5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【あずまんが大王】よみ&とも【Best Friends】

1 :マジカル名無しさん:02/09/24 06:46 ID:???
「なにしてんだ?」
「あ よみ。次スレでもたてなさい。」
「言われなくてもたてに来たんだよ。」
「えーと…合同スレにしよう。」

前スレたち

あずまんが大王のともちゃん好き集まれ3
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1029080026/l50
アニメ版のともちゃん好き集まれ2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1027415445/l50
アニメ版のともちゃん好き集まれ
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1021785594/l50

あずまんが大王 よみ様を語る2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1029089151/l50
あずまんが大王 よみたんを語る
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1026610747/l50


2 ::02/09/24 06:49 ID:???
関連スレ

あずまんが大王を語ろう Ver.49.0
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1032796528/l50

あずまきよひこ総合スレ9 新連載わくわく年間
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1031671411/l50

3 :メロン名無しさん:02/09/24 06:52 ID:???
親友スレ

【あずまんが大王】大阪が次に疑問に思うことは? 2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1032282153/l50

【あずまんが大王】純情神楽が一番!第2のコース
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1032186393/l50

【あずまんが】榊さん【大王】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1031727342/l50

【あずまんが】かおりんについて【大王】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1023106338/l50


4 :メロン名無しさん:02/09/24 06:58 ID:???
           ,. -‐''''''''''''''''''''‐-.、
           ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヘ_,.i、-‐;‐、─-- 、_
        /:::::::::::::::::::::::::::::''''''''''    ヽV;..`ヾ.:..\'゙ヽ‐'、.\
          /''''''''''''''  .........::::::::::::;;::::::::::::::::'i..;i..:..:..:..:..:..':..:..:..:ヽ..:ヽ
       i ......::::::i::::;:::|i;:::;:::::::::::::l !:;:::::::::l^l' i:..:l、:..:..;..:..:..:... `、. ゙、
         !::::i::::::i::::|゙、|'リ,,_'i''、:::::::iリ'|!ルリ'lノ--‐ |::|‐';L,|_';..:..;..:..:..:i..:..i
私が4ゲット/::::rヽ::::ト、| ゙';>'‐‐、 ヽ' '⌒ 'i.ノ''─-、.リ r‐';.|‐`、:|,';..:..:..l:..:l >>1お疲れさま
      /::::::l, `、'i  '゙       ,    !    |''‐!  ''   ! !,:.|ヽ.:.:|
      /::::::::::ヽ,,,,,';     r---‐:;   ノ__,ノ  l,      l{ i`.,i;..:.l
    /::::::::; -‐'r'i:|ヽ .,   ヒ'_,.ノ /!       `'''──..'_;::ノ:::i:..:l
,.. -''":::::::/   .i |    `''‐-r--r'":::l::ヽ,   r‐-、   ...::::,/::::::::::/..:...゙、
ー─''/:、    ヽ,':、_     ' ./ i::::::/::://,```‐='、.;;:: -‐'" .:::::/::ヽ:..:.゙、
  ,...〃  `r''''''ァ `'-、`''‐-‐''/:  {/,i.'、 / / .,     _,,.ィ'"  :::|..:..:..゙、
. /:::... ‐-..,,,.,L -'‐、   ``''''''"     i"| 、ヾ、,,l_/ ,ィ  r''"::::i |    ::|:..:..:..:.',
''  .......:::::/ , -=‐i,            l:.| ``,〉::::`'"'''''"::::::::ヽ'|   .:::|.:..:..:..:..',
、  ...........::l  -─‐'!          ,!:|   ,':::::::::::::::::::::::::::::::`|   ..::::!:..:..:..:..il:.!
. \::::::::::::|   ,. ‐'')    .: ..:::::;ノ.:..|. ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::::|..:..:..:..:.|.i:l
  ,>、_;:-'   ..::;イ:::::..../::.:::::;r'"l..;,.:..| i;;:::::::::::::::;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;|  ::::::|`''‐-:、l !|
;=''‐''"    ..:::/ |:::::::':::::::::/  |.ハ..:.|. ヽ;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ::::::|;;;;;;;;;;;;/`ヽ、

5 :メロン名無しさん:02/09/24 07:55 ID:???
                          ,ヘ:;''"/ \‐-ニ  `<" \
                     ;ヘ,‐/   V    `      ヽ  ゙〈.`、
                       / '/  ∧ ∧           ヽ ヽ,
                        /  '  i i-'`-‐`、   、  、          i
                       ,' ,   ,| ,レ‐ 、  ',   iヽ,.ャ、‐ 、      i
     ,,.. -‐''''''''''''''''‐- 、    i./! i /|゙.|   ''′':, v、|'ヽ | \ ヽ!',  ヽ, !
   ,/           `''-、 l!' | l /‐リ''''''''''''ヽ、 _', r!'''''iナ'''¬、+、i  i, l}、
 /     /          ヽ  | i'|'        i´ `|i        l、 | i |
./ ,  i   / !     |i     `, !ノ|        |  |          !rリ‐i !
' /  | 、,'!/l ||    i| ,! l ,i  !   ! !. ヽ,____,ノ  ヽ,_____ノi,  | i
/i   | /'lト、|l i.   /'リ_,.レ'"i,/i  i | ト、|                  r",  /!
 ! ,、!|i'   \!  ム‐''    ,| /、 i.! ヽl                 i  /l |
 i,| ヽ!゙、   ノ゙'"ヽ、     /レ'  i li.  |      i7 ̄ ̄``i     i''T゙  | |
  i, i  `''''''" __`'─‐''"  } / .|  ,ヽ.     |'     i    ノ |  |
 /ヽl       |   |     ,i,/  !  |.| `'-、.   |      |  ,..イ|  |  |
./  ヽ ,    |    |    _ノ    |  ||   | l`¬      |''"| | |  |  |
     `''-、,_|    |,.. ‐''   ヽ.  |  ||   | | └┬─‐┬', | | |  |  |
  ,イ       L__,.ノ.|、 丶   \|  ||   | | ./〈ヽ、__,.ノ 〉ヽ! | |  |  |
//  ,.イ /ヽ.,__,/ \ ヾ;、   |  ||   l/   ''ー-‐''"  \ |  |  |
 / / //        ヾ 、`、\ .|  || /             \  |  |
     よみ:「な…もうスレ建てたのか・・・速いな」
     とも:「1よくやった!!!」


6 :メロン名無しさん:02/09/24 08:31 ID:???
             ,. ‐''"""`'::. 、
       、___,/::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ、__::::::::::::::::;;;;/::::::::::;::::::::::::',     なんでやねん
       '‐=ニ__::::::::::i゙ .,|:/i;::///i:::::::l. \ \
        ,.'=='-、-‐ヽ!.' '"‐、 ,/::::::/ \ \ ,ォ彡}  ヽl /  _
     ,. ‐''",.. -‐‐‐ヽ__i  ,、 ( ソ'ノ  \\/ i: ''/⌒ヽ  /.:.:.:.:`ヽ、
   / ,./  r''   }. ,ゝ ,'-`‐''    ,r-tぃ゙ /l::::::::::ヽl i|ヽl.i、:.:.:.:.ヽ
   >''"   {  、 `{/  '!ヽ、   ,./   ヾ>'-l/:::::::::::::::l l´┴ iリl.:.:.:.ヽ
  /      `、  `' {-‐''   `''''"    _,. ‐i─'、::::::::::::::::::/`ー‐' lr-、.:丶 あべし
. /           ,i   i``''-、,,_   ,,.. ‐''"  〈  ‐l:::::::::::::::::l-、  ,.i_ノ.:.:.:.丶
〈_ヽ、     r'" |   l    `''''''´      ヽ、,_ヽ::::::::::::::ヽ,.-'" 〉`''-、.:.:.:ヽ
' L_`'ー-、,__/   l   i              |r'ii  |::::::::::::::::l_/  /ヽ:.:.:.ヽ
./ /`i''‐r-;:{    i   ',                 /ヽ,L_ |:::::::::::::::://_/  / ヽ..:.:.:',
' / l  | | ',    l.   ヽ           i  ' ヽ |:::::::::::::::ヽ//  ヽ,  i.:.:.:.:.i
./   !  | | ',     }    〉          |  i  `l:::::::::::::::::l゚l      li  |.:.:.:.::l
   |  | |  ',  └:r==i           |  |  |::::::::::::::::::::|     !|  |.:.:.:iリ
   !  | |  '、   └r''"`'''''==、       |  |   l:::::::::::::::::::l     |.|  |.:./
、_l___l,,,..L-' {二二二二二二二二二二二二二二二二二二}ニニニニニニニニ)


7 :メロン名無しさん:02/09/24 08:31 ID:???
      ,.‐'' :|:,,.:.:.:.:`ヽ、
     /ノノハi:|:i|ヽl.i、:.:.:.:.ヽ
     iハ/i'-l:|:'l´┴ iリl.:.:.:.ヽ
      i─'、:|: `ー‐' lr-、.:丶
      〈  ‐:|:-、   ,.i_ノ.:.:.:.丶
        ヽ、,__:|:,.-'" 〉`''-、.:.:.:ヽ   死ぬかと思った
        |r'ii  |:|:_/  /ヽ:.:.:.ヽ
          /ヽ,L_ |:|:/_/ / ヽ..:.:.:',
       i  ' ヽ |:|:/  ヽ,  i.:.:.:.:.i
       |  i  `l゚l:|:    li  |.:.:.:.::l
       |  |  | |:|:    !|  |.:.:.:iリ
       |  |    :|:   |.|  |.:./
{二二二二二二二二二二二二二二二}ニニニニ)


8 : ◆yomiLiPs :02/09/24 08:53 ID:???
とも「わ〜い、わ〜い、よみと一緒〜よみと一緒〜」
よみ「何はしゃいでんだか・・・」
とも「え〜?よみは嬉しくないのかよぉ〜?」
よみ「え?いや・・あの・・・その・・・」
とも「あれ〜?いつものよみらしくないぞ〜。おかしいの〜」
よみ「うっ、うるさい!(赤面)」

合同スレの成功を祈念しちょります。漏れはよみ派なんですが(笑)

9 :メロン名無しさん:02/09/24 09:53 ID:???
ともと神楽の合同スレは出来ないのかな・・・

10 :メロン名無しさん:02/09/24 14:48 ID:???
>>9
神楽スレがまだ始まったばっかりだしな・・・もぅちょい我慢じゃない?
で、10ゲト(w

11 :メロン名無しさん:02/09/24 15:02 ID:???
>>1乙です
ところで、今週の放送見て思ったんだが
智ちゃんはどうして大学もよみと一緒にしなかったんだろう?
高校もよみの一言で猛勉強して受かったくらいの隠れ天才のはずなのだから、
よみと同じとこ受けりゃ案外受かったかもしれないのに。
よみもよみで智ちゃんと同じ大学行けるならがんがるだろうし・・・

アニメ派なんで、原作スレで散々ガイシュツだったらスマソ。

12 :メロン名無しさん:02/09/24 15:04 ID:???
      /       _ ,,, -──- ,,,      ヽ   lllllllllllll\ .|
    ./    ,, - ''":::::::〆/::::/i::::::/厂''' ー-、,_  \.lllllllllllllll. ヽ|   ___
    ./ ,, -'":::::;;;;;;:::::::/ ./:::/ヽl:::::/ |::::::::::::::::::::::゙ヽ、, ''llllllllllll  ||   _|__|_
   く, '";;;;;;;;:::::;;;;;;;::::://|:/  .i::メ  |:::::/:::::::::::::::::::::::::`ヽ、`'''、_,,ノ|   |___. ヽ
   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;/^、::/     i:/ \l:::/|:::::::::::::::::::::/i:::/:::::\  |   ____ノ |
  /;;;;;;rイヽ;;;:::::;;i. ヽ|    _、″   i::! .i:::::::::::::::::://::/|::::::::::::\ヽ   .l__ノ
 ./;;;;;/ / ヽ ヽ;:;;!  `゙i,  i´ノ     リVi:::::::::::://::/_j:::;:::::::::::::::Y
 ;;;;;;;;l ′ ヽ ヽ;;|    ヽ,, "    ,,   .i::::::/ ̄/ //i::::::::/:::::;::!  ._,厂レ─-、
 ;;;;;;;i   ノ   ″       ゙''ー-- ''"     !/,-,    /./::::/::::::::|::|  L  r─ 、 |
 ;;;;;;;;;i  ゝ   ι             ヽ.!ノ    !/:::::::::::/:::l  ./  |__ノ |
 ;;;;;;;;;;;\、 、                 \    ,//:::::ィ::::/::::i   .^|__.||___ノ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;`'';;i      ,, -- 、          ''ー '''゙/;/ !/i:::/
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i      /    `''ー、,  , --、、,,,__ ∠イ.i  '  i:/     | ̄|
 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ./        ゙/'"^ヽ、  ゙゙''、 .iノ   レ       | .|
  \;;;;;;;;;;ノ^`\  i       ,,,/ー - 、,,_ .゙' 、,,   ゙ヽ、          |__.|
    .ヽ-"、    \ ヽ、,__,,,- '''"       ^''ーミ`、、   ゙''、        l二l
     ヽヽ    ヽ\/        ,、,_    .i゙ i:::!゙''--'"
       ヽヽ   ,r '"      L, -''/  _,,フi   i. .i:::!
        ヾy-'"        ,! '"トー':::::::;;、i   i  i::i
        /          l'  l"::::::;;r''" 入  .ト、_入
    よ み と お な じ ス レ か よ !

