5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【番外編】不良キャラ最強は誰だ?【番外編】

1 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:13 ID:R3QHm5dO
不良キャラ最強は誰だ?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1051843092/l50
の元321こと1985が書く不良妄想スレです。
本スレでもうすぐ始まる本編とは全く別の不良妄想です。

2 :マロン名無しさん:03/05/13 03:16 ID:???
弐蝦采

3 :マロン名無しさん:03/05/13 03:19 ID:e8F+ew+4
       ,.. --─ァ‐==、、
    ∠二ミ:::::://  ...::::::ヽヽ、
  r'r'´..::::::::ヽr‐、'、..::::::::::::::/ rl]
  || ...::::::::::/ | l::ヽ、`ー‐'´ノ:ヽ
  r' ヽ、___/ ∧::ヽ;::::::i「:l「::ヽ::::',
  |iTー--r‐'´ ヽ:、ヽヽ:::l|::|ヽ:::ヽ:::!
  |::}:::/|:|:|    ヽ   ヽ!| ! ヾ;:::|::|
  |.:.!/:|::|l:!       -彡-;、リヽ:|
  |.:.||:::l::|リ''テ=ミ    ヘ:;;;ノ |:::|:!   GET!
  |!.:|:::::l::|ハ::;;:ノ      ::::::: |:::|:!
  .!|.||;:::l::|、::: ̄   ,     /川|   __ , -''´i ̄ ̄`゙ヽ、
   |!ヾ!:l:Lヽ     _...,  /リ:/!| //へ|レ^レ彡    `ヽ,--、
   !  lハ::! `''ー- 、.`´ イ  _   ////      | | ヽ   ヾミ ヽ
      , ---、 __ノ   l⌒Y|  V/ //       ヽ!   | !  ハ| ||
     /     、    /   |\ || ! /        ヽ  l| |彡/ | ||
      | __、   ̄ /  /ヽ(.)! | | >=、    -<! | |/ //| || GET!!
    /: : : : : ヽ   /   /   /|| | | ! |::::'!      /::Lミ||レ// l| ||
     {: : :r'´--ヽ=:/  /   /7|| |.|゙! L::ノ     L;;ノ ||リクヽ.l| ||  .l⌒!  
      |: : :/: :__/  、 '  /-r'┴、!||::::   ,   :::::::: | |!).ノ|| ||  / /
      ト|: : : /:ノ    ヽ、 レ'′ /ハ|'、         //'´  ||Ll/ /
      |: :Y: : /  \   !  /l/: :|| `゙ - ゚..__,.ィ´//_,--'´  、,/
      L; :|: : }    \  l   | !: : ∧  ,. --| //〃:r'´ 、  \ ヽ
      ト|: :.|   \  レ'  /: :: : {〃⌒l Lr' ̄`ヽ |:::| 、  ヽ  〉ノ
      |:ヽ: |     | / ,ィし!: : : ||...::::/r、| ....:::::/ ハ::| `Lヽ レ‐<
      ヽ ヽ|ヽ、  .し'r<ハ!: : : : :|トニノ ヽニニ人ヾヽ、  ̄  >'′
      ∧ ヽ::::`ー‐': : 人: : : : : :| |/::::::::::::::::::::::::::`゙´:::::r`ー'´

4 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:22 ID:???
出場予定の不良は以下。
・矢沢栄作(カメレオン)・前田太尊(ろくでなし)・葛西(ろくでなし)
・三橋(今日から俺は!)・一条武丸(特攻の拓)・池戸定治(ゴリラーマン)
・極沢うさぎ(湘南純愛組)・日比野晴矢(ボーイ)・河合星矢(エリートヤンキー三郎)
・柴千春(グラップラー刃牙)・鬼塚栄吉(GTO改め湘南純愛組)・花菱哲(てっぺん)
・沢渡憂作(カフス)
もしほかに希望があれば出来る限り受け付けます。
またこの番外編は「誰が最強か?」ではなく「一緒の大会に出たらこうなるだろう」という妄想です。
あしからず。「最強」にこだわるならぜひ本スレに。熱い戦いが見れると思います。

5 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:24 ID:???
また出場選手の要望は本スレと同じく以下の条件を満たした不良のみでおねがいします。
定義1れっきとした地球人である事
定義2気とか霊力とかの能力を一切もたない事
定義3空手やボクシングなど一般的な格闘技以外の
   特殊な流派(男塾系とか陣内流とか)は一切なし
定義4不良であれば、厨房・工房・プーなど所属は問わない
定義5一般的には考えられない武器(魔剣とか)の所持は認めない
   ものとする

6 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:31 ID:???
和風の豪華の屋敷、その一室。巨大な座敷に大勢の黒服が正座している。
その場に不釣り合いな特攻服を着た男がひとり。
あぐらをかいて首を鳴らしながらガムを噛んでいる。
その部屋に小柄な老人がうれしそうに入ってきた。

―――徳川光成。日本が世界に誇る大富豪。
非公式に世界の猛者を集めては地下闘技場で闘わせている。
三度の飯より格闘の観戦が生きがいの自他共に認める格闘マニア。

徳川「おーっ!よう来てくれたな。千春。体は大丈夫そうじゃなぁ」
千春「おい、じいさん!一体、人を呼びだして何のようだ?ぁあ?」

―――特攻服の男、柴千春。暴走族の頭。
格闘のど素人でありながら地下格闘トーナメントで
根性のみで二回戦突破の快挙を成し遂げるも残念ながら
体の損傷が激しくドクターストップがかかってしまった。

徳川「実はのぅ、千春。わしはこないだのおぬしの闘いを見て
   おまえら、不良の世界というもんに興味が湧いてのぅ。」
千春「…………」
徳川「それでの、思いついたんじゃ!不良一選手権を!」
千春「ふ、不良一選手権?」
徳川「そうじゃ。日本全国から各地に名を轟かす不良を集め
   その一番を決める!優勝者には一億円だそう!」
千春「……………………つまり俺にそれに出ろってか?
   ……いいぜ。俺もそろそろ誰が一番かケリをつけてぇ!」
徳川「おお!よう言うてくれたっ!千春。」
千春「………でも、じいさん。その『不良一選手権』はダサくねえか?」
徳川「………………じゃあ、一応、『不良一選手権(仮)』で………」

7 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:32 ID:???
その日の下校は珍しく一人だった。いつも一緒にいる勝嗣も米示もデート。
千秋は風邪をひいたらしく学校にすら来ていなかった。

―――前田太尊。帝拳高校ボクシング部に在籍。父、尚輪寺住職・前田文尊から
離れ、兄・富士雄と共に暮らしている。東京四天王の一人に数えられる程の実力。

太尊「ふぁ〜あ。しょうがねぇ。今日はまっすぐ家に帰ってさっさと寝るか」
頭をかきながらあくびをしていると誰かが太尊の肩を叩いた。  

「前田…太尊様ですね?お話があります。」

一瞬、驚いて太尊が振り返ると全身黒づくめの男が立っていた。
太尊「………なんだ?あんた?」
黒服「徳川三成の使いの者です。少し長い話なので喫茶店にでも入りましょう。」

…………20分後。
太尊「ふーん。……要するに俺にその『不良一選手権(仮)』に出ろって事スか。」
喫茶店『6MARU8』のコーヒーをすすりながら聞く。


8 :7の続き:03/05/13 03:33 ID:???
黒服「ええ。そういうことです」
前田「ううーん。あんまり意味無く殴り合うのって好きじゃないんスよねぇ。
   あっそうだ。なんか賞金とかでないスか?100万円とか?」
黒服「優勝賞金は一億円です」
太尊「ぶっ!」
太尊は驚きの余り口に含んだコーヒーを容赦無く黒服の顔にぶちまけてしまった。

太尊「あ……ご、ごめんなさい」
黒服「……………………いいえ。」
とは言いつつ黒服は不機嫌そうに顔のコーヒーをぬぐう。
太尊「い、いちおくってあの一億ですよね?」
黒服「ええ。日本円で一億です」

太尊(一億………一億あれば何ができる?チャペス号の改造?……いやいや………
   そうだ!兄貴の元を離れて独立できる………それでもまだ余るな………………
   うーん………千秋になにかプレゼント…………それでも余るな……うう〜ん……)
黒服「前田様?………前田様?聞いてらっしゃいますか?」
太尊「……あっ……はい!なんスかっ?」

黒服「………三成様からは無理じいはするな、と言われております。
   ご都合が悪いようでしたら今回は………………………………」
太尊「でっ出ます!」
黒服「は?」
太尊「出ます!エントリーします!大会っ!出ます!」
――――――――――前田太尊、エントリー。


9 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 03:36 ID:???
藤本「チッ。飯塚の野郎……………間違えやがったな。」
中島「どうしたんだ?藤本。珍しいな、読書か?」

白武高校の昼休みの教室。藤本が本を見ながら舌うちを鳴らした。

藤本「おお、中島か。…………最悪だぜ。見てみろよ、この本。」
差し出された本。『大山倍達語録集』と書いている。

中島「??、お前、大山倍達、好きだろ?」
しかし、中島が本を開くと中には『親孝行のススメ』という本が入っていた。

藤本「……飯塚の馬鹿から本を借りたんだけどあの野郎、中身を間違えてやがる。」
中島「はははは。おまえに『親孝行のススメ』はないよな。」
藤本「全くだぜ………………まあいいや。中島。ウルフラーメンに行こうぜ」
中島「おっ、いいな。ゴリラーマン、お前はどうする?」

『ゴリラーマン』と呼ばれた男。

―――――――――池戸定治。極端なまでに無口。通称ゴリラーマン。
世界を股に架ける格闘家・池戸哲治を父に持つ。(現在はべんとう屋)
白武高校の生徒は誰一人この事を気付いていない。彼の強さにも。


10 :9の続き:03/05/13 03:38 ID:???
池戸「…………………」
中島の問いにただ黙ってけだるそうに首を振る。

藤本「そうか…………あっそうだ!ゴリラーマン。この本やるよ。」
そう言うと藤本は『親孝行のススメ』を池戸に向かって投げた。

中島「おいおい、いいのかよ?飯塚の本だろ?」
藤本「いいんだよ。どうせあいつは『親孝行のススメ』なんて読まねえだろ。」
中島「それもそうだな。あ、俺らはこのまま帰るから。じゃあな、ゴリラーマン。」

池戸はその日、することがなかった。藤本達と遊ぼうにも金が無い。
あまりの退屈さに仕方なしに目の前に置いてある本に手を伸ばした。

―――――――――そして放課後。
池戸は近所の土手で思案にふけっていた。

―――『親孝行』
自分は一度でもやったことがあるだろうか?
そろそろ親の喜ぶことをする時期かもしれない。
父のいきがい――――――――今は無き池戸道場。
一度は継ぐことを拒否したが(もちろん今でも嫌だが)新築にするくらいなら―――。
再建してしまえばあとは大友師範か姉の美穂が立て直してくれるだろう。
――――――――――しかしそれには大金が必要だ。一体どうすれば?

真剣に川を見つめる池戸に一人の男が話しかけた。
「池戸…定治様ですね?」

――――――――――池戸定治、エントリー。


11 :マロン名無しさん:03/05/13 12:09 ID:???
ゴリラーマン(・∀・)イイ!! これからもよろしいのを期待してましゅ

12 :本スレ1:03/05/13 13:01 ID:???
楽しそう!
是非、本スレでもその高い実力を発揮してください。
ヤザワあたりの使いどころを楽しみにしています。

13 :マロン名無しさん:03/05/13 16:11 ID:OEbXr+23
飯塚うんこビビビ

14 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 19:14 ID:???
県内屈指の不良校――私立徳丸学園。ここにも徳川光成の使いが姿を表わした。
もちろんこの学園の支配者「大河内三郎」に大会の参加を要請しに。

黒服は「三郎」のいる教室へただ無言で歩いた。「三郎」の噂は聞いている。
世界に名を轟かせる極道、「大河内一族」が生んだ暴力の最高傑作。

教室のドアを開けた瞬間、むせ返るような臭い。場末の居酒屋の臭い。
鼻で臭いの元をたどると薄汚ない格好をした前歯が四本しか無い男が
虚ろな目で高純度のスピリタスを飲み、泥酔していた。
(このすさんだ気………こいつが三郎?)
事前に預かった三郎の資料の中から一枚の写真を取り出す。
(ち、違う。こいつじゃない。三郎はこんな男すら従えているのか。)
教室中を見渡すと三郎は酒を飲む男の隣の席に座っていた。
黒服は恐怖を押し殺し、三郎に話しかけた。

黒服「お、大河内三郎様ですね?」
三郎「あ、はい。なんでしょうか?」

――――大河内三郎。三郎軍団総長。兄達とは違い、実は気の弱い只の高校生。
ただし小便をもらした瞬間、大河内一族最凶の男へと変貌する。

黒服「わ、私は徳川光成の使いの者です。」


15 :14の続き:03/05/13 19:16 ID:???
――――――20分後。
手渡された大会の資料を見つめながら三郎はため息をついた。
三郎(はぁー。なんでこういう話が僕の元に来るんだろう。
   ……わざわざ来てもらって悪いけど丁重に断わろう。)
ふと三郎は黒服の様子がおかしいのに気付く。

 話をしている時から緊張している様だったが今は完全に凝固してしまっている。
三郎「あの…………どうかしましたか?」
黒服「………さ、先ほどから彼が、私をにらんでいるんですが彼は一体……?」
 見てみると確かに大男が殺気をだしながら黒服をにらみつけている。
三郎「ああ、すいません。おーーーい石井くーーーーーん。
   この人は組織の人間じゃないから大丈夫だよーーーーーー。」
石井「しかし、総長!さきほどからのその男の様子!怪しすぎます!」

―――――石井武史。三郎軍団親衛隊隊長。通称「武の石井」三郎の男に惚れている。
三郎をつけ狙う組織があると思い込んでいる大変な馬鹿。三郎軍団の実力No2。

三郎「すいません。彼はいつもこうなんです。気にしないでください」
黒服「はぁ。ところで大会の件ですが…………」
三郎「………すいません。こういうのは興味が無いのでお断りさせていただきます。
   一億円といって何に使って良いかわかんないし…………………すいません。」
黒服「そうですか……………………………」
 しかし次の瞬間、隣の席で泥酔していた男が『一億円』という単語に反応した。
河井「総長っ!『一億』って何のことですか?金ですか!?」

―――――河井星矢。三郎軍団副総長。通称「知の河井」。三郎を三郎軍団総長に
祭り上げた張本人。金と権力が大好き。得意技は毒を盛ること。喧嘩は弱い。


16 :15の続き:03/05/13 19:17 ID:???
――――さらに10分後。
河井「つまりその大会で優勝すれば一億円もらえるってことですね?総長!」
三郎「…………………うん。」
河井(馬鹿共を血祭りに挙げるだけで一億!こんなおいしい話。他人にやれんワイ!)

河井「あの〜、おにいさん。」
黒服「はい?」
河井「その大会。わしが総長の代わりにエントリーできんじゃろうか?」
黒服「えっ……と、あなたは?」
河井「もうし遅れました。わしはこういうもんですワイ。」

河井は胸元から下品な金色の名刺を取り出し、黒服に差し出した。

黒服「えーと………三郎軍団副総長・河井……じゃあ、貴方があの『知の河井』!?」
河井「まあ、そう呼ばれることもありますワイ。」
黒服「しょ、少々お待ちくださいっ!今、光成様と連絡をとります!」

――――さらに10分後。
黒服「光成様のご承諾が得られましたっ!河井様!エントリー可能です!」
河井(クククク。これで一億はワシのもんじゃい……………)
――――――――河井星矢、エントリー。


17 :マロン名無しさん:03/05/13 22:30 ID:MAcUO1KU
このキャラ知らない(´・ω・`)ショボーン

18 :マロン名無しさん:03/05/13 22:34 ID:???
ウマイ!!

19 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/13 23:19 ID:???
>>17
エリートヤンキー三郎っていう現在ヤンマガ連載中の漫画です。
最初のほうが面白いので単行本を見ることをお勧めします。おもしろいですよ
>>18
ありがと。

20 :マロン名無しさん:03/05/14 03:02 ID:???
河井より石井のほうが強い、と私は思う訳です

21 :マロン名無しさん:03/05/14 13:08 ID:???
哲まだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

22 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/14 14:39 ID:???
池袋、正道館高校付近の喫茶店。
たむろする不良の中、ひときわ強い存在感を放つ男。

―――――――葛西。東京四天王の一人。仲間の信頼を求めるが故に強さを求め、
それゆえに敗北を恐れた。強さを誇示するため東京四天王、鬼塚、薬師寺を倒す。
その流れで前田太尊と闘うが破れるも自分に向けられていた仲間の信頼を気付く。

黒服「〜〜〜〜以上が大会の趣旨です。どうです?参加していただけませんか?」
葛西「……なんで俺が年寄りの暇つぶしのピエロにならなきゃいけねえんだ?」
黒服「………………とりあえず出場予定選手を聞いてからでも遅くないでしょう?」
葛西「…………?」
黒服「『巌駄無』総長、柴千春………成南高校、矢沢栄作………辻堂高校……」
 
 葛西、黒服の言葉に反応せず、つまらなそうに喫茶店の灰皿を見つめる。
黒服「哲………徳丸学園、大河内三郎……………帝拳高校、前田太尊。」
葛西「!!」
 
 黒服の言葉に思わず身を乗りだし反応する。
黒服「どうです?参加していただけませんか?」
葛西「…………チッ……気にいらねえな。」
黒服「え?」
葛西「前田を餌にして俺を釣ろうってか?」
黒服「い、いえ、そういうわけでは………」
葛西「じゃあ、なぜ出場予定の選手表なんて読み上げた?」
黒服「…………………では大会には出場していただけない、という事ですね?」
葛西「…………即答はできねぇ。」

23 :22の続き:03/05/14 14:40 ID:???
黒服「…………では後日、私の携帯に連絡を下さい。」
葛西「………ああ。『勉三』。悪いが番号メモっといてくれ。」
西島「ああ…………なあ葛西。お前までそのあだ名で呼ぶのやめてくれねぇか?
   ま、いいや。おい、兄さん、準備いいぜ。」
黒服「では090ー××××ー××××です。」
西島「090ー××××ー××××…………っと。」
黒服「では失礼します。」

坂本「で、どうすんだ?葛西?」

―――――坂本。葛西の昔からの親友。常に葛西を信頼してきた。

葛西「………前田の野郎とはまだ1勝1敗。ケリをつけるのにちょうど良いかもな。」
坂本「全国の有名な不良が集まってるんだろ?大丈夫か?優勝したらどうする?
   馬鹿な奴らがまたお前に群がるぜ。止まれるのか?」
葛西「…………ククク。止まり方なら…………前田の野郎に教わったさ。
   …………………今度は俺が奴に絶対的な敗北感を教える番だ。」
坂本「…………そうか。頑張れよ。」
葛西「………………ああ。」
――――――――――葛西、エントリー。


24 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/14 14:47 ID:???
>>20
石井は出すのは難しいです でも出せたら出したいです
>>21
哲は書けたので近日中にでも。

25 :マロン名無しさん:03/05/14 18:48 ID:???
武丸のエントリーが待ち遠しいな。
黒服、殺されなきゃいいんだがw

26 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/14 18:57 ID:???
武丸さんは黒服には無理ですんである人に行ってもらいます

27 :ミツハーシー:03/05/14 19:41 ID:???
こいや、ブタちん>武丸

28 :マロン名無しさん:03/05/14 20:38 ID:???
懐かしいな 勉三さん

29 :マロン名無しさん:03/05/14 23:00 ID:xIkTSbuS
なんだっけ?勉三さんて?

30 :マロン名無しさん:03/05/15 00:02 ID:???
谷〜〜〜・゚・(ノД`)・゚・
谷出してくれ〜〜
谷の何がダメなんだよ〜〜

31 :マロン名無しさん:03/05/15 00:50 ID:???
強すぎるからだろ。
勇次郎が相手でも普通に勝っちまいそうだ。

32 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/15 01:15 ID:???
>>29
いつの間にか帝拳高校の連中の悪口があだなとして定着してしまったかわいそうな奴です
>>30
すいません。原作未読なもんでキャラ分かんないんです。なんか三郎レベルの強さのようですので。

あとクローズ、QP見ました。うーん。リンダマンはかなり強くて好きなんですが
キャラがよくつかめませんでした。ごめんなさい。
代わりにといっては何ですが小鳥は絶対出します。ある男とぶつけます。

33 :30:03/05/15 01:35 ID:???
>>31
でも強すぎるってだけで出さないのもな〜
別に格闘技やってるわけじゃなくて天然で強いし
ワルではない(?)けど不良高統一とかしようとしてたし
島さん絡まなきゃそんなに無敵でもないはず?
>>32
今月の29日に復刻版が出るんで出さないにしても
ぜひ1回読んでみるのをお勧めします
ちょっと絵が癖があるけど内容は面白いよ

34 :マロン名無しさん:03/05/15 01:57 ID:???
谷は弱点がなさすぎてツマラン。
バランスでいったら、むしろ中岡の方が妥当だろう。

35 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/15 15:07 ID:???
谷仮面ですか……………。なんか聞くところによるとかなり強そうですよね
キャラにも魅力がありそうなんで組み込みたいんですけど難しそうなんですよ
今回大体同じくらいの強さの人間とかち合ってもらいます。
極沢VS小鳥とか………まあ予定ですけど。また「谷仮面」古本屋めぐって探してみます。
田舎なんで近所に漫画喫茶がないんですよ 仕事忙しくて遠出できない上に貧乏ですし。
あ、あと作品内で幹部クラスでそこそこの腕を誇るも瞬殺されても問題ないキャラっていませんか?
ちょっと書いてるうちにそういう奴が必要になったんです。良かったらお願いします。


36 :マロン名無しさん:03/05/15 15:10 ID:OEiZFRmj
>>35
ガンガッテナ

勝敗はどう決めてんの?まだだけど

37 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/15 15:32 ID:???
勝敗は…………基本的にバトルロイヤルですからサイコロでも決められないので
しかたないので脳内で妄想します。ひょっとしたら結果には不満が出るキャラがいるかも…………
そのへんは勘弁してください…………ちゃんとした最強は本スレで決まるでしょう。


38 :マロン名無しさん:03/05/15 15:35 ID:OEiZFRmj
いやいいよ
せっかく番外編なんだから好きにやってくれ


39 :マロン名無しさん:03/05/15 15:38 ID:???
極沢うさぎを説得するのは楽そうだな・・・
セーラームーンのアイテムで釣れば余裕。

40 :マロン名無しさん:03/05/15 19:13 ID:???
>>1985
幹部クラスでそこそこ強いの?
カフスならミン。あとゴリラに出てくる片桐。つよいけど、このメンツなら瞬殺されても漏れは文句ない。

41 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/15 23:02 ID:???
>>40
あーミンいいですね。使わせてもらいます。片桐は…………ちょっと強いですね。池戸と同レベルですから
使えたら使います
>>38
気楽にやらせてもらいます

42 :マロン名無しさん:03/05/15 23:59 ID:???
>>35
ろくでなしの薬師寺とか?

43 :マロン名無しさん:03/05/16 01:51 ID:???
>42
ろくでなしブルースはもう2人いるからいいだろ?


44 :マロン名無しさん:03/05/16 01:54 ID:???
>>35
ワーストのブッチャーとかカメレオンの滝沢あたりはどうかな?

45 :マロン名無しさん:03/05/16 01:57 ID:???
>>1985
今日から俺はの今井とかどう?

46 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/16 02:12 ID:???
>>42>>43
そうですね。ろくでなしは2人いますし、他のほうがよさそうですね
>>44
すいません。まだクローズすら全巻読んで無いのでワーストは分からないです
あと滝沢ってどんな奴でしたっけ?
>>45
今井は三橋のエントリー編に使っちゃいました。もうできてるんで明日にでも書き込みます。
ごめんなさい

47 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/16 03:12 ID:???
↑こう言いましたけど都合により三橋書き込みます。

48 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/16 03:13 ID:???
がたいの良い長身の男が町中を走り回る。「くそっ!どこだ?」
よほど急用なのだろう、男の目には焦りが見える。「くそっ!どこにいやがる?」
そこに曲がり角から小柄な男が長身の男を呼ぶ。
谷川「今井さーんっ!伊藤がいましたよー!」

―――――今井。紅高番長。怪力を誇るも頭があまり良くないためか
いつも三橋におちょくられている。常にそばに子分の谷川がいる。
今井「本当かっ?ちょっと待ってくれ!すぐ行く!」
伊藤「おいおい、今井、谷川。一体なんの騒ぎなんだよ?」

―――――伊藤。三橋の親友。正義漢。長髪を逆さに立てた個性的な髪形をしている。
三橋とは性格が反対ながらうまが合うらしく軟高最強コンビとして知られる。

今井「いいかっ?伊藤。落ち着いてこれを見ろ!」
伊藤「??………………ただの缶コーラじゃねえか?」
今井「これな……いいか……落ち着けよ……これな……三橋がオゴってくれたんだ!」
伊藤「!!!」
今井「さっき三橋と会ったんだよ。………………それで野郎、やけに上機嫌でよ。
   どうせいつもみたいにからかってくると思って警戒してたんだよ。
   そしたらあいつ突然「いつも世話になってんな。ほら、これやるよ」って。」
伊藤「た、たまにはそういう日もあるんじゃねえか?そ、そうだ。辛子入れてるとか。」
谷川「僕も今井さんも飲んでみましたが普通のコーラでした。」
伊藤「…………………」
今井「……なあ、こんな事言いたく無えけどよ…あいつ強盗でもしたんじゃねえか?」
伊藤「…………ま………まさか…………あいつに限ってそんな……………。」
否定しつつも伊藤の脳裏の嫌な想像が浮かぶ。
伊藤(もし目の前に鉄砲が落ちてたら…………やる。あいつは絶対強盗をやる。)
今井「と……とにかく!お前は親友なんだから自首するよう勧めろよ。いいな!
   …………………………俺達は確かに伝えたぞ。じゃあな。行くぞ、谷川。」


49 :48の続き:03/05/16 03:14 ID:???
去って行く今井の背中を見送りながらも伊藤は嫌な想像は止まらない。
伊藤(もし大金の入ったカバンを拾ったら…………………ネコババする…………
   まるで何事も無かったように自分ん家に……………………………そうだ!!
   三橋の家に行って本人に聞いて確かめてみよう……もし何かやらかしてたら
   ……………俺が……俺が三橋を自首させなきゃ…………………よし!)

――――――――15分後。三橋の家。
伊藤「ごめんくださーい!…………ごめんくださーーい!………いねえのか?………
   おーーーい!三橋ーーーー!……………ダメだ。返事がねえ。留守なのかな?
   ………………ん?鍵が開いてんな…………まあいいか。入らせてもらおう……
   おじゃましまーーす………おーーい…………三橋!いるかー?………!!!!」
三橋の部屋のふすまを開けた瞬間、伊藤の鼻にきつい刺激臭が襲う。
伊藤「ゲホッゲホッ!………なんだ!?…………この臭いは?…………」
三橋「…あー?おーー!伊藤!お前、人の家に勝手に入るなよ、何の用だ?」

―――――――――――三橋貴志。卑怯。金にがめつい。通称「金髪の悪魔」。
伊藤とは性格が反対ながらうまが合うらしく軟高最強コンビとして知られる。

伊藤「おい!三橋!なんなんだよこの臭いは?」
三橋「ん?……ああ。これか………へへへ…………実はな伊藤……………」

50 :49の続き:03/05/16 03:15 ID:???
―――――――20分後。
伊藤「…………不良一選手権!?」
三橋「ああ。それに優勝すりゃ光成ってじいさんから一億円もらえるらしい。
   それで新しい目潰し作ってたんだけどダメだな、こりゃ。臭いがきつすぎる。」
伊藤「…………それで今井にコーラ、オゴったりするわけね……………
   でも大丈夫かよ?凄え強い連中が集まったり………………………」
  (……いや……こいつは金が絡んだらなんでもする………ましてや一億円………)
三橋「おい!伊藤!………俺、絶対優勝するから!ケケケ!一億円!」
伊藤(対戦相手…………誰か知らないけど………………かわいそうに……………)
――――――――――――三橋貴志、エントリー。


51 :マロン名無しさん:03/05/16 05:09 ID:???
今井が馬鹿で(・∀・)イイ!!

52 :マロン名無しさん:03/05/16 15:56 ID:???
ベンツ&シボレーは狂言回しでもいいから出てきて欲しい。

53 :マロン名無しさん:03/05/17 01:19 ID:???
ミツハーシー出たーーーー!
今井・谷川・伊藤の使い方がイイ!
本スレでも是非作家やってくれ!

番外age

54 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/17 07:21 ID:???
>>52
ベンツってどんなことで恐れられてるんでしたっけ?馬鹿なのは覚えてるんですが………
あとベンツとシボレー、毎回この二人に関わってひどい目にあってた奴名前なんでしたっけ?
>>53
俺はどうやら戦闘を書くのにつくづく向いてないという事が分かったんで「最強」を決めるのは無理です。
あと「今日から俺は」はキャラが立ってるんでけっこうすぐできました。

55 :マロン名無しさん:03/05/17 10:33 ID:???
てかマジでおもろい。
上手い。
すげえ漫画のキャラつかんでますな。

期待してます。

56 :マロン名無しさん:03/05/17 17:44 ID:???
哲ちゃん、かけてるんだろ?投下してYO!

57 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/17 22:25 ID:???
北の大地、北海道。この極寒の地にはすでに不良の「てっぺん」が存在する。
その北海道の「てっぺん」たる男。
―――――――花菱哲。中学生から瞬く間に北海道の「てっぺん」にかけ上がった男。
やる時には徹底的にぶちのめす。どちらかといえば小柄。調子に乗りすぎる点がある。
一誠と出会ってから自分の将来に不安を抱えている。

 公園のベンチ。光成の使いと花菱。
花菱「ふーん。東京の方はまだ「てっぺん」がいねぇのか…………」

鼻をほじりながら気の抜けた様な声で答える花菱。
黒服「……………」
  (本当にこの男が花菱哲なんだろうか?さっきから聞いているのかいないのか。
   おかしいな?御老公の話ではこの男がこの大会に一番興味を示すだろう、と。
   ………単純に興味が無いのか?いや………………しかし…………………………)
花菱「おい。」
黒服「あ………え、ええ。群雄各拠…………といった感じですかね。それで……………」
花菱「ああ、出る………出るよ。それ。不良一選手権(仮)。」
黒服「はっ…………わ、分かりました。では明日、お迎えにあがります。」
花菱「………ああ。じゃあな。」
黒服「で、では失礼します。」
  (大丈夫だろうか?こんな男を大会にだしても………光成様に聞いてみるか………)

花菱の目に黒服とすれちがいでサングラスの男が公園に入ってくるのが見えた。

―――――――――東篠仁。兄の仇、加賀見を倒すべく千幌高校に入学してきたが
裏に潜む三郎太に気付き、花菱、加賀見らと共に三郎太を倒す。

花菱「なんだ、…………東篠か。」
東篠「なんだ、とは随分だな。」


58 :57の続き:03/05/17 22:26 ID:???
 あえて黒服のことは聞かず、東篠、花菱の横に腰掛け、煙草に火をつける。
花菱「………………………」
東篠「………なあ。どうしたんだ?あの三郎太の兄貴の一誠とかいう奴に会ってから
   えらく気が抜けてるじゃないか?……………何があったんだ?」
花菱「………一誠か…………なあ、東篠、おまえ将来何がしたい?」
東篠「しょ、将来?…………まだ考えてねえよ。お前はどうなんだ?」
花菱「俺もだ………だが一誠の野郎はでかいことを考えてるらしい、将来を見据えて。
   ………………だが俺にはそんなもんは無え……………………分からねぇんだ。」
東篠「……………………」
花菱「いままで色んな奴と闘ってきた………中には俺より強い奴もいた。
   でも最後には俺が勝ってきた…………なんていうかこう…………
   根性っていうか………気持ちの中で踏ん張るっつうか…………………」
東篠「…………信念ってやつだな。」
花菱「まあ…………そんな感じだ。それで………一誠は俺より………でっけえんだ。
   その信念って奴が。…………そうなると分からなくなっちまったんだよ。
   ………………………俺の………『信念』って奴が…………………………」
東篠「それで不良一選手権(仮)か?」
花菱「っ!なんでそれを………………?」
東篠「俺の情報網をなめるなよ。さっきの黒服がそうだろ?…………………………
   北海道でも何人か声をかけられたらしい。…………だが全員断わったそうだ。     …………………哲、…………お前が出てくると思っているからだ。」
花菱「……………………」
東篠「…分からなくなったのなら、実際見て勉強してきたらどうだ?」
花菱「……勉強?」
東篠「そうだ。その大会にはすごい奴らが集まってんだろ?
   他所で「てっぺん」やってる奴らの信念。実際見てきたらどうだ?」
花菱「……………………」


59 :58の続き:03/05/17 22:26 ID:???
東篠「じゃあこういうのはどうだ?幸いこの大会に気付いているのは声をかけられた
   奴らを含めてもごくごくわずかだ。お前は他人の為に闘いすぎたんだよ。
   ……………………………今度はお前一人の信念で闘ったらみたらどうだ?」
花菱「俺………一人の、信念?」
東篠「そうだ。大会に出場することを皆に秘密にしてお前一人で闘うんだ。どうだ?」
花菱「……………そう、だな。うん。よし!いっちょお祭り気分いってみっか!」

ベンチから立ち上がり一人歩き出す花菱。それをうれしそうに見つめる東篠。
公園の出口あたりでふと、思い出したように花菱が振り返る。
花菱「おーーーーい!東篠!皆には食あたりで一週間休む、とでも言っといてくれ!」
東篠「………ああ!分かった!」

……………………翌日。
黒服(もし今日もあの調子なら私の手で…………………ここで病院送りに!)
闘気、もしくは殺気に近いものが黒服の回りを漂う。
しかし、家から出てきた花菱を見て黒服の気は瞬時に消えうせた。

花菱「おう!待たせたな!さあ、行くど!」
目には力があふれ、闘気が花菱から自然と漂ってくる。
黒服(……昨日とは別人じゃないか……これが北海道の「てっぺん」……………む?」
  「………花菱様。その包みはなんですか?」
右手に持つ黒い包みを黒服が指差す。

花菱「…これ?凶器じゃないよ。これはね、ふふふ。お、た、の、し、み・」
…………………………………花菱哲、エントリー。


60 :マロン名無しさん:03/05/18 01:33 ID:aO6Qx4eY
哲っちゃんは三郎太編の後の哲ちゃんか

61 :マロン名無しさん:03/05/18 22:09 ID:3UWY1Jie
今日まだーーーーー???

62 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/18 23:50 ID:???
>>61
すいません 今日無理です。 
>>60
ええ、そうです。あの何もなかった期間に参加ということで

あとベンツはチョイ役ですが出せるかもしれません。期待せずに待ってて下さい

63 :マロン名無しさん:03/05/19 15:36 ID:tO9rT1uh
極沢うさぎをどうするのかみたい!やっぱセーラームーンで釣るのか?

64 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/19 18:58 ID:???
今初めて改行ミスってるのに気付きました ブラウザ使ってるからわからなかった
次からは見やすくやります すいません

65 :紅羽高の谷川:03/05/19 21:16 ID:???
こっちに書いたほうがよかったかな。まぁみんな暇ならよんでね。
本スレのほうに息抜き暇つぶし書いたんで。

66 :マロン名無しさん:03/05/20 02:16 ID:???
>>65
読んだよ
お疲れ様 楽しませていただきました
俺は本スレの方がありがたい
っていうかこっちは1985氏専用じゃないの?

67 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/20 02:23 ID:???
 肩がぶつかった………それだけで町中で争う男達。
晴矢「…だから土下座すれば許してやるっつってんだろうが!ウルァ!」

―――――――――日比野晴矢。楽園高校在籍。唯我独尊野郎。
常に背中に幾多の武器を仕込んでいる。夢は世界征服。

島田「なんだとぉ!このツンツン頭!もう一度いってみろ!」

―――――――――ベンツ島田。ベンツに乗るのが夢、らしい。
馬鹿、筋金入りの馬鹿。これで喧嘩が強いのでタチが悪い。

吉田「…に、兄ちゃん。ここは俺が…………」

―――――――――シボレー吉田。ベンツの弟。いわゆる馬鹿。
効果音をつぶやく癖を持つ。常に出刃包丁を隠し持っている。
兄に「まぎらわしいから」と改名を迫られ、吉田と名を改めた。

 シボレー、懐からいつものように出刃包丁を取り出す。
吉田「しゅっ!ぎらっ!!」

 晴矢。一瞬、眉を動かすも動じない。口からは笑みが漏れる。
晴矢「…雑魚がっ!俺に勝つ気か?……千年早えぇ!」

 目を怪しく輝かせ、おもむろに背中から鉄バットを取り出す。
晴矢「ふふふ………キラーン。……かかってこいや、うるぁ!」
島田「……いいか、シボレー。一緒にいっせいのーで、でいくぞ?」
吉田「…う、うん。分かった。……兄ちゃん」
 いつの間にか周囲にできた野次馬の輪にも緊張がはしる。
しかし、そんな人々を押し退け、三人の間に二人の男が割って入る。


68 :67の続き:03/05/20 02:24 ID:???
黒服「……ま…待ってください!」
島田「……邪魔すんな!」
晴矢「……ああ?なんだ?………お前等?」
黒服「わ、私達は徳川光成の使いのものです!とりあえず落ち着いて!」

――――――――45分後。
黒服A「…………理解していただけましたか?」
 島田「…………うん。分かった…………」
ベンツ、かれこれ同じ質問を10分近く、くり返している。

黒服B「…晴矢様は理解いただけましたか?」
 晴矢「…ふん。つまりそこの馬鹿とはここでやらずに
    その大会でケリつけりゃいんだろ?……………いいぜ。
    きちんと大会で俺様の『世界征服』の肥やしにしてやる。」
黒服B「…あ、ありがとうございます!」
 晴矢「気にすんな。俺様の軍資金調達のためだ。……じゃあな。」
 さすがに晴矢も「一億円」には心が動いたらしい。
 鉄バットを背中に収め、上機嫌で去って行く。

黒服A「……会場は東京ドーム…後楽園のですよ?……こうらくえん!」
 島田「…………わ、わかった。」
黒服B(本当は選手全員には迎えが来るんだけど……しょうがねえよな。
    誰だってこんな馬鹿には関わりたくねえもの……………………)
 黒服Bの言うように本来、選手全員には迎えが来るのだがベンツに限り
光成配下のすべての運転手が彼の噂を聞き、全員乗車拒否したらしい。
実際ベンツに出場依頼をしに来た黒服Aも協議の末のくじ引きの結果、 
ベンツを引き当ててしまった不幸な男である。

黒服A「……では我々も失礼します……………………ふぅ。」


69 :68の続き:03/05/20 02:25 ID:???
―――――――さらに10分後。
 頭を抱えて歩くベンツ島田。
島田「………うーん。おいシボレー、お前…会場の行き方…分かるか?」
吉田「…分かんない……………兄ちゃんは?」
島田「…………分からない……………うーん…………おっ!ノブオだ!」

たまたま下校途中にベンツに指差された男。
―――――――――ノブオ。馬鹿兄弟に懐かれたかわいそうな男。

ノブオ(……げっ!馬鹿兄弟………はぁ、またやっかいなことに………)

ノブオの思いとは裏腹にベンツ達がうれしそうに駆け寄ってくる。
 島田「いやー、ちょうど良かった!ノブオ!教えてくれ!
    会場の行き方。教えてくれ!飛行機か?新幹線か?」
ノブオ「…会場って?…………ハァ…………どこにあるんですか?ソレ?」
 島田「…忘れた。」
ノブオ「……ハァ………お願いですから思い出してください。」
 島田「……うーーん………………そ、そうだ!『コウラクエン』だ!」
ノブオ「コ、コウラクエン?………新幹線や飛行機で…………」
   (うーん。コウラクエン?………ふつう後楽園だよなぁ…………
    東京ドーム?いやいや…新幹線や飛行機で行く…あっそうか!)
ノブオ「はいはい!分かりました分かりました!」
 島田「ど、どうやって行くんだ?」

――――――――――そして翌日。
東京駅。なぜか新幹線『のぞみ』車内。
島田「……いやぁノブオは賢いなぁ。」
吉田「……う、うん。兄ちゃん。でも岡山県は遠いね。」
島田「そうだなぁ。ま、いいや。待ってろよ!つんつん頭!!」

――――――――――――――――――日比野晴矢 、エントリー。
――――――――――――――――――ベンツ島田、失格。

70 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/20 02:34 ID:???
>>65
谷川さん。まじでおもしろかったです。これからも頑張ってください。
>>66
別に俺専用ってわけじゃないですよ。でも谷川さんは本スレでも歓迎されてますし、
本スレでいいんじゃないですか?いつか本編を書いて下さると期待してます

71 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/20 03:39 ID:XMejhNtS
寝る前にあげ

72 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/20 21:14 ID:XMejhNtS
閑散としたバスが走る。その最後尾の座席。
徳川光成の使い、黒服と前髪が異様にカールし、顔面に傷のある巨大な男。

――――――――石田小鳥。通称・キューピー。後に数多の伝説を残す男。
ペットのニワトリ・トレーシーを溺愛するあまり鳥関係の食品すべてに
嫌悪感を示す。数年後、彼は真面目に更正するが、それはまだ先の話。

バスはボン天高までノンストップで走る。途中、バス停があっても決して
止まることはない。キューピーの伝説の一つ『QP専用バス』である。
(以前は普通のバスだったがQPが乗るようになってからは客が全く
乗ってこなくなり、いつしかバスはボン天高まで止まらなくなった。)

黒服(…………………これがQP専用バス……………噂通りだ…………)
 さしもの黒服もこの異常な光景に目を奪われる。

小鳥「―――い。………おい。…………おい!」
黒服「……あっ!はい!すいません。なんでしょうか?」
小鳥「……チッ……なんでしょう、じゃねえよ。でてやるって言ってんだ。」
黒服「…す、すいません…では、石田小鳥様。エントリーと言うことで。」


73 :72の続き:03/05/20 21:15 ID:XMejhNtS
キキィ。ノンストップだったバスが止まる。ボン天高前にに着いたようだ。
深々と座っていた小鳥もだるそうに体を起こし、立ち上がる。
閉鎖的な空間に小鳥と二人きりだった黒服、おもわず安堵の息を漏らす。
そこに小鳥、くるっと振り返り、黒服に尋ねる。

小鳥「優勝したら本当に一億もらえるんだろうな?」
黒服「……え、ええ。私が保証します。」
小鳥「ふん。大人の言うことが信用できるかよ………まあいいや。
   ……………その……トクガワミツナリとかいう奴に伝えろ。
   もし約束を破ったら………出場者全員倒した後……………
   ……………てめえの首をへし折るぞ………………ってな。」

 気がつけばバスの中には小鳥の、獣じみた殺気が充満していた。
 小鳥、何かを悟ったようにニッと笑い、バスを降りる。
 小鳥が去った後も殺気は消えない。黒服の震えも止まらない。
 黒服は気付く。自分の股の部分が濡れていることに、漏らしていた事に。
黒服(…………本当に……こんな危険な男を参加させて良いのだろうか?)
 
――――――――――石田小鳥、エントリー。

74 :黒い薔薇SM女王様:03/05/20 21:16 ID:9/6cq7Tf
黒い薔薇SM女王様
SM嬢
黒い薔薇
中部地区最大級のSM派遣クラブがこの程グランドオープンしました。
SM女王様の人数、SM嬢の人数、SM男の人数、
SM嬢レズの人数、サービスは業界みN01のクラブです。
http://www.blackrose.jp/

75 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/20 21:16 ID:XMejhNtS
すいません。小鳥うまくかけませんでした(´・ω・`)

76 :マロン名無しさん:03/05/20 21:54 ID:???
いや、怖さが出ててよかったよ。乙。

77 :マロン名無しさん:03/05/21 02:58 ID:???
小鳥ってムチャクチャ強いわりに、戦い方が結構セコかったりするんだよな。

78 :リンダマン(その1):03/05/21 03:25 ID:???
「それじゃ、お先に失礼します」
小さいが、低くよくとおる声で同僚に声をかけた林田恵は、小さく折りたたんだ仕事着を小脇に抱え、
アルバイト先を辞した。
時刻は午後8時。いつもよりいくらか余分に残業をこなし、今日無断で欠勤した採用1週間目の新人
アルバイトの尻拭いを終えた彼は、急ぐでもなくよろばうでもないゆったりとした歩調をとりながら、
家路につこうとしている。
林田は、道すがらアルバイト先―日本全国にチェーン店をもつ大手惣菜店の店長から言われた
言葉を、なんと言うこともなく反芻していた。
『いや、今日は助かったよ林田くん。ほんとありがとうね。ったく、あの茶パツ小僧口だけは一丁前
のくせして。ああ、そうそう、ところできみ、来週で契約の期限なんだけど、どうかな。その、来週
以降もここに残る気はない?うん。時給は考えさせてもらうからさ。いや、きみが今いるポジションで、
またイチから新人に教え込むってのも、その、あれだしね。きみがよければ、正社員としても』
「正社員、か・・・・」
林田は、歩きながら口に出して呟いた。どうせ半年、そう決め込んでただひたすら与えられた仕事を
こなすことだけを考えていたが、それは(少なくとも彼にとって)思ってもみなかった結果に結びつこう
としている。
どうしたものかな。彼はどちらかといえば困惑に近い心境で考えた。
もちろん、店長からのオファーを受けたほうが、先々を考えた場合何かと都合がいいのはわかりきっている。
林田は今年3年生で、わずか後には、卒業式だ。

79 :リンダマン(その2):03/05/21 03:26 ID:???
>>78
カラスの学校―近在の不良という不良が群がり集まる鈴蘭高校、その卒業生という立場で、まともな
就職先を見つけることは至難の業であるだろうし、林田の親族にはそれなりの仕事を斡旋してくれそうな
人間も居ない。
だが、やはり林田は迷っていた。俺はこの話を受けるべきなのだろうか。それとも・・・・・・。
―桂木さんに、相談してみるか。
林田は、わずかに急ぎ足となって、家路と異なる方向へ歩き出した。

林田にとって、唯一胸襟を開いて語り合える相手―桂木がこの時間にいそうな場所は、大体見当が
ついていた。仕事はもうはねているだろうから、職場近くの一杯飲み屋をはしごしているところに違いない。
2、3件まわればつかまるだろうと決め込んで飲み屋街へと足を踏み入れた林田だったが、
その予想はよい意味で裏切られることとなった。最初の店へ入ろうとしたその瞬間、店から出てくる
桂木に出くわしたのだ。
「桂木さ・・・・・」
暖簾をくぐって、街路へ一歩踏み出そうとしている桂木の姿を見止め、林田は声をかけようとした。
だが、桂木は林田に気づいていない。半歩店の入り口から足を出したまま、後ろ―店内を振り返って
何事か怒鳴っていた。
「しつこいんだよ、あんた!知らないものは知らないっていってるだろうが!」
桂木の後ろ―店内から、誰かが何か言い返しているようだったが、桂木は構わず外へ飛び出し、
そこで彼のほうを見たままどうしたものかと立ち尽くしていた林田に気がついた。
「恵・・・・・・」
「どうも」
言葉すくなに頭を下げる林田。
「お取り込み中ですか・・・・?」
「いや、取り込みってわけじゃねぇんだけどよお・・・・・」
桂木は、傷跡だらけの顔をしかめ、困ったような声で応じた。角刈り頭に鋭い眼光、そしてレスラーを
思わせるいかつい体躯の彼がそうしていると、どことなく非現実的ではあったが。
ちょっとご相談をと思ったんですが、もしふさがってるようだったらまた後でもいいですよ。
林田がそう言い掛けたとき、店内から黒いスーツの男があたふたと飛び出してきた。

80 :リンダマン(その3):03/05/21 03:27 ID:???
>>79
「いや、お言葉はごもっともなんですが、やはり私どもとしましても、手ぶらでかえるというわけには
参らないわけでございまして、そこを何とかご理解いただき」
たいと思っておりまして、と続けようとしていた黒服は、桂木の正面に立っていた林田の姿にその
言葉を急いで引っ込めた。
「あの、林田恵様でいらっしゃいますか?」
全身に鉄筋をぶち込まれたかのような気ヲ付ケの姿勢を取った黒服の男は、頭蓋骨のてっぺんから
飛び出したかのような発音で林田に問い掛けた。
「ええ・・・・・そうですが」
「おお!これはこれは。初めてお目にかかります!実は私、こういうものでございまして」
そういって、男は懐から名前と電話番号だけが記入された名刺を取り出して林田に渡した。
「・・・・・・何か、用ですか?」
突然現れたこの黒服の意図がわからず、林田は低い声で尋ねた。
「ああ、申し遅れました。実は私、徳川光成というものの代理人でございまして」
「おいおい、またあの話をここでするつもりか?」
立て板に水とばかりまくしたてようとした黒服の男を、うんざりしたような顔の桂木がさえぎった。
どうやら、桂木はさいぜんからずっとこの男に付きまとわれていたらしい。そしてその話はどうも林田に
関係があることのようだった。
「まあ、逢っちまったものはしかたない。恵」
桂木は、林田に肩をすくめて見せた。
「このオニイサンは、お前をスカウトに来たんだ。長い話になるから、また店に戻ろうぜ」

81 :リンダマン(その4):03/05/21 03:28 ID:???
>>80
一旦出かけた飲み屋を逆戻りした桂木と黒服の2人は、林田を交えて奥座敷に上がりこんだ。
半ば呆れ顔の店主がテーブルに突き出しとビールのジョッキを並べ終えてカウンターに引っ込むと
同時に、黒服が中断させられた話の続きを始める。

それによれば、黒服の雇い主―徳川という奇矯な大金持ちが、日本全国の、名のとおった不良
高校生を集めて戦わせ「日本一の不良」を決めるイベントを開催するらしい。
エントリーする高校生は、20人から30人。優勝者には一億円をキャッシュで。開催はエントリーが
確定次第だが、それもまもなくであること。

「・・・という次第でございまして、林田様にも、是非エントリーをお願いしたいというのが、本日お願い
に上がりました趣旨でございます。いかがでしょうか?」
そうしたあれこれを流れるような語り口で話した黒服は、そう言って締めくくった。
「馬鹿馬鹿しい話だと思うがな」
憮然とした口調で、桂木がタバコに火をつけながら後を受けた。もちろん、そのタバコは黒服から
パッケージごとせしめたものである。
「俺のところに直接こなかったのは、何故だ?」
ウーロン茶の入ったコップを持ったまま、林田はようやく口を開いた。
「職場に直接お邪魔するわけにはまいりませんし、林田様のご自宅で待たせていただくというのも、
唐突かと思いまして」
どこまで本当かはわからないものの、あいかわらず流暢に男は答える。その言葉を聞いた林田は、
わずかに目を伏せた。
「俺の家に来て、ジイさんにそんな話をしてはいないということだな?」
「もちろんでございます」
「よかった」
林田は、心からの安堵を口調に滲ませて呟いた。
「もしあんたがそんなことをしていたら、ただじゃすまさないところだったよ」
どちらかといえば、淡々とした口調ではあったが、その奥に潜む断固たる決意は、いかなる愚か者で
あっても容易にみて取れるほど激しいものだった。

82 :リンダマン(その5):03/05/21 03:29 ID:???
>>81
事前の調査ファイルで、ある程度把握していたとはいえ、これほどまでたった自分の家族を大事に
する男であったことに改めて気づかされた格好の黒服は、何時の間にか額にびっしょり浮かんだ
汗を懸命に拭いながら、精一杯の笑みを顔に浮かべて言った。
「それで、ご返事のほうは・・・・・・」
「少し考えさせてくれないか。連絡先はここでいいんだろう?」

「で、どうするんだ。恵?」
3杯目の焼酎のお湯割を飲み干しながら、桂木は尋ねた。黒服の男はだいぶ前に席を辞している。
午後11時を過ぎ、そろそろ閉店に迫りかけていた店内は、少しずつ閑散とし始めていた。
「正直なところ、なんともいえないですね。むしろこんなのは坊屋向けの話かもしれないですし」
林田は、その問いかけにそっけなく答えた。
「まあ、決めるのはお前だからな。ゆっくり考えろよ・・・・で、今日お前はなんでここに来たんだ?」
「それなんですが」
林田は、今日アルバイト先で店長から受けたオファーについて短く話した。
「いい話じゃないか。向こうから正社員の話が転がり込んできたんだろう?」
「ええ、ですが・・・・・・・」
先ほどまでよりもさらに口数の減る林田を、不思議そうな表情で桂木は見やった。
「ですが?」
「恥ずかしい話なんですが、俺のやりたいことはもっとほかにあるような気がして。それで、簡単に
返事してしまっていいものかどうか、ちょっと迷ってしまいまして・・・・」
「やりたいこと・・・・・こないだ言っていたあれか?」

