5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ぶりぶり】祝!子連れ狼再開【ぶりぶり】

1 :xxx:03/11/04 15:16 ID:gsKxv5YM
まさか続きが読めるとは・・いよいよ大五朗のその後が!

2 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/04 15:19 ID:+MN9sHqH
⊂(゚ー゚*⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

3 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/04 15:31 ID:fN4M+ks+
なんで間違うかな。

4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/07 21:03 ID:qP+MEvlK
週間ポストの売り上げがUPしそうだね

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/10 08:09 ID:aMuNQXLp
発売日あげ

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/10 11:32 ID:2boLDpV+
正直微妙…
ケン月影に描かせろよと思った(´・ω・`)

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/10 21:55 ID:s7sbNZBd
正直がっかりだッ

ぜンさくのよいンが台なしじゃないかッ

バッ!バッ!バッ!バッ!

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/10 22:47 ID:roGbswqo
俺は良いと思うけどな、特に「大五郎、川は何処に流れつくぞ」「海」って台詞、前作で泣いたんだよな。
今後に期待。

9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/11 00:12 ID:CajQ3v0q
しかし何の説明もなしに、いきなり前作のラストシーンから初めていいのか?
その前に小島氏が亡くなられていたことを、今日初めて知ったよ。
偶然だけど、コンビニに小島氏作画の「斬殺者」が並んでるね。


10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/11 01:03 ID:qp11IWu4
大五朗はそんなに違和感なかったような、
んでも、もうちっと荒れた線で書いてもらったほうがいいな。
個人的には公方に違和感感じまくってしまいますた。

11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/11 20:22 ID:c4yN2mSN
前作イメージは壊してないんじゃないかな?
この作者の天駆とかめちゃくちゃスキなんで期待してます
掲載ページ数が少ないのが気になるが・・・
正直マンガ専門誌でやってほしかったです


12 :愛蔵版名無しさん:03/11/12 20:53 ID:okJ0Hore
大五郎は柳生に引き取られるもんだと
思ってました。

またあの浪人とともに刺客街道まっしぐらってのは
救われんのう。


13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/12 22:28 ID:jG1GG71/
あの浪人誰だろう…
柳生列堂(義仙)が死んだのは1702年という説もあるが
そうなると堀部安兵衛あたりが…

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/12 22:46 ID:K91oRd2i
山田朝衛門かもしれぬー





ゴメン ウソデス・・・

15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/12 23:01 ID:Sfa3J2eK
>14
おっけーおっけー
首斬り朝も大好きさ

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 00:00 ID:z2FQrFzW
首切り朝(吉継)は一刀に斬られてるから…
正直、烈堂を殺す必要はなかったんではないかと漏れは思うんだが。

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 00:51 ID:lRMlt9kW
示現の鞘というからには、
示現流の達人なのでは!?





スンマセン、カッテナモウソウデス...

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 01:48 ID:eJniR/Lh
前作の主人公が水鴎流なンで、浪人者もマイナーな流派であってほしいな。

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 12:45 ID:iqQaCEhX
もうちょっと絵がなんとかならないかなあ。
全体的にコマと人物がでかすぎ。
線も厚ぼったいし。
小島先生のように、糸のような細い線が使えないのかなあ?
器用さが感じられない絵なんだよな。
まあ小島先生と比べるのが酷なのかもしれないが・・・。
画力の無い池上遼一が小島剛夕の真似をしてるって感じだな。

まあどうしても我慢できない・・・というほどではないから・・・今後に期待。

20 :柳生劣情:03/11/13 20:13 ID:ABf51L3T
俺は小島センセの画風を基調にしていると思えて、嫌な感じはしないけど。
ルパンの声を継いだ栗貫みたいじゃん!確かに公方の絵は変だけどさ〜。

 

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/13 23:54 ID:A2gtj94M
怪異みたいに無駄に濃いキャラが欲しいよなあ。

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 07:31 ID:/ck4g8lh
>>19
線も厚ぼったいって…
おれは主線は見事に当時の小島剛夕タッチを再現してると思うけどなあ
少なめに墨を付けた幅広の筆でつける独特の剛夕斜線はもう少しだと思うけど

それよりも、俺はてっきりリメイクするんだと思ってた前作を。
あのきれいに終わった話の続きを描くというのはどうなんかなあ

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 12:48 ID:dzh7ZzyL
俺は読み切りで刺客の短編が、掲載されるのかと思った・・・・。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 13:06 ID:JZBELBdO
傑作、良作、駄作どれになるかとりあえず静観しよう

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 14:10 ID:XWbhwKMY
俺、実写でぶりぶりシーンを見たことあるよ。
大真面目に「ぶ〜りぶり!ぶ〜りぶり!」
とか言っててかなりワラタ

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 15:38 ID:JZBELBdO
>>25
もちろん萬屋の一刀だよな