13 :メロン名無しさん:02/09/24 15:05 ID:???
頑張っちゃったら、ボンクラーズ卒業だからな・・・
新メンバー候補もいないし・・・

14 :メロン名無しさん:02/09/24 15:14 ID:???
ともちゃんの「くぅぅ〜!」っていう喜びを堪えた声がたまらなく好きです。

15 :メロン名無しさん:02/09/24 15:44 ID:???
                 /;;;;/;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;/V;;;ヽ;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;i
              |  /;;;;/;;;i;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;/ i.i  ヽ;;;;;;;;;;iヽ;;;;;;;;;;ト;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;i
              |  /;;;;/;;;;i;;;;;;;;;;i;;;;;;;;/ ノヽ- .ヽ;;;;;;;;i ヽ;;;;;;;;iヽ;;;;;ト;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;i
              丶------ァ;;;;;A''''ート、'''i .!~ .ヽ;;;;;;! ヽ;;;;;;i. レー''''';;;;;;ト;;;;;;;;i
                   ∠;;;;;;/ i;;;;/_^ヘ、,,,_ ヽ;;!  .ヽ;;∠~ヽi__ヽ;;;;;;i ヽ;;;;;i
                  /i;;;;/ 〉/~   ̄ ̄ ̄`i.|ヽ_|_|ー''~  ̄~~! ~ヽ;;;;i ヽ;;;i
.                 /〉、.!;/''ー| ''        | ̄ ̄|        |ヽ!.  ヽ!
そんなに嫌なら    .    /.i/ )V  |        .|   |        /| V
.                /. 〈.ヽ   丶_  _,,,.ノ    丶、..__,...ノ/;!
.                / \ `' i.      ̄ ̄     ,,        !;;;;!
出て行けよ!        /;;;;;;;>-.i     ___       ′______,,,    .!;;;;!
                i,, r'''~  ヽ.   /  ~^''''''''''''^~~~~  ;;;;;;i   /;;;;;i
                |.      ヽ,. /            ;;;;i.  .人;;;;;;i
                |       ヽ:::Y             ;;;i,.イ   .|丶
                |       ヽ::i             ;;i     .i ト、
                .!       ヽ:ヽ_________/     .i ノ:::\
.                !ヽ       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::/ .!      i /:::::::::\

16 :メロン名無しさん:02/09/24 16:15 ID:???
      く, '";;;;;;;;:::::;;;;;;;::::://|:/  .i::メ  |:::::/:::::::::::::::::::::::::`ヽ、`'''、_,,ノ|   |___. ヽ
   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;/^、::/     i:/ \l:::/|:::::::::::::::::::::/i:::/:::::\  |   ____ノ |
  /;;;;;;rイヽ;;;:::::;;i. ヽ|    _、″   i::! .i:::::::::::::::::://::/|::::::::::::\ヽ   .l__ノ
 ./;;;;;/ / ヽ ヽ;:;;!  `゙i,  i´ノ     リVi:::::::::::://::/_j:::;:::::::::::::::Y
 ;;;;;;;;l ′ ヽ ヽ;;|    ヽ,, "    ,,   .i::::::/ ̄/ //i::::::::/:::::;::!  ._,厂レ─-、
 ;;;;;;;i   ノ   ″       ゙''ー-- ''"     !/,-,    /./::::/::::::::|::|  L  r─ 、 |
 ;;;;;;;;;i  ゝ   ι             ヽ.!ノ    !/:::::::::::/:::l  ./  |__ノ |
 ;;;;;;;;;;;\、 、                 \    ,//:::::ィ::::/::::i   .^|__.||___ノ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;`'';;i      ,, -- 、          ''ー '''゙/;/ !/i:::/
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i      /    `''ー、,  , --、、,,,__ ∠イ.i  '  i:/     | ̄|
 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ./        ゙/'"^ヽ、  ゙゙''、 .iノ   レ       | .|
  \;;;;;;;;;;ノ^`\  i       ,,,/ー - 、,,_ .゙' 、,,   ゙ヽ、          |__.|
    .ヽ-"、    \ ヽ、,__,,,- '''"       ^''ーミ`、、   ゙''、        l二l
     ヽヽ    ヽ\/        ,、,_    .i゙ i:::!゙''--'"
       ヽヽ   ,r '"      L, -''/  _,,フi   i. .i:::!
        ヾy-'"        ,! '"トー':::::::;;、i   i  i::i
        /          l'  l"::::::;;r''" 入  .ト、_入
    ツッコミばかりで疲れただろう!?
    休暇やるから 遠慮なく休めよっ!!


17 :メロン名無しさん:02/09/24 16:17 ID:???
ttp://www.hirai-rio.com/name/up2/img-box/img20020924160622.jpg

ttp://moe.homelinux.net/img-box/img20020924161001.jpg

ttp://moe.homelinux.net/img-box/img20020924161110.jpg

18 :メロン名無しさん:02/09/24 17:37 ID:???
     ,,.. -─‐;へ=-‐-、__    ,, -‐ 、
    /;.-;..へ;/.:..:..`:..:..:..:..:..''.:.、/'    ヽ
   /:,.:'゙:..:..:..:.rv‐、:..:ヽ,:..:..:!..:..:i/      i
  ./:.l:..:i..:..l:..:/  ̄ ヽ:..:iヽ:..:.!..:/    ...........i
  i.:..:|.:.|:..:.|;.i─‐- `、:.l'"',~|./   ..:::::::::::::::|
 ,':..:.」:.!i:.:i'.リ:-─‐、_,,..r'" ̄/  ..::::::::::::::::::l
. i:..:..| リ i;,!~|     |  l  /  ..::::::::::::::::::::!
.,'..:..i:ヾ'う  `ー一'''  `'''/  .::::::::::::::::::::/
':..:..i:.|:.i`''ヽ       ' /   .:::::::::::::::::::/   ともはバカ!
:..:..i:..l:.l.:.l.:..\    ワ/  .:::::::::::::::::::/     よみ、覚えた!
.:..:i..:i,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''""


19 :メロン名無しさん:02/09/24 17:45 ID:???
しかし、ひとつになったら智とよみ

 どっちが攻だ受だ 

とかいう論争はおきないのだろうか。
おきないか。801板じゃないし

20 :メロン名無しさん:02/09/24 17:50 ID:???
>>18 来たな!!

ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/4177/dat/notbaka.swf

21 :メロン名無しさん:02/09/24 19:59 ID:???


           ,. -‐''''''''''''''''''''‐-.、
ま〜そんなに   ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヘ_,.i、-‐;‐、─-- 、_
熱くなるなって /:::::::::::::::::::::::::::::''''''''''    ヽV;..`ヾ.:..\'゙ヽ‐'、.\
          /''''''''''''''  .........::::::::::::;;::::::::::::::::'i..;i..:..:..:..:..:..':..:..:..:ヽ..:ヽ
       i ......::::::i::::;:::|i;:::;:::::::::::::l !:;:::::::::l^l' i:..:l、:..:..;..:..:..:... `、. ゙、
         !::::i::::::i::::|゙、|'リ,,_'i''、:::::::iリ'|!ルリ'lノ--‐ |::|‐';L,|_';..:..;..:..:..:i..:..i
      /::::rヽ::::ト、| ゙';>'‐‐、 ヽ' '⌒ 'i.ノ''─-、.リ r‐';.|‐`、:|,';..:..:..l:..:l
      /::::::l, `、'i  '゙       ,    !    |''‐!  ''   ! !,:.|ヽ.:.:|
      /::::::::::ヽ,,,,,';     r---‐:;   ノ__,ノ  l,      l{ i`.,i;..:.l
    /::::::::; -‐'r'i:|ヽ .,   ヒ'_,.ノ /!       `'''──..'_;::ノ:::i:..:l
,.. -''":::::::/   .i |    `''‐-r--r'":::l::ヽ,   r‐-、   ...::::,/::::::::::/..:...゙、
ー─''/:、    ヽ,':、_     ' ./ i::::::/::://,```‐='、.;;:: -‐'" .:::::/::ヽ:..:.゙、
  ,...〃  `r''''''ァ `'-、`''‐-‐''/:  {/,i.'、 / / .,     _,,.ィ'"  :::|..:..:..゙、
. /:::... ‐-..,,,.,L -'‐、   ``''''''"     i"| 、ヾ、,,l_/ ,ィ  r''"::::i |    ::|:..:..:..:.',
''  .......:::::/ , -=‐i,            l:.| ``,〉::::`'"'''''"::::::::ヽ'|   .:::|.:..:..:..:..',
、  ...........::l  -─‐'!          ,!:|   ,':::::::::::::::::::::::::::::::`|   ..::::!:..:..:..:..il:.!
. \::::::::::::|   ,. ‐'')    .: ..:::::;ノ.:..|. ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::::|..:..:..:..:.|.i:l
  ,>、_;:-'   ..::;イ:::::..../::.:::::;r'"l..;,.:..| i;;:::::::::::::::;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;|  ::::::|`''‐-:、l !|
;=''‐''"    ..:::/ |:::::::':::::::::/  |.ハ..:.|. ヽ;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ::::::|;;;;;;;;;;;;/`ヽ、


22 :メロン名無しさん:02/09/24 20:01 ID:???
>>1
スレだておつかれ〜
ともとよみが一緒になって、
にぎやかになりそうな予感(w

23 :メロン名無しさん:02/09/24 20:15 ID:???
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
                 \_/   \_________
                / │ \
               ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
       鼎       <                              >
     , .|.:|_____ <   さいたまさいたまさいたまー!!!!     >
   / |::|さいたま市〉<                              >
 ./ ./|::| ̄ ̄ ̄ ̄   ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
 L_/.  |::|/     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧
      |::|      ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )
      |::|     ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧   ∧ ∧   ∧ ∧     ∧ ∧
 __.... |::| __( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )   ( ゚∀゚ )____
  ::::::::::::: |::|::::::://(つ」7=∩- (つ」7=∩- (つ」7=∩- (つ」7=∩- (つ」7=∩- (つ」7=∩-::::::::::::
  ::::::::::::: |::|::::://  |   j    |   j    |   j    |   j    |

24 :メロン名無しさん:02/09/24 20:16 ID:???
素人が人前であんな恥ずかしい衣装を着て、見知らぬ男たちの
目の前でこんなコトからあんなコトまで平気でやっていたあの
時代!

露出狂パワー全開の90年代前半って、ある意味日本の性の黄金
期だったのかも知れない。
あの時代を経験した我々は、ただひたすら景気回復だけでなく、
女の子のパワーも一緒にカムブァーック!!!と叫びたい。

以前アダルトV板に同様のスレがありましたが、消えたので、
改めてフェチ板に立て直しました。
あの頃のギャルやその消息、エロ服、ビデオの事や、当時の
お宝映像について、色々と情報交換しましょ!

25 :メロン名無しさん:02/09/24 20:17 ID:???
>>1
すてきなスレをありがとう!
たまによらせていただきます!

26 :メロン名無しさん:02/09/24 20:20 ID:???
      ヽ      // /  / /`''"´ヽ  ∧ ト、  ト、 i  iヽ
  ご あ    |    // /  / /,-─、 ゙i | ヘ十メ、,|_ヽ | |
         |   // /! /|/''二二ヽ__∨r‐∨二、|ヽ,、 |  |
  ざ り    |  ///| // リ,イ O}`/i⌒'|  イ´O`ト、_|ヽト, |
          |   /  | / |_ | ┴‐‐ノノ  ヽ   ̄`ヾ-'/ i∧/
  い が    |      レ' N`ー─''´ ヽ   `ー──‐'   rシ
         |       / |                 /_!
  ま と    ,'      /  !    r───‐=‐     /_/
         /       /  /\    ` ̄ ̄ ´     /`i
  す う   /      /  //  \          /  |!  |
  :    /       /  //  i / `ヽ、    ,、-''´ ,'  |!  |
  だ   >      /   //  | |   ,' ` ̄ ̄    i   ||  |
  ろ   ./       |  //_|__!,,//        |、  ||  |
  ?  ノ ̄\ヽ‐' ̄ ̄/TT´    / /        |、\/!  |
、__/ヽ、  ! '    | | |    /´'         ノ  \ |
       \ ヽ    ヽ| |    |         /    

27 :メロン名無しさん:02/09/24 20:27 ID:???
           ,. -‐''''''''''''''''''''‐-.、
  ば〜か!   ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::::::::::::::::::::''''''''''   
       i ......::::::i::::;:::|i;:::;:::::::::::: ゙、
         !::::i::::::i::::|゙、|'リ,,_'i''、:::::::i
      /::::rヽ::::ト、| ゙';>'‐‐、 ヽ' '⌒ 'i.ノ''
      /::::::l, `、'i  '゙       ,    ! 
      /::::::::::ヽ,,,,,';     r---‐:;   ノ
    /::::::::; -‐'r'i:|ヽ .,   ヒ'_,.ノ /!      
,.. -''":::::::/   .i |    `''‐-r--r'":::l::..
ー─''/:、    ヽ,':、_     ' ./ i::::::/::://,`
  ,...〃  `r''''''ァ `'-、`''‐-‐''/:  {/,i.'、 /
. /:::... ‐-..,,,.,L -'‐、   ``''''''"     i"| 、

28 :メロン名無しさん:02/09/24 20:31 ID:???
                ,,r‐''"~~´:::::::::::::゙~''''‐-、,
              ,,r''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙丶、
            /:::::::::::::::::::::::::::::,r、::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / ......::::::::::::ィ::::::::// ヽ:::::ト、::::::::::::::::........ヽ
           /:::::::::::,r::::::/ |:::::/ /  ゙、::l ヽ:::::::::、::::::::::::::゙、
           /:::::::::::/i::::/,,,,l:::/ /   ヽト‐-、:::::|',::::::::::::::::i
          i::::::i:::::/'|::/  |/  /     !  ヽ::|ヽ:::::i:::::::::l
         l:::::::|:::/ .i/              ヽ:| ゙、::::i:::::::::|
           |:::::::|/                 ゙'! ヽ,!:::::::::|
         |::::::;;;;i -‐''''''"""~~     ~~"""゙'''''''''‐ |;;;;::::::::|
          |::::::;;;;;|                        |;;;;:::::::::|
        |::::::::;;;;l                    l;;;;:::::::::|
         |:::::::;;;;;|                       |;;;;::::::::| 
     _,,,r-┴、::;;;;ヽ、                   ノ;;;:::::-‐-、  新スレおめでとさ〜ん!
    / 、  、 ヽヽ-,;;;゙ヽ、      ヽフ       ,,,イr/´/ ,r  ゙'ヽ、  わたしのスレはかんかん鳥がないてます〜
 ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ゙゙̄'''‐- ...,,,,,,,,,,,,,,,,,,.... -‐'''~  ̄(,,しL,/,,,r'~,,,-‐' ̄ ̄


29 :メロン名無しさん:02/09/24 20:45 ID:???
>>11
よみスレ2の「断髪式」ってSSは如何かな?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1029089151/232-236


30 :メロン名無しさん:02/09/24 20:47 ID:???
>>12 >>15
今メール欄に気づいたよ。芸が細かいw

31 :メロン名無しさん:02/09/24 20:49 ID:???
>>30
うっ!

32 :メロン名無しさん:02/09/24 21:58 ID:???
>>30
言われて気付いた

最高だ!

33 :ちよ:02/09/24 22:04 ID:???
心が読めるってゆーのも辛いです
ね?>30さん

34 :メロン名無しさん:02/09/24 22:20 ID:???

 いな            合
 いん    ,─--.、     同
 言と   ノ从ハ从    ス
 葉聞   .リ ´∀`§    レ
 かこ    X_@X    !
 |え   U|_____|U
 |の    ∪ ∪
 !

35 :メロン名無しさん:02/09/24 23:15 ID:???
      へヘ
         /〃⌒⌒ヽ
      -=〈〈 ノノノハ)))
   -=≡ノ ヘ.|l.゚ ヮ゚ノ|!|  がおー
     -=( つ┯つ
   -=≡く,,,,,,,,,,,,,/,,ゝ
   -=≡(__)/ )
    -= (◎) ̄))


36 :語り部:02/09/25 00:31 ID:KKV14JF4
 いな           a
 いん    ,─--.、    g
 言と   ノ从ハ从     e
 葉聞   .リ ´∀`§   荒
 かこ    X_@X     ら
 |え   U|_____|U    し
 |の    ∪ ∪     !
  !