83 :リンダマン(その6):03/05/21 03:30 ID:???
>>82
焼酎の入った徳利に手を伸ばした桂木は、上目遣いに林田を覗き込んだ。
あれ、とは、2ヶ月ほど前に林田と桂木が酒を飲んでいたときに出てきた話題である。
そのとき、桂木の自宅で格闘技の試合をVTRで見ながら、ぽつりと林田が漏らしたのだ。
・・・・・俺も、こういうの、やってみたいんですよね・・・・・・
「正社員として働けば、家に金をもっと入れることができます。金だけの話じゃないですけど、ジイさん
の面倒もちゃんと見たいと思ってるんですがね・・・・」
「まあ、格闘家ってのは収入が不安定なものだろうしな」
そのまま、しばらくの間2人に沈黙が流れた。その静けさを強調するかのように、テレビのニュース
番組がどこかそらぞらしい現政権への批判キャンペーンを展開している。
10分もたっただろうか。いささか酔眼朦朧となっていた桂木が、ふと口を開いた。
「さっきの話な、もしかするといいきっかけになるかもしれんぞ」
「え?」
つい先ほどまで、黒服の男を邪険に扱い徳川の企画を小馬鹿にしていた桂木から、そうした言葉が
出てきたことに、林田は驚いたような表情を浮かべた。
「日本全国から、腕に覚えのあるヤツが集まってくるんだろう?だったら、そこでどれほどやれるかっ
てことで、自分がどのくらいの位置にいて、今後どこまでやれるのかって目安になるかもしれねえ。
格闘家目指すか、この街に根を下ろして生きてくか、その結果で決めても遅くないんじゃねえか?」
「ええ・・・・・」
林田は、思わず身を乗り出していた。そうか、そういう考え方もできるな。
「それに、もし優勝すれば一億円。まあ、金の問題じゃないだろうが、格闘家をやっててもお前のジイ
さんの面倒は十分に見れる。それもでかいかもしれないな」
「・・・・・・・・」
林田は、黙ったまま次の飲み物に手を伸ばした。
一口飲んで、しばらく何か考えていた林田が、桂木に何か言おうとしたとき、当の桂木は座敷に
大の字を描いて眠りこけていた。

黒服の男に林田恵から参加要請を受諾した旨の連絡がはいったのは、その翌朝のことである。

84 :マロン名無しさん:03/05/21 03:37 ID:???
これは本スレに書いた方が良かないか?1985の話に林田は出せないっていってるし。


85 :本編402:03/05/21 03:37 ID:???
本編の402でございます。
あちらのスレで、リンダマンのエントリーを、というリクエストがありましたので、
こちらの>>1さんにはご迷惑をおかけいたしますが、こちらにアップさせていただきました。

基本的に、クローズ妄想トーナメントでアップさせていただきましたとおり、
私の文章はともかく長いものでして、こんなものでいいのかなあ、と考え考え書かせて
いただいております。もう少し短く出来ればいいのですが・・・・。

グリコについては、まだネタが固まっていないので後日とさせていただければ。

86 :本編402:03/05/21 03:39 ID:???
>>84さん
あ、確かにそうですね・・・・失敗しました。申し訳ありません>1985=このスレの>>1さん
なんとお詫び申し上げていいやら・・・・・

87 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/21 15:17 ID:???
>>本編402さん
いえいえ、すごくいいもの見せていただきました。
でもどうなんでしょうね?
本スレとこっち、どっちでやった方がいいんでしょう?
本スレにも楽しみにしている人も多いみたいですし
一度向こうで聞いてみたらどうでしょうか?
もし「番外でやれ」と言われたらこっちでやっていきましょう。
次のグリコ、楽しみにしてます。


88 :マロン名無しさん:03/05/21 17:35 ID:???
いつになったら戦いはじまるの?ずっと1スレエントリー話ばっかり?全員分やるの?
展開遅いよ。まあ、特に今までも面白くないからどうでもいいけど。

89 :マロン名無しさん:03/05/21 17:40 ID:???
>>88
どうでもいいなら書き込まなければいいじゃない。 

90 :88:03/05/21 17:59 ID:???
>>89
スマン。さっき最強不良決定スレ見つけて、なんとなくここへ来たので。
20分で全部読めたが、烈しく時間の無駄だった。ツマンネ
全盛期のヤムチャスレや、バキ死刑囚スレpart1のレベルを期待したが、
あのレベルを期待するのは酷だな。
最近ヤムチャスレはガタガタだし、バキスレはマンネリ気味だし。
それでここへ来たのだが。キタイハズレ
ま、俺がツマランというだけで、面白いと思う人が広い世の中にはいるかも知れない。
ガンガレ

91 :マロン名無しさん:03/05/21 18:08 ID:???
>>90
スマンと思うなら書き込まなければいいじゃない。

92 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/21 20:40 ID:???
>>90
展開遅いのはすいません。全員やります。
あとヤムチャスレやバキ死刑囚編のレベルを求めるのは酷といいますが
無理です。酷です。
今後頑張って精進しようと思います。頑張ります。
また良ければ来てください

93 :マロン名無しさん:03/05/21 22:19 ID:???
>>1985
期待しております。別に他スレの連中と比較することは無いですよ。
バキスレの作家連中は異常だからな。キティの集まり。あ、褒め言葉ですよ

94 :マロン名無しさん:03/05/21 23:25 ID:???
良スレsage

95 :本スレ1:03/05/22 02:43 ID:???
>85
リンダのエントリー話よかったです。
個人的にリンダとミツハーシーはひいきなので、すごく楽しめました。
文章が長くなる分にはぜんぜん構いませんので、是非本スレにも載せてみて下さい。
これからも楽しみにしております。
>1985さん
番外編スレ、ホントに楽しいですね。90みたいな意見の奴もいると思うけど、
そもそも、同じ最強を決めるスレでも「不良スレ」は少し方向性も違いますし、
住人が幅広く楽しめればそれでいい訳ですから気にせずやって下さい。
また本スレにもちょくちょく出てご意見くださいね。

96 :マロン名無しさん:03/05/22 12:48 ID:???
俺も楽しみにしてるのでめげないで。

97 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/22 21:08 ID:???
川岸で男はゆらゆらと揺れるタバコの煙を見つめていた。

―――――沢渡憂作。厳密に言うならば九宝龍二。喧嘩に明け暮れる日々
だったが沢渡良子と出会い、結婚。真面目に生きることを誓うも長続きは
せず、妻子を捨て再び暴力の世界に身を投じる。数年後、無残に拳銃の前
に倒れるが目が覚めると何の因果かいじめを苦に自殺を図った自分の息子
「沢渡憂作」の体に転生していた。体に違和感を感じるものの強さは健在
二度目の人生は穏やかな人生を望んでいる。

憂作(……………ドラゴン会を潰して過去の因縁を精算すりゃ……………
   このモヤモヤが取れると思ったんだが…………少しあまかったな)

―――――ドラゴン会。元は九宝龍二が親友と創設した道場「龍誠会」。
数年後、龍二が飽きてしまい、知り合いの田中健に手渡す。
『憂作』に転生後、現われた親友の娘、史奈から「龍誠会」がイナーキと
いう男に乗っ取られたと聞き、「過去の因縁」の精算に乗りだす。苦戦を
強いられるも奇策でイナーキを撃破した。

憂作(………どうするかな…………!……………………………チッ……)
 憂作、後ろから暴力の世界の臭いが漂ってきたことに気付く…………
 タバコの煙から目を離す事なく後ろの影に言い放つ。

憂作「………何のようだ?…………正哉の手下か?…………」
黒服「沢渡…憂作様ですね?………私は徳川光成様の使いのものです。」


98 :97の続き:03/05/22 21:11 ID:???
――――――20分後。
黒服「〜〜〜以上が大会の趣旨です。何か聞きたい事はありますか?」
憂作「……………………」
さすがの憂作も「一億」という賞金に驚きを隠せない。

憂作(一億?……たかが喧嘩の大会に?……そんな金を出す奴いるのか?   
   …徳川光成?…………光成……どこかで聞いた気が………………    
   ……そうか……世界中から腕に覚えがある奴を集めて闘わせてる…   
   …………あの金持ち………思い出した…………………………………   
   昔「なぜ俺に声がかからないのか?」とむかついた事が……………   
   …ふん……皮肉だな………『憂作』になった今になって…………)

黒服「どうです?参加していただけますか?」
憂作(…一億………一億もあれば…………新しくラーメン屋でも作って…   
   ………良子も楽にできる………………あとはただ普通に……………   
   ………よし…………これが…最後だ…………………)

またしても過去の因縁に引き付けられている事に憂作はまだ気付かない。

憂作「…ああ。いいぜ。その大会…出場してやる。ただし…………」
黒服「ただし?」
憂作、無意識に両手で自分の髪をかきあげ、髪形を整える。
目には昔の凶悪な、九宝龍二の光が、口には邪悪な微笑みが再び宿る。

憂作「…俺を満足させてくれよ!」
――――――――――沢渡憂作、エントリー。


99 :マロン名無しさん:03/05/22 22:44 ID:???
これで、かなり消化したね。残ってるのは、矢沢・鬼塚・武丸の三人か。
1人の職人さんがずっとやってる事を考えると、偉業と言っていいのではないだろうか。
別の職人さんのリンダマン話も良かったし、話題がループしてて話が進まない本スレより遥かに面白いよ。
もう、このままここで戦いまでやってもいいんではないかと思うくらい。
もし、他に出したいキャラがいるなら、別の職人さんが書けばいいし。
色々言ったけど、要するに、俺はこのスレが好きだ。

100 :マロン名無しさん:03/05/22 22:51 ID:???
オレも好きー


101 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/22 23:41 ID:???
ありがとうございます

102 :マロン名無しさん:03/05/23 00:24 ID:???
つか矢沢がそんな恐ろしい大会に出る決心するまでを書くのって、すげー難しそう・・

103 :マロン名無しさん:03/05/23 00:37 ID:???
矢沢の場合、例によって周囲が勝手に盛り上がって、もはや後に退けなくなったとか、そんな理由じゃないのかな。

104 :マロン名無しさん:03/05/23 01:29 ID:???
当日もバックレル気まんまんなんだろーなw>矢沢

105 :パオ ◆rQ8IySfmBE :03/05/23 05:38 ID:???
>>1985
 面白いですよ。楽しみにしてます。しかし一生懸命ネタ書いてる人間に、心無い事言うヤツは許せないな。
 >>90みたいなヤツはどこにでもいるんで気にしないで。私など人間性うんぬんまで言われてるぞ。
 1スレをほぼ自分のネタのみで埋めるというのは、正直ツラいですがアナタなら出来ると思います。
 自分のペースでね。あまり頑張り過ぎると疲れちゃうんで、ゆっくり続けてください。
 応援しています。
 


106 :マロン名無しさん:03/05/23 19:01 ID:???
>>105
パオキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

1985氏頑張れ。俺ものんびり見守るぞ。


107 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/24 00:17 ID:???
みなさん、御心配かけてスイマセン。
本当に応援ありがとうございます。

>>パオさん
いつもトーナメント楽しく見させてもらってます。
あっちも何か荒れてるようですが頑張ってください。
俺も自分のペースで、ですが頑張らせてもらいます。

108 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/24 20:47 ID:???
「い、い、いい、一億〜〜〜〜!?」

辻堂高校の屋上。その場にいた不良全員が驚きの声を上げた。
その不良達の中心にいる金髪の男。

―――――鬼塚英吉。中学から親友・弾間龍二との『鬼爆』コンビとして
恐れられる。明るい性格からか友は多いが彼女はいない。童貞。包茎。

黒服「ああ、優勝賞金は一億。鬼塚くん、参加してもらえるかな?」
鬼塚「はい!喜んで!ありがとうございます !ありがとうございます!」
 黒服の両手をつかみ涙を流す鬼塚。
黒服「そ、そうか………………では失礼するよ。」

 黒服の去った後、その場にいる全員、喜々としていた。
弾間「すげえな!英吉!一億だぜ、一億!何に使うよ?」
 真「英吉さんなら優勝間違いなしっスね!」
鬼塚「あっはっはっは。真、今度なんかおごってやるよ。何がいい?」
弾間「お、おい、英吉。俺にもなんかおごってくれよ。」
鬼塚「ん〜〜〜、そうだなぁ、龍二。おまえの単車、パーツ全部いじって   
   みっか?」
冴島「俺は?あのな!俺の欲しいモンはな………………」
鬼塚「………………やだ。」
冴島「……………………………………え?」
鬼塚「克幸。お前何にする?そうだ!皆で寿司、食うか?回らない奴。」
克幸「本当スか?鬼塚さん!ありがとうございます!」


109 :108の続き:03/05/24 20:48 ID:???
冴島(……………………くっ!英吉のやろう。)

――――――冴島俊行。当初、鎌田との狂犬コンビとして恐れられるも
相方の鎌田の渡米、『鼻えんぴつ事件』などで権威を地に落とす。

冴島(おもしろくねえっ!けどこのまんまじゃ間違い無く英吉の優勝だ。
   悔しいが俺じゃ英吉に勝てねえ……………どうする?……………
   …………どうすれば?…………………っ!そうだ!あいつならっ!

冴島「はははははははははは。これだっ。これっきゃねえ!」
突如、大声をあげ、飛び出していった冴島に唖然とする鬼塚達。

鬼塚「どうしたんだ?あいつ?」
克幸「さあ?脳に黒鉛残ってんじゃないスか?」
弾間「うーん。でもなんで英吉が呼ばれて俺が呼ばれねぇんだ?」
鬼塚「………………………………………弱えぇからだろ。」
弾間「……ぁあ?今なんつった?英吉?」
鬼塚「弱えぇから弱えぇっって言ったんだろ?やんのか?龍二?」
顔に血管を浮かしてにらみ合う二人。周囲もまた始まったと耳をふさぐ。  
真 「皆止めろっ!二人を止めろ!克幸!見てねえでおまえも手伝え!」
弾間「やんのか、こらあああああああああああ」

―――――――――鬼塚英吉、エントリー。


110 :貧乏人:03/05/24 22:00 ID:???
>皆で寿司、食うか?回らない奴。
微妙にオモロイ。

111 :マロン名無しさん:03/05/25 00:09 ID:XYP/YjzB
鬼塚か。そういえば極沢もいるんだな。あと矢沢、武丸、極沢か。
あと3人。ついでにあげ。

112 :マロン名無しさん:03/05/25 01:36 ID:???
グリコも入れてくれ!ダメ?
もし1985氏が作品知らないのならクローズスレの作家さんとか
書いてくれないかなぁ。

113 :マロン名無しさん:03/05/25 01:38 ID:???
冴島の動向が気になるいい展開。
どんな伏線が張られているのか今から楽しみじゃ。

114 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/25 03:34 ID:???
>>112
実はクローズまだ途中までしか読めて無いんですよ
よってよくキャラが分からないんです。すいません。
>>113
まあバレバレの伏線なんですけどね。たぶん想像通りだと思います。

あとルールですが選手各々に携帯を奪い合ってもらいます。
適当な架空の街を舞台にしたいんですけど良い名前が浮かびません。
良ければいい案を募集します。よろしくおねがいします。

115 :マロン名無しさん:03/05/25 06:16 ID:???
>>1985
東雲町、武蔵町なんてどうだろう?いや特に意味ないんだが。どこにでもありそうな名前ということで

116 :マロン名無しさん:03/05/25 10:23 ID:Kvez+d6t
町名ないと展開がかけないの?
ある町 とか 某A町とかじゃダメなの?

117 :マロン名無しさん:03/05/25 17:28 ID:???
≫116
展開も糞もバトルやらずにバックレだろ。1985とかいう厨房。
町の名前も決められないようじゃ。ま、面白くないからいいけど。

118 :マロン名無しさん:03/05/25 18:11 ID:???
>117
じゃあ見るなヴォケ。
1985さん、こんな糞レスは気にせず、思うままにやってくれ。
応援してる奴はかなり多いぞ。

119 :マロン名無しさん:03/05/25 18:15 ID:???
>>114
クローズにグリコは出てこないですよ
外伝で登場し、その後ワーストのキャラに

120 :マロン名無しさん:03/05/25 20:03 ID:???
>117
お前>90だろ?厨房はお前だろうが。粘着厨が。

121 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/26 07:56 ID:5tLt7PYf
>>116
書けないってほどのもんでもないんですがなんか「ある街」じゃあ
味気ないかと思ったんです。でも俺はネーミングセンスが0なので
良い名前が思いつかなかったんです。
>>115
たしかにそういう無難な名前のほうが良いかもしれませんね。
>>119
そうなんですか?すいません。どっちにしろクローズ読まないと
分からないですね。早く全巻読みたい。
>>118
毎度弁護ありがとうございます


122 :マロン名無しさん:03/05/26 13:33 ID:???
>>112
リンダマン>QP・春道>美藤弟>ゼットン>グリコ>花だから、
QP更正前の「現在」って、グリコ中1だぞ。
なぜかリンダは3年になってるが、そっちに合わせても中2。無理だろ。

123 :マロン名無しさん:03/05/26 17:43 ID:???
>>122
どうでもよくねえ? そんな設定。
どうせ妄想・・・もといお祭りなんだからさ。
面白ければ、それでいいよ。

124 :マロン名無しさん:03/05/26 17:44 ID:???
>122
そこまでこだわらなくてもいいんじゃない?
それだったら、武丸なんかすっげえ年上になるし。

125 :マロン名無しさん:03/05/26 18:07 ID:???
おまえら町の名前で困っているのならさいたまにしろ

126 :マロン名無しさん:03/05/26 20:19 ID:???
阪神タイガース

127 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/26 20:30 ID:???
鬼塚英吉の参加要請のうまくいった黒服。
栗木「ええ、鬼塚君は参加してくれるそうです。ええ、良かったですね。」
うれしそうに携帯で光成に報告を入れている。

――――――栗木拓次。光成の使い、黒服の一人。伝統派空手の使い手。
以前、地下最大トーナメントのリザーバーとして参加するも夜叉猿の乱入に
より闘技場に立つこと無く会場から逃亡。光成に雇ってもらえたらしい。

栗木「はい、では失礼します………………………ふーー、さて、帰るか。」

一仕事を終え………小さな達成感を感じている栗木の肩を誰かが叩いた。
栗木が振り返ると極めて至近距離に、息の荒い、男の顔が。

冴島「…ハァ…ハァ…ハァ……や、やっと追いついた。…………………え?」
栗木「ッだあああ!」
 シュッッ…………ゴスッッッ……………
 恐怖に引きつり、反射的に栗木の正拳突きが冴島の顔面に直撃する。
栗木「…あっ………だ、大丈夫か?……君?……おい?大丈夫か?おい?」
 長距離走り、疲れ果てているところに腐っても地下闘士栗木の正拳突き。
 冴島はその場で鼻血を垂らしながら意識を失った。

―――――20分後。
 近くの公園のベンチに二人、栗木と鼻にティッシュを詰めた冴島。
栗木「すまんっ。本当にすまんっ!」
冴島「…………………」
 10分前、意識を取り戻してから冴島は不機嫌そうに黙ったままだ。
栗木「……………そっ、そういえばなんで俺を追ってきたんだ?」
 話題をそらそうとする栗木だがその言葉で冴島は目的を思い出した。


128 :127の続き:03/05/26 20:32 ID:???
冴島「……そう!さっき英吉に話してた事なんスけど…………」
栗木「…不良一選手権(仮)?」
冴島「そう!それ!……ぶっちゃけ俺、英吉より強い奴知ってんスけど。」
栗木「っ?鬼塚君はこの辺で最強のはずだろ?彼より強い奴が居るのか?」
冴島「へへっ。いるんですよ………………最強の男がね………………」

――――――――――さらに10分後。
栗木「冴島…君だっけ?ここは進学校の鎌倉緑陵高校だろ?こんな所に…」
冴島「ま、いいからいいから。おっ…ちょうど授業が終わったみたいスね。
   ………面倒なんでこのままアイツの教室まで行っちゃいましょう。」
栗木「あ、ああ。」
  (この男。俺をからかおうとしてるんじゃ?もしそうだとしたら……)
 冴島について歩きながらも思わず拳を強く握りしめる。

冴島「おっ。着きました。おーーーい、極沢ーーーーーーーー。」
 栗木は我が目を疑った。(……夜叉猿!?いや人間だ…しかしこの迫力!)

 進学校の教室の中で一人、ひときわ異彩を放つ大男。
―――――――極沢うさぎ。怪力を誇る巨漢。腕力は鬼塚をも上回る。
基本的に温厚。迫力のある顔をしている。セーラームーンおたく。

栗木(なるほど。確かにさっき会った鬼塚君より強いかも知れん…………)
―――――――――20分後。
栗木「〜〜以上が大会の趣旨だ。極沢君、参加の意思はあるか?」
冴島「何悩んでんだよ?一億だぜ?大好きなセーラームーンも買えるぜ。」
極沢「………………………分かった…………出よう。」
冴島「よーーーーーし!」
栗木「でもちょっと待ってくれ。徳川光成様の許可がもらえないと参加
   できない。今から連絡をとる。………少し待ってくれ。」


129 :128の続き:03/05/26 20:33 ID:???
栗木が携帯を取り出し、徳川邸に連絡を入れる。
黒服「はい、徳川光成様のご自宅でございます。どちらさまでしょうか?」
栗木「俺だ。御老公はいらっしゃるか?」
黒服「あっ、栗木さん。はい、いらっしゃいますよ。繋ぎますか?」
栗木「ああ。頼む。」

光成「あーもしもし。栗木、何のようじゃ?」
栗木「実は御老公に折り入ってお願いが………」
光成「……なんじゃ?言うてみぃ。」
栗木「実は例の大会に加えて欲しい人物が一人、みつかりました。」
光成「…………………」
栗木「お願いですっ!御老公!まるで夜叉猿のような奴なんですっ!」
光成「………何?夜叉猿?」
栗木「え、ええ。この俺が言うんです。間違いないっ!」
光成「……先程残念じゃが出場予定の林田恵から出場辞退の電話があった。
   おかげで一枠だけ余っとる。……そこにその夜叉猿男を入れるか?」
栗木「あっ!ありがとうございます!で、では失礼します。」

栗木「おい!二人とも。極沢君の出場。許可が降りたぞ。」
冴島「へへへ。ありがとうございます!」
栗木「では、俺はこれで失礼する。頑張れよ。極沢君。」

冴島「……ところでよ極沢。優勝したらさ、俺にハーレーっていう
   バイク……………おごってくんない?」
極沢「…………………………ああ。」
冴島「………ありがとう!極沢!」
  (へへへ、これで英吉もおしまいだ……………………………………
   ヒャハハハハハハハハハハ………我ながら最高のアイディアだぜ!)
――――――――――極沢うさぎ、エントリー。

130 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/26 20:39 ID:???
>>122、123、124
俺も設定はアバウトで良いと思いますよ。
書いてる中でこれからボロが出そうですし。
>>125
2ちゃんですからそれもありですね 候補に。
>>126
誤爆ですか?もしかして…………町名ですか?

131 :マロン名無しさん:03/05/27 00:12 ID:???
>>129
リンダマンは参加。ベンツ嶋田が失格の筈ですが?

132 :マロン名無しさん:03/05/27 06:29 ID:???
>>131
リンダマンは本編の402の話だよ。
1985の話はまた別のはなし。

133 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/27 09:10 ID:???
>>131
本スレの402さんと俺のはなしはまた別の話ですよ
…………でいいんですよね?皆さん?
あとベンツはエントリーはしてるんですが
残念ながら会場にこれないので失格です。
まだ大会が始まってないので光成も気付いてません。
あとリンダマン。極沢の話のなかで誤解を招くような
書き方をしてすいません。実は極沢の話は>>32の時点で
書けてたんですが順番的にしばらく保存してたんです。
それで>>32に書いてあるようにリンダマンはよくキャラが分かりませんでした。
でもリンダマンが出るんじゃないか?と思っていた人に
申し訳なく感じ、せめて名前だけでも出させてもらいました。
よく考えたらまぎらわしいですね。重ね重ねすいません。

134 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/27 09:10 ID:5fy73KtL
ついでにあげます

135 :マロン名無しさん:03/05/27 09:22 ID:???
>>133
同じスレの中で、>>83では参加、1985さんのは不参加なんですか?
どっちがどっちかわかりづらくないですか?

136 :マロン名無しさん:03/05/27 09:41 ID:???
このスレ(本スレでもそうだが)最大の決定権は作家にある訳だから
作家に文句を言っても仕方ないよ。
ヒイキが負けたり辞退しても楽しませてもらってるんだから良しとしようぜ。
それが暗黙のルールだろ。
と、言う訳で気にせず続けてくれ。

137 :マロン名無しさん:03/05/27 10:19 ID:???
>>136
参加不参加に文句言ってるんじゃねえって。
別の話が同じスレで同時進行と言うことになると、
どっちがどっちかわかんないから、見分け方教えてってだけ。

138 :マロン名無しさん:03/05/27 16:30 ID:???
名前で見分けろよ

139 :マロン名無しさん:03/05/27 23:34 ID:???
ついさっき初めて見たんだけどなにこれ。
最悪。つまんない。もう来ない。

140 :マロン名無しさん:03/05/28 00:39 ID:???
>>139
おう
いちいち言わなくていいから二度と来るなよ

141 :マロン名無しさん:03/05/28 00:51 ID:???
>>138
1985さんへ。
ホットゾヌなんで、ハンドルでフィルターかければ選択したものだけ読めるようです。
ハンドルは最後まで替えずに頂けるとありがたいので、4649お願いします。

もうお一方も、タイトル前に何かどちらのストーリーかの記号つけて貰えれば。

以上勝手なお願いでした・

142 :マロン名無しさん:03/05/28 09:10 ID:???
リンダマンの話を書いてくれた人は、
以後本スレ行くのでは?

143 :山崎渉:03/05/28 10:03 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

144 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 10:27 ID:???
―――場所は代わって、徳川光成邸。
光成「おお。おお。夜叉猿男によろしくな。」
ピ。光成、上機嫌で電話を切る。

千春「ふん……なんか良いことあったのかい?じいさん。」
光成「…ん?おー、さっきの電話か?良いこと、あったぞ。」
千春「なんだ?」
光成「さっき林田が出場を辞退する電話をよこしたじゃろ?それでの…
   その代わりが見つかったそうなんじゃ。それがなんと夜叉猿の様な   
   大男!聞いた事ないかの?たしか極沢とかいうそうじゃが………」
千春「…極沢?……ううーん…………聞いた事がねえなぁ…………………
   ま、名が知られて無くても強い奴なんてゴロゴロいるだろうよ。」
光成「それもそうじゃな…………それより良かったのぅ。千春?」
千春「…………ぁあ?…なにがだよ?」
光成「おんし反対しとったじゃないか。出場を辞退した林田恵の代わりに
   弾間龍二を出場させることを…おぬしは弾間と闘いたくなのか?」
千春「…………………闘いてぇ。………でも鬼塚も出場させるんだろう?
   ならダメだ…………あんたらには分からねぇかもしれねえだろうが
   俺らにとっちゃダチは兄弟、舎弟とは親子だ……ましてやコンビ。
   同レベルの実力を持ってたら大会内でぶつかっちまうのは必然だ…
   ………それとも何か?あんたは親兄弟の闘いが見てえってのか?…
   そんなもん………………俺は範馬親子で十分なんだよ……………」

千春「ふん…まあいいや。おい、じいさん。俺ちょっと行ってくらぁ。」
光成「………………ん?…………おお、すまんのぅ。」
千春「………あいつは黒服じゃ荷が重えからな……じゃ、行ってくる。」

―――――――一条武丸。暴走族「魍魎(もうりょう)」の頭。
通称・不死身の武丸。異常なまでに執念深い。しかし、現在……………。


145 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 10:28 ID:???
――――――それから30分後。
千春「ここだな……………」
 校内の駐輪所に単車を止め、そのまま特攻服で聖蘭本校舎を目指す。

―――――私立聖蘭高校。八大不良校の一角。授業は体をなしておらず、
不良達は学年ごとではなく、それぞれの族のカテゴリに分かれており、(一部例外を除く)日々、暴走族同士の衝突が尽きることはない。

 そんな高校に族『巌駄無』の特攻服を着た男・千春が徘徊する。
 生徒全員、驚きを隠せない。そんな中、一人、千春に声をかける。
久保島「…おい、千春ぅ。てめぇ、まさか一人で殴り込みか?こらぁ?」

――――――久保島。一言でいうと武丸の子分。

 千春「……久保島か………ちょうどいいや…………武丸はどこだぁ?」
久保島「………ぁあ?………てめえ………誰に向かってくち……………」
有無を言わさず千春、久保島の人差し指をつかみ……へし折る。ビキッ。
 千春「てめえこそ…………誰に向かって口、聞いてんだ?オラッ!」
久保島「ヒ……ヒィィィィィイィィィイ!」
 千春「チッ…一本で豚みてぇな声だしてんじゃねえよ、武丸はどこだ?」
久保島「あ……………た………武丸さんは今……………」

――――――15分後。
某病院。3階、個人部屋。多種多様な管に繋がれ、横たわる男。
ピッ…ピッ…ピッ…。弱々しく生命装置が男の脈を計測する。


146 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 10:31 ID:???
久保島「……うう…………武丸さん………………。」
 千春「…………チッ……………なにがあったかは聞かねぇよ………………
    ………………………………………ふん………まあ…いいや………
    おいっ!武丸!今度、光成っていう暇人が俺達のような喧嘩に
    自信がある連中を集めて大会をやる!お前も当然候補の一人だ!
    俺とお前!そこで決着つけんぞ!……………………いいな!!」

久保島「!?おい!見て分からねぇのか?こんな体でどうやって!?………
    ……意識だって戻ってねえんだよ!頭がおかしいんじゃねぇか!?」

千春「ガタガタぬかすな!久保島ぁ!おい!武丸!細かい事書いた紙は、   
   ここに置いとくからな!絶対ぇ来いよ!………………じゃあな。」
バタンッ。千春の去った病室。久保島が呆然としている。

久保島「おい……分かってんのか?武丸さんは……何考えてんだあいつ?    
    …ま、まあいいや、帰ろ………武丸さん………失礼します……」
バタン。久保島が去った後、また静かな病室に戻る。しかし、久保島は 
気付かなかった。酸素マスクの中、武丸の口が、わずかに微笑んでいた。

――――――――その夜。
看護婦「…………先生!大変です!患者の一条さんが!…一条さんが!」
 医者「……………どうした!様態が急変したか?」
看護婦「い……いえ……それが……いないんです!………どこにも……」
 医者「そ、そんな馬鹿な!彼はまだ動ける状態じゃないんだぞ!」

病室。カーテンが揺れている。開いた窓、闇夜から風が吹いてくる。
――――――――――――――一条武丸。エントリー。


147 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 10:37 ID:???
>>141
こういうふうにすればいいんですか?
違ってたらごめんなさい

148 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 18:30 ID:vDUEImyD
今みたら改行ミス気付きました、すいません。ついであげ

149 :マロン名無しさん:03/05/28 19:43 ID:???
カメレオンからは矢沢以外で誰かエントリーされてるのでしょうか?

150 :マロン名無しさん:03/05/28 20:38 ID:???
久保島は武丸に「さん」付けはしないよ。細かい事言うけど。
でも、面白かった。こうくるとは思ってなかっただけに。
これって原作だと、二連コンテナと対マン張った直後くらい?

151 :マロン名無しさん:03/05/28 21:47 ID:???
1985氏おつです

確かに久保島がちょっと違和感あったけど、
予想外の展開で非常に楽しみ

「俺のインパルス、ソッコーで持って来い」キボンヌ

152 :マロン名無しさん:03/05/28 22:05 ID:???
ブッコミだったら、やはりカッコの使用は外せないな。
“あ”とか、“上等”だよ、とか。

153 :マロン名無しさん:03/05/28 22:34 ID:Jr+L3t+4
>>152
電波な言葉やへんなの擬音も必要。

154 :マロン名無しさん:03/05/28 22:45 ID:???
テニプリ

亜久津 仁

155 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/28 22:51 ID:???
>>150
すいません。久保島はかなりうろ覚えで書いてたんでそういうミスが
あるかもって思ったらやっぱミスがおこっちゃいました。
今後ともミスがあったらご指摘お願いします。


156 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:44 ID:???
小さな喫茶店。向かい合う二人の男。黒服と小柄なリーゼントの男。

―――――矢沢栄作。中学校でイジメにあうも高校生になり不良デビュー。
数々の騒動に巻き込まれるも『はったり』と『悪運の強さ』で切り抜け、
ついにはその名を全国に轟かすほどに昇りつめた究極の『成り上がり』。

矢沢「い、一億……………」
黒服「どうです?出てはいただけませんか?」
矢沢(……一億………でも化け物じみた連中と闘わなきゃなんねえ……)
  「……………ちょっと考えさせてくれ。」
黒服「………そうですか………………………………しょうがないですね。
   矢沢様が出ていただければこの大会も盛り上がるのですが…………
   もし決心されたらこの番号に連絡ください。……失礼します。」
 肩を落とした黒服が喫茶店を出ていく。

矢沢(ククク…ヘヘへへへ……一億…………や、やりたい放題じゃねぇか。   
   ……しかしどうやって優勝すっか?…………………………………     
   ………いつものように、はったりでもかましゃビビッて…………     
   …………でも全国から集まる怪物……………通用するか?………
   ……でも……ふへへ……………きゃー!夢が止まらなーい!)
 …矢沢の妄想は止まらない……都合の良い白昼夢にふける矢沢の後ろ。
 ……ついたての向こう側、矢沢達の話に聞き耳を立てていた二人。

椎名「…………聞いたか?相沢?」
相沢「……ああ。確かに聞いた。迎えは明後日か………善は急げ…だな。」

―――――――――相沢、椎名。幾多の事件により憎しみ合っていたが
しかし矢沢の仲裁?により、以前の親友の関係に戻る。椎名は矢沢を神聖視
しているが相沢は懐疑的。しかし、結局は相沢も矢沢を認めているようだ。


157 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:45 ID:???
――――――――――翌日、成南高校。
矢沢「ふぁあ………………おはよーさん。」
 矢沢が教室に入った瞬間、教室内全ての人間の視線が矢沢に向けられる。
矢沢(………な、なんだ?………この痛すぎる視線は?………………)
 全員、矢沢と目があうと笑顔になり、我先にと歩み寄ってくる。
蘭丸「おい、矢沢!お前このCD欲しがってたろ?やるよ。」
 光「矢沢君、私お弁当作ったんだけど良かったら食べてくんない?」
矢沢(…なんだ?こいつら?ニビル星人にでも洗脳されたんかよ?………)
 突然のことに呆気にとられる矢沢。

矢沢(……………そうか!こいつら……………どっかで大会の話を聞いて
   賞金のおこぼれに預かろうと俺のご機嫌取りに必死な訳か…………
   い……一億円パワー?………………悪くねえ!………悪くねえぞ!)
坂本「栄ちゃん!僕達親友だよね!今日はその証に僕が命の次に大切にして   
   いるこの『お守り』をあげるよ!大事にしてね!」
 坂本、いやがる矢沢のズボンにお守りを固く結び付ける。

椎名「……どけっ!茶坊主!!!」
 椎名の右足が強烈にしなり、坂本の首をありえない方向に曲げる。
坂本「…ぎぶれっ!!!!」
 吐血しながら気絶する坂本を無視して椎名が矢沢を見て不気味に微笑む。
矢沢「……あんだ?お前も俺の『一億円』のおこぼれが欲しいんか?」
椎名「………へへへ、さすが殿。全てお見通しですね…………実は今日、
   殿の大会の壮行式もかねて飲み会を企画してるんスが……………
   その……俺らに酒代をおごってはいただけないでしょうか?」
矢沢「へ?」
椎名「…壮行会で主賓に酒代払わせるってのは非常識って分かってるんスが
   その………優勝賞金一億、の前祝いというか……ダメでしょうか?」
矢沢「おいおい。………俺はまだ出場するか、決めてねえんだぞ。」
相沢「…ダメか………残念だなぁ…………キレイどころも集めたんだが。」


158 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:48 ID:???
 『キレイどころ』。その言葉に矢沢の耳が過敏に反応する。
矢沢「……おいおい、相沢、俺は一言も『ダメ』なんて言ってねえぞ?…」
椎名「じゃあ!矢沢君!」
矢沢「てめえらの酒代くらい………億万長者の矢沢様がおごってやらぁ!」
椎名「…さ、さすがっ矢沢君!男の器が違う!」
矢沢「がはははは!……………ん?……でもちょっと待ってくれ……………   
   俺、今、一銭も金持ってねえぞ?まだ優勝してねえし………………」
椎名「あ、それは大丈夫ス。OZのメンバーで代金立て替えときますんで」
相沢「そういうこった。……間違えても借金、踏み倒すんじゃねえぞ。」
矢沢「………よーーし!んじゃ、さっそく!おい!蘭丸!携帯貸せ!」
 蘭丸から携帯を取り上げ、メモに書かれた黒服の番号をプッシュする。
矢沢「……おい!……黒服か!?俺だ!………矢沢だ!不良一選手権!
   この最強の不良!矢沢栄作様がエントリーしてやらぁ!」


159 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:51 ID:???
―――――――――――5時間後。
 部屋の中は酒の臭いがたちこめ、もうすでに数人が潰れている。
 矢沢、頭に二本、酒瓶をくくりつけて隣の男にカラんでいる。
 隣の男。矢沢に強く抱きつかれ苦笑いしている。

――――――キュウ。中学校でイジメにあっていたがある事件を経て豹変。
狂気に満ちていくも矢沢に助けられ?更正。現在ガソリンスタンドで働いている。

矢沢「……くそっ。気に入らねえ。今日の主賓は俺様だろうが………」
 結局向こうで美女達に囲まれる相沢を見て愚痴を漏らす。

キュウ「まあ、そう落ち込むなよ。兄弟。」
矢沢「………ふん………俺も『一億』さえ手にいれりゃあよ…………」
 『一億』、その言葉にキュウの顔が一瞬、険しくなる。


キュウ「なあ…………兄弟。本当に大丈夫なのか?」
矢沢「……あん?あにがよ?」
 矢沢、すでに酒が回り、ろれつが回らず、目の焦点が合っていない。
キュウ「……………その『一億』の大会の事だよ………………………………    
   こうして酒おごってもらっといてなんだけどよ……本当に大丈夫か?
   その大会、全国から凄い連中が集まってくんだろ?………本当に…」


160 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:51 ID:???
椎名「大丈夫に決まってんだろ!」
 後ろのベッドでつぶれていた椎名が声を上げる。
椎名「矢沢君が負けるはずねえだろうがっ!………………ここにいる全員!
   全員が矢沢君に勝てなかったんだっ!矢沢君が負けるはずねえっ!」

 一瞬呆気にとられるもキュウ、自分の杞憂に気付き、微笑む。
キュウ「……ふん…確かにいらねえ心配だったな、きょうだ………い?」
 矢沢の方に振り向いたキュウ、突如目の前にある矢沢の下半身に凍りつく。

矢沢「こらーーー!相沢ーー!俺にも女一匹よこせーー!」
 矢沢、服をすべて脱ぎ捨て相沢の回りの女達に襲いかかる。
相沢「…………チッ!突然とち狂いやがって!この色ボケ猿がっ!」
矢沢「しぎゃあああああ!」
 
 相沢に全裸のまま馬乗りで殴られる矢沢を見てキュウ、椎名を揺り起こす。
キュウ「おい、椎名。本当に大丈夫か?本当に………………」
椎名「………………」
 椎名、キュウの問いには答えず、ただタヌキ寝入りを決め込む。

全員矢沢の優勝に一抹の不安を覚えつつ――――――――――翌日。


161 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 09:52 ID:???
 矢沢が目を覚ますと、エンジン音。車の中の様だ。
矢沢「……んん?…」
黒服「お目覚めになられましたか。」
矢沢「………んお!」
 気配無く隣に座る黒服の姿に矢沢、すっとんきょうな声を上げてしまう。

黒服「矢沢様………あれほど御自宅待機をお願いしたのに外泊されるとは…   ………おかげで貴方を探すのに少々手間取りました。………………」
 黒服のサングラスの奥の目から漏れる殺気に矢沢、思わず身がすくむ。

矢沢「………わ、わりぃ。」
黒服「………ふん………とにかく…………大幅の遅刻です。………………
   本来開会式の時間ですが御老公の配慮により時間をいただいてます。
   ……………………急ぎましょう。」
矢沢「………………お、おう。」

――――――――――――――――矢沢栄作、エントリー。

―――――――そして、大会が、始まる。



162 :マロン名無しさん:03/05/29 10:01 ID:???
良スレ
応援sage

163 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/29 10:07 ID:???
ちょっと書き込みが変な風になってしまいました。ずれてるし。
色々手違いがあってこんな風に。すいません。
やっぱ矢沢は難しい。(´・ω・`)

あとやっと大会始まります。納得いかない勝ち負けで不満が出るだろうし
原作にない設定つけたしてたりしてます。特に葛西。ある技使います。
このほかにもいろいろ考えてしまってます。
もし「下らない設定つけんな」「こいつがこいつに負ける訳ない」と怒られた方は
ここのスレの事を忘れてください。ただ平謝りすることしかできません。

>>149
今のところ矢沢以外は考えてません。何か提案があったらお願いします。
いけそうなら組み込みます。
>>154
すいません。見たことないんでキャラが分かりません。
組み込むのも無理そうですし。


164 :マロン名無しさん:03/05/29 16:55 ID:???
1985さん面白いよ〜

なにより困るのは途中で止まっちゃう事なんで
煽りや釣りは気にしないで好きに書いて下さい。

応援sage

165 :マロン名無しさん:03/05/29 17:14 ID:???
>>163
俺もおきにのキャラがいるが負けようと気にしないです
好きなように書いて下さい

応援sage

166 :マロン名無しさん:03/05/29 19:21 ID:???
>>163
楽しみにしてます
感想等は書き込むかもしれませんが、
気にせず気楽に書いてください


167 :マロン名無しさん:03/05/29 19:25 ID:???
応援sage

168 :マロン名無しさん:03/05/29 19:26 ID:???
 応援sage

169 :マロン名無しさん:03/05/29 19:27 ID:???
応援sage

170 :マロン名無しさん:03/05/29 19:27 ID:???
応援sage

171 :マロン名無しさん:03/05/29 19:28 ID:???
応援sage

172 :マロン名無しさん:03/05/29 19:28 ID:???

応援sage

173 :マロン名無しさん:03/05/29 19:28 ID:???
応援sage

174 :マロン名無しさん:03/05/29 19:30 ID:???
支援sage

175 :マロン名無しさん:03/05/29 19:32 ID:???
とりあえずsage

176 :マロン名無しさん:03/05/29 19:32 ID:???
ガンガレsage

177 :マロン名無しさん:03/05/29 19:33 ID:???
俺がついてるぞsage

178 :マロン名無しさん:03/05/29 19:34 ID:???
 荒しに負けるなsage

179 :マロン名無しさん:03/05/29 19:35 ID:???
厨房マンセーsage

180 :マロン名無しさん:03/05/29 19:35 ID:???
1985マンセー

181 :マロン名無しさん:03/05/29 19:38 ID:???
見届けるぞsage

182 :マロン名無しさん:03/05/29 19:39 ID:???
 早く続きが見たいsage

183 :マロン名無しさん:03/05/29 19:40 ID:???
   大会楽しみsage

184 :マロン名無しさん:03/05/29 19:41 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉sage


185 :マロン名無しさん:03/05/29 19:43 ID:???
  _,..:::‐:'彡彡三Ξ==、、_
        _,, -='////彡彡彡彡彡彡彡ミ、.
     ,, '//////////////彡/彡彡彡三ミミミ、. 
    ///////////////.=-‐‐彡彡彡三三ミミミ、 
   /|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|,,-''      ヽミ.三彡彡三ミミ、 
   |.|.|.|.| |.|.|.|.|//, '"          `ヾミミ三ミミ, 
   ゙、|.|.|.|.|.!=‐''"        _____     \ミミミミ 
    |/            ,,.;;;,'.'''"""゙゙゙゙゙`''‐   `ミミミミ  
    i,          (;〆  _、===--,‐    .ミミミミ  
     ゙i, __,,,,,,,._       /(,,ノ-'''"´     .゙ミ/⌒ヽ. 
     |/'"´゙゙゙゙_` 、                 X人V | 
     |  ,,-'!_,.)ゝ.'i,                   ) ) ノ      NOォ・・・・・・・
     \"‐'´   |  、_                || | / 
      |     ./    ヽ            |ニ/ ', _     これは荒しではない 応援だsage
      ',    '、___ ,、'''"´       ̄)    .|`-'  ゙,  \ 
        ゙i,     _,. -‐ '"´二ニ=''゙ ./     .|    ゙i,ゝ、  
          \  /( ,, -''"´  _//   ,'     /       |  
           ゙i, ヽ Y゙l,,、-‐''"./. . ,'   /       /  
           ゙、  ゙,ヽ-‐''"´        ./         /   
           \. '           /|       /    
                 `i、        ./ .|     /   /  
            /|.|\_  ,,./    |      /   / / 
              ,-/ /人\ ̄        /     ./  / ./  
           /n|  ヽ  | ゙,      /     ./ / /


186 :マロン名無しさん:03/05/29 19:46 ID:???
応援も疲れるsage

187 :マロン名無しさん:03/05/29 19:46 ID:???
明日も応援ガンガルよsage

188 :149:03/05/29 21:11 ID:???
>1985氏
作中一番人気の松岡は負けが多いし、滝沢は作中で中ボス扱いだったし、
藤丸は病気持ちだし、ジュンは強いがアクが強くないし・・・

やはり、感情欠落時の結城直人ですね。

189 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 06:58 ID:???
>>188
結城兄は本スレでも結構名前でてるんで一度、使えないかを検討してみたんですが結局、無理でした。
なんだか完璧すぎて他のキャラと絡んだり闘って苦戦するところが浮かばないんです。ごめんなさい。

190 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 06:59 ID:pC1jxpMg
ちょっと実験のため上げます

191 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 08:46 ID:pC1jxpMg
>>115さん        
東雲町、武蔵町
>>116さん
ある町、某A町
>>125さん
さいたま
>>126さん
阪神タイガース?

などの町名の提案がありました。ありがとうございます。
せっかく提案して下さったものなので自分の独断で決めずに
サイコロで決めて見ることにしました。提案順に
1、東雲町
2、武蔵町
3、ある町
4、某A町
5、さいたま
6、阪神タイガース
と、します。それでサイコロ振りました。
出た目は……1。
よって町名は>>115さんの「武蔵町」に決まりました。
色々提案して下さった皆さん。かさねがさねありがとうございました。
これからもよろしくおねがいします。

192 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 08:49 ID:pC1jxpMg
↑すいません。夜勤明けで訳の分からない事を書いてますね。
正確には「東雲町」に決まりました。すいません。

193 :マロン名無しさん:03/05/30 18:25 ID:???
エージと久保島は武丸を呼び捨てにしてるんだけどな。
泣き言口調で「た、武丸よぅ・・・」って感じで(藁
台詞の特徴とか大事にしてくれるともっと感情移入できると思う。
作家によって個性があるのは当然だけどね。
台詞回しでは本スレの軟高コンビエントリーエピソードの作家が一番上手かった。
その次くらいに谷川氏。ここのスレも楽しみにしながら見てるよ。応援sage。

194 :マロン名無しさん:03/05/30 20:20 ID:???
>>193
まぁまぁ
本人もミスだったと言ってることを後から突っ込まんでも


195 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 21:17 ID:???
 観客のいない静かな地下闘技場。光成と3人の男。
 開会式の時間はとうに過ぎている。全員イラ立ちを隠せない。
 また一人、待ち切れず重い腰を上げる。……前田太尊。
太尊「……おい、じいさん!………………俺も我慢の限界だ。
   …………………一足先に『東雲町』に行かせてもらうぞ。」
 怒りに身を任せ、太尊、ズカズカと出口に向けて歩く。が、
 ふいに何かの音に気付き、歩みを止める。
 タッタッタッ。人の走る音が闘技場に響く。次第に音が大きくなり
 入り口から姿を見せる。―――――――矢沢栄作。
矢沢「………ハァ……ハァ………わ、悪りい。遅刻しちまった!」

 周囲の目が一斉に矢沢に向く。怒りを込めて。
憂作「おい。じいさん…………このチビで最後だろうな?」
 沢渡憂作がうんざりした顔で起き上がり、服についた土を払う。
光成「……………………あと一人、ベンツ島田君が来んのじゃが……………     
   もう待てるほど時間が無いの…………しょうがない……………………
   ………………よし!矢沢君!今からルールを説明しよう!」
憂作「!おい!ちょっと待て!また説明すんのかっ?俺はもう聞いたぜ?」
光成「……君が聞いてて矢沢君はまだ聞いとらん。」
憂作「まだこのチビの為に時間を割くのかよ!」
光成「……君も遅刻したのに他人には厳しいのぉ?」
憂作「…………………………う………」
 図星。憂作自身、ラーメン屋の手伝いで矢沢の次に遅れて現われていた。
 痛い所を突かれ、憂作、黙って再びその場に座りこむ。


196 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 21:18 ID:???
光成「……さて矢沢君。ルールを説明しよう。」
矢沢「………お、おう。…………ん?人数これだけか?」
 見回しても目につく参加者はたったの3人。
 首をかしげる矢沢に光成が渋い顔で口をすぼめる。

光成「……………………………………君達が大幅に遅刻するから
   大半の参加者は怒って先に『東雲町』に行ってしまったよ。」
矢沢「『東雲町』?」
光成「ふふふ…………本当は闘技場でやってもらうつもりじゃったんじゃが
   ………君達は不良じゃろ?それならば、いつもの場所の方が色々と、
   やりやすかろうと思ってのぅ…………ある場所に目をつけたんじゃ。」
矢沢「???」

 光成が片手を上げ、黒服達に合図を送ると
 闘技場のスクリーンに一つの街が写し出された。
 なんの変哲もない、どこにでもある街。

光成「『東雲町』じゃ。………君等にはここで闘ってもらう。」
矢沢「…………はー、ん?……………でも闘おうにも普通に人がいるぜ?」
光成「そりゃそうじゃろう。……………街なんじゃから。
   あ、……あと今回、わしはなんの根回しもしとらん。」
矢沢「………………へ?…………え?」
光成「道路で喧嘩すれば普通に車が走ってくるし、警察も来るって事じゃ」
 矢沢、呆気に取られ、声もでない。
 突然、後ろで座っていた憂作が矢沢を押し退け、前に出る。


197 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 21:21 ID:???
憂作「おい。じいさん。………一つ聞きてぇんだが?」
光成「ん?なんじゃ?沢渡君。まだ説明が終わっとらんのじゃが…………」
憂作「……すぐ終わる。……あんたはいつもはこういう大会を開くときには     
   だいたい客を入れるよな?今回、客の姿が見当たらねぇんだが?
   …………………………………どっかでよそで中継でもしてんのか?」

 確かにいつもは闘技場は観客で埋め尽くされているが、今日は
 人、一人見当たらず、闘技場は不気味なまでの静けさを保っている。

光成「ほぉ。………詳しいのぉ。憂作君。」
憂作「…………ごまかすな、さっさと答えろ。」
光成「……………ふぅー。勘が良いのぉ。まあ、ここにはもう数人しか
   残っとらんし……………ま、良いかの。教えよう。単純な話じゃ。」
憂作「……………………」
光成「今回の大会は客は見せん。…………わしはの、今大会で優勝した者に
   次は本物の地下闘技大会に出てもらおうと思うとるんじゃ。」
憂作「…………」
光成「じゃから今回は観客入れん。わしもおんしらの闘いは見ん。」
憂作「…気に入らねえな…………あんたにとっちゃこの大会も予選扱いかよ…」

 以前地下闘技場から相手にされなかった九宝龍二の嫉妬がふき出てくる。
 自分の力への絶対の自信。それを否定されているような気がしてきた。
 怒りからか自然と憂作の体から殺気が染み出てくる。

光成「ほっほ。……………まぁ…そう恐い顔するな。第一おんしらの闘いを
   見ようと思ったら一人一人にカメラマンをつけなきゃおえんじゃろ?
   町で闘うのにカメラマンなど連れとったら目立ってしょうがない。
   今回わしも観戦は諦めて対戦結果だけ分かればええと思っとる。
   決しておんしら軽んじとるんじゃない……今回はそれで十分じゃ。」
憂作「………まあいい。悪かったな。説明…続けてくれ。」


198 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/30 21:26 ID:???
>>193
その部分はすいません。反省してます。
期待に応えれるようがんばります。

199 :マロン名無しさん:03/05/31 01:46 ID:???
1985ガンガレageスマソ

200 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 08:05 ID:???
光成「さて矢沢君。待たせてすまんかったの。説明を続けよう。」
矢沢「…あ、ああ。なぁ、じいさん?もし警察に捕まったらどうなんの?」
光成「どうって……捕まってしまったら残念ながら失格じゃの。その後は
   さっき言ったように根回ししとらんからそのまま少年院行きじゃ。」
矢沢「…………………」
光成「その辺は諸君も慣れとるじゃろう?さて大会のルールを説明するぞ。
   まず参加者にはそれぞれ徳川印の特製携帯が渡されとるはずじゃ。」
矢沢「………さっきもらったこれか?」
 ポケットから悪趣味な三ッ葉葵の金色の携帯を取り出す。

光成「そう。諸君にはその携帯を奪いあってもらう。相手を倒しその携帯を     
   使って本部に連絡を取れば相手はどんな理由があろうと失格になる」
矢沢「??……………あん?なんでそんな回りくどい事すんだ?」
光成「ふふふ………………………………まあ………ワシなりの老婆心じゃよ。
   …………実はワシは一度、お主ら不良の闘いを見たことがあるんじゃ。    
   …………………柴千春、というての。当然、今大会にも参加しておる。
   千春は強かったんじゃが闘い方に少々問題があっての…………………
   痛みをすべて根性でカバーする……肉がそげようと骨が折れようと…
   …………二度目の試合を終わらせた千春の体はボロボロじゃった。      
   お主等、全ての不良がそういう闘い方をするとは言わんがあと数名、
   …負けを認めず死ぬまで闘い続ける、そんな奴等がおるようじゃの。
   ………ほっほ。もうすでに包帯まみれの奴もおったがのぅ…………。」
 矢沢(し、死ぬまで闘う?………本物の化け物じゃねえか!…………)

201 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 08:07 ID:???
光成「まだ君等は若い。無限の可能性を一つの大会で散らすには惜しい。
   で、今回の相手に携帯を取られれば無条件で負けになる、という
   ルールにさせてもらった。それに携帯で連絡が入ればすぐさま位置を
   GPSで調べて、すぐに救急車を向かわせるようになっておる。        
   そして次、後ろのスクリーンにさっきから出とる『東雲町』。
   この『東雲町』を徘徊し、自分の対戦相手を探してもらう。
   対戦相手が半径2m内に存在すると携帯のブザーが鳴る。
   『ビーーー』と鳴ったら、試合開始。好きにやったらええ。」
矢沢「…つまり誰と当たるかは運次第って事か。」

光成「そういうことじゃな。そしてありえないじゃろうが『東雲町』から
   出てしまうとこれもまた逃亡として失格になってしまう。
   だが『東雲町』から出そうになると目覚まし時計の様な音が鳴る。
   『ジリリリリッ』と音が鳴ったらすぐに引き返してくれ。
   つまり  
   ・相手に携帯を奪われ、本部に連絡をとられる。
   ・警察に捕まる
   ・『東雲町』からでてしまう
  
   の、3つのどれかを行うとその時点で失格じゃ。分かったかの?」
矢沢「お、おう。」
光成「あと、これは補足なんじゃがこの携帯には開始、注意ブザーのほかに
   『東雲町』の全体の地図機能とメール機能がついとる。
   携帯のアドレス帳には参加者の携帯全てのメールアドレスが
   入っていて気に入った奴と待ち合わせて好きに闘うこともできる。
   説明は以上じゃ。いたって簡単じゃろ?」
 矢沢、携帯の地図機能を開く。
矢沢(……ダメだ、隠れようにも街の端から端まで1時間もかからねえ。
   …………こんなんじゃどこに隠れても敵と出会っちまう。でも……)


202 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 08:08 ID:???
矢沢(…………………そうだ!携帯を街のどっかに隠しときゃ………
   万が一見つかってボコられても失格にはならねえんじゃ………)
光成「…………おぬしにも一応言っておくが携帯を隠しても無駄じゃぞ。
   偶然、通りすがったライバルにブザーで発見されてしまうからの。」

 矢沢、光成の言葉に落胆し、再び黙って地図で逃げ場所を探す。
光成「さて!諸君。各々の車に乗り込み『東雲町』に移動してくれ。
   開会式は時間上、中止じゃ。諸君等の健闘を祈る!」

憂作「…ふん。やっと移動かよ。」
太尊「いいかげん待ちくたびれたぜ。」
極沢「…………………」
矢沢(ダメだ!ここも人が多そうだ!ちくしょー!どこに隠れりゃ………)

 最後まで残っていた4人、四者四様の顔をし、闘技場を去る。
 4人が去った後、一人、期待に振るえ、微笑む光成。
光成「ふふふ………さて、わしも大会本部に向かうかのぉ。」

――――――――そして、闘いの舞台、東雲町。

203 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 08:10 ID:C29cKbeO
これから始まる戦闘なんですが迫力も糞もありません。
戦闘シーンを書くのは輪をかけて苦手です。すいません。あげ。

204 :マロン名無しさん:03/05/31 10:00 ID:???
朝からおつです
ルールが秀逸ですね
これからも頑張ってください

205 :紅羽高の谷川:03/05/31 11:15 ID:???
書く前からいいわけすんな(藁
応援カキコ

206 :マロン名無しさん:03/05/31 16:39 ID:???
>第一おんしらの闘いを見ようと思ったら一人一人にカメラマンをつけなきゃおえんじゃろ?
これをハンディカムで実行した漫画もあるが、それには触れない。

何はともあれ、1985さん期待しとりやす。

207 :マロン名無しさん:03/05/31 16:41 ID:???
ヤザワをどこまで勝ち残らせるかが作者の腕の見せ所ですな。

208 :マロン名無しさん:03/05/31 16:55 ID:???
まぁ直ぐに脱落させてもらっても全然漏れ的にはOKだが>ヤザワ
"超"一流達には神通力は通じなかったって事でもw
作家さんのやりたいようにドゾー(´・ω・`)ノ
応援sage

209 :マロン名無しさん:03/05/31 19:53 ID:???
ところで、各参加者が優勝して1億円を手にした時、
一体どんな展開で、その1億円が泡と消えてしまうのだろうか?

