5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ぶりぶり】祝!子連れ狼再開【ぶりぶり】

1 :xxx:03/11/04 15:16 ID:gsKxv5YM
まさか続きが読めるとは・・いよいよ大五朗のその後が!

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 01:48 ID:eJniR/Lh
前作の主人公が水鴎流なンで、浪人者もマイナーな流派であってほしいな。

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 12:45 ID:iqQaCEhX
もうちょっと絵がなんとかならないかなあ。
全体的にコマと人物がでかすぎ。
線も厚ぼったいし。
小島先生のように、糸のような細い線が使えないのかなあ?
器用さが感じられない絵なんだよな。
まあ小島先生と比べるのが酷なのかもしれないが・・・。
画力の無い池上遼一が小島剛夕の真似をしてるって感じだな。

まあどうしても我慢できない・・・というほどではないから・・・今後に期待。

20 :柳生劣情:03/11/13 20:13 ID:ABf51L3T
俺は小島センセの画風を基調にしていると思えて、嫌な感じはしないけど。
ルパンの声を継いだ栗貫みたいじゃん!確かに公方の絵は変だけどさ〜。

 

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 23:54 ID:A2gtj94M
怪異みたいに無駄に濃いキャラが欲しいよなあ。

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 07:31 ID:/ck4g8lh
>>19
線も厚ぼったいって…
おれは主線は見事に当時の小島剛夕タッチを再現してると思うけどなあ
少なめに墨を付けた幅広の筆でつける独特の剛夕斜線はもう少しだと思うけど

それよりも、俺はてっきりリメイクするんだと思ってた前作を。
あのきれいに終わった話の続きを描くというのはどうなんかなあ

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 12:48 ID:dzh7ZzyL
俺は読み切りで刺客の短編が、掲載されるのかと思った・・・・。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 13:06 ID:JZBELBdO
傑作、良作、駄作どれになるかとりあえず静観しよう

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 14:10 ID:XWbhwKMY
俺、実写でぶりぶりシーンを見たことあるよ。
大真面目に「ぶ〜りぶり!ぶ〜りぶり!」
とか言っててかなりワラタ

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 15:38 ID:JZBELBdO
>>25
もちろん萬屋の一刀だよな

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 17:12 ID:5QXl0z+R
>>24
凡作に

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 02:42 ID:+00U72wp
森秀樹は、小島剛夕にインスパイアされたかもしれないけど、タッチを真似て描いているわけではない。
真似ているように見えるとしたら、物語の展開上、大五郎、一刀、烈堂のキャラクター・ディテールは再現しなければならなかったからだろう。

森秀樹については、当初は安達充的なライトタッチの絵を描いていたが、ムカデ戦記や墨攻なので時代劇モノを経過するうちに現在の重厚なタッチに辿り着き、小池一夫に気に入られたということもあり、コンビを組むに至った。

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 11:04 ID:oHO7tGwA
「青空しょって」の後半から重厚なタッチを描くようになってたね。
当時のサンデーの中では浮いていたように見えた。

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 12:52 ID:RIQE6oIk
青空しょってほど、連載開始と連載終了時のギャップの大きい漫画はなかったな。
特に父親のキャラの豹変ぶりが、凄まじかった。

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 13:55 ID:F5rqwSKX
>>30
青空しょっては最初の方はあんまり面白くなかったけどマッチプレイの辺りから
グングン面白くなっていったの覚えてる。
その後墨攻で歴史モノの書き手になったのよね。

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 19:40 ID:lCEYqmsR
森は、2chでは不人気な漫画家だね。

http://salad.2ch.net/comic/kako/991/991985842.html
http://comic.2ch.net/comic/kako/1008/10086/1008615194.html

33 :小山田主馬:03/11/15 21:23 ID:pvjgRXZc
>>9
亀レスですまんが、おまいのような香具師のために、連載開始の前の号
(要するに弐十手物語の最終回が載った号)で小池御大のインタビューが
載っておって、小島先生が亡くなったことや前作の結末の説明、新作が
どんな場面から始まるかなど、おまいの言うような疑問にすべて答えるくれて
おるぞよ。読んでないなら、どっかの喫茶店かマン喫で探すがよろし。

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 03:21 ID:2Hp7emix
>>33
横レス、おれその記事を読んでないんだが、ラストの列堂の台詞「吾が孫よ」の説明はありましたか?