37 :メロン名無しさん:02/09/25 01:25 ID:???

              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i     >33 
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  こいつ30が心読めると
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    信じてるよ
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"

38 :メロン名無しさん:02/09/25 05:57 ID:???
今日も僕はあちこちのサイトを巡っていた。僕はスポ
ーツとか音楽とかにもあまり興味は無く、

昔で言うところの「オタク」という奴だろうか。アニメとか
コミックのサイトばかりぶらついている。

友達もほとんどいないからメールとかもやった事が無
かった。ただ、ただ毎日を無気力に

過ごしているだけの退屈な日々。でも特に不自由な思
いをした事は無かった。



そんなある日、一通のメールが届いた。「へぇ・・・珍し
いな。ダイレクト・メールかな・・・?」

D・Mも滅多に届かない僕は妙に嬉しかった。

 立体映像でスーツに身を包んだ若い女性が小さな少
女を連れて現れた。

39 :メロン名無しさん:02/09/25 05:57 ID:???
この手の女性はCGで造られているのが今の常識だ。

僕は特に慌てもせずC・Gの女性の説明を聴くことにし
た。

「このたびはネルガル・コーポレーションがプロデュー
スしました新しいヴァーチャル・マスコットの

モニター一般公募にご応募いただきまして誠に有難う
ございました。」

女性が事務的に話してきた。

「え? ・・・ああ・・・そういえば・・・。」すっかり忘れて
いた。

てっきりハズれたとばかリ思っていたけど・・・もしかし
て・・・?

「当社ではお蔭様で25万名もの方々よりご応募いた
だきました。そして厳正な審査の結果

ジンク・アースラ様にモニターを務めていただく事となり
ました。」

女性が連れている少女は5歳くらいの幼稚園児だろう
か・・・?

40 :メロン名無しさん:02/09/25 06:18 ID:???
「モニターを引受けて頂けるでしょうか?」

「え・・・? は・・・はい。一応そのつもりだったの
で・・・。」

相手はコンピューターなんだから畏まる必要も無いん
だけど人付き合いに疎い僕はつい固くなってしまった。

「ありがとうございます。それではこちらが当社からモ
ニターを務めていただく我が社の開発しました

ヴァーチャル・マスコットの゛RURI”です。」

女性が彼女の背中越しからこっちを覗いてるその少女
を前に押し出した。

「さぁ、RURI、マスターにご挨拶して。」

女性に紹介されたそのコはもじもじしながら僕の前に
立った。

「・・・よろしくおねがいします・・・ますたぁ・・・。」



それが僕とちびルリの出逢いだった。

41 :メロン名無しさん:02/09/25 07:04 ID:???
>38-40
おい、誤爆か?

42 :メロン名無しさん:02/09/25 11:49 ID:???
>41
これの前の分は榊スレで書いてたよ。
多分これも新手の荒らし。

43 :メロン名無しさん:02/09/25 12:22 ID:???
SS神来ないな。エロスレに帰ったのかな?

44 :メロン名無しさん:02/09/25 12:42 ID:???
よみとともが同じ布団で、
寄り添いあって寝ているというシチュが一番萌えまつ。

45 :メロン名無しさん:02/09/25 14:15 ID:???
>>34のおかげで
箕条大人気です

46 :メロン名無しさん:02/09/25 15:49 ID:???
>29
え〜話やなぁ・・・泣けたでぇ

47 :メロン名無しさん:02/09/25 16:04 ID:???
>>29
>>46につられて読みました。
教えてくれてありがdヽ(´ー`)ノ

48 :メロン名無しさん:02/09/25 16:22 ID:???
とも「ZZZ・・・」

よみ「おい とも、あんまりくっつくな・・・!」

とも「・・・とも、投げま〜す・・・」

よみ「よせ、それはボールじゃない、私の胸だっ・・・!!」

とも「フォークぼ〜る・・・!」

49 :メロン名無しさん:02/09/25 17:15 ID:???
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1032867052/
ラウンジにも結構、智ちゃん萌えいるんだな

50 :メロン名無しさん:02/09/25 18:48 ID:???
今日は語り部来ないようだな!

51 :「断髪式」の作者:02/09/25 21:29 ID:???
 のこのこ出てくるのもハズいんだけど、紹介してくれた>>29
読んでくれた>>46>>47、ありがとうでした。

 他にも何本か書いてるんで、よろしければ探してみてくださいませ。

 ともあれ、よみ&とも、ケコーンマンセー!!

 調子に乗ってケコーン記念SSのプロットでも立ててみようかな。

52 :46:02/09/25 22:43 ID:???
>51
わーい♪楽しみだなぁ新作。がんばってください

53 :大学生活@待ち合わせ:02/09/25 22:47 ID:???
 表参道沿いのオープンカフェで、暦はアイスティーにささったままのストローをぐるぐると
かきまわしていた。
「遅い。いつもこうだ。ともは時間通りに来た事がない」
 ちょうどその時バッグの中の携帯電話が鳴った。暦は少しうんざりとした様子で通話ボタン
を押した。
 ――もしもし、よみぃー? ごめんごめん。もう少しで着くから
「ああ、分かったから大声出すな」
 ――ついでにともちゃんのコーヒーもよろしく!
「とりあえず、早くこっちに来い」
 軽く溜息をついて、暦は通話を切った。大学生になったのに、いつ会っても智は何も変わって
いない。だが、新しい生活が始まった暦には少しそれが嬉しかった。

54 :大学生活@大阪:02/09/25 22:47 ID:???
「おおー、ごめんごめん」
「何がごめんだ。30分も遅刻してて、その反省の無さはなんだ」
「いやまあ、細かいことは気にするな」
「はいはい」
 口調とは裏腹に、暦の表情は柔らかかった。
「でさ、大阪はどうなの?」
「どうって?」
「あんたたち、一緒の大学で学部も一緒じゃない。授業も結構かぶってるんじゃないのか?」
「そうだなー。あ!」
「なんだ? どうした?」
 智はコーヒーを一口飲んで続けた。
「いやー、この間の授業で大阪が面白いこと言ってさぁ」
「ほう」
 智は歩の口調を真似た。
「なあ、ともちゃん? 一つ聞いてもええかぁ? あんなぁ、さっき『デフレ』って出たやろ?
でも反対は『インフレ』やんなぁ。そして、インの反対やったらアウト。つまり、『アフトフレ』
が正しいんとちゃうの?」
「あはははは。まったく大阪も変わってないな」
「大阪『も』ってなんだよ。私が変わってないって言うの!? よみは知らないかも知れないが
私は大学では大人の女として有名なんだぞ!」
「はいはい。で、ともはなんて答えたんだ?」
「インの反対はオンだから、『オンフレ』の方が正しいって言った」
 暦は大きく溜息をついた。
「そんなんで、よく二人とも大学入れたな」
「大阪はまぐれだが、私は実力だぞ!」
「どうでもいいが、いちいち大声出すな。恥ずかしいだろ」
 さきほどから智が話す度に、店内の視線が二人のテーブルに集中していた。
「駄目だなぁ、よみ君は。大学生にもなって世間体なんてつまらないものを気にして」
「お前が少しは気にしろ」



55 :大学生活@新歓コンパ:02/09/25 22:48 ID:???
「そういやさ、あんたなんかサークル入った?」
「新歓コンパにはいくつか出たが、どれも駄目だ」
「なんで?」
「上の学年の奴が手を握ってきたりしやがった。その上、『暦ちゃんって彼氏いるの?』とか
『暦ちゃんて眼鏡取った方がかわいいよね』とか、挙句の果てには『暦ちゃんて結構巨乳だよね』
とか言われて、ほんともううんざりだ。あんなくだらないものには入らねぇ」
「まあ、よみは高校3年間帰宅部だったしな」
「お前もそうだろ。お前も! で、そっちはどうなんだ?」
「いやー、どこの新歓コンパでも飲みっぷりがいいってことでどんどん飲まされちゃってさ」
「それで?」
「酒なんて飲んだことないから、適当に飲んでたらさー、実はともちゃん酒が弱いらしく、酔っ
て暴れたりしたらしくてさー」
「おまえはゆかりちゃんか!」
「にゃもちゃんがそんなようなこと昔言ってたな。よし、今度一緒に飲んで確かめよう!」
「それは後で考えるとして。で、結局どうなった?」
「次の日どこに行っても、『君はもう来なくていいから』って言われてさー。駄目だねー、期待
の新戦力ともちゃんなのに」
「世間ではそういうのを、厄介払いって言うんだ」
「え!? そうなの? 私が余りにも凄すぎて、サークル内で嫉妬の嵐が巻き起こって泣く泣く
手放したんじゃ……」
「絶対にない」
 手を横に振って否定する暦に、智はおしぼりを投げつけた。
「何すんだ!」
「ううう……」
「分かった分かった。そういえば、大阪はサークルどうしたんだ?」
「大阪とは一緒に新歓コンパ回ったんだけど、『あかん、酒飲んだのに飲まれてもうた』とか、
隣の席の先輩に『なんで、唐揚げは唐って書くのん? 唐って国やろ? ってことは中国発祥
なん?』とか、わけのわからないことばっか言って、結局私が相手する羽目に」
「大阪の発言を拾えるのはあんたしかいないからな」
「まあ、よみも私も大学入っても帰宅部ってことで、よろしく!」
 智は元気よく親指を立てて言った。
「なんか、いやなよろしくだな」

56 :大学生活@アルバイト:02/09/25 22:48 ID:???
「そういや、ともはなんかバイトしてるのか?」
「うんとね」
 智は鞄の中から広告を取り出した。
「これ」
 暦が広告を受け取って見ると、眼鏡がずり落ちた。
「お前これ……」
「もう電話した」
「なにしてんだよ! キャバクラだぞ? わかるだろ!? わかってんだろ!? なんで電話し
た――!」
 智は一瞬呆けた顔をした。
「何不思議そうな顔してんだ!」
「でも、時給いいじゃん」
「こら――! 私が新歓コンパでされたようなことじゃすまねぇんだぞ!」
「ごめん、嘘」
 説教しながらぐるぐる回していた暦の腕の動きが止まった。周りのテーブルからは押し殺した
笑い声が聞こえていた。
「なんで、おまえはそんな嘘ついた!」
「よみが焦るかなぁと思って」
「で! 実際は?」
「まあそう怒るな。私は今探してる。よみは?」
 暦は軽く眼鏡の縁を上げた。
「まあ、家庭教師といったところだ」
「うわっ! なんだその勝ち誇った顔は! いいですなぁ、一流大学の女子大生は」
「まあ、時給がいい分大変だぞ。人に教えるのって中々難しいんだよ」
「じゃあ、ここはよみのおごりだね」
「当たり前のように言うな」

57 :大学生活@今後の予定:02/09/25 22:49 ID:???
「で、まあ大阪は知ってるけど、他のみんなはどうなの?」
「榊はマヤーと一緒に一人暮らしだし、神楽は体育大学で相変わらず運動漬けで、ちよちゃんは
留学のためにアメリカ行っちゃったな」
「ちよちゃんは大統領になるために行ったんだよな?」
「いや、その前にまず大学だろう」
「ちよちゃんは無理だとしても、榊ちゃんには会いたいな。マヤーは嫌いだけど」
「あれはお前が悪い! まあ、久しぶりにボンクラーズ見たいしな。神楽も呼ばなきゃな」
「ボンクラーズって言うな!」
「ははははは」
「あと、ゆかりちゃんとにゃもちゃんも呼ぼう。なるべく給料日の辺りでさ」
「ともにしては名案だな」
 その時、智の携帯電話が鳴った。表示パネルには「大阪」と表示されている
「授業が終わった? じゃあ、表参道まで来い! 今よみと一緒だ!」
 ――わかったぁ。じゃあ、これからそっち行くなあ
 智が通話を切ると、怪訝そうな顔で暦が尋ねた。
「あいつが一人でここまで来れるのか?」
「さあ?」
「さあじゃないだろ」
「まあ、大学も一人で通えるようになったし……」
 二人は顔を見合わせた。
「もう一杯頼むか?」
「よし! じゃあ私はケーキも」
「それは私に対する嫌がらせか?」
「気にするな! よ、涙のダイエット少女!」
「それは忘れろ!」
 暦は店員にオーダーを注文すると、水を一口飲んで智に尋ねた。
「大阪が来たら、どうするんだ?」
「久しぶりにカラオケに行きますか。よみの美声を堪能したいし」
「あー! もう!」
 そう言って、暦は腕組みしながら怒ったそぶりを見せたが、久しぶりの親友とのやり取りは悪
いものでは無かった。ほんのちょっとだけ離れただけだが、変わってしまってないだろうかとい
う不安が暦にはあった。だが、智も歩も相変わらずで、それがなによりも嬉しかった。

58 :メロン名無しさん:02/09/25 22:50 ID:???
DVD見たら、色々おもいついたので書いてみました。
そんなに萌えはないかもしれないけど、
こんなほのぼのとした会話をしてそうだなあという感じです。

59 :メロン名無しさん:02/09/25 22:58 ID:???
>>58
よみ、とも共に凄く生き生きとしてるし
テンポもいい、最高!
あと、会話文主体の方がキャラがうまく動くのか〜
非常に参考になりますた。


60 :メロン名無しさん:02/09/25 23:28 ID:???
大学生活@すんごく(・∀・)イイ!です
こーゆう日常のやりとりってほんとに癒される・・・あるいみあずまんがの極意というか。
>>59たんと同意見ですがテンポがいいのに感激しますた。続きも期待してます

61 :メロン名無しさん:02/09/25 23:40 ID:???
>58
>智も歩も相変わらずで、それがなによりも嬉しかった

読んでる折れも、それが嬉しかったよ。グッドジョブ!

62 :メロン名無しさん:02/09/26 00:07 ID:???
>>53
超新星(スーパーノヴァ)誕生、嬉しいとこだね
名前がまたこだわってるのが高ポイント(w
>>60も言ってるけど、やっぱりあずまんがの魅力はこういうほのぼのしたところ
だと思う その分、このSSはカンジ出てて凄い良く出来てると思うよ
俺も今修行中だけど、お互い頑張りましょう
次回作も期待してますよ

63 :語り部:02/09/26 00:51 ID:RyUiY7Vp
来たよ〜!げんき〜?

64 :語り部:02/09/26 00:51 ID:???
かまってくんウザいな

65 :騙り部:02/09/26 01:23 ID:???
来たよ〜瀕死〜?

66 :メロン名無しさん:02/09/26 01:37 ID:???
皆様こんばんは。伊藤鬼作にございます。
さて今夜は、新たな肉壷が決定いたしましたので、御報告に参上
仕りました。
今回のターゲットは、自称暴走女子高生、滝野智様にございます。
後先省みず暴走する、元気な女子高生。
その肉のお味はいかほどのものでしょうか?