三橋、ヤザワ、英吉、日比野や太尊あたりは容易に想像できてしまうし、
逆に葛西や武丸、優作あたりはちと想像できない・・・

210 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 20:34 ID:???
――――――――――――そして東雲町。
 車が一台。街のはずれ、何もない寂れた道に停車する。
憂作「おいおい。こんなとこに放り出すのかよ?」
黒服「すいません。開始位置は全員固定ですので…………」
 車から降りた途端、不満を漏らす憂作に黒服も困惑する。

憂作「で?もうこのまま相手を潰しに行っていいのか?」
黒服「…全選手が定位置につくまでお待ちください。」
憂作「……チッ…………しょうがねえな。」
黒服「全選手の配置が済み次第、本部から連絡がきます。
   その後は自由、適当に歩いても対戦相手に出会うでしょう。」
憂作「全選手。均等に配置されてるならこのへんにもいるって事だよな?」
黒服「……ええ。誰とは言えませんが確かにいらっしゃいます。
   十分に満足できる相手だと思いますよ………ではご武運を………」
憂作「………ああ。世話になったな…………」


211 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 20:35 ID:???
―――――――― 一方、東雲町、商店街。
矢沢「嫌だーーーーーーーーー!」
黒服「ぐ〜〜、いいかげんに降りてください!!」

 矢沢が車のドアにへばりつき、それを黒服が剥がそうとしている。
矢沢「だー!なんで俺がこんな繁華街に降ろされなきゃなんねんだ?」
  (こんな街中じゃあ嫌でも対戦相手が集まってくんじゃねえか!!!)

黒服「……………………いいかげんにしてくださいっ!!!」
矢沢「ぎゃびぃ!!!!!」
 黒服の鋭い肘鉄が矢沢の脇に刺さり、力無く車からひきはがす。

黒服「ふぅ……とにかく!全選手の配置位置は最初から決まってるんです。
   いいかげん諦めてください!……………………では失礼します!!」 
 黒服、急いで車に乗り込み、矢沢から逃げるように去って行く。

矢沢「………ううっ………ちくしょう。このままじゃ……………」
 
 矢沢、周囲を見回し、街のある物に目をつける。
 飲食店の脇に設置された………………………ゴミバケツ。

矢沢「こ………これだ!こうなったらこの中でやり過ごすしかねえ。」

 異臭のたちこめる残飯の中になんのためらいもなく潜りこむ。
 もはや生き残るために矢沢にはプライドなど微塵も無い。


212 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 20:36 ID:???
―――――――― 一方、東雲町、大通り。
 柴千春。一足先に東雲町にやってきたものの律儀に指定の開始位置で
 開始の合図を待っている。後ろには不幸にも千春に喧嘩を売ってしまった
 地元の高校生が気絶して倒れている。千春にはかすり傷一つない。
 ピリリリリ。柴千春の懐。携帯が鳴り、意気揚々と取りだす。

千春「…おう。俺だ。柴千春だ…………おう。おう。やっと揃ったか………
   てこたぁこれは開始の合図って事だよな?……ん……………!!!!」
 あるものを見て、千春の顔が見る見る険しくなってくる。

千春「………なぁ……開始位置から勝手に動いてるのがいんだけど?………
   …もうやっちまってもいいよな?………………ぃよし!切るぜ………」

 静かに携帯を懐にしまい、ただ前をにらみつける。
 千春の視線の先…………車が行き交う道路、の先…………
 信号待ちの歩行者の一人、包帯だらけの不気味な男…………一条武丸。
 信号が点滅し、赤に変わり、行き交う車が停止する。
 歩行者用の信号が青に変わり、武丸、ゆっくりと横断歩道を渡る。
 千春の半径2m以内。ビーーーーー。互いの携帯から、戦闘、開始の音。

武丸「……………………”殺して”やるゼ?………千春ぅ…………」

―――――――――― 千春 VS 武丸  開始。


213 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 20:45 ID:C29cKbeO
>>谷川さん
やっぱり戦闘は難しいですね。書いてて尚更、思い知らされました。
>>206
そういえばそういう文明の利器がありましたね。
うーん、まあハンディじゃ迫力のある映像が見れないということでひとつ。
>>209
一億は確かに難しいです。優勝候補が二、三人いるんですがいまだ定まりません。
対戦予定は今後変更するかも知れませんが全部でき上がりました。
現在三戦目を書いてるとこです。あとdat落ちが怖いのであげときます。

214 :紅羽高の谷川:03/05/31 20:49 ID:???
あなたは書いてからあげてるんですか。
俺はリアルタイムで書いてるけど。本スレね。

215 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/05/31 20:55 ID:???
>>谷川さん
ええ。そうです。いったん書いて落ち着いてからチェックしないと誤字脱字が激しいんです。
それでも久保島みたいなミスがあるんでどうしようもないですね。


216 :紅羽高の谷川:03/05/31 20:58 ID:???
確かに誤字ひどいな、俺も。

217 :貧乏人:03/05/31 21:15 ID:???
い、いきなり武丸vs千春ですか。
ゾクゾクする〜。

218 :マロン名無しさん:03/06/01 05:51 ID:???
不死身対決か

219 :マロン名無しさん:03/06/01 09:19 ID:???
オッズは武丸8−2千春。

220 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 10:19 ID:???
 …………ゴッ…………ガッ…………ドガッ…………
 千春、武丸。かれこれ10分近く、殴り合いを続けている。
 お互い息をつく暇もなく拳を振り上げる。
  
 火事と喧嘩は街の華。いつのまにか周囲には野次馬の輪ができていた。
 その恐ろしい光景に関わりたくないのか、全員、警察への通報を躊躇する。
 いつ終わるとも知れない殴りあい。その中で千春の拳の動きが止まる。

 武丸はそんな事は気にもかけず拳を振り回し続ける。
 一撃、一撃。武丸が拳を繰り出す度に包帯から血がにじんできている。
 包帯から時折のぞく皮膚は青黒く染まり、呼吸も荒い。
 つまらなそうに武丸の拳を受け続ける千春、ふと、ため息をつく。 

千春「…………やっぱダメだな…………」
武丸「……ぁあ?」

 千春のつぶやいた言葉に驚き、武丸の拳も止まる。
 千春、無言で武丸から背を向け、ガードレールを乗り越える。

千春「……今のてめえと俺じゃあハンデがありすぎる…………………
   ………今のてめえはパンチもなんもかんも軽すぎる……………        ……………………そんなてめえを倒してもつまらねえんだよ…」

 自分に背を向ける千春に武丸、激昂する。
武丸「っ!!てめえ…………まさか”逃げる”気か?…………………
   ……………逃がしゃしねえ………逃がしゃしねえぞ?千春っ!」
千春「…ぁあん?誰が逃げるっつった?………ちょっと待ってろ。
   今すぐ俺とおめえのハンデ……………埋めてやらぁ。」


221 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 10:20 ID:???
 「あ、危ない!」「彼を止めろ!早く!」次々に野次馬が叫ぶ。
 千春、車道の中心に立ち、手足を大きく広げ、気合いをいれる。
 千春の眼前、5m、車の運転手、たまらずブレーキを踏む。
 しかし、突然、飛び出してきた千春に車のブレーキも間に合わない。
 ………………千春の体……重く………鈍い音が町中に響きわたる。
 
 ………………どこでも起こりうる悲惨な交通事故の現場。
 血や歯、体の一部が現場に飛び散り、運転手は罪の意識で動けない。
 周囲の人間もただその場に立ちつくすか、目を覆っている。
 ただ一つ、いつもの事故と違うこと……………被害者。
 車に跳ねられた千春。体に無数のガラス片が刺さり、右腕が折れている。
 体からは血が噴き出し続け、特攻服がみるみる血に染まる。
 しかし…………目。千春の目がしっかりとした意識を物語る。
千春「………こ…………これでハンデは………無しだぁ……」

武丸「………ビキッ!……」
 武丸、顔が笑っているものの顔中に血管が浮かび上がっている。
 『ハンデ』。相手に情けをかけられた。
 そのことが武丸のプライドをひどく傷つける。
 目の前にいる男に抱く感情は一つ…………殺意。


222 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 10:22 ID:???
また改行ミスりました。ごめんなさい。気をつけてるんですけど
なぜかずれちゃいます。もう少し書き込みを気を使ってやります。

223 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 10:43 ID:/VNKmAxn
あげ

224 :マロン名無しさん:03/06/01 18:32 ID:???
1985>>
 各不良登場シーンは面白かったけど ちょっとバトルはショボン
 でも応援してます 書いてくうちに上手になると期待


225 :マロン名無しさん:03/06/01 18:36 ID:???
武丸と千春なら
「本人たちは大真面目なんだけど傍目から見るとギャグ」
と言うシーンが絶対生まれるに10000ペソ。

226 :マロン名無しさん:03/06/01 19:03 ID:???
作家によって個性が出てるんだからこれはこれで面白いよー。
本スレで暴れてる谷川ってコテは拡散型で1985さんは集約型だね。
状況とかをかっちり作って描写してくれてるかんじ。
それに谷川のほうは途中でまとまりつかなくなって逃げそう(藁
あっちは三橋かBBOPヒロシの漁夫の利で終わりそうな雰囲気あるしナー。
拓ちゃんが最後暴走するか。

227 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 22:16 ID:???
>>224
………………すいません。精進します。
>>226
残念ながら俺の場合、谷川さんと違って個性じゃなくて欠点です。
谷川さんやパオさんのように戦闘書ければいいんですけど。
あとやっぱり終わりがむずかしいですね。
でも谷川さんはきっちり最後まで書いてくれますよ。
あれだけ見てる人がいるんですから。俺も楽しみにしてます。


228 :パオ ◆rQ8IySfmBE :03/06/01 22:37 ID:???
>>1985
余計なお世話ならゴメンね。必要ないと思ったら読み飛ばして下さい。
私がバトルを書く時、心掛けているのは2つです。参考にして頂ければ幸い。
 @ 異種漫画バトルの場合、読み手は片方を知っていて片方を知らないという場合が多い。
   だからある程度説明が必要。とはいえ、そのキャラの全てを説明はしなくて良い。
   例えば「盲剣の宇水」の場合、肝心なのは「心眼」の部分。他は端折っても良い。
   心眼のみ集中して説明すれば良い。(2行くらいで説明できる。でも、説明臭い文はダメ)
   最低限の予備知識は読み手任せにしてはダメ。書き手が引っ張らないと。
 A 実際のバトルはキャラの長所を徹底的に書く。多少オーバーでも良い。そのキャラの必殺技、戦略、
   性格など。例えば「赤石剛次」の場合、その長所は全てを切り裂く斬岩剣。この斬岩剣の切れ味を
   徹底的に書く。 ・・勝つキャラ・負けるキャラ両方の長所が書ければ大抵面白いバトルになります。
スレ汚しゴメン。でも1985さんは毎日書いてますね。これなら最後まで大丈夫。頑張って下さい。
   

229 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 23:24 ID:???
>>パオさん
いろいろありがとうございます。今後参考にさせてもらいます。
バキスレ頑張ってください。播磨灘 対 久我 重明、楽しみにしてます。

230 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/01 23:25 ID:DqKkhkBM
出かける前にあげ

231 :紅羽高の谷川:03/06/02 01:04 ID:???
>>228
俺も参考にしまする。貴重な意見サンクス。

232 :紅羽高の谷川:03/06/02 01:13 ID:???
ああ俺も本スレでミスった、寅はレンジのこと「蓮ちゃん」って呼ぶんだな。
同じミスはするってことですな。。。前は偉そうに言ってスマソ。


233 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/02 08:15 ID:???
 人間、結局は他人より自分が可愛いものである。
 しかしなんにでも『例外』があり、自分を大切にできない者もいる。
 目的のためならためらいなく、自分の体を破壊できる。
 それがどんなつまらない理由でも、自分のために、自分を破壊する。
 千春と武丸。この二人はその『例外』に当たる。
 自分すら大事にすることの無い二人。もはや他人の体など意味を持たない。

 『目の前にいる千春を破壊する』……もはや武丸の頭にはそれしかない。
 ちょうど目についたバス停。ズカズカと歩み寄り、バス停を握る。
 バス停を怪力で振り上げ、流血し続ける千春の肩をめがけて全力で振るう。
 肩にのしかかるコンクリートに…………さしもの千春も激痛に嗚咽を漏らす。
千春「が、ぐ、むぅ!…………」
 それでも千春、左の拳に力をこめ、武丸のアバラの骨をきしませる。
 利き腕ではないが、それでも走る激痛に思わず武丸、バス停を手放す。
武丸「ぐ、がぁ…………」

 お互い確実に相手にダメージを蓄積させていく。
武丸「………クッ…ハァ……ハァ………ハァ……」
千春「…ハァ…ハァ…ハァ……ハァ……………………チッ!……」
 
 千春、足元に広がるおびただしい量の自分の血を見て、
 自分の体の限界が近いことを悟り、イラ立つ。
千春(………ホント、人間の体ってのぁ、よくできてんな…………………
   血がこんなにでてるって分かった瞬間、目がかすんできやがった…
   …もうあんまりもたねえな………あと一発……奴のアバラに………)


234 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/02 08:16 ID:???
 あと一撃。狙うべき箇所は千春も分かっている。
 さきほどから執拗にアバラを攻めてきた。そしてさっきの一発。
 手応えで分かる。一発。あと一発決まれば武丸のアバラを完全に粉砕できる。
 しかし、それには左では威力が足りない。利き腕の右。右腕なら…………
 右腕は先ほどの事故で見事に折れ曲がり、中指と小指もイカれている。

千春「………………ま、かまやしねえか…………ぎっ!」
 外に向けて折れ曲がった右腕を力づくで内側に戻し、
 グシャグシャになった指を左手で無理やり拳の形に整える。
 自らを守ろうとする本能が激しい痛みとなって現われるも、
 千春、激痛すら無視し、気合いで右の拳に力を込める。
 申し合わせたかのようにほぼ同時に武丸も拳を動かす。 
 お互い拳を深く引き、次の一撃に全てを賭ける。
千春(……せーーのぉ!)
 
 …………………二人の拳のスピード…………互角…………しかし………
 ……ほんの少し………拳のスピードが………緩む……ゴスッ………………

 武丸の拳、ほんの数cm。千春の顔面の手前で…………止まる。
 武丸のアバラに、千春の拳が………鋭く突き刺さる。
 千春、手応えからアバラの骨がイカれているのが分かる。確信。
 死闘を勝ち抜き、思わず笑みがこぼれる。
千春(…………へへへ…………俺の…勝ちだぁ………………)

 ………………グジュゥッ…………
 しかし、再び千春の脇に…………武丸のヒザがめりこむ。
千春「…!!!……な……」


235 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/02 08:17 ID:???
 千春の右、痛みでほとんど感覚がないものの、
 深く、文字通り、武丸の脇にめり込んでいる。
 しかし、武丸。何事もなかったようにヒザ蹴りを放ち、
 再び、千春に向け、拳を深く引き、不気味な笑みを浮かべる。
 千春は忘れていた。この男の勝利への執着…………不死身の武丸。

武丸「…………”踊れ”ぇ、千春ぅ…………」   
 
 …ドサッ…ヒュッ………………武丸の拳、空を切る………………
 武丸の拳を受けるまでもなく、千春、その場で意識を失い、
 …………そのまま力なく、血の海に倒れこむ。
 
――――――――――――千春 VS 武丸    武丸、勝利。


236 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/02 08:20 ID:???
いろいろ納得いかんでしょうが勘弁してください(´・ω・`)


237 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/02 08:37 ID:jhbgvF+N
書いたんであげます

238 :マロン名無しさん:03/06/02 16:07 ID:???
バトルの結果には文句は言わんよ
時の運ということで

239 :貧乏人:03/06/02 17:45 ID:6d/xsGpT
武丸が”切れ”た!

240 :fd:03/06/02 17:46 ID:YChieiaN

///////////////////////////////////////////////////////////
無修正DVDなら 新宿歌舞伎町直送
         店頭販売の売れ筋のみ厳選 
http://www.dvd01.hamstar.jp/
             白石ひとみ 小森詩 山田まり
及川奈央 レジェンド 堤さやか 東京バーチャル 大好評
     http://www.dvd01.hamstar.jp/
  サンプル画像充実  見る価値大あり  最高画質
/////////////////////////////////////////////////////////////

 


241 :紅羽高の谷川:03/06/02 17:59 ID:hp7CHixo
地価闘技場ベスト8も人間じゃない奴には勝てなかったか・・・。
こうなると花山さん呼ぶしかないでつか(藁
武丸がどこまで行くか楽しみあげ。

242 :マロン名無しさん:03/06/03 02:11 ID:???
武丸(・∀・)イイ!!
地下闘技場の威厳もあったもんじゃないな


243 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 07:36 ID:???
 武丸。血の海に倒れこむ千春を、冷たい目で見下ろす。
武丸「…………おい…………その程度じゃ…………………………
   ……………その程度で……………この武丸様に……………
   ……”ハンデ”なんてぬかしてんじゃねぇぞ!千春ぅ!!」
 
 グチュっ…………ゴスっ………………  
 意識もなく今なお、血を流し続ける千春の体を執拗に、蹴り続け、
 千春の肉、骨。武丸が蹴りを入れる度に千春の死が近づく。
 陰湿な制裁がいつまで続くとも知れない中、遠くからサイレンが響く。
 先程の事故でようやく警察が事態に気付いたらしい。
 パトカーのサイレンの音に、武丸、舌打ちを漏らし、
 気付いたように千春の血染めの特攻服を調べ、携帯を取り出し、
 武丸、面倒くさそうに携帯をいじり、短縮ダイヤルを押す。


244 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 07:37 ID:???
黒服「……はい、こちら本部。どうかされましたか?千春様?」
武丸「…………武丸だ………………これでいいんかよ?……」
黒服「!!……………わ、分かりました……一条…武丸様ですね。
   ……ええ…………これで大丈夫です………では失礼します。」
武丸「………」

 武丸、携帯を切り、瀕死の千春に投げつけ、ゆうゆうとその場を去る。

―――――――東雲町、大会本部。

 信じられない、といった表情で電話を切る黒服。
黒服「……………」
 
光成「……どうした?千春はなんじゃって?」
黒服「……………千春様が…………負けました……」
光成「!!……………そ、そんな馬鹿な……………千春が………………
   ……大会最初の脱落者が………………千春じゃと?…………………」
黒服「………はい。信じられませんがそうなります…………………
   …御老公の優勝予想は早くもはずれてしまいましたね……………」

 千春の初戦敗退、予想外の事態に光成、おもわず息を飲む。
光成「…どうなるんじゃ?…この大会は………」

 静まりかえる大会本部。まだまだ………大会は始まったばかり。
――――――――――――――柴千春、失格。


245 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 07:37 ID:???
昨日多めにかけたのでまた夜にでも書き込みます

246 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 07:38 ID:MzM9c3wf
あげわすれ

247 :マロン名無しさん:03/06/03 08:17 ID:???
おつ

248 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 20:25 ID:???
 千春 VS 武丸。この闘いの場から約20m。
 遠く、電柱の影。闘いの一部始終を見、恐怖に足を震わせている男。
 ―――――三郎軍団、副総長・河井星矢。

河井「…………………な、なんじゃ………あの化け物どもは………………
   …………あんなのとやったらいくつ命があっても足らん……………
   ……………………はよう、あのカスと合流せんと……………………」

 実は河井、偶然、大会に参加していた旧知の男と出会い、
 お互い生き残るために同盟を結ぶことにしていた。
 
 ―――――――――前田直也。三郎軍団相談役。あまりのホラ吹きから
 狼少年=ウルフ前田と呼ばれる。それでも二郎組No2の実力の持ち主。
 本来、出場依頼は大河内一郎、二郎に来ていたが、出場を面倒くさがり、
 たまたま近くにいたウルフ前田が無理やり出場させられることになった。 

 前田とメールで連絡をとり、合流場所の中華屋にいく途中、
 不幸にもさきほどの闘いを目撃してしまったのである。
 河井は突然、懐から黒いメモ帳を取りだし、ページをめくる。
河井「…………あった!」

 ――――――岩田メモ。大会出場が決まった日から部下・岩田を使い、
 日本全国で有名な不良の特徴、噂、etcを調べ、まとめさせたもの。


249 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 20:26 ID:???
河井「…あのトサカ頭からしてさっきの奴はこいつじゃの……………
   ……一条武丸………おそろしい………こいつは要注意っと……
   ………ん?……でも現在…意識不明の重体?……………………
   ………………………岩田のクズがっ!ずさんな調査をしよって!   
   ピンピンしとるじゃないか!どこまでも使えんゴミ虫がっ!!!
   ……まあ、いい。さっさと前田のカスと合流しようかの………」

――――――――5分後、東雲町、商店街。
河井「……………くっ……あのカス……まだ来とらんのか…………
   ………このワシを待たせるとはいい身分じゃわい……………」

 どうやら河井は一足早く待ち合わせ場所に着いてしまったらしい。
 中華料理屋の前にウルフ前田の姿はない。

河井「…………しかしこのままここで待っとくのも物騒じゃの………
   ……いつさっきの化け物が来るとも限らん………どこか………」
 周囲を見渡し、隠れそうな場所を探す。
 ……そして、あるものが目につく。中華料理屋のゴミバケツ。

河井「………背に腹はかえられんの……前田のカスが……あのボケのせいで…」
 
 ブツブツ文句をいいながら生ゴミの中へ身を潜める河井。
 この男も矢沢同様、確実に生き残るためにプライドを捨てている。
 そして………不思議な事にその矢沢もすぐ近く…………………
 ………………すぐ隣のうどん屋のゴミバケツに身を潜めている。
 二人。ギリギリの距離。携帯のブザーは……………鳴らない。

250 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 20:26 ID:???
 自分がそんな状態になっているとは思いもせず、
 矢沢はいつの間にか昨夜の宴会の疲れで眠りについてしまっていた。
 自分に都合の良い夢でも見ているのだろう、気持ち良さそうに眠っている。
 しかし…………………その安眠を妨げる……………あの音が響く。

 ビーーーーーーーーーー!

矢沢「………………………ん………んがっ!」

 あの音…………………試合開始のブザー。
 矢沢、安堵の中から突如、鳴り響く『破滅の音』に身がすくむ。
矢沢(…………み、見つかった?………やばい!どうする?どうする?……
   ……………………ん?……俺の…携帯じゃ………ない?…)

 落ち着いて聞いてみるとブザーは矢沢のバケツの外から響いてくる。
 そっとフタを開け、外を見ると、ブザーの発信元…………にらみあう男二人。
 胸に大きな傷のある男と、顔面傷だらけの異形の男。
 
ウルフ「………ククク………命知らずが……」
 小鳥「……………」

――――――――― 石田小鳥 VS ウルフ前田  開始。


251 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/03 20:29 ID:MzM9c3wf
ウルフ前田は登録されてないんですが、以前に募集した
話の上で必要になった◯◯要員の一人です。ご了承ください。

252 :マロン名無しさん:03/06/03 20:50 ID:???
キューピーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

253 :マロン名無しさん:03/06/03 22:02 ID:???
前田か ◯◯要員だし、瞬殺必死だな。

254 :マロン名無しさん:03/06/04 00:36 ID:???
矢沢と星矢の屑ッぷりに藁。
なんか絵が”浮かん”だですよ。この調子でヨロシク。

255 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/04 09:00 ID:???
 ウルフ、小鳥。お互い、にらみ合いながら一歩も動かない。
 どちらからともなく、いつものファイティングポーズをとる。
 いつしか両者の間に緊張した空気が流れはじめていた。

小鳥(こいつ、たいした自信だな。俺に真正面から一人で向かってくるなんて…   
   ……こういう奴はずいぶん久しぶりだな……へへへ……………………)
   
 久々の好勝負の予感に喜びを隠せない小鳥。拳にも思わず力が入る。
 先に手を出したのはウルフ。風を切る鋭い、右ストレート。
 小鳥、冷静に、すばやくウルフの右ストレートを片手で受け止める。
 
小鳥「…そんな様子見の手打ちじゃなく、最初っから本気でこい!」

 小鳥、自分の巨体で拳が見えなくなるまで振りかぶり、
 ウルフ前田の顔面に向け、全力の一撃を放つ。
 …………………ゴッッ。
 なにか物が押し潰されるような鈍い音が周囲に響きわたる。

小鳥「…………え?」
 
 小鳥、予想外の光景。
 ウルフ前田、まるで車にひかれた小動物のように数10m吹き飛ばされ、
 空中で回転しながら気を失い、無防備に頭から着地する。
 …………………………グジュッ。 

 落下地点で気絶するウルフを見て、あまりの弱さに呆気にとられる。
 予想外の事態。小鳥のパンチは色んなケースに対応した一撃だった。
 完全にガードされた場合、かわされた場合、捨て身覚悟で攻めてきた場合。
 考えうる全てのケースに対応し、次の一撃の準備もできていた。
 しかし、ウルフ前田……全ての想像を裏切り、情けない格好で気絶している。


256 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/04 09:01 ID:???
小鳥「……………………」
 しばらくその場に立ちつくした後、小鳥、ただ無言でウルフ前田に歩み寄る。

小鳥(…………………………………本当に気絶してやがる…………)
 飽きれ顔でウルフの上着から携帯を取り出し、短縮ダイヤルを押す。

小鳥「……………………石田小鳥だ。……ああ……じゃあな…………」
 本部へ簡潔に用件を告げ、その場にウルフの携帯を投げ捨てる小鳥。

小鳥「……………………ハァ。」
 
 ウルフ前田の反撃を迎撃するべく、握りしめた拳。
 落胆の表情でそれを眺めながら深くため息をつく。
 小鳥はそのまま次の対戦相手を求め、さびしそうに去っていった。

――――――― 石田小鳥 VS ウルフ前田  石田小鳥の勝利。

――――――――――――ウルフ前田、失格。

257 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/04 09:04 ID:8vxdMHQc
>>253
大当たりですw
>>252
闘い、短くてすいません。これも一応、意味のある闘いです。


258 :マロン名無しさん:03/06/04 12:00 ID:???
月が狂っちまってやがるぜェ…の台詞希望>武丸

259 :マロン名無しさん:03/06/04 13:19 ID:IcWvk7/f
矢沢と河井の対決が楽しみだなあ(w


260 :マロン名無しさん:03/06/04 20:35 ID:???
やっぱ前田は瞬殺かw

261 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/05 00:12 ID:ZXlBIUJP
 うどん屋のゴミバケツの中。矢沢、さきほどの小鳥の一撃に驚愕している。

矢沢「………………………なんだ?あの化け物は?………………………………
   ………………………………………………シャレになんねぇ………………」

 パンチで人が飛ぶ。信じ難い光景だが実はそれ自体は、何度か見た事はある。
 実際、矢沢はそういう連中にハッタリをかまし、生き延びてきた。
 しかし、あれほどの距離を人間が空中遊泳するのを見るのは初めてである。
 ただでさえ、心の中にあった恐れが、今や完全に矢沢を支配した。

矢沢(………………あんなのと闘ったら俺なんか…………………………………
   ………そうだ!見つかったらさっさと携帯渡してリタイアすりゃ………)

 いつもは素早く回る矢沢の悪知恵も、もはやネガティブな案しか浮かばない。
 リタイアすれば助かる……………が………しかし、あることに気付く。
 自分のために椎名たちが企画した豪勢な壮行会。
 その酒代。未だに未払いであること。しかも相沢がおごりをいいことに
 高額な酒をそろえていた。さらにそれをあれだけの人数が飲んだ。
 全額一人で背負込めば、とてもではないが高校生が払える金額ではない。
 払えないとなると待っているのは……………OZのメンバーからの制裁。
 いつもは頼もしいが敵に回すと恐ろしいことになるのはすでに経験済みだ。
 前門のQP、後門のOZ。引けど地獄、進めど地獄。
 
矢沢(………………ん?…………敵だと恐ろしいが味方なら?………)

 その時、矢沢の脳裏に明るい一筋の光が差した。


262 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/05 00:13 ID:ZXlBIUJP
矢沢(……この大会はバトルロイヤル…………最後の一人になるまで………
   ……………なら………………誰かと手を組みゃあ………………………
   …………………二人で一人を襲えば楽勝だ………………………………
   ………そんで最後に二人だけになったらリタイアすりゃ………………
   ……………半分半分でも5000万…………充分に酒代が払える……
   ……………………それどころかおつりまで出る………………これだ!!)

 矢沢の策。誰か強い奴と同盟を組み、最後まで生き残る。
 そして脳裏に浮かぶ男、石田小鳥。

矢沢「………手を組むならさっきの妙な頭した野郎だ…………………
   ………あんだけ強けりゃ俺は闘わなくても大丈夫だろ?………
   ……………でも………同盟………結んでくれっかな?…………
   ………………………くっ!でもやるっきゃねえ!………………
   ………………………………やらなきゃ………………殺られる!」 

 これから訪れるであろう恐怖にもはや小便も出ず、
 目から一筋、赤い血の涙が流れる。
矢沢「…………………………………………矢沢栄作……覚悟完了!!」
 


263 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/05 00:13 ID:ZXlBIUJP
 勇気を振り絞り、ゴミバケツの外に勢い良く飛び出すと
 矢沢の後ろの方から誰かの声が聞こえてきた。

??「…………そんな馬鹿な……いくらあのカスがヘタレでも一撃で………」

 たった一撃で葬られたウルフ前田の姿を見て呆然と
 中華屋のゴミバケツの中で立ち尽くす…………………
 矢沢と同じく残飯まみれの男…………………河井星矢。

矢沢「………………へ?」
河井「………………ん?」
 
 同時に顔を向き合わせる二人。
 ビーーーーーーーー。試合開始音。

―――――――――河井星矢 VS 矢沢栄作  開始。


264 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/05 00:21 ID:ZXlBIUJP
今日はちょっと私用で書き込めないかもしれないので今のうちに書き込みます
もし書き込めそうなら今日の夜も書き込みます、期待せずに待っていて下さい。

>>258
提案してもらったセリフも全て組み込めるか、検討してます。
これまた期待せずに待っていてください。

やっぱりレスがついてると見るとき、怖い反面、応援だととても
はげみになります。毎回ありがとうございます、

265 :マロン名無しさん:03/06/05 00:36 ID:???
>>264
お疲れさま
否が応でも期待するさw
は冗談として、無理せず続けてください

266 :マロン名無しさん:03/06/05 00:53 ID:???
>>263
河井対矢沢キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

爆笑

267 :マロン名無しさん:03/06/05 17:08 ID:???
戦いそうもないな、こいつら 

268 :マロン名無しさん:03/06/05 18:27 ID:0HatMBYt
ちょ〜おもしろいです!続き楽しみにしてます!
ミツハーシー応援ですw

269 :マロン名無しさん:03/06/06 13:17 ID:???
保守

270 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/06 15:44 ID:???
 矢沢と河井、固まったまま動かない。いや動けない。

 天に向かって伸びる煙突のような頭髪。二つしかない前歯。
 そしてあまりにすさんだ目。河井の容姿全てが矢沢を恐怖させる。

矢沢(……………やべえ………………よりによってこんなやばそうな奴に
   見つかっちまった………………………………どうする?どうする?)

 そして河井。己の失策を恥じ、解決策を模索する。
河井(…………くっ…………ワシとした事が……………………………
   ……しかし…………こんなチビならワシでも勝てるんじゃ……
   …………しかし、この大会に出とるということはそれなりに…
   ……『敵を知り己を知れば百戦危うからず』と言うしの………
   ……………………………………一応調べておくか………………)

 懐から『岩田メモ』を取り出し、ページをめくる。
河井(…………えーーと、ガクランにリーゼントの不細工なチビ…………)

矢沢(……???………なんだこいつ?……突然メモなんかに見入ってやがる…   
   ………!!…ひょっとして…逃げるチャンスなんじゃねえか?……よし!)

 矢沢、河井を見張りながら、そーっとその場を離れようとする、が

河井「……!!!……ああーーーーー!」
矢沢(…………ヒィ…………こ、!こいつ、俺の頭の中が読めるんか?……     
   ………もしやエスパー?…む、無理だ……逃げらんねえ…………………)


271 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/06 15:45 ID:???
河井(……………危険度☆☆☆!?………………………矢沢……栄作!!!
   ………あの矢沢!?………………総長クラスの化けもんじゃないか…
   ………こ、殺される………逃げなければ………ん?いや待て…………
   ………この男…矢沢栄作を利用…もとい…同盟を結べんじゃろうか?
   ……ちょうど頼みの前田のカスはさっきスクラップになりよったし…
   ……ククク……そうじゃの……わしのために働いてもらおうかのぅ…)
   
 にやり。不敵に笑う河井に矢沢、背筋に悪寒が走る。
 河井につられ、矢沢も一緒にぎこちない笑顔を浮かべる。
 矢沢「…………ふ……ふへへ、」

 矢沢の気味の悪い笑顔に河井、思わず顔がひきつる。
河井(…………なんじゃこいつ…………気味の悪い…………………ん?……
   ……そういえばこいつ……いつのまにワシの近くに……………………
   ………さっきの闘いの時には見当たらんかったし………………………)
   
 疑問が浮かび、再び矢沢の近辺に注意を払い………………発見する。
 矢沢の後ろ。周囲に散らかった生ゴミ。フタのないゴミバケツ。
 河井、そこから頭をフル回転させ、ある一つの推理を思いつく。
   
河井(…………ま、まさか……………こいつ…………最初からワシを狙って?)

矢沢「………………ふへへへ。」


272 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/06 15:46 ID:gNXUAdky
ちょっとこいつら長くなりそうです

273 :マロン名無しさん:03/06/06 15:56 ID:???
期待sage

274 :マロン名無しさん:03/06/06 16:10 ID:???
頑張れ
読んでないけど

275 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/06 16:28 ID:???
>>274
そうですか(´・ω・`)


276 :貧乏人:03/06/06 18:08 ID:???
楽しみにしています。
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

277 :マロン名無しさん:03/06/06 20:29 ID:???
>>275
律儀に反応しなくても
俺は毎日楽しみにしてますよ

278 :不良:03/06/06 22:56 ID:tURhZgd5
同じく楽しみにしてる。がんばれ〜

279 :紅羽高の谷川:03/06/06 23:13 ID:LqL7hfkp
応援上げ。誰が一番になることやらよそうもつかず楽しみです。


280 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/07 14:01 ID:???
河井(………………そうじゃ!そうとしか考えれん………………)
矢沢(………なんだ、こいつ?………………………………………………
   ……さっきからジロジロ見てるだけで一向に襲ってこねえ……………)
河井(………くっ………やっぱり………さっきから獲物を狙う獣のような目で
   ……………ワシの隙をうかがっとる………やっぱりこいつ………………)

 河井の推理。それもあながち、ハズれてはいない。
 まず矢沢の周囲に散らかる生ゴミ。そしてフタの無いゴミバケツ。
 それらから、矢沢がゴミバケツの中に潜んでいたことは瞬時に理解した。
 しかし、河井はこう考えてしまった。
河井(………………間違い無い。こいつはただワシを仕留めるために
   ゴミバケツの中に潜んどったに違いない!!………………)

矢沢「………………ふへへへ。」
河井(………………さっきからのこの笑い。恐ろしい事ながらワシの推理に
   間違い無いワイ………………まず………こいつほどのビッグネームが
   ワシのように闘いを避けるために隠れとったとは考えにくい…………
   ………それならなぜ隠れるか?………………答えは一つ………………
   ……この場所にワシが姿を現わすのを待っとった、としか考えれん…
   ………どういうカラクリかは分からんが前田のボケに送ったメールが
   こいつに見られた………そしてワシが姿を現わすまで…………………
   只々、執拗にゴミバケツの中でワシを…………………お、恐ろしい!)


281 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/07 14:02 ID:???
 矢沢、訳も分からず河井の目を見ながら微笑み続ける。
 しかし、それもまた河井に恐怖心を植え付ける。

河井(…くっ…やっと獲物が姿を現わして笑いが止まらん、といったとこか…
   ……………………………何らかの方法でメールの内容を読んだこいつは
   ワシと前田が組んでいることを察知し、大会内の最大危険因子と判断…    
   ………ワシと前田。二人を真っ先に潰そうと乗り込んで来たわけかい…
   判断力、情報収集力、すべてがワシと同じレベル…もしくはそれ以上…    
   …………………………………だめじゃ………こんな奴と手を組んだら…
   ………利用するどころかワシの方が骨までしゃぶりつくされる…………
   ……かといって前田のボケもおらん………なんとか戦闘は回避せんと…)

 かれこれ数分間続いた、探り合い。ついに河井が口を開く。
河井「…………矢沢…栄作さんですよね?いやあ、御高名はかねがね、
    伺っておりますワイ。さすがというか、なんというかその殺気。
   やはり只者じゃない!さすが不良界に瞬く間に現われた超新星!」
   (………ここはワシの腕の見せ所………策士として腕がなるワイ………)

矢沢「………え?………お、おう。なんだ。俺を知ってんのか?」
   (………な、なんだ?やっぱ闘う気がねえのか?………)

河井「ええ、ええ。当然ですワイ。貴方ほどのビッグネーム。
   ワシ程度の者が矢沢さんに出会えただけでも光栄ですワイ。」
   (………ククク……ボケが………………乗ってきおった……)


282 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/07 14:03 ID:???
矢沢「………そ、そうか?まあ、俺が本気で殺気だした日にゃあ
   あのグレート巽も目も合わさず、ビビって逃げるって評判よ。」
   
河井「いやいや、確かに。矢沢さんの眼力なら松尾象山も
   ビビって漏らしますワイ……あ、申し遅れました。
   ………………………ワシはこういうもんですワイ。」
   (………ククク…豚もおだてりゃ木に登りよる……………
    ………………さてここらで一発かますかい………………)

 懐から悪趣味な金色の名刺をとりだし、矢沢に差し出す。
矢沢「……おう、名刺か……悪りいな…………えーーと……
   ……三郎軍団……副総長?…………河井星矢!?……
   ……………てこたぁ、お前……あの『知の河井』か!?」
   (……やべえ…三郎軍団っつったら……大河内三郎の……)

河井「……まあ、そう呼ばれる時もありますワイ。
   …………んじゃそろそろ大会の話に戻しますか……」
   (…………ククク…………ビビっとる、ビビっとる。)

矢沢「…お、おう…んで……結局やんのか……コラァ?
   ………………俺が本気見せたら即死だゾ?コラ!」  
   (…弱みを見せた瞬間、やられちまう……ここは強気に……)

河井「……ククク……それについて一つ提案があるんですワイ…」
矢沢「は?提案?」
河井「……………………実はワシ、おじいちゃんっ子なんですワイ。」
矢沢「……………………はぁ?」

283 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/07 14:04 ID:SrWZsyAN
この闘いは、あとひとつ続きます

284 :マロン名無しさん:03/06/07 19:20 ID:???
http://www.value-shower.com/index.php3?friend_id=726551


285 :マロン名無しさん:03/06/08 02:06 ID:???
おじいちゃんっ子?河井はどんな嘘つく気だ?続きが楽しみ。

286 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/08 10:55 ID:???
矢沢「………ああ?…おじいちゃんっ子?なに言ってんだ?てめえ?」
河井「…………ククク…………確かに、少々説明不足でしたワイ。
   ………………………………………………………ううっ。」

 河井、突如、矢沢に背を向け、鼻をすする。
矢沢(………………なんだこいつ………泣いている?…………)

 河井、歩みより矢沢の手を取る。そして顔を上げた河井の目には大粒の涙が。
河井「…………矢沢さん…………実はあの主催者のじいさん…………」
矢沢「………たしか……徳川……光成か?それがどうかしたんよ?」

河井「……ぐすっ…そう……徳川光成……実はあのじいさん…………
   …………昔、死んだうちのおじいちゃんにそっくりなんですぅ!」
矢沢「……へ?」

河井「…ワシはおじいちゃんが生きとる間になにも恩返しできませんでした…
   ……しかし、今日!あの徳川光成を見た瞬間驚愕しましたワイ…………
   …………まさに瓜二つ………………おじいちゃんが蘇ったのかと………
   ……そしてワシは決めたんですワイ……おじいちゃんの変わりに………
   …………あのじいさんを喜ばせてやろうと…………………………………
   そのためにもこの大会を盛り上げてやろう……そう決めたんですワイ。」
矢沢「……ふ、ふーーん…………で?」


287 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/08 10:56 ID:???
河井「…矢沢さんは言うまでもなく優勝候補………そしてワシも曲がりなりにも
   三郎軍団副総長…………この闘いは実質決勝のようなもんですワイ………
   ……しかし、この大会は未だに始まったばかり………………………………   
   ……もしここでワシらがぶつかれば嫌でも大会がつまらなくなる…………
   …………ワシらにはやはり…………決勝の場こそがふさわしい……………   
   …………………………………………そう思うんですワイ……………………   
   ………………どうでしょう?ここは一旦引いてはもらえんでしょうか?」
  
 矢沢、急に河井に背を向け、何も言わずに押し黙る。

河井(……くっ…さすがにちょっと臭すぎたかい…まずい…次はどうすれば…)

 矢沢、歩みより河井の手を取る。そして顔を上げた矢沢の目には大粒の涙が。

矢沢「………………ぐすっ………良い話じゃねえか………………………
   ………分かったぜ河井!………………この場は闘うのはよそう!」
河井「……………!!!……本当ですか?………お、恩にきますワイ!」

矢沢「………なーに………良いってことよ………………それじゃあな………」
河井「………ありがとうございますぅ………………では決勝で……………」

 二人、別々の方向に歩き、角を曲がった瞬間、ダッシュで走り去る。

矢沢「……ヒィヒィ……冗談じゃねえ…なんで三郎軍団の奴なんかと……」

河井「………ゲホッゲホッ………冗談じゃないワイ…………………………………
   …なんでワシがあの『矢沢』とタイマンはらにゃいかんのじゃ…………    
   ………まったく……………命拾いしたワイ…………………………………」


288 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/08 10:57 ID:???
―――――――10分後。

矢沢「…………ふぅ…………ここまで来りゃ大丈夫だろ?…………………………
   ……しかし……我ながらアカデミー級の演技力だったぜ……………………
   …………まさか目薬が役に立つたぁな…………………………………………
   ……さて……まだ終わっちゃいねぇ…あの変な頭の野郎を説得しねえと…   
   ……えーと……………たしかこっちに行ったような………………………」


289 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/08 10:58 ID:???
―――――――一方、河井。

河井「…ふぅ…なんとか助かったワイ………さてと……………………」

 河井、懐から再び『岩田メモ』を取り出す。

河井「……前田のカスがリタイアしたせいで秘策がパアになったからの…………
   …………また新しい同盟候補を探さんと……………………おっ……………
   …こいつはなかなか使えそうじゃの……頭もそこそこ切れるようじゃし…
   …………こいつに持ちかけてみるかい……………………ん?………………
   …………くっ…………さすがにマブタにメンソレータムは染みるのぅ……   
   ……………………なにかマブタを洗うものを…………おっ………………」

 河井の目に通りすがりの老人の手にしたミネラルウォーターが見える。
 
河井「…………おい!コラ!じじい!そのミネラルウォーターよこさんかい!」
老人「……ヒ、ヒィ…………こ……こら、君…………返しなさい…………」
河井「………やかましい!このクソジジイ!………………………
   …ドボドボドボッ……あーー……生き返るワイ……………」
老人「…………こ……こら…………やめなさい…………」
河井「…………やかましい!輝く未来ある若者に限りある資源を譲らんかい!…   
   …………この前世代のポンコツがっ!…まったく強欲ジジイが……………
   ………お前等、残りカスは黙って若者に全財産差し出せば良いんじゃい!   
   ゲヒョヒョヒョヒョヒョヒョヒョヒョヒョ!……あーー生き返るワイ。」

――――――――河井 VS 矢沢  両者逃亡。



290 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/08 10:58 ID:tJIrkp1b
ちょっと長くなっちゃいました、申し訳ない

291 :マロン名無しさん:03/06/08 11:13 ID:???
ははは オモロ

292 :マロン名無しさん:03/06/08 11:37 ID:???
予想を裏切らないヘタレ振りだ  
グッジョブ

293 :マロン名無しさん:03/06/08 12:25 ID:XwWy/6SM
三橋と河井と矢沢の対決が楽しみだ。
えらく卑怯なバトルになりそうだが。

294 :マロン名無しさん:03/06/08 21:54 ID:???
相変わらず面白いw

295 :マロン名無しさん:03/06/09 01:28 ID:???
1985氏、自作自演の自画自賛、いつもご苦労様です

296 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/09 06:17 ID:fHDs6i7c
>>295
今までは俺の書き込みについての反対意見だったのでなにも言いませんでしたが
全く根拠のない事でわざわざ応援の書き込みをしてくれている人をおとしめるのは 
我慢できません。今後は反対意見も無視させてもらいます。

>>291-294
俺が荒しに反応していたせいで一人粘着質な人がいるようです。
これからは無視しますのでどうかこれからも応援お願いします。


297 :マロン名無しさん:03/06/09 07:57 ID:rAZGDAIL
気にすんな、1985。皆も馬鹿がうるさいんでこれからはageていこうぜ

298 :マロン名無しさん:03/06/09 09:51 ID:6HerB/vC
じゃあID出して応援するか

>>296
気にせず頑張って下さい
楽しみにしてます

299 :レストアガレージ251:03/06/09 13:54 ID:???
レストアガレージ251

300 :マロン名無しさん:03/06/09 14:43 ID:???
空条承太郎に決まってんだろ。

301 :マロン名無しさん:03/06/09 15:47 ID:lx3TvkJX
>>296
がんがって下さい。毎日楽しみにしています。

302 :無名武将@お腹せっぷく:03/06/09 15:53 ID:???
ヤザワVS河井で爆笑しますた。

303 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/09 18:31 ID:???
――――――東雲町。
商店街は中央と西と東に分かれ、西は中央、東に比べると少々寂れている。
町内には数多く、公園や街路樹が整備され、大変環境は良いものの
元々、交番が少なく、町内にある警察署が現在、改築工事中であるため、
北西に位置する風俗街を中心に治安があまり良くない。
また南部には、バブル期の名残で、数多くの廃工場が存在している。
繁華街からはずれると途端に未整備の自然が姿を見せる典型的な地方都市。
ちなみに武丸が闘ったのが商店街・中央、矢沢がいたのが商店街・東である。

そして、少し時間は戻って、東雲町の南東部、住宅街。

 葛西、公園のベンチに深く腰掛け、煙草の煙を吐く。
 顔をしかめながら慣れない携帯の操作に四苦八苦している。
葛西「…………チッ……やっと出やがった。」

 携帯の画面、東雲町の地図。
葛西「………ここが…住宅街か………しかしここじゃ、邪魔が入る…………
   …………どこか近くに……………ん?……廃工場か……………………
   ……………………ここなら…………心置きなく……存分に前田と……」


304 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/09 18:33 ID:???
 ……………………ジャリ…ジャッ……ジャッ。
 ひたすら携帯の操作に没頭していた葛西、
 足音で初めて何者かの気配に気付き、顔を上げる。
 ビーーーー。葛西の手元の携帯のブザーが鳴る。

 …………意思の強そうな目をした、ガタイのいい巨漢。
児島「…………白雲……白雲の児島だ。お前は?」

――――――――児島。白雲高校の番長。元ボクサー。

葛西「…………葛西だ。」
児島「……葛西?……………………!!お前、正道館……池袋の葛西か!?」

葛西「………………」
児島「………?」
葛西「…ククク……ッハハハハハ!」

 児島、突然笑いだした葛西に呆気にとられるも
 意味不明な笑いを続ける葛西に次第に怒りが込み上げてくる。

児島「…………てめえ……なにがおかしい?」
葛西「ククク……………………お前、今……『児島』って名前より先に…………
   ………………『白雲』って自分の高校の名前が出ただろ?…………………
   …………………………目に浮かぶぜ…………ただの『児島』が……………
   …回りの人間におだてられて『白雲』の『児島』に成り下がる様がよ。」
児島「……!!!」
葛西「…教えてやるよ……肩書きなんて意味が無いってな………………
   ………………………ついでにお前が今まで積み重ねてきた強さが
   どれだけ無意味かも教えてやる………………………………来い。」

――――――――――――――――葛西 VS 児島  開始。


305 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/09 18:39 ID:fHDs6i7c
例の◯◯要員。これでボクシングをやっている奴が必要になったんですが
不良でボクサーで弱い奴ってのが児島以外思いつきませんでした。
ろくでなしはもう二人出てるし。全く申し訳ない。
◯◯要員はあと一人か二人程度なので勘弁してください。

>>297 >>298 >>301 >>302
本当にありがとうございます。今後も頑張らせてもらいます。


306 :ナナシサソ:03/06/09 23:07 ID:???
イイヨイイヨー!

