:01 ID:???
ゲシュタポは?

241 :マロン名無しさん:04/02/22 20:04 ID:???
>>240
ゲシュタポは独立組織。
SS(親衛隊)は軍組織だが、国防軍とは別組織。

242 :マロン名無しさん:04/02/22 20:09 ID:???
と、>>240を書いて思ったが、PCIAは、ナチスドイツに例えれば、
ゲシュタポよりSSに近いかも知れんね。

ちなみにギルモア・ドラコルルのモデル説が濃厚なソ連の場合、
軍隊には政治委員と言う必ずしも正規の軍人ではない共産党員が部隊ごとに配置され、
共産党=スターリンの意向にそった作戦行動をとるよう指導していた。
名目上はあくまで「助言」だが、実際には部隊指揮官よりも発言力は強かった。
また、軍内部にも当然、NKVDのネットワークがはり巡らされていた。

243 :マロン名無しさん:04/02/22 20:19 ID:???
ttp://www55.tok2.com/home/edobox/board/doraco.jpg

勢いあまってス○ロボ風長官を描いてしまいました・・・板汚しすいません(汗)

244 :マロン名無しさん:04/02/22 20:53 ID:???
ためになるスレですのう

>>242
PCIAが軍を動かしてたっぽいのは
>正規の軍人ではない共産党員
みたいな位置付けかな。

ギルモアは…
知らん

245 :マロン名無しさん:04/02/22 20:54 ID:???
劇場版制服バージョンもキボンヌ

246 :マロン名無しさん:04/02/23 13:14 ID:???
>>243
イイネイイネー(・∀・)

247 :マロン名無しさん:04/02/23 13:23 ID:???
俺も長官は軍人ではない方がいいな。
軍人じゃないけどあれだけ統率力があって、
部下がついていってる、てのが燃えるね。

248 :マロン名無しさん:04/02/23 14:20 ID:???
優位に立つ文官は軍と対等に渡り合える専門家でなければならない。

誰の言葉か忘れたけど。

249 :マロン名無しさん:04/02/23 14:24 ID:???
>>243
なかなかいいけど、ここまでHP高いのかw
「ジャッ」でやられたのに…

250 :真・うんこ:04/02/23 15:01 ID:???
バキスレにも新作を書きましたが、こちら用のも完成しそうです。
近日中に投下させていただきます。
お楽しみに。

251 :マロン名無しさん:04/02/23 17:20 ID:???
>>239
いや、政府軍は政府軍で別にあるみたいだけどね。
PCIAも軍隊を持ってるってだけで。
もっとも政府軍からPCIAに寝返った勢力も相当いたんじゃないかというのが
このスレの見解。

252 :251:04/02/23 17:38 ID:???
「スレの見解」ってのは言い過ぎだった。
そういう意見もある、に訂正。
まあ実際、PCIAの軍隊80万がどっから集まったのかは疑問だ…

253 :マロン名無しさん:04/02/24 00:26 ID:???
10歳のガキに政権握られるのは、正直勘弁ってヤツもいたんだろう。
法律的にはオッケーだけど、そこはやっぱ人情。

254 :マロン名無しさん:04/02/24 11:51 ID:???
長官だって“長官”ていう地位に就くにはかなり若いっちゃ若いんだと思う
自分より年下の部下がいなかったりしてw

255 :マロン名無しさん:04/02/24 17:08 ID:???
>>254
就任した時点では絶対そうだな
周り年上ばっかとか

256 :真・うんこ:04/02/24 18:00 ID:???
unkoooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!

257 :マロン名無しさん:04/02/24 18:36 ID:???
>>248
長官もきっとそういう言葉を肝に銘じてるね
>>255
就任から現在に至るまでにはそれなりのドラマがあったに違いない

258 :マロン名無しさん:04/02/24 21:21 ID:???
このスレって軍事関係に詳しい住人が結構いるんだな、初代スレの頃から。
自分なんかはその辺全然だから嬉しい。

259 :マロン名無しさん:04/02/25 21:31 ID:???
もし軍縮論争とかが起こってそれがPCIAに及んでも長官ならこんな感じで
切り抜けると思うw

戦争は国家がなして軍備そのものが起こすものではないから、
管理すべき対象はこの戦争を起こす国家であってその軍備ではない。
(中村八洋)

260 :マロン名無しさん:04/02/25 21:41 ID:???
>>255
パターン1:
「あんな若造の下で働けるか!」みたいな状況から、
色んな衝突だの摩擦だのを乗り越えて現在の信頼関係を築いた。

パターン2:
長官はそのあたりも天才的。
カリスマであっという間に部下たちを取り込んだ。

261 :マロン名無しさん:04/02/26 09:27 ID:???
>>260
パターン1にイピョーウ
いい信頼関係は一朝一夕には築けない。
というかちょっとは苦労しててほしい。

262 :マロン名無しさん:04/02/26 14:26 ID:???
ベル○らのオ○カルとフランス衛兵隊のような激しいぶつかり合いを経て
固い信頼関係を・・・という展開キボンヌ

「長官殿・・・身の程知らずもご愛嬌だが、あんたの指揮で働かねばならん
俺たちにもメンツってものがあらあね。早い話がつまり・・・」
「俺たちが子供の命令なんざ聞けるかってことよ!同じ軍隊でも飾り物の
政府軍とは訳が違うんだ!!」
「そういう言葉はな・・・」
「あっ!!な、何を」
「私と対等に渡り合えてから口にしてもらおう!真昼間からなんだこのザマは!!
さあっ表に出ろ!!お前もお前もだ。グズグズするな!命令に背いたからには
相当の覚悟は出来てるんだろうな!?PCIAは酔っ払いとごろつきの集まりか!?」
「なにを――――ツ!!」
「処分なんか怖がるとでも思うか!?大卒の長官が怖くて何ができるかってんだ!!」


は、激しいな・・・(w
でもPCIA兵って長官への言葉遣いから見てもそれほど上品な人達でもなさそうだし
これくらいはありかな、と。ベ○ばら知らない人スマソ



263 :マロン名無しさん:04/02/26 18:03 ID:???
蒼天航路の初期曹操?