67 :メロン名無しさん:02/09/26 01:41 ID:???
[ある日常の一コマ]



冬。学校が終わって帰るいつもの仲良しグループ。
曲がり角でちよちゃん、大坂と別れよみと智は二人になった。
よみ)「なあ、ちょっと寄りたいところがあるんだけど」
とも)「ん?どこ?」
よみ)「ほら、この間ちよちゃんと一緒に行った豚まんの店だよ。
   今、期間限定であんまんも売ってるらしいんだ」 
とも)「あ〜、あそこの店か!・・・って、あれ?」
よみ)「ん?どうした?」
とも)「よみ〜、お前今ダイエット中じゃないの?」
よみ)「糖分は能の回転に必要なんだ、だからいいんだよ」
とも)「へいへい、そりゃ都合のいいことで。分かった、行こう」
よみ)「よし、決まりだな」
とも)「あれれ?暦さんってば何か嬉しそうですな〜?」
よみ)「ふふ、そういうお前こそどうなんだよ?」
とも)「えへへ、ばれたか・・・」


68 :メロン名無しさん:02/09/26 01:42 ID:???
よみ)「すみません、あんまん一つづつ下さい」
とも)「え〜?よみのおごりじゃないの〜?」
よみ)「んな訳ないだろ」
とも)「ちぇっ、しょうがないな〜」

おいしそうな湯気の出るあんまんを、仲良く一緒に頬張るよみと智。
とも)「・・・ん、おいし♪」
よみ)「な?わざわざ寄り道した甲斐があっただろ?」
とも)「その意見についてはアタシも賛成だ」
よみ)「・・・使い方が違うと思うな、その台詞」
とも)「え〜?そうかな〜?」
ふと言葉を止め、じーっとよみの顔を見る智。
よみ)「・・・?何だよ、顔になんか付いてるか?」
とも)「うん、付いてる・・・あんこが」
よみ)「え?ど、どこに?」
ちょっと慌てて頬に手をやるよみ。場所を教える智。
とも)「違うって、もうちょい右!・・・あ、今のところの近く!」
よみ)「え?こ、ここか?」
とも)「だーっ!違う!下!もうちょい下!
・・・う〜、埒が明かない・・・こうなったら・・・」
よみ)「?」
何かを決心して、よみの頬に顔を寄せる智。そして・・・


69 :メロン名無しさん:02/09/26 01:43 ID:???
――――ぺろっ
よみ)「わっ!な、何すんだよ!いきなり!」
とも)「えへへ〜、「よみあんこ」ゲット♪」
よみ)「・・・何だよ、ソレ」
とも)「まあまあ・・・あんこも取れたし、アタシも余分にあんこ食べられたし、
   まさに一石二鳥ってことでいいじゃない♪」
よみ)「・・・そうだな、まあ・・・いっか!」
とも)「へへへへへ・・・」
よみ)「・・・ふふふふふ」
自然に笑いがこみ上げてきた二人。
お互い、なんとなくいい気持ちだった。

お互い仲良く談笑しながら、家に向かうよみと智。
いつの間にか、二人は手を握っていた。
とも)「―――なあ」
よみ)「んー?」
とも)「今夜またあんたん家行ってもいい?」
よみ)「ああ、別に構わないけど・・・構ってやらないぞ?」
とも)「いいよ、別に。アタシは『涙のダイエット少女ちゃん』としてラジオに
   “今日ダイエット無視してあんまん食べちゃいました〜”って送るから」
よみ)「てめ、このやろ!」
とも)「うわっ!暴力反対〜!」

走って逃げ智、追いかけるよみ・・・
あたりはすっかり夕焼け空で、風は少し冷たかったけれども
心はほんのちょっと暖かかった二人なのでした


・・・おしまい


70 :メロン名無しさん:02/09/26 01:45 ID:???
(´し_、` )プッ

71 :67:02/09/26 01:48 ID:???
・・・と、言うわけで。
初めてよみともネタのSS書いてみましたがどうだったでしょうか?
帰り道に寄ったコンビニでもうあんまん売ってたので「もうそんな時期か・・・」
と思ってるうちに、なんとなく智とよみが仲良く帰る姿が浮かんできたので
書いてみました。
当方、SS自体まだほとんど書いたことが無くて至らないところも多多ありますが
そこらへんはどうぞ一つ長い目で見てやって下さい

他のSS作家さん、新作期待してますんで宜しくお願いしますね


72 :メロン名無しさん:02/09/26 01:54 ID:???
自分は長距離トラッカーで住所不定のようなもの。
全国走り回っているといろんな噂も耳に入ってくる。
前回キミのスレッド(2種類あったようだが)にレスしたのも、
以前、自分が福島で聞いた噂と気味が悪いぐらい内容が一致
(ジーンズで銀歯でタバコ吸ってる云々…)していたことから、
止むにやまれぬ気持ちで、ということである。
いずれにしても、キミの執着心がどれほど強いかは分からない
が、
もし本気であれば、俺のように全国旅して回れるような仕事に
就くことも
選択肢の一つとしてお勧めする(強制はしないけど)。
いろんな噂(聞きたくない世間の噂まで)がイヤでも耳に入って
くるから…

でも気味が悪いほど一致していたんだよなあ、あれは何だった
んだろ?

73 :メロン名無しさん:02/09/26 01:55 ID:???
掲示板だけでなくてホームページを作ろうと思っています。でも
アップロードが
うまくいかず失敗に終わってしまいます。14さんに限らずみなさ
んに協力して
欲しいことは情報を提供して欲しいのです。テレビだったら何の
番組で何時に
放映したとかあと雑誌だったら何の雑誌で何月号の何ページと
いうふうに。
雑誌ならギャル雑誌なんか当たりが多いと思います。休み中外
に出ると確かに
ジーンズはいている女の子が歩いていたり自転車に乗っていた
り、車に乗っていたり
彼氏がいたりといろいろみかけますがさすがに口の中を見ると
いうチャンスがない
のです。すれちがった時にあくびをしてくれないと難しいです。
情報があった
場合はご協力お願いします。

74 :メロン名無しさん:02/09/26 01:55 ID:???
24さんどうもです。ジーンズの女の子は外にでればかならずと
いっていいほど
みかけますので、できれば銀歯の情報がほしいです。口の中
のことなので24さんの
いうとおりネックになってしまいます。ずっと口を開けてる子なん
ていないですし
口を開けるのは欠伸の時、ガムやあめを口に入れる時などわ
ずか一瞬のことです。
その一瞬の時にすれちがったりしないと見れないし角度が悪い
とみれないしすごく
確率が低くなってしまいますがもし見かけた場合はよろしくお願
いします。

75 :メロン名無しさん:02/09/26 01:55 ID:???
せっかくのスレなんだからさ、
皆で育てようじゃないか。

ところで、結局のところ女の子で銀歯あればそれでいいのか?
ジーパンは2の次でも譲れるのか?
年齢制限とかは?
で、その銀歯ってのはさ、かぶせてあるものだけしかNGなの
か?
それらの条件を満たしたとして、写真だけでは不満なのか?
実体(リアル)で見れなきゃダメなのか?

76 :メロン名無しさん:02/09/26 02:00 ID:???
なんだ、SSかとおもったらまた荒しか・・・。

>>71
イイ!

77 :みゃーるす:02/09/26 02:05 ID:???
>>59-62
どうもありがとう!極力、原作の雰囲気が出るように書いてみました。
5つに分けたのは、アニメに合わせてみてです。
ほんと、大学のレポートやんないで書いたかいがありました<ヲイ
一応、3話仕立ての予定なので、出来上がったらうpします

>>62
またーりしてるやね。(・∀・)イイ!!

>>59>>62>>71
おたがい、がんがろう!

78 :メロン名無しさん:02/09/26 02:06 ID:???
>>77
あ、うっかりJaneで書き込みの時に名前消すの忘れた・・・
名前欄は忘れてください・・・

79 :メロン名無しさん:02/09/26 02:07 ID:???
>>77
>>71
またーりしてるやね。(・∀・)イイ!!
だった。酔ってるということで、よしなに・・・

80 :メロン名無しさん:02/09/26 02:15 ID:???
>>72-75
       わけ            ワカ            ラン♪
       ―――           ―――           ―――
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    /;;;;;/Al`、/AV;;;;ヽ     /;;;;;/Al`、/AV;;;;ヽ     /;;;;;/Al`、/AV;;;;ヽ
    レV ●  ● レ;;/     レV ●  ● レ;;/     レV > < レ;;/
    |;;;;;| ┌‐┐″       |;;;;;| ┌‐┐″       |;;;;;| ┌‐┐″
   ノ;;;;;;;\_ヽ_/ /ミ     ノ;;;;;;\_ヽ_/ /ミ     ノ;;;;;;;\_ヽ_/ /ミ
        / 《 》 ヽ            / 《 》 ヽ         ⊂| ̄ 《 》   ̄|つ
   ⊂| ̄ ⊂匚_ノ          (_|つ  _|つ          ̄|  へ | ̄
     ̄ ̄|____|            |____|             ノ_/:::/__,|
       /:::::/:::::::〉         〈:::::ヽ::::ヽ        彡(_)::::/
      <:::::<::::::<           ):::::):::::)           /::::/
       (_(_)           (_)_)          (_)

81 :メロン名無しさん:02/09/26 07:39 ID:???
合同スレになったから、何か暦さん(私にとってはいつも"こよみさん")単独の
SS書きにくくなったような気がしないでもない。


82 :メロン名無しさん:02/09/26 08:09 ID:???
「気にするな」

83 :メロン名無しさん:02/09/26 08:25 ID:???
所詮滝野様も水原様もこの臭作めの
肉壷にございます。
クククク

84 :ちよ:02/09/26 09:45 ID:???
肉壷ってなんですか〜?


85 : ◆yomiLiPs :02/09/26 10:02 ID:???
>>82
「お前が言うな」BYよみの鋭いツッコミ。(w

てか、良質SSとコピペが一緒にキター。

SSのナレーションは津嘉山正種(クロスオーバーイレブン)調で脳内補完すると吉。


86 :メロン名無しさん:02/09/26 12:50 ID:???
とも「ボンクラ戦隊 タキノレンジャー!! ただいま参上っ!!」

87 :メロン名無しさん:02/09/26 13:31 ID:???
とも「ね〜、あたしらってベストフレンズだよなー?」
よみ「あ、ああ。ま、まぁな」
とも「でもさー、なんかもう一人いなかったっけ?」
よみ「? そうだっけ?気のせいだろ」

88 :メロン名無しさん:02/09/26 14:48 ID:???
そーいやはじめのころは
千尋&智&よみだったな。


89 :メロン名無しさん:02/09/26 14:50 ID:???
・・・千尋って誰だっけ?銭湯?

90 :メロン名無しさん:02/09/26 15:21 ID:???
・ちよに勉強を教えてもらっているのにゆかりに教えていると勘違いされた
・体育祭でかおりんと二人三脚をやるはずだった
・背景に結構いる
・体育祭の全員リレーでちよを抜かして申し訳なく思う


91 :千尋:02/09/26 15:21 ID:???
      i::::::::i::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::/  ゙,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       l:::::::l::::::::::::::::::::i:::::::::::::,'::::::::::::,/:::::::::::::/     ',:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,
      !::::::l:::::::::::::::::::i:::::::::::,/:::::::::, 'i::::::::::::::/     ',::::::::::|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       !::::|::::::::::::::::::l::::::::::/i:::::::, ' .i:::::::::::, '        ',::::::::八:::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::i
       !::,!::::::::::::::::l::::::::/ i':::/ l::::::::::厶rv'   i.、 ',::::::l ',:::ト、:::::::::::::::::::::::::ト、l
       y∧::::::::::::il::::::厶,|:/-─┤:::, '      `ヽ、,,_!::::i  ',::| ゙、:::::::::::::::::::::::i ',:i
       i ' ',::::::::::||:::/   '´ __,':/          ゙,:/゙''''''i:i‐‐、::::::::|ヽ:::::::::|  リ
       ゙、 ゙、::::::i レ' ,,,,,,ニ--ニ'ニヽ       _,,,.....!',_  リ  ,',:::::::| ヽ::::::!
        ゙、  \::|  (,,..-‐ ̄ ̄~`'ヾ'       ,r,'ニ-‐-ニ=...,, / ゙、::::|  ゙、:::!
           \  \                 ´    `‐‐'/  ,'i:::!    !/
          ヾ,‐-\                         i ,/ '!/
             \ト、\           ゝ         ,'´   !'
       _.,,,....--‐''"´ ゙ヽ、                  ノ‐-、,,,__
    ,r<~´          、ヽ、     -一       ,,、‐'"   /,>、
   レ'゙'ヽ、\\         ゙、 ゙'ヽ、       ,,、-‐ '~       ///\
  /   \\\        ゙、   ゙'' ‐---‐''"|        ///  ,r‐i
       智  も  よ  み  も  ひ  ど  い  よ  っ

92 :メロン名無しさん:02/09/26 16:59 ID:???
>>91
萌え-----------------------!
いかんここはよみ&ともスレなのに・・・

93 :メロン名無しさん:02/09/26 17:13 ID:???
これ見て樋口が好きになった。
ttp://www.manga-taichou.com/flame/omake_indexframeset.htm

94 :メロン名無しさん:02/09/26 18:53 ID:???
正直昔日の面影はないな、合体してこの様だし
次であず自体が終わっちまうシナ(ゲラ

95 :榊の所に行った:02/09/26 18:55 ID:???
みんなが来た!
大阪:こんちわ〜
とも:はろ〜!榊ちゃんげんき〜?
よみ:や〜!来たよ!
神楽:よ〜!げんきだったか?
榊 :うん!みんな、いらっしゃい!