307 :マロン名無しさん:03/06/10 03:23 ID:4DuwfC+N
エンジェル伝説の児島か。懐かしい。葛西に「新しい技」がつく、とか書いてたよね?今から楽しみ。

308 :紅羽高の谷川:03/06/10 23:16 ID:???
エンジェル伝説か、思い出して藁タ。

309 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 00:03 ID:???
児島(…………なんだ!?…………こいつは?…………)

 ベンチから立ち上がり、完全に戦闘態勢に入った葛西に隙はない。
 恐怖。児島はその構えだけで相手との力量の差を思い知らされる。
 一方、葛西。涼しげな目で児島を見ている。
 蛇に、にらまれたカエル。児島の背から滝のように汗が止まらない。
 児島、自らの無力さを呪いながらも、ヒジを上げ、ゆっくりと身構える。
 その場から逃げ去りたい衝動を心の中にしまい込んで。

葛西「………!………………お前……ボクサーか?………………」

 葛西、児島の構えがある男とかぶる……………前田太尊。
 児島、突然の葛西の問いに数秒、戸惑いながらも、なお、虚勢をはる。

児島「……!…………だ……だったらどうだってんだ!?…」
葛西「………そうか…………なら……『あれ』を試すか……」
児島「……!?」

 葛西、不気味に微笑み、それまでの構えを解く。
 そのかわりに両手をダラリと下げ、腰を少し落とし、中腰。
 その不気味な構えになった瞬間、隙が増えたかわりに確実に、
 それまで葛西が放っていた闘気がガラリと殺気に変わる。
 
葛西「………ちょっとガタイが違いすぎるが……まあ、いい…………こい。」
児島(……なんなんだ!?………こいつは!?………)

 児島、以前味わった恐怖とは桁違いの恐怖にヒザの震えが止まらない。
 今まで色んな相手と喧嘩してきたが初めて味わう、本物の殺気。
 早く動かなければ……そうした葛藤が余計に児島の体を縛りつける。


310 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 00:06 ID:???
 そんな中、公園の横を二人の男が通りかかる。
 巨岩のような、どこまでも鍛えられあげた頑丈な肉体をもつ中年の男と、
 女のような顔だちのせいか一見、華奢に見える、スーツ姿の背の高い男。

男A「…………んん?…………ありゃあ?…………」
男B「……??どうかしましたか?…………」
男A「…………いや……あれ見てみろよ…………」

 男A。不思議な構えを取る、葛西を幹のような太い指で指す。

男B「……………………!!!あれは…………」
男A「…へっ…おもしろそうじゃねぇか…………ちょっと見てくか…………」

 AとB。闘っている二人の事など、おかまいなしに公園に足を踏みいれる。
 両者が常日頃から放ち続ける闘気。その尋常でない量の闘気。
 過敏なまでに神経を研ぎ澄ました葛西、つい、反応してしまう。
 視線は児島からそらさないものの、意識。意識がつい、二人に向いてしまう。

 一瞬の隙。ほんの一瞬、偶然出来てしまった葛西の隙に、
 児島、まるで腫れ上がった風船に針が刺さったように
 限界を迎えた緊張が葛西が見せた一瞬の隙に向かって破裂する。
児島「……う、うわあああああああ!」
葛西「……!!…………くっ…………」

 我を忘れつつも児島のどこまでも忠実なボクシングの右ストレート。
 葛西、とっさに両手で児島の右腕を掴もうとするも…………間に合わない。
 重量級の児島の右ストレート。葛西のアゴに深く………鈍い音をたてる。
 ……………………ゴツッッ。


311 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 00:09 ID:NKC7G+Ti
今日は書き込みが遅くなってすいません。

>>307
そうです。ある技を使います、お楽しみに、

312 :外伝担当 ◆uuMg1iXKpg :03/06/11 00:19 ID:???
初めまして。とあるスレで長いだけがとりえの話を書いているものです。
本日、ちょっとしたきっかけで、こちらのスレを拝読いたしまして、感銘を受けましたので
ご報告を。

・・・・・・的確にまとまってるなあ。いいなあ。うらやましいなあ。

正直なところ、会話とツボを押さえた文章で読み手にイメージを湧かせるという
のが、本当にすごいと思います。私も、こういう文章が書きたいです・・・・。

失礼いたしました。

313 :マロン名無しさん:03/06/11 00:53 ID:???
ひょっとして男A,Bは○○○山と○川○!?
だとしたら葛西が使うのは○○!?


314 :マロン名無しさん:03/06/11 06:33 ID:lXd2r+dz
ぶっちゃけ知らないキャラもいるが、
楽しませて頂いてます
応援age



315 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 08:53 ID:???
男B「…………ふぅ…………どうも気のせいだったようですね…………
   ……さっさと帰りましょう……………彼には何もないですよ。」

 男B。冷たい目で、無様に地面に仰向けに転がる葛西を見つめる。
 しかし、男A。キラキラした目で、興味深そうに葛西から目を離さない。

男B「……へへへ……まあ……見てなって………あの兄ちゃん………………
   まだまだやれそうだぜ………それに…あの構えは……間違い無く………」

 児島、いまだに目の前の光景が信じれず、しばらく硬直する。
 しかし、地面に寝転がり、痛みから片手でアゴを押さえる葛西。
 その様子を見て児島、徐々に自信を取り戻しはじめる。

児島(…………ふ……ははは…………なんだ………………………………………
   ……俺はこんな奴にビビってたのか…………ははは………………………
   ………そうだ………俺は『白雲の児島』…負けるはずが無ぇ………)
 
 葛西、無言で立ち上がり、さきほどと同じ構えをとる。
 両手をブラリと下げ、腰を少し落とし、中腰。
 ベンチに腰掛け、静かに眺める男A、待っていたとばかりに、不敵に微笑む。


316 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 08:54 ID:???
児島「……ははは!またその構えか!二度もハッタリは通用しねぇぞ!!」

 我を忘れた児島、何の考えもなく、無策にまたしても、右ストレートを放つ。
 本来、児島は喧嘩において『防御』が得意な男である。
 相手のパンチを得意のフットワークで避け、出来た隙に拳を叩き込む。
 それ故、相手に待たれてしまうと実力が極端に激減する。
 ましてや相手は葛西、まして、あの技……最初から児島に勝ち目はなかった。

 葛西、今度は冷静に右ストレートを両手で掴み、右足を児島の首にかける。
 次の瞬間、児島のアゴに葛西のヒザが飛んでくる。
 …………ガゴッ!

男B「………なっ!?………………」
男A「……へへへ…………やっぱりか。」

 児島の前歯が無残に砕け散り、ノドから悲鳴を上げようとするが
 なおも葛西、つかんだ右腕の関節をきしませ…………へし折る。
 ……………………ブッ…………ボキッ!
 
―――――――――――――――虎王、完了。


317 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 08:55 ID:jBM3LAOa
 『虎王』の破壊力。その衝撃が児島の意識を吹き飛ばす。
 葛西、静かに虎王を解き、児島を地面に転がす。
 児島の学ランから携帯を取り出し、黙って短縮ダイヤルを押す。

葛西「………葛西だ………ああ…早めに来てやれ……重傷だ……」

 早々に携帯を切り、先程から公園中を包む、闘気の源のほうへ目を向ける。
 ベンチに座る二人の男。試合を邪魔された葛西、思わず怒りで声が低くなる。

葛西「………………おい!てめえら……何の用…………!!!!」

 葛西。男Aの顔を見て思わず、目を丸くする。
 日本に住む男なら、誰でも知っている、武の化身。
 最強の空手家・松尾象山が……………………今、目の前にいる。

葛西「…………なんで…………こんなとこに………………?」
象山「……………へへへ………………………まあ、いいじゃねぇか…
   ……さっきは邪魔しちまって悪かったなぁ。兄ちゃん…………
   …………で、さっきの技……………どこで覚えたんだ?おい?」
   
―――――――――――――――葛西 VS 児島  葛西の勝利。

――――――――――――――――児島、失格。


318 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/11 09:06 ID:jBM3LAOa
>>外伝担当さん
俺も死刑囚を楽しく見させてもらってる一人です。
まるで小説を見てるようで、もう本当にすごいですね。
俺のはボキャブラリーが少ないから逆に説明不足になっちゃうんですよ。
これからも頑張ってください。楽しみにしてます。

>>313
当たりです。もう少し分かりづらくても良かったですかね?
象山、姫川にはもう少し色々からんでもらいます。

>>314
ありがとうございます。実際そうゆうのが一番嬉しいです。

319 :マロン名無しさん:03/06/11 11:58 ID:???
虎王キターーーーーー

320 :マロン名無しさん:03/06/11 12:21 ID:f8DljtpU
虎王、完了。葛西最強だな

321 :マロン名無しさん:03/06/11 12:27 ID:lXd2r+dz
まさか虎王とはな
こりゃ葛西優勝持ってっちまうぜぇ

322 :マロン名無しさん:03/06/11 15:52 ID:qPzO4uq0
虎王って、これなんの漫画の技?

323 :マロン名無しさん:03/06/11 17:06 ID:???
虎王が何かわからんが
ガンガレ

324 :紅羽高の谷川:03/06/11 19:14 ID:tLQwemKR
藁タ。葛西ならやりかねんage。

325 :マロン名無しさん:03/06/11 19:22 ID:iWtHLigL
>>322
>>323
原作・夢枕獏、漫画・板垣恵の「餓狼伝」という漫画に登場する技です。
泉流という柔術の奥義です。
松尾と姫川も餓狼伝の登場人物です。

326 :マロン名無しさん:03/06/11 19:27 ID:???
>>325
あれ?竹宮流じゃ無かったっけ?

327 :マロン名無しさん:03/06/11 19:47 ID:iWtHLigL
>>326
ごめんなさい
実はものすげーうろ覚えで、泉先生だったことだけ何とか思い出しました
竹宮流です


328 :マロン名無しさん:03/06/11 20:38 ID:???
泉先生・・・
なぜ葛西などに虎王をッッッ!!

329 :マロン名無しさん:03/06/11 20:48 ID:???
>>328
藤巻キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!


330 :マロン名無しさん:03/06/11 20:48 ID:???
どっちかというと、象山は最後まで名前を出さない方が面白かったかも。
分かる人だけニヤリとするって感じで。
でも面白かったよ、期待sage

331 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/12 09:43 ID:ReZWcr1L
良かった、虎王ひかれるかと思ったら大丈夫そうですね
ここで単純に東雲町の設定の説明しときます。
ひょっとしたらあちこちに矛盾が生じるかも知れませんが
             北
 
    風俗街      駅    ビジネス街

西    西町     中央町    東町     東
  
   何もない河原   廃工場群   住宅街

            南

こんな感じです。参考までに。また今日中にかきます。

332 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/12 15:20 ID:???
象山「……俺達の事……知ってるかい?」
葛西「…………北辰館の松尾象山…………と……姫川…勉……だったか?」
象山「……その通り。君の名前も教えてくれるかな?」
葛西「…………葛西だ。」

姫川「……葛西…………『葛』西?…………」
象山「……………………ふーん、良い名前じゃねえか。
   ……で、葛西君。さっきの技なんだが……………」
葛西「………………………………?」
 葛西、象山の問いに答えず、憮然とその場に立ち、
 なぜか不思議そうな顔で象山を見つめている。

姫川「…………おい、君……館長が聞いてるんだ……答えないか……」

 姫川、葛西の無礼な態度に苛立ち、思わず語気を強める。
 太陽のような熱を放つ象山のそれとは違い、姫川の気。
 周囲の気温を凍てつかせるような、どこまでも冷酷な気。
 象山、姫川の様子に半ば飽きれ気味に二人の間に割って入る。

象山「おいおい、姫川。プロがアマチュア相手に本気になってどうすんだ?
   ………………………もうそこらへんにしとけや……………………な?」
 
  アマチュア。その言葉の持つ意味に葛西が鋭く反応する。

葛西「…………今………………なんつった?クソじじい?」
姫川「………なっ!?」
象山「………………………………………アマチュアっつったかな?確か?……
   …それがどうかしたか?小僧?………………………………………………
   …………あと……俺はクソジジイじゃねえ……松尾象山だ………………」


333 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/12 15:20 ID:???
 にらみあう象山と葛西。二人の間の空気が熱を帯びてくる。
 一触即発。象山、変わらず笑顔だが、目が笑っていない。

姫川(…………素人相手に本気になるな、じゃ無かったんですか?…館長?…)

葛西(…………なんなんだ?このおっさん………………)
 葛西、徐々に自分の気が象山に押されていることに気付き、焦りが走る。
 意を決し、すばやく得意の回し蹴りのモーションに入ろうとする、が。

象山「…………ホレ。」

 葛西のノド。象山のつまさきが、葛西のノド仏にそっと乗っている。
 一般人には『見る』ことすら出来ない、本物の『空手家』の技。
 
象山「…………俺が本気なら即死だな……おい?……………………」
葛西「……っ!!!」

 葛西、一瞬にして起こった事に理解する事が出来ず、
 ただ口をポカンと開け、目の前の象山を見つめることしかできない。
象山「…………がははは!………………………ま、冗談だ、悪い悪い。
   ……さて教えてくれねえか?…………さっきの技のついてよ……」

334 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/12 15:21 ID:ReZWcr1L
あげ

335 :マロン名無しさん:03/06/12 16:03 ID:???
>>333
ってか、つづくのか、このネタは?
おそらくなぜ葛西が虎王を使えるのかって根拠を説明しようとしてるのだろうが、
「だって葛西だから」で終わらせといた方がよかったような。
これは不良の話だから、あまり格闘家が絡むと本筋から外れてしまいはしないだろうか?

まあ、老婆心ならいいんですが。

336 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/12 16:08 ID:ReZWcr1L
確かにそうですね。すいません。もう少し続きます。
ある男とつなげるためにどうしてもこの二人が必要になりました。
平たくいえば解説要員です。もう少しだけ我慢してください。
お願いします。

337 :マロン名無しさん:03/06/12 16:21 ID:???
>>335
文七vs堤の試合を見て影響されたと妄想してみる。

338 :マロン名無しさん:03/06/12 17:29 ID:WGPpFsnR
俺は象山好きだからこの展開は(・∀・)イイ!

339 :マロン名無しさん:03/06/12 18:15 ID:???
葛西に虎王はなんか違うと思うマイノリティその一。
っていうか、不良に虎王は合わない気がする。
技の難度とかそういうのじゃなくって、喧嘩の技じゃないと思うんだよな、虎王は。
まあ、何か必然性があって出したみたいだから俺のことは気にせんと続けてください。
応援してます。

340 ::03/06/12 18:20 ID:LVoqnjwK
>339
喧嘩の技じゃないのをやってしまうのが葛西

341 :マロン名無しさん:03/06/12 18:41 ID:hTY0bwdL
タケコプターは首が吹っ飛ぶとか無粋なこと考えてたら楽しめない。深く考えず娯楽として楽しめ。

342 :339:03/06/12 19:54 ID:???
>>341
んー、ウルトラマンが関節技で怪獣を倒すような違和感と言ったらわかってもらえるだろうか?
深く考える前に襲ってくる違和感なんだよ。

343 :紅羽高の谷川:03/06/12 20:41 ID:HYPlqPUB
かっこよくって威力がありそうだから使ってみたかったっていうだけって感じでいいのでは。

344 :名無しさん:03/06/12 20:48 ID:KyFJVGcJ
その、なんたらって技しらないけど、葛西は喧嘩でパワーボムとかボディスラムとかやる人間なんでいーんじゃないの?

345 :マロン名無しさん:03/06/12 23:15 ID:m2ytEUY9
とりあえず、次の展開、新たな不良どもの戦いを見たい。

346 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/13 00:18 ID:???
やっぱり違和感を覚える人も多いようですね。申し訳ない。
あと次へ色んな伏線を張るためにあと、2回象山メインで話が進みます。
もうすこしだけ我慢をお願いします。

実はもう一つお願いがあります。
ある理由から日曜日から来月初頭までここに来れなくなり、
しばらく書き込みが出来なくなります。
よければしばらくこのスレを保守していてはもらえないでしょうか?

347 :マロン名無しさん:03/06/13 00:20 ID:MOM2EtHj
えーーーマジで?頼むからすぐに帰ってきてね。

348 :マロン名無しさん:03/06/13 02:07 ID:???
全力保守age

349 :マロン名無しさん:03/06/13 14:14 ID:???
パオに続いて1985もいなくなるのか。寂しいな。

350 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/13 15:41 ID:???
象山「…………君は竹宮流の門下生……かな?」
葛西「………………?…………竹…宮流?」
象山「……違うか……………………………………かかか…………だろうなぁ。
   ………………………どう見ても門下生にゃ見えねぇもんなぁ…………
   …………んじゃ、どこでその『虎王』覚えたんだ?………………おい。」

 象山、ずいっと葛西の眼前に迫り、声を低く聞かせ、問い詰める。

葛西「………………『虎王』?」
象山「……??……………………………………………………………
   ………まさか、さっき使った技の……名前も知らねえのか?」
姫川「…………っ!?」

葛西「……『虎王』……………」
象山「………………あきれたぜ……名前すら知らずに使ってたのか?
   ……………………………………じゃあ、どこで覚えたんだよ?」
 
 象山に促され、自然と葛西の脳裏に数週間前の光景が浮かぶ。
 
 葛西は前田太尊に敗れてから、色んな格闘技を研究するようになった。
 自らの力を誇示する為ではなく、今度は純粋に喧嘩に勝利する為に。
 前田太尊、すなわちボクサー対策。葛西、研究の末、一つの結論に達する。

葛西「…………………………寝技か、関節技………………………………
   ……だが、どれもこれもいまいちピンと来なかった………………
   ……さんざん悩んでた時に気晴しにTVを見た……………………
   ………たまたま……………たしか………北辰館の空手家と………」

 空手家の試合、その一言で象山は事の全てを把握した。


351 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/13 15:41 ID:???
象山「…………丹波文七だな?」
葛西「…………確かそんな名前だったな……」
象山「……………全く驚かしてくれるぜ。おい、姫川。こいつ『天才』だわ。」

 『天才』。象山がこの上なくうれしそうに笑顔で話しかけるも
 姫川、二人の会話についていけない。ただ首をかしげる。

姫川(………TV?………一体……何の話をしてるんだ?……まさか?……)
象山「……ん?……なんだ?分からねえのか?…………………………………
   ……まぁ、分からないっていうよりは信じられねえって感じだな……」
姫川「………………まさか!?」

 葛西、二人のやりとりを不思議そうに見つめていたが飽きてしまったのか
 携帯を取り出し、慣れない手つきでメールを打ち始める。
 姫川、脳裏に浮かぶ、信じ難い仮説に、思わず息を飲む。
 その様子を見て象山。ニヤニヤと笑いながら、そのまま姫川の言葉を返す。

象山「……その、まさかだよ…………この兄ちゃん……たった一回……
   ……たった一回、TVで見ただけで『虎王』を習得しやがった……」
姫川「…………!!!」
   
姫川「!!実物を見たでもなく……しかもたった一回で?」
象山「…おう。その通りだ…………しかも、あの様子じゃ……おい!葛西君。」


352 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/13 15:42 ID:???
 葛西、呼ばれたことに気付き、視線を携帯から象山に戻す。
象山「……お?悪い悪い。携帯いじってたのか?…………ところで葛西君……
   …………一つ聞きたいんだが……実戦で『虎王』使うのは初めてかな?」
葛西「…………っ!!…………………何でそれを?…………」 
象山「……かかか……さっき、そこで寝転がってる兄ちゃんからアゴに一発。
   イイのをもらったろ?あれは俺達に気を取られただけじゃねぇ………
   ……どうも構えが初々しかったんでな………………やっぱりそうかい。」

 葛西、ようやくメールを打ち終え、携帯をポケットにしまい込む。
葛西「…………人を待たせてんだ…………行かせてもらうぜ。」
象山「……おお。引き留めて悪かったな。じゃあな。また会おうや。」
葛西「………………」

――――――――――5分後。
 象山、公園の上空を飛ぶ鳥を見ながら深呼吸をする。
象山「…………いい町だなぁ。姫川……さて……俺達も用事済ましに行くか。」
姫川「……………………館長。それなんですが…………………
   ……わざわざ館長自ら出向く必要は無いと思うのですが?」
象山「……そういうなよ。姫川。あの一家は揃いも揃って気難しいんだ。
   ……北辰館の為に少しでも不安要素があればそれを取り除くために
   動かなければなんねえ。それが上に立つ者の責任ってもんなんだよ。
   …………俺もお前みてえに何も考えず好き勝手に暴れたいぜ。全く。」
姫川(…………自分が一番、好き勝手やってる癖に…………)
象山「……さて、と…………調査によると今、この町に来てるはずだからよ。
   ………………探しにいくか、池戸哲治の息子…………池戸…定治をよ。」

353 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/13 15:44 ID:Xxzkh4Cc
しばらく来れないとは言っても明日までは書き込みします。よろしく、


354 :マロン名無しさん:03/06/13 17:24 ID:5o+QvcEs
なるほど。ゴリラーマンと絡むのか。期待あげ

355 :マロン名無しさん:03/06/13 19:35 ID:???
ageage

356 :339:03/06/14 01:31 ID:???
んー、何て言えばいいかな。
不良が空手使っても柔道使ってもボクシング使ってもプロレス技使っても
そのキャラのカラーにあってれば多分問題ないと思うんだ。
ただ、竹宮流の虎王という技のカラーにはいわゆる「不良」は向いてないと感じてるんだよね俺は。

あそこまで人体破壊を徹底したような技はどこかの流派に属してなければ
それこそ宇名月典善のような人物でなければ身につけれる技じゃないと思うんだ。
使える状況が(虎王の本質を知っていなければ)非常に狭いし、
ライトクロスor脇固め(あるいは両方)で代用する方が簡単だし。

ま、俺が虎王を神格化し過ぎちゃってるだけなんだろうけど。

>>1985さん
こんなこと言っているけど、別に批判する気は微塵もありませんぜ。
ただ、違和感を詳しく説明しようと思ったらやけにアグレッシブになってしまっただけで。
あとどうでもいいけど、今んとこ違和感派は自分一人しか名乗り出ちゃいません。
強気に行ってください。たとえもっと自分みたいなのが出ても。
応援してまっせ。

長文スマソ。
って新作出てるじゃねぇか!

357 :マロン名無しさん:03/06/14 02:14 ID:o5Wz9gG/
やはり格闘家がらみでゴリラーマンか。応援age

358 :  :03/06/14 02:34 ID:ylegKUWY
つうかバオのばかもここのばかも
なんで姫川が雑魚あつかいなんだよ
つねに冷静で薄笑い、腕を折られても平気で反撃するし
スクネ流の使い手で象山を圧倒する実力の持ち主だし
獏も板垣もぜったいにうろたえたりしない天才系と言う描き方だ
読み違い激し過ぎ

2人で出して使いやすいからって驚き役にすんなっての


359 :マロン名無しさん:03/06/14 02:42 ID:JhFhh3X0
気持ちは分からんでもないがそういう事について文句言うな。色々書きづらい所もあるだろうし。

360 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 03:23 ID:???
 この町のどこかにいる池戸定治を探す、
 そうはいっても『東雲町』にいる以外、他に手がかりがない。
 
姫川「…………で、彼をどうするんですか?館長?」
象山「………んあ?……だから池戸君をウチに勧誘するんだよ。
   なかなかいけるって噂だし、何よりあの池戸哲治の息子。
   ……………北辰館の良い広告塔になってくれるだろうよ。」
姫川「…………いえ、そうではなく………………」
象山「……??…………だからなんだよ?……はっきり言えよ。」

姫川「……先程の学生の事です……『虎王』の………………」
象山「…………あー…………えっと……名前なんだっけ?」
姫川「…葛西です……」
象山「…おお!そうだそうだ!葛西君だっけな……で、彼がどうした?」

姫川「……館長は信じられるんですか?……『TVで覚えた』なんて……」
象山「……はっはっはっは!なんかそれだと小学生の言葉に聞こえるな!」

姫川「…………館長……」
象山「……おお……悪い悪い…………で、なんで葛西君を疑ってんだ?」
姫川「……まず『TVで見ただけで覚えた』…というのが信じられませんし、
   ………あの名前…………葛西………偽名ではないでしょうか?………」
象山「……あぁ?」

361 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 03:27 ID:???
姫川「私は彼が藤巻と何らかの関わりがあるという疑いを捨て切れません。
   ……そして我々に『虎王』を見られ、身元がバレぬよう偽名を使った。
   ………………………………竹宮流で関節技のことを『葛』と言います。
   ……これを少しいじって『葛西』…………というのは強引でしょうか?」

象山「…………お前……それは考えすぎだろ?偽名って………………
   ……それに藤巻は無関係だろうよ……もし奴だったら…………」
姫川「……奴だったら?……」
象山「…………分からねぇか?……お前なら分かんだろ?………………」
姫川「…………?…………!…………確かに………………」

象山「……なっ?……………………そりゃ最初は俺も驚いたけどよ…………
   ……もしあいつが教えたんなら……あんなふうにはならねぇ…………
   …………まぁ……それでも十分…………おっかないけどよ……………
   ……ククク………………………今度からちゃんと試合中継のときには
  『危険ですので良い子は真似しないでください』って出さなきゃな……」
姫川「…………………」


362 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 03:27 ID:???
象山「……全く丹波文七の野郎…青少年に悪影響与えやがって……………
   …………これからどこでも気が抜けねえじゃねぇか…………………
   ……そういやあの兄ちゃん…………アゴがイカレちまってたな……」
姫川「…………確かにしゃべり方が少々おかしかったですね。」
象山「……あれだけ体格差がある奴の拳を直撃したんだ…………………………
   ……ありゃあ……砕けてんな……………そっちの方が俺は心配だぜ……」

姫川(………………名前も忘れてたクセに…………)
象山「…………ん?……なんか言いたそうだな?」
姫川「……いえ、なんでもありません。」
象山「……そうか?……ま、いいや。さっさと探しにいくぞ。」
姫川「………手がかりもないのにどうやって探すんですか?」
象山「…………どうせこの街にいる事分かってんだ…………………………
   ……そうだな…………ガキの事は……ガキに聞くのが一番かもな。」
姫川「…………そう……ですね。」
象山「……んじゃ、とりあえずガキの多そうな街のほうにでもいくか。」


363 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 03:35 ID:3JPZkhdd
>>356
その辺の描写は出来る限りするつもりです。
できれば見放さずこれからも読んでやって下さい。

>>358
その批判も出ると思いました。自分でも書いてて少々違和感がありました。
ですが、そうしないと書けなかったんです。気にさわったのなら申し訳ない。
あと自分のなかではどうしても堤×文七の前あたりで、
冗談か本気かよく分かりませんが姫川が象山にしかけて圧倒されるシーンが
印象に残ってしまっていて、姫川<象山という感じが抜けません。
姫川=象山なんでしょうが。かさねがさね申し訳ない。


364 :マロン名無しさん:03/06/14 12:36 ID:???
>>358
 姫川ってのがどんなヤツか知らないが、自分の好きなキャラクターが
 活躍しないからって批判するのはアホ。パオにも1985にも失礼だ。
 気に障るなら読まなければ良い。もしくは自分の好きな主人公で、自分でSSを書けば良い。
 それよりパオ=1985と思っているのか、1985もここの住人も。
 いくらなんでもパオにまだ失礼だろ、このスレが完成しない限り。
 

365 :364:03/06/14 12:39 ID:???
後、俺はパオじゃないぞ。念の為。
最近パオが来ないんでイライラしてるから変なレス上げた。
1985氏、スマヌ。応援しとります。

366 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 12:41 ID:3JPZkhdd
>>364
流石にそう思ってる人はいないと思いますよ。
文章を見比べれば三秒で違いが分かりますから。

367 :364:03/06/14 12:51 ID:???
1985氏
 ごめん、そういう意味で言ったんじゃないよ。両方とも面白いと思うけど、
 パオ氏はいくつかスレを完成させてて、1985氏はまだ完成させてないって事。
 お2人ともファンだよ、俺。
 要はこのスレを完成させれば、俺の中でパオ=1985になるって事。
 応援してます、ガンガレ。
 でもマジでパオ来ないな。スレ違いゴメン。

368 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 13:05 ID:3JPZkhdd
――――――――東雲町、東雲駅。

太尊「…………なっ……ど……どうすりゃいいんだ!?」

 前田太尊、突然鳴り響く文明の利器・携帯を片手に戸惑っている。
 この男、葛西に輪をかけて機械オンチである。

 ピピピピピ……。着信音が止まり、画面には『メール着信』の文字が。
 太尊、未知なるものにおびえつつ、恐る恐る携帯を見つめる。
 多種多様あるボタン。それに戦慄しながらも真剣に観察する。
 
太尊「……がぐぐぐ………………メールってのは確か手紙だから…………
   …………ぬぬぬぬぬ…………お!このボタン、手紙の形してるな。」

 ピ。携帯の画面が変わり、メール機能の画面に変わる。
 
太尊「……っ!!…………や…………やったぁ!!!……」

 太尊、初めて機械を思ったとおりに操作できた感動から、思わず涙ぐむも、
 まるで変人を見るかのような冷たい周囲の視線に気付き、必死に涙を拭う。
 気持ちを落ちつけて携帯の画面を見ると、そこには見慣れた名が。

太尊「………………葛西……」

 『俺達はまだ1勝1敗。俺はお前と決着をつけるためだけにここに来た。
  お前もそのつもりで来い。場所は南の工場地の◯◯ー□□△△の廃工場。
  …………………………………………………逃げやがったらぶっ殺すぞ。』


369 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 13:06 ID:3JPZkhdd
 太尊は、葛西のメールで自分の浅ましさに気付き、深く後悔した。
 自分はただ『一億円』だけに目が眩み、この大会に参加してきた。
 だが、葛西は違う。自分との決着をつける舞台としてこの大会を選んだ。
 大会の遅刻者を待つ闘技場で葛西を見かけても、
 『決着をつける』などという感情は微塵にも浮かんでこなかった。
 あくまで知り合いが『一億円の障害』になった程度にしか考えられなかった。
 良心。太尊の良心が一層、自責の念をかきたてる。
 
太尊「…………クソッ!……クソッ!……クソッたられらぁっ!……」

 …………ゴスッ……ゴスッ……ゴスッ……
 先程までの『一億円』に浮かれていた浅ましい自分と決別すべく、
 駅の壁を何度も、何度も全力で殴り続ける。愚かな自分のために。
 そして心のなかで強く誓う。『必ず葛西と決着をつける』と。

太尊「……ハァ……ハァ…………でも……工場ってどう行きゃいいんだ?」

 初めて来た町。当然、太尊には地理が分からない。
 その為に大会用の携帯には地図機能が入っているのだが、
 メールを見るだけで精一杯の太尊に使いこなせ、というのは酷な話である。

太尊「………うーーん…………………あっそうか!交番で聞きゃいいんだ!」

370 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/14 13:08 ID:3JPZkhdd
とりあえずここまで書けました。今書いているのがあるんですが
もし時間までに書き上げることが出来たら、書き込みしようと思います。


371 :マロン名無しさん:03/06/14 17:21 ID:lKNGlRXO
応援age

372 :マロン名無しさん:03/06/14 21:15 ID:???
確かに一人でSSを完成させたのはそんなにいないな。マジでパオ位か。
頑張れ1985

373 :マロン名無しさん:03/06/14 22:49 ID:???
パオと1985は2chの至宝

マジで頑張って欲しい

374 :  :03/06/14 23:19 ID:hR9xGgd2
>>364
姫川は嫌いです
ただ、小説でも漫画でも
全くうろたえたりした事のない男で
何故ああいった描写になるのか?と

ちなみに虎王もあっさり使いますよ。文七の虎王とは違いますが
多分スクネ流のリオウも使えるんでしょうね。

375 :  :03/06/14 23:20 ID:hR9xGgd2
驚き役で象山と一緒に居ておかしくないのは
斑牛の伊達かなあ?

376 :パオ ◆rQ8IySfmBE :03/06/15 00:01 ID:AGcCOqhh
一週間ぶりに2ちゃんに帰ってきた。1985さん乙。でも2週間ほど1985さんいなくなるのか。残念。
姫川に関しては私も言われたなあ。>>358、同一人物? でも1985さんの言う通り、姫川<象山でしょ。
1985氏、気にする事無い。アホな意見に謝ってはいけない。358は明らかに悪意があるでしょ。
その時、そのレスを、ベストを尽くして書いたと思うなら、言い掛かりの様な意見に謝ってはいけない。
嫌になるよ。続かなくなる。 どんな高レベルのネタ職人でも、100人全てを満足させることは出来ない。
2週間じっくり充電してください。私も1週間サボったし。
後、私を立ててくれてる方、ありがとうございます。1985氏に負けないように頑張ります。
でも私が完成させたのはまだ1スレだけだよ。アナザー死刑囚だけね。



377 :マロン名無しさん:03/06/15 00:42 ID:???
餓狼ヲタウゼーな
早く氏ねよ

1685は色んな作品混ぜなきゃならねーんだから、場末の漫画なんざに比重かけられねーよ

378 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/06/15 02:01 ID:???
みなさん、いろいろありがとうございます。
もう一つ書こうとしたけど結局、間に合いませんでした。
少しの間、このスレの保守をお願いします。
あと本スレの谷川さんも忙しいようなので、
できればここと一緒に本スレの方の保守もお願いします。
ただ保守するだけでは面倒だと思いますんで何か希望や要望があれば
いつも通り書いておいてください。
帰ってきたときにまとめて読んで検討しますんで。
遅くても来月の初頭には帰ってこれると思います。
では失礼します。

379 :マロン名無しさん:03/06/15 07:06 ID:???
>>378
任しときなッ

380 :マロン名無しさん:03/06/15 11:58 ID:???
あげるついでに話題振り。
この大会って誰々、出てるんだっけ?
また誰が勝つと思う?


381 :マロン名無しさん:03/06/15 11:59 ID:YKf8p+Wl
あげてなかった(´・д・`) 


382 :マロン名無しさん:03/06/15 13:16 ID:???
>>381
あげなくても保守にはなるよ
無駄な書き込み増えるよりsageの方がいいかなと思うんだけど

エントリーしてるのは一応>>4
増減あったかもしれないし、今後の変更もありうるらしいけど
俺の一押しは武丸

383 :マロン名無しさん:03/06/15 14:55 ID:???
・矢沢栄作(カメレオン)・前田太尊(ろくでなし)・葛西(ろくでなし)
・三橋(今日から俺は!)・一条武丸(特攻の拓)・池戸定治(ゴリラーマン)
・極沢うさぎ(湘南純愛組)・日比野晴矢(ボーイ)・河合星矢(エリートヤンキー三郎)
・柴千春(グラップラー刃牙)・鬼塚栄吉(GTO改め湘南純愛組)・花菱哲(てっぺん)
・沢渡憂作(カフス)

あと〇〇要員とやらが
・前田直哉(エリートヤンキー三郎)・児島猛(エンジェル伝説)
まだ出てないけど1985いわく出そうなのが
・ミン(カフス)・片桐(ゴリラーマン)

最強は極沢なんだろうけど1985は「最強は決まらない」って言ってるから
なんらかの補正を受けそう。失格条件がくせものっぽいし。
バトルロイヤルだから2対1なんてのもありそう。
それならば思いきって俺は矢沢!


384 :マロン名無しさん:03/06/15 20:00 ID:???
漏れも矢沢に一票

385 :マロン名無しさん:03/06/15 20:24 ID:sRWbVCQD
>>382 >>383
あんがと。結構出てるな。俺は虎王付き葛西に一票
それとage進行でいいんじゃない?sageだといつ落ちるかが分かりにくくない?
1985もいつ帰ってくるか分からんしなにより見つけやすい


386 :マロン名無しさん:03/06/16 18:45 ID:q/Dw2Y7K
ヤザワがどこまで生き残れるかも興味あるが、
虎王葛西も捨て難い。

387 :マロン名無しさん:03/06/16 18:58 ID:Qemx39jj
会長にスカウトされる前の鷹村(はじめの一歩)とかは無し?


388 :マロン名無しさん:03/06/16 19:03 ID:Qemx39jj
最強は柴か武丸のどっちかになるはず。
ただ、話的には矢沢に優勝させるのが面白そう。


389 :マロン名無しさん:03/06/16 20:03 ID:tMdpb2kn
17歳だから・・・市川由衣タン カワイイ!!
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1023528585/355


390 :紅羽高の谷川:03/06/16 20:50 ID:???
ここでもうちのスレの保守を頼んでくれてたのか。
スレ主さんありがとうT_T


391 ::03/06/16 21:16 ID:IppijPDQ
俺は三橋に1票だな やっぱ頭がキレるし、喧嘩もつよい んで卑怯だし 負ける絵が思いつかない
矢沢はなんとなく名声をあげて、撤退しそうな予感

392 :マロン名無しさん:03/06/16 21:20 ID:???
漫画家の「やくみつる」って松原潤似の
キモイ変態親父いるでしょう?
話もつまらないし、性格も悪いの

朝か何かの番組で
日本の年間自殺のデーターの話題が出た時に
やくみつるは
 
 「漫画家は自殺が多いから
 このデーターにこうけんしてる!!」

なんてコメントしてました・・・
さすがに飽きれたわ
なんでテレビに出すのかしら?
あんなオヤジを

やくみつるの顔写真↓
http://www.tbs.co.jp/offrec/manabe/

393 :マロン名無しさん:03/06/16 22:47 ID:???
>>388
千春はすでに負けてるが

394 :マロン名無しさん:03/06/16 23:11 ID:???
今更言っても仕方が無いが、やはり結城直人が出場しなかったのが悔やまれるな。
現在服役中なのか・・・

395 :マロン名無しさん:03/06/17 00:01 ID:???
ウダヒマキャラや荒くれキャラからもエントリーが欲しかったな
もし第2回があるとしたら見てみたい

(なんか無茶言ってるな・・・)

396 :マロン名無しさん:03/06/17 00:43 ID:???
漏れはまだろくに出てない晴矢に一票。
やつの好戦性と底知れぬ殺気、不良らしい精神性とフライパンと金属バットをを評価。

397 :マロン名無しさん:03/06/17 01:01 ID:???
うルァァアアアアアアアアアア!!!!!

で全てが終わるハレルヤ

398 :マロン名無しさん:03/06/17 01:44 ID:???
晴矢はな〜
こいつが勝ってもあまり面白みがなさそう。

399 :マロン名無しさん:03/06/17 07:48 ID:???
普通晴矢が優勝だろ・・・。
人間越えギリギリのとこにいないか奴は?
手刀でテーブルとか切っちゃう奴を普通に倒してたし・・・。

400 :マロン名無しさん:03/06/17 08:39 ID:IrUKiqhp
そんなのこのメンバーならゴロゴロいるだろ?

401 :マロン名無しさん:03/06/17 08:44 ID:???
晴矢は正直この中じゃいまいち

402 :マロン名無しさん:03/06/17 11:11 ID:???
このメンツの中で、明らかに人間越えてるのは極沢か?
ハゲ先生との死闘の描写は正直言ってやりすぎだと思った。

403 :マロン名無しさん:03/06/17 12:15 ID:MDu8vSQ9
まさか・・・河井じゃないよな?

404 :マロン名無しさん:03/06/17 18:44 ID:???
はれるやは神様の生まれ変わりだから人間じゃないし(藁

405 :マロン名無しさん:03/06/17 21:28 ID:???
葛西の虎王に燃え

406 :マロン名無しさん:03/06/17 23:05 ID:???
>>402

晴矢>熊
極沢≒南野先生>>>熊

だしな・・・

407 :マロン名無しさん:03/06/17 23:37 ID:???
出場してるメンバーの中では、栄吉も他のメンバーも喧嘩の実力にそこまで大きな差は無いと思う(矢沢、星矢除く)
予想も結構バラけているし、

ただ純愛組の描写では、
極沢>(越えられない壁)>栄吉
となっている。
まあ、あえてこんな反則キャラのエントリーを認めている1985氏の手腕に期待か。

408 :マロン名無しさん:03/06/18 08:10 ID:+S+VvO5a
この中で誰が一番マイナー?哲かな?

409 :マロン名無しさん:03/06/18 12:18 ID:???
>>408
連載中に作者が亡くなってしまったのが痛いな。

410 :マロン名無しさん:03/06/18 19:11 ID:???
俺も晴矢に一票。水中で大ザメの顎を手刀でえぐりとるような奴倒したり
拳銃持った外人も倒してる。パンチ力もコンクリートの壁を破壊する程だし。
こいつも人外キャラと思う。キャラ的に面白味がないのは確かだがな


411 :マロン名無しさん:03/06/18 20:34 ID:???
重要なのは晴矢がジャンプのキャラであること。


412 :マロン名無しさん:03/06/18 20:43 ID:Ip7GV39g
俺の中では、極沢>QP=鬼塚=晴矢=武丸=千春>憂作=葛西=哲>太尊>三橋>>>河井>矢沢

413 :マロン名無しさん:03/06/18 21:16 ID:???
負ける設定の無いキャラがそろってるからね。
武丸=ダウンしてもゾンビよろしく復活、復讐
晴矢=クロスカウンター>どーん>相手一言残しダウン
みたいな感じでwこの二人だと永久ループなりそうw
他キャラも似たようなものだし、やっぱ作者の手腕に期待するしかないっしょ。

414 :マロン名無しさん:03/06/18 21:28 ID:???
各出場人物の俺的格付け、上位3名

パワー=武丸>葛西>英吉
タフネス=武丸>哲>QP
テクニック=憂作>太尊>晴矢
タクティクス=三橋>晴矢>河井
ラッキー=矢沢>晴矢>英吉

※負けた奴は除外
※極沢は規格外なので除外

415 :マロン名無しさん:03/06/18 21:36 ID:???
>>412
個人的には純粋に真正面から殴り合いすれば、こんな感じ
極沢>QP=武丸=千春≧晴矢=鬼塚=哲≧憂作=葛西≧太尊=三橋>>>河合>矢沢

ただし、三橋や憂作(晴矢もか?)はかなり柔軟に戦えるタイプなんでどう転ぶかは解らない。
……太尊がなんかキツそうだなあ、好きな人にはスマンが
一度葛西に完敗しているから(リベンジは果たしたが)イメージがちょっと。

416 :マロン名無しさん:03/06/18 21:55 ID:???
>>415
左に逝くほど人外、右に逝くほどまともって感じだなw

417 :415:03/06/18 22:08 ID:???
ゴメン、素でゴリラーマンがエントリーされてるのを忘れてた・・・
しかし難しいキャラだな
QP辺りと互角に戦えそうな気もするし、憂作に負けない技術も持ってそうな気もする。
だけど突然、敗退しそうな気もするし・・・

418 :マロン名無しさん:03/06/18 22:45 ID:???
携帯から続きを書け!

419 :マロン名無しさん:03/06/18 23:24 ID:???
>>418
充電期間だと思おうや
無理させんのは良くない
優勝予想の雑談も俺は楽しいし

420 :マロン名無しさん:03/06/19 11:15 ID:CdMxL88u
○○要員に「今日から俺は」のサガラを推薦します

421 :マロン名無しさん:03/06/19 19:47 ID:iqsZB8Xd
○○要員は登場人物は一作品二人までだから残りは千春、武丸、花菱哲、三橋、矢沢、QP、晴矢だけか。

422 :マロン名無しさん:03/06/19 20:03 ID:iqsZB8Xd
でも児島が出てるし、他作品ならなんでもいい?

423 :マロン名無しさん:03/06/19 21:29 ID:???
アマギン出して!

424 :マロン名無しさん:03/06/19 21:44 ID:QAhm1zlO
ヤマギンってだれ?

425 :423じゃないけど:03/06/19 22:23 ID:???
前にチャンピオンで米原秀幸が連載してた、
「ウダウダやってるヒマはねェ!」全21巻
の登場人物、天草銀の事だと思う

人を日本刀で斬り刻む事に全くためらいを持たないタイプの人間

426 :マロン名無しさん:03/06/19 23:14 ID:???
>アマギン

痛みを感じない、“悪魔体質”の人。


427 :マロン名無しさん:03/06/19 23:41 ID:???
>>425>>426で語られてるのは同じキャラ?

428 :426:03/06/19 23:47 ID:???
そうです。
ウダヒマの天草銀。

429 :マロン名無しさん:03/06/19 23:51 ID:???
武丸より強い特攻の拓のキャラいないっけか?
漏れは武丸が最強じゃないと思うんだが・・・。


430 :マロン名無しさん:03/06/19 23:55 ID:???
マー坊、龍也、鰐淵、来栖、緋崎、秀人、風神、雷神、竜神あたりと同等。

431 :マロン名無しさん:03/06/20 00:00 ID:???
極悪蝶の二代目(名前忘れた)が互角に戦ってなかったっけ?
マー坊は助けが入らなかったら負けてたような・・・

432 :マロン名無しさん:03/06/20 04:24 ID:???
>>429
武丸より強いってのはいない
武丸と同じぐらいってのはいっぱいいるけど

433 :マロン名無しさん:03/06/20 07:58 ID:1QPe5efN
よく考えたらもう追加できるのって○○要員だけなんだな。アマギンが瞬殺されるのは考えづらい。

434 :マロン名無しさん:03/06/20 14:34 ID:???
ガンツの風大左衛門って無理?
たぶん常人。ヘビー級世界ちゃんぷに圧勝。

435 :マロン名無しさん:03/06/20 14:54 ID:???
>>434
無理?って何が?
エントリーは最初から決まってるし、
これから増えるとしても瞬殺される役とからしいけど

436 :マロン名無しさん:03/06/20 21:19 ID:???
保守でーす

437 :マロン名無しさん:03/06/20 22:55 ID:???
マー坊、龍也、鰐淵、来栖、緋崎、秀人、風神、雷神、竜神、武丸を強い順に並べると
鰐淵≧来栖≧武丸=竜神≧緋崎=秀人≧龍也=マー坊=雷神=風神
最強は鰐淵さんだな。けど竜神が一番強い可能性もある。

438 :マロン名無しさん:03/06/20 23:32 ID:???
>>437
鰐淵≧来栖に、ちょっと異論あり。
あの時タイマンで鰐淵が勝ってたのは、来栖が事故った直後でボロボロだったからでは?
事故の前はかかと落としで鰐淵に膝をつかせたりしていたし、両者に差があるかどうかは不明っぽい。

正直言って「特功の拓」は>437のメンバーに慈統や八尋なんかも加えて、全員横一線の強さだったんじゃないかと思うが……
(インパクトの強さで武丸、天羽が頭一つ抜けている?)

439 :マロン名無しさん:03/06/20 23:54 ID:???
来栖が出だした頃からおかしくなったよなぁ…
マー坊とキャラが被っていたし、なんか作者のやる気も消えていたし。
来栖とか特攻のキャラで一番印象に残ってないなぁ。

440 :438:03/06/21 00:19 ID:???
特功ってなんだ、功って・・・

駄目だ俺。

441 :マロン名無しさん:03/06/21 01:10 ID:???
熊の戦闘力を、基準値の100と定めた場合、
各不良の戦闘力はどのくらいになるだろうか?

442 :マロン名無しさん:03/06/21 01:16 ID:???
いくらなんでも熊に勝てるのは極沢くらいだろ。

443 :マロン名無しさん:03/06/21 01:19 ID:???
晴矢とかも勝てるぞ。
後多分武丸も勝てると思う。タフさはトラックにはねられてもOKだし
破壊力はコンクリート破壊クラス。
三橋あたりも頭を使って勝てそう。

444 :マロン名無しさん:03/06/21 02:09 ID:???
いや三橋は勝つ事より逃げる事の方に全力で頭使うと思う、
近くに今井がいたら尊い犠牲になってもらうとか。

445 :マロン名無しさん:03/06/21 02:15 ID:???
晴矢とか熊を本能的に鎮めたしなw

ジャンプキャラ晴矢、ネタキャラ極沢をどうするかマジに期待。

446 :マロン名無しさん:03/06/21 12:02 ID:???
極沢も腹刺されて生きてるほどだからタフさもかなりあるな。

447 :マロン名無しさん:03/06/21 12:25 ID:???
アマギンいいねぇ。
滑車ブーツと日本刀ひっさげ、舌を出しながら問答無用でぶった切る、総白髪の美少年。
痛いという感覚が無い(悪魔体質)ので、ケンカ相手を非道な迄に壊していく、他殺志願者。
そんな頭の線が10本切れてる、アマギン参加きぼん。

448 :マロン名無しさん:03/06/21 15:06 ID:???
瞬殺される役でもいいから、
吉田聡キャラ、田中宏キャラも見てみたいよ。

449 :マロン名無しさん:03/06/21 15:25 ID:???
アマギンっての武丸みたいなキャラしてるな

450 :マロン名無しさん:03/06/21 16:42 ID:???
武丸よりも、どっちかというと結城直人のようなタイプかな?

451 :マロン名無しさん:03/06/21 19:14 ID:uaSEUbBM
やっぱ結城タイプは書くのがムズいのかな?

452 :マロン名無しさん:03/06/21 20:05 ID:KvJICfru
まあまず1985が知らなきゃどうしようもないからな
というか、知ってるキャラを選んでエントリーしたんじゃないかと思うが

453 :マロン名無しさん:03/06/21 21:34 ID:???
>>449
できれば「ウダウダやってるヒマはねぇ!」を一度見てみることを勧める
武丸とは全く印象違うよ
細身だしな 陰がある感じで、人気もあった

454 :マロン名無しさん:03/06/22 08:45 ID:Ua9Boss1
ほっしゅ

455 :マロン名無しさん:03/06/22 17:57 ID:1BlZEk4k
ウダひまの最強キャラは楓だったっけ?

456 :マロン名無しさん:03/06/22 18:04 ID:???
エミ

457 :マロン名無しさん:03/06/22 18:39 ID:sTlvqfla
楓>凪>微笑、じゃないの?

458 :マロン名無しさん:03/06/22 18:47 ID:???
BOYより○○要員に









                   神崎狂










嘘です。御免なさい。
真面目に、蛇沼弟とかはどうでしょ?

459 :マロン名無しさん:03/06/22 19:35 ID:???
そもそも、明らかに弱い奴が出ているのは大会の趣旨と全く違うという事に(略

460 :マロン名無しさん:03/06/22 20:12 ID:pq61FPh+
でも明らかに弱いのも出てるよな。三郎の方の前田とか。そのへんは1985がキチンと理由付けてるからいいけど。

461 :_:03/06/22 20:14 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

462 :マロン名無しさん:03/06/22 21:14 ID:???
>>459
一応言っとくけど、最強を決めるスレではない
>>4に書いてある通り、1985が自由にオリジナルストーリーを展開するスレ

463 :マロン名無しさん:03/06/23 08:26 ID:Nuaud+nB
そういえば1スレで終わるのかな?どうも無理ぽ、な気がする。まだまだこのスレ容量大丈夫なの?

464 :マロン名無しさん:03/06/23 11:44 ID:???
「無頼男」のサイクロプスのボーカル、JJは駄目ですか

465 :マロン名無しさん:03/06/23 11:52 ID:???
>>464
だめです

466 :マロン名無しさん:03/06/23 15:13 ID:PAigYM/E
出して欲しいヤツがいたら名前と作品名書いとけば、あとは1985が決めるだろ。

467 :今の○○要員要望のまとめ:03/06/23 17:27 ID:xQxCSuAW
・天草銀(ウダウダやってる暇はねえ) ・JJ(無頼男)

468 :マロン名無しさん:03/06/23 17:57 ID:???
乱堂(プリフェ)

469 :マロン名無しさん:03/06/23 19:17 ID:???
アマギンは○○要員にしてほしくないなぁ

こういう話題は保守もかねて本スレでやらない?
谷川氏忙しいみたいだし
あっちはまだ作家も募集中だしさ(来ないと思うけど)

470 :マロン名無しさん:03/06/23 19:27 ID:kzU2mwXv
保守を兼ねてるのはこっちも一緒。○○要員と言っても負傷させたりはできるんだろ?児島のように。それなら見たい

471 :マロン名無しさん:03/06/23 20:27 ID:???
>>470
それは分かってるけど、本スレの書き込みが極端に少ないからさ
というかここんとこほとんど俺だけ
向こうも落ちてほしくないから、できればもう少し人が欲しいなと思ってさ

472 :マロン名無しさん:03/06/23 20:30 ID:dxUkInRy
俺も負けてもいいからアマギン出してほしい。作家で思い出したがクローズスレの作家はどうした?

473 :マロン名無しさん:03/06/23 22:46 ID:???
アマギンはバイクに乗ってきて一言言って去っていく見たいな感じでの出演キボン

474 :1985:03/06/24 17:51 ID:EfrXiHR3
1985です。7月の3か、4日に帰ってこれそうです

475 :1985:03/06/24 17:54 ID:???
あとアマギン、○○要員ですが、たぶんイケます。また保守宜しくお願いします

476 :マロン名無しさん:03/06/24 18:13 ID:???
>>1985
お久しぶりです
トリップないのは携帯からだからとかかな?
あと2週間 きっちり保守しときまっせ!!!!!

477 :マロン名無しさん:03/06/24 21:37 ID:yVenXaeV
アマギン参戦決定記念age

478 :マロン名無しさん:03/06/25 07:41 ID:rMiHJ0iT
アマギンって香具師、日本刀使うんだろ?反則じゃない?