264 :マロン名無しさん:04/02/26 18:04 ID:???
>>262
パピ「長官、彼らを処分しないのか?上官への反逆罪だよ」
長官「処分?全員をか?・・・それでは何の解決にもならない!」

265 :マロン名無しさん:04/02/26 18:09 ID:???
>>263
北部尉の頃のね。
それもいい。
政府高官であろうと容赦なく処罰。

266 :マロン名無しさん:04/02/26 18:27 ID:???
>>262
なんか知らないが大笑いした(w
懐かしいなそのシーン

267 :262:04/02/27 11:29 ID:???
>>264 >>266
おお!ナカーマがいたのか!
オル窓読者がいるならベルばらも・・・と思って書いたけど嬉しいな。

268 :264:04/02/27 18:02 ID:???
>>262
となると、続きはコレだね

「お前たちの要求を聞こう。班の代表は卑怯者でなければ話し合いに応じろ!」

「おれたちは長官の罷免を要求する!」
「長官がやめさえすればいいんだ あんたの下では働けない!!」
「そうだそうだ!」「おれたちをなめるな!」
「遊びじゃないんだぞ子供なんかに命令されてたまるか!!」
「子供の指揮で動くなんざまっぴらだ!」「子供は軍隊から出て行け!!」
「軍紀が乱れるもとだ!」

「そう子供子供と言うな、嬉しくなってしまうではないか。
私を初っ端から未成年扱いしてくれたのはこのPCIAだけだ」
「大体長官なら長官らしく司令官室でふんぞりかえってりゃあいいんだ!!
何もいちいちこんな訓練にまで顔を出す事はない!」
「ふんぞりかえっているくらいならわざわざ治安大臣次官をやめたりはせん!」

「さっきから子供子供と騒いでいるが、この中に一人でも実力で私にかなう者がいるか!?
え!?腰抜けどもめ、空威張りだけが大人の能か!?」
「ほざいたなこのガキ!!俺が二度とそんな口をきけんようにしてやる!」
「ほう!相手になるというか」
「このPCIAに来た事を後悔するぞ!」

子供とか言われてるけどまあ就任時点で16〜18のイメージで。
でも周りはほとんど年上っつーことでw

269 :マロン名無しさん:04/02/27 21:20 ID:???
で、この後の展開としては

長官、夜勤にも出る→「夜勤にまで顔を出しやがって」→長官を施設内に拉致
→椅子に縛り付ける→顔に蝋燭の火を近付けたりしてPCIAをやめろと脅す
→集団リンチ直前→危ういところで人が来る→長官、何でもないと言う
→処分しろと言う兵達に、処分はしないと言い置いてその場を去る長官

という修羅場が待っているのか…。
この後オスカルはさすがにヘコんで窓枠にもたれて泣いちゃうわけだが
長官はそれはなしだな。

270 :マロン名無しさん:04/02/27 21:31 ID:???
「酔っ払いとごろつきの集まり」ではないにしても、
確かにPCIA兵ってあらくれが多い気はする。
長官も最初の頃は何かと苦労してたんだよきっと。

271 :マロン名無しさん:04/02/27 22:53 ID:???
ってことは次の展開はもちろん
ギルモアが謁見にくる→荒くれ達が反抗する→ギルモア落馬→キレて荒くれを
営倉送りに→長官、荒くれをかばう→「でしゃばるなガキ!」→ギルモア怒って帰る
→長官、荒くれ達をぶん殴り

「なぜ・・・・・・わからないのかッ!!」
「おまえ達を処分するなどかんたんなことだ!わたしにはそれだけの権力がある!
 だが力でおまえたちをおさえつけることになんの意味がある!?おまえ達の
 心まで服従させることはできないのだ」
「心は自由だからだ!」
「みんなひとりひとりが・・・・・・どんな人間でも・・・・・・人間であるかぎり…
 だれの奴隷にもならない・・・・・だれの所有物にもならない心の自由をもっている」
「だから…だからこそ…おまえたちをけっして権力でおさえつけまいと…処分はするまいと…」
「それがなぜわからんのか〜〜〜っ!!」

「なぐって・・・・すまなかった…もうわたしにはここにいる必要などないようだ…
 諸君ののぞみどおりPCIAをやめよう…新しい長官が赴任するまで次官を代理に
 指名する。よく指揮にしたがってくれ…」
立ち去ろうとする長官

「…長官!」
「や……やめないでください長官……」
「そうです…い…いかないでください…」
「チョ、チョ、チョ、長官…」
「お…おまえらうらぎるのか…!?」
「長官おねがいです!」「長官!!」「PCIAをやめないでくださいおねがいです!」
「おねがいです長官〜〜っ!!」

「兵士…諸君…」

…ってことですよ。しかしこうしてみるとオル窓とベルばらってテンションが
えらい違いだ。

272 :マロン名無しさん:04/02/28 11:29 ID:???
なんつーか、熱いな。熱い。
ベルばらってこういうノリだったのか…?
オスカルに当てはめると長官も熱血だ。

273 :マロン名無しさん:04/02/28 11:54 ID:???
池田李代子画と一緒になってるとそんな気にならないんだけどね。
セリフだけ抜き出すとやたら熱いというw

274 :マロン名無しさん:04/02/28 14:02 ID:???
で、その後一番長官に反発してた兵がこう独り言を言う訳ですね↓

おれは・・・あの長官がきらいだ

ただの大統領の腰巾着みたいなつまらない官僚だったら・・・
そしたら憎んで憎んで軽蔑して・・・・

軽蔑しぬいてやることができるのに・・・ちきしょうめ!
なんだって憎みきることができない・・・?

なにを考えてやがるあのガキ!


275 :マロン名無しさん:04/02/28 15:13 ID:???
>>271
ダイジェスト部分は私が。

「捧げ―――――銃!」
長官「(!)第一班!捧げ銃が聞こえなかったか!?」
兵士「あらよっ」「おーっとと・・・」(ギルモアの馬の前にわざと銃を落とす)
ギルモア「うわッ!」 長官「将軍!!」
ギルモア「ひっ!」(落馬) 長官「ギルモア将軍!」
長官「だ・・・大丈夫でございましたか!?」 ギルモア「あわ…」(脳震盪気味)
兵士達、嘲笑。ギルモア激昂。ギルモア「ドラコルル長官!!」
ギルモア「これは一体何のつもりだ、わ…わしへの嫌がらせか!?お…お前は
部下に上官を侮辱させるような訓練をしているのか!?」
ギルモア「この兵士どもの態度は一体なんだ!!」
長官「も・・・申し訳ございません。私の手落ちでございます」
ギルモア「全くゲンブ大臣にもあきれる。自分の部下を信じるのもいいが、所詮
子供なんぞに軍隊が務まる訳はないのだ!身びいきも程々にしてほしいものだわい!」
兵士達、ニヤニヤ。長官、キッとギルモアを見据えて
長官「大臣は大臣、私は私でございます!」 ギルモア、ムッとする。
長官(頭を下げて)「お怪我がなくて何よりでございました・・・」 ギルモア「・・・・」