96 :メロン名無しさん:02/09/26 18:57 ID:???
>>90
あと
3人よればかしましい

97 :榊の所に行った 2:02/09/26 18:57 ID:???
よみ:獣医ってたいへんだろ?
神楽:なんたって生き物だからな!
とも:よみや神楽の相手でなれてるだろ?
よみ:お前だろ!お前が一番てがかかるだろ!!
神楽:トナカイも知らなかったばかが何言ってんだ!
とも:く〜っ!ちっくしょ〜!
榊 :・・・・・動物は好きだからがんばれる!
        大変だけど勉強も楽しい!
大阪:な〜ミミズの病気もみれるようになった〜?
全員:・・・・・


98 :榊の所に行った 3:02/09/26 18:58 ID:???
とも&大阪:じゃーん!今日は家政科に通う私ら二人で料理をします!
よみ:おいおい!食べられるんだろうな!
大阪:わたしの勉強の成果をみて〜
神楽:期待できね〜な!榊〜!台所メチャクチャにされんぞ?
とも:失礼な事を言うな!あまりのうまさに舌が落ちるぞ!
よみ:ほっぺだろ!
榊 :せっかくだから・・・たのむ・・

99 :榊の所に行った 4:02/09/26 19:00 ID:???
とも&大阪:ワ〜ッ!ヒャ〜ッ!ウヒャ〜ッ!
よみ:あ〜っ!あいつらだいじょぶか?
神楽:きっとメチャクチャだぞ・・・
榊 :・・・
大阪:できたで〜!すぱげち〜・かるぼおならや!
よみ:カルボナーラだろ!
よみ・神楽・榊:お〜っ!
神楽:ちゃんとできてるじゃん!
榊 :おいしそうだ・・
大阪:はよ食べて〜
よみ・神楽・榊:・・・・・
神楽:そうだ!じゃんけんだ!
よみ:よし!負けたやつからな!
榊 :・・・解った!
大阪:・・・


100 :榊の所に行った 5:02/09/26 19:02 ID:???
よみ・神楽・榊:じゃんけん!ぽん!
神楽:よっしゃ!
榊 :勝った・・
よみ:はうわ〜!!!!そんな〜!!!
神楽:ほら、よみ!食べろよ!
大阪:・・・なんのこちゃ・・・よみちゃんそらひどいわ・・・
よみ:わかったよ〜!食べるよ〜!食べりゃ良いんだろ〜!
とも:大阪の料理はいつも変に一味多いんだよ・・・
よみ:変な事言うな!食べるぞ〜!
大阪:ど〜?おいしやろ〜?
よみ:!!おいしいじゃないか〜!いける!いけるよ!
とも:めずらし〜!そんなにうまいのか〜!
神楽:そーか!じゃ!
神楽・榊・とも・大阪:いっただっきま〜す!
神楽・榊・とも・大阪:!!!!!
よみ:なっ?いけるだろ!激辛でさ〜おいしいよ!
神楽・榊・とも・大阪:!!!火〜〜〜〜〜〜!!!
神楽:何だこれ!カルボナーラなのに辛すぎる!!
大阪:あか〜ん!またやっても〜た!!
とも:わすれてた・・・よみは味覚がおかしいんだった・・・
榊 :あっ味見しなきゃだめだ・・


101 :榊の所に行った 6:02/09/26 19:03 ID:???
よみ:でっ、ともの料理はどうした?
神楽:そうだよ!とりあえず持ってこいよ!
とも:つくってないよ
よみ:はっ?
とも:だからつくってないって!
神楽:私ら二人で作るっていっただろ?
よみ:おまえ台所でなにやってた?
とも:先生
よみ:おまえは子供か!

102 :榊の所に行った 7:02/09/26 19:04 ID:???
よみ:舌が落ちるんじゃなかったのか?
とも:たべたい?
よみ:は?
とも:ほんとにたべたいの?
よみ:なんだその迫力は?
大阪:ほんとに舌がおちるで〜!
神楽:おまえ、料理もだめなのか?
よみ:そうなのか・・・できないんだな・・・
榊 :・・・
とも:わ〜〜ん!そんなことないぞ〜!
   先生に目玉焼きは上手だっていわれたんだぞ〜!
よみ・神楽・榊・大阪:・・・・・・

103 :榊の所に行った 8:02/09/26 19:11 ID:???
大阪:ピカニャー!おおきなったな〜!
よみ:ほんとだ!元気にやってるみたいだね。
神楽:まだちっこいくせに強そうだな!喧嘩負けねーだろ?
榊 :喧嘩なんかさせない!いい子にしつけている・・・。
とも:わたしこいつきらいだ・・・
よみ:おまえはマヤーに負けたもんな。
とも:うるせー!!一回も負けてねーぞー!!こんなやつ〜!!



104 :メロン名無しさん:02/09/26 19:18 ID:???
まぁ何とかメールの配達も無事こなしてくれた。ルリに
もいい経験になっただろう。

「ますたぁ、ますたぁ。」

「・・・またかい?ルリ・・・。」

ここのところルリはおめかしに凝っている。ブティックの
ページからダウンロードした

データを使ってあれやこれやと着替えまくっている。

「ああ、似合うよ、似合うよ。」

確かにあれこれ着替えてどれも可愛いのだが1日中、
もう100着は着替えている。

いい加減こっちもまいってしまう。

「・・・。」

僕がなげやりな態度をとったからかルリは機嫌が悪く
なったようだ。

105 :メロン名無しさん:02/09/26 19:18 ID:???
僕がなげやりな態度をとったからかルリは機嫌が悪く
なったようだ。

「・・・まぁすこしはおとなしくなってくれるか・・・。」

「・・・ますたぁのばか・・・。」

それから2・3時間くらい経っただろうか。僕は休日の
今日を利用して、

溜まった洗濯物を片付けたり、部屋の掃除をしてい
た。

「まぁ一通り片付いたかな?」

そろそろ夕方だ。色々忙しくて昼飯もまだ食べていな
かった。

「・・・あれ? そういえば・・・ルリは?」

さっきおざなりにしてしてしまってから全然姿を見せて
いなかった。

「ルリハウスの中に居るのかな?」僕はルリハウスを起
動した。

106 :メロン名無しさん:02/09/26 19:18 ID:???
「♪るるる〜るんるん・・・・・! きゃぁぁぁぁぁぁ
ぁ!!」

「!!!」ルリは着替えの最中ですっぱだかだった!

「きゃぁぁぁぁ! でてって! でてって! ますたあの
ばかばかばかぁ!!!」

「ち、ちがうんだ! 知らなかったんだよ〜!!」

顔を真っ赤にしたルリが部屋の中のものを色々投げつ
けてきた。全てC・Gだから

当たっても全然痛くないが、ルリの凄まじい剣幕に僕
は慌ててルリハウスから飛び出た。

「・・・まいったなぁ・・・。」

一人暮しのいい年した僕が自分の部屋でこんな目に
遭うとは・・・人生なんて全くわかんない物だ。

「どうしたものかなぁ・・・年頃の女のコはデリケートだ
からなぁ。」

とりあえずイネスさんにでも相談しようか? ・・・いや
ダメだ。いちいち彼女の

力を借りるわけにはいかない。もう少し様子を見てみ
よう。

107 :メロン名無しさん:02/09/26 19:19 ID:???
ルリは相変わらず出てこない。相当怒ったのだろう。ま
ぁ当然か。

「ルリ〜、ごめんよ。そろそろ許してくれよぉ〜。」

僕は彼女の神経を逆撫でしないように気を付けて声を
かけてみた。

「・・・・・。」反応がない。まだ怒っているのかな?

「ルリ・・・入ってもいいかい?」

また返事がない。怒っているなら入ってくるなとか言う
はずだ。

「・・・ルリハウス起動・・・。」

ついつい声が小声になってしまう。

部屋に入るとなんの事はなかった。ルリは怒りつかれ
て眠ってしまっていた。

「・・・心配させるなよ・・・。」まぁ何はともあれ一安心
だ。

108 :メロン名無しさん:02/09/26 19:19 ID:???
「だから・・・ごめんってば・・・。」
「・・・。」

テーブルを囲んで僕とルリは晩御飯を食べている。目
を覚ましたルリは相変わらず不機嫌だ。

「でもどうして・・・その・・・着替えるんだったら一瞬で
変えられるだろう?」

「!」またルリが真っ赤になった。

「にせんごじゅうねんひちがつじゅうごにちはれ。きょう
 ますたぁの

へやで はだかのおんなのひとのでぇたぁをみつけ
た。るりのとくらべてみた。



ますたぁはやっぱりああいうのがこのみなのかな?」

109 :メロン名無しさん:02/09/26 19:21 ID:???
ageちゃうからこうなるんだよ・・・

110 :メロン名無しさん:02/09/26 19:28 ID:???
うんそうだね

111 :メロン名無しさん:02/09/26 21:05 ID:???
M字はげ

112 :メロン名無しさん:02/09/26 21:16 ID:???
書いて流されるより
読むほうが楽しい。
へタレ作家志望の俺は素直にロムる。

…いや、深い意味はないけどね。

113 :小ネタ書き:02/09/26 21:27 ID:???
>>112
自分はレス貰った事も流された事もあるクチだが、まあ、タイミングだよ。

age荒らしに対抗するには完全スルーでマターリすることだと思うが、
貴方も是非協力してくれ。

114 :メロン名無しさん:02/09/26 21:38 ID:???
むしろヘタなSSなぞ、どんどん流してもらって構わない

115 :メロン名無しさん:02/09/26 22:11 ID:???
1

116 :メロン名無しさん:02/09/26 22:42 ID:???
\(`Д´)/うぁーーーーん。
\(`Д´)/うぃーーーーん。
\(`Д´)/うぅーーーーん。
\(`Д´)/うぇーーーーん。
\(`Д´)/うぉーーーーん。
\(`Д´)/うがーーーーん。
\(`Д´)/うぎーーーーん。
\(`Д´)/うぐーーーーん。
\(`Д´)/うげーーーーん。
\(`Д´)/うごーーーーん。
\(`Д´)/うざーーーーん。
\(`Д´)/うじーーーーん。
\(`Д´)/うずーーーーん。
\(`Д´)/うぜーーーーん。
\(`Д´)/うぞーーーーん。
\(`Д´)/うだーーーーん。
\(`Д´)/うぢーーーーん。
\(`Д´)/うづーーーーん。
\(`Д´)/いじめるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん。
\(`Д´)/ぼぶゅーーーーーーーーーーーーん。

117 :メロン名無しさん:02/09/26 22:43 ID:???
(;゚∀゚)=3ムッハー

118 :メロン名無しさん:02/09/27 00:13 ID:YFB593uy
糞スレ閑古鳥

119 :メロン名無しさん:02/09/27 00:24 ID:???
はー、もう終わっちゃうのか・・・
でも原作はとっくに終わってるんだよね。


120 :メロン名無しさん:02/09/27 01:17 ID:???
>>103
嵐にめげずに続きを!
おたがいがんばりましょう!


121 :メロン名無しさん:02/09/27 01:24 ID:???
合併したら嵐も2倍かよ!まったく・・・

122 :メロン名無しさん:02/09/27 01:32 ID:???
<丶`∀´>

123 :メロン名無しさん:02/09/27 08:27 ID:???
とも「恋人できたんだ! 紹介するよ」

神楽「神楽です、よろしく・・・」

がばっ

よみ「・・・夢っ!?」

124 :メロン名無しさん:02/09/27 10:00 ID:???
>>123
いいな。それ。

125 :メロン名無しさん:02/09/27 10:19 ID:???
卒業後、久しぶりに智(&大阪)に逢った暦さん。
近況を語りつつも、懐かしい感覚を楽しんでいた。最初は。

しかし暦さんは知らなかった。大学に入って酒というニトロが加わった智の暴走っぷりが、
更に進化している事に...。


126 :メロン名無しさん:02/09/27 10:54 ID:???
「艦長!このままでは艦が持ちません!」
「しかたない!緊急浮上!」

127 :メロン名無しさん:02/09/27 11:45 ID:???
>>125
つか、SSでもよく1年生の段階で酒飲んでたりするけど
           違 法 で す

…俺も書いて飲ませたけどな

128 :メロン名無しさん:02/09/27 11:58 ID:???
「まずいヤーボだ!早く戦車を移動させるんだ!」

129 :メロン名無しさん:02/09/27 13:51 ID:???
ttp://www.hirai-rio.com/name/up2/img-box/img20020925074635.jpg

130 :メロン名無しさん:02/09/27 14:57 ID:???
既出かモナー

131 :語り部:02/09/27 20:47 ID:???
そうかモナー

132 :メロン名無しさん:02/09/27 23:00 ID:???
いや、俺は持ってなかったから嬉しいがね。
ありがとさん

133 :語り部:02/09/27 23:04 ID:???
( ゚∀゚)アヒャ

134 :メロン名無しさん:02/09/27 23:24 ID:???
書道家の片山敦子を拷問・調教していたぶりたいと思います。
乱れきった芸能人では少しさめてしまっているし、真剣に芸術を
志す女性を探していたら彼女にぶつかりました。以前TVか何か
にも出たりしていたので一般人ではないと判断し、ノミネート
しました。森口瑶子に似た色白で知性的な美人です。
想像を絶する拷問で片山敦子をめちゃくちゃに壊してやってください。

135 :メロン名無しさん:02/09/27 23:25 ID:???
其の一 プロフィール
片山敦子(かたやま あつこ)昭和41年9月3日生まれ 35歳
              乙女座・O型
164cm・44kg  書道家

男嫌いというわけではないが書の道に進むあまり今日まできて
しまった。
長身でスタイルもよく、森口瑶子に似た色白で知性的な美人で
あった。
趣味は茶道・華道・詩吟・俳句と日本的なものはひととおりやっ
ている。
あと空手と合気道もやっており、特に合気道は4段の腕前であ
った。
髪型は流行りの茶髪ではなく美しい黒のセミロングであった。
京都大学時代はミス京大に選ばれ、24歳の時にはミス京都に
も選ばれた。
京都のお祭りではお姫様役に選ばれた事もあるという。(推測
有)

136 :メロン名無しさん:02/09/27 23:26 ID:???
京都で片山敦子の書道展が今日終わり、敦子は帰路に着いて
いた。外出は
着物姿が多い敦子であったが、この日にかぎり何か感じるもの
があり
着物ではなく上品なワインレッドのズボンのスーツであった。敦
子の自宅は
人里はなれた所にあり、2,000坪の屋敷と裏にあるいくつかの
山はすべて
片山家のものであった。敦子が高校生の時に母を亡くし、昨年
父を亡くして
ひとり娘の敦子がその全てを相続した。他の資産も合わせると
20億とも30億
ともいわれている。当然その資産を狙って動き出したきな臭い
連中もいた。

137 :メロン名無しさん:02/09/27 23:27 ID:???
敦子が屋敷の門を開けようとした時であった。(誰かいる。)武
道家として
の気配がそう感じた。いきなり男がひとり後ろから襲い掛かって
きた。
敦子は男の手を掴むと思い切り地面に投げ飛ばした。違う男た
ちが次々と
襲い掛かってきた。しかし合気道や空手で護身術を極めている
敦子の敵
ではなかった。顔を突かれるもの、腹を突かれるもの、急所をけ
られるもの
今日は着物じゃなくズボンのスーツでよかったと敦子は思った。
敦子の前に男がひとり立っていた。「あとひとり、なんとか勝て
る。」
そう思った敦子の体に電流が走り、体の力が抜けた。倒したは
ずの男が
後ろから敦子にスタンガンを浴びせたのだった。

138 :メロン名無しさん:02/09/27 23:28 ID:???
敦子が気づくと暴力団かチンピラ風の男たち7〜8人に取り囲ま
れていた。
見慣れたその場所は敦子の自宅であった。「あなたたちは誰で
すか、
なぜこんなことをするんですか」敦子は臆することなく凛として
言った。
「おまえを調教して俺たちのいうことを何でも聞いてもらおうと思
ってな」
と男のひとりがニヤリとして言った。「なんですって!誰があなた
たちの
いうことなど聞くものですか、」敦子が言うと男のひとりが部屋
の隅に
何か液体を撒いた。「ガソリンだ。言うことを聞かなきゃこの家を
燃やして
やる。さあどうするかな。」

139 :メロン名無しさん:02/09/27 23:29 ID:???
DVD見てて思った。
初夢の話で、智が暦から「おかあさーん」って呼ばれてるけど、
あれって普段と逆の話だから、日常生活では暦は智から母呼ばわりされてる?
つまり、あれは2人の普段の関係が おかん暦+駄々っ子智 ってことではないか?
3年の体育祭では智のことおんぶしてたし。

書きかけのSSあるんだが、書き込むのは最終回終わってからの予定。
卒業直後ネタなので。


140 :メロン名無しさん:02/09/27 23:34 ID:???
荒すなよ!