479 :マロン名無しさん:03/06/25 10:17 ID:???
>>478
正規の出場者ならまずいけど、○○要員なんだからいくらでも
書きようあるんじゃない?

480 :○○要員候補:03/06/25 13:09 ID:???
・天草銀(ウダウダやってる暇はねえ)
・JJ(無頼男)
・蛇沼弟(BOY)

あと、個人的に哲也(カフス)がいいような。。
消防に負けたし(w 雑魚ってほど弱くも無いし。

481 :マロン名無しさん:03/06/25 15:34 ID:WI5hnm1P
別に凶器禁止というルールもない。武丸、バス停で殴ってたし。

482 :マロン名無しさん:03/06/25 16:11 ID:???
○○要員候補

6〜7巻のキュウ(カメレオン)は?

483 :マロン名無しさん:03/06/25 16:27 ID:rMiHJ0iT
よく読め。キュウは矢沢のエントリーで出てきてる。あと哲也(カフス)もミンが出ることが決まってるから定員オーバー。一作品二人まで。

484 :マロン名無しさん:03/06/25 18:50 ID:WI5hnm1P
・現在禁止作品(定員オーバー)                ・ろくでなしブルース・湘南純愛組・ゴリラーマン・CUFFS ・エリートヤンキー三郎

485 :マロン名無しさん:03/06/25 22:27 ID:???
え!アマギン、○○要員なの!?
激しくショック・・・大好きなのに・・


486 :マロン名無しさん:03/06/25 23:02 ID:TX8zVEeW
○○要員と言っても負ける事が決まっているだけで他と変わらない

487 :マロン名無しさん:03/06/25 23:23 ID:???
負けるぐらいなら戦わなくていいから
解説とか冷やかしで参加にしてくれないかな・・・
負ける姿は見たくない

488 :マロン名無しさん:03/06/26 00:32 ID:???
>>487
いや俺もアマギンは好きだけど、
そうまで言うのは、ちょっと・・・

ここは黙って1985さんの好きにまかせましょうや。

489 :マロン名無しさん:03/06/26 00:41 ID:???
>>488
同意。

俺、最初にアマギン出して!って言った者だけど、
このスレ1985氏の妄想バトルスレなんだから、
1985氏の好きなように書いて欲しい。

490 :マロン名無しさん:03/06/26 07:50 ID:???
アマギン最初はやられキャラだったよな。白髪になってから変わった

491 :マロン名無しさん:03/06/26 17:05 ID:35Bw5AzT
>>490 そうだっけか?

492 :マロン名無しさん:03/06/26 17:46 ID:???
マガジンの編集者、必死だな。
誰もマガジンなんて読まねーから、安心してDQNと心中してくれや。

493 :マロン名無しさん:03/06/26 17:46 ID:???
マガジンは珍走マンセー漫画やたらと多いからな。

494 :マロン名無しさん:03/06/26 19:10 ID:???
>>490
俺は全くそんなイメージねーな
初登場からぶっちぎれてたような
いきなりポン刀で腹刺したり

495 :マロン名無しさん:03/06/26 19:34 ID:ZU7tCJ22
でも凪は後付け設定だよな。最初はそんな目的はなかった気がする。

496 :マロン名無しさん:03/06/26 20:46 ID:???
ブレーメンのカスガロミオ(漢字忘れた)はエントリー不可能でしょうか?
後タケシのマミーが出場可能だと思います。
まぁ強すぎですがね・・・。

497 :マロン名無しさん:03/06/26 21:07 ID:???
>>496
たけしキャラは谷とか高木のように、一般人を遥かに凌駕しているレベルなんで駄目っぽい。

ロミオは原作見てなかったから、知らんのだけど
晴矢と全然違うようなキャラなの? それとも似たようなキャラ?

498 :マロン名無しさん:03/06/26 22:35 ID:???
賊徒学園の葉柱ルイは○○要因にピッタリかと

499 :マロン名無しさん:03/06/26 22:45 ID:???
>>496
ロミオは多分晴矢より強い、10円玉飛ばして額に穴あけたりしてる
でも不良かどうか微妙

500 :マロン名無しさん:03/06/26 23:20 ID:???
ゴリオのキャラとかカツオのキャラとかは無理なの?
三橋とか出てるし出れると思うんだけどな

501 :マロン名無しさん:03/06/26 23:54 ID:ddQOdRYX
>>498 何のキャラ?

502 :マロン名無しさん:03/06/27 00:37 ID:???
>>501
アイシールドだろ。ジャンプのアメフトの漫画だよ

503 :マロン名無しさん:03/06/27 09:44 ID:shqyBsfK
>>494
そそ。へらへらしながら日本刀で人刺してた。
そのあと、刺したやつに足かけて刀ひっこぬくのが
またよかった。よっこいしょ、て感じで。

504 :マロン名無しさん:03/06/27 18:32 ID:g/xgYaOX
今、駅にいる太尊は誰とヤルと思う?俺は片桐がクサイ気がする。

505 :マロン名無しさん:03/06/27 23:29 ID:wYnbQew1
1985が帰ってくるまで、あと一週間。

506 :マロン名無しさん:03/06/28 00:47 ID:???
参加確定キャラはこれでいきます

アマギン
葉柱ルイ
マミー
春日露魅王

507 :マロン名無しさん:03/06/28 01:03 ID:pPLwHUVO
>>506は1985?

508 :マロン名無しさん:03/06/28 12:09 ID:???
マミーVS他のキャラ全員でもマミーが勝利すると思いますが・・・。

509 :マロン名無しさん:03/06/28 13:22 ID:???
参加者にいる沢渡憂作ってキャラ知らなかったんで、今週のYJ読んでみたんだが、

この漫画のケンカシーンって、よく動いてて面白いな。
まるでジャッキーチェンのアクションを見てるようだったよw

510 :マロン名無しさん:03/06/28 23:12 ID:???
アマギンの残酷バトル・・・
葉柱の長い腕を活かしたバトル・・・
ロミオのロックバトル・・・

流石、1985さんだぜ!
でも、マミーは勘弁してくれ・・・・・・

511 :マロン名無しさん:03/06/29 00:32 ID:???
極沢だけは何とかしそうだが、それでもマミーは出さないで欲しい。
そもそも、たけしはヤンキー漫画じゃないし・・・

まぁ、それを言ったら千春も出れないけどね。

512 :マロン名無しさん:03/06/29 13:20 ID:???
マミーは多分ラオウとかと互角に戦えるレベルだぞ

513 :マロン名無しさん:03/06/29 14:10 ID:WmuCeT/6
早く1985帰ってこい 早くつづき書け

514 :マロン名無しさん:03/06/29 14:30 ID:???
>>1
一言言う。おめえはこのスレに書くな。
おめえのSSなんぞ待っているヤツはこの世にいねえが、
ここの名無しのレスを読んでいる人は沢山いる。
なにが悲しくてそんなSSを上げるのか知らんが、ここはおまえが来るスレでは無い。
いや、おまえの様な、クズSS書くだけの低い人間性のヤツが書き込めるスレはどこにも無い。
人を不快にするSSしか書き込めないならマジで書くだけにしとけ。カキコするな。
以後、知能と人間性の低いヤツのレスは無視をする。ま、小学生相手にしてもしょうがないね。

515 :マロン名無しさん:03/06/29 15:26 ID:???
ゴリオ ランディ 大吉

516 :マロン名無しさん:03/06/29 15:54 ID:lOPKocyS
1985を待ってる奴は沢山いても>>514のカキコを見たい奴はいない。

517 :マロン名無しさん:03/06/29 16:07 ID:ITorRkZo
不良マンガに出てくるキャラで1番強いのは誰だ?
定義@れっきとした地球人である事
定義A気とか霊力とかの能力を一切もたない事
定義B空手やボクシングなど一般的な格闘技以外の
   特殊な流派(男塾系とか陣内流とか)は一切なし
定義C不良であれば、厨房・工房・プーなど所属は問わない
定義D一般的には考えられない武器(魔剣とか)の所持は認めない
   ものとする

太田さん(たのしい甲子園)じゃなかろうか。

1・最終的に火星人とステゴロをやらかした。生粋の地球人。
2・特になし 単に不死身なだけ
3・格闘技の心得(どころか野球の心得)がな。
4・高校の野球部キャプテンなんだから高校生だ。
5・武器はバットまたは釘バットだけ。伝説の釘バットも野球の試合に使ったきりだし。



518 :すまん一部訂正:03/06/29 16:09 ID:???
太田さん(たのしい甲子園)じゃなかろうか。

1・最終的に火星人とステゴロをやらかした。生粋の地球人。
2・特になし 単に不死身なだけ
3・格闘技の心得(どころか野球の心得)がない。
4・高校野球部キャプテンなんだから高校生だ。
5・武器はバットまたは釘バットだけ。伝説の釘バットも野球の試合に使ったきりだし。

519 :マロン名無しさん:03/06/29 17:17 ID:+phVHoCt
ここは>>1の妄想スレ。>>514と最強論議してる馬鹿はスレ違い(・∀・)カエレ!

520 :マロン名無しさん:03/06/29 17:36 ID:NxcRZdcK
ジョウタローに決まってるだろ

521 :マロン名無しさん:03/06/29 17:42 ID:???
日曜日は小学生が多いな。

522 :マロン名無しさん:03/06/29 18:09 ID:???
>>515
大吉は不良と呼ぶべきですか? それともBig Starと呼ぶべきですか?

523 :マロン名無しさん:03/06/29 18:29 ID:???
よろしく頼(よろ)んだぜ

524 :マロン名無しさん:03/06/29 20:02 ID:GVlF6SGB
>>519 同意。最強論議したいやつは本スレに行け

525 :マロン名無しさん:03/06/30 01:32 ID:4TCuZZct
>>1の文章が読めないのか?1985のSSに関係無い話はよそでやれ。

526 :マロン名無しさん:03/06/30 12:03 ID:4TCuZZct
保守

527 :マロン名無しさん:03/06/30 19:11 ID:2/HYzpzQ
ageるから厨が来るんだよ

528 :マロン名無しさん:03/06/30 22:34 ID:???
強いキャラといっても色々ある
a:作中完全無敵、苦戦した描写すら無し(全く底が見えない)
b:少々手こずる時あり、それでも作中最強の地位は安泰
c:負けそうになった事はあるが、とりあえず無敗
d:敗北経験があるが、最終的には勝利を手にする
e:作中どうしても越えられない壁(同年代キャラで)がある
f:一般生徒よりは強いけど・・・
g:強いって、何ですか?

現在エントリーされてるキャラは、それぞれどのランクに位置してるわけ?
さすがに知らないキャラも多いんで、このスレを楽しむ為の参考にしたいなと。

あ、もちろん作品が違えば比較対象も違うわけだから、
ここでdやeのキャラが、aやbのキャラより弱いと言いたい訳ではないので、あしからず。

529 :マロン名無しさん:03/07/01 00:49 ID:???
a:極沢
b:晴矢
c:憂作
d:前田、葛西
e:
f:河井
g:矢沢

530 :マロン名無しさん:03/07/01 02:51 ID:sIz+6o1J
d:ゴリラーマン、武丸

531 :マロン名無しさん:03/07/01 09:13 ID:???
千春はヤンキー漫画のキャラじゃないからなんとも言えないな

532 :マロン名無しさん:03/07/01 22:10 ID:bfVj4j6c
e:千春、で良いのでは?

533 :マロン名無しさん:03/07/02 00:19 ID:???
>>532
千春は相手が悪すぎ
バカも花山さんも強すぎ

534 :マロン名無しさん:03/07/02 01:18 ID:???
アマギン
葉柱ルイ
春日露魅王

マミーは今読み返してみましたが、強すぎますね……。
アマギン、ルイは確定です。
ロミオは微妙。

535 :マロン名無しさん:03/07/02 01:47 ID:DZ5WhiWK
>>529
憂作はdじゃないのか?

536 :マロン名無しさん:03/07/02 01:51 ID:???
a:大河内一郎 次郎


537 :マロン名無しさん:03/07/02 12:04 ID:???
>>536
三郎に負けてる

538 :マロン名無しさん:03/07/02 17:03 ID:???
マミー出せばすぐに終わりますよ。
マミーVS他のキャラ全員でやって一瞬にして他のキャラバラバラにすれば終了


539 :マロン名無しさん:03/07/03 15:12 ID:moYg6g1U
まあ、1895の好きにやらしてやろうぜ

540 :1985:03/07/04 14:03 ID:wIg7vBFr
すいません。帰ってこれるのが週明けくらいになりそうです。

541 :1985:03/07/04 14:05 ID:Wzu0khVI
あと>>534は俺じゃないです。アマギン以外の要望キャラは無理です

542 :1985:03/07/04 14:09 ID:???
今、漫画喫茶から書いてます。今後帰ってくるまで俺もこのスレ見れないんでトリップの付いてない1985が現れても無視してください

543 :マロン名無しさん:03/07/04 18:14 ID:???
まあ今のところどれが偽者でもいいよ
出場キャラも未定でいい
帰ってきてトリップ付きで発言してくれればそれで確定するし
つーわけで待ってるぜ 1985


544 :マロン名無しさん:03/07/04 18:40 ID:???
本物の1985はオリジナルストーリ作ろうぜスレを荒らしてたヤシだろ

545 :マロン名無しさん:03/07/05 00:47 ID:Q58OTgMx
綺麗なおねーさんのオマ○コ…
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/wareme_tatesuji/omanko/
やっぱりイイィ!(*´Д`*)ハァハァ…

546 :マロン名無しさん:03/07/05 01:33 ID:???
>>544
オリジナルストーリ作ろうぜスレッドより、1985のが格上だし、荒らす理由も無いと思うが…

あっちは複数の職人だが、こっちは一人だし
半月留守にしてたら、あっちなんかすぐ落ちると思うが

547 :名無し:03/07/05 01:39 ID:???
>>546
そういうことを書くと荒れる。ヤメレ。格の上下なんざ関係ない。
つか藻前、夜釣りですか?

548 :マロン名無しさん:03/07/05 01:53 ID:+L6yt0Uv
546は明らかに釣りだな…おそらくパオ信者が大挙して荒らしにくるのをねらってるんだろ。
それを承知の上で。
総合力:パオ>1985
文章力:外伝>1985
電波度:VS>1985
緻密度:夜王>1985

…で、どっちが格上なんだろうな?
正直、1985の努力は認めるが、上の4点でどれか一つでもあっちの職人に勝てるのか?


549 :マロン名無しさん:03/07/05 02:10 ID:???
>>548
ageるなアホ>>547を読め
パラメータで計れるもんじゃねぇんだよ
どれだけ人の心を惹き付けたか、だ

550 :マロン名無しさん:03/07/05 02:17 ID:PHtEgliU
なるほど、じゃあ上の4点で優劣かつくことはみとめるんだな?
だから心なんていう抽象的なものをもちだすしかない、と。

551 :マロン名無しさん:03/07/05 02:22 ID:???
パラメータは関係ないなんてかっこいいこというくらいなら、最初から格がどうこういわなきゃいいのに。
信者は痛いね。

552 :マロン名無しさん:03/07/05 02:27 ID:???
オリジナルストーリースレに比べて格が上?
それはいくらなんでも傲慢だろう

553 :マロン名無しさん:03/07/05 02:34 ID:???
つーか、煽りくらいスルーしろアホ。
わけのわからない比較なんぞするから荒れるじゃねーか!

554 :マロン名無しさん:03/07/05 02:40 ID:3Ww8EbVD
煽りは格が上とかいいだした奴だと思うし。

555 :マロン名無しさん:03/07/05 02:40 ID:Q6QEhQ2e
格下なのは1985も認めてるだろ?どっちもおもしろいと思うけど

556 :マロン名無しさん:03/07/05 05:12 ID:???
ビーバップの岸 

557 :マロン名無しさん:03/07/05 18:45 ID:2xDVnY9s
1985のSSがつまらない>>547はなんでこのスレに来るんだろう?

558 :557:03/07/05 18:48 ID:???
>>548の間違いだった

559 :マロン名無しさん:03/07/05 22:21 ID:???
パオも外伝も1985も本人同士は仲が良さそうなのに
なんで部外者が煽るんだ? ほっといてやれ、荒らしは

パオが好きな椰子 外伝が好きな椰子 1985が好きな椰子 みんな好きな椰子  
色々いて当然、みんな仲良くやろうぜ
…ところで谷川は逃げたか?  

560 :マロン名無しさん:03/07/05 23:12 ID:???
パオは最初の死刑囚編がメチャクチャ面白かったからなぁ
今のも面白いけどどうしても死刑囚編と比べちゃうんだよね
ところでここってサゲ進行なの?


561 :マロン名無しさん:03/07/06 00:22 ID:hfBM7fvp
べつにageようがsageようが本人の勝手。漏れはageてる。

562 :_:03/07/06 00:22 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

563 :マロン名無しさん:03/07/06 00:32 ID:???
格はどうか知らんがパオの名は他板でも結構聞くな
1985の名はこのスレ以外で聞いた事がない
パオの場合信者とアンチが極端すぎ 本人の人間性に問題あるのだろうか
知名度  パオ>>>>1985
人間性  1985>>>>パオ  か?

564 :マロン名無しさん:03/07/06 01:33 ID:d44KxcvI
人間性ってw

565 :マロン名無しさん:03/07/06 01:36 ID:???
1985は単に腰が低いだけじゃないか?
荒らしにも対応しちゃってた時期もあったしw

566 :マロン名無しさん:03/07/06 10:25 ID:???
>>563
人間性ってよりも好感度な。ネットで人間性はわからんだろ。
パオはキレやすくて損してるな。荒らしに対して反応しすぎ
別に信者じゃないけどパオが一番格上だろ。
死刑囚編まるまる1スレ完成させてるし、バカみたいにずっと書いてるし。
ヒッキーって凄いね。いや、ファンだけどねw



567 :マロン名無しさん:03/07/06 13:17 ID:???
パオは余程ヒマなんだろうな
小説を毎日更新なんて一般人には不可能ですw
今は違うみたいだが

いや、ファンだけどねw

568 :マロン名無しさん:03/07/06 14:05 ID:4zB+hP4R
1985も毎日書いてんじゃん

569 :マロン名無しさん:03/07/06 14:10 ID:???
最近の煽りは、ちょっとは頭を使うようになってきたな。
誉め殺しとはね。
後逃げ道も用意してるのか。なるほどw

570 :マロン名無しさん:03/07/06 14:25 ID:???
まぁ、多少の批判はアリだと思うけどね
パオは何てことない一行レスにあんな反応示したから叩かれたんだろ
反省してるようだし、二度とあるまい
1985は明日辺りには帰ってくるかな?

>>568
書いてないじゃん

571 :マロン名無しさん:03/07/06 22:10 ID:I2WEsnV3
片桐兄はどうでしょうか?

572 :マロン名無しさん:03/07/06 23:25 ID:zvl2g9Kv
>>571よ。だから作品名も書け。

573 :マロン名無しさん:03/07/07 00:16 ID:???
【片桐貴人】
通称:片桐兄
登場作品:Ultra Red
スタイル:ボクシング

その強さゆえ対戦相手がいなくなり、やさぐれて不良に堕ちたボクサー。
格闘界の至宝・焔豪大我と戦い敗北したことにより、ボクシングに再び取り組む。
しかし、その性格は凶暴そのもの。
子供を殴ったり、降参している相手に追い討ちをかけるなどは日常茶飯事。
敗北を喫した弟を「クズ」と吐き捨て、殴りつけた事もあった。

必殺技は「ブレイクスルー」
拳の連打で敵を惑わせ、隙が出来たところをアッパーで仕留めるという大技。

574 :マロン名無しさん:03/07/07 00:23 ID:???
最強は東方仗助です

575 :マロン名無しさん:03/07/07 15:09 ID:???
谷川は完全に逃げたと見た
パオと1985もなんだか危ないな

576 :マロン名無しさん:03/07/07 23:23 ID:TlfJhSFP
帰ってくるのは今日じゃないのか。残念。

577 :マロン名無しさん:03/07/08 12:08 ID:???
キン肉マン最強戦士決定戦
投票による最強の超人決定トーナメント SSは良質です。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1057211388/l50
ラウンド4ではオメガマンvsプリズマン・ウォーズマンvsガゼルマン
テリーマンvsキン肉マン・スーパーフェニックスなどのマニアックな対決がw。

578 :マロン名無しさん:03/07/09 01:45 ID:???
本スレの谷川氏も消え、1985氏もいないとは・・。
一体どうしたんだ?
ちなみに本スレでは、各キャラのステータス分けやってるぞ。


579 :マロン名無しさん:03/07/09 02:13 ID:S2sHYYHB
1985にも事情があるんだろう。漏れは根気強く待つよん

580 :マロン名無しさん:03/07/09 09:00 ID:???
所十三キャラなら多古西応援団の橘薫を推したいが、アレは不良じゃないのか?

581 :1985:03/07/10 15:51 ID:1IzAI4rn
すいません。もう少し待ってください。まだ家に帰れない

582 :1985:03/07/10 21:32 ID:lVR/NQq2
携帯からすいません。パソコンがおかしくなり、今月中に帰ってくるのも難しくなりそうです。もしDAT落ちしても以前書いたものも全て保管してるので大丈夫です。落ちてても帰ってきたときに面倒ですが再度スレ立てして書き込みます。本当にすいません。

583 :マロン名無しさん:03/07/10 23:19 ID:???
マジかよ・・・

584 :マロン名無しさん:03/07/10 23:26 ID:???
 失 望 サ セ テ ク レ ル

 職 人 ヲ 心 配 ス ル 読 者 ト

 腑 抜 ケ タ 職 人 ・ ・ ・ 

585 :マロン名無しさん:03/07/10 23:49 ID:???
逃げるんじゃないし、いんジャない?誰かと違って

586 :マロン名無しさん:03/07/11 08:21 ID:3RF5ynJq
ファイトー、気長にまってるぜ!

587 :マロン名無しさん:03/07/11 08:30 ID:???
>>584
遅れてるな
ロシアの煽りはよ

588 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/12 13:01 ID:???
思ってたより早く帰ってこれました。
お待たせしてすいませんでした。続きかきます。

589 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/12 13:04 ID:???
 東雲駅駅前交番。この町に点在する数少ない交番。
 東雲署改築工事に伴う治安の悪化をくい止めるべく、
 近隣に少しでも不審な人物がいると、ここに連れてこられる。

 そしてここにも例に漏れず、不審な格好をした人物が一人。
 
警官「……だからお前はここで何をしてたんだ?答えないか。
   …………巡業か?そうだとしても届け出が出てないぞ!」

 上下真っ白なド派手な学ラン。背中にはデカデカと四文字、『てっぺん』。
 
花菱「……だ、か、ら!俺は親戚の家に遊びに来ただけだっつってんだろが!
   このアホオマワリ!……………………それに俺はチンドン屋じゃねえ!」

 花菱哲。以前彼は、『てっぺん』になった際に、
 『てっぺん』が着るにふさわしい学ランを作った。
 それは素晴しい出来で全ての人間がその威厳に敬意を払う…はずだったが、
 花菱哲のセンスは一般人にはとても理解できるものではなかった。
 周囲の人間は閉口し、他県から来た学生に『チンドン屋』と馬鹿にされ、
 初めて周囲と自分とのセンスのズレに気付いた。
 それからはその学ランは忌まわしい記憶として封印されていたが
 今大会。花菱哲はこの晴れ舞台に学ランの封印を解き放った。

 しかし結果は見てのとおり、東雲町に降り立って数分後、
 警官に不審者として交番に連行された。
 
花菱「…………だからこれは学ランだって言ってんだろうが!!」
警官「そんな制服があるはずなかろうが!正直に答えんと本当にぶち込むぞ!」


590 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/12 13:04 ID:???
 堂々巡り。こんな会話がかれこれ数十分続いている。
 そこへ男が一人。恥ずかしそうに笑顔で交番に入って来た。
 …………前田太尊。 

太尊「……あのぉ、すいません。ちょっと道聞きたいんスけど。」
花菱「…………ん?」

 ビーーーーー。二人の携帯が同時に鳴り響く。戦闘開始の合図。
 突然の出来事に見つめ合う哲と太尊。お互い固まり動けない。
 その様子を警官が不思議そうに見つめている。

警官「……なんだ?君は?」
花菱「…………………っ!……おおっ!ショウちゃん、迎えに来てくれたか!」

太尊「…………へっ?」
花菱「……………………いやぁ、悪いなぁ。あほ警官につかまっちまってよ。
   良くここが分かったな。じゃ、さっそく、ショウちゃん家に行こうか。
   …………………おい、アホオマワリ。こいつがさっき言ってた親戚だ。」
警官「…………本当か?君。」
太尊「…………へっ?……………………え、ええ、そ、そうです。」
花菱「……へへへ。分かったか?クソオマワリ。じゃ、失礼するぜ。」

―――――――数分後。

花菱「…………………へへ。助かったぜ。あのままじゃ、
   何もせずに失格になるとこだった。ありがとうよ。」
太尊「…………人と約束があるんだ…………さっさとすまそうぜ。」

花菱「……へっ………大した自信じゃねぇか…………てめえ……
   ………………ここでやんのはまずい。駅の便所でどうだ?」
太尊「…………ああ。かまわねぇ。」

591 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/12 13:05 ID:???
―――――――――さらに数分後。

 花菱哲と太尊。狭い便所のなか、向かい合い、構える。
 
花菱「…………さぁ、見せてくれよ。おまえの『信念』。」
太尊「……ああ?…………『信念』?なんだそりゃ?」

花菱「………まあ、今回のテーマって奴だ。そういや自己紹介まだだったな。
   ………………北海道の『てっぺん』、花菱哲だ…………おまえは?」
太尊「……前田太尊。」

花菱「………………………………………おいおい。こっちがキッチリと
   どこの『てっぺん』か名乗ってんのに簡潔に済ますんじゃねえよ。
   ………………お前はどこの『てっぺん』なんだ?……………………」
太尊「…………………………『てっぺん』?………………何言ってやがる?
   俺は誰の上でもなけりゃ、下でもねぇ。俺は前田太尊。それだけだ。」

花菱「……………………そういや忘れてたな…………」

 花菱哲、『てっぺん』と刺繍された真っ白な学ランを脱ぎ捨てる。
 仁の提案。誰のためでもなく、一個人、花菱哲として戦う。 

花菱「…………俺も今回はただの花菱哲だ。さぁ、さっさとやろうぜ。」
太尊「俺もハナっからそのつもりだ。ボケナス。」

―――――――――― 前田太尊 VS 花菱哲  開始。


592 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/12 13:16 ID:iTD/bYCV
本当に心配かけてすいませんでした。
これからまたよろしくお願いします。

あと、◯◯要員の件ですが、
申し訳ないですがアマギンとロミオ以外分かりません。
ロミオはどうも不良というよりバンドマンという感じなのでちょっと無理ですね。
アマギンは出します。ちょっと苦情が出るかも知れませんが。
他のキャラも今度探して読んでみますので。
あと約束してた「ゴリラーマン」の片桐も無理っぽいです。
池戸とほぼ同格の力を持ってますからね。難しいです。

ではまた、あげておきます。保守ありがとうございました。

593 :マロン名無しさん:03/07/12 21:09 ID:gQXVTFmO
1985(・∀・)キターーーーーー

594 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:48 ID:???
太尊(…………ぐっ!!……こいつ俺より喧嘩慣れしてやがる!……)

 太尊のパンチはすでにプロボクサーの域に入っている。
 しかし、哲、一般人でありながら体の急所にめがけて飛んでくる拳に
 ヒジ、ヒザなどの固い骨の部位をタイミングよく、添打する。
 いつのまにか攻めているはずの太尊の拳に逆にダメージが蓄積されていく。
 花菱哲。つまらなそうにツバを吐き捨て、ため息をつく。
 
花菱「……よその『てっぺん』はこんなもんなのか?…………つまらねえ。」
太尊「………………ぐっ!てめぇ!」

 哲の挑発に激昂した太尊。怒りの任せて不用意な一撃を放つ。
 花菱哲、ニヤリと笑い、

花菱「…………そいつを待ってたんだ……よっ!」

 花菱哲、頭をのけぞり、全身の体重を乗せ、太尊の拳に頭突きをかます。
 …………ミシッ。

太尊「……っ!!!ぐがぁぁぁぁぁ!」
花菱「……効くだろ?俺の石頭は?………てめえじゃ相手になんねえんだよ!」

 ……ゴガッ……ドッ……ズグゥ……
 花菱哲のアッパー、ローキック、フック。
 おもしろいように、ことごとく太尊の肉体にゆがませる。
 花菱哲、拳を振りかぶり、太尊の腹筋に全力でボディーブローを打ち込む。
 太尊の体が、くの字に曲がり、ノドの奥から空気の漏れる音が聞こえる。
 今まで誰一人、立ちあがったことの無い花菱哲、お決まりの必勝パターン。

595 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:49 ID:???
花菱「…………ふぅ。これで終わり………………!?」

 太尊の左手が、花菱哲の肩をつかむ。

太尊「…ごちゃごちゃと……ぬかしちぇんちゃられぇ!」

 …………………………ゴスっ!
 太尊のサブマリンアッパーが…………初めて花菱哲のアゴを捕える。
 花菱哲、体ごと吹き飛ばされ、一瞬、戸惑い、よろめきつつも、立ち上がり、
 再び太尊に向けてファイティングポーズを取り直す。
 
花菱(…………な、なんだ?…………くそっ……ダメならもう一度!)

 花菱哲、今一度、全力でボディブローを太尊に放つ。
 太尊、ガードすること無く、花菱哲の拳が再び突き刺さる。
 それでも太尊の目の光は消えない。

花菱「…………てめえ……なんで倒れねぇ?………」

 太尊、ファイティングポーズのまま、哲をにらみ続ける。
 いつまで殴っても倒れそうにない、不屈の闘志。
 それの宿る太尊の目の光。ただ花菱哲を見据える。

花菱(…………なんで倒れねえ?……なんで?…………!!)


596 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:49 ID:???
 花菱哲の脳裏に先ほどの太尊の言葉が浮かぶ。
 『約束がある』
 
花菱(…………まさか?…………そんな事で…………いや…………)
太尊(…………葛西に…………葛西と闘うまで……負けられねえ……)

 先ほど立てたばかりの誓い。その誓いのため、太尊、倒れない。
 気がつけば花菱哲の額に冷や汗が流れていた。
 

597 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:51 ID:???
花菱(……そうか…………これが『信念』ってやつか………………
   ………負けねぇはずだ……今まで俺がこれを…………………)

 花菱哲、先程からの太尊への疑問は過去の対戦相手が持った疑問と同じ。
 それに気付いた花菱哲、緊張の糸が切れ、腹の底から笑いが込み上げてくる。

花菱「…………くはっ……はははは…………」
太尊「……あ?…………な………なんだ?…………」

 突然、笑いだした花菱哲に太尊、目を丸くする。

花菱「……くはははは…………おい!太尊。俺の負けだ。」
太尊「………………はあ?」
花菱「…………今の俺じゃお前には勝てねえよ……ほら、携帯だ!」

 花菱哲、懐から携帯を取りだし、太尊に向かって投げる。
 太尊、とっさに携帯をつかむも、いまだによく事態が飲みこめない。

太尊「…………???どういう事だ?」
花菱「…………お前、卑怯だぜ。もう一人分の『信念』乗せられちゃあ
   俺一人の『信念』じゃ勝てねえよ。要はギブアップって、こった。」

太尊「……??????」
花菱「……分かんねぇか?まあしょうがねえか。俺も良く説明できねえ。
   ……つまりお前みたいな奴等と2対1じゃ勝てねえつってんだよ。」

太尊「………………………ったく……『てっぺん』だの『信念』だの………
   訳分からねえ事いいやがって………………………………………………
   ……人をさんざん殴ったくせに一人ですっきりしてんじゃねえよ……
   …………………………………いいんだな?大会本部にかけちまうぞ?」
花菱「…………おお…………かまわねえ…………」


598 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:52 ID:???
 太尊、花菱哲にあきれながらも携帯の短縮ボタンを押す。

黒服「……はい。こちら大会本部。なにかご用ですか?」
太尊「…………前田太尊っスけど。」

黒服「……はい。分かりました。花菱哲様はリタイアということで。」
太尊「…………あ!あと携帯の地図使い方教えて欲しいんスけど。」

黒服「……地図機能ですか?……地図機能は左上にあるボタンと…………」
太尊「……ええ、ええ…………あっ……えっ?……すいません。もう一度……」
黒服「…………ですから!地図機能は……………………」


599 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 07:52 ID:???
―――――数分後。

太尊「…………くそっ!こんな複雑な仕組が分かるはずねぇだろうが!
   えーーと葛西の言ってた廃工場は……………………げっ…………
   ……ちょうど、ここから真反対のとこじゃねえか……くそっ……」
花菱「……えらく長電話だな……終わったのか?…………」

太尊「…………ん?…………ああ…………」
花菱「……おい、太尊。お前、高校どこだ?」

太尊「…………帝拳高校だ。」
花菱「……帝拳…か。覚えとくぜ。」

太尊「…………じゃあ俺は行くぞ。」
花菱「………………太尊。今度、ちゃんと北海道の『てっぺん』として
   仲間全員の『信念』背負って帝拳に殴り込みに行かせてもらうぜ。」
太尊「…………ふん…………勝手にしろ。」

 バタン。太尊が出ていった後、花菱哲。天井を見つめ独り言をつぶやく。

花菱「……仁よぉ………お前の作戦今回は失敗だわ…………俺一人……………
   ちっぽけなもんだ…今度からはいつでもお前等の『てっぺん』として…
   ……………………しかし………あいつのパンチ………効くなぁ…………」

 花菱哲、その言葉を最後に便所の床に座り込み、
 そのまま仰向けに倒れ、気を失う。
 すっきりした顔で寝息を立てている。全てが吹っ切れたように。

―――――――――  前田太尊 VS 花菱哲  前田太尊の勝利。
――――――――――――――――――花菱哲、失格。


600 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 08:12 ID:ZYsdr+zi
正直やっと予定の半分くらい。この1スレで終わるのは無理みたいですね。
あげ

601 :マロン名無しさん:03/07/13 09:10 ID:???
朝からお疲れ
ガン( ゚д゚)ガレ

602 :マロン名無しさん:03/07/13 11:26 ID:???
あのバレーボーイズの人は?ヤンキーみたいだし。


ま、股間が最強なんですけど

603 :マロン名無しさん:03/07/13 13:02 ID:???
勝敗も台詞も納得。ヤンキーものはこーで無いと。

がんがって下さいね〜。

604 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 21:52 ID:???
――――――――東雲町、風俗街。

 金髪の男がある店を探している。通称・金髪の悪魔、三橋貴志。
 
三橋「…………んんーー。喫茶『羅無漆』………喫茶『羅無漆』と……
   …こんだけあると良く分からねえな……………おっ……ここか?」

 ビーーーーーー。携帯のブザーが、けたたましく鳴る。

??「…………三橋さん…………三橋さんでしょ?…………」
三橋「…………!?…………ど……どこだっ?」

 三橋、どこからともなく聞こえてくる声に辺りを見渡す。

??「…………ここですワイ。」

 喫茶『羅無漆』のゴミバケツのフタが開き、中から男が出てくる。
 生ゴミをかぶった煙突の様な頭の男………河井星矢。三郎軍団副総長。

三橋「…………お前か?…………俺をメールで呼んだのは?…………」
河井「……ええ、ええ…………耳よりな話があるんですワイ。」

 三橋、思わず、河井の放つ異臭に顔をしかめる。

三橋「…………それより…お前……なんで…………そんなとこに…………」
河井「…………ほっほ……『君子危うきに近寄らず』というやつですワイ。
   ……………………ま、とりあえず、こっちの路地裏へ…………」
三橋「……………………」


605 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 21:53 ID:???
三橋「……………河井?だったっけ?『耳よりな話』ってなんなんだよ?
   俺をわざわざ呼びつけたんだ。しょうもなかったらブッコロスぞ?」
河井「……げっほっほっほ……大丈夫ですワイ、三橋さん……………………
   ……実は……ワシに確実に大会を生き残る『秘策』があるんですワイ。」

三橋「………………確実に大会を生き残る…………『秘策』?…………」
河井「…ふふふ…………まず一つ……三橋さん…ワシと同盟を組みませんか?」

三橋「………………同盟?」
河井「……そう…………この大会は失格条件以外何一つルールは無い…………
   …例えば…………二人がかりで倒したとしても……………………………
   …………別に何一つ問題は無い訳ですワイ…………………………………」

三橋「……………………」
河井「…最後に二人だけになったら三橋さん……優勝は貴方に譲りますけん…
   …………賞金の『一億』は二人で山分けで…………どうですか?………」

 奇しくも矢沢と同じ策。『同盟』確かにルールで同盟は禁止されてはいない。
 河井の言う事も理にかなっている。しかし、三橋の脳裏に一つ疑問が浮かぶ。

三橋「…………ふーーん…………で、なんでその同盟の相手が俺なんだよ?」
河井「……ほっほっほ………さすがは三橋さん…………聡明でらっしゃる。
   ……………………実はそれに『秘策その二』が関係あるんですワイ。」


606 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 21:54 ID:???
三橋「…………」
河井「……さっきも言ったようにあくまでルールは『失格条件』のみ………
   …………言ってしまえば警察に捕まらなければ…………………………
   …刃物でも鉄砲でも使っても問題無い訳ですワイ………………………」

三橋「…………確かにとんでもないルールだな…………」
河井「…………ほっほっほ……何をおっしゃるやら……三橋さん……
   …その胸元のふくらみ………………目潰しですか?……………」

三橋「……!!!なんでそれを………………」
河井「……………ほっほっほ……ワシの情報網をナメんで下さい…………
   ……三橋さん……あんた常日頃から目潰し持ち歩いとるでしょう?
   …………ましてやこの大会は『一億』がかかっとります……………
   ……げひょひょひょ……まだまだ色んな所に隠しとりそうですのぅ。」

三橋(…………!!…………こいつ!!…………)
河井「……少々話がそれましたの………『秘策その二』の話に戻しますか。」 


607 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/13 21:55 ID:oPDF/L6R
あと少しだけストックがあるのでちょっと今日は多めに書きました。


608 :マロン名無しさん:03/07/13 22:13 ID:3M6LYPJ6
私を見てね! 
http://akipon.free-city.net/page003.html

609 :紅羽高の谷川:03/07/13 22:30 ID:???
このスレもけっこーヒントにさせてもらってます。
長い道のりですががんばって。

610 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/14 16:26 ID:???
河井「…………えーーと…………どこまで話しましたかのぅ………………
   ……おっ…………そうそう!…………それでさっきも言ったように
   ルールは失格条件以外ないんですワイ…………つまり………………
   …………闇討ち……不意打ちもOK、と………………………………」
三橋「……で?それが同盟相手に俺を選んだのとどう関係あるんだ?」

河井「……ほっほ……三橋さんともあろう御方が………そう結論を急がずに。」
三橋「………………」

河井「…………ルール上は闇討ち、不意打ちOKですが……ここで一つ……
   ……この携帯の存在が邪魔になるんですワイ…………例えば…………
   …………誰かを闇討ちしようと電柱の影に隠れとったとしても………
   ……この携帯………厄介な事に戦闘開始ブザーが付いとります………
   獲物が半径2m以内に近づいた瞬間…………戦闘開始ブザーのせいで
   闇討ちしようにも隠れとる場所がバレてしまいよるんです……………」
三橋「……ふーーーん…………なるほどなぁ…………」

河井「……そこで三橋さん………闇討ちの最中はワシに貴方の携帯を預け……」
三橋「……ヤダ。」

河井「…………へっ?」
三橋「……ヤダ。」

河井「…………み……三橋さん…………闇討ちをするちょっとの間……………
   ……ちょっとの間だけ……ワシに携帯を預けてもらうだけで……………」
三橋「……イヤダ。どうしてもやりたいならテメーの携帯よこせ。」

 向かい合う二人の間にきまずい空気が流れ始める。
 三橋、渋い顔で河井を見つめ、全身から疑心暗鬼の念を噴き出させる。


611 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/14 16:29 ID:???
三橋(……………………もし、こんなうさん臭いヤローに携帯渡したら
   勝手に本部に連絡されて失格しかねん……渡しちゃイカン………)
河井(…………くっ…………このカス…………人並みに知恵使いおって……
   …ふん……まぁいいワイ…断わられる事くらい想定済みじゃしのぅ…)

三橋(………………やっぱり図星か……………………このヤロー…………
   …………ちっとは強そうだが……このソデに仕込んだ目潰しで……)
河井「…ぎょ、ぎょほほほほほほほほほ!…さ、さすがですワイ、三橋さん…
   ………………実はちょっと三橋さんを試させてもらったんですワイ……」




612 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/14 16:30 ID:???
三橋「………………え?」
河井「…いやいや………さすがは三橋さん………先程の話に乗ってくるような
   馬鹿と組んでも足を引っぱられるだけですからのぅ………………………
   …………いやいや…………しかし…………おみそれしました……………」

三橋「…………そ…………そうなのか?」
河井「………ええ……もちろんですワイ……いやぁ…噂通りの切れ者っぷり…
   ……この河井……全く………………感服いたしましたワイ………………」

三橋「…………えへへ…………そう?…………」
河井「…………いやぁ…三橋さんが今大会中、命の次に大事な携帯を…………
   ……初めて出会った赤の他人にホイホイと渡すようなアホじゃなくて…
   …………本当に良かったですワイ…………いやぁ………よかった………」

三橋(………………えへへへ……切れ者………………)
河井「…………やはりワシの見込んだとおり………………三橋さん…………
   …………あんたはワシの同盟相手に足る人物ですワイ…………………
   ………………で…………『秘策その二』の話ですが……………………」

三橋「………………だから携帯は渡さねーっつってんだろうが。」
河井「………いやいや…………さっきのはちょっとしたテスト…………
   ……では本当の『秘策その二』をお話ししますワイ………………」


613 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/14 16:30 ID:ltgyt+xb
あげ

614 :マロン名無しさん:03/07/14 16:30 ID:UbtECb/N
◎無修正画像をご覧下さい◎2日間無料です◎
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

615 :本スレ1:03/07/14 23:22 ID:???
              【告知】

本スレ【不良キャラ最強はだれだ?】Part2が出来ました。
こちらもご覧下さい。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1058191800/l50

P/S,1985氏
いつも楽しく読ませてもらってます。
復活楽しみに待ってました。
本スレにも遊びに来て下さいね。

616 :山崎 渉:03/07/15 08:50 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

617 :マロン名無しさん:03/07/15 12:47 ID:oaVmf67i
あげ

618 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 20:38 ID:???
三橋「…………いい加減もったいぶらずにさっさと教えろよ。」
河井「…………その前に三橋さん…………一つ確認したいことが……」

三橋「…………ああ?…………なんだよ?」
河井「……ここから先はワシと同盟を組む人間にしか教えられません………
   …………このワシと同盟を結ぶ意思はありますか?……………………」

三橋「…………決めるのはその『秘策その二』ってのを聞いてからだ…………」
河井「………しょうがない…………分かりました…………話しますワイ……」

三橋「………………」
河井「…………まず携帯のブザー反応区域…………これが2m…………………
   …つまり相手を待って行う闇討ちは実質不可能ですワイ…………………」

三橋「…………それはさっきも聞いたよ……だからどうすんだよ?」
河井「…………闇討ちがダメなら………………不意打ち…………
   ………………”ヒット&アウェイ”…………ですワイ……」

三橋「…………”ヒット&アウェイ”?……」
河井「……相手が2m以上、距離を取り、気付かれる前に全速力で近寄り…
   ……奇襲…………そして相手が態勢を立て直し反撃しだしたら………
   ……………………素早く撤退………………………………………………
   ……これを相手が倒れるまで繰り返す……………………………………
   …これならうまくいけば無傷で倒すことも可能ですワイ………………」

三橋「……………………」
河井「……成功のカギは相手が気付く前に奇襲を行える機動力……
   …今大会参加選手内でも1、2を誇る逃げ………もとい……
   スピードの持ち主の三橋さんの力がぜひ必要なんですワイ。」


619 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 20:38 ID:???
三橋「……………………」
河井「…………どうですか?三橋さん?」

三橋「………賞金は山分けで……優勝は俺に…………譲ってくれるんだよな?」
河井「……!!…………え、ええ…………もちろんですワイ!」

三橋「………分かった…………ちょっとケチ臭え作戦だけど乗ってやるよ。」
河井「……み、三橋さん……いえ………今からは兄弟と呼ばせてもらいます!
   兄弟!ワシと兄弟ならまさに鬼に金棒!もう優勝は決まりましたワイ!」

 互いに顔を見つめ合い、固い握手を交す二人。
 しかし、握手と同時に二人の腹の中にはどす黒いものが渦巻く。
   
三橋(…………でも山分けで5000万……………あ!そうか…………………
   ……最後にこいつ一匹倒せば…………一億…………ケケケケケ…………)
  
河井(………ひょほほほほ…………ダボが…………まんまと乗ってきよった…
   さんざん利用させてもらって最後にワシ特製のスペシャルドリンクで、
   リタイアしてもらうかの…………ひょほほ……ちょろいもんじゃ………)

 三橋、河井、路地裏から満足そうに出てくる、が。
三橋「…………っ!!…………河井!隠れろ!」


620 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 20:39 ID:???
 三橋、ふいに何かに気付き、河井の襟を引っぱり、物影に引きずり込む。
 河井、受け身も取れずに勢いよく、頭を壁にぶつける。

河井「…………痛っ!きょ、兄弟!何を…………」
三橋「……しっ!見てみろ……確かあいつは闘技場で…………」

 三橋が指差す先にガタイの良い変な男が歩いている。
 レスリング用タンクトップに坊主頭。

―――――――ミン。憂作に滅ぼされたドラゴン会幹部。
本来、大会の要請はイナーキに来ていたが本人は現在服役中の為、
ミンが無理やり黒服に言いより、参加してきた。今大会で名を上げ、
イナーキに代わり、自らがBCMに対する抑止力になろうとしている。
カールゴッチを崇拝し、その為か投げ技が得意。極度のエコロジスト。

河井「…………大会の参加者ですかい?」
三橋「……確か闘技場で見た様な気が……」

河井「…………だったらワシ等の『秘策』をヤツで試してみますかい……」
三橋「…………へへへ……そうだな……」

――――――――――  三橋、河井   結託。


621 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 20:44 ID:2o5Tox7q
あげ

622 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 20:52 ID:2o5Tox7q
そういえば要望に出てた「Ultra Red」って出版社はどこなんでしょうか?
探してるんですけど見当たらないんです。ひょっとして最近の漫画ですか? 

623 :紅羽高の谷川:03/07/15 20:57 ID:???
それって鈴木なかばの格闘漫画だろ。ジャンプで最近打ち切りになった奴じゃ。


624 :マロン名無しさん:03/07/15 22:02 ID:???
>1985 ◆8BVPwsPs7s
栗見由奈(プリティフェイス)の参戦きぼんぬ。
確かに大分毛色の違うキャラだが軍団も結成してるし強い。
毛色が違う分話にも絡ませやすいのでは。

625 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 22:20 ID:???
>>谷川さん
ってことは集英社ですね。ありがとうございます。
>>624
分かりました。それも探してみます。
それの出版社はどこですかね?分かれば大分探しやすいんですが。

626 :マロン名無しさん:03/07/15 22:22 ID:???
>>625
ジャンプです。集英社ですね。

627 :紅羽高の谷川:03/07/15 22:23 ID:???
それも集英社だよ、つうかそれもこの間打ち切りになった奴だよ(藁
つうかその辺上げてる奴、ネタだろ(藁
ドキュソが参加条件なら「元気やでっ!」のいじめっ子3人とかまで
リクエストきちまうぞ(藁




誰もしらねえだろうが。

628 :マロン名無しさん:03/07/15 22:25 ID:???
いや、>>624さん、勘弁して下さい・・・

1985さん、個人的にはまったくいらないのですが、探すとしたら集英社(ジャンプ)です。

629 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/15 22:45 ID:???
え?ネタなんですか?最近ジャンプ読んで無いもんで良く分からないんです。

630 :マロン名無しさん:03/07/16 00:47 ID:coEAnrZ2
なんで谷川は偉そうなんだ?

631 :マロン名無しさん:03/07/16 00:57 ID:???
バキのヤクザは既出ですか?

632 :マロン名無しさん:03/07/16 09:21 ID:???
ヤンキーの能力値でも考えてみようか

【腕力、破壊力】
【戦闘センス、技術】
【頑丈さ、しぶとさ】
【知力、戦略】
【魅力、カリスマ性】
【恐怖度、人格破綻度】
【精神力、気力】
【運】

あと何かあるかな?

633 :マロン名無しさん:03/07/16 10:33 ID:???
谷川=史上

634 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 16:40 ID:???
ミン「…イナーキ…俺はお前がいなくても必ずBCMの凶行を止めてみせる…
   見ていてくれ……お前が帰ってくるのを待っているだけではいけない…
   ……俺一人でも………………BCMと戦ってみせる………………………
   …………うう……お前が沢渡憂作の狡猾な罠にさえはまらなければ……
   ……今頃は………………いや………………考えまい………………………
   …今はこの大会に参加する地球の害悪たる不良共を全て排除し!………
   ……俺自らがイナーキに代わる存在にならねばならない!………………
   …そしてついでに総合格闘団体『ドラゴンズ』旗上げ運営資金を………
   ……………………………………うぉおおおおお!やるぞぉおおおおお!」

 突然の大声に、周囲の一般人は一体何事かと見ているが
 ミン、一人の世界に浸っているため全く意に介さない。
  
河井「……なんじゃありゃ?」
三橋「……うーーーん……」

河井「…………あっ…………そうじゃ!」
三橋「…………ん…………どうした?河井?」

 河井、懐から『岩田メモ』を取り出す。

河井「………………えーーと…………あの格好からして…………うん……
   ……こんな町中であの格好……コイツ以外ありえませんワイ………
   ………ミン…………ドラゴン会幹部…………投げ技が得意…………
   ……エコロジスト?……岩田のボケ……いらん情報載せおって……
   ………今大会参加者内では下から数えたほうが早いですワイ………
   ……ワシらの『秘策』の実験体にはちょうど良いかと………………」

三橋「…………ふーーん……ところでそのメモには全参加者が載ってんのか?」
河井「ええ。もちろんですワイ。そいつに関する世間の評価が全て…………」


635 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 16:41 ID:???
三橋「…………ちょっと貸せ。」
河井「…………あっ!」

 三橋、河井から『岩田メモ』を取り上げる。

三橋「……へへ…………世間の評価か…………三橋…………三橋っと。」
河井「………………」

 三橋、『岩田メモ』をパラパラとめくり、三橋貴志の項を見つけ、固まる。 

三橋「…………おい…………河井…………これが世間の評価……なのか?」
河井「……………………はい。」

 『三橋貴志。美形。あまりにも強い。通称『金髪の天使』。
  軟高最強。当然ながら女子高にもファンクラブが多数存在している。』

三橋「……そうかぁ…………これが世間の評価…………うふふ…………」
河井(…ふう……念のため『岩田メモ』を書き替えといて正解じゃったワイ。)

三橋「……うふふ…………美形…………最強…………」
河井「……さっ!兄弟。さっさとそこにいるカスを片付けましょう。」

―――――――――― 三橋、河井 VS ミン 開始。


636 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 16:46 ID:Q9LAj7US
>>631
たしか花山薫は本職だから本スレで却下されたと思います。

また夜にでも書き込めたら書きます。

637 :マロン名無しさん:03/07/16 16:48 ID:???
谷川うぜぇ
何様?

638 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 17:09 ID:Q9LAj7US
>>630 >>637
いろいろ教えてくれている谷川さんを叩くのは止めて下さい。
見ていて余り気分の良いものじゃないです。



639 :紅羽高の谷川:03/07/16 17:11 ID:DHxqL3SL
( ´,_ゝ`)プッ
下手な煽りですね(藁

640 :マロン名無しさん:03/07/16 17:11 ID:???
>>638
どっかの宗教みたいですね
盲目的っつーか
谷川、他のスレと態度違いすぎなんだけど、マジで

641 :マロン名無しさん:03/07/16 17:33 ID:???
せっかく1985も谷川も復活したのに盛り上がってもいないしあらしもたえんな
ま、いままでマンセーしていたのはみんな谷川と1985の自演だろうが
ここも谷川のも。ご苦労さん

642 :マロン名無しさん:03/07/16 17:39 ID:???
1985は点々使いすぎだと思う。

643 :マロン名無しさん:03/07/16 17:41 ID:???
イメージ的には
1985  童貞ヒッキー インターネットで爆弾を一生懸命作っている狂人
谷川  鬼畜レイパー 幼女専門にいたずらをする外道
                            …かな。   

644 :マロン名無しさん:03/07/16 17:44 ID:???
>>638
普通にキモいんだけど

>いろいろ教えてくれている谷川さんを叩くのは止めて下さい
もう笑うしかないw
馴れ合いもここまで来ると凄いな

645 :マロン名無しさん:03/07/16 17:49 ID:???
1985と谷川ってSSスレを荒らしてた奴らだろ?
パオ嫌いだからって人様のスレを荒らすなよ、クズ

646 :マロン名無しさん:03/07/16 17:51 ID:???
谷川=史上
1985=一尺八寸

647 :マロン名無しさん:03/07/16 18:01 ID:???
>>645
谷川と1985は漫サロSS界でも最下層の人間だから仕方ない。

谷川は、本スレとここじゃ全然キャラ違うぞ。典型的な2ちゃんねらだな。
それと、「谷川>>>1985」を自覚してるんだろうね。
まぁ、1985は1985で“長いものには巻かれろ”タイプだからな。

実質ここは1985の個人スレだし、半月空けたのに、ここが廃れなかったのは立派。
まぁ3点リーダ使いすぎなわけだが。

でも、復活が唐突すぎだわな。
「今月中にも帰れません」→「突如復活」の流れはかなり胡散臭い。
自作自演と言われても仕方ない。

まぁ無視してしてください。応援してます。

648 :マロン名無しさん:03/07/16 18:13 ID:bitD3t+6
>>647 最下層じゃないよ。SSスレにあったランキングを見ると。
むこうでは否定されてたが結構的を射ていると思う。
これ見ると1985も谷川もステージが高いな、立派なもんだ

S パオ  ←目の上のたんこぶなんだろうな、きっと
A 外伝・VS・バキスレ ・ヤムスレ全盛期トップレベル職人
B 夜王・肉スレ上位職人・1985・トモ・谷川(トモと1985は成長中)
C 肉スレのSS職人 ・現ヤムスレトップレベル職人
     〜職人といえるのはここまで〜
D 一般レベルSS書き・現ヤムスレ一般レベル
E たまにSSらしき物を書くザコ  




649 :マロン名無しさん:03/07/16 18:14 ID:???
えーと、荒らしてんの、絶対少人数ダヨネ。
つーかつまんねーなら来んナ。
ボケー。

1985さん、応援してますよー

650 :紅羽高の谷川:03/07/16 18:14 ID:???
SSスレって何ですか?