276 :マロン名無しさん:04/02/28 15:25 ID:???
>>275の続き
ギルモア「そこの兵士5人!一週間の営倉入りを命ずる!」
長官「(営倉!!)」
長官「将軍お・・・お待ち下さい!兵士たちには後で私から厳重な注意をいたします
どうか・・・どうかそれは・・・・!」
ギルモア「わしの処分に不服があるのか!?これくらいの処分で済むのはひとえに
わしの心の広さゆえなのだがなドラコルル長官!」
兵士「でしゃばるなガキ!!」「営倉でも何でも入ってやらあ!!」
ギルモア「(わなわな)ふ…不愉快だ実に不愉快だわしは帰るぞ!!大統領にもよく話しておこう!」
ギルモア、馬に乗って帰る。長官、その後を追いながら
長官「お待ち下さい将軍!!」 ギルモアの後姿を見ながら 長官「(将軍・・・・)」

で、部下たちにつかつかと歩み寄り、平手打ちを食らわせて
「なぜ・・・わからないのかッ!!」に続く。
ギルモアのへタレぶりがそのままで笑えるので書いてみました(w

277 :マロン名無しさん:04/02/28 17:58 ID:???
あの長官とPCIA兵にもこんな時代があったかも、と思うと興味深いな。
でもギルモアはどんな話に当てはめても結局これだな(w

278 :マロン名無しさん:04/02/28 21:07 ID:???
この流れで行くと長官はギルモアの命令に背いて
自由同盟と政治犯刑務所を攻め落とし見事に戦死することに…

279 :マロン名無しさん:04/02/29 16:17 ID:???
>>275
ぎっくりこぎっくりこ

280 :マロン名無しさん:04/02/29 22:07 ID:???
>>278
バスチーユを大統領官邸に差し替えるという手もある。
「だまって私についてきてくれる者はいないのか?!この私が直接の指揮を執る!」
「長官が?」「長官が俺たちと一緒にピリポリスに…」
「では・・・それなら従いましょう!」「あなたの指揮なら!」

長官:さらば大統領、治安大臣閣下
   
   心をこめ仕えたピリカの少年王
   
   うるわしき慈愛の天使よ

   さらば さら…ば パピ・・・・

と、モノローグしながら小戦争冒頭のシーンへ続く、と

281 :マロン名無しさん:04/02/29 22:12 ID:???
>>275
>お…お前は部下に上官を侮辱させるような訓練をしているのか!?

今の長官だったら平然と「はは、まさか。将軍の思い過ごしですよ」とでも言って
ギルモアをおちょくりそうだ。実はほんとに侮辱させるような訓練させてたり。


282 :マロン名無しさん:04/03/01 16:48 ID:???
>>281
言い訳のしようがないことはしないかと。>ほんとに侮辱させるような訓練
ただ、ギルモアに部下の失敗を追及されたとしても、
長官なら何とでも言いくるめるだろうな。

283 :マロン名無しさん:04/03/01 17:22 ID:???
じゃあパピはアントワネット?
まあ、逃亡→連れ戻される→裁判→死刑判決って部分は一緒だけど

284 :マロン名無しさん:04/03/01 18:19 ID:???
あと、裁判での立派な態度も一緒

285 :マロン名無しさん:04/03/01 19:58 ID:???
パピ(アントワネット)を助けようとするのび太たち=フェルゼン

286 :マロン名無しさん:04/03/02 14:02 ID:???
さあ!見るがいい ピリカの大統領の死にかたを

この胸が銃弾でつらぬかれ血がしたたるとも 僕は永遠に眼を見開き
祖国ピリカのゆくすえを見つめるだろう・・・しっかりと見るがいい!!
これがピリカ大統領の死にかたです!!

さようならピリカの国民たち!いつまでも僕を忘れないで・・・
最後のこの瞬間まで僕はのめり込むようにあなたたちを愛します
いつか天国でお会いしましょう・・・

パピの最後の言葉アントワネットVer.はこんな感じ?結構あってるね

287 :マロン名無しさん:04/03/03 06:48 ID:???
しかし、そこで巨大化したのび太達が殴りこんでくるわけだ。

288 :マロン名無しさん:04/03/03 12:04 ID:???
流れぶった切ってスマソが、ここらで人名・用語辞典でもどう?
なんかすげー見たい気がしてきた。とりあえず俺から

【PCIA】ピシア
ピリカの情報組織。陸・海・空軍所有。構成員約80万(軍人のみの数?)。
秘密警察的な色合いも強い。ピリカ総人口の一割弱にも達する80万の軍隊については、
元国軍・政府軍からの寝返りといった説が有力。パピ大統領就任からクーデターまでは
短期間とみられ、政府軍全滅という圧倒的な成果をあげていることから、「ギルモア
将軍が作った情報組織」というパピの言葉を額面どおりに受け取る住人はほとんどいない。
事実、緊急時においても、兵が頼るのはドラコルル長官であり、平時にも良い関係が
うかがわれる事から、このスレにおいては長官とPCIA兵の固い絆はデフォと言っても過言では
なく、数々の名SSの構成要素となった。

同じ用語を何回やってもイイってことにしない?
色んな視点が見たいし

289 :マロン名無しさん:04/03/03 16:23 ID:???
それもいいが俺としてはSSが無くて寂しい…。
プリーズ寒天の時雨。

というわけでやってみる
【ギルモア】ギルモア
ピリカの将軍で「宇宙小戦争」の大ボス…のはずなのだが有能さが全然見られない上に
やるべきことが全部ドラコルル任せなため存在感ゼロ。
おまけに真夜中に報告しに来た長官に「死刑ものだぞ」と言ってみたり
長官の助言を無視した行動で負けたのに「失敗は許さん!」と怒鳴ったりああもう。
たぶん「クーデターが成功してもドラコルルに殺されただろうな」というのが
多くの読者の感想ではあるまいか。SSだとたいていボロクソに書かれる。

290 :マロン名無しさん:04/03/03 16:42 ID:???
【パピ】
惑星ピリカの大統領。
能力主義が貫かれてる星なので、弱冠十歳にして大統領に選ばれる…
が、あっという間にクーデター→政府軍全滅コンボをくらう。
この“あっという間”は実は数年あった=現在十歳ではないという説も出た。
実際に国を治める能力はともかくとして、死の直前でも国民を想うその精神は、
確かに一国の大統領にふさわしいかもしれない。

長官との意味ありげな会話は想像力を刺激するに充分。
・過去は同じ大学で学んだ ・理想を語り合った ・実は親友だった
といった仮定も、スレ的には充分成り立つと思われる。