同意もされず
煽られもせず
笑わすこともできず
笑われもせず

ああ、何故スレを立てたんだ>>1
ああ、何故スレを立てたんだ>>1

こんなはずじゃなかった 
こんなはずじゃなかった

さあ、回線を切ろう 樹海へ逝こう 
もう十分だ もう十分だ 
涙の痕が生きた証さ

141 :メロン名無しさん:02/09/27 23:38 ID:???
>>139
前半の話題は正直どうでもいいが
後半のSSについては期待する

142 :語り部:02/09/28 00:04 ID:???
モナーは「不幸の警告者」です。

古代ローマではJuno Monetaという忠告を司る女神が崇められていました。
そこから「告げる」という意味の古期英語monが生まれました。
その後、monに「行為者」を意味する接尾辞sterが付け加えられ、
monsterという言葉が出来ました。現在monsterは「怪物」と和訳されますが、
元々は「告げる者」、特に「不幸の訪れを警告する者」を意味していました。
此の世のものならぬ禍禍しい怪物の出現は、その後確実に訪れるであろう災禍の予言でもあったのです。
ところで、「行為者」を意味する接尾辞sterは現在はerになっています。
つまり、monsterとmonerは同義、モナーは「不幸の警告者」なのです。

もし貴方の書き込みに「オマエモナー」とレスをされたときは、どうか自身を深く省みて下さい。
モナーは貴方に警告しているのです。
「こんな、自分の見えていない厨房発言を繰り返していると、
いつの日か必ず不幸(例:叩き、アクセス制限)が訪れるだろう」と…。

因みに、Juno Monetaの神殿では貨幣が鋳造されていました。moneyはそれに由来します。
ですからモナーとマニーは、言うなれば同じ母を持つ「兄弟」であると言えるでしょう。


143 :メロン名無しさん:02/09/28 01:09 ID:???
>>95
続きはどうなったのよ?

144 :メロン名無しさん:02/09/28 01:10 ID:???
寒い

145 :メロン名無しさん:02/09/28 01:26 ID:???
>>144
風邪ひいたんちゃう?


146 :メロン名無しさん:02/09/28 01:35 ID:???
合同スレ思ったよりのびないね・・・
荒らしばっかりだし・・・

147 :メロン名無しさん:02/09/28 01:46 ID:???
ヨミたんのメガネにドピュっとな!

148 :メロン名無しさん:02/09/28 02:22 ID:???
>146
キャラスレは全体的に萌えが一通り出尽くしておとなしくなってるかも。
ニーソに(;´Д`)ハァハァとか言ってた頃が懐かしい。
…だからあんまし認めたくないが>147のような奴が今は貴重かも…

149 :メロン名無しさん:02/09/28 02:45 ID:???
だから>>95とかに途中で投げずにがんばってほしいね。
最初は下手なのはしょうがないんだよ。
せっかく建てた合同スレだし一緒にもりあげていきましょう!

150 :メロン名無しさん:02/09/28 04:51 ID:???
大丈夫、まだ萌えられる。

151 :メロン名無しさん:02/09/28 08:29 ID:???
単独キャラで4代目まで伸びたってすごいよ。
ともはキャラ的に動かしやすいんだろね。
作者もそんなこと言ってたし。

逆に大阪は難しい。どんなネタ書いても
自分で「あかん、これは大阪やない」って思ってまう。

152 :メロン名無しさん:02/09/28 08:53 ID:???
>>151
>>58の大阪はまあまあ上手くないか?

153 :メロン名無しさん:02/09/28 11:07 ID:???
>>152
あー、「自分で書いた場合」ってことで。
話が全然違う方向に飛んだと見せかけて
実は関係があったりするように見せかけて
やっぱり関係なかったり、いやほんとにそうか?
もう何言ってんだかわかんねーよ
って暦につっこまれるぐらいの大阪ネタを書きたいものですな。

しまった!ここはよみともスレだった!

154 :メロン名無しさん:02/09/28 11:57 ID:???


                 _____________
       ∧_∧    /
      (    )  < 無視すれば良いだろ
      (⊃ ⊂)   |
      | | |    \
      (__)_)      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        クルッ       _____________
       ∧_∧    /
      ( ・∀・ )彡< お前が家や学校でされているようにな!
     ⊂    つ  |
       人  Y     \ _____________
      し (_)




155 :メロン名無しさん:02/09/28 12:10 ID:???
おまえら、よみなんかのどこがいいんだ?
頭良さそうに見えるけどIT知らなかったし、
クールに見えて智に煽られてすぐキレるし、
北海道に行ったことぐらいを、えらそうに自慢してるし、
よみってほんとはダサいやつじゃねえか?
でもそんなところがかあいい!

156 :メロン名無しさん:02/09/28 12:29 ID:???
>>155
それを人は「人間らしい」と呼ぶ

157 :メロン名無しさん:02/09/28 12:46 ID:???
前回は智スレ3の<588〜<591
あずまんがcollege2−9
7月17日午前4時
京都市内

「う〜ん」
暦と呼ばれる少女は眼を覚ました。庭先から微かに虫の鳴き声が
聞こえている。彼女はいつもと異なる布団の感触に微かな違和感を感じて、
軽く首を振った。まだ夜は明けてはいなかったが、窓際からは微かな
月光が漏れ、和室の障子がぼんやりと浮かび上がっているのが見えた。
「そっか…」
暦は自分が、京都にある大阪の叔母さんの家に泊めてもらっていることを
思い出した。
彼女は上半身を起こし、眠気の残滓を振り払うかのように軽く
伸びをした。それから、周囲を回してみると、すぐ隣にす〜す〜と
寝息をたてている智の姿が見えた。しかし周囲は暗く、暦自身も近視で
あり、彼女の表情はよく分からなかった。
暦は暫くぼんやりと智の姿を眺めていたが、ふと思い出したかのように、
枕元に置いてある眼鏡ケースを探り当て、やや古いフレームの眼鏡をかけた。
「とも…」
小さく呟きながら、智の寝顔に顔を近づけた。暦の鼻腔に、幾分長くなった
ショートヘアから発散される、微かに甘い香りの微粒子が飛び込んできた。
いい夢をみているのだろうか、寝顔はとても幸せそうにみえた。


158 :メロン名無しさん:02/09/28 12:47 ID:???
「よみ…」
智の口から微かな寝言が微かに漏れた。
(私の夢を見ているんだろうか、夢の中でも暴走してるんだろうな)
暦は自分の想像にくすりと笑った。
「のばか」
(…どんな夢みてやがるんだ)
暦は智の寝顔をにらみつけたが、智は無邪気な寝顔のままだ。
「ともの莫迦」
軽く頬をつついてみる。つややかなほっぺたは弾力に富み、暦の指先を
柔らかくはじき返す。
「ん〜むにゃ」
智は軽く呟き、もぞもぞと体を動かした。そんな仕草を見つめていた暦は
普段は豊富にある自分の理性が急速に失われているのを感じていた。
(ほしい…)
暦は吸い込まれるように、智の唇に近づいていった。


159 :メロン名無しさん:02/09/28 12:48 ID:???
智は夢をみていた。
高校の制服を着た自分がいる。
席の隣に暦がいて、周りに大阪やちよちゃんもいる。
彼女達と楽しく騒いでいるいつもの情景が、智の無意識下に再現されている。
不意に場面は切り替わり、学校の屋上で暦のほしがるやきそばパンを、
智が全部食べてしまった光景が脳裏に浮かんだ。暦は怒り出し、智のほっぺたを
両手でつねった。やわらかい違和感を自分の頬に感じた。
怒った表情を見せた暦は、
「おしおきだっ」と叫んだ。
「はあっ?おしおき?」智が思わず問い返す。
「そうだ、おしおきだ」
にやりと笑った暦は弾力のある体を使って智の上にのしかかり、
智の両手をつかんだ。
「なっなにするんだ…」
智は慌てて体を左右に振り、暦から逃れようとする。しかし、
暦の力は強くほとんど動くことができない。
「おしおきとして、キスをする…」
言い放った暦は、身動きのできない智に近づき、彼女の顔に覆いかぶさった。
柔らかな感触を口元に感じて、智は夢の世界から追い出された。


160 :メロン名無しさん:02/09/28 12:49 ID:???
「えっ?」
智は大きく目を開いた。至近に暦の顔がある。そして自分の唇が塞がれている。
「なっなに」
頭が混乱する。いったい暦は何をしている?
智が眼を覚ましてしまったことに驚いたのか、暦は智の顔から離した。
そして、彼女の眼をしっかりと見据えて言った。
「すきなんだ…とも」
「へっ私のこと?」
頭がまだうまく動かない。しかし、痛いほど鋭いまなざしが智の瞳に
飛び込んでくる。
「よみ…」
「大学に行ってから、智に会えなくなって苦しかったんだ」
珍しく感情をあらわにして、重い想いの塊をはきだす暦の姿に、
智はただ驚いていた。
「智と一緒に暮らすことのできる大阪が羨ましくって仕方がなかったんだ」

(さびしかったんだな…)
智は大阪と一緒に暮らすことによって、楽しかった高校生活を懐かしがる
感情を経験しなくてすんでいた。しかし、暦は一人だった。とても寂しく、
せつなかったに違いない。
「ごめんな、よみ」
温かいまなざしで暦の眼差しを受けとめ、春の日だまりのような
微笑みを浮かべた。
暦は、自分のあふれでる感情を抑えきれなくなったのか、
智の上に覆いかぶさり、もう一度彼女の唇を塞いだ。
智は敢えて暦の行為に逆らわず、彼女の想いと唇を正面から受けとめた。
(今日は付き合ってやるよ…よみ)


161 :メロン名無しさん:02/09/28 12:51 ID:???
暦は最初に、やわらかい智の唇の感触を充分に味わった。
その後、暦の舌は彼女の口腔内への侵入を開始した。
「ん…んぐっ」
体に痺れるような感触を覚えた智は微かに声を漏らす。
その声に刺激されたのか、暦は彼女の舌を捕らえた。そしてざらざらと
した感触を味わいながら、ゆっくりと撫で回す。
「くう…っ」
体の芯に焼けるような痺れを覚え、智は喘ぎ声を抑えることができなく
なっていた。弾けるような彼女の反応に、暦はたまらなくなって、
自分の体を密着させる。そして焼けるように火照っている体温を全身で
受けとめる。
更に、暦は智の口を塞ぎながら、自分の右手を高校時代と比べてやや
ふくらみの出てきた胸にパジャマ越しに手をあてた。智の心臓が激しく
鼓動しているのが感じられる


162 :メロン名無しさん:02/09/28 12:51 ID:???
「智…」
智の胸の先端の突起物を軽くつねってみる。
「いやっ」
軽く拒絶の喘ぎ声をあげながら、体をよじる仕草に嗜虐心を覚えたのか、
暦は智のパジャマをたくしあげる。彼女の視界には、白いつややかな肌が
飛び込んできた。軽く脇腹のあたりを触ってみると、弾けるように
智の肢体が跳ねる。
暦は自分がとまらなくなってしまっていることを、脳裏に僅かに残っていた
理性が感じ取っていた。しかし、圧倒的に優勢を誇る欲望という感情が、
普段の冷静さを取り戻すことを阻んでいる。
理性を弾け飛ばした暦は、自分の顔を智の胸に顔をうずめ、
みずみずしい張りのある皮膚の感触を頬で感じとる。そして、
わずかに顔を起こし、大きいとはいえないふくらみを軽く眺めた後、
上端にある突起物に口を含んだ。
「あうっ」
敏感に反応する、智の反応を確かめながら、自分の舌端を使い、
なでまわすように回転させる。暫くその感触を楽しんだ後、
暦は歯をあて、かるく噛んだ。
「きゃうっ」
智は暦の容赦のない攻撃に体と脳が痺れ、つめを彼女の背中につきたて
たまま動けないでいる。暦はもう一度、喘ぎ顔を見ようと
視線を上に向けた。


163 :メロン名無しさん:02/09/28 12:52 ID:???
「う〜ん」
同じ部屋の別の場所から、微かな声が漏れた。
この部屋にもう一人住人がいることに、今になって気が付いた
智と暦は、「はっ」とした表情を浮かべて、あわてて密着した体を離した。
そして、そのまま体を固くして佇む。
幸いにして、もう一人の少女は軽く寝言を言っただけで、起きだす気配は
なかった。しかし、二人はなんとなくばつが悪くなり、体を離したまま
自分達の布団にもぐりこんだ。
周囲は静寂が支配しており、暦には、激しく鼓動する自分の心臓の音を
痛いほど耳にするだけだった。
暫くして隣の布団から微かに声が漏れ出してきた。
「おやすみ」
「おやすみ」
反射的に返事をした暦は、静かに眼を閉じた。
東の空は白みはじめ、小鳥のさえずりが何処からもなく
聞こえ始めてきた。


164 :メロン名無しさん:02/09/28 13:05 ID:???
∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∇・) < カステラ
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪
  ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∇・) < 1番!
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪
  ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∇・) < 電波は
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪
  ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´Д`) < 2ch!
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪
  ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∇・) < 3時の駄スレは
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪
  ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ゚Д゚) < 晒しage!
  | っ |っ  \________
  ⊂ノ〜
  ∪

165 :メロン名無しさん:02/09/28 13:08 ID:???
ミニモニ。クソスレぴょん!(ミニモニ。じゃんけんぴょん!)


スレ上げて(Oh!)上げません(Oh!) 

クソスレぴょんのクソスレぴょん!(クソスレぴょん!)

スレ上げて(Oh!)レス書いて(Oh!)

大阪弁じゃクソスレ立てるな( ゚Д゚)ゴルァ!

クソスレぴょん!クソスレぴょん!クソスレぴょん!(クソスレぴょん!)

クソスレぴょん!クソスレぴょん!クソスレぴょん!(クソスレぴょん!)

おいしいモーコー飲むのだぴょん!

ぱっぱっぱっぱ!書こう!貼ろう!

ぱっぱっぱっぱ!(;´Д`)ハァハァ だぴょん!

ぱっぱっぱっぱ!ハメよう!落とそう!

ぱっぱっぱっぱ!(・∀・)イイ! だぴょん!

マジレス信じてゆくのだぴょん!

レス書いて!スレ下げない!クソスレぴょん!