651 :マロン名無しさん:03/07/16 18:22 ID:???
谷川氏も対荒らし用にトリップつけなよ。
ネーム欄に#○○○(大文字シャープと好きな数字)でいいからさ
ちなみにSSスレとは旧死刑囚スレの事だろ

652 :マロン名無しさん:03/07/16 18:28 ID:???
1985さんにリクエスト。……だけで1スレ埋めてください。内容はつまらないから要らないです

653 :紅羽高の谷川:03/07/16 18:34 ID:???
トリップはまぁ説明されなくても知ってるけど(別板でも固定やってたし)
つけたらつけたで自意識過剰かな、と(藁

おっと雑談になりそうなので退却。
続き期待してます。ヨロシク

654 :マロン名無しさん:03/07/16 18:38 ID:???
>>653
それだけ自意識過剰な発言を繰り返して何をいまさら。
おかしいなコイツ、本格的に

655 :マロン名無しさん:03/07/16 18:42 ID:ps8hqHN7
荒れてきたな。

656 :マロン名無しさん:03/07/16 18:52 ID:???
1985の文は…を抜いたら3分の1で収まると思う
ま、内容がスカスカなので水増しは仕方ないが
頑張れ1985。ファイトだ1985。自作自演だ1985。
今は貴様のSS読んでいるヤツより荒らしの法が多いだろうな

657 :マロン名無しさん:03/07/16 19:41 ID:???
>>631
花山が参戦したら、幽助や高木や男塾でも持ち出さない限り優勝決まってしまうだろ。
・・・でも、極沢なら勝てるか?

658 :1985:03/07/16 20:34 ID:???
もう嫌になりました。このスレ終了します。
さようなら

659 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 22:00 ID:???
河井「……もう一度、路地裏に身を潜めて通り過ぎるのを待ちましょう。
   ここで携帯のブザーで隠れとるのがバレては元も子もないですワイ。」

三橋「…………お……おう。」

 河井と三橋が近くでそんな行動をしているとは思いもせず、
 ミン、鼻歌まじりに二人の潜む路地裏を通り過ぎていく。

ミン「………しかし……ずいぶんたつのにまだ対戦相手が見つからないな……
   ……まあ…………当たらんに越したことはないが…………………………
   ………………何人か名のある奴を倒さんと抑止力にならん………………」

 ミン、口をへの字に曲げ、所在無げに肩を回す。
 ふと、なにかの気配に気付き、振り向くと、ミンの眼前に……三橋の右足。

ミン「…………んがっ!」

 ミン、突如の蹴りに反応できるはずもなく、人形のように倒れこむ。
 ビーーーーーー。両者の携帯から戦闘開始の合図。

ミン(……な、なんだ?…………携帯が…………大会参加者か!……)
三橋「………………ケケケケ!オラ!オラ!オラ!」
河井「………………げひょひょひょ!くたばらんかい!」

 三橋と河井、倒れこむミンに容赦なく攻撃を仕掛ける。
 ミン、混乱しつつも降り注ぐ蹴りの嵐に体を丸め、防御。

ミン「……がっ……ぐむっ…………貴様等!二人がかりで………………」


660 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 22:01 ID:???
 ミン、完全な防御姿勢にダメージは少ないものの
 河井、三橋の止まることのない攻撃に怒りがどんどん募っていく。

ミン「…………ぐぐぐ…………き…………貴様らぁ…………」
河井「…………!!兄弟……そろそろ……」
三橋「……おう!」

ミン「…貴様ら!いいかげんにしろ!不意打ちならまだしも、2対1など!
   …………卑怯者!この”皇帝”ミン様が直々に、せいば…………い?」
   
 ミン、瞬時に起き上がり、二人に向け、怒りをぶちまける………はずが
 三橋と河井。すでに遥か遠く、逃亡する後ろ姿が見える。
 ミン、自分の見ている光景が理解できず、呆然と立ち尽くす。

ミン「………………え?」

 ミン、数秒間、思考が停止し、その場に固まり動けずにいたが、
 ふと、我に帰り、二人を全速力で追いかけ始める。

ミン「………き……貴様らぁ!正々堂々勝負せんか!逃げるな!コラッ!」

 しかし、二人の脚力はミンの想像をはるかに超え、全速力で追いかけたものの
 2つ目の曲がり角で二人の姿を見失ってしまう。

661 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 22:02 ID:???
ミン「…………ハァ……ハァ……ハァ………………くそっ!…………あいつら!……
   ……ハァ……ハァ……ハァ……そうか!……ふ………………ふはははは!……
   ……不意打ちしたまでは良かったが俺には勝てそうにないと察し……… 
   ………恐れをなし一目散に逃げおったか……………ふはははは…………
   ……まぁ…………このミン様相手に挑んで来ただけでもよしとするか…
   …………くくく………………………………がっははははは!………は?」

 …………ガコ!
 ミン、後頭部に衝撃を受け、受け身もとれずに地面に顔面を強打する。
 ビーーーーーー。またしても三橋の飛び蹴り。

三橋「…………誰がテメーごときに恐れをなしたって!?」
河井「…………全くじゃ!さっさと逝きさらさんかい!」
ミン「…………くっ…………貴様ら!またしても…………」

 ミン、二人の袋叩きに会うも先ほどの様に体を丸め、亀のようにうずくまる。
 そのおかげか二人の攻撃にも三橋の飛び蹴り以外、致命打はない。

三橋「…………ごちゃごちゃぬかしてんじゃねぇ!」
河井「………….豚のように黙らんかい!このボケナスがっ!」
ミン「…………ゴッ……ガゴ…………ぬうう……貴様らぁ…………」

 ミン、二人の攻撃が止む、ほんの一瞬の隙を突いて立ち上がる。

ミン「…………貴様らだけは許さん!覚悟…………くっ!」

 完全にミンの反撃の態勢が整った頃には二人の姿はない。
 
ミン「…………やはりか…………逃さん!逃さんぞ!待たんか!外道共!」


662 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/16 22:03 ID:buFGV/CY
そうですね。確かに…が多いかも。
でも他に間を作る手が思い浮かばないんですよ。
文章が変なとこで次の行いったら読みにくいだろうし。
今後何か思い付いたら、改善していこうと思います。

663 :マロン名無しさん:03/07/16 23:10 ID:???
少しぐらいの間だったら、……
しばらく間が空く場合だったら、…………
これくらいの量でも十分に間は表せると思う。

内容については不満はないので、あとは他の板で二次創作小説やってるような所をちょくちょく回って参考にしていって、自分が納得するスタイルを確立していけばいいかと

664 :マロン名無しさん:03/07/16 23:18 ID:???
案の定荒れてきたけど
更新頑張ってください。

三橋と河合が会話する時は2メートル離れてるのかな?

665 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 00:00 ID:???
>>663
SSやってる板って他にもあるんですか?

>>664
あ!そういえば……………そのへんは脳内保管でお願いします。全く考えて無かった。

666 :マロン名無しさん:03/07/17 00:21 ID:???
1985氏、谷川氏ご両人、
俺が言えた義理じゃないけど、強く生きてください。

667 :マロン名無しさん:03/07/17 00:26 ID:???
SSやってる板なら探せば結構あるが、場合によっては板に一つか二つしかなく、しかもスレタイからは解り辛いのもあるから、
板住人にでもならん限り見つけにくいのでは…

漫画系以外では、小説系・ゲーム系・特撮なんかで見かけるけどね。

668 :マロン名無しさん:03/07/17 00:44 ID:???
「…」って間だったのね
初めて知ったよ

669 :マロン名無しさん:03/07/17 00:49 ID:???
じゃあSSスレ捜して見ます。
興味もあるし。

670 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 00:54 ID:???
>>667
けっこういろいろあるんですんね。
>>668
あんまり気にしなくても良いですよ。行間を整えるためでもあるし。
>>669
お願いします

671 :マロン名無しさん:03/07/17 01:06 ID:???
俺、大学生なので大学生活板から
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/campus/1057915820/l50

672 :マロン名無しさん:03/07/17 11:39 ID:???
このスレをつまらないと思うヤツは読まなけりゃいい。
というわけで俺は読まない。勝手にやってくれ

673 :大きなお世話:03/07/17 13:22 ID:???
ためしに「・・・・」削除して読んでみたら快適でスピード感もあったので、
とくに間を取らなくてもいいのでは?

674 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 15:32 ID:???
 二人を見失う→不意打ち→袋叩き→ミン起き上がる→逃亡→二人を見失う……
 こんなサイクルを幾度もなく繰り返し、
 ―――――――15分後。
 
 ミン、体がボロボロになりながらも怒りは極限に達している。
 鼻息荒く、顔も紅潮し、体中の血管が浮き上がらせながら
 執拗に二人を追いかけ続ける。

ミン「……ま、待て……こ、殺してやるぅ…………
   ………逃げるなぁ…地球のゴミがぁ…………
    ……は……は、排除してやる……待てぇ…」

 全速力で逃げながらも振り返り、怒るミンの様子を観察する二人。

河井「……くっ…いい加減しぶといのぉ…さっさとくたばらんかい……」
三橋(…………チッ……………確かにこれじゃキリがねぇな…
   無傷で済むかも知らねぇがスタミナの方が持たねぇ…
   もっと楽に……………………………!!そうだ!……)


675 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 15:32 ID:???
河井「……ハァ……ハァ……ハァ……どうした?兄弟?そんな笑顔で?」

 三橋、息を切らせながら満面の笑顔で河井を見つめる。

三橋「……なぁ、河井…あいつを倒す名案を思いついたんだけど……」
河井「…………なっ?本当ですかい?兄弟?」

三橋「…………ああ…………やるか?河井?」
河井「……も!モチロンですワイ!兄弟!」

三橋「そりゃあ良かった……じゃ………」
河井「………え?」

 三橋、突然、笑顔で右足を河井の左足に引っかける。
 河井、三橋の行為に混乱する暇もなく、勢いよく地面に転倒。

河井「……なっ…………きょ、兄弟……何を?」

 顔を上げ、辺りを見渡すも三橋の姿はもうそこにはない。

河井(…………や、やられた…………あのボケ!ワシを捨て駒に!)
ミン「………フゥ………フゥ………フゥ……」

 河井、自分の背後から聞こえる荒い呼吸に気付き、振り返ると
 そこにはミン。無表情のまま、倒れた河井を見おろしている。


676 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 15:33 ID:???
河井「………いや……これは……その………」
ミン「………………」

河井「……ご……ごめんなさい……僕はさっきの奴に脅されて無理やり…」
ミン「……………」

河井「……ぜ…全部さっき逃げた金髪が考えた事なんですワイ……
   ………全部あの金髪が…………だからワシは悪くない………」
ミン「……分かった。安心しろ。」

河井「……!!本当ですか?ありがとうございます!ありがとうございます!
   ………………じゃあ…………ワシはこれで失礼……………………………」
ミン「……安心しろ………貴様を葬った後はキッチリさっきの金髪にも
   制裁を加えてやる!!まずは煙突頭!!!………貴様からだぁ!」

河井「…………ヒィィィィ!!!」

 ミン、河井の両腕をワキに挟みこみ、固定する。

ミン「…くくく……貴様には我が敬愛するカール・ゴッチ往年の必殺技であり、
   俺様の最大の必殺技でもある『ソルト』を味あわせてやる…感謝しろ!」
河井「……ヒィィィイ!!!!!!」


677 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/17 15:36 ID:YhP4rGMW
>>673
そうですか。逆に読みづらくなってるみたいですね。
ちょっと今後色々手を考えてみます。


678 :マロン名無しさん:03/07/17 22:49 ID:???
レイプマン出してください

679 :マロン名無しさん:03/07/18 00:03 ID:???
ワロタ
河井ピンチじゃんw

680 :マロン名無しさん:03/07/18 15:37 ID:J5luZ6E7
やべぇ
おもしろいよ
個人的には1985さんの作品が一番好きです
楽しみにしてます、これからも頑張ってください

681 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/18 16:30 ID:???
ミン「……くくく………この技はなぁ、こうなれば避けることは不可能…
   ………………安心してアスファルトに沈むがいい!この卑怯者が!」
河井「………たっ、助けて!」

 河井、背面から両腕を完全にミンの脇に挟まれ固定されている。
 抵抗しようにもミンの腕力に河井の腕力はかなうはずがない。
 ミンの重心が徐々に後ろに移動していく。

ミン「もう遅い!正義の鉄槌をくらえ!!ソルトォォォォォ!」
河井「………ぎゃあああああああああ!」

 ミンの体が河井の体もろとも、後ろに反り返る。
 ………………ドムッ。
 体が勢いよく、頑丈なアスファルトの地面に着地する。が、

河井「……????」

 ミン、突如、力なく河井の両腕をはさんだまま倒れこみ、ケイレンしている。
 河井、ミンの体がクッションになり、全くの無傷。


682 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/18 16:30 ID:???
河井「………なんじゃ?………あ!」

 ミンの股間に何者かのカカト。金的。
 …………三橋、いつのまにか姿を現わし、投げ技の態勢で完全に
 無防備なミンの股間にカカトをめりこませている。

三橋「…ケケケケケ…敵が二人いるのに無防備に金◯さらしてんじゃねえよ。」
河井「………な………きょ…兄弟?」

三橋「…………おーー河井。悪かったな。ちょっと囮になってもらったわ。」
河井「………………」

三橋「お前のメモに、こいつは『投げ技が得意』って書いてたろ?
   …ピーンときてよ……いや思った以上にうまくいったなぁ。」
河井「……きょ、兄弟………もし……こいつが投げ技を
   使わんかったらどうするつもりだったんですか?」

三橋「………………」
河井「………………」

河井(………やっぱりコイツ………ワシを見捨てるつもりじゃったか。)
三橋「…………ま、まあ………うまくいったんだからいいじゃねえか。
   ……そんな事よりコイツが目を覚ます前に携帯取り上げようぜ。」

683 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/18 16:31 ID:???
 三橋、白目をむいて気絶するミンのタンクトップの中から携帯を発見する。

三橋「……うぇぇ………汗臭ぇ…」
河井(………………もしこいつが投げ技を使わんかったらそのまま
   放置するつもりだったに違いない…ワシを捨て駒にしよって…)

三橋「………あ、もしもし?三橋貴志でーーーす。」
河井(…もしかしたら最初っから見捨てるつもりだったかも知れん…
   …………たまたまこのボケが隙だらけの格好をしたから………
   ……この男の場合…………ありえるから恐ろしいワイ…………)

 ピ。三橋、携帯を切り、その場に放り捨てる。

三橋「……おい。河井。とっとと次の奴いこうぜ。」
河井「……あ……ああ……」

三橋(……河井の奴……さっきからずいぶん俺の顔ばかり見てんな…………
   ………………………まさか実は見捨ててたのがバレたんじゃ…………)
河井(…………とにかくコイツと組んでいる間は気が抜けんワイ…………
   ……どうやら短いつきあいになりそうじゃの………次あたりで……)

――――――――三橋、河井 VS  ミン   三橋、河井の勝利。

――――――――――――――――― ミン失格。

684 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/18 16:34 ID:USCmteTL
>>678
………良く知らないんですがそれって不良なんですか?

>>680
ありがとうございます。

685 :本スレ1:03/07/19 01:21 ID:???
1985氏、ガンガレ。
煽りに負けるな。
ずっと楽しみにしてます。
本スレでもよろしく。

686 :マロン名無しさん:03/07/19 15:04 ID:???
終了

687 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/19 18:31 ID:???
 『…………言ってしまえば警察に捕まらなければ…………………
  …………刃物でも鉄砲でも使っても問題無い訳ですワイ………』
 
 河井のこの言葉。今大会内において的中する。

――――――東雲町、ビジネス街。

 右手には日本刀。足には拍車(刃のついた車輪)付きのブーツ。
 逆立つ黒髪にゴーグル。鋭い目つきをした細身の男。
 おぼつかない足取りで、曇り空を眺めながら歩いている。

天草「……ドコに行きゃ……スッキリできんだよ?……」


688 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/19 18:32 ID:???
 ……ドン。
 天草、空を眺めながら歩いたせいか、すれ違いざまに会社員とぶつかる。
 人の良さそうな会社員。天草の雰囲気にビビってかすぐに頭を下げる。

会社員「……あっ…すいません。」

 天草「………ああ……いいよいいよ……気にすんな。」
会社員「………そうですか?すいません…………じゃあ失礼します。」

 天草「……あっ……ちょっと待った……」
会社員「……へ?……な、なんですか?」

 天草「……お前……人の良さそうな顔してんな……」
会社員「……はぁ。」

 天草「……そんな顔じゃ人からナメられるだろ?」
会社員「………はい……まぁ……少しは……」

 天草「………俺が迫力つけてやるよ。」 
会社員「………え?」

 天草の右手、一閃。斬音と共に、会社員の頬が血に染まる。

会社員「……ぎゃ…………ぎゃあああああああ!」
 天草「………それならナメられねえよ……ははははは!」

 穏やかな昼休みに響く、切り裂くような会社員の悲鳴。
 天草、舌で返り血を舐め、嬉しそうに微笑んでいる。


689 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/19 18:32 ID:???
会社員「……ヒィッ!」

 会社員、流血し続ける頬を押さえ、逃げるように走り去る。
 周囲にあれほどいた通行人も、会社員同様、
 突如行われた天草銀の凶行に恐れ、悲鳴を上げながら逃げ惑っている。
 天草、そんな事はお構いなしに何事も無かった様に空を見上げる。

天草「……曇天……か……」

 いつのまにかビジネス街の通りには誰一人いなくなった。
 いや…………一人。恐れること無く、天草に歩みよっていく。
 …………日比野晴矢。

晴矢「…………」


690 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/19 18:33 ID:???
 ビーーーーーーー。両者の携帯から、戦闘開始の合図。
 晴矢、天草を見下ろすような目で、不敵に笑う。
 
晴矢「……やっぱり参加……!?」

 ………………キィィイイン。
 人のいなくなった静かなビジネス街の通りに乾いた金属音が響く。
 天草、晴矢の言葉が終わる前に抜刀。切りかかるも、
 晴矢、とっさに背中から鉄バットを出し、これを防ぐ。

天草「……へぇ……鉄バットか……用意いいな……お前……」
晴矢「………このクソガキャー……」

天草「……じゃあ、こいつはどうだ?」
 
 天草のブーツの拍車(刃の付いた車輪)が肩に向け、鋭く弧を描く。
 ………………ザスッ!
 晴矢、切り裂かれた服のすき間から鮮血がしたたり落ちる。

晴矢「…………!!……」
天草「……なぁ……殺させてくれよ……」

―――――――――――――― 晴矢 VS 天草 開始。



691 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/19 18:39 ID:XZPEq/+d
ちょっと今回の天草に色々と不満があるでしょうが、最後まで見てやって下さい。


>>本スレの1さん
ここまで荒されるともうどうでも良くなってきましたから大丈夫です。
ありがとうございます。これからも読んでやってください

692 :マロン名無しさん:03/07/19 18:49 ID:???
アマギンvs晴矢ですか、
斬殺になるか撲殺になるか? 期待しています。
勝敗については外野の意見を気にせず1985さんの好きなように書いて下さい。

つか、アマギン黒髪verか…、ちょっと意表をつかれたな。

693 :マロン名無しさん:03/07/19 22:14 ID:???
俺もてっきり白髪で登場すると思ってたよ
ハーレーに乗って「green grass of home」を口ずさみながら

ウダヒマ読みたくなってきた

694 :マロン名無しさん:03/07/19 22:37 ID:???
黒髪アマギン キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

695 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 00:52 ID:???
ちょっと小さい事ですが文字の消し忘れがありました。

突如行われた天草銀の凶行に恐れ、悲鳴を上げながら逃げ惑っている。
     ↓
突如行われた天草の〜〜

に、脳内修正して下さい。だからどうしたというレベルの消し忘れですが。
さっき気がついて少し気になったもんで。

696 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 03:46 ID:???
天草「………今なら降参すれば許してやるぜ?……」
晴矢「……ふざけた事ぬかしてんじゃねぇ!!」

 …………キィィン。
 晴矢、力任せに鉄バットを振るうも、またしても天草の日本刀と相殺する。
 
天草「………降参の意思無しか…………日本刀を防げてもこっちはどうする?    
   ………この俺……『アマギン』を相手に死んでも文句言うな……よっ!」

 天草、鉄バットを防ぎつつ、左手を地面につき、晴矢の頚動脈、めがけて
 左足の拍車(刃の付いた車輪)を下半身ごと振り上げる。

晴矢「……ウルァァァ!!!」

 ………………コッン。
 晴矢、とっさに鉄バットの柄の部分で、首に向けて飛んでくる拍車をそらす。
 天草、晴矢のとっさの機転にも、動転せず、冷静に着地し、
 バランスを崩すこともなく、日本刀の刃を晴矢へ向ける。

天草「……拍車に気を取られてるとこっちで死んじまうよ?」


697 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 03:46 ID:???
 天草、一歩踏みこみ、日本刀を深く、晴矢の肩に突き刺す。
 …………グッ……グズリッ!
 日本刀の刃の先端が、晴矢の背中から突き出ている。

天草「……ヒャハハハハハハハハハハ!」
晴矢「……ぐぅ………クソガキャー!!」

 晴矢、天草のみぞおちに向け、中段蹴りを放ち、天草を吹き飛ばす。
 
天草「………カハッ……」


698 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 03:47 ID:???
 吹き飛ばされた天草の体と共に肩に突き刺さった日本刀が抜け、
 肩の傷口から赤黒い血が止めど無く、溢れ続ける。
 晴矢、傷口の焼けるような痛みに無意識で呼吸が荒くなっていく。
 
晴矢「……ハア……ハア…………ハア………ハア…」
天草「………ヒャハハハッ………………どうする?……………………
   ……日本刀を避けても拍車が……拍車を避けても日本刀が……
   …………いっそ、あきらめて早めに切り殺されてみるか?……」

晴矢「……!!……へへへ…」

 …………カラン、カラン。

天草「…………!?」

 晴矢、突然、不敵に微笑みながら、対日本刀、対拍車の生命線である
 鉄バットをその場に投げ捨てる。天草、晴矢の奇行に戸惑いを隠せない。


699 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 03:48 ID:???
天草「……??なに考えてんだ?………さっさと拾えよ。」
晴矢「………怖ええのか?」

天草「…………はあ?」
晴矢「…怖ええのかって言ってんだ……お前なんぞ鉄バット無しで充分じゃ…    
   …さっさと脳天かち割ってみろ……腰抜け…それともやっぱり怖いか?」

天草「………上等じゃねえか!望み通りテメーの脳味噌かち割ってやるよ!」

 天草、素早く晴矢との間合いを詰め、頭めがけて全力で振り降ろす。
 …………パシィッ!

天草「……なっ……」

 晴矢、頭めがけて振り降ろされた日本刀の刃を素早く両手で挟む。
 ………………真剣白刃取り。

晴矢「………ふははは!………奥義・真剣白刃取りじゃ!」

700 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/20 03:48 ID:mm7z6Z6V
あげ

701 :マロン名無しさん:03/07/20 13:56 ID:???
廃れたな、不良スレ。個人的には応援してるけど。

702 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:13 ID:???
 天草の日本刀に対し、鉄バットを捨てた晴矢の奇策・真剣白刃取り。
 
晴矢「……ふははは!どうじゃ!お前の様な腰抜けにはできん技じゃろう?」
天草「………………ククク…………ヒャッハッハッハ!………………………
   ……何を企んでやがるかと思ったら白刃取りだと?……下らねえ……     …そんなもん、俺がもう一度斬りつければおしまいだろうが!死ね!」

 しかし、天草がいかに力を入れようとも日本刀はピクリとも動かない。

天草「……な……なんで動かねえ?……」
晴矢「………ウルァァァァ!!!!!」

 …………グッ……グッ……………ボキッ!
 晴矢の雄叫びと共に両手に挟まれていた日本刀の剣先が折れる。

天草「………ば………馬鹿な……」
晴矢「………あとはその変な靴だけじゃな……」
天草「………くっ!」

 天草、すぐさま剣先の折れた日本刀を捨て、
 拍車(刃の付いた車輪)を晴矢のこみかめを狙い、振り抜く。
 晴矢、予測していたかのように深くしゃがみ、頭の上を拍車がすり抜ける。
 一瞬、溜め、天草の腹にめがけて全身のバネを使い………………アッパー。
 天草、重い衝撃の後、2mほど、跳ね上がり、勢いよく地面に落下する。
 倒れたまま、自らの身に起こった事が信じれず呆然としている。

天草「………そんな馬鹿な………人間がこんなに吹っ飛ぶなんて……」
晴矢「………ん?……まだしゃべれるようじゃの?」


703 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:14 ID:???
天草「…………ヒィ!………て……テメー何者だ!?」
晴矢「……俺様か?………俺様は日比野晴矢!世界の王になる男じゃ!」

天草「……世界の王?……日比野晴矢?………」
晴矢「……まだまだ口を聞く元気がありそうじゃな。」

 未知なる力との遭遇。恐怖から天草の奥歯が、カタカタと音をたてる。
 天草、その場に座り込み、両手を地面につける。

天草「……………ちょ…………調子に乗ってスイマセンでした!…
   …貴方には勝てません!許してください!お願いします!!」
晴矢「…………あん?」

 天草、晴矢に向けて、深々と土下座し、許しを懇願する。
 
晴矢「………テメー!人をさんざん切り裂いといて何言ってやがる!」
天草「……ヒィィィ!!!!」

 天草、怯えながらも、無理な態勢から起き上がり、
 晴矢から背を向け、全力で逃走する。
 
晴矢「………待て!コ………くっ!」

 晴矢、逃げる天草を追いかけようとするも、
 日本刀による出血が原因なのか、バランスを崩し、その場にヒザをつく。


704 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:16 ID:???
晴矢「………チッ!……」

 晴矢、先ほどの拍車の傷からの出血は止まっているものの、
 さすがに日本刀の傷口からは血が止まらない。
 制服のブレザーのソデを破り、刺された肩にきつく縛りつける。
 そんな簡単な応急処置で、傷口からの出血が止まる。
 晴矢の持つ、超人的な回復力。

晴矢「………チッ…こんなことなら下僕を一人連れてくるんじゃった…………」


705 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:17 ID:???
――――――――――――10分後。

 ビルとビルの隙間に出来た薄暗い空間。天草がヒザを抱えて震えている。

天草「……なんなんだよ………あいつは……素手で日本刀折るし………
   ……くそ!………調子にのってこんな大会出るんじゃなかった…」

 そんな中、天草が潜む空間の入口にバイクが一台止まる。
 バイクに乗る男、天草を注意深く観察している。
 
天草「………なに見てんだ!……テメー……ぶっ殺すゾ!……」

 男は何かを確信したようにバイクをその場に止め、
 バイクに積んであった『何か』を右手に持ち、天草に歩みよる。
 天草からは逆光のせいで男のシルエットしか見えない。

天草「……この『アマギン』に喧嘩売ってんのか?…………
   ……今、機嫌が悪いんだ………………ぶっ殺…!?…」

 男の顔を見た天草の体の震えが止まらない。
 さきほどからの晴矢に対する恐怖の余韻による震えなどではなく、
 目の前の男に対する、現在進行形の恐怖からの震え。


706 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:17 ID:???
???「………やっと……見つけた………」
 天草「………なんで?……………あんた死んだんじゃ………」

???「……お前か……俺の名を騙ってんのは…………」
 天草「………お……俺も名字が天草って言うんです………………
    ……天草直道……それでアンタに憧れてて………つい……」

???「…………」
 天草「……真似すれば俺も『アマギン』になれると思って……出来心で……」

???「…………」
 天草「………あんたの噂を聞いて……それで………」

???「…………『アマギン』は二人もいらねえ…………」
 天草「……っヒィィィィィ!」

 男は右手に持っている『日本刀』を抜き、
 天草のノドに向け、横一文字に風切音を立て、振り払う。
 嫌な音と共にビルの壁に、鮮やかなほど真っ赤な天草の返り血が飛び散った。
 天草、物言わず、その場に倒れこむ。
 
 男は振り返ることなく、その空間を後にする。
 ビルの隙間から出てきた男を日光が照らしだす。
 右手には日本刀。足には拍車(刃のついた車輪)付きのブーツ。
 逆立つ”白髪”にゴーグル。鋭い目つきの細身の男。
 男の名…………………天草銀。通称・アマギン。


707 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:27 ID:???
 アマギン、再びバイクにまたがり、空を見上げる。
 いつのまにか雲はなくなり、まぶしいほどの太陽光が降り注いでいる。

天草銀「………晴天………か………」

―――――――――――――― 晴矢 VS 天草  天草の逃走。

――――――――――――――――――― 天草直道(偽アマギン)消息不明。

708 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 06:31 ID:ddj8tBKY
ちょっとこれで良かったのかどうか、自分では良く分かりません。
御感想お待ちしています。

709 :マロン名無しさん:03/07/21 09:05 ID:???
イイ! 非常にイイ!

>>695で細かい修正してたけど、
なんか別に直さなくてもいいのに小さい事にこだわる人だな、
ぐらいにしか思っていなかった、その時点で気付くべきだったよ……。

天草「……曇天……か……」
天草銀「………晴天………か………」
の対比も晴矢と掛けていていい感じ、

710 :マロン名無しさん:03/07/21 09:38 ID:U3gE4rkH
おもわず声をあげてしまいました! 初めアマギンがヘタレたのを見て こんなのアマギンじゃないって思ったけど… 本物が出てきたとき感動しました!

711 :マロン名無しさん:03/07/21 17:39 ID:???
晴矢の口調に違和感があるが、相変わらずすばらしい出来だと思う。
そういえば初の死人ではないですか?流石に大事になるのでは(汗

712 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/21 21:09 ID:???
>>709
あのミスを見つけた瞬間はビビりました。あれひとつで全て台なしになりますからね。
>>711
晴矢はやっぱり難しいですね。少し動かしづらいキャラではあります。
そういえば死人?でちゃいましたね。
まあ、見つけづらいところですし、何年後かに見つかれば。

実際、今回、アマギンが負けるところが思いつかなかったので
偽物で逃げてしまいました。今後からはこういうのは無しにしたいと思います。
あとは出てくるキャラは全員本物なので安心してみて下さい。

713 :マロン名無しさん:03/07/21 22:23 ID:???
ほぉー
こうくるとはね
細かいことは抜きにして、やられたよ
よかった

714 :マロン名無しさん:03/07/22 00:15 ID:???
うーん。スゴイ、スゴイね。
楽しませてもらいました。
やっぱ、アマギンはこうでないとね。
でも、結構マイナーと思ってたアマギンをみんな知ってて
何か嬉しい。

715 :マロン名無しさん:03/07/22 08:41 ID:???
ところで、武丸がトラックに喧嘩を売ったシーンって何巻?

716 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/22 21:23 ID:???
―――――――東雲町、廃工場地帯。
 バブル時代の名残、すでに稼働が止まってしまった廃工場が連なっている。
 その中のひとつ。工場内には作りかけの部品が雑然と置かれ、
 地面にも何かのネジが無数に転がっている。当然人気はない。
 そんな場所に一人、足を踏みいれる。
 ………………葛西。工場内を見渡し、つぶやく。

葛西「………思ったとおり……うってつけだな……」

 雑然としているが二人の男が闘うには丁度良いくらいの空間がある。 
 葛西、近くのベルトコンベアーのホコリを払い、腰掛けると
 懐から煙草をとりだし、火をつける。
 
葛西「………………」

 葛西、天井を眺め、先ほど出会った男の事を思い浮かべる。
 ………………松尾象山。
 自分の実力。自分自身でも一般人を凌駕しているものだと思っていた。
 しかし、松尾象山の経験したことの無い未知の力に触れ、
 葛西、今まで持っていた『力』に対する価値観が揺らぎ始めていた。
 1対1の路上のケンカにおいて、前田太尊を除き、負けたことはない。
 もっとも世界中には自分たちより強い人間はいる。
 葛西もそこまで傲慢な人間では無い。そんな事は分かっている、が
 やはり葛西の世界では『最強』は太尊か、もしくは自分。
 しかし、松尾象山の力。あたりまえの事ながら改めて思い知らされ、
 その存在が葛西に嫉妬のような、羨望のような、複雑な感情を抱かせる。


717 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/22 21:23 ID:???
葛西(……あれが格闘家………いや……空手家……か……
   ……………ああいうのも…………悪くねえな………)


718 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/22 21:24 ID:???
 …………ジャリッ。入り口のほうから何者かの足音が聞こえる。
 ……ジャリッ……ジャリッ…………ビーーーーーーーーーー。
 両者の携帯が戦闘開始の合図を放つ。
 葛西、煙草を放り捨て、音の発信元に振り向く。

葛西「……遅かったな………前田……!?」

 廃工場の入り口に立つ男。逆光で顔が見えないものの
 明らかに太尊のシルエットとは違う。

??「………誰かと待ち合わせでもしてたのか?……残念だったな……」
葛西「………誰だ?…………てめぇ………」

憂作「…沢渡憂作だ……そうだな…自己紹介ついでに占いをしてやるよ……」

 憂作、地面に落ちているネジを3個拾い、回転させ、放り投げる。
 ……コロコロコロッ。ネジが再び無作為に地面に転がる。

葛西「………………」
憂作「………あーーあ………待ち人、来たらず………緊急入院の恐れあり……
   ………リーゼントに要注意………残念…『大凶』だ………………………」

葛西「…………ごちゃごちゃぬかさずさっさと来い。」
憂作「……へっ………生き急ぐなよ……早死にするぜ……」

―――――――― 葛西 VS 憂作  開始。

719 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/22 21:27 ID:C+SdBU4y
>>715
ちょっと今手元に単行本がないんで分からないです。もうしわけない。
これにでてる武丸は特に時期の設定はないです。いつでも怪我してそうだし。

720 :マロン名無しさん:03/07/22 22:00 ID:???
>>719
お疲れです。

言いたいこと(文句じゃなくて感想)は色々あるけど、
なんかネタ潰しになるといけないので終わるまで黙ってます。

721 :マロン名無しさん:03/07/22 22:01 ID:5Kzd2B9a
せっかくなのでageときます。

722 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/23 08:54 ID:???
 雑然とした廃工場内に葛西と憂作。両者、構えを取ったまま動かない。
 憂作、一触即発の状態にもかかわらず、思わず口元から笑みがこぼれる。

憂作「………へへへ………」
葛西「……なに笑ってやがる?」

憂作「……ん?…ククク……いや……悪いな……
   …………今楽しくてしょうがねえんだ……」
葛西「………」

憂作「……久々に生きがいってやつに目覚めちまってな……」
葛西「……『生きがい』?……」

憂作「……………………ああ…………そうだ……………………
   ……最初は『一億円』だけが目当てだったんだけどな…
   ……あのじいさんに考えてる事が気に入らなくてよ……」
葛西「…………」
   
憂作「……………………さっさと、このガキ共の予選大会に優勝して………
   ……あのじいさんが『地上最強』だと信頼している『地下闘士』とか
   いう連中をぶちのめしたくなっちまったんだよ。」
葛西「………どういう事だ?…………」

憂作「……そうか。てめえはあの場にいなかったから知らねえんだな……
   ………………………………いいぜ…………教えてやるよ……………」
葛西「………」


723 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/23 08:54 ID:???
憂作「………この大会は『不良一選手権』なんて大層な名前してはいるが……
   ……光成からしてみれば只の地下闘技場の予選大会にすぎねえんだよ…
   …………あのじじい……人を何度もこけにしやがって……………………」
葛西「……何度も?」

 憂作、脳裏に昔の光景が浮かぶ。自由に暴れ回った裏の世界。

憂作「………昔、ある理由から『地下闘技場』に興味を持ってな………
   ……………『地下闘技場』に出場する為にはいわゆるその分野の
   『最強』ってのにならないといけないらしい。名を上げるために
   裏でさんざん暴れ回ったよ…………だが……………どんなに暴れ
   どんなに悪行を重ねても徳川光成から声はかからなかった………
   ……………いつの間にか忘れちまってたよ。下らねえ昔話だがな」
葛西「……ちょっと待て。」

憂作「………なんだ?」
葛西「…てめえ、さっきから『ガキ共』とか『昔、裏でさんざん暴れた』とか
   …………俺とたいして年も変わらねえだろう?なんで……………………」

憂作「……そのへんは聞くなよ……人には色んな事情があるんだ。」
葛西「………取り憑かれてんな……」

憂作「……あ?…………!!……」

 …………ガッ!
 葛西、憂作の隙をつき、腹部めがけ、直線に伸びるような中段蹴り、
 憂作、突然の不意打ちに挙動が遅れるも、腕を交差させ、蹴りの衝撃を防ぐ。

724 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/23 08:55 ID:???
葛西「………チッ……浅かったか……」
憂作「……いきなり不意打ちたぁ……やってくれるじゃねえか……」

葛西「…安心しな………俺がテメーを止めてやるよ………」
憂作「…………はあ?………止める?……俺の優勝をか?」

 …………ヒュンッ……ガッ!
 葛西、憂作の問いには答えず、足をしならせ、憂作の顔めがけ、ハイキック。
 憂作、反応よく、右腕で受けつつも、額には汗。
 葛西の蹴りの威力に思わず顔を歪め、鋭い目で葛西を見据える。

憂作(………チッ……こいつ……なかなか骨がおれそうだな……)
葛西「………お前は昔の俺だ……」

憂作「………あ?……」

 葛西、憂作の姿が太尊に出会う前の力に取り憑かれた、昔の自分に重なる。
 仲間を求め、力を求め、結果、孤立していった自分。
 
葛西「………止めてやる………なにがなんでもな…………」

725 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/23 09:04 ID:jjb9mqBu
太尊、葛西ら『ろくでなし』キャラは川島編の前あたりの設定です。
他のキャラの設定は言動から何となく察して下さい。
どこかで矛盾が生じるかも知れませんが。
あと人によってはこの闘いどっちが勝つか分かってるだろうと思いますが、
どうか気付いても御内密に。見てない人もいるだろうし。
やっぱり失敗でしたね。大会後半まで誰が勝つか分かってしまう。
今後は気をつけます。


726 :マロン名無しさん:03/07/23 18:09 ID:???
>>725
がんばれ!



727 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/24 20:22 ID:???
憂作「………は?……俺が……お前?……何言ってんだ?」
葛西「………」

憂作「……人には事情しゃべらせといてテメーはダンマリか。」
葛西「………お前が勝手に喋っただけだろうが…………」

憂作「……くっ………いちいちむかつくガキだな…」
葛西「………ふん……………………………………………
   …俺にも昔、力に飲まれている時期があった……」

 葛西、憂作に自分と同じ臭いを感じ、重い口を開く。
 本人は意識していないが、一種の説得。
 憂作に向け、『力』に固執することを止めさせるための。
 その先に待つものを、葛西はよく知っていた。
 『力』に飲まれ『力』を求め続ける者の運命…………破滅。

憂作「……黙ったり喋ったり勝手な野郎だな……おまえ友達いねえだろ……」
葛西「………その通りだ………俺は仲間が欲しくて力を求めた………」

憂作「………そして喧嘩に勝っていくうちに負けるのが怖くなった……か?…」
葛西「…………!!!…」


728 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/24 20:23 ID:???
 葛西、まるで自分の過去を知っているような憂作の口ぶりに思わず息を飲む。 
憂作「………へっ……図星か…別に珍しくもない話だ………
   ……昔はそんな奴、そこらへんに腐るほどいたぜ……」
葛西「…………」

憂作「…………俺らの頃はそうやってお互い潰し合い喧嘩に負けた奴の元から
   人は離れ、勝った奴についていく……喧嘩に負けた奴はしばらく経って
   一ヵ月くらい後に路地裏辺りで一人寂しく刺し殺されるのが関の山だ。」
葛西「……そういう事か……」

憂作「………あ?……」
葛西「………テメーはそのまま負ける事なく勝ち続けて生き延びてきた。
   そして今現在まで『力』に固執し続けている……そういう事だろ?」

憂作「…………………………まぁ……そうかも知れねえな………………………
   今だにいい年こいてこうやってケンカすることに楽しくてしょうがねえ
   ……ただ俺と昔のお前のような奴等とは一つ…大きく違う点がある……」
葛西「…………」

憂作「…………俺はな……仲間が欲しい訳でも地位が欲しい訳でもねえんだ…
   …………………俺がケンカする理由は…………………実に単純だ………
   ただ相手を地面に這いつくばらせるのが楽しくてしょうがねえんだよ。」
葛西「………!!……」

 葛西、憂作のある変化に気付く。憂作の眼。
 いつの間にか別人のようにドス黒く光っている。 
 凶悪な本性『九宝龍二』が憂作の中から首をもたげる。


729 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/24 20:23 ID:???
葛西(……こいつ俺より……それにさっきと眼が……)
憂作「……さぁ………お見合いじゃねえんだ………
   ……………………ここからはこいつだ………」

 憂作、相手の顔に向け、拳をまっすぐ伸ばす。『力』を誇示するように。
 葛西、腰を少し落とし、半身に身構える。
 
葛西「……いつか溺れるぜ……止まっちまった回遊魚のようにな……」


730 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/24 20:24 ID:/CTry5fI
あげ

731 :マロン名無しさん:03/07/24 20:32 ID:???
今までの中で、一番先の展開が読みにくいです。
楽しみ・・・

732 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/25 06:41 ID:???
 …………ヒュッ……ガッ!…………シュッ………ガシッ!…ゴッ!……
 憂作、次々と飛んでくる葛西の拳をさばき落としていく。
 
憂作「……どうした?……俺を止めてくれるんじゃなかっ……!」

 …………ヒュン…………ゴジッ!…ミシィ。
 葛西の右足。憂作の言葉が終わる前に、丸く軌道を描き、
 太い丸太のように憂作の脇腹に迫る。葛西の得意技、回し蹴り。
 憂作、ギリギリの所で右腕を曲げ、脇腹への侵入を防いだが、
 回し蹴りを防いだ憂作の右腕。肉が、骨が、回し蹴りの衝撃に悲鳴をあげる。

憂作(……………………クッ…………これだ…………これをどうにか……
   ……こいつのパンチは大したもんだが、防ぎきる自信はある……
   …だが、この蹴り………全く……本当に厄介だな…………………)

 そんな事を考えている間にも葛西の拳が飛んでくる。
 憂作、掌打でテンポ良く、葛西の拳をさばいていく。
 自信に裏付けされた憂作の防御。格闘技術などではなく幾度の喧嘩の中、
 いつの間にかできあがっていた、研ぎ澄まされた路上に生きる者の技。
 それでも葛西の足から意識を離せない。『必殺』の蹴りを放つ足から。 

733 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/25 06:41 ID:???
憂作(………っ!……)

 憂作、葛西の足がしなると同時にしゃがみこみ、
 憂作の頭上で葛西の右足が空を切る。が、

憂作(……っ!!!………)

 葛西の体、右足の勢いのまま、回転し、憂作の右肩めがけ、
 …………ヒュン…………ゴッ!

憂作「……っが!!」

 葛西の回し蹴り、憂作が防御をする暇もなく、憂作の体を吹き飛ばす。
 憂作、数秒、倒れこむも葛西の追撃を恐れ、素早く起き上がる。

憂作「……チッ……」

 そんな時、憂作、ある変化に気付く。葛西の呼吸が……荒い。

憂作(……?……スタミナ切れ?………そんな馬鹿な……
   ……こんな奴がこんなに早く…………………!!!)

 暗がりの工場の中、窓から差す光に葛西の顔が照らしだされる。
 葛西のアゴ。コブの様に青黒く腫れあがっている。
 
憂作「………お前……アゴが………」
葛西「…………」


734 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/25 06:42 ID:???
 葛西、呼吸は荒く、肩で息をし、眼には焦燥感が漂っている。
 人間、なんにでも力を使う時は、歯を食いしばる。
 今にも砕けそうなアゴ。拳を振るとき。蹴りを放つとき。
 一撃、一撃を放つごとに葛西の体中に激痛が走らせる。
 
憂作「………今のうちにリタイアしろ……携帯を出せ……」
葛西「……何…言ってやがる………テメーは俺が倒す……
   …………………………………………それに…………」

憂作「…………」
葛西「……約束がある………前田太尊との約束が………」

憂作「………そうか………………それなら容赦無しだ…………
   ……弱点がアゴなら容赦なくアゴを狙わせてもらうぜ…」
葛西「……俺もこれ以上時間がかけられねぇ………………
   ……………………………決めさせてもらう…………」
 
  葛西、両手をダラリと下げ、腰を少し落とし、中腰。
 『虎王』の構え。二人の周囲の空気が瞬時に張り詰める。
 憂作、生まれて初めて見る不気味な構えに、
 葛西の雰囲気がガラリと変わっている事に、本能から警戒を怠らない。

憂作(…………チッ………なんなんだよ……一体……)

 まるで真剣を突きつけられている様な緊張感に憂作の額に汗が浮きあがる。
 しかし、戸惑いながらも憂作にも分かる。この一撃で全てが決まる。

735 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/25 06:42 ID:SqUriBPq
やっぱ戦闘描写は苦手ですね あげ

736 :マロン名無しさん:03/07/25 08:21 ID:t2Ocd9dA
三橋と伊藤ってどっちが強いのん???さんざん論じられたことだと思うけど

737 :コルテラジオ:03/07/25 11:09 ID:???
1985のよさは伏線がうまい事 エントリー編に色々伏線が張ってある 
「バキスレの職人に勝る部分がない」というが
伏線においては   1985>バキスレの各職人  だと私は思う


738 :マロン名無しさん:03/07/25 12:33 ID:???
確かに伏線が生きてるなぁ。

739 :マロン名無しさん:03/07/25 19:26 ID:???
>>737
いちいち比較すんなっての
キリがなくなるし荒れる元だ

740 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/26 06:26 ID:???
 葛西と憂作が工場で戦っている、その頃。

―――――――東雲町、何も無い道。
 二人の男が歩いている。……………松尾象山と姫川勉。
 姫川、歩きながら何かを考えている。

姫川「……………」
象山「……何を悩んでんだ?」

姫川「……館長。」
象山「………なんだよ?」

姫川「…………………………若年層の支持者を獲得するために
   新しく才能ある若手の発掘する、ということですが……」
象山「……なんだ?だから今、池戸定治を探してんじゃねえか。」

姫川「……そこにさっきの葛西君を加える訳にはいかないでしょうか?」
象山「………そりゃ……俺も考えたけどよ……」

姫川「………反対ですか?」
象山「……どうもあの『虎王』が気になってな……」

姫川「…………」
象山「……あの若さであれだけ気を吐けりゃ…そりゃ充分なんだがな……
   …………なかなか良いもんも持ってる………………だがなぁ………」

姫川「………『欠陥』のことですか?」
象山「……うーーーん…………」


741 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/26 06:27 ID:???
姫川「……彼の『虎王』……確かに藤巻が教えたのならああはなりませんね。」
象山「………奴が教えたんならあの『間』はできねえだろうなぁ………」

姫川「…………………………彼の『虎王』は相手の腕を掴んで、
   片足を首にかける瞬間、そしてヒザがアゴに着弾した後、
   腕を折る瞬間……ほんのひと呼吸……『間』ができる。」
象山「……………俺等の世界じゃ、あのひと呼吸は命取りだ……………
   ………ガキ共の喧嘩じゃ充分すぎるほど通用するだろうがな…… 
   …ま、あれが実物を見たことが無いってのが原因ならいいんだが。」

姫川「………『ソコ』は我々では直しようが無いですからね。」
象山「………全くだ……俺らは精神科医じゃねえからな……」

姫川「………あの『間』が相手に『情け』をかけて出来たのなら……」
象山「…もしこっち側の人間になるなら、相手の傷口を見つけたら
   ……迷わず傷口に抜き手を差し込むくらいでないとな………」

姫川「…………ですね……」
象山「………………………そのへんは池戸の方は問題無いぜ………………
   …目的のためなら女子供も友人でさえもブン殴るって報告もきてる。」

姫川「…………」
象山「……まぁ……候補の一人には入れてもいいかな………
   ……両方試してイケそうな方をスカウトすりゃいい。」
姫川「………池戸君次第という訳ですね…………」
象山「……そういうこった…………ふぅ……とりあえず本人見つけねえとな。」


742 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/26 06:27 ID:???
――――――――東雲町、廃工場。

 葛西の『虎王』の構えに憂作、決断が下せない。
 頭の中で何度も繰り返されるシミュレーション。
 狙う箇所は最初から決まっている。膨れあがった葛西のアゴ。
 この男に相手に対する情けなどない。先程の宣言通り、急所を狙う。
 しかし、いくらシミュレーションを重ねても勝利するイメージが湧かない。
 そんな事をしている間にも葛西、じわじわと間合いを詰めてくる。

憂作(……負ける?……俺が?…………くっ………)

 憂作の選択………葛西のアゴにめがけ、低く、鋭く伸びるようなアッパー。
 しかし、憂作自身分かっている。この選択、失策。脳裏に浮かぶ………敗北。
 憂作の選択………………『虎王』の……格好の餌食。


743 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/26 06:35 ID:Iwi5IoY/
>>737
褒めてもらえるのは嬉しいんですが、他のスレとの比較は止めて下さい。
荒れる原因にもなりますし。お願いします。

744 :マロン名無しさん:03/07/26 09:33 ID:???
737は荒らしだろ。バキスレより上とか寝言言ってる時点で。
もしくは1985の自演。

745 :マロン名無しさん:03/07/26 09:38 ID:???
いくら何でも晴矢弱すぎやしないか?
原作じゃポン刀持っただけのヘタレにあそこまで
追い詰められるなんてありえないだろう。
よく知らない作品については単行本を読み直すとかしたほうがいいと思う。

746 :マロン名無しさん:03/07/26 09:41 ID:???
………を抜いたら200レスでスレが終了しそうだなw

747 :コルテラジオ:03/07/26 16:15 ID:AQEeQSes
1985、すまん

748 :マロン名無しさん:03/07/26 23:11 ID:???
>>744
バキスレ、不良スレ、ヤムスレ
今、荒しが出回っております。たぶんほとんど同じやつ。
どこどこが上とか言うアホは無視してね。

749 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/27 00:38 ID:???
 憂作、低く、鋭く伸びる様なアッパーカット。
 
葛西(………よし!)
憂作「…………!!」

 葛西、『虎王』の間合いに入った、憂作の右手を両手でつかむ。
 想像通りの展開。思わず口から笑みがこぼれる。
 ここで…………葛西の欠点。
 相手に飛びかかり、首に右足をかける前に無意識の一呼吸。

憂作(………!……)

 この一呼吸の間。憂作の機転、とっさに間合いを詰める。
 
葛西「…………!!!!」
憂作「……くたばりやがれ!!!」

 少々無理な姿勢で憂作の腕が変化する。
 憂作のアッパー。葛西につかまれた部位を軸に、
 押し出されるように憂作のヒジが、葛西の膨れあがったアゴに直撃する。
 ……………………ゴズッ!!