291 :マロン名無しさん:04/03/04 15:47 ID:???
【ゲンブ】
ピリカの元治安大臣。クーデターでその任を追われた後、ピリカ自由同盟の
盟主となる。「見た目はモッサリしてるけど気が若いんですよ。ヒゲなんて
黒く染めちゃって、趣味はお酒にカラオケ・・・」(ロコロコ談)
治安大臣という肩書きなので、治安維持に関わるPCIAの長官とも無縁とは
思えないせいか、長官の元上司という設定のSSも少なくない。

292 :マロン名無しさん:04/03/04 17:31 ID:???
>>290
「実は親子だった」という説も………

293 :マロン名無しさん:04/03/04 18:33 ID:???
>>290
「兄弟だった」という説も

294 :マロン名無しさん:04/03/04 18:36 ID:???
更に、ギルモア・長官・パピで親子三代説
または ギルモアが父親で長官とパピが兄弟説

色々あったなあ…パピが10歳だからアリと言えばアリだけどw

295 :マロン名無しさん:04/03/04 22:59 ID:???
血の繋がりとかあると、むしろ厨臭いから、俺は血族ではない派。

296 :マロン名無しさん:04/03/05 00:29 ID:???
ピリカ人に性別が存在するかどうかはっきりしないんだよな
「官邸の夜会を思い出す」くらいが手がかりか。
ひょっとすると親子関係が存在しないかもしれない

ロコロコには血統があるけど。

297 :マロン名無しさん:04/03/05 14:27 ID:???
>>296
あると思うよ性別。
長官もパピもお互いを“男”と言ってるし
PCIA兵がしずちゃんのこと“女の子”って言ってるし。

298 :マロン名無しさん:04/03/05 17:47 ID:???
【ピリカ】
惑星の名であると同時に国名。
この星に他の国はおそらくないと思われる。首都はピリポリス。
人口一千万。徹底した能力主義がとられている。だから10歳の大統領などと
いうものが存在する訳だが、いくらなんでもそれはちょっとと言いたいかも。
小人の星でなければストーリーが破綻していたかもと言われるが、同時に
小人の星でなくしたリメイク話を望む声もこのスレでは多い。

299 :マロン名無しさん:04/03/05 18:58 ID:???
誰かSRCでピリカ星戦略シュミレーションを

300 :マロン名無しさん:04/03/06 13:39 ID:???
>>294
ギルモアが親父でパピと長官が兄弟…ど、どういう一家じゃ。

【池田理代子】いけだりよこ
なぜか度々話題になる少女漫画界の巨匠。代表作の「ベルサイユのばら」や
「オルフェウスの窓」に「宇宙小戦争」の人物を当てはめるとけっこうおもしろい。
ちなみに「オルフェウスの窓」はユリウス、クラウス、イザークの三人の出会いと青春を
描いたドイツ編、天才ピアニストイザークの栄光と苦悩を描くウィーン編、
ロシア革命に身を投じたクラウスとユリウスの運命を描くロシア編、さらに
完結編の4部構成の超大作。ロシア編に出てくる王党派貴族の軍人、ユスーポフ候が
長官っぽいということで特に話題になります。

301 :マロン名無しさん:04/03/06 13:40 ID:???
というわけで300突破ですよ長官!(・∀・)

302 :マロン名無しさん:04/03/06 18:33 ID:???
>>300
「トンビが鷹を生んだ」の極端な例だなw>ギルモアが親父でパピと長官が兄弟
あと母親がすげー優秀とか

でもそうなるとピリカは星ごと親子喧嘩に巻き込まれたと言う事に(w

303 :マロン名無しさん:04/03/06 18:36 ID:???
【ギルモア】人名
このスレではヘタレの代名詞。スレ以外での評価も多分似たようなもん。
ハナから人間不信で反乱を恐れてるくせに、皇帝になってどうするつもりだったんだ、こいつ。

304 :マロン名無しさん:04/03/07 15:09 ID:???
一応ギルモアをフォローしてみると独裁者にありがちだが最初は凄いカリスマで
一気に国民の支持を得たが政権末期になると精神的におかしくなってきて
最早誰も信じられないから恐怖政治状態だったと。
ドラコルルの操り人形って案が多そうだがギルモアも昔は凄かった説を推してみたいw

305 :マロン名無しさん:04/03/07 15:37 ID:???
鷹派で強硬な所もあるが、そこが魅力で、けっこうな人数に支持されてたギルモア。
だが、その人気のまま突っ走ると、ギルモアには人をかえりみない傾向があり
ピリカが将来構造的にまずいことになると判断した長官が
いろいろ細工をしてギルモアのワンマン主義の欠点を人間不信にまで追い込み、
もっと穏健にパピからギルモアに政権移行しそうだったところを、
武力行使による政権奪取という過激な形にしてしまった。

306 :マロン名無しさん:04/03/07 21:28 ID:???
なんか石原慎(ry

307 :マロン名無しさん:04/03/07 22:41 ID:???
なあ、例のドラ本2号が見当たらないんだが…
漏れのトコだけか?

308 :マロン名無しさん:04/03/07 22:46 ID:???
ギルモアってまだあの時点では皇帝になってないよな?
絶対権力を手にしてから徐々に人間不信になってくならわかるけど。
それとも人間不信が進んだから皇帝になろうとしたとか?
その思考回路は理解しがたいけど、もはや常識的な判断力も失ってて、
皇帝になれば自分の身は安全だとでも思い込んだ?

309 :マロン名無しさん:04/03/07 22:56 ID:???
人間は信用ならんってのは、無人戦闘艇だから軍の兵隊のことだよね。
ギルモアの支持母体と考えられそうな軍部の人心掌握にすら自信がないと
いうのはちょっとひどい。

長官に分不相応な皇帝の座をちらつかされて、
人心掌握その他の段取りは全て長官がお膳立てするという話に
まんまと乗せられたプライドと表面上の地位だけ高い愚物だったのだろう。

長官はパピとの政治戦のためにギルモアの表面上の地位が利用する必要があったとか。

310 :マロン名無しさん:04/03/07 22:56 ID:???
>>305
つまり、長官が
「反乱を恐れているのか。自分の不人気をよくご存知だ」の場面で
冷笑してた理由はそういうことか・・・w

311 :マロン名無しさん:04/03/08 00:57 ID:???
BASARAの
蛇王=ギルモア
浅葱=長官
みたいな関係かな。

長官は群青=PCIAを切り捨てたりはしないが。

312 :マロン名無しさん:04/03/08 11:07 ID:???
>>308
全権掌握した時点で人間不信なんだから器小さすぎるよなぁ…
たぶん奴にとって人間不信と権力欲は別だったんだろう。
従って皇帝になった時にはその座を守るために人間不審が炸裂し
ものすごく悲惨な独裁政治を行ったことでしょー。