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 06:06 ID:UsN6QoUq
>>34
あったよ。

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 18:53 ID:2Hp7emix
>>35
詳細をキボン

37 :小山田主馬:03/11/16 21:57 ID:Z27qeo//
「『孫よ』は、恩讐を超えた言葉です。激しく憎みあっている一刀と列堂ですが、
刃を交わすうち、憎悪を超えて分かり合えるようになった。父の仇敵とともに
洞窟をくり抜く青年を描いた菊池寛氏の『恩讐のかなたに』と同じですね。
列堂は自分の息子や娘、一族郎党すべてを拝一刀に斬られた。彼にとって、
残った関係者は大五郎だけです。だから自然と『孫よ』という言葉が口をついて
出た。この台詞を考え出すのに、一週間は悩みましたね(笑い)」

これがポストに載った『孫よ』に関する部分の小池御大のお答え。
ちなみに御大による同様のコメントは、去年だか一昨年の週刊大衆にも
掲載されてた。

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 22:48 ID:A/Ijeocx
版によっては最終巻に小池御大と小島画伯のコメントが載ってたね。

たしか「これから大五郎と烈堂の新たな生がはじまるのだ」なんて書いてあったと
記憶してるけど、いきなし烈堂死んじゃってて ( ´・ω・`) ショボーン
2人の交感シーンとか好きだったんだけどな。

ブレイダーも終わっちゃうんで( ´・ω・`) ショボーン

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 02:02 ID:7h8gO55h
ブレイダーは、時代劇ならでは!の面白さがありませんでしたね。

時代劇が描けなくなった、叶精作
時代劇しか描けなくなった、神江里見

40 :36:03/11/17 07:54 ID:YGnqgT2a
>>37
レスどうもです

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 08:13 ID:aZBDmfG3
森秀樹じゃなくて弟子の山口貴由に描かせてほしかった。
シグルイが終わった後ならその目も会ったのに。

42 :小山田主馬:03/11/17 20:42 ID:UNHVNiIR
第2回を今さっき読んだけど、>>17さんも書いてるように、この浪人
の喋り方からして薩摩出身の示現流の達人なのかもしれんね。
サブタイが「示現の鞘」となってる時点で気づけばよかったけど、
今回の台詞廻しでなんとなくわかったような…

それにしても一刀の鞘にこの浪人の胴太貫がスッポリ収まった途端、
父のようになつく大五郎って… 強引な気もするけど、まあ人の子に非ず、
狼の子なればこそ、ってとこか。

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 21:16 ID:oqeRjoPW
まだなついてないと思うけどな。
取り合えず納得しただけで。

父の遺品は刀の鞘か・・・。

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 22:51 ID:YGnqgT2a
今週のなかなかいいんじゃないか?何だか期待が持てそう。

45 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 22:52 ID:YGnqgT2a
いくら同じ人が打った刀でも同じ鞘には入らないだろ。

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:28 ID:6n1mBzYZ
昨年、はじめてマンガ喫茶で全巻読んだ。
いまどきのマンガにはないすばらしいドラマに圧倒され、感動の余韻をいまだ引きずっていたので、ポストで予告みたときは死ぬほどうれしかった。
「にじってものがたり」とかエロだし絵がどうにも性に合わなくてきらいだったが、小島氏のあとを引き継いだ作家さんの絵にも違和感ないし、期待大。
欲をいえばポスト・現代は嫌いなので「文春」とかで連載してほしかった。
ポストは買う気にならないから立ち読みで行く。あんなエロ雑誌もって電車に乗れないよ。
ああ、でも「にじって」みたいに20年もだらだら続くような劇画にだけはならないように気をつけてほしいな

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:33 ID:6n1mBzYZ
ところで「ぶりぶり」ってなんですか?