 ヒジの衝撃でアゴが完全に粉砕し、顔が醜く変形する。
 葛西、その場にヒザまづき…………意識の糸が…………ぷつりと切れる。


750 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/27 00:38 ID:???
憂作「………ハァ……ハァ……ハァ……」

 憂作、息遣いも荒く、その場にしゃがみこむ。
 
憂作「……ふぅ………くそっ……気に入らねえ……」

 もし、葛西がこんな状態でなければ、この程度で倒れはしない。
 自分は運良くこの戦いが初戦だったから。
 もし、自分も葛西の様な怪我をしていれば………………。
 勝ったのではなく、天運。偶然、勝たせてもらった。ただそれだけ。
 憂作、なにかがひっかかり、納得できない…………不完全燃焼。
 しかし、倒れているのは葛西。勝者は紛れも無く…………憂作。

憂作「………………」
 
 憂作、白目をむきながら倒れる葛西にズカズカと歩みより、
 携帯を奪おうと手を伸ばすと、ふと自分の体のある変化に気付く。
 ………………葛西の蹴りを受け続けた両腕。
 まるで大蛇が締めつけたようにアザが無数に浮かんでいる。

憂作「……こんな奴ばっかりかよ…………っ!!」
 
 次の瞬間、気絶したはずの葛西の手が憂作の右手をつかむ。


751 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/27 00:41 ID:???
憂作「………てめえ!まだ…………」
葛西「……そん……」

憂作「………あ?……」
葛西「…………前田……太尊……」

 葛西、ギリギリ聞き取れるほどの大きさの声でつぶやいている。
 当然…………意識は無い。
 
憂作「……………寝言……か?………
   ……チッ……驚かせやがって……」

 憂作、腕をつかんだ葛西の指を乱暴に外し、懐から携帯を奪い取る。
 
憂作「…………おい!てめえ!…………いいか!勘違いすんじゃねえぞ!
   ……もしお前が怪我して無くても勝ったのは俺だ!…………………」

 憂作、大声で吠える、が。憂作自身、気付いている。
 …………………納得できない自分に対する言い訳。当然、葛西の返答はない。
 
憂作「………くっ……俺らしくもねえ………クソっ!」
 
 ………………ゴッ!
 憂作、心に巡る憤りを拳に乗せ、壁にぶつける。
 しかし、壁を殴ったところで気分は一向に晴れない。

憂作「………………」


752 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/27 00:41 ID:???
 憂作、深くため息をつき、葛西の携帯の短縮ボタンを押す。

憂作「………もしもし………沢渡……憂作だ……」
 
―――――――― 葛西 VS 憂作  憂作の勝利。
  
――――――――――――――――――――――――葛西、失格。

753 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/27 00:56 ID:j53scwjx
この闘い。少し呆気終わってしまいました。
本当はもう少し、攻防を書きたかったんですけど
上手くまとめられませんでした。

あと以前、要望があったウルトラレッドの片桐(兄)。
申し訳ない。単行本が見当たらない。
分からないキャラを使う訳にも行かないので勘弁して下さい。

>>745
偽物でもそれなりの実力は持ち合わせている、という設定です。
だいたい、カメレオンの乱鬼龍のゲン、くらいの強さですかね。
結果、晴矢相手にはヘタれてしまいまいたが。
もう少しそのへんが分かりやすく書ける様に気をつけます。

754 :マロン名無しさん:03/07/27 09:58 ID:???
おお、本スレでも人気のある葛西が消えた。北辰ペアの会話で嫌な予感はしてたけど…。
+−いろんな要因があるとはいえ、ますます混戦になってきましたな。

外野の野次に気にせんと頑張ってください。

755 :マロン名無しさん:03/07/27 13:27 ID:???
1985はとりあえずバキスレとヤムスレを荒らすのは止めてくれ
ここでの自画自賛の名無しレスは許すから。

756 :マロン名無しさん:03/07/27 13:33 ID:???
>>755
薄汚い貴様こそ消えろ。

757 :マロン名無しさん:03/07/27 13:34 ID:5uTPUVfQ
>>755
1985氏の自演呼ばわりされないように、一応ID晒し。

煽りに思わず書き込んでしまった。スマン。

758 :マロン名無しさん:03/07/27 13:36 ID:???
>>757
ああ、おまえが荒らしてたのか。

759 :マロン名無しさん:03/07/27 21:34 ID:M+cPgBoo
明らかに755=SSスレ荒らしだろ?

760 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/28 06:40 ID:???
―――――――東雲町、商店街中央。

 巨大魚に張り付こうと海中を必死に泳ぐ小判ザメさながらに
 街を走る男が一人………………矢沢栄作。
 
 QPを探し、中央町に来たものの今だQPはみつからない。
 次第に矢沢の中で諦めに近い感情が漂いはじめていた、そんな中、
 ……………………あの音。
 ビーーーーーーーー。

矢沢「…………ヒィィィィィ!」

 紛れも無く矢沢の携帯から…………戦闘開始の合図。
 矢沢、その場に亀の様に丸まり悲鳴をあげる。

矢沢(…………お…………終わった…………)

 しかし、妙なことにブザー音は足下の方から響いてくる。
 矢沢、不思議に思い、そーっと音の聞こえるに振り向くが、
 やはりそこに人の姿はない。
 
矢沢「………へっ?」

 携帯がぽつんと地面に落ちている。
 失格になった選手の携帯は全機能が停止する。
 こうしてブザーが鳴るということは、まだ失格になっていない選手の携帯。
 
矢沢「…………まさか…落とし物?」


761 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/28 06:41 ID:???
 思わぬ幸運。労する事なく、一人、参加者を失格にできる。
 
矢沢「………素敵な夏の落とし物ってか……へへへ……ラッキー。」
 
 矢沢、欲にまみれた薄汚い笑顔で携帯を拾いあげ、
 押すだけで大会本部に繋がる短縮ボタンに手をかける。

矢沢「……キャーー!スイッチオーン!」
??「…………ま、待ってくれ!」

 後ろから誰かの声。矢沢が振り返ると、
 そこに、携帯の持ち主……………………前田太尊。
 
太尊「………頼む!見逃してくれ!」

―――――――――――― 矢沢 VS 前田太尊  開始。

762 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/28 06:41 ID:w3ITTMJS
あげ

763 :マロン名無しさん:03/07/28 15:29 ID:???
乙。
楽しくよんでるよ〜。
漏れはヤムスレメインだが、755のようにスレ住人を装って、両スレ住人を
対立させようとする荒らし(こいつほとんど一人)がいるが、
どのSSスレ住人も他のスレをけなしたりする人はそんなにいないので
こういうヤカラは荒らしと思ってくれ。

764 :マロン名無しさん:03/07/28 22:17 ID:???
>>762
絡め方がいいですね。
毎日仕事前と仕事帰りにチェックしてます。
煽りはスルーで頑張って下さい。

765 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 08:32 ID:???
 大会参加者の生命とも言える携帯を落とした前田太尊と、
 その携帯を拾った矢沢。両者の距離、約10m。
 矢沢、携帯の短縮ボタンから指を離さない。
  
矢沢「………………見逃してくれだぁ?………………バーーーカ!……………
   ……誰がこんな幸運手放すよ?恨むんなら自分のマヌケを恨みやがれ。」
太尊「…………」

矢沢「………へっ?」

 太尊、突然、地面にヒザをつき、頭を下げる

太尊「………頼む。どうしても守りてえ約束があるんだ。」
矢沢「…………」

 『必ず葛西と決着をつける』
 その誓いのため、太尊、自らのプライドをもかなぐり捨て…………土下座。
 しかし、矢沢、太尊の土下座にも心は動かない。無関心に鼻糞をほじる。
 弱者であるが故に相手が弱みを見せたときには残酷なまでにつけ込む。
 この男はそういう男である。

矢沢(……いつまでもこの馬鹿の相手をしてたら他の奴が来るかもしれねえ…
   ……ひひひひひひ……………さっさと片付けちまうか……………………
   ………………………………この距離ならもしアイツが駆け寄ってきても
   本部に電話して名前を名乗るくらいなら余裕でできる……………………
   ………………ん?…………でもその後どうなんだ?………………………)

 大会のルール。他の選手に携帯で本部に連絡を取られた瞬間、失格になる。
 だが、その後の事には何ら説明はない。


766 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 08:33 ID:???
矢沢(……え……まさか………)

 大会に失格になったからといってその場から消え去るわけではない。
 失格になった後も東雲町に居続けることもできる。
 矢沢を気が済むまでボコボコにすることも、
 矢沢から携帯を奪って他の参加者に渡す事もできる。

 太尊、頭をあげ、必死な目で矢沢を見据える。
 矢沢、しばらく考えた後、突然、くるりと向きをかえ、太尊から背を向ける。

太尊(………やっぱだめか………すまねえ………葛西…………)

 ………………カツンッ。
 
太尊「…………え?」
 
 矢沢、携帯を太尊に向け、放り投げる。
 太尊、突然の出来事に土下座の姿勢のまま、固まって動けない。
 
矢沢「………立て………この漢、YAZAWAに恥かかせる気か?」
太尊「…………」

 太尊、無言で自分の携帯を拾い、矢沢の言うがままにゆっくりと立ち上がる。
 矢沢の後ろ姿を呆然と見つめ、未だに矢沢の真意を計りかねている。


767 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 08:34 ID:???
太尊「……………」
矢沢「…………俺が正々堂々戦わずに土下座までさせて…………
   ……そんな姑息な方法を使う奴に見えんのか?……………
   ……………………………この矢沢様をなめんじゃねえ!!」

太尊「……っ!」

 矢沢の言葉。一言一言が重く、太尊の心を揺り動かす。
 気がつけば、矢沢の足下。ポタポタと雫が垂れていた。

太尊(………泣いている?…………俺の土下座に?……)

 太尊、矢沢の器の大きさに感動し、つられて涙を流す。
 
矢沢「……約束があんだろ?……見のがしてやる……
   ………………さっさと俺の前から消えろ………」

太尊「…………うう……ぐずっ………すまねえ……………
   ……俺の名前は前田太尊…………この恩は必ず……」

 太尊、矢沢に深々と一礼し、振り返ることなくそのまま走り去る。


768 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 08:34 ID:???
―――――――――5分後。
 
 矢沢、先ほどから腕組みをしたまま動かない。
 足下には未だ雫が垂れ続け、大きな水たまりを形成している。
 足はガクガクと震え、顔面蒼白。滝のように流れ続ける…………冷や汗。

矢沢(……前田太尊だぁ?…………笑えねえ……東京四天王じゃねえか……
   …………せっかくのチャンスをふいにしちまった………………………
   ……やっぱり協力者が必要だ………………早くしねえと………………)

―――――――――――― 矢沢 VS 前田太尊  両者、逃走。

769 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 08:45 ID:R/GpApXF
ちょうど半分くらいなので、ここで今までのまとめを。

――――――――――――千春 VS 武丸    武丸、勝利。
――――――――――――――柴千春、失格。
――――――― 石田小鳥 VS ウルフ前田  石田小鳥の勝利。
――――――――――――ウルフ前田、失格。
――――――――河井 VS 矢沢  両者逃亡。
―――――――――――――――葛西 VS 児島  葛西の勝利。
――――――――――――――――児島、失格。
―――――――――  前田太尊 VS 花菱哲  前田太尊の勝利。
――――――――――――――――――花菱哲、失格。
――――――――――  三橋、河井   同盟結託。
――――――――三橋、河井 VS  ミン   三橋、河井の勝利。
――――――――――――――――― ミン失格。
―――――――――――――― 晴矢 VS 天草  天草の逃走。
――――――――――――――――――― 天草直道(偽アマギン)消息不明。
―――――――― 葛西 VS 憂作  憂作の勝利。
――――――――――――――――――――――――葛西、失格。
―――――――――――― 矢沢 VS 前田太尊  両者、逃走。

770 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/29 11:36 ID:R/GpApXF
さっきたまたま、あるスレを見て感動しました。
俺自身、ここで文章を書いている事が恥ずかしくなるぐらいの力作。
ぜひとも一読をお勧めします。ドラえもんの長篇映画「リトルスターウォーズ」の
アナザーストーリーのSSなんですが、一人の登場人物をここまで掘り下げれるものかと
感動しました。作者はたぶんバキスレの外伝さんだと思います。ぜひ一読を。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1057136821/l10

771 :マロン名無しさん:03/07/29 16:08 ID:???
…が相変わらず多いな
間というより、自分の作風を印象づけるための小細工にしか見えない

772 :マロン名無しさん:03/07/29 16:40 ID:DXGCGxNp
( ´_ゝ`)くだらん煽り棚↑

773 :マロン名無しさん:03/07/29 17:01 ID:B/UIFzIC
>>769
鬼塚まだぁー?

774 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/30 07:05 ID:???
――――――――――東雲町、商店街西。

 静かな街の中、山のような大男が歩いている。キユーピーちゃんの様な髪型。
 …………………QPこと石田小鳥。

 しかし、その顔にいつもの覇気がない。目に宿る感情は失望のみ。
 小鳥は実は期待していた。世間に名の響いた不良が集うこの大会に。
 自分と同格の人間と出会い、戦えるかも知れない、と。

小鳥「………はぁーー……」

 しかし、さっきのウルフ前田との闘い。
 いつもと変わらない。全て小鳥の一撃で終わる。たった一撃。
 今まで闘ってきた連中と同じ。変わらない、失望。

小鳥「……秀虎さんみたいな人はもういねえのか…」

 ――――――上田秀虎。青道高校の頭であり、秀虎会の頭。
 中学時代小鳥と闘い、敗北するものの、その気迫でQPに敗北感を与える。
 その後は良き兄貴分として小鳥を良い方向へ導いていく。

 頭に浮かぶ、土砂降りの雨。いつまでも殴り合ったあの日の闘い。
 小鳥は切望する。あの日の感覚、あの日の……敗北感。
 しかし、同時に小鳥も理解している。自分が特殊な人間だ、という事を。
 相手が弱すぎるのでなく、自分が強すぎる。
 圧倒的な強者であるが故、喧嘩ができない。喧嘩にならない。

775 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/30 07:05 ID:???
小鳥「………しょうがねえ、『一億円』もらえるだけで
   良し、としとくか……その金で……そうだな……
   ……涼達とどっかの旅館を貸し切って……………
   ドンチャン騒ぎ………へへへ……楽しみだな……」

 小鳥、親友達の事を思い浮かべ、しかめっ面から自然と笑顔に変わる。
 
小鳥「…………あいつらが驚くようなごちそう揃えてやるか………………
   ……あっ……でもツネの野郎には食い過ぎねえように言わねえと…
   …………あの馬鹿、食い意地はってるからな……………お?………」

 ………………グーー。
 胃が縮小し、小鳥の腹から重低音が響く。
 
小鳥「……そういや腹減ったな………なにか無えか……」

 辺りを見渡すと、ちょうど良く、タコ焼き屋の屋台。
 屋台のメニューにでかでかと『店長おすすめ・ビックリ焼き』と書いている。

店主「いらっしゃい!タコ焼きですか?」   
小鳥「…………んーー………このビックリ焼きってのはなんだ?」

店主「……あ……これですか?………ビックリ焼きは私が選んだ
   タコ以外の五種類の具材をそれぞれ適当に入れたものです。
   ………何が入ってるか分からないからおもしろいですよ?」
小鳥「ふーーん、おもしろそうだな。んじゃ、ソレくれ。」

店主「はい!毎度!」

776 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/30 07:06 ID:???
 支払いを終え、ビックリ焼きを受け取り、屋台の横のブロックに腰掛ける。
 ビックリ焼き、一見タコ焼きとなんら変わらない。匂いも一緒。
 小鳥、ビックリ焼きを一つ、恐る恐る口へ運ぶ。

小鳥「………………!………………なんだこりゃ?……………………
   ……ソーセージ……か?……ふーーん……なかなかうまいな。」
店主「……でしょ?他のもそんなに変なのは入って無いですよ。」

 安心した小鳥、次々とビックリ焼きを口に運ぶ。

小鳥「………ん?こっちは明太子か…うん……イケる……
   ………へへへ………こっちは……こりゃあ…………
   ………………………………ま、まさか!……………」
店主「??どうかしました?」

小鳥「………なぁ、これってソーセージと明太子以外何が入ってんだ?」
店主「…え?………えーと、ソーセージと明太子、椎茸、キムチ………」
   
小鳥「………あとは?」
店主「………とり肉です。」

 …………プチッ。
 小鳥、その単語を確認すると、静かに自分の血管がぶち切れる音が聞いた。 

777 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/30 07:08 ID:bALlUzOW
「ビックリ焼き」は昔近所のタコ焼き屋に本当にありました。
やっぱりというかなんというか残念ながら2年で潰れてしまいましたが。

778 :マロン名無しさん:03/07/30 18:32 ID:???
>>777
そうですか。ところでこのクソスレは何時潰れるのですか?

779 :マロン名無しさん:03/07/30 19:58 ID:???
>>778
いえいえ。そのまえにクソ人間778さんの人生が潰れます。

780 :マロン名無しさん:03/07/30 20:31 ID:???
>>778
何だ? 彼女が不良にでもレイプされたのか?

781 :マロン名無しさん:03/07/30 21:28 ID:???
1985さん、荒らしに負けず頑張って下さいね。


782 :マロン名無しさん:03/07/30 23:30 ID:???
>>780
脳内の彼女がレイプされたんだろw

783 :マロン名無しさん:03/07/31 00:19 ID:???
彼女がいるような香具師が荒しなどアホなことするか

784 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/31 06:37 ID:???
 小鳥はニワトリを飼っていた。名前はトレイシー。オスである。
 彼はこのニワトリをまるでわが子のように溺愛し、
 そして同時に、この世にはびこる全ての鳥肉食品を憎んでいた。
 
小鳥「この腐れ外道ぉ!!なんてもん喰わせやがる!!!」
店主「…………ひぃぃぃ!」

 ………ブンッ!…………ドゴッ!!
 小鳥、怒りで我を忘れ、店主の頭をつかみ、容赦なく壁に叩きつける。
 彼にとって鳥類はわが子の同胞。その肉を食わされた。
 その怒り、店主を壁に叩きつけただけではおさまらない。
 踵を返し、小鳥の視線が、タコ焼き屋の屋台に向けられる。

小鳥「………こんなもんがあるから………うぉぉぉ!!!」

 小鳥、頑丈に作られた屋台をまるで発泡スチロールの様に破壊していく。
 店主、薄れゆく意識の中で、飛び散る屋台の破片を見ながら、
 『閉店』の二文字を思い浮かべ、気絶。

―――――――2分後。

小鳥「……ふぅ………ふぅ………ふぅ…………」

 血管を浮かべ、呼吸も荒く立ち尽くす小鳥。
 目の前にはもはや面影も無く屋台の跡が散乱している。
 小鳥、ふと木クズの中からあるものを見つける…………ビックリ焼きの材料。
 
小鳥「………そうだ!こんな事してる場合じゃない。一刻も早く………」

785 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/31 06:59 ID:???
 小鳥、材料入れの中から次々と食材を放り出す。
 キムチ、椎茸………そして目当ての……鳥肉。

小鳥「………あ……あった!!」

 小鳥、鳥肉の入ったビニール袋を強く抱きしめる。

小鳥「………お前ら………可哀想に………安心しろ。俺が………」

 小鳥、辺りを見渡し、何かを探す。…………街路樹の根元の土の部分。
 地面に落ちている屋台の破片の木をスコップ代わりに穴を掘り、
 できあがった穴に鳥肉を埋める。小鳥なりの鳥肉達の墓。

小鳥「……混同葬だけど勘弁してくれよ……あとお前らの一つ喰っちまった…
   …………すまねえ…………どうか成仏してくれ……………………………」

 せっせと鳥肉達の墓を作る小鳥に、何者かが歩み寄る。
 ビーーーー。携帯のブザーが鳴っている。戦闘開始の合図。
 しかし、小鳥、墓作りに熱中し、何者かの接近に気がつかない。

??「…………フン!!」 

 ……………ゴッッ!
 街路樹の前にしゃがんでいる小鳥の首に金棒で殴られたような衝撃がかかり、
 小鳥、反応できずにそのまま、前のめりに倒れ、街路樹に頭を強打する。
 突然の事態に混乱し、頭を押さえながら振り向くと、そこに自分と同様、
 巨大な体と迫力のある顔面を備えた男がひとり…………極沢。


786 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/31 06:59 ID:???
小鳥「……テメー………ぶっ殺す!!」
極沢「………食べ物を粗末にするやつは…………月に変わっておしおきだ……」
 
―――――――――― 極沢 VS 小鳥  開始。
 

787 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/07/31 07:07 ID:Dp7+zF6f
>>781
大丈夫です。荒らしがきてもこうやってフォローしてもらえるうちは
読んでくれている人がいるという事なので意地でもやめません
ありがとうございます

788 :マロン名無しさん:03/07/31 07:19 ID:???
極沢キタ―――――――(・∀・)――――――――――ッ!!!

789 :マロン名無しさん:03/07/31 20:06 ID:XsA4U37e
おもしろいあげ

790 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/01 06:46 ID:???
 小鳥、片手で額を押さえながら極沢とにらみ合う。
 極沢は生真面目で温厚な男である。
 いくら大会中とはいえ、自ら進んで相手に危害を与えるような男では無い。
 
極沢「…………」

 しかし、今、表情の変化は無いが、極沢は怒っている。
 極沢は自分の事よりも社会における道徳を重要視している。
 正確には道徳と言うより小さい頃から親に言われてきた『いいつけ』。
 これを生活の規範とし、日々、社会に同調し、生きている。
 
 その中の一つ、『食べ物を粗末にしない』
 鳥肉を地面に埋めるという小鳥の行為。極沢の逆鱗に触れる。
 一方、小鳥。先ほどの不意打ちで腹を立てているものの首をかしげる。
 先ほどの首への一撃。金棒で殴られたものだと思ったが、
 極沢、徒手空拳。手には何も持っていない。
 
小鳥(………変だな…………こいつ何も持ってねえ……………………
   ……………さっきのは一体……………ふん…………そうか……
   ………何かトリックがあるんだな………ふざけやがって………) 
 
 小鳥、ゆっくりと立ち上がり、身構える。
 頭に血がのぼっているものの何故か普段と違い冷静に物事を判断できる。
 この時、まだ極沢を侮っていた。自らを超える…………怪物を。
 小鳥、自らの深層心理が警鐘を鳴らしている事にまだ……気付かない。


791 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/01 06:47 ID:???
小鳥(………まだコイツがどこに凶器を隠し持ってるか分からねえ…………)

 いつでも仕留める事ができる。その自信が小鳥に隙を作る。
 小鳥、極沢が持っているであろう凶器に警戒し、
 深く踏み込まず、拳を振るう。それでも小鳥の腕力から、くり出されれば
 凡百の不良を一撃で倒すのに十分な殺傷能力を持っている。が、
 小鳥の拳、鋭く、極沢の右頬に鈍器のような音を響かせる。
 ………ッゴッ!
 
小鳥「………な!………」
 
 しかし、極沢、避ける事なく顔面で受け、微動すらしない。
 次の瞬間、小鳥に異変が起きる。

小鳥「………!?………」

 ………パァン…ゴッ!!
 不思議な破裂音と共に地面が空に、空に地面。小鳥の視界の天地が逆転する。
 
小鳥(………なんだこりゃ…………まさか………)
 
 初めての経験。100kgを超える小鳥の巨体が宙に浮き、吹き飛ぶ。
 小鳥、受け身も取れずに着地し、ポカンと極沢を見つめる。
 
小鳥「………浮いた?俺が?…………痛っ!」

 小鳥、突如、顔面に走る痛みに反射的に右手を顔に添える。
 腫れている。顔の右半分が、熱を帯び、腫れている。
 凄まじい威力の極沢の攻撃。やはり極沢は何も持っていない。


792 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/01 06:47 ID:???
小鳥「……ひょっとして…………そうか!」

 小鳥、確信。
 全身に鳥肌が浮かび、震えが起こり、止まらない。 
 恐れなどではない…………武者震い。
 小鳥、静かに土を払うと立ち上がり、歓喜から目を細め、白い歯を見せる。
 
小鳥「……来た甲斐があったぜ。来いや!化けもん!!」

 しかし、首筋に一筋、流れる冷や汗。
 小鳥の本能。未だに警鐘を鳴らし続ける。



793 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/01 06:51 ID:DW7FkNrJ
申し訳ないんですが、また今月の中旬頃に、2週間程のお休みをいただきます。
今度は一ヶ月以上遅れると言う事はないと思うので、また保守をお願いします。


794 :マロン名無しさん:03/08/01 17:23 ID:/4UfXHc4
忙しいならしょうがないか また保守ガンバるよ

795 :山崎 渉:03/08/02 00:32 ID:???
(^^)

796 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/02 06:34 ID:???
 極沢、小鳥の挑発に呼応し、即座に間合いをつめる。
 
小鳥「………へへ………来いやぁ!………ん?」

 小鳥、突如、足が震えだし、ヒザをつく。
 先ほどからの極沢の攻撃が小鳥の体に確実にダメージを残す。
 しかし、ヒザをついたおかげで運良く、
 極沢の拳が小鳥の頭上を突き抜ける。
 ………パァァン!
 
小鳥(………なんだ?………この音?)
 
 またしてもあの不思議な破裂音。
 極沢の拳は小鳥の体にカスリもしていない。完全なる空振り。
 
小鳥(………訳分からねえ……空振りなのに音が…………っおわ!」

 ………ゴズ!
 小鳥が混乱している間にも極沢、攻撃を緩めない。 
 考える間も与えず、極沢のヒザが小鳥の顔面に飛んでくる。
 小鳥、両手で防ごうとするも極沢のヒザ。両手ごと顔面、体を吹き飛ばす。


797 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/02 06:35 ID:???
 ………ドサッ!
 吹き飛ばされた小鳥、仰向けに倒れたまま、立ち上がれない。
 自分の体が吹っ飛ぶ、極沢の一撃一撃の威力、全てが初めての体験。
 全身の武者震いが消え、次第に目の前が、かすんでいく。
 ふと、小鳥の頭に秀虎の言葉が浮かぶ。
 たまたま二人きりになった夜。諭すように言われた言葉。 

 『小鳥、暴力でのし上がろうとする奴にはもっと大きな暴力が降り掛かる。
  そしてこの世には信じられねえだろうが、お前より強え奴もいるだろう。
  悪い事は言わねえ。一生暴力だけで生きていけるなんて絶対に思うなよ。』

小鳥(………今でも良く意味が分からねえが……
   ……秀虎さん……あんたの言う通りだ……)
   
 小鳥のマブタがどんどん重くなっていく。

極沢「……………」
小鳥(………ここに俺より強え奴がいる……でも……)

 小鳥、拳を強く握りしめ、まぶたを閉じようとする本能を押し退ける。
 目には気負いも恐れもない。体中が歓喜の叫びをあげる。

小鳥(………なんでろうな!?秀虎さん!俺は今!楽しくてしょうがねえよ!)

 小鳥の首筋に流れていた一筋の冷や汗はいつの間にか無くなっていた。
 本能の警鐘が完全に止まり、暴力大魔王・石田小鳥………覚醒。


798 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/02 06:39 ID:L1shxmZm
あげ

799 :マロン名無しさん:03/08/02 16:17 ID:???
遊戯汪の城ノ内君

800 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/03 00:51 ID:???
 倒れていた小鳥がムクリと起き上がる。その顔。
 初めて出会う自分以上の怪物に対する歓喜に満ち溢れている。
 
小鳥「………へへへへ。」
極沢「…………!!……」

 極沢、あれだけ攻撃を食らって立ち上がる小鳥を不思議そうに見つめる。
 表情をかえず、自分の拳を見つめ、試すようにその場で拳を素振る。
 ………………パァン!

極沢(………いつもの音だ………調子は悪くない………)
小鳥(……あの凄ぇパンチ…どうすりゃ…………そうだ!)

 小鳥、腕を体の前で交差させ、低く構える。

小鳥(………単純に全身で受け止めりゃ良いんだ。
   どんなパンチでも一回止めりゃ隙ができる。
   そんで拳が止まったら………こっちから一発!)

 交差させた腕の隙間から見える小鳥の目が殺気に満ちる。

小鳥「………うぉぉぉぉ!」

 小鳥、腕を交差させたまま、そのままタックル。
 極沢、迫り来る小鳥の巨体に怯む様子もなく、拳を振るう。
 ………パァン!…ドッ!!
 小鳥の体吹き飛ばず、相殺。極沢の拳が小鳥の交差した両腕で止まっている。


801 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/03 00:51 ID:???
小鳥「よっしゃ!……死ねやぁぁぁ!!」

 小鳥、交差した両腕を下げ、極沢の頭に頭突きをかまそうとする。が、
 ………パァン!…
 
小鳥「………え?」

 交差した両腕と相殺した右の拳はすでにそこには無い。
 小鳥の視界が突如揺らぐ。アゴには極沢の拳。
 その後はもう一方的だった。
 辺りに何度も破裂音が響き、小鳥の造型を変えていく。

極沢「………」 

 極沢の拳にはべつになんの仕掛けもない。
 極沢自身、ただ拳を振っているだけ。

――――――松尾象山と並ぶ空手家、愚地独歩が一子、愚地克己。
この愚地克己の必殺技。音速に達する拳。通称・音速拳。
関節八ケ所を同時に加速という離れ技がこの人外の技を可能にする。
しかし、極沢。この技術をその驚異的な身体能力でカバーし、
ただ拳に力を込め、振るうだけで音速拳を可能にする。
発動後に聞こえる奇妙な破裂音は音速の壁を破る時の副産物である。

802 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/03 00:52 ID:???
 小鳥のわずかな希望を、極沢の拳が無惨に打ち砕く。
 極沢の音速拳。一切の隙も無く連射される。
 小鳥、4発目の破裂音を聞いた後、意識を失い、 
 12発目の破裂音が響いた後、なす術も無くその場に崩れ落ちた。
 
極沢「………………」

 極沢、倒れた小鳥のポケットから携帯を取り出す。

極沢「…………極沢だ。」

―――――――――― 極沢 VS 小鳥  極沢の勝利。

――――――――――――――――――石田小鳥、失格。


803 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/03 00:59 ID:OdqUKfN+
ちょっと極沢を強く書き過ぎた気がしますが
まあ、これで良かったと思います。小鳥ファンは納得いかないでしょうが。
パオさん、復活されたみたいなんで、ほっとしてます。
SSの続きが見れないのが一番辛いですからね。
俺も何があっても完結させるよう頑張ります。
ところで谷川さん、本スレはもう書かないんですか?

804 :パオ ◆gLeDrnBElE :03/08/03 01:23 ID:???
ありがとう。1985さんも完結に向け頑張ってね。
お休み中、私も保守アゲに協力します。

805 :マロン名無しさん:03/08/03 06:59 ID:???
あの小鳥を一方的に倒す。
しかも、マッハ突き・・・

人間を超えてるな、極沢・・・

806 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/04 06:38 ID:???
 極沢、地面に大の字に寝転んでいる小鳥を見つめる。
 その顔、腫れ上がり、白目をむいているものの、まるで笑っている様に見える。
 小鳥にとってこの闘いは至福なものだったのだろう。
 極沢にもその事は分かる。しかし、自分にとってこの大会は………地獄。
 
 人を殴って金をもらう。極沢にとって最低の行為の一つ。
 初めて出会う人間を殴り倒さなければならない。
 嫌で嫌でたまらない。しかし、友の、冴島たっての頼み。
 冴島にハーレーをプレゼントする。それだけ。その為だけに拳を振るう。
 
 冴島に出会うまで極沢はひとりだった。
 同級生と話をしようにも自分の顔面と桁外れの腕力を恐れ、
 普通の生徒から近隣に恐れられる不良達までも近づく事はなかった。
 一生この孤独が続く、そう絶望していた最中、手を差し伸べてくれたのが冴島。
 
 ………しかし、極沢にも分かっている。
 冴島は、自分の顔面の迫力、そしてこの腕力を利用しているだけだと。
 極沢は嘆いていた。自らの孤独を。やりようのない気持ちを。
 それでも極沢は冴島にすがりついていたかった。冴島との、偽物の友情に。
 
 極沢、言葉を発する事無く、その場を後にする。
 山のような巨体で、一歩、一歩、足を踏み出す。
 特に行き先を決めている訳ではない。
 とにかく何か行動を起こさねば、その場に泣き崩れてしまいそうになる。
 泣き叫びたい衝動を押さえ、一歩、一歩。


807 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/04 06:38 ID:???
極沢「………!?」

 ……………ドン。
 角を曲がった瞬間、突然、極沢の下腹部に何かが飛び出してきてぶつかる。
 極沢が視線を下げると、小柄な男が一人………………矢沢栄作。

矢沢「……痛えな!このやろう!どこ見て歩い………」

 ビーーーーーーー。両者の携帯からブザーが鳴り響く。戦闘開始の合図。

矢沢「………ふぇ?」
極沢「………………」

矢沢(………な!?大会参加者?見るからにヤバそうな………ん?)

 矢沢。視力だけは人一倍良く、極沢の向こうに倒れている男に気付く。
 石田小鳥。矢沢が同盟を組もうと探していた男。

矢沢(……あ……ありゃあ……あの化け物………どうやったらあんなに顔が………)

 矢沢が考えるまでもなく、状況が全てを語っていた。
 矢沢が探し求めていた怪物を倒したのは目の前にいる男。
 怪物を超える………怪物、極沢。

極沢「………お前、参加者だな?」
矢沢「……Noooooo!!」

――――――――――― 矢沢 VS 極沢  開始。

808 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/04 06:43 ID:DzEC9lSV
>>パオさん
凄く長い話になりそうですけど頑張って下さい。
影ながら応援させてもらいます。

あと今のところ話に出てきていない二人、鬼塚英吉、池戸定治は
この極沢VS矢沢が終わったら出ます。もう少しお待ちを。

809 :マロン名無しさん:03/08/04 18:44 ID:???
>>808


感想が前より少なくなったのが心配…

810 :紅羽高の谷川:03/08/04 20:37 ID:???
久々に帰ってきて読ませてもらってます。
葛西負けちゃったんだねえ。相手が憂作ならしょうがないってかな。

811 :マロン名無しさん:03/08/04 21:28 ID:???
ずっと読んでますよ。

少し感想書く頻度上げます。

極沢そんなに強くしてどうする気だと思ったのですが、

・・・・・・・・・・・・・・ヤザワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やつなら。

812 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/05 06:45 ID:???
 矢沢と極沢。極めて至近距離で二人、対峙する。
 
矢沢(………ヒィィ……怪物を超える怪物………こ、殺される……)
極沢(……こんな参加者もいるのか………まるで蟻のようだ………)

 極沢が面喰らうのも無理はない。二人の身長差は1m近くある。
 象と蟻。極沢にとって気がつかぬうちに踏みつぶしてしまう程、小さな存在。
 
極沢(………どうしてこんな男がこの大会に………)

 とはいっても極沢は矢沢の見た目だけで判断しているのではない。
 極沢には特別な能力を持っていた。相手の力量を瞬時に見極める力。
 天性の才では無く、自分の余りある力で他人の命を奪わない様、
 相手の力量を見定め、それに応じた量の力で攻撃を仕掛ける。
 相手を守る為の能力。
 
 その能力が極沢に訴える。
 この男。今まで出会った同世代の人間の中で誰よりも弱い。
 
極沢(………下手したら………小学生にも負けるな………)
矢沢(……そ、そうだ……こいつを抱き込めれば……)


813 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/05 06:46 ID:???
 矢沢、顔をあげ、極沢に対して満面の笑みを見せる。
 
矢沢「……いやぁ、お前なかなか大したもんだなぁ。」
極沢「………………」

矢沢「お前が倒したんだろ?あれ。」

 矢沢、地面に寝転がる小鳥を指差す。
 
極沢「…………ああ。」
矢沢「……………いやぁ、実はあの野郎、俺の女を寝取りやがってな。
   それでこの大会のついでに、シメてやろう、と思ってたんだよ。
   そしたらあの野郎、俺の強さににビビって逃げ回りやがってよ。
   いやいや助かったぜ。俺が仕留めようと思ってたんだけどな。」

極沢(………嘘……だな………あの男なら……こいつを瞬殺できる………)
矢沢「……お前なかなかやるなぁ…………………どうよ?俺と組まねえか?
   俺とお前が組めば楽勝で優勝できんダロ?賞金は半分コで良いからよ。」

 矢沢の提案。極沢、思わず額にしわを寄せる。
 
極沢(………初めて出会った人間までが俺を………利用しようと………)

矢沢「なあ?どうだ?このYAZAWA様と組めるんだ。悪い話じゃ………」
極沢「………言いたい事はそれだけか?」

矢沢「………れ?………」

 交渉決裂。矢沢、極沢の逆鱗に触れる。
 矢沢を完璧に抹殺すべく、拳を後ろに溜め……音速拳、発動。


814 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/05 06:46 ID:???
矢沢「………ピャギィィ!!」

 …………パァン!…………
 しかし、極沢の拳、音速の壁を突き破るも、突如、矢沢の眼前で止まる。
 
極沢「………これは………」
矢沢「………????」

 極沢の表情に明らかな変化。あの無表情な男が驚いている。
 極沢の視線の先。矢沢の身につけている………お守り。
 矢沢が大会前日、坂本にもらった、一見何の変哲もないお守り。
 しかし、模様をよく見ると、小さな字が刺繍されてある。
 ごくごく小さな字で………………「セーラームーン」と。


815 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/05 07:00 ID:MqFD0UuZ
>>809
なんというか、しょうがないですよね。 
一日一日の展開の遅さもあるんでしょうが、
長官スレの外伝さんのように良い物を書けば感想も増えるでしょう。
俺も、もっとレベルの高いものをかけるように努力します。

>谷川さん
お帰りなさい。今後も本スレ楽しみにしてます。

>>811
無理に感想を書く事はないですよ 
書き込みたい時だけ書き込んでもらえれば十分です

816 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/05 08:31 ID:FqwBChA0
ところでこのスレってまだ容量大丈夫ですか?

817 :紅羽高の谷川:03/08/05 18:14 ID:???
ぜんぜん大丈夫でしょ。確か一スレ512キロまでだし。
まだ333、余裕余裕。

818 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/06 06:36 ID:???
 極沢、矢沢のズボンにぶら下がる『お守り』から眼をはなせない。
 
極沢「………こ、これは………」

 坂本の命の次に大事な、マニア垂涎の一品。『セーラームーンお守り』

『セーラームーンお守り。グッズ販売会社が、とある神社と提携し、
 限定300個、売り出されるはずだったが、販売直前、突如、神社に落雷、
 そのまま火が燃え広がり、販売直前に全て灰になってしまったという
 いわく付きの逸品。結果、販売前に一部のコネがある人間に売られた物が
 現存するのみとなり、世界でも3個しか確認されていない幻の品。
                  (マニア幻のお宝図鑑/民明書房)』

 極沢、幻の品を前に思わず息を飲む。

極沢(………まさかこの男……)
矢沢「………???」

 極沢、興奮を押さえ、矢沢のズボンにぶら下がる『お守り』を指差す。

極沢「………なぜ………『ソレ』をズボンにぶら下げている?……」
矢沢「……あ?……これか?『お守り』を腰にぶら下げてちゃおかしいか?」
  
極沢(!!……もし……俺があの『セーラームーンお守り』を手に入れたら
   ビニールを被せ、完全な保存状態にする………いや、誰だってそうだ。
   しかし、この男…………平然と腰にぶら下げている………なぜ?……)
矢沢(………なんだ?………突然、俺に興味を持ちだした?…
   ………と、とにかく………説得するには今しかねえ!…)


819 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/06 06:36 ID:???
極沢「……さっきの話………なぜ俺と組もうとする?……」

 矢沢、震える手で必死に動揺を悟られぬ様、タバコに火をつけ、
 視線を極沢からはずし、空を流れる雲を見つめる。
 
矢沢「………お前には俺と同じ匂いを感じた……それだけよ……」
極沢「………!!!!」

 矢沢の言葉に極沢の体に衝撃が走る。

極沢(……やっぱり…この男………俺と同じ………
   …いや、それ以上のセーラームーンマニア!
   『お守り』をちゃんとお守りとして扱う……
   ………プレミアなど………関係なく…………)

 矢沢、極沢の考え事など矢沢に分かるはずもなく
 先ほどから固まって動かない極沢の出方を伺っている。

矢沢(………ダメ……か?……うう…チキショー!殺すなら殺せ!!)


820 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/06 06:37 ID:???
 極沢、何か結論に達したらしく、矢沢の顔をジッと見つめ、
 巨大な右腕で矢沢の右手を掴もうとする。

矢沢「…ぎゃーーーーー!!おっ母ーーーーー!」 

 ………ガシッ。
 
矢沢「………ふぇ?」

 しっかりと、極沢の右手が矢沢の右手を掴む。
 じっくりと感触を確かめるように………握手。

極沢「………お前の話を飲もう……お前は………俺が守る。」
矢沢「………うぇ?」

 極沢の顔にもはや悲しみの色はない。
 本物の友。尊敬でき、同じ趣味を語れる友。
 ソレを手に入れた極沢の心に一遍の曇りもない。
 
―――――――――― 矢沢、極沢   同盟、結託。


821 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/06 06:44 ID:HB294TiW
>>817
まだまだ大丈夫なんですね。安心しました。使い切れそうなのは良いんですけど
大体どのくらいで次スレにいけば良いですかね?このスレが落ちてしまったら
初めて見るひとも途中からじゃ話が分からないだろうし。

822 :マロン名無しさん:03/08/06 09:13 ID:???
矢沢&極沢vs河井&三橋を見たみたい。




勝てるのか、この化け物に・・・

823 :マロン名無しさん:03/08/06 14:21 ID:???
>>821
容量400後半か、レス数950超えたら、じゃない?

824 :貧乏人:03/08/06 17:01 ID:???
(マニア幻のお宝図鑑/民明書房)』
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

825 :マロン名無しさん:03/08/07 01:50 ID:???
1985氏って矢沢や河井を書いているときが一番おもしろい。


826 :マロン名無しさん:03/08/07 03:09 ID:???
>>825
確かに。でも俺は葛西や憂作の渋さも好きだ

827 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/07 06:46 ID:???
 路上で堅い握手をかわす矢沢と極沢。
 
矢沢「………て……てことたぁ……俺と組んでくれんのか?」

 極沢、矢沢の問いに黙ってうなずく。
 
矢沢「……そ、そうか。お前が話の分かるやつでよかったぜ。
   俺様の名前は矢沢栄作。最強の成り上がりよ。お前は?」
極沢「………極沢………うさぎだ。」

矢沢「……ん?……極沢……『うさぎ』?………それ本名かよ?」
極沢「………ああ。」

矢沢「………プッ……ギャーーッハッハッハッハ!う、うさぎ?
   その懲役モンの面でかよ?ギャーーッハッハッハッハッ!!」

 極沢の迫力のある外見から出た『うさぎ』という可愛らしい名前に
 矢沢、腹の底から笑いがおさまらない。うずくまり、爆笑。

矢沢「……ヒィ…ヒィ……く、苦しい………うさぎ………
   …………ククク………マジかよ?そ、そのツラで?
   ………ええ?おい!『うさぎ』ちゃんよ………お?」

 矢沢が顔をあげると、極沢、さきほどからピクリとも笑っていない。
 それどころか極沢の顔から妙な緊張感すら伝わってくる。


828 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/07 06:52 ID:???
矢沢(……や、やべえ………笑い過ぎたか?…………)
極沢「………ボソッ………」

矢沢「え?」
極沢「………『エイちゃん』って………読んでいいか?」

矢沢「………あ、ああ。いいぜ。」
極沢「……え………『エイちゃん』……」

矢沢「お、おお。」
極沢「………ふふふ………」

矢沢(………なんだ?こいつ?気持ち悪ぃ。)
極沢(………これが……友達………ふふふ………)

 二人の間に奇妙な間が生じ、微妙な空気が流れる。

―――――――5分後。
 極沢、矢沢。どちらともなく次の敵を探すために目的もなく歩き始めていた。
 
矢沢(と、とにかく……こいつがいれば優勝は間違いねぇ。
   ………でも……『一億』の半額…5000万か……
   ……………どうにかしてひとりじめできねえかな?)

 矢沢がそんな事を考えていると、突然、前を歩く極沢の歩みが止まる。


829 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/07 06:52 ID:???
極沢「……………」
矢沢「??どうした?うさぎ?」

極沢「……エイちゃん……隠れろ…………早く!!」
矢沢「……な……」

 矢沢、周囲を見渡すが、またしてもゴミバケツしか見当たらない。
 
矢沢「……くっ……仕方ねぇ!」

 矢沢、腐臭漂う、生ゴミのつまったゴミバケツに素早く身を潜め、
 バケツのフタの隙間から外の様子を伺う。
 極沢の視線の先に………飄々とした金髪の男。
 二人の距離………2m以内。ビーーーーーーーー。
 両者の携帯からブザー音が響く。戦闘開始の合図。

??「………よー。探したぜ。極沢。」
極沢「……鬼塚……」
矢沢(………鬼塚?………あの『鬼爆』の?………)

―――――――――― 極沢 VS 鬼塚  開始。

830 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/07 06:55 ID:NHThQkwL
>>823
分かりました。まだまだ余裕ですね

>>825
その二人は御指摘の通り、制約がとくに無いのでやりやすいです。
へたれてなんぼみたいなところもありますから。

831 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/08 08:33 ID:???
 鬼塚、極沢と対峙しつつも一向に喧嘩を始めようとする素振りを見せない。
 一見、飄々とし、何も考えていないように見えるこの男。
 運と実力とタフネス、悪知恵をバランスよく兼ね備えた、恐ろしい男である。
 が、極沢に対しては話は別。鬼塚自身、極沢の恐ろしさは身に染みている。
 極沢の大会参戦に唯一、恐怖していたのも、この鬼塚である。

鬼塚「……ん?今、誰かと一緒にいなかったか?極沢?」
極沢「………………」

鬼塚「ま、まあいいや。なぁ、極沢。良かったら俺と組まねぇか?」

 考える事は誰でも同じ。相手が自分より強大なら………取り込めば良い。

極沢「………………」
鬼塚「どうだ?賞金は半々、いや、俺の分は1/4でいい。
   ………そのかわり優勝は俺って事で……………ダメ?」

 鬼塚、馴れ馴れしく、極沢の肩に腕を回す。
 
極沢「……………」
鬼塚「なぁ?良いだろ?極沢?そっちの方が優勝も楽にできるぜ?
   ………なぁ?良いだろ?うさぎちゃん?……………頼むよ?」

極沢「………ふっ………『うさぎ』ちゃんか………」
鬼塚「お?受けた?頼むよ。龍二達と約束しちまったし、
   負ける訳にゃいかねえんだ………頼むよ?なっ?」


832 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/08 08:34 ID:???
矢沢「??何やってんだ?あいつら。」

 ゴミ箱の中でそっと二人を観察する矢沢。
 いつまでたっても喧嘩を始めない二人に困惑している。

矢沢「………あいつら……知り合いなのか?……………
   まさか極沢………あいつと組む気じゃ……………
   いやでもそれなら俺を隠れさせる必要はねぇ……」

 矢沢には極沢の思惑が理解できない。
 しかし、なぜか矢沢は極沢を疑う気持ちは起きなかった。
 握手した時の極沢の眼は、無表情ながら相手を陥れようという風情は無く、
 むしろ全幅の信頼を訴えかけるものだった。
 なぜ初対面の自分にそれほどの信頼を置くのか、矢沢には知る由もないが。
 
矢沢「………大丈夫だ……あいつはやってくれる………それより………」

 矢沢の脳裏に浮かぶ物。それは『一億円』。
 
矢沢「………へへへ。極沢はなんでか知らねぇが俺を信頼してる。
   上手く騙くらかせば賞金も一人占めできるかも……………」

 矢沢、己の身の安全が確保された今、
 またしても己の利益のみを考え、極沢の信頼すら換金しようと画策する。


833 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/08 08:35 ID:???
 矢沢がそんな事を考えているとは露知らず、
 極沢、一つの結論に達する。
  
極沢「………もう少し………早く会ってればな………」
鬼塚「あ?なんか言ったか?極沢?」

 極沢、鬼塚の背後に回る。

極沢「………すまんな………鬼塚。」
鬼塚「へ?」

 極沢の巨木のような腕が大蛇のように鬼塚の首に絡み付く。

極沢「………俺も……エイちゃんの為に………負けれない………」
鬼塚「……え?え?」

 ………グビキッ!
 寂れた町中に奇妙な音が響く。

矢沢「………な!何の音だ!?」

 矢沢がゴミ箱から外の世界を覗くと、そこには恐ろしい光景が広がっていた。
 鬼塚の後ろに極沢が立ち、腕が首に絡みついている。
 異変。鬼塚の口からは泡。アゴが天に向き、
 鬼塚の首が……180°回転している。
  
矢沢「…ヒィィィィィ!!……ひ………必殺!!」

―――――――――― 極沢 VS 鬼塚  極沢の勝利。


834 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/08 08:35 ID:WdH/oX/0
あげ

835 :マロン名無しさん:03/08/08 13:49 ID:Xz1kjDCH
鬼塚の扱いヒドすぎるな・・・
極沢に勝てないのはしょうがないけど
せめて他のマンガのキャラと絡めて欲しかた

836 :マロン名無しさん:03/08/08 13:54 ID:???
鬼塚ひでぇ・・・
作者の好みが如実に表れる作品になってきたな

837 :マロン名無しさん:03/08/08 13:58 ID:???
腕が落ちているのがよく分かるな。
マンセー信者に囲まれた個人スレでやってりゃ、腕も落ちるかw

まあ、引き際間違えると板垣みたいに悲惨なコトになるんで、
程々にしといてくださいよ1985センセw

838 :マロン名無しさん:03/08/08 15:38 ID:IjQ1AqWG
これは・・・・
また偽者オチ?

839 :マロン名無しさん:03/08/08 16:40 ID:???
鬼塚好きなのは分かるけど荒らすなよ

840 :マロン名無しさん:03/08/08 16:46 ID:???
妄想なんだから、勝敗についての批判は筋違いだろ?
そんなに悔しけりゃ鬼塚スレッド立てればいいじゃん

841 :マロン名無しさん:03/08/08 16:58 ID:???
GTO鬼塚ならいざ知らず、湘南鬼塚ならこんなもんでないかい。

…と言いたいが、やはりもうちっと他の不良キャラと絡んで欲しかった。
これで、極沢が負けようものなら、益々鬼塚の価値が下がってしまう。

作者には面白いものを描いてもらいたいし、期待もしている。
それ故に、この板垣的展開は勘弁して貰いたかった。
これじゃまるで勇次郎vs劉海王みたいです。

842 :マロン名無しさん:03/08/08 17:07 ID:???
一気に評価が下がったな・・・
本人的には今まで名勝負珍勝負が多かった分、斬新な展開だと思ってるんだろうが・・・

やっぱ鬼塚=劉海(ry

843 :マロン名無しさん:03/08/08 19:09 ID:???
鬼塚これで終わりなのかなぁ
まあしょうがないけど

844 :マロン名無しさん:03/08/08 19:18 ID:???
まあまあ、みんな落ち着け。
作者の腕に期待しましょうよ。

まだ携帯が鳴ってないぜ?