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/14 17:12 ID:5QXl0z+R
>>24
凡作に

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 02:42 ID:+00U72wp
森秀樹は、小島剛夕にインスパイアされたかもしれないけど、タッチを真似て描いているわけではない。
真似ているように見えるとしたら、物語の展開上、大五郎、一刀、烈堂のキャラクター・ディテールは再現しなければならなかったからだろう。

森秀樹については、当初は安達充的なライトタッチの絵を描いていたが、ムカデ戦記や墨攻なので時代劇モノを経過するうちに現在の重厚なタッチに辿り着き、小池一夫に気に入られたということもあり、コンビを組むに至った。

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 11:04 ID:oHO7tGwA
「青空しょって」の後半から重厚なタッチを描くようになってたね。
当時のサンデーの中では浮いていたように見えた。

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 12:52 ID:RIQE6oIk
青空しょってほど、連載開始と連載終了時のギャップの大きい漫画はなかったな。
特に父親のキャラの豹変ぶりが、凄まじかった。

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 13:55 ID:F5rqwSKX
>>30
青空しょっては最初の方はあんまり面白くなかったけどマッチプレイの辺りから
グングン面白くなっていったの覚えてる。
その後墨攻で歴史モノの書き手になったのよね。

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/15 19:40 ID:lCEYqmsR
森は、2chでは不人気な漫画家だね。

http://salad.2ch.net/comic/kako/991/991985842.html
http://comic.2ch.net/comic/kako/1008/10086/1008615194.html

33 :小山田主馬:03/11/15 21:23 ID:pvjgRXZc
>>9
亀レスですまんが、おまいのような香具師のために、連載開始の前の号
(要するに弐十手物語の最終回が載った号)で小池御大のインタビューが
載っておって、小島先生が亡くなったことや前作の結末の説明、新作が
どんな場面から始まるかなど、おまいの言うような疑問にすべて答えるくれて
おるぞよ。読んでないなら、どっかの喫茶店かマン喫で探すがよろし。

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 03:21 ID:2Hp7emix
>>33
横レス、おれその記事を読んでないんだが、ラストの列堂の台詞「吾が孫よ」の説明はありましたか?

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 06:06 ID:UsN6QoUq
>>34
あったよ。

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 18:53 ID:2Hp7emix
>>35
詳細をキボン

37 :小山田主馬:03/11/16 21:57 ID:Z27qeo//
「『孫よ』は、恩讐を超えた言葉です。激しく憎みあっている一刀と列堂ですが、
刃を交わすうち、憎悪を超えて分かり合えるようになった。父の仇敵とともに
洞窟をくり抜く青年を描いた菊池寛氏の『恩讐のかなたに』と同じですね。
列堂は自分の息子や娘、一族郎党すべてを拝一刀に斬られた。彼にとって、
残った関係者は大五郎だけです。だから自然と『孫よ』という言葉が口をついて
出た。この台詞を考え出すのに、一週間は悩みましたね(笑い)」

これがポストに載った『孫よ』に関する部分の小池御大のお答え。
ちなみに御大による同様のコメントは、去年だか一昨年の週刊大衆にも
掲載されてた。

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/16 22:48 ID:A/Ijeocx
版によっては最終巻に小池御大と小島画伯のコメントが載ってたね。

たしか「これから大五郎と烈堂の新たな生がはじまるのだ」なんて書いてあったと
記憶してるけど、いきなし烈堂死んじゃってて ( ´・ω・`) ショボーン
2人の交感シーンとか好きだったんだけどな。

ブレイダーも終わっちゃうんで( ´・ω・`) ショボーン

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 02:02 ID:7h8gO55h
ブレイダーは、時代劇ならでは!の面白さがありませんでしたね。

時代劇が描けなくなった、叶精作
時代劇しか描けなくなった、神江里見

40 :36:03/11/17 07:54 ID:YGnqgT2a
>>37
レスどうもです

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 08:13 ID:aZBDmfG3
森秀樹じゃなくて弟子の山口貴由に描かせてほしかった。
シグルイが終わった後ならその目も会ったのに。

42 :小山田主馬:03/11/17 20:42 ID:UNHVNiIR
第2回を今さっき読んだけど、>>17さんも書いてるように、この浪人
の喋り方からして薩摩出身の示現流の達人なのかもしれんね。
サブタイが「示現の鞘」となってる時点で気づけばよかったけど、
今回の台詞廻しでなんとなくわかったような…

それにしても一刀の鞘にこの浪人の胴太貫がスッポリ収まった途端、
父のようになつく大五郎って… 強引な気もするけど、まあ人の子に非ず、
狼の子なればこそ、ってとこか。

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 21:16 ID:oqeRjoPW
まだなついてないと思うけどな。
取り合えず納得しただけで。