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:35 ID:oqeRjoPW
>>47
このスレを見て想像して欲しい。

「ぶーりぶり!」だけで1000を目指すスレッド
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1035945370/

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 00:02 ID:3Wo+J9Mu
>>48
ハゲワラ

>>47
子連れ狼 其之十八あんにゃとあねま より抜粋

ぶりぶりとは
女郎仕置きの中でもっとも残酷なものであり
忘八どもが口々にぶりぶりと唱和しながら
竹でもって気絶するまで女郎を叩くのである

廓に売られそうになって女衒から逃げ出した娘の変わりに一刀が仕置きを受けることになる。
逆さ吊りにされてグルグル廻されながら竹の棒で叩きまくられます。
そのときの掛け声が「ぶーりぶり、ぶーりぶり」

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 01:11 ID:SE+cwB0O
>>46
16頁ペースの連載だから、気がついたら10年間続いてたなンてことになってるかもしれない。
主人公が4歳だから、まだまだ先は長いし。

弐拾手物語が27年間で全105巻
新・子連れ狼が10年続いたとしても、単純計算で35巻

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 14:52 ID:nmAs5vHG
何年続こうが良いが、「完結」させてね。
小池先生も年だし。

俺は、子連れ狼はもう「完結」した物と思って、「余興」として楽しむつもりだ>新作。

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 22:27 ID:JxQsZ65Z
>>51
漏れもそのつもりだったが、
鞘とか魂とか大五郎とか
連載再開前のテイストが激しくそのままで
も〜メロメロ

自分が示現流フェチなので嬉しさ倍増、
トラクター終わって手にとってなかったポストだが
ついていくぜぇ〜

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 02:43 ID:IZKFNRH/
シオガカレめが――ッ

よっくうけたまわれ――ッ

刀ば武士の魂ぞ 命ぞッ

・・
そいをおさめる鞘もまた

武士の魂にして生命ならンかッ

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 10:35 ID:HksDIrA+
こんな初っ端から「小池が通れば道理が引っ込む」なとばし方で大丈夫なのかよ


55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 12:52 ID:ANWwYIXx
大丈夫。

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 16:47 ID:LOY8vV9T
>>54
無理に引き延ばしとかやらずに終わるべき時にスパッと終われば大丈夫。

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 21:04 ID:W+2Djjzn
>>45
それが縁(えにし)というもの。

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 23:59 ID:R2WsnRo4
恵比寿の縁に逝ってきたよ。

えっ、スレ違い!?

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 02:14 ID:Nrd1zNnh
新・子連れ狼
御大も気合の入り方が違うようなので、本当に期待してます。

>56
一段楽してから長いのが、小池作品の特徴。
ようは、目的を達した主人公の、その後の生き様を描きたいのだそうだ。
オークションハウスや長男の時代が、まさにそのパターン。

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 02:50 ID:r8edfgI1
子連れ狼の続編、今日知った。まじビビったよ。
数十年思い描いていたんだよなあ、大五郎のその後・・・
もしかして大五郎は幕府の要人になったりしてな。

61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 14:14 ID:4IX2XA/E
>>59
>目的を達した主人公の、その後の生き様を描きたいのだそうだ。

オークションハウスみたいな復讐モノって目的を達成したら主人公の生きがいがなくなるからそこから
話続けるのって無理があると思う。このジャンルの名作である「モンテ・クリスト伯」も
主人公は復讐を遂げたら去っていってしまったし…

62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 14:59 ID:jISe82f1

『柳生封廻状』みたいな謎解きのファクターも欲しいところ。


63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 23:51 ID:+qAekxYs
メインは成長してからのダイゴロウの話になるのかな。
知らんまに九州なまりが移ってたりして。

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/21 04:25 ID:1AYwNWzk
大五郎の鹿児島弁、ちぇいすと〜ッ
は、ご勘弁だな。


それはそうと、チンケボンって、フランス語みたいだな

65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/21 08:56 ID:cOMfREp8
まあ間違いなく八代将軍吉宗もからんでくんな。w

66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/21 23:04 ID:oDh4/wgI
>>64
「ちぇすとー!」は萎える、確かに。

やはり大五朗なら


「ちゃーん!」 

で、あるべき。間違いない。

67 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 08:00 ID:PXcqg0os

dat落ちも近いな、このスレw

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 15:03 ID:bP5kbCTa
というわけで、東郷重隆その人であったわけだが。




砂浜?
八丁河岸では?
柳生一門がすぐ傍に埋葬されているはずでは?