313 :マロン名無しさん:04/03/08 12:25 ID:???
次号ぼくドラ(3号)のタイムマシアターが
宇宙小戦争らしいね(既出だったらスマソ)
tp://www.shogakukan.co.jp/bokudora/03.html

314 :マロン名無しさん:04/03/08 12:31 ID:???
>>313
まじで?!
6号まで待たなきゃだめかと思ってたのに。うれし杉。

315 :マロン名無しさん:04/03/08 14:01 ID:???
それはいいけどなぜころばし屋(w

316 :マロン名無しさん:04/03/08 15:07 ID:???
【PCIA】
Pirika Central Intelligence Agency の略。
正式発表はされてない(と思う)けど多分間違いないだろう。
つまりピリカ中央情報局。
PirikaのCIAだからPCIA(ピシア)って、うまいよなー。

317 :マロン名無しさん:04/03/08 21:47 ID:???
>>313
長官が無視されてたら小学館に屁を放ちます。

318 :マロン名無しさん:04/03/09 01:58 ID:???
どっかの国にもなかったっけ
BCIAだかKCIAだか

319 :マロン名無しさん:04/03/09 11:02 ID:???
>>317
創刊号見た時も思ったけど、一般向けって感じだからねえ。
マニアも唸らせる突っ込んだ記事はあまり期待できないかもよ、どっちにしても。

320 :マロン名無しさん:04/03/09 13:43 ID:???
ハイチの大統領がパピ状態だね>武装勢力の蜂起で亡命

パピと違って亡命先でも戦う気満々なようだが

321 :マロン名無しさん:04/03/09 15:33 ID:???
【少年期】
言わずと知れた映画版「小戦争」の主題歌。でもコミックスにも歌詞あり。
映画自体はリメイクきぼんが多数派だけど、これだけは名曲って意見が多いかと。
実は長官やパピ側の曲という説も…
そう仮定して歌詞を読むとなかなか感慨深いものが。

322 :マロン名無しさん:04/03/09 18:26 ID:???
長官とパピにはまともな「少年期」ってなかったとオモ
さっさと大学出ちゃって。

でも「二人の側の曲」説は支持する。
あっという間に過ぎ去って、もう二度と戻れない少年期を想う長官&パピ。泣ける。

323 :マロン名無しさん:04/03/09 21:24 ID:???
>>318
韓国にあるねKCIAっての。


324 :マロン名無しさん:04/03/10 10:48 ID:???
>>309
支持母体とか言う以前に、この場合の軍の人間ってのはPCIAの人間なんだから、
建前としては「ギルモアが作った」組織のはず・・・
自分で作った組織の人間が信用できないって、何だそれ(w

325 :マロン名無しさん:04/03/10 18:46 ID:???
>>307
俺もだぜ兄弟(モスクワ風)かなり大きい本屋行ったんだけど、
ありそうな所探しても見つからない…そもそもどこにあるんだろう?
だからってやっぱり「ぼくドラえもんという本はどこでしょう」って
聞くのはどうにも…ねえ。

326 :マロン名無しさん:04/03/10 23:22 ID:???
>>325
他にもいたか。
どうしたんだろうな。創刊号は普通にあったのに。
探し方が悪いのか?

327 :マロン名無しさん:04/03/10 23:22 ID:???
>>324
でも「空軍の主力」はPCIAと別かもしれんよ。
まぁどっちにしろ不信が過ぎるが…

328 :マロン名無しさん:04/03/10 23:30 ID:???
>>327
俺もそう言おうと思ってた
ギルモアが「作った」のはあくまで情報機関であって、
あの軍隊は長官が政府軍から引き抜いたりして集めたと推測。

329 :マロン名無しさん:04/03/10 23:47 ID:???
つーかギルモアは軍部出身じゃないの?
PCIA設立前から

330 :マロン名無しさん:04/03/11 11:38 ID:???
俺の脳内では軍のトップだったギルモアが警察トップの長官に
軍隊の調査機関の指揮権を与えて作らせたのがPCIAってことに。

331 :マロン名無しさん:04/03/11 11:43 ID:???
>>329
だと思うけど、
それならなおさら「(軍の)人間は信用ならん」のは何故?という疑問が
ま、単にギルモアの器の問題ってだけかもしれないけど

332 :マロン名無しさん:04/03/11 16:24 ID:???
>>330
軍のトップだったとしても、ギルモアはきっと信頼関係なんて築いてなかったん
だろうね。で、あっさり長官に信望を持ってかれる。

333 :マロン名無しさん:04/03/11 18:02 ID:???
>あっさり長官に信望を持ってかれる。

もしかして、それで「人間は信用ならん」と?
自分のへタレを棚に上げて・・・って、いつもの事かそれは(w

334 :333:04/03/11 18:24 ID:???
でもよく考えると、長官に信望を持っていかれて人間不信になったとしたら
信用できない対象は兵士だけじゃなく、長官本人まで及ぶよな。
それだったら、もう少しは長官を警戒する様子があってもいいはず。
でもそういう様子はナシ。と言う訳で俺の説は自分で却下。

部下の信頼が長官の方にいってる事にすら気付いてないんだ、多分。
それでこそギルモア。

335 :マロン名無しさん:04/03/11 20:58 ID:???
ギルモアは最終的に長官も殺すつもりだったのかもしれん。
つまり

ギルモア「首尾よく目的を果たしてしまえばこっちのもの……政府にクーデターの陰謀
     ありとの噂を流して始末してしまえばよい」

長官「ギルモアとかいっていたが……ふん…おおかた目的を達したあとは
   このわたしを始末してしまう腹づもりなのだろう」
  「ギルモアめ……このわたしを利用したつもりがぎゃくに利用されていたと
   知ってさぞかしあわてるだろう…ふふ…」

という

336 :マロン名無しさん:04/03/12 01:36 ID:???
そして実はゲンブが最後の黒幕。

337 :マロン名無しさん:04/03/12 10:15 ID:???
>>336
ありうる。
あーいう、いかにも人が良さそうな香具師に限って腹に一物抱えてるもんだ。
実はパピの事も、操りやすいから味方してるだけ、とか。

338 :マロン名無しさん:04/03/12 10:44 ID:???
エ゛ー!!Σ(゚д゚|||)

339 :マロン名無しさん:04/03/12 15:22 ID:???
>>336 >>337
Σ(゚Д゚)ハッ!
ま、まさかパピに協力してるように見せかけて
実は長官(+ギルモア)とパピの共倒れを狙ってるとか?コエーヨ