父の遺品は刀の鞘か・・・。

44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 22:51 ID:YGnqgT2a
今週のなかなかいいんじゃないか?何だか期待が持てそう。

45 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 22:52 ID:YGnqgT2a
いくら同じ人が打った刀でも同じ鞘には入らないだろ。

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:28 ID:6n1mBzYZ
昨年、はじめてマンガ喫茶で全巻読んだ。
いまどきのマンガにはないすばらしいドラマに圧倒され、感動の余韻をいまだ引きずっていたので、ポストで予告みたときは死ぬほどうれしかった。
「にじってものがたり」とかエロだし絵がどうにも性に合わなくてきらいだったが、小島氏のあとを引き継いだ作家さんの絵にも違和感ないし、期待大。
欲をいえばポスト・現代は嫌いなので「文春」とかで連載してほしかった。
ポストは買う気にならないから立ち読みで行く。あんなエロ雑誌もって電車に乗れないよ。
ああ、でも「にじって」みたいに20年もだらだら続くような劇画にだけはならないように気をつけてほしいな

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:33 ID:6n1mBzYZ
ところで「ぶりぶり」ってなんですか?

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/17 23:35 ID:oqeRjoPW
>>47
このスレを見て想像して欲しい。

「ぶーりぶり!」だけで1000を目指すスレッド
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1035945370/

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 00:02 ID:3Wo+J9Mu
>>48
ハゲワラ

>>47
子連れ狼 其之十八あんにゃとあねま より抜粋

ぶりぶりとは
女郎仕置きの中でもっとも残酷なものであり
忘八どもが口々にぶりぶりと唱和しながら
竹でもって気絶するまで女郎を叩くのである

廓に売られそうになって女衒から逃げ出した娘の変わりに一刀が仕置きを受けることになる。
逆さ吊りにされてグルグル廻されながら竹の棒で叩きまくられます。
そのときの掛け声が「ぶーりぶり、ぶーりぶり」

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 01:11 ID:SE+cwB0O
>>46
16頁ペースの連載だから、気がついたら10年間続いてたなンてことになってるかもしれない。
主人公が4歳だから、まだまだ先は長いし。

弐拾手物語が27年間で全105巻
新・子連れ狼が10年続いたとしても、単純計算で35巻

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 14:52 ID:nmAs5vHG
何年続こうが良いが、「完結」させてね。
小池先生も年だし。

俺は、子連れ狼はもう「完結」した物と思って、「余興」として楽しむつもりだ>新作。

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/18 22:27 ID:JxQsZ65Z
>>51
漏れもそのつもりだったが、
鞘とか魂とか大五郎とか
連載再開前のテイストが激しくそのままで
も〜メロメロ

自分が示現流フェチなので嬉しさ倍増、
トラクター終わって手にとってなかったポストだが
ついていくぜぇ〜

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 02:43 ID:IZKFNRH/
シオガカレめが――ッ

よっくうけたまわれ――ッ

刀ば武士の魂ぞ 命ぞッ

・・
そいをおさめる鞘もまた

武士の魂にして生命ならンかッ

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 10:35 ID:HksDIrA+
こんな初っ端から「小池が通れば道理が引っ込む」なとばし方で大丈夫なのかよ


55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 12:52 ID:ANWwYIXx
大丈夫。

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 16:47 ID:LOY8vV9T
>>54
無理に引き延ばしとかやらずに終わるべき時にスパッと終われば大丈夫。

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 21:04 ID:W+2Djjzn
>>45
それが縁(えにし)というもの。

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/19 23:59 ID:R2WsnRo4
恵比寿の縁に逝ってきたよ。

えっ、スレ違い!?

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 02:14 ID:Nrd1zNnh
新・子連れ狼
御大も気合の入り方が違うようなので、本当に期待してます。

>56
一段楽してから長いのが、小池作品の特徴。
ようは、目的を達した主人公の、その後の生き様を描きたいのだそうだ。
オークションハウスや長男の時代が、まさにそのパターン。

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 02:50 ID:r8edfgI1
子連れ狼の続編、今日知った。まじビビったよ。
数十年思い描いていたんだよなあ、大五郎のその後・・・
もしかして大五郎は幕府の要人になったりしてな。

61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 14:14 ID:4IX2XA/E
>>59
>目的を達した主人公の、その後の生き様を描きたいのだそうだ。

オークションハウスみたいな復讐モノって目的を達成したら主人公の生きがいがなくなるからそこから
話続けるのって無理があると思う。このジャンルの名作である「モンテ・クリスト伯」も
主人公は復讐を遂げたら去っていってしまったし…

62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 14:59 ID:jISe82f1

『柳生封廻状』みたいな謎解きのファクターも欲しいところ。


63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:03/11/20 23:51 ID:+qAekxYs
メインは成長してからのダイゴロウの話になるのかな。
知らんまに九州なまりが移ってたりして。

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★