166 :メロン名無しさん:02/09/28 13:50 ID:???
ロボットはだめだろ。
此処までの話を総合すれば、かなりの確率で被弾する高さがあり、
反動の大きな砲も使用出来ない。
機動性を云々するがあれだけの重量の物体が二足歩行という移動手段で高機動を発揮するはずがない。
重心の移動を位置の移動に転換するのだろうけど・・・
巨大な重量を持つ脚部を高速で運動させるのは莫大な馬力が必要になる。
そのメカニズムが不明だ。
そもそも、作れないのではないか?
金属の強度を以てしても超重量を支えれば変形し破壊されてしまうだろう。
足場である地面の方も不安だ。地盤のしっかりしている岩場なら可能かも知れないが、
どこでも運用出来るとは云いがたい。
二足ではとても実用化出来ないと結論出来るが・・・

人間の10倍の身長を持てば、その重量は1000倍になる。
人間が70kgなら、70tだ。
材質が同じでは絶対に支えきれない。
軽量化と強度が問題だ、装甲など迄は至らないのでは?

火力と装甲と機動を突き詰めて完成したのが戦車なのだから、あの形状が一番なのだと思う。




167 :メロン名無しさん:02/09/28 14:32 ID:???
>163
久々の降臨。乙カレー。
ageバカとコピペバカのおかげで逃げ出したと思ってたけど。



168 :メロン名無しさん:02/09/28 14:37 ID:???
>>167
れすありがとう
全員が脳内あぽ〜んできればええんやけどね
まー書き込み自由の掲示板だから仕方ないか

えっと、ほぼ1ヶ月間中断していて申し訳ない。
いろいとと忙しかったもので(言い訳)
一応方向性がでてきたので、完成まできちんと書きたい
と思います。

169 :メロン名無しさん:02/09/28 14:37 ID:???
閑古鳥

170 :メロン名無しさん:02/09/28 14:37 ID:???
sage

171 :メロン名無しさん:02/09/28 16:19 ID:???
>168
がんばれ!
陰ながら応援しております。


172 :メロン名無しさん:02/09/28 16:20 ID:???
(過去スレから発掘)
親衛戦車旅団(44年編成)
T-34/85×3=小隊
小隊(3両)×3+1(中隊長車両)=10両
中隊(10両)×2+1(大隊長車両)=21両
大隊(21両)×3+2(旅団本部付け)=65両
計65両で旅団規模の戦車を揃えられます。

ハラショー
 [(ロシア) khorosho]
(感)
(1)よろしい。承知した。
(2)すばらしい。結構。
ЗА РОАИНУ!」(祖国のために!)

173 :メロン名無しさん:02/09/28 16:22 ID:???
さぁ、バカはほっといて神の降臨を待つとしようぞ。


174 :メロン名無しさん:02/09/28 16:59 ID:???
>>163
おおお、遂にあずまんがcollegeの続編が!!
前スレで「終わっちゃったの?」みたいなことを言ったぐらい期待してたので
すっごい楽しみにしてます
頑張ってね!!


175 :メロン名無しさん:02/09/28 17:00 ID:???
>>168
もはやエロパロの領域ですな
今はそのくらい強いのが必要なのかも…

176 :メロン名無しさん:02/09/28 17:39 ID:???
>>1-9


177 :メロン名無しさん:02/09/28 17:39 ID:???
あさっての最終回、最後に声優陣が出てきて
「ばいば〜い」
とかやらないよな?
ない話だとは思うけど、先週の香田晋を思いだしたら不安になってきた・・・

178 :メロン名無しさん:02/09/28 18:18 ID:???
>>177
そ・・それも怖いなぁ

それより怖いんが、最後に大学での生活ぶりなんかが一瞬出てきたりして、
それがまた原作設定の延長線からやたら外れてたりして。

一番最悪なのは「もうちょっとだけ続くんじゃ」
これだけはやめて欲しい。まじで。

179 :メロン名無しさん:02/09/28 18:24 ID:???
>>168
わーい、新作だー(^^)
寝言で自分の名前呼ばれてドキドキっての、自分も経験あるから面白かった。
あれは反則だよね。そんなんちゅーせーへん方がおかしいでー
…俺はヘタレなんで出来ませんでしたが。未だに後悔。

180 :メロン名無しさん:02/09/28 18:34 ID:???
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻ >179
甘酸っぱい人生歩んでんじゃねェ――

181 :メロン名無しさん:02/09/28 19:56 ID:???
>>1's brains cannot be found

The page you are looking for have been removed, had its name
changed, and is temporarily unavairable.
―――――――――――――――――――――――――――
Please try the following:
・If you paid the >>1, make sure that amount is
 enough.
・Open the 2ch, and then look for links to the
 information you want.
・Click the button to try another link.
・Click to look for information on the 2ch.



HTTP 666 - >>1 too dumb
Internet Explorer



182 :メロン名無しさん:02/09/28 20:03 ID:???
>179
そういう経験は将来の糧になる。
青春だな・・・・


183 :メロン名無しさん:02/09/28 20:07 ID:???
∧_∧
     ( ・∀・ )  <言いたい事はそれだけかね?
     /⌒~~`´~ヽ
    / /    ノ.\___
    ( /ヽ   |\___E)
    \ /   |    ||
      (   _ノ |   Λ||Λ
      |   / /  (/ ⌒ヽ
      |  / /   | |  | ←>>2
      (  ) )    ∪ / ノ
      | | /     | ||
      | | |.     ∪∪
     / |\ \
     ∠/   ̄



184 :いつぞやの事件の後日談:02/09/28 20:23 ID:???
「……今日な、卒業式だったんだ」
線香の煙が風に揺れ、人気の無い墓地でひとり、立ち上がる。
そして、自分も毎回律儀だなと思いながら、彼女は墓前に果物を供えるのだ。
それは水原暦と親友との再会の儀式。
零れ落ちた思い出を振り返る、暦なりの礼儀だった。

時は、滝野智の死からそろそろ一年が過ぎようとしていた。

「ったく、おまえの所はいつも散らかってるよな」
昔とちっとも変らねーなとも呟いて、暦は辺りの掃除を始めた。
暫くすれば、ちよ達が智の卒業証書を持って現われるだろう。
その前に暦はどうしても自分の手で親友を綺麗にしておきたかった。
そうする事で他者と自分との違いを確かめたかったのだ。
結局は自己満足だが、暦にはそれだけの価値があった。
親友に迷惑を掛けられるのは今も昔も彼女だけの役割なのだから。
掃除も終盤に差し掛かれば、暦は掻き集めたゴミの中に先月供えた果物の食べ残しを発見した。
おそらく野犬か何かの仕業だろう。
暦にしてもそれは解っているのだが、
それ以外の考えがいつも胸の内に浮んでしまう。
そう思う事で、暦は親友と繋がっていたかった。
いつか自分から歩き出すその日まで、暦は思い出の中に留まる事を選んだのだ。
「……おまえ、バナナ好きだったよな」
呟くと、暦は今供えたばかりのフルーツバスケットからバナナだけを手に取った。
「――だから、おまえにはやらん。これはみんなで食べる」
悔しかったら化けて出てみろ。
暦は嘯いて、バナナを一房剥いて口にする。
たぶん、懐かしい味がした。
智の前では、そんな気分だった。

185 :語り部:02/09/28 20:24 ID:???
>>183
プ

186 :メロン名無しさん:02/09/28 20:24 ID:???
k


187 :メロン名無しさん:02/09/28 20:32 ID:???
>>184
(・∀・)イイ!俺はこう言うのが好きだ、大好きだ。
これは煽りでもなんでもない、こう言うのが好きだ。

死んでしまえば記憶の中で年老いることなく永遠にに
若く美しいままだし( ゚∀゚)アヒャ
と害基地を演じてみるテスト

でもコレは好き

188 :メロン名無しさん:02/09/28 20:35 ID:???
>184
をを・・・すごくなつかしいネタの続きですな・・・
鬱系のSSがいやな人もおりましょうが、

「これはこれで」



189 :メロン名無しさん:02/09/28 20:41 ID:???
 

190 :メロン名無しさん:02/09/28 20:44 ID:???
>>185
う・ざ・い・よ

191 :語り部:02/09/28 20:45 ID:???
(´し_、` )プッ

192 :メロン名無しさん:02/09/28 20:48 ID:???
∧_∧
     ( ・∀・ )  <あのー、ずれてるんで
     /⌒~~`´~ヽ
    / /    ノ.\___
    ( /ヽ   |\___E)
    \ /   |    ||
      (   _ノ |   Λ||Λ
      |   / /  (/ ⌒ヽ
      |  / /   | |  | ←>>183 
      (  ) )    ∪ / ノ
      | | /     | ||
      | | |.     ∪∪
     / |\ \
     ∠/   ̄

193 :メロン名無しさん:02/09/28 20:49 ID:???
>188
どの続きですか?詳細キボンヌ

194 :メロン名無しさん:02/09/28 20:53 ID:???
>193
ともスレの一番最初か2番目の奴。
「ともが在学中に死んだ」というネタで書かれてた記憶が・・・


195 :メロン名無しさん:02/09/28 20:55 ID:???
>190
相手しちゃダメだよ。
そんなちょっとした反応でも調子に乗る
「う れ し が り」
だから。

191がいい例だ。



196 :メロン名無しさん:02/09/28 20:58 ID:???
ジサクジエンで↓。>>195


197 :メロン名無しさん:02/09/28 21:07 ID:???
(・∀・)ジサクジエン?

198 :メロン名無しさん:02/09/28 21:07 ID:???
>>194
もともとは原作スレにあったやつだけどね。

199 :メロン名無しさん:02/09/28 21:08 ID:???
>198
フォロースマソ。


200 :メロン名無しさん:02/09/28 21:17 ID:???
うんこしてー

201 :メロン名無しさん:02/09/28 21:18 ID:???
>>194
むちゃ読みてぇ。誰かもってるひと再うpぷりーず

202 :メロン名無しさん:02/09/28 21:25 ID:???
うこしてくるわ

203 :語り部:02/09/28 21:26 ID:???
うんこのお供しても(・∀・)イイ!ですか?

204 :メロン名無しさん:02/09/28 21:28 ID:???
>201
保管してる人居るんだろうか?
ざっとその辺のSS保管庫見ても無さそうだしなぁ・・・

何せ初期だからね・・・


205 :メロン名無しさん:02/09/28 21:31 ID:???
俺は一瞬、別荘で起きた事件の続きかとおもた。
かまいたちの夜みたいなやつ。

206 :メロン名無しさん:02/09/28 21:40 ID:???
別荘でうんこしてくるわ

207 :メロン名無しさん:02/09/28 21:54 ID:???
>205
確かに別荘合宿中に
大阪がよみを殺すというやつもあったな・・・

保管してる神は居ないのか・・・・


208 :語り部 :02/09/28 21:59 ID:???
してるよ。
紙と呼べ

209 :メロン名無しさん:02/09/28 22:04 ID:???
>207


210 :メロン名無しさん:02/09/28 22:05 ID:???
>209
スマソ。誤爆。


211 :メロン名無しさん:02/09/28 22:13 ID:???
前回は<<157-163
あずまんがcollege2−10
7月17日午前8時30分
京都市内

「ん〜」
大阪と呼ばれる少女は眼を覚ました。
普段から、ぼ〜としているといわれている彼女であったが、寝起きの時の
表情は更にぼんやりとしており、愛らしい大きな黒い瞳は今はまだ半分
閉じたままである。
暫くしてから、ゆっくりとした動作で大阪は半身を起こした。つややかな
セミロングの一房が彼女の頬を優しくなでる。数回首を振りあたりを
見渡すが、普段は大阪より早起きな智も、そして生活が規則正しそうな暦も
未だぐっすりと眠りについている。
「へへ〜早起きさんやな、私って」
半分意識を水面下に置いたまま、大阪はちょっと得意げにつぶやいた。
「そや、早起きは三文の得ってゆーけど、おねぼうしたらどうなるんやろ…
早起きが得なら、おねぼうさんは三文の損なんやろか?
そもそも三文ってなんなん?
そやっ昔のお金の単位や!社会の先生が言ってたのおもいだしたで、
私ってもしかしたら天才かもしれへん。
そーゆーたら今やったら早起きは3円の得っていうんやろな〜
ほんでも3円って安いな〜3ドルくらいやったらどうやろ…」


212 :メロン名無しさん:02/09/28 22:14 ID:???
「歩ちゃ〜ん、ご飯できたで〜」
ぼんやりと思考の迷路にはまりこんだ大阪であったが、台所から叔母の声が
するのを聞くと、おもむろに立ち上がり、ゆっくりと台所に歩いていった。
「叔母さん、おはよ〜さん」
「おはよう、歩ちゃん」
大阪の母の妹にあたるエプロン姿の女性は、微笑みを浮かべて挨拶した。
どことなく面影が似ているが、彼女と違って動作が快活そうである。
「歩ちゃん、お友達を起こしておいで」
叔母にいわれた大阪は、ふとあることを思い出した。
(そやっ合宿の時、失敗したあれをやってみるチャンスやで)
自分の思いつきに夢中になった彼女は、台所の下にもぐりこみ、しばらく
がさがさと音をたてていたが、やがてあるものを取りだし、ゆっくりと
立ち上がった。
そして、ふらふら〜とした足取りで、智と暦の寝室に向かっていった。
その時、大阪の叔母は食器を探していて、大阪から背を向けている
格好になっており、彼女が何時の間にか台所から去っていたことに、
全く気がつかなかった。


213 :メロン名無しさん:02/09/28 22:18 ID:???
>212
キターーーーーー!!
再度降臨!

アレを持ってきますか・・・(W


214 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

215 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

216 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

217 :212:02/09/28 22:20 ID:???
しまったー
後の展開考えずにやってもた・・・
この先どないしよ(汗

218 :メロン名無しさん:02/09/28 22:21 ID:???
>212
いったいどういう落ちになるのか想像が付きませぬ。
ワクワク・・・


219 :語り部 :02/09/28 22:21 ID:???
大反響だな

220 :メロン名無しさん:02/09/28 22:22 ID:???
>217
ガーソ!!


221 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

222 :メロン名無しさん:02/09/28 22:24 ID:???
>217
何とかなる!
気にせずに突っ走れ!