340 :マロン名無しさん:04/03/12 16:11 ID:???
ちびまるこちゃんに出演してますね。
中の人で。

341 :マロン名無しさん:04/03/12 17:52 ID:???
>>335
ギルモアがロシア皇帝として、
ラスプーチン役(ギルモアに讒言して長官を陥れようとする)
ケレンスキー役(長官にギルモアとパピを始末させて、最終的に自分が大統領に
        なる野望を持っている)
に該当するキャラが別にいれば、更に面白いんだけどね>小戦争

342 :マロン名無しさん:04/03/12 18:00 ID:???
今日、割とショボイ本屋で、ぼくドラ2号普通にハケーン。
今まで結構大きい本屋で見つからなかったのに…

343 :マロン名無しさん:04/03/12 23:21 ID:???
>>341
人数増やせば確かに面白いが
小戦争のシンプルゆえの良さがちと失われてるような。

原作にあるパピとギルモアの関係なんかを有効利用したい

344 :マロン名無しさん:04/03/13 06:20 ID:???
>>336-339

>>355のゲンブ
ゲンブ「チッ、ギルモアと無能共が。地球人を呼び寄せてしまうとは」
    「まぁいい、あのわざと見逃した発信機の情報に踊らされて、政治を知らぬ潔癖者どもを大統領ともども処分してもらおう」
    「ドラコルルもおろかな道化に徹してもらおうじゃないか……わしが誰か忘れたか? PCIAは私の組織だぞ……」

345 :マロン名無しさん:04/03/13 15:07 ID:???
>>340
よし、じゃあひとつ中の人つながりの声ネタを。

スヤスヤ眠っているパピに黄金の短剣をかざすギルモア。
ギルモア「うおお――――っ!!」(剣を振り下ろす)
ガシッ
ギルモア「ドラコルル!!」
長官、ギルモアの手を押さえている
長官「し…将軍、気でも狂われたのですか…」
ギルモア「どけ―――っ!!」ザスッ(ベッドに剣を突き刺す)
長官、間一髪でパピを抱き上げる
長官「将軍!!あなたはご自分のなさっておられることがわかっているのか…!
この子は国民が選んだピリカの大統領、それを…!」
ギルモア「邪魔をするなドラコルル!」(長官に向かって剣を突き出す)
長官「おやめなさい!」ガッ(剣を叩き落す)
その拍子にギルモアのマスクが落ちる。
長官「なにい!?し…将軍あなたは…!?」
ギルモア「う…うう…見たなドラコルル…わしの素顔を見た者は生かしておく
ことはできん!おまえも大統領と共に死ね〜〜〜〜!!」



346 :345:04/03/13 15:20 ID:???
>>345

ギルモア、銃をぶっ放す。長官、窓を破って脱出。
ギルモア「だれかであえーっ!!ドラコルルが反逆をこころみたあ―――っ!!
ドラコルルが大統領を殺害しようとしたのだ!早々に追っ手をかけろ生かしておいては
ならーん!かならずとどめをさせーっ!!」

長官、傷だらけになりながらもパピを連れて走る。
長官「だ…大統領…。このドラコルルが一命にかえてもお守りいたしますぞ!」

で、なんとか地球にたどりつき、
長官「惑星ピリカに邪悪がはびこり、この子を殺そうとする者が現れた…
死力をつくしここまでなんとか救い出したが、私をのぞくほとんどの政府関係者
までもが、その者の配下になってしまっている。もはやこれ以上逃げ切れない。
どうかこの子を守っていただきたい!この子こそ国民が選んだピリカの救世主
……わが国の大統領なのだ!!」

書いちゃったけど、わかる人いるかな…
アニメ版の「この子」と「助けた男」の中の人がそのまんまパピと長官なんだよねw

347 :マロン名無しさん:04/03/13 16:42 ID:???
「少年たちよ!君たちに大統領を託す」

348 :マロン名無しさん:04/03/13 21:59 ID:???
>>344
それも元ネタオル窓だっけ?

349 :マロン名無しさん:04/03/13 23:42 ID:???
>>348
俺も気になったよ。
しかしなんで長官の声にヒロシを選ぶかなぁ…

350 :マロン名無しさん:04/03/14 09:18 ID:h1B19IUS
ドラコルル長官には悲哀を感じる。
どんなに優秀でもかっこよくても立派な志を持っていても慈愛にあふれていても(これは彼の場合ないが)
「大きさ」という差は絶対に埋められないのだ。これは彼の責任外だし。
すこし視点を変えてみよう。
もし地球にドラのような巨人がきたらどうなるか。
ドラたちサイズならば核とか使って総力出掛かれば何とかなるやも知れぬ。
だが、その大きさがもし地球人の1000倍だったら?
どんなに頑張っても勝ち目はないのだ。
たとえその巨人が彼らの星では何の変哲もない力もない小学生ぐらいの女の子でも
絶対に勝てないのだ。意思の疎通もできまい。こちらがどんなに必死に努力しようとも
何千年かけて発達させた巨人たちより優れた文明を持っていようとも
彼女達から見たらゴマ粒以下、あり以下の存在に過ぎず、
気まぐれに踏み潰され磨り潰され生きながら踊り食われ唾や愛液でも溺死するような存在に堕ちるのだ。
巨人達が退去してやってきたらどうだろう。自分と似通った姿形の無力で感情もある生き物。
ストレス解消にはもってこいの存在だ。採取され巨人星で人工的に繁殖が行われ安価で売られる存在になるだろう。
人類はこうして永遠に決して終わることのない地獄に生きなければならないのである。
私はドラコルルを見るたびにこうした彼に悲哀を感じずにはおれないのだ。

351 :マロン名無しさん:04/03/14 10:54 ID:???
ななななんだそのものすごい文章は。あとsageようぜ。

352 :マロン名無しさん:04/03/14 16:38 ID:???
改変コピペっぽいな。元はわからないが

353 :マロン名無しさん:04/03/14 18:15 ID:???
でもたしかに長官からしたら悔しいよなあ。あらゆる面で圧倒的に
勝利していたのにただ「デカイから」という理由で負けるんだから。