845 :マロン名無しさん:03/08/08 21:05 ID:???
鬼塚嫌いだからこの展開マンセーだ

846 :マロン名無しさん:03/08/08 21:31 ID:???
・好き
前田、憂作、矢沢、極沢

・嫌い
晴矢、三橋、鬼塚

・どーでもいい
池戸、武丸、河井

847 :マロン名無しさん:03/08/08 21:37 ID:???
『湘☆爆』江口洋介が最強
『湘純』鬼塚は舎弟

848 :マロン名無しさん:03/08/08 21:53 ID:???
1985も所詮は安易なワンサイドマッチを組み込む事で、作品にメリハリをつけようとしている
凡庸な作家に過ぎないという事が明らかになりました。

849 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/09 06:41 ID:???
 首の骨が折れ曲がった鬼塚。
 極沢の腕の間からすり抜けるようにその場に倒れこむ。

極沢「………………」
矢沢「……あ………あ………」

 鬼塚の首の骨を折った極沢。いつもと変わらず、無表情のまま。
 極沢の犯した行為に矢沢、その場に凍りつく。
 
矢沢「………う、うさぎ………いくらなんでも………」
極沢「……………」

矢沢「………いくらなんでも………殺すこたねぇじゃねぇか………」
極沢「………よく見ろ。エイちゃん。」

 極沢が地面に倒れている鬼塚を指差す。
 普通に考えれば………鬼塚の遺体、だが。 

矢沢「………え?」
鬼塚「………真樹さん………寒いよ、ここ……うへへ…」

 死んでいるはずの鬼塚の口がかすかに………パクパクと動いている。

矢沢「………な、なんで?普通、即死だろ?」
極沢「………大丈夫。この男は人一倍頑丈だ。こんな事で死にはしない。
   ………むしろここまでやらないと倒せないだろう…………………
   ………………だからエイちゃんにはゴミ箱に隠れてもらった……」


850 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/09 06:42 ID:???
 鬼塚のしぶとさは極沢もよく知っている。
 一人の時なら何一つ問題ないが、今は親友と一緒。
 親友に害を及ぼさせないために、狙ったのは………一撃必殺。

極沢「………とはいっても流石にこのままじゃまずい……早く救急車を………」

 極沢、鬼塚の制服から携帯を取り出す。

極沢「………もしもし……極沢だ………」
矢沢(………しっかし………見事に折れてんな………)
 
 矢沢、生死の境をさまよう鬼塚を眺め、一つ、嫌な妄想が浮かび、
 好奇心からか、つい、ある質問を極沢にぶつける。

極沢「………ああ………首が折れてるから早めに頼む………」
矢沢「……なぁ………極沢………」

極沢「………なんだ?………エイちゃん?………」
矢沢「……もしもの話だぞ……もし俺が………お前を裏切ったらどうする?」

 二人の間に、しばし奇妙な間がうまれる。
 極沢、矢沢の問いに答えない。


851 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/09 06:42 ID:???
矢沢「……いや……極沢………冗談だ、冗だ………ヒィ!」
 
 極沢、いつもより、額にしわを寄せ、明らかに殺気を放っている。
 ふと空を仰ぎ、一呼吸。目を閉じ、低くこもる声で矢沢の質問に答える。

極沢「……………悲しい……別れが訪れるだろうな………」

 脳裏に鬼塚と同じ状態の自分が浮かび、恐怖から無意識に目から涙が流れる。

矢沢(い………嫌すぎる………ひょっとして俺……
   ……とんでもないのに懐かれたんじゃ………)

極沢「………さ………行こうか?………エイちゃん………」
矢沢「………ふぁ………ふぁい………」

――――――――――――――――― 鬼塚 英吉  失格。


852 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/09 06:59 ID:/zpGZuwE
はっきり言うと鬼塚については何も話が浮かびませんでした。
まず最初にエントリー選手を見た時に知っているキャラで
話は浮かんだキャラと浮かばなかったキャラがいました。

しかし、途中で話を考えれば良いか、と思い、そのまま参加させたキャラが数人います。
結果としては皆さんからの◯◯要員の提案などでなんとか話を作る事ができました。
しかし、先述の通り、鬼塚は結局、話が浮かばなかったキャラです。
話も終盤にさしかかり、どうしようもなくこういう扱いになってしまいました。
鬼塚が好きな人は本当にごめんなさい。

好きなキャラと嫌いなキャラがいる、と言われましたが
誤解が無いように言うと、全員好きなキャラです。
しかし、相性があるのか、動かしやすいキャラと動かしにくいキャラもいます。
矢沢はむちゃくちゃ動かしやすいですし、
逆に晴矢、武丸、池戸、鬼塚は動かしづらかったです。

今回の話は単純に俺の力量不足です。申し訳ない。



853 :マロン名無しさん:03/08/09 15:12 ID:gB8gNiQU
こんだけキャラがいれば一人や二人はしょうがないかな
すこし残念ではあるけど
他のキャラは期待してます

854 :マロン名無しさん:03/08/09 23:34 ID:???
「なるたる」の須藤が最強だろ。


855 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/10 06:18 ID:???
―――――――――東雲町、何もない川原。

 憂作、気分も晴れぬまま、険しい顔つきであてもなく道を歩く。
 葛西との闘い、いつまでも頭から離れない。
 頭の中で幾度もなく繰り返される、ベストな状態の葛西との闘い。
 いくら繰り返したところで勝利するイメージが浮かばない。
 気は晴れぬまま、どんどん追い込まれていく。

憂作「………ふっ……ははは……」

 憂作、ふと、そんな自分を客観視し、自潮する。
  
憂作(……『力に飲まれてる』、か………本当にそうかもな………
   俺は昔と一つも変わらねえ……『沢渡憂作』になっても……
   ………結局、気がつけばいつも喧嘩の事ばかり考えてる……)
   
 葛西の言葉。その全てが憂作を責めたてる。
 憂作、自己嫌悪に陥りながら、葛西の言葉を一つ一つ、思い出していく。
 最初に葛西と出会ったときの言葉。
 『遅かったな…………前田……』

憂作「……!!そういえばあいつは誰かと待ち合わせしていた……」
 
 ………………『前田』。
 そしてまた一つ。葛西の言葉。
 無意識に口走っていた言葉…………『前田太尊』。
 憂作の中で点が線につながる。


856 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/10 06:19 ID:???
憂作(……そうか!『前田太尊』…こいつと待ち合わせてたのか……
   ……あいつを………止めた男?…………『前田太尊』…………)

 憂作、何か思いついたように自分の携帯を取り出す。

憂作「……たしか彩子のバカが……ここをこうやって………よし!」

 慣れない手つきで出した画面。メールのアドレス帳。
 
憂作「……あ?………くっ……いつの間に……」

 アドレス帳画面。御丁寧にそれぞれの選手の顔写真まで載っている。
 本人達も知らない。いつの間にか盗撮されていたらしい。 

憂作「…………そんな事はどうでもいい……『前田太尊』……
   ……しかし……この名前……どこかで………あった!…」

 『前田太尊』の項にあわせ、ボタンを押す。
 画面に現われた太尊の顔写真を見た憂作、驚愕する。

憂作「………っ!!………文尊!?」


 憂作、太尊の顔が昔、出会ったある男の顔とダブる。当然である。
 ………前田太尊の父、前田文尊。
 憂作の前世、喧嘩において無敗伝説を誇った九宝龍二。
 しかし、その九宝龍二にも若い頃、二人の男に敗北した苦い思い出がある。
 そのうちのひとり、前田文尊。

憂作「……まさか……いや、そうか……文尊の息子……
   ………ククク………カエルの子はカエルだな……」

857 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/10 06:19 ID:D0aA1BBn
あげ

858 :マロン名無しさん:03/08/11 07:34 ID:???
あれ、今日は?

859 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/11 08:35 ID:???
 昔、ある暑い夏の日。
 九宝龍二はある噂を聞いた。『大阪に化け物がいる』
 この噂は当時から喧嘩に明け暮れていた龍二の好奇心を刺激し、
 龍二は迷う事なく、大阪を目指した。そして龍二は通称・西の怪物。
 前田文尊と闘う事になったが、結果は………惨敗。
 
 前田文尊、龍二の持ち味である変幻自在な攻撃を全て、
 その余りある怪力でねじ伏せ、結果、見せ場も無く龍二の敗北が決定した。

 そして数年後、龍二は自らの体を鍛えなおし、また、再び、大阪を目指した。

―――――――――二十数年前、大阪・尚輪寺。

九宝「………ひさしぶりだな、文尊。」
文尊「………九宝か………久しぶりやな。一体何の用や?」

九宝「……分かってんだろ?観光でこんなとこまで来るかよ。
   もう今の俺は昔の俺じゃねぇ……もう一度俺と戦え……」
文尊「………あかん。」

九宝「……!?何言ってやがる!俺がこの時をどれだけ………」
文尊「………すまん。九宝………もう俺は坊さんなんや………」

九宝「………ふざけるな!なにが坊主だ!俺と戦えッ!!」
文尊「……こないだ………俺にも子供ができたんや………」


860 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/11 08:36 ID:???
九宝「………!!」
文尊「いいかげん真面目に生きなあかん。
   悪いがもう喧嘩はできんわ。九宝。」
 
 文尊、くるりと踵を返し、龍二から背を向ける。

九宝「…………っ!待て!!文尊ッ!!」
文尊「……お前にもガキができたら分かる………じゃあな……九宝。」

九宝「………待てッ!コラッ!!文尊ッ!!俺と勝負しろッ!!」

 いくら龍二が叫んでも、文尊が振り返る事は無かった。
 そして失意のうちに帰京した龍二は、また依然にも増して
 暴力の世界に身を置く決心を強めていった。

憂作「つくづく………因縁だな………」

 以前から心残りであった文尊との再戦。
 その望みが思いがけず、この大会の中で叶う。

憂作「……『ガキができたら分かる』……か………
   結局涼子の腹の中に憂作が宿った時も………
   俺は何一つ変わらなかった………子供、か。」

 憂作、前田太尊の顔を眺め、深くため息をつく。

憂作「……まあいい……文尊……悪いがテメーのガキに……
   …………俺達の因縁…………背負ってもらうぜ………」


861 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/11 08:37 ID:iZioVV7F
あげ 

862 :マロン名無しさん:03/08/11 16:27 ID:???
阿含きぼんぬ
まあ、奴は悪だから不良如きとは格が違うが

863 :マロン名無しさん:03/08/11 16:57 ID:???
>>862
なんの漫画だっけ?それ。

864 :マロン名無しさん:03/08/11 17:30 ID:???
>>863
愛汁21

865 :マロン名無しさん:03/08/11 18:53 ID:???
アイシールドは知らないから出せないっつってなかったっけか?

866 :マロン名無しさん:03/08/12 00:19 ID:???
そもそも初出から何週も経ってない奴だから、出せるほどキャラが露出してないべ。

867 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/12 06:59 ID:???
――――――――― 東雲町、廃工場群。 
 
 廃工場群を携帯片手に走り抜ける男が一人…………前田太尊。

太尊「………ハァ…ハァ…ハァ……くそっ!大分時間がかかっちまった。」

 葛西からメールが送られてきて、しばらくの時間が立つ。
 しかし、東雲町を縦断しながら出会った敵は二人。
 それを考えれば、太尊は運が良かったと言える。
 そして太尊。死闘を経て、ようやく葛西が指定してきた工場の入り口に立つ。
 
太尊「………やっと……グスッ…………」

 太尊の目に万感の思いからか、うっすらと涙が浮かぶ。

太尊「……『てっぺん』馬鹿に会うわ……携帯を落とすわ………
   ………ついてなかったけど……やっと………………よし!」

 太尊、両手で自らの頬を叩き、気合いを入れる。
 完全な戦闘体制。葛西との闘いに万全を持って備える。
 暗がりの工場の中に足を踏み入れ、大声で葛西を呼ぶ、が。

太尊「……葛西!遅れちまって悪かった!………どこにいるんだ?おーい!」
??「………うう………」

 太尊の声に呼応するかのように闇の中で何かが、うめき声をあげる。
 闇の中でうごめく何か。太尊が恐る恐る近寄ると、
 無惨に地面に突っ伏している………葛西。


868 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/12 07:00 ID:???
太尊「……葛西!お前………」
葛西「………前田か?………悪い……負けちまった………」

 太尊、急いで駆け寄り、葛西を抱き上げる。
 暗がりでハッキリと見えないものの、明らかに顔が変型している。

太尊「……お前、アゴが………」
葛西「………約束を破っておいてなんだと思うが一つ………頼みがある。」

太尊「……なんだ?」
葛西「………俺を倒した男を倒してほしい………」

太尊「……悪いが葛西、俺は敵討ちなんて下らない事はしたくねえ。」
葛西「………違う………」

太尊「………??」
葛西「……あいつはお前に倒してほしい………他の奴じゃなく………
   ……お前なら大丈夫だ………喧嘩の負けには二種類ある………
   ………納得のいく負けと………納得のいかねえ負け……………
   ………もしあいつが………納得のいかない負け方をしたら……
   ……もっと深い所へ………そうなったらあいつは終わりだ……」  

太尊「……そいつは知り合いか?なんでそこまで………」
葛西「……あいつは昔の俺だ……お前に負ける前の………」

太尊「………昔の……お前?」
葛西「……いや、あの男………沢渡憂作は………昔の俺より………」


869 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/12 07:00 ID:???
太尊「………」
葛西「……あいつは何も欲しがっちゃいねえ……喧嘩に何も求めてねえ……」

太尊「……なにも………求めてない?」
葛西「………あいつは俺のように仲間が欲しくて暴れてるんじゃねえ………
   ……あいつは自分の力を………ただ自分の力を………痛ッ!!………」

太尊「………!!もういい。喋るな、葛西。」
葛西「……ううっ………頼む……あいつを………」

太尊「……分かった……沢渡……憂作だな?」
葛西「………ああ………頼む………」

 新たに交わされた二人の約束。
 その時を見計らったかの様に遠くから救急車のサイレンが聞こえてくる。

葛西「……やっときやがったか………おい、前田…………
   今ここにお前がいると、いろいろややこしくなる。」
太尊「………分かった………じゃあな……葛西。」

 太尊、ゆっくりと葛西をその場に寝かせ、
 振り返る事なく、工場から走り去る。
 太尊の去った後の廃工場。大の字に寝かされた葛西、深くため息をつく。

葛西「……俺が頼みごとか……チッ………らしくねえ………」

 文尊との因縁。葛西との約束。
 沢渡憂作と前田太尊。宿命がこの二人を強く引きつける。
 運命の邂逅はもう少しだけ…………先の話。


870 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/12 07:05 ID:b/vXATan
>>862
すいません。アイシールド21のキャラは読んだ事がないので出せません。
あとそろそろ話が終盤になるので◯◯要員の募集を締め切らせてもらいます。

871 :マロン名無しさん:03/08/13 00:41 ID:???
>>866
    特徴…ラグビーがめっちゃ上手い

872 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/13 06:53 ID:???
―――――――――東雲町、大会本部。
 
 ここではそれぞれ、選手の携帯に対応すべく、複数の黒服が待機している。 
 大会も中盤が過ぎ、もうすでに半数以上の選手が敗退したおかげで、
 仕事も終わりそのまま飲みに出かけた黒服もいる。
 しかし、ここに頭を抱える黒服が一人。

黒服C「ハァ、さっきのが最後であってほしい。」

 黒服C、切望。しかし、黒服Cの望みを打ち砕くかのように
 再び、けたたましく電話が鳴り響く。

黒服C「………はい。もしもし……」
 太尊「あっ、すいません。メールの送り方をもう一度……」

 黒服Cの悩みの種。……黒服Cの担当選手、前田太尊。
 かれこれ数十分、メールの送り方についての説明をくり返している。
 
黒服C「……前田様、もう12回目です。もうそろそろ………」
 太尊「あっ今度は大丈夫っス。やり方を地面に書きますンで。」

黒服C「………分かりました。いいですか?まず………」


873 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/13 06:54 ID:???
 光成「……うーん、もう少し考えた方が良かったかのぅ………」

 黒服Cと太尊のやり取りを半ば呆れながら眺める、大会主催者・徳川光成。

 光成「今時の高校生なら皆、携帯が使えると思ったんじゃが………」
黒服D「………御老公。ちょっとよろしいですか?」

 光成「ん?なんじゃ?」
黒服D「少し、気になる話が入りました。」

 光成「……言うてみぃ。」
黒服D「……今現在、東雲町の各地で行われている
    騒動でついに警察が動きだしたようです。」

 光成「…………別にかまわんじゃろ?………この大会に選ばれて
    今更、警察に捕まるようなマヌケもおらんじゃろうし……」
黒服D「…そこなのですが………実は今日東雲町で殺人事件が起きました。」

 光成「………??よく分からんのぅ、それがなんの関係が?」
黒服D「実は殺された男がどうやら……エントリーされた選手らしいんです。」

 光成「…!!じゃあ、選手の誰かが人を殺したと?」
黒服D「………いえ、それがどうやら凶器は日本刀のようで………」

 光成「日本刀?確かそんな物を持ち歩いてるのが一人おったの。そやつか?」
黒服D「いえ。実は殺されたのはその日本刀を持ち歩いていた天草選手
    なのです。ですから犯人は今大会とは無関係の人間だと………」

874 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/13 06:55 ID:???
 光成「………まぁ、今大会に選ばれるほどの不良……
    色んな所から恨みを買っておると言う事か……」
黒服D「………ええ、ですがそのせいで厄介な事が起きました。」

 光成「………厄介な事?」
黒服D「殺人現場の目撃証言から犯人が未成年だと言う事が断定されました。
    警察は殺人事件と現在東雲町各地で選手達が起こしている騒動との
    関連性を疑い、西雲署から警察官が大量に投入されるようです。」

 光成「……ということは………」
黒服D「ええ。数時間後には町中が警察で溢れかえると………」

 光成「………あまり……時間が無いようじゃのぅ………」


875 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/13 06:56 ID:MVSxu0UO
あげ

876 :マロン名無しさん:03/08/13 15:35 ID:???
このスレには作者しかいない予感((プゲラ


877 :マロン名無しさん:03/08/13 16:36 ID:AcUpCXpP
↑馬鹿はシネよ。見てる奴沢山いるし

878 :マロン名無しさん:03/08/13 16:56 ID:???
他もそうだけどROMが多すぎるんだよな 
俺はまいにち楽しみにしてるから 1985がんばれ

879 :マロン名無しさん:03/08/13 18:25 ID:???
阿含が主役のストーリー連載しますんで、ヨロシク

880 :マロン名無しさん:03/08/13 18:34 ID:???
>>879
紛らわしいから本スレでやれ
谷川逃げて今誰もいないし 

881 :マロン名無しさん:03/08/13 20:45 ID:???
ほう
警察ね
新展開期待さげ

882 :マロン名無しさん:03/08/13 22:12 ID:u3uV4Oy4
>>880
だね。向こうは寂れっぷりがひどいな。書いてやってよ>>879

883 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/14 06:24 ID:???
―――――――――東雲町、何も無い河原。
 
 タバコの煙を吐き出しながら、河原を歩く男………沢渡憂作。
 突如、何かを思い出したように立ち止まる。

憂作「………そういえば……あいつはどうしている?……」

 ふと、思い出す。九宝龍二に勝利した、もう一人の男。
 龍二が地下闘技場に興味を持ったのも、この男への嫉妬。
 
憂作「……いつのまにか名前を聞かなくなったな………」

 以前は嫌でも聞こえてきた、その男の名声。
 いつのまにか男の足取りは数年前からプツリと途絶えている。
 今でも思い出される、仮面をかぶっているかのような無表情。
 思わぬ方向からくり出される意外性のある攻撃。そのスピード。
 文尊に負け、体を鍛えなおした龍二に再び土をなめさせた、あの蹴り技。
 
憂作「………チッ………」

 まさに紙一重の勝負。両者、地面に倒れたい衝動を押し退け、最後の一撃。
 だが、龍二。前日降り注いだ雨による地面のぬかるみに足をとられ、
 パンチの初動がひどく遅れてしまう。
 龍二が体勢を立て直した時には、すでに男の体は宙に舞い、
 男の得意技、前宙キックが龍二の全身を揺らし……………決着。
 結果、この闘いは龍二にとってひどく未練の残るものとなった。


884 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/14 06:25 ID:???
 後日、怪我が癒えた龍二は自らに足りない『スピード』の強化に努め、
 こうして喧嘩無敗の男『九宝龍二』が完成した。
 そして、男との喧嘩の精算をすべく、
 余りある自信を胸に再び龍二は男を訪ねた、が。
 
憂作「………あれが最後だったな。」

 男の姿はそこには無く、男は龍二と闘った日を最後に日本から旅立っていた。
 男の夢。格闘家として武者修行の旅。
 そして、二度と再戦を果たせぬこの状況に苛立ちを押さえきれない龍二は、
 全てを喧嘩に費やすことで自らのいら立ちを払拭する日々を送っていった。
 そして、涼子と出会い、全てを忘れて真面目に生きる事を誓い、結婚。
 涼子が妊娠し、働き口も見つけ、龍二の人生は穏やかに終わるはずだった。


885 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/14 06:29 ID:???
>>879
知らないキャラですが期待させてもらいます。
書くのは本スレ、番外。お好きな方でどうぞ。

886 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/15 07:52 ID:???
―――――― 十数年前。
 全てが順調にいっていた。涼子の出産も再来月に控え、
 最初は抵抗があったものの、目上の人間に頭を下げる事にも慣れてきた。
 そして龍二、今日も一日の仕事を終え、給料袋を片手に帰宅の途についた。

九宝「涼子、ただいま………ん?」

 家にいつも笑顔で出迎えてくれるはずの涼子の姿が無い。
 居間の机の上に、作り置きの料理が並んでいる。

九宝「………そういや今日は実家に帰るっつってたな。
   あんなクソじじいなんか放っとけばいいのによ。」

 龍二、涼子を実家に取られたような気がしておもしろくない。
 不機嫌そうに給料袋を机の上に放り投げ、乱暴にイスに腰掛ける。
 久しぶりの一人での食事。いくら料理を口にしても寂しさからか味がしない。

九宝「………チッ………給料日だってのに……」

 以前なら一人での食事など当たり前だった。
 龍二、いつの間にか自分が一人の人間として弱くなった事を痛感する。

九宝「………いや、これでいい………これが普通なんだ……
   ……再来月にはガキも産まれる……これでいいんだ。」

 龍二はまるで何かに言い聞かすようにつぶやき続ける。
 だが、いくらつぶやこうとも一向に気持ちは晴れない。


887 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/15 07:53 ID:???
 龍二は心の中のモヤをごまかすべく、
 たまたま目についたテレビのリモコンに手をのばした。

九宝「………『世界で活躍する日本人達』?」

 テレビの画面にデカデカとテロップが浮かぶ。
 どうやら世界の第一線で活躍している日本人を取り上げる企画らしい。
 
九宝「へえ、スゲーもんだな。一億かよ。」

 TVの画面からいわゆる成功者達が次々登場するが
 男達の語る桁違いの金額。龍二には全く現実味が湧かない。
 ただなんとなくぼんやりと、すごいもんだな、と眺めているだけ。

九宝「へっ。俺もこんな暮らしがしてみてえもんだなぁ………ん?」

 TVの画面が変わり、ある男が写し出される。
 リングできらびやかなライトを浴び、華麗な足技で対戦相手をなぎ倒す。

九宝「…………な………こいつは………」

 TVのブラウン管に写し出されたのは………紛れもなくあの男。
 男は長い武者修行の末、ついに夢を叶え、一流の格闘家へと成長していた。
 龍二、目の前の光景が信じられず、思わず床にハシを落とす。

九宝「…………んな馬鹿な………」


888 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/15 07:53 ID:???
 同じレベルの実力を持っていた二人。
 いつの間にか拭いきれないほどの差がついてしまっていた。
 かたや、華やかなリングで世界を股にかけ、活躍する格闘家。
 かたや、下げたくもない頭を下げ、一日に辟易しながら、
 ただただ悶々とした思いを抱え、日々を送っている。
 龍二、怒りから拳を机に叩き付ける。
 机の上から給料袋が落ちるも気にも止めない。

九宝「………ふざけんじゃねえッ!!」

 龍二、この差が許せない。同じ地点にいたはずの二人。
 なによりも、こんな所でくすぶっている自分が許せない。
 
九宝「……くっ、落ち着け。俺は俺。あいつはあいつだ。
   …………それに、俺は……俺は今、幸せだ………」

 龍二、無理矢理に自分の気持ちを落ちつかせ、深く息をつく。
 ふと給料袋が床に落ちている事に気付き、イスの上から身を屈め、
 机から落ちた給料袋を拾おうとする。
 
九宝「………!」

 床には落ちた給料袋の中から十数枚の一万円札が散らばっていた。
 龍二が一ヶ月、必死に働き、稼ぎ出した給料。

889 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/15 07:54 ID:???
九宝「……これが……俺の……」

 今まで誰にも媚びる事なく、己の腕力のみで生きてきた人間が
 プライドを捨て、初めて人に頭を下げ、必死に働いてきた代償。
 妻の為、産まれてくる子供の為、全てを耐えてきた龍二に対する社会の評価。
 
九宝「………これが俺の、価値?……これが俺の………
   ……こんな、はした金がか?これが、俺の?……」

 龍二の腹の中。涼子と結婚してから眠っていたものが今再びうごめき始めた。

九宝「………違うッ!……俺は………俺は!!!!」
 
 この時、今まで龍二をつなぎ止めていたものが静かに崩壊した。
 龍二、自らの衝動のまま家を飛び出し、そのままどこかへと走りだした。
 そして、この日を最後に龍二がこの家に戻ってくる事は二度と無かった。
 憂作が産まれる、ほんの2ヶ月前の話。

890 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/15 07:57 ID:???
唐突ですが、個人的事情で少しの間お休みをいただきます。
来週の火曜日には書き込めると思うので保守をよろしくお願いします。

891 :マロン名無しさん:03/08/15 09:03 ID:???
旅行でも行くのかな?
保守しときます。

892 :山崎 渉:03/08/15 11:13 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

893 :マロン名無しさん:03/08/15 11:14 ID:???
あの男が誰か明かしてから休みに入ってほすぃ(゚ω゚;)


894 :マロン名無しさん:03/08/15 14:56 ID:jNAR23/6
保守あげ

895 :マロン名無しさん:03/08/15 19:13 ID:???
今日初めて見たけどおもしろかったです
途中において指摘されていたように「…」をもう少し減らした方が読みやすいと思います
ガンバって下さい

896 :マロン名無しさん:03/08/17 08:06 ID:THeRhEb9
保守

897 :マロン名無しさん:03/08/18 01:59 ID:???
1985氏の文章はとても面白いけど、小説や文章読んだことあるのかな?
例えば「!」や「?」のあとは空白入れるよね。谷川氏はこれわかってる。
あと「…・・・・」はもう少し効果的に使ったほうがメリハリがつくと思う。
「……」を心理描写として捉えているなら、それをやめて素直に心理描写に変更して欲しい。
ex
「グフッ!? な、てめえは! 吉祥寺の前田太尊じゃねーか! だが・・・…どうしてこんなとこにいんだよ、
お前がよ。ククク、お前はチェベス号乗り回すだけの、ろくでなしだと思っていたのにな。そうかよ…」みたいな。

ヤンキー漫画をろくでなし、純愛組、特攻の拓くらいしか読んだことないから1985みたいなSS書ける
知識も文才もないし、継続・努力することもできない。だから期待を込めて、もう少し小説の体を成したものにしてもらいたい。

保守の意味もこめて、書いてみた。要するに1985がんがれ!

898 :マロン名無しさん:03/08/18 11:03 ID:???
ホッシュホッシュ

899 :マロン名無しさん:03/08/18 13:08 ID:flbuJuKv
美少女中学生の割れ目が見れるサイト発見でつ!(*´Д`)
http://www.kk.iij4u.or.jp/~sandy/wareme_tatesuji/omanko/

パイパンおま○こは綺麗でつ…(*´∀`*)ハァハァ


900 :マロン名無しさん:03/08/18 23:26 ID:???
900age

901 :マロン名無しさん:03/08/19 10:36 ID:???
>>897
朝保守ついでに重箱の隅

チャベス号な。というか、何で名前まで知ってんだ?w

902 :マロン名無しさん:03/08/19 13:13 ID:1VeYraML
強過ぎキャラ

湘爆 江口洋介

湘純 鬼塚英吉

なぜ、このキャラが半端じゃなく強いのか…
江口は一人で族をやっつけて行き、
鬼塚は人間とも思えない体だし…

二人とも実在してたら化けモンだろう。
誰も手は出せない。

私はアキラと、龍二が基本的には好きだけど。

903 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/19 15:56 ID:???
>>902
強さ議論は本スレでやれ ゴミクズ

904 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/19 18:46 ID:???
>903
兄さん、もつおの掟忘れてまっせ

○他のSSスレに迷惑をかけないコト


905 :マロン名無しさん:03/08/20 12:14 ID:???
基本的には面白いと思うけど、やっぱギャグキャラの極沢を入れたのは最大の失敗だったね

906 :マロン名無しさん:03/08/20 14:23 ID:???
>>905
だよなあ、力関係が狂っちまうよな。

907 :マロン名無しさん:03/08/20 14:59 ID:YEflb3lj
>>907
そこは上手い具合にまとめてくれるだろう。
それより続きはまだ??????

908 :マロン名無しさん:03/08/20 17:10 ID:???
既にQPと鬼塚がやられちゃってるからなあ・・・。


909 :マロン名無しさん:03/08/20 22:20 ID:???
晴矢>極沢

910 :マロン名無しさん:03/08/20 22:38 ID:???
>>908
QPは「敗北」を求めて瞬殺されたのが某死刑囚の様だったな
やっぱ「敗北」を求めちゃイカンな 
>>909
それはありえない

911 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/21 00:21 ID:???
 妻子を捨て、再び暴力の中で生きていく事を決意した龍二。
 ブランクを感じさせず、水を得た魚のように暴力漬けの日々を送っていたが、
 自らが望んでいた日々にもかかわらず、どこか満たされぬ物を感じ、
 どうしても残してきた妻子の事が気にかかっていた。
 しかし、そんなある日、一つの噂を耳にする。

 ――――――――秘密の、地下闘技場。
 世界中から集められたあらゆる分野のトップクラスの男達が日夜、
 闘いを繰り広げる。まさにおとぎの国。そして、あの男。
 あの男もこの闘いに参戦している、という噂。

 これが本当であれ、噂であれ、龍二の心は嬉々として踊った。
 もはや世界的な格闘家になってしまったあの男との。
 自分がこの裏の世界の喧嘩で頂上に登り詰めれば、
 あの日のまま、止まってしまっていた闘いの決着がつけられる。
 もはや、龍二は妻子の事などすっかり忘れてしまっていた。
 
 それから十数年、龍二は暴力のみでのし上がる事に人生の全てをかけた。
 喧嘩相手を求め、町中を練り歩き、腹が減っては食べ、眠くなったら眠る。
 しかし、そんな日々に、徐々に本来の目的すら薄れはじめていた。
 長い年月。日常と化した闘いが男との再戦という目的すら忘れさせていった。
 そんな中、獣同然に裏社会で自由に暴れ回る龍二に、
 負けた連中はもとより、裏の住人達が快く思うはずもなかった。
 しばらくして龍二はあっけなく裏社会の銃弾の前に倒れた。


912 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/21 00:22 ID:???
憂作「……結局、俺は何がしたかったんだ?」

 妻子を捨て、全てを捨て、男との再戦を目指した。
 そしてその目的すら忘れ、日々の快楽の為に闘い続けた、獣。
 その末路がこれ。何の因果か自らが捨てた息子の体に転生。
 今になって冷静に思う。
 あの時、もし、妻子を捨てずにいたらどんな日々が待っていたのか?

憂作「今まで忘れてちまってた。そんなもんの為に涼子を……」

 今まで憂作、いや、龍二は思い出せずにいた。
 自らが妻子を捨てた理由。自らが闘い続けた理由。
 闘技場で太尊を見かけていながらも、文尊の息子だと気付かなかった。
 文尊の顔自体、葛西と闘うまで記憶の片隅に忘れ去られていた。
 自分が人生をかけたものはその程度のものだったのか?完全に……自己嫌悪。
 
 今まで送ってきた人生。その全ての因果が憂作にのしかかる。
 敗戦の記憶と共に、その時の感情がどんどん沸き上がってくる。
 怒り、屈辱、不満、苛立ち、嫉妬。
 平穏を望んでいたはずの憂作の心に再び、九宝龍二の獣が目覚めつつあった。
 そんな時、下の河原の土手の方から何者かが、
 雑草を払いながら、登ってくる音が聞こえはじめた。


913 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/21 00:42 ID:???
>>893
エントリー編を見てもらえるとすぐに分かると思います。

>>897
アドバイスありがとうございます。
御指摘の通り、小説は正直苦手です。2ちゃんの文章は普通に読めるんですけど。
こうやって長文を書くのも高校の作文以来です。
感嘆符にそういう決まりがある事すら知りませんでした。
参考にさせてもらいます。

>>905-910
極沢については破たんしないようにする自信はあります。
鬼塚はおもいっきり失敗しましたが。
QPに関してはアレで良かったと思っています。

保守してくれた皆様、ありがとうございます。
諸事情により更新が遅れました。ごめんなさい。

914 :マロン名無しさん:03/08/21 19:03 ID:???
>1985
正直、語ろうぜスレで書かれた「パオと外伝の両巨頭に認められた男」ってどう?
嬉しい? それとも関係ない?
それとも、もうこの2人なんてとっくに超えたと思ってる?
実はこの2人目の上のタンコブなんで死んで欲しい?
さあ、どれ?


915 :マロン名無しさん:03/08/21 20:21 ID:???
>>914は荒らしみたいなもん。スルー推奨

916 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/21 20:57 ID:???
>>1985
>>915のいうように>>914を相手にする必要は全くない。
悪意に満ちた質問などに答える義務はない。スレの為にも放置で。

917 :マロン名無しさん:03/08/21 21:13 ID:???
パオ・外伝・1985。
3人ともネット上とは言え仲良さそうなのにな。
3人とも実力と作品を認め合ってる感じ。
なのに何故バカは茶化す。914みたいな奴は2ちゃんから、
少なくともマロンから出て行って欲しい。
1985は気にせず頑張れよ。そろそろ次スレですね。気楽に気長にやってくれ。

918 :マロン名無しさん:03/08/21 22:01 ID:???
>>917
荒らすなボケが。
1985さん、917みたいな荒らしに負けず頑張って下さい。
パオみたいな人間のクズや、
外伝みたいな地味な根暗よりずっとあなたが上。
格が違いすぎます。1985さんが太陽とすれば、
パオはゴキブリ、外伝はうじ虫。
こんな雑魚2匹と並べられて迷惑と思いますが、
気にせず頑張って下さい。

919 :マロン名無しさん:03/08/21 22:44 ID:???
>>914 >>918
頼むからもう来るな。同一人物だろうが。


920 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:37 ID:???
 少し時間は戻って、静かな東雲町に穏やかに流れる川。沈みかけた夕日。
 男はもう何時間も、その場で川の流れを眺めていた。
 池戸定治。人は彼をその風貌から『ゴリラーマン』と呼ぶ。
 池戸定治は川が好きだった。日々の喧噪に疲れた時、彼はいつも川を眺める。

 黒服にこの町に連れて来られ、彼はまだ500mも歩いていない。
 まるで川に吸い寄せられるように、そのまま河原に座り込んでしまっていた。
 また、この男、池戸定治は狡猾な男でもある。
 優勝賞金『一億円』が目的である以上、下手に動かず、
 選手同士が勝手に潰しあってくれた方が有利な事に気付いていた。
 ただ、物憂気な目で川の流れを静かに眺めている。

 川から反射する光に、かつての『池戸道場』での思い出が浮かぶ。
 強かった父、丁寧に指導してくれた大友師範。門下生達。
 優しい姉、皮肉屋な片桐。そして……天才と呼ばれた兄、ハジメ。

 池戸定治はいつも劣等感を抱いていた。
 偉大なる父に、日々、父と寸分違わぬ足技を身につけていく兄。
 そのそっくりの風貌からか、いつも自分が比べられてきた二人に。
 だが、いくら教わっても、池戸定治の足技が成熟する事はなく、
 自分自身へのイラ立ちはいつの間にか父への反発へと姿を変えていった。

921 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:38 ID:???
 ………今なお、不思議な事がある。
 世界中を飛び回っていた父がある日、突然、日本に定住しだした。
 そして、夜中にふらっと出かけ、朝早くボロボロになって帰ってくる。
 世界中の猛者を相手に闘ってきた父の顔がここまでボコボコに
 腫れ上がっているのを見るのは初めての事だった。
 そして、あれほど嬉しそうな父を見るのも初めてだった。
 
 父は心配する子供達の問いには全く答える事なく、
 毎月2回のペースで活き活きと夜の闇に消え、ボロボロになって帰ってきた。
 もう一つ不思議な事。今まで家族の生活費、道場の運営費は
 全て、父のファイトマネーで支払われてきた。
 しかし、父は日本に帰ってきて以来、試合を行っているという話は聞かない。
 それでも、なぜか池戸家の食卓は日に日に豪華になっていった。

 そんな不思議な日々が3年ほど続き………あの日。
 過度な稽古が原因で、兄、ハジメが死んだ。
 失意の父は池戸定治に自分の跡を継がせようとやっきになったが、
 池戸定治はそれを拒否した。誰かの代わりになるつもりはないと。
  
 それから父は夜中に出かける事も無くなり、いつしか池戸道場は潰れた。
 父は今では見る影もなく、別人のように細々と質素に、弁当屋を営んでいる。

 『池戸道場』を復興させ、父を喜ばせてやりたい。
 そして池戸定治自身、もう一度。
 世界的総合格闘家・池戸哲治の姿を再び見たかった。
 たくましかったあの頃の父をもう一度。


922 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:39 ID:???
 不思議といえばもう一つ。
 なぜ父は兄・ハジメが死んだ時、自分に跡を継がせようと必死だったのか?
 本来池戸道場そのものに父は固執していない。
 道場の教え子達から月謝も取らず、来るものを拒まず、
 自らの技を教えてきた事にもそれが現れている。

 そして本当に道場を潰した理由は兄の死、だけなのか?
 確かに兄の死が一因ではあるにせよ、
 あの父がそれだけの理由で格闘技を捨てるだろうか?
 他に何か理由があったのではないか? なにか………理由が。

 しかし、今となってはもう、何も分からない。
 問いつめたところで父は答えないだろう。
 この場で考えたところで結論に辿り着くはずもない。
 池戸、そっと自分の顔を撫でる。父と、そして兄と瓜二つの顔。
 結果として、兄を殺し、自分に無理矢理に道場を継がせ、
 格闘家の道を歩まそうとした父に、一時期、憎しみの感情すら抱いていた。
 
 しかし、今はそんな確執すら捨て、父の喜ぶ顔が見たい。
 そのためにも、是が非でも……『一億円』。
 
 『戦場』にいるせいか、いつもと違って落ち着かない。
 川を眺めていても、嫌な思い出ばかりが浮かぶ。
 池戸、気を紛らわせるべく、懐からタバコを取り出そうとする。
 池戸は味の違いが分かる男である。タバコは『リベラ』しか吸わない。
 しかし、お目当ての『リベラ』。残念ながら………からっぽ。


923 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:40 ID:???
 池戸、肩をすくめ、思わずため息をつく。
 ここに送られる途中、車の窓から見ていた風景の中にタバコ屋があった。
 ここからなら歩いて4、5分。ちょっと歩けばすぐに着く。

 池戸、面倒臭そうに立ち上がり、服についた土を払う。
 滑らないよう、しっかりとした足取りで土手を登っていく。
 生い茂る雑草を払っていくと土手の上に人影。

 ビーーーー。
 次の瞬間、池戸のブレザーから携帯がけたたましく鳴り響く。
 また、土手の上にいる人影からも、戦闘開始の合図。

 池戸、予想外の事態に思わず凍りつく。
 池戸の視線の先に……沢渡憂作。
 憂作も突然現れた男に口元からポロリとタバコが落ちる。
 池戸の出現に驚いているわけではなく、池戸の顔。
 驚きから思わず憂作のノドから声が漏れる。


924 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:40 ID:???
憂作「……哲治!?」
池戸「!!!」

 憂作、動けない。池戸の顔が『あの男』とダブる。
 また、池戸。見知らぬ男の口から突如、発せられた、
 父『池戸哲治』の名に驚きを隠せず、そのまま、動けない。
  
 十数年前、九宝龍二に『敗北』を味あわせた男。
 尚輪寺住職・前田文尊、そして………元・世界的格闘家『池戸哲治』。

――――――――― 池戸定治 VS 沢渡憂作  開始。

925 :1985 ◆8BVPwsPs7s :03/08/22 00:45 ID:???
戻ってきてまだ二回しか書いていないのになんですが
以前に話したお休みをとらせてもらいます。申し訳ありません。
とりあえず書ける分だけ書いておきました。
だいたい2週間ぐらいで帰ってこれると思います。
保守と、できればもし途中で次スレが必要になった場合、
良ければ次スレも立ててやって下さい。お願いします。


926 :ドッポリア繁盛記(4):03/08/23 04:13 ID:???
第一話 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1060014208/622
第二話 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1061030005/308
第三話 http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1060040312/911

「あらすじ」
妻の夏恵を捨てて、勇次郎を選んだ愚地独歩。ハネムーンへと旅立つ機影を
見送る夏恵だが、年老いた独歩への愛情などとうの昔に消え去った。
火照る体を押さえきれず、男漁りに街へ繰り出す。誰か、私にピッタリの男を
紹介して!そんな時にはお電話下さい。神心会探偵事務所。押忍。

927 :ドッポリア繁盛記(4):03/08/23 04:14 ID:???
愚地克己は何でも知っている。独歩がガラパゴス諸島に向かったのも
Mr.FULLSWINGの原作が梶原一騎なのも知っている。門下生100万の情報網を
自在に操る克己探偵局長に、分からぬことなど何もない。夏恵の来訪も
事前に情報をキャッチしていた。
なのに、夏恵と対面した克己は体の震えが止まらない。脳裏に蘇る
人体実験の日々。夏恵につけられた星形のアザが背中でうずく。
たまらず所長室に逃げ込んで、趣味の自虐プレイに没頭する。
夏恵の対応は、南海権左に一任した。

吉良高校史上最悪の不良と恐れられた権左も、今や立派な私立探偵である。
夏恵の依頼は、独歩の捜索および捕獲。潜伏場所は分かっている。
なんだ楽勝じゃん!さっそく夏恵を連れ立って外に出た。捜査開始である。
無論、ガラパゴス諸島に行くつもりなど毛頭ない。はす向かいの居酒屋に飛び込み
真っ昼間から冷や酒を注文して、夏恵と世間話に花を咲かせた。
これが彼のスタイルである。権左本人が動かずとも、なぜか問題が解決してしまう。
某国要人の暗殺というステキな依頼を受けた際にも、権左はコンビニ前で
ウンコ座りを決め込むのみであった。1週間後、ルーベンスの絵の前で
大きな犬と寄り添うように死んでいる要人が発見された。
明訓高校との一戦以降、彼の無手勝流はますます凄みを増していた。
その権左の目の色が変わった。向かいのテーブルの客を睨み付ける。
殺気の風を受けた相手が、こちらに近づいてくる。矢沢栄作である。
一帯の不良の頂点に立ち、暴力団すら三舎を避ける矢沢だが、その正体は
はったりとラッキーだけの粗大ゴミであることを、職業柄権左は知っている。
知っているからこそ恐ろしい。俺の無手勝流と矢沢の強運、どちらが上か?
そろそろ雌雄を決さねばなるまい。矢沢を促し、夏恵と共に表に出る権左。矢沢も続く。
直後、店が大爆発!間一髪で難を逃れた二人が抱き合って無事を喜び合う。
事故現場に到着した警官隊に、犯人とおぼしき人物が連行されていく。独歩であった。

依頼を片づけ、意気揚々と事務所に帰還した権左。所長室のドアを開けると
全身ロウまみれの克己が、少年のような目でマンガを読みふけっている。
「キン肉マン」
探偵事務所の看板は外された。SWE(神心会 Wrestling Entertainment)の旗揚げである。

928 :マロン名無しさん:03/08/23 04:18 ID:???
流石に独歩リアをここでやるのは勘弁してほしかった

929 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/23 05:45 ID:???
もつおスレにもきやがったぞ。糞や朗が。バキスレにでもいけ

930 :マロン名無しさん:03/08/23 05:56 ID:cgnNRJaO
ドモ初めて読ませていただきました。
メチャオモシローイですね
個人的に極沢と矢沢のやりとりが
笑えました。
この調子で最後まで頑張って下さい
・・・・途中でいろいろカスみたいな荒らし行為が
ありますが気にせずいきましょう。

931 :マロン名無しさん:03/08/23 06:23 ID:tfN3+Gzy
http://esenden.com/rank/network/ranklink.cgi?id=mercury

932 :マロン名無しさん:03/08/23 10:00 ID:???
>>930
>>途中でいろいろカスみたいな荒らし行為

目が曇ってるんだろうな。
正直、バキ本スレのヤクバレ以外の作品はそんなにおもしろいもんじゃない。

933 :マロン名無しさん:03/08/23 10:16 ID:???
>>932
1985に言ったんだろ。もちつけ。
確かにVSはあんまおもろくないが・・・

934 :マロン名無しさん:03/08/23 14:44 ID:???
VSさんのSS好きだし このSSは色んなスレの橋渡し的な意味があるんだろうけど
ここは個人スレなんだからここではやらないでほしかった 紛らわしい

>>930はVSさん?

935 :マロン名無しさん:03/08/23 15:18 ID:???
>>934
違う香具師だろ?

936 :マロン名無しさん:03/08/23 16:12 ID:???
ここ、個人スレだったんですね。うっかりしてました。申し訳ない。

本スレのウソバレ以外のネタをつまんないという方々。
読んで下さっている方がいる上に、アップしている分際につき
込み入ったコメントは控えますが、

面白いかどうかの判断は自分ではできないが
確かに書いてて違和感があるんですよ。文字数制限
いっぱいいっぱいに詰め込んだネタに関しては。

あれが詰まらん、ここが下らん、いや全部ダメじゃん、等の
ご意見ございましたら、どうぞお寄せ下さい。
重ね重ね、個人スレでの狼藉失礼いたしました。では。

937 :マロン名無しさん:03/08/23 16:18 ID:???
>>936
でさ、>>930はVSさんなの?

938 :マロン名無しさん:03/08/23 16:27 ID:???
>>937
私は、荒らしの方々をカスだと思ったことは
一度もありませんよ。
えいり庵には、もっとひどい輩が死ぬほどいたし。

では、戻ります。

939 :マロン名無しさん:03/08/24 13:11 ID:???
えいり庵?
ttp://130.teacup.com/garakuta/bbs

940 :マロン名無しさん:03/08/26 13:17 ID:???


941 :マロン名無しさん:03/08/26 19:38 ID:???
保守

942 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/26 23:03 ID:???
おまえつまんないから帰ってこなくていいよ このまま終われ

943 :マロン名無しさん:03/08/26 23:04 ID:???
だな。お前のオリ話はつまらん。技術も伴ってないから痛いだけ

944 :マロン名無しさん:03/08/26 23:05 ID:???
という、訳で、終了。でいいですね?>ALL

945 :マロン名無しさん:03/08/26 23:14 ID:???
パオや外伝におだてられて調子にのってんだろうが、お前のSSを楽しみにしているやつなど
一人か二人。いらねえんだよ。暇つぶしに読んでいたけど半分でギブ。
読むのが苦痛なSSはこれが初めて。生きる価値無しこのまま失せろ

946 :マロン名無しさん:03/08/26 23:19 ID:QQnrj2N3
荒らしは明らかに独り。気にせず1985にはつづけてほしい。
俺は楽しみにしている。早く帰ってきてほしい。
嵐の言ってる事はめちゃくちゃ。見ている人間はたくさんいる

947 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/26 23:25 ID:???
このスレもう終わるだろ?
どうせならバキスレでやらない?
パオとか、有能な人たちが帰ってくるまででいいから。
お願いします。

948 :マロン名無しさん:03/08/26 23:26 ID:???
>>946
こういう痛いのが1985信者の特徴。
見てんのはお前一人だけだっつううの。
あっ!もしかして>>946=1985?いや凄いね。自作自演乙。

949 :マロン名無しさん:03/08/26 23:27 ID:???
>>946
おっつー!!

950 :マロン名無しさん:03/08/26 23:28 ID:???
>>947
こんなレベルが低いのに来られたら本気でバキスレも終わり。
空気読めよw よっ糞職人。

951 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/26 23:30 ID:???
>>950
違う違う。繋ぎのつもりだったんだけど。
いいじゃん。まったくの過疎化よりはマシ。
どんなに臭くても終わるよりはマシだろ?

952 :マロン名無しさん:03/08/26 23:31 ID:???
>>950
はげどー。こんなのが来たらヤムスレと同等。
このスレでオナニーは終わりにし解けよ。厨房。

953 :マロン名無しさん:03/08/26 23:37 ID:???
>>952
1985は社会人ですが、何か?

954 :マロン名無しさん:03/08/26 23:38 ID:Uzs8ccHb
>>951
お前みたいのがいるからバキスレが荒れるんだろうが。
シネよ 生ゴミ  
こいつらはスルーして良いからな 1985

955 :マロン名無しさん:03/08/26 23:39 ID:???
>>954
自演までして必死だな<1985

956 :マロン名無しさん:03/08/26 23:41 ID:???
>>955
お前のようなのがいるから職人さんの名誉を守るためにIDさらしてんだろうが。
そんなこともわからない厨房なのか?お前は?宿題やって早く寝ろよ

957 :マロン名無しさん:03/08/26 23:43 ID:???
>>956
気にいらない相手がいたらすぐに厨房呼ばわり。
このパターンは変わりませんな。
職人に対しては敬意を払って然るべきだが、こんなクソスレの孤独なSS書きなんて職人ですらねーよボケ。
お前もいい大人なんだからムキになんなよクズ。

958 :マロン名無しさん:03/08/26 23:46 ID:???
>>957=コピー達にすらボイコットされたお荷物

959 :マロン名無しさん:03/08/26 23:47 ID:???
>>958
言ってる意味がよく分からないから、クソして寝なさい。
お前自体がクソだけど。

960 :マロン名無しさん:03/08/26 23:50 ID:???
>>959
はげどーーーーーーー。
糞スレに糞住人。まったくもってお似合いの肥溜めスレ。このばをもって終了ーーーーーーー

961 :マロン名無しさん:03/08/26 23:54 ID:???
つうかこのS何が面白いんだか意味不明。
マンセーしてる香具師らもどうせパオが褒めたとか外伝がレスしたとかその程度の事だろう?

962 :マロン名無しさん:03/08/26 23:55 ID:???
「誰かが大声で『これは芸術だ』って言えばそれは芸術になってしまうんじゃないかな」

―――イエスタデイを歌ってより

963 :マロン名無しさん:03/08/26 23:59 ID:???
ふらーりさんがレスしてない職人は職人と認めません。
よって1985は職人ではありません。クズです。生ゴミです。
よくこんなものを恥ずかし気もなく2ちゃんに投稿できるよね?ひょっとしてMなのかな?

964 :マロン名無しさん:03/08/27 00:08 ID:???
>>963
バキスレはバキスレ。番外スレは番外スレだろうが。
ふらーりもここを知らないかも知れない。

965 :マロン名無しさん:03/08/27 00:11 ID:???
>>964
また痛いカキコキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
ふらーりさんも知ってるに決まってんだろうが。この馬鹿ちんがっ!!!!!!
無私ですよ無視。スルーーーーー。超スルーーーー。



966 :マロン名無しさん:03/08/27 00:11 ID:???
>>964
なんでこのスレ作者と煽りしかいないの?

967 :マロン名無しさん:03/08/27 00:13 ID:???
>>964
ヤムスレですら、「最強への道」と「ドラえもん」が褒められてたぞ。

968 :マロン名無しさん:03/08/27 00:14 ID:???
>>966
全く読んでいる人間がいないからなのです。
このスレは1985自作自演と煽りとの闘いの歴史。
しかし、その歴史ももう終わる。おやすみ、1985

969 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/27 00:15 ID:???
ふら〜りはいい人だよ。
SSスレには必ず駆けつけ、感想を言っていく。
これがどういうう事だか分かるか?
このスレがSSスレとして認められてないってことだよ。

970 :ふらーり:03/08/27 00:19 ID:???
ふらーり、ゴミスレ確認!!!!!!

971 :マロン名無しさん:03/08/27 00:20 ID:???
>>970
おいおい、失礼だぞ。ふらーりさんに。

972 :偽ふらーり:03/08/27 00:21 ID:???
>>971
そうだったな すまんすまん

973 :マロン名無しさん:03/08/27 00:25 ID:???
こんなスレはSS界の恥さらし。さっさとdat落ちさせてしまおう。
そういやバキスレにも痛い1985信者が一匹、生えていたな。
この無意味な文章の羅列を崇高なるバキスレの保管庫にいれろ、などと。
一応。いっとくぞ。このスレはバキスレと何の関係もありません。
二度と調子に乗らずこのままdat落ちして消えて下さい

974 :もつお ◆KOjwvN52Y2 :03/08/27 00:28 ID:???
つーかこのまま埋めちまえばいいんじゃない?
そこまでやれば次スレは立つまい。
恐らく1985はファンになりすましてSS語りスレに来ると思うから、そこを叩こう。

んじゃ、とりあえずクソスレ埋め!!

975 :マロン名無しさん:03/08/27 00:31 ID:???
>>974
賛成!
埋め!!

976 :マロン名無しさん:03/08/27 00:37 ID:???
こいつらアンチの自作自演と疑ってはダメでしょうか?
試しにIDさらしてみ?

977 :マロン名無しさん:03/08/27 00:39 ID:???
埋め!

978 :マロン名無しさん:03/08/27 00:40 ID:???
生め! 

979 :マロン名無しさん:03/08/27 00:40 ID:???
生め!


980 :マロン名無しさん:03/08/27 00:41 ID:???
埋め!  

981 :マロン名無しさん:03/08/27 00:41 ID:???
埋め!!



982 :マロン名無しさん:03/08/27 00:41 ID:???
埋め!!! 




983 :マロン名無しさん:03/08/27 00:42 ID:???
という訳で1985氏。痛いのが一匹混じって自作自演していただけのようなので
気にせず続けて下さい。楽しみにしとりますんで。

984 :マロン名無しさん:03/08/27 00:42 ID:???
埋め!

985 :マロン名無しさん:03/08/27 00:43 ID:???
生め! 

986 :マロン名無しさん:03/08/27 00:43 ID:???
うm



987 :マロン名無しさん:03/08/27 00:56 ID:46/EyXCu
age

988 :マロン名無しさん:03/08/27 00:56 ID:???
ひどい流れだな・・・
頑張れと言ってもこんなん見たら普通萎えるな。

989 :マロン名無しさん:03/08/27 00:59 ID:???
バレさんがとろとろやってるからさぁ〜
ここが残り少ないの分かってたはずなのに・・・

990 :マロン名無しさん:03/08/27 01:03 ID:???
>>989
バレさんの負担を増やしたくはないがこのまま終わってしまったら
1985が余りに可哀想だ。努力していただけに余計に。

991 :マロン名無しさん:03/08/27 01:06 ID:???
>>988->>990
自演必死だな。

992 :マロン名無しさん:03/08/27 01:06 ID:???
kdofkdfksdiof

993 :マロン名無しさん:03/08/27 01:06 ID:???
fdiofjsdojfosdifjsd

994 :マロン名無しさん:03/08/27 01:07 ID:???
sdjisifoefwefj

995 :バレ:03/08/27 01:08 ID:46/EyXCu
作業が遅くて申し訳ありません。
一応、ログは989まで保存しています。

996 :マロン名無しさん:03/08/27 01:10 ID:???
qwpodfjkeiopfkweio

997 :マロン名無しさん:03/08/27 01:11 ID:???
gtffwefwewef

998 :これです:03/08/27 01:11 ID:46/EyXCu
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~hinomoto/baki/kakorogu/1985.htm

999 :マロン名無しさん:03/08/27 01:11 ID:???
efefffefewfefwefew


1000 :マロン名無しさん:03/08/27 01:11 ID:???
せめて1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

400 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★