69 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 15:25 ID:gDl1xYht
さっきポスト立ち読みして来た。
烈堂と一刀が並んで焼かれてる。今後の展開楽しみだ。



70 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 15:27 ID:K3gnrOx5
週刊だから大丈夫だろう。

にしても、本物の東郷とは。

71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 16:53 ID:By8iUz4o
やっぱりタイトルが「子連れ狼」なんだから
東郷重隆が大五朗を連れ回す展開なのか?

72 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 18:42 ID:9QPVe8Wg
76ページの烈堂、カコ(・∀・)イイ!

73 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 19:15 ID:BazpnjRe
あ、月曜休みだから今日発売なのか。あとでコンビニいって読んでこよう。

ところで、胴太貫(子連れのオリジナル表記)→同田貫(実在の戦場刀)になってましたね。
元祖「子連れ狼」では、「列堂」(実在の柳生義仙の号はこちらが正解)が「烈堂」だったり、
「公方」の名前が最後まで出なかったりと、史実とは関係ない仮想歴史の話と解釈していたけど、
東郷重隆の登場といい、続編は史実よりの話になるのかな?

74 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 21:31 ID:o3Tmgap7
東郷重隆って、検索しても1件しか出てこないけど有名な人?

75 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/22 21:56 ID:4fI0C0Z0
>>74
重隆は実在しないようだけど東郷は示現流の宗家だよ
http://www.jigen-ryu.com/hyouhou/his_in.html

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 02:00 ID:Qn/wHDqj
ポスト読んだが、「重隆」でなく「重位」だったと思うよ。
ということは75さんのいうように実在の人物(1561〜1643)と同姓同名になる。
でも実在した人物と活躍した年代がかなりズレてるような気がする。
(烈堂vs一刀の闘いは1700年前後のことなのでは・・・)

まあ史実に忠実だろうが、忠実でなかろうが、続編が読める幸せ
に代わりは無いけどね。生きてて良かったって感じ。

ところで大五郎が示現流の手練になるのなら、水鴎流は一刀で
断絶ということか?


77 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 04:27 ID:ROy96dJr
>>76
水鴎流宗家は別に居るので大丈夫です。
ttp://homepage1.nifty.com/suioryusimada/

一刀と烈堂を火葬した場所は海辺っぽいですが、八丁河岸って海寄りなんですかね?
そういえば、劇場版子連れ狼(マサカズ一刀と、ナカダイ烈堂のやつ)では、最後の決闘は海岸だった。

78 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 04:41 ID:Xa0F4VU2
示現流すか...
大五郎も元服する頃には、ムラマサのように諸国巡ってやりまくりの日々を送るのだろうか?

79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 15:16 ID:FLFa+A4p
東郷重位って、宮本武蔵や柳生但馬守とかと同年代じゃなかったっけ?
少なくとも、烈堂より若いということは、ありえますまい。

同姓同名の別人(?代目・東郷重位とか?)かッ!?

80 :76:03/11/23 18:56 ID:iTsp4Cfx
>>77

水鴎流が実在していたとは知りませんでした。
ありがとう。

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 19:20 ID:8A6YHggf
連載1回目は買うとしても、2回目を立ち読みで済まそうと思ったが、扉が
カラーだったので買ってしまった。しっかしポストは他に読むとこなしの
330円。駅前の戸板屋で100円で買うしかないか・・・

82 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/23 22:32 ID:gvqTDNxp
さっきポスト立ち読みしてきたー。まだプロローグもいいとこだけど悪くないね。
絵もそんなに違和感ない(一刀は死んでるし)。

でも、あの東郷なんとかが二代目狼だと思うと萎えるから、
単に大五郎を世話するオッサンだと思うようにするw。

83 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/24 00:00 ID:TfUf+xM+
どっかのHPで水鴎流の宗家(ダッタカナ?)が、
連載当時は、水の中で強いというふうに勘違された、みたいなコメントしてたように憶えてます。
URLは失念してしまいましたが...