354 :マロン名無しさん:04/03/14 18:25 ID:???
そこで長官故意敗退説ですよ

スモールライトの有効期限まで分析した上で
わざとロコロコの長広舌を許してたとかいうやつ

355 :マロン名無しさん:04/03/14 19:04 ID:???
>>353
ソ連に押しつぶされるナチスドイツみたいなものかと。

356 :マロン名無しさん:04/03/14 19:21 ID:???
test

357 :マロン名無しさん:04/03/14 19:22 ID:???
>>345-346
星矢でしょ?
あとはギルモアの声が曽○部氏だったら完璧だな

358 :マロン名無しさん:04/03/14 22:48 ID:???
俺は寺田農さんの声で「そんなことでごまかしたつもりか」と言ってもらいたい

359 :マロン名無しさん:04/03/15 00:15 ID:???
もし、長官がなりふり構わず巨人のび太達に勝とうと思えばいくらでも方法はあったんだよな。
核兵器でも細菌や毒ガスとかの生物化学兵器でなんでも使えば良いわけで。
むしろこの場合ギルモアが司令だったら後のこと考えずに市街地だろうと住宅地だろうと
気にせず使って勝利をおさめてしまったかもしれん。
長官が人気のない洋上や山岳地帯に誘い込んで使用するつもりだった可能性も否定できんが
その程度のことを失敗するとはなかなか思えん。
のび太達がピリカに対し敵意がないことが判明した時点でギルモアの失脚とパピの復権をもくろみ
あえて負けることを選択したのではなかろうか。
復権後のパピには強力な軍事力こそないものの
背後にある地球人の力を恐れて手をだそうとする奴なんておらんだろうし。



360 :マロン名無しさん:04/03/15 01:01 ID:???
ふと、気付いてみれば初代スレができてからいつのまにか1年以上たってんだな。
改めて、長官の魅力に感服する。

361 :マロン名無しさん:04/03/15 01:49 ID:???
>>359
でも負けたら処刑されるんじゃないの?
ギルモア政権中枢にいた人物や兵士はみんな殺されるんじゃないかなぁ
戦犯とか?長官の場合嫌われてるわけだし、
地位もあまり堂々といえるような所属じゃないし
人道に対する云々が出てきそうな気がする。


362 :マロン名無しさん:04/03/15 14:49 ID:???
>>361
普通に考えればドラコルル以下クーデターに参画した将校は
死刑だと思う。ただパピの性格なんかも考えると公職追放+不定期刑
とかで済ませるかもしれないけど。でも末端の兵士まで死刑ってのは
現実的じゃないと思う。特にこの星以上に軍人の数多いから
みんな死刑だと人口の8%が死刑になっちゃうし。
あと長官が普通に罰せられたのでは面白くないと言うことで
そこからいろんなSSや妄想も生まれた。

ギルモアは空港でリンチされて殺されたと思われます。

363 :マロン名無しさん:04/03/15 15:01 ID:???
ところでネットでドラコルルを検索したら、かっこいいSSを
書いてる人がいるじゃないか
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/1041/prolittle1.html

364 :マロン名無しさん:04/03/15 15:22 ID:???
>>361
その辺の「戦後」の話としては、前スレに「復興の星」という素晴らしいSSが…
でもまだ読めないんだけど

365 :マロン名無しさん:04/03/15 15:30 ID:???
>>361
それはそれでカコイイじゃないか。
祖国の為に自分の命を捧げる覚悟で反乱に身を投じる。
汚名をかぶろうとも100年先の未来の為に。泣ける。

366 :マロン名無しさん:04/03/15 17:53 ID:???
ヘタレが多い大長編の悪役の中ではドラコルルとギラーミンはかなり異常。
最近の大長編の悪役もこのぐらい頑張ってほしいけど、ドラえもんの世界観を
破壊せずに強い悪役を作るのも大変なんだろうな。

367 :マロン名無しさん:04/03/15 18:43 ID:???
最近のドラえもん映画が面白くないのも、強い敵役不在が一つの原因だと思う。
手ごわい敵がいればそれだけで話が面白くなるもんだ。
もちろん、ただ単に強いだけじゃなくて、キャラに魅力がないと駄目だけどな。

>>358
俺は池田秀一に・・・・

368 :マロン名無しさん:04/03/16 09:25 ID:???
>>361
まぁギルモアはムッソリーニみたいな死に方をしたとして
長官だったらわからんぞ?
ワルトハイムみたいになるかもしれんし、そのまま裏の世界でゾル大佐のよう(ry
まぁ長官は非常に優秀なのでその能力買われて政治取引みたいに・・・と思ったんだが
もっとピリカ全土がガンダムXのアフターウォーみたいに荒廃しまくって人材が払底してたら
そういう可能性もあるんだが、
いかんせん、そこまで酷い状況にも見えないので逆に有能ゆえ危険視されてやばいかも。

369 :マロン名無しさん:04/03/16 11:07 ID:???
ムッソリーニって住民のリンチで死んだりしたの?

370 :マロン名無しさん:04/03/16 12:02 ID:???
蜂起したパルチザンに追い回され、ドイツに逃げようとしたところを
発見され、その場でぶっ殺されて逆さ吊り。のようです。おぉ。


371 :マロン名無しさん:04/03/16 14:17 ID:???
>>370
すげー、逆さ吊り以外はほぼギルモアと一緒か。

372 :マロン名無しさん:04/03/16 14:20 ID:???
ベニトのだんなは
国民にけっこう人気はあったんじゃない?

373 :マロン名無しさん:04/03/16 14:35 ID:???
そこは違う所だな。
ギルモアは「国民のほとんどに恐れられ、憎まれてる」(ゲンブ談)みたいだし。
まあ、ギルモアも最初は人気があったんじゃないかとする説も出たが。

374 :マロン名無しさん:04/03/16 17:49 ID:???
>>371
あの状況なら撲殺→逆さ吊りまでいったかもしれん

375 :マロン名無しさん:04/03/16 22:13 ID:???
どうとでも想像できるけど、ギルモアに関しては、
なんかリンチ死をほのめかしてるようで怖い>あの場面

376 :マロン名無しさん:04/03/16 22:27 ID:???
むしろあの状況で生き残るのは困難な気も。Fせんせーもなにも
ブロックもった人まで書かなくても(w

377 :マロン名無しさん:04/03/16 22:37 ID:???
ここのまとめページって無いの?