223 :保存してた人:02/09/28 22:24 ID:???
>>201
ほい。


「回転防御だなんて……最後までバカなんだから………」
火葬場を後にした水原暦は、天へと登る一筋の灰を見上げ、呟いた。
涙はさすがに出尽くしたはずなのに、棺と共に焼かる友人の姿に、
もう一度泣いた。
「……バヵ…」
仲間達と別れ、一人事故現場までやって来ると、
牛乳ビンに添えられた一輪の花が水原暦を出迎えた。
黄色のお日様みたいな小さな花が、寂しく揺れていた。
「……とも」
繰り返し続けた、名前。
もう二度と彼女に対して使われる事の無い、音。
「…………バカ………バカバカバカバカバカァっっ!!!」
突然、水原暦は人目もはばからずに叫んでいた。
それが、出会った頃からその終わりまで彼女を形容する全てだったから。
そう思わなければこの別れを信じられず、抜け出せなくなってしまうから。
だけど、動けなくなった。
人を型どったチョークの線は、やはり、親友の最後なのだ。
不敵な笑みを浮かべて、人をおちょくる少女はもういないのだ。
この世界のどこを探しても、おそらく見つからないのだ。
死は、そういう物だから。
「……じゃーな」
思っていたよりすんなりと、声に出た。
だから、背を向けて歩き始めた水原暦は、もう降り返らなかった。

『またな』

街の喧騒と風の中で、そんな声が聞こえた。
それだけだった。

224 :保存してた人:02/09/28 22:25 ID:???
これも。


再会1

ピッピッピッ…ピ―――――――――――……
命を刻む電子音が、その日、ピリオドを奏でた。
ベッドの上には老婆。
不思議とその顔は、死を向えながらも幸せに満ちている。
老婆を囲むのは家族。
それぞれが、思い思いの言葉をかけ、
ある者は泣き、またある者は必死に皮と骨だけの手を握り締め、叫んだ。
だけどその声も、もう届かない。
老婆は、そんな場所にいるのだ。
水原暦、享年92歳。
彼女は家族に看取られて、笑顔のままこの世を去った。

225 :保存してた人:02/09/28 22:27 ID:???
>>224の続き


再会2

『……また、逢えたね』
生涯を終え、闇へと沈む死者の意識が聞いたのは懐かしい響き。
知り合いの声だと思い出した水原暦がその主を探すと、すぐ側に気配を感じた。
数年前に光を失った老いた目でも、それが誰なのかくらいは理解できた。
少女が、立っていた。
水原暦が過去に置き去りにした大切な友達――滝野智が、そこにいた。
「久しぶり。元気だった?」
いたずらっ子特有の不敵な笑みを見せる少女は、へへっと頬を歪ませ、
『まぁ、死んでから元気も何もないんだけどね』
やはり記憶のままに接してくれた。
それが嬉しかったのだろうか、水原暦の瞳からは止め処もない涙が溢れ、
彼女もそれを止めれなかった。
『よみってばあんまり遅いからさぁ、わざわざ私が迎えに―――』
水原暦は最後まで言わせなかった。
突然親友に抱き締められた滝野智は激しく動揺するが、水原暦は構わなかった。
そう、あの日からずっと、親友に対して届けたい言葉が彼女にはあるのだ。
「人に心配をかけるな! みんなを悲しませるなよ!! バカともっ!!!」
力の限り声を上げ、胸いっぱいの想いを親友にぶつけた。
何故なら、それが二人の再会だから。
もう悲しむことも、苦しむことも二人には無いのだ。
―――だから、泣くのはこれが最後だと水原暦は言う。
滝野智もそんな親友にとびきりの笑みを浮べ、共に優しく手を取り合った。
刻を経て二人がまた昔みたい笑い合える頃には、
一つに混ざり合う魂が天へと向ってどこまでも高く昇って行った。
喜びは果てしなく広がる世界に消えて、そして見えなくなった。


226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

228 :メロン名無しさん:02/09/28 22:36 ID:???
>>223 ありがd♪

死因って回転防御かよ(w
シリアスネタのはずなのに笑っちまった。
よみが人生全うした後、天国で再会するってのはいいね。
ちょい泣けたよ。

誰か過去の名作の保存庫作ってないのかな?

229 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

230 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:40 ID:???
>>226,227,229
は別人だから。
漏れじゃないよ。

231 :メロン名無しさん:02/09/28 22:43 ID:???
>>230
大丈夫w みんなわかってるって

232 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:44 ID:???
>>207
ちと長くなるけど。


灯火、風に吹かれて・・・』−−−1話−−−
「あー、久々だね!みんなで会うのも、ここに来るのも!」
到着するや否や、体を伸ばして声をあげたのは智だった。
「本当だな。ま、楽しもうぜ!」
神楽が同意する。相変わらず、この時期になると体が小麦色に焼けている。
大学にいっても水泳を続けてるらしい。
雲一つない澄んだ青空が広がり、青々とした草木が夏を演出する。
照りつける太陽は、まぶしすぎるほどの輝きを放っている。
今日は久々の同窓会。ちよ、とも、よみ、大阪、榊、神楽の仲良し6人組で、かつて高校時代に
毎年来ていたちよの別荘に来ている。各々の大学(ともと大阪は同じ大学だが)に進んでから中々時間が取れず、
今日、大学1年の夏休みにやっとこうしてみんなで会う機会を設けられた。
・・・いや、厳密に言うと各々で暇な時にたまに会ったりしてたのだが、
こうして全員で泊まりで遊ぶのは本当に久々のことである。
「それじゃみなさん、中に入りましょう!」
「おう!」
ちよのまだ幼さの抜けない元気なかけ声に、一同が呼応する。
「あー、ちよちゃんの別荘も久々だな!な、榊!」
「・・・うん」
「しかし、みんな変わんないよな。ま、あれから4ヶ月程度だしな・・・」
「ともちゃん、そのサングラスかっこええな〜」
「へへ、似合うでしょ?」
「ちよちゃん、アメリカでも楽しくやってる?」
「はい!とっても楽しいですよ!」


233 :212:02/09/28 22:44 ID:???
>>228
智スレ1の時は存在自体しらなかったんだよな・・・
不謹慎?ながら、回転防御には思わず笑ってもた。

234 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:45 ID:???
−−−2話−−−
中に入ると、1年前と全く変わらない、別荘の木の香りが漂っていた。
「うーん、いつ来てもここは居心地いいね〜」
「あ、2階行ったら絶景が見れそうやわ〜。ともちゃん、ちょっと付きおうて〜」
「うん、いいよ。それじゃ、レッツゴー!!」
「れっつご〜!」
別荘中に響く勢いの叫声をあげ、ドカドカと階段を上がっていく2人。
「やれやれ、相変わらずだね、あの2人は・・・」
「あれが2人のいいところじゃないですか〜」
呆れたと言わんばかりに呟くよみに、ちよがフォローするように言う。
「・・・そうか?」
口ではそういいながらも、心では半ば以上ちよに同意するよみであった。

−−−3話−−−
みんなで海を楽しんだり、夕食のバーベキューを満喫したりで、あっという間に時が経った。
時計は7時30分を回ったところだ。
「あ〜、もう食えねえ〜」
「また体重増えますなー、よみさん?」
「うるせえ!!」
実は図星だったが、とりあえず怒鳴っておく。
「まあまあ・・・」
食後のコーヒーを入れながら、ちよちゃんが無駄だと知りつつも口を出す。
「しかし、あれですな。こういうところではバーベキューが定番になってるけど、
 たまには出前寿司なんかもいいと思わない?」
「いきなり何言い出すんだ、お前は」
「でも、ここまで出前の人は来ないと思いますけど・・・。それに、今ここの電話使えないんですよ」
「へえ、そうなの?」
「ええ、でもまあ、電話を使う機会もないでしょうし・・・」

235 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:49 ID:???
>>234の続き

直後、大阪が思い出したように言った。
「ともちゃん、あれやろうや〜」
「おう、やるか!」
「ん?何やるんだ?」
「ふふん、実は私と大阪、将棋を覚えたのだ!」
「ふ〜ん・・・」
「な、何だ?!その素っ気無い反応は?
 もっと褒めてよ!『いや〜、将棋って知的なともらしいね〜』とかさ!」
「嘘をついてどうする」
よみの冷静かつ的確に突っ込みに、流石のともも少したじろぐ。
だが、それも一瞬の話だ。
「ぐっ・・・と、とにかく!大阪、行くぞ!」
「お〜!」
「え?ここでやるんじゃないのか?」
「私の荷物、2階やねん」
「あれだよ、高いところから景色を見ながらやるなんて、素敵じゃん?
 それでこそ、私の関根金太郎に匹敵する将棋の腕も引き立つってもんよ」
「あの、それは関根金次郎では・・・」
ちよちゃんの突っ込みには取り合わず、ともと大阪はしっかり自分のコーヒーは持って2階に上がっていた。
「ありゃ、覚え立てで私達の前でやるのが恥ずかしいんだな・・・」
それまでやりとりを聞いていただけだった神楽の発言に、4人は深く頷いた。

236 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

237 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:51 ID:???
残った4人は下で談笑し、そして明日のために早めに寝ることになった。
「ともと大阪の分のふとんはどうする?あいつら、まだ2階にいるよな?」
「ああ、あいつらはあいつらで大丈夫だろ。ちよちゃん、2階の部屋にもベッドあったよね?」
「はい!ダブルベッドだから、2人ともベッドで寝れると思います」
「ったく、すげえ別荘だな・・・」
「・・・うん」

そうして、何事もなく1日が終わるかに見えた。
だが・・・・・・

238 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:52 ID:???
−−−4話−−−
夜。消灯して1時間ほどした頃。
ちよはトイレにいくために布団から出た。妙に目が冴えて、眠れなくなってしまったのだ。
懐中電灯をもって、トイレに向かう。
(そういえば、1度階段を下りる音が聞こえたな。ともちゃんが台所でつまみ食いでもしてるのかな・・・)
用を足し、トイレを出る。さて、明日のためにも早く寝ないと、と思ったその時、
ドッ・・・ドッ・・・ドド・・・。
微かに物音が数度聞こえる。みんなが寝てる布団の方からだ!
ちよが布団の方に戻ろうとしたその時、
ダダダダダダダダ・・・。
今まさに向かおうとした布団の方から、誰かが走ってくる。
誰だろう、と懐中電灯を当てると、ショートカットにサングラス、そして見覚えのあるTシャツ、短パン・・・。
「あ、あの・・・」
ちよが呼びかける前に、その人影は通り過ぎて、そのまま足早に階段を上っていった。
もっとも、懐中電灯で見えた様子で、誰なのかは見当が着く。
「ともちゃん・・・?」
そうか、あの時の階段の音はともちゃんだったんだ。でも・・・?
多少不自然な様子を訝ったが、それより先程の物音の方が気になったちよは、布団の方へ急いだ。
みんなの寝てる場所に着くや否や、顔には懐中電灯を照らさないように辺りを照らしていく。
一番奥の布団が、妙に荒れている。そして、白い布団のはずなのに、何色かに染まってるように見える。赤・・・?
あそこの布団は確か・・・?
急いで奥の布団の様子がよく見えるところまで近づいていく。そして・・・、
「きゃああああああああああああああああ!!!」
絶叫が別荘中に響き渡った。


239 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:53 ID:???
その絶叫で2人は目を覚ました。
「どうした?!ちよちゃん?!」
灯りをつけながら問う。ちよは顔を両手で抑えて何も言わない。だが・・・。
灯りをつけた今、2人にもその光景がはっきりと見える。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
2人もその光景からすぐさま目をそらす。
なんで・・・なんでこんなことが・・・。
ちよが体を震わせて泣いている。そして、ほとんど聞こえない微かな声を絞り出すようにして言う。
「よみさん・・・」

240 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:54 ID:???
−−−5話−−−
こんなの・・・こんなの嘘だ・・・こんなの夢だ・・・!
だが、その思いとは裏腹に事実が、真実の光景が眼前に広がる。
のどを掻っ切られ、絶命しているよみが・・・。
「・・・・・・」
誰も口を開けない。誰もその事実を直視できない。誰も・・・。
ダダダダダダダ・・・。
上から誰かが降りてくる音がする。そして、
「どないしたん?!」
現れたのは大阪だった。流石にあの間延びした声では喋らない。
「どないしたん?!ちよちゃん、神楽ちゃん、榊ちゃん・・・あっ!!!」
大阪の目にもその凄惨な光景が映った。その光景は、それだけで事実を物語っていた。
「・・・・・・ッ!!!」
必死に目を逸らす。その光景から、その事実から。
「ともはどうした?」
神楽がハッとして大阪に訊ねた。
「ともちゃんは・・・なんか、外に出たくないとか言うて、来てくれなかったんや」
「どういうことだよ?!そんなこと言ってる場合じゃないだろ?!」
「下に来てたんです・・・」
口をはさんだのはちよだった。
「私が見つけるより先に、ともちゃんが見てるんです。それで、2階に上がっていったんです・・・」
あるいは・・・。
ちよはもう1つの可能性にも気づいていたが、それは到底口に出せるものではなかった。
「そうか・・・」
それを聞き、神楽は黙り込んだ。
そして、誰も喋ることがないまま、重い沈黙がその場を支配した。


241 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

242 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

243 :メロン名無しさん:02/09/28 22:56 ID:???
うー

244 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:57 ID:???
>>240の続き
・・・・・・。
その沈黙は、15分ほど続いた。
電話は壊れている。携帯電話は圏外。
歩いて警察までいくにもこの真夜中では危険(ましてや、犯人が近くにいる可能性もある)
完全に動けない状態だった。
「き、きっと外部犯だよな。そうに決まってるよな!」
神楽が無理に明るい声で問いかける。
「・・・凶器は・・・この別荘にあった包丁でした」
言いにくそうにちよが答える。確かに、よみの傍らには、血にまみれた包丁が落ちていた。
「それって・・・どういうこと?」
「この部屋では、小さい電球が1つ点いていただけでした。その暗い中を外から忍び込んだ犯人が、
 キッチンまでいって包丁を取り、よみさんを殺害して、その凶器を落として逃げていく・・・考えにくいことです・・・」
言いたくないことを無理矢理吐き出すように、ちよが説明した。
「くっ・・・じゃ、じゃあ何か?この中に・・・」
神楽が苦い表情で呟く。その先は、誰もが一番聞きたくない言葉だった。
「この中に犯人がいるっていうのか・・・?!」

わからない・・・みんな、犯人の可能性がある・・・?
ちよは口には出せなかったが、現時点ではそう結論づけていた。感情は激しく抵抗したが・・・。
そう、やり方によっては、ともだけが容疑者とは限らないのだ。
こういう時、目に見えるものだけに囚われて断定するのが一番危険だ。
だが・・・それよりも、ちよはある違和感をずっと感じていた。
あの時・・・よみの遺体を見つける寸前のあの時・・・。
なんでだろう・・・違和感を感じたのは・・・

245 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:58 ID:???
−−−6話−−−
「とりあえず、ともに会わないと始まらない」
神妙な面持ちで、神楽が言った。
「アイツは、第一発見者なんだ。それに・・・あの状況から考えると・・・」
その先は言えなかった。
「もう、我慢できねえ!ともを引っ張りだしてきてやる!!」
神楽が、堪忍袋の緒が切れたと言わんばかりにそう言って立ち上がった。
そして、2階へ向かおうとした時、
「待って!!」
普段からは想像もつかない大声で制止したのは、大阪だった。
「私が行ってくる。神楽ちゃんはここにいて」
「え?いいよ、私が・・・」
「神楽ちゃんはここに残ってて!」
眼光を