む! 水に入っては水鴎流の長所が発揮される!  by.烈堂

84 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/24 13:43 ID:zXgvNeaO
なんでも小池氏は架空の流儀のつもりで「水鴎流」と名づけたけど、
あとで同名の流儀があると知って驚いた、という話を聞いたことがある。
本当かどうか知らないけど。


85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/24 22:52 ID:hVe1jFL4
つか、小池先生は題字だけじゃないの?
だって、新しい人は「作画」ってなってるよ。「作」も付いてるよ。
ま、どうでもいいけどさ。

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/24 23:09 ID:F7EGaqOm
「装填:小池一雄 発射:池上遼一」

このセンスを持つ小池御大なンだぜッ!
細かい事ァ気にすンなッ!

87 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/25 01:25 ID:xCcRovHW
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1035828960/591

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/25 14:42 ID:L7J+2PT/
>>85
どう考えても「作画」だったら画だけだ

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/29 12:04 ID:8zsi8tu3
水鴎流は元は居合を主とする流派だったんだけど
あとから、手裏剣術、槍術などが付け加えられて水鴎流武術という名前になってる
一刀は槍も使うし物も投げる。小池さんよくわかってるじゃないかな?

>>84
ウソか本当か分からないけど
夢がありますな

90 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/29 12:27 ID:N9NDpDam
>>84
それを言い出したら、柳生烈堂も実際の人物で
日本の仏教史にその名を残す名僧だったらしいね。

91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/29 17:39 ID:jAfJNxdv
レッツドー三匹

92 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/29 19:45 ID:HIdX27hp
むー

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/29 23:21 ID:PlljWmFX
柳生家取り潰しも史実としてあったことなの?

94 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/30 02:00 ID:OvooKNYH
江戸柳生家は初代宗矩の死後、一時大名じゃなくなるが、
息子宗冬(烈堂の兄、十兵衛の弟)の時代に1万石の大名に復帰している。
以後は明治維新まで柳生藩として存続しているよ。
でも、宗矩の血筋は途中で絶えて何度か養子を向かえている。

95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/30 17:01 ID:ldn7dwgH
百八竜みたいなもん??

96 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/01 16:09 ID:LSbbZmfI
今週のは薩摩飛脚の話は有名だよね。

あれっ?探索人ってまだいたんだっけ?

97 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/01 18:17 ID:ZrYcxx2m
探索人だった黒桑一族は全滅している。
どうやら新シリーズ用に新たな探索人の一族を設定した模様。

そっちはまだ許せるんだけど、むしろあの老中の方が気になる。
幕閣の最重要職なのに子連れ狼の終盤に登場していないのは明らかに変。

まあそのうち影の老中とかになるのかも知れないが。

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 00:23 ID:RCjUD6dz
探索人は服部家(伊賀者?)みたいですね。
そういえば、前作読ンでて、服部家はどこにいったの!?
と思ったことがあったよ。
徳川を語る上で欠かすことの無い一族な筈なのに。

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 01:11 ID:8Y/airGn
>>97
2chでこうゆうツッコミはヤボだが、確か「黒鍬」だよな?

100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 02:14 ID:pQyDuXQd
       彡川三三三ミ プーン   アギギギギギィィ〜ッ
      川 ∪ \,) ,,/|〜   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ‖川‖ ◎---◎ |〜 ∠ に、2chでこうゆうツッコミはヤボだが、確か「黒鍬」だよな?
     川出‖ /// 3///ヽ〜 | (お、俺は知ってんだあっ!黒鍬なんだぞっ!!)
     出川 ∪  ∴)д(∴)〜 \___________
     川出  ∪    U /〜           ___
    川出川‖    U  /川〜 ピュッピュッ    |  |   |\_
    / 川川    _/ ;|\〜 ρ       |  |   | |  |\ 
   (    (;;  ・     ・;) ρ         |  |   | |  |::::|
    \   \    亠 ρ);;   ̄ ̄\    |  |   | |  |::::|
   /:  \   \   C)) ;) ̄ ̄\っ))))〜〜|  |   | |  |::::|
  /:::   \   ̄つ/ / ;)  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 /:::      \  (__/  _;)   ̄ ̄ ̄.| _________. |
 (::::       ;;\__/  ;)  シコシコ  | | カタカタ

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 03:10 ID:4mdlJma4
黒鍬組って、実はドカタ集団っていう情報、聞いた事があるンですが...