378 :マロン名無しさん:04/03/17 00:04 ID:???
でも軍とかってわりと独裁者とか旗色悪くなると簡単に見限るけど
秘密警察系は最後までつくんだよね(例チャウセスクの時とか)
長官も逃げようと思ったら鯨戦艦で逃げれただろうし
(ああ見えてアレには恒星間航行能力あるわけだから)

379 :マロン名無しさん:04/03/17 08:46 ID:???
>>377
第2スレまでは>>8にあるよ。
できれば前スレもほしいとこだが。

380 :マロン名無しさん:04/03/17 08:51 ID:???
>>378
ギルモアもせめて逃げないで最後まで戦ってればねえ。
あの逃亡は言い訳の余地なし。

381 :マロン名無しさん:04/03/17 18:58 ID:???
ギルモアはあのあと華麗なガンカタで民衆をなぎ倒しました。

382 :マロン名無しさん:04/03/17 22:13 ID:???
>>378
ギルモアを見捨てなかったというよりは軍人として最後まで敵と戦った
のでしょう。たぶん。



383 :マロン名無しさん:04/03/18 07:41 ID:???
あの鯨戦艦密かに性能いいよな
大きさのおかげで負けた様なものだし。
宇宙人全部がピリカ人より巨大とも思えないので
パピの離脱先がどっか別の星だったらよかったのにね。

384 :マロン名無しさん:04/03/18 12:03 ID:???
>>383
候補一覧
1.トカイトカイ
2.メカトピア
3.アニマルプラネット
4.ねじ巻き都市

385 :マロン名無しさん:04/03/18 17:39 ID:???
トカイトカイやコーヤコーヤあたりはミニサイズでもたぶん楽勝

386 :マロン名無しさん:04/03/18 22:08 ID:???
コーヤコーヤにはガルタイト。 トカイトカイには警官武装飛行船。
無理だろ

387 :マロン名無しさん:04/03/18 22:15 ID:???
うーむでもあいつら防御滅茶苦茶弱いからひょっとしたら…
でかければなあ。無敵なんだがなあ。

388 :マロン名無しさん:04/03/18 22:16 ID:???
ところであの戦艦に名前は無いのか?

389 :マロン名無しさん:04/03/19 01:19 ID:???
歴史改変後のメカトピアで妄想しかけた……

390 :マロン名無しさん:04/03/19 10:31 ID:???
>>388
シウィック・・・はSSに出てきた名前だな

名前があるとしたらなんかクジラっぽい名前がついてんじゃない?

391 :マロン名無しさん:04/03/19 10:41 ID:???
あ、どうせならあの無人戦闘艇にもなんかカコイイ名前があってもいいな

392 :マロン名無しさん:04/03/19 10:49 ID:???
ドルフィン号

393 :マロン名無しさん:04/03/19 14:01 ID:???
ホエールズでw
ビックホセフィーナというのがネオデンマークにあったが

394 :マロン名無しさん:04/03/19 17:52 ID:???
ふと思ったんだが、スネ夫と静ちゃんはあの高さから撃墜されたとき
衝撃で死亡する方が現実的なわけで、その場合「地球人が巨人になって」
という報告によってパピたちの処刑が中断される展開もないわけでえ〜…

…やっぱり勝ってたぞ長官(・∀・)!

395 :マロン名無しさん:04/03/19 18:26 ID:???
【SS】このお題でSSを書いてみよう【コンテスト】

詳しくは、このスレ参照。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1076597712/747-
腕に自身のある職人は、このスレの>>761を読んで是非参加だ!!

396 :マロン名無しさん:04/03/19 20:22 ID:???
見たいなあ長官のAA…

397 :マロン名無しさん:04/03/19 21:44 ID:???
_| ̄|○ごめんなぜか読み間違えた。

398 :マロン名無しさん:04/03/19 22:20 ID:???
>>391
なんかサメ系の名前?

明日はぼくドラ3号か…ひょっとしてもう読んだ人もいる?

399 :マロン名無しさん:04/03/19 22:23 ID:???
>>394
確かに落下の衝撃度は凄そう。更に戦車の内部だしねえ。
どっかに頭でも打って普通はあぼんだ(w

400 :マロン名無しさん:04/03/20 08:23 ID:???
地球人は縮小により密度が増してたから平気だたんじゃないの?もるもみたいに。

401 :マロン名無しさん:04/03/20 11:07 ID:???
>>398
ドラ本、飼おうと思ったのに一日中雨だって。ちっ。

402 :マロン名無しさん:04/03/20 15:34 ID:???
ぼくドラ3号読んだ。
あんま大した記事でもなかったな。
まあ、一応「長官やギルモアといった敵側のキャラの深さが小戦争に厚みのある
面白さを与えている」的な事はちらっと書いてたが。


403 :マロン名無しさん:04/03/20 15:54 ID:???
記事ったって、映画版のだもんなぁ
原作版の濃い特集記事が見たい
なんなら丸一冊小戦争特集でも

404 :マロン名無しさん:04/03/20 16:17 ID:???
ギルモアは深くないと思います

405 :マロン名無しさん:04/03/20 16:44 ID:???
ピリカ人と地球人のサイズが逆だったら話成り立たないな
ビックライトで〜→肝心なところで効果切れて縮小

406 :マロン名無しさん:04/03/20 17:48 ID:???
>>405
パピが地球に来た時点で大騒ぎになりさらに超巨大戦艦が現れて
地球が大パニック。彼らを追ってピリカに行ったドラたちは
処刑寸前に小さくなり逃げようとして踏みつぶされる。そんな大長編。

407 :マロン名無しさん:04/03/20 21:24 ID:???
だからリメイクは同サイズで。
うまくやれば一瞬たりとも目を離せない傑作になるぞきっと。

>>404
深さの方向性が違うとか。
マイナス方向に深いw

408 :マロン名無しさん:04/03/21 10:37 ID:???
嫌な方向に深い、かナルホド

そう考えれば確かに浅くはないよな、ギルモアって
「皇帝を目指していながら人間不信」というだけでも
ワケわかんねー複雑さはある(w

409 :マロン名無しさん:04/03/21 11:53 ID:???
いや〜でも上に立つ人間は大体人間不信気味なところあるじゃない?
特に下の階層から上がってきたものほど。
ピリカ人も地球人もその辺かわらないだろう

410 :マロン名無しさん:04/03/21 16:27 ID:???
>>407
ていうか
ふかいはふかいでも
不快

411 :マロン名無しさん:04/03/21 19:10 ID:???
誰かドラコルルファンサイト作らない?
んでいままでのSSまとめたり募集したり。

いや俺は申し訳ないが時間が…

412 :マロン名無しさん:04/03/21 19:19 ID:???
そういう話はときどき出るね。
俺も時間が…

こうやって時々キボンしておけば
好意の人が作ってくれるかも



 (( )
  | ||

長官「他人の好意に甘えて自らは行動せんとはPCIAの風上にも置けん!」

413 :マロン名無しさん:04/03/21 20:23 ID:???
作れば盛り上がると思うよ。初代スレもあんな建てられかたなのに
一気に火がついたし、隠れ長官ファンは多いと思う。「ポケットの
中の喧騒」の影月さんも好きみたいだし。

414 :マロン名無しさん:04/03/21 21:39 ID:???
>>409
独裁者って大体人間不信だぜ?
ヒトラー然りスターリン然り

138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)