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 15:29 ID:8L09ez2b
老中が松平伊豆守ということは家光か家綱時代に確定ですか
烈堂があの年だと家綱時代かなぁ

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/02 15:35 ID:CPZwTUHt
ここなかなか分かりやすかった・
ttp://members.at.infoseek.co.jp/red55555/index.html

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/03 00:41 ID:BYQKseae
無粋かもしれませんが・・・
柳生義仙(烈堂)・・・1636〜1702
東郷重位    ・・・1561〜1643
松平伊豆守   ・・・1596〜1662
因みに赤穂浪士討ち入りは1702年。
間違えてたらだれか訂正してね。

あと、どうでもいいことだが、冒頭の伊豆守の顔
思わず拝家使用人の竹阿弥に見えてしまったのは
俺だけかな。



105 :104:03/12/03 00:45 ID:BYQKseae
裏柳生は当然だが、表柳生も断絶した設定に
なってるのにちょっと驚いた。

ともあれ、いよいよ面白くなってきたな。

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/03 00:56 ID:0lfpjtsj
>>104
>竹阿弥に見えてしまったのは
>俺だけかな。
俺も(笑 でもたしか竹阿弥って隻眼だよね

ところで八丁河岸ってどのあたりのことなんですかね?
埼玉県上里町のではないよね、まさか

107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/03 02:38 ID:KuBt52UI
昔読んだ小説の聞きかじりな知識だけど、いわゆる服部家の服部半蔵は、
戦国期、徳川家康に仕えた伊賀出身の服部半蔵正成。
その名跡を兄の半蔵正就、弟の半蔵正重が分与して継いだが、
兄の正就はバカ殿タイプで、部下の伊賀同心(いわゆる忍者集団)と
いさかいを起こして御家取り潰しの後、大阪夏の陣で戦死。
その後、弟の半蔵正重と正就の息子、正辰は松平定綱に仕えたらしい。
……おお、筋が通る!

あと史実での黒鍬衆は、戦国期の金山人夫が発祥で、その土木技術から、
戦の後の荒れた土地を片付ける役割だったのが、徳川の世になり、
幕府の土木工事を行う最下級の侍として取り立てられたんだったと思う。

子連れ狼のストーリー的には、黒鍬衆が一刀に滅ぼされたため、
急遽、新たな探索人集団を見つける必要に駆られ、当時、不遇だった
服部一族に白羽の矢が立てられた、と考えれば筋が通るかな。


108 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/03 15:01 ID:wNOXKTRH
>>104
烈堂は1702年まで生きたのか…
まったく関係ないが水戸黄門が死んだのは1701年

黄門と吉良上野介と柳生烈堂はほぼ同世代なのかな

109 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/03 18:30 ID:fTdQ367e
確かほんとうに烈堂が死んだあたりで、江戸柳生は養子迎えてるんじゃなかったっけ。

110 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/04 17:44 ID:b7K9HBMi
大五郎が習う流派は示現硫か・・・
マイナーなのにしてよ小池さん

111 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/04 19:17 ID:FDdV5kBx
>>110
水鴎流と合体するのでは?

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 00:44 ID:BR8tUxFz
素朴な疑問

一刀と東郷はどっちが強いのか?
一刀は木刀で岩割れるのか?

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 00:50 ID:l/dqSS4s
>>112
TVドラマでしか見みたことないけど、山田浅右衛門と拝一刀が
互いに地蔵の首を落としまくる、というエピソードがあった
高校生ながら、流石冥府魔道と思ったものだ

地蔵の首が切れるなら石も切れるだろう

114 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 00:53 ID:l/dqSS4s
オマイラ
どうみても、石より木刀が先に割れるだろ

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 02:40 ID:feu8JR1Y
小池先生は、大五郎に「ちぇすと〜ッ!」って、言わせたいンだッ!

116 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 12:24 ID:l/dqSS4s
<<115
俺はそんな大五郎を認めることはできン

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/12/05 13:18 ID:x1v59vh4
つか、木刀で割ってないだろ>岩
「気」で割ったようにみえたぞ。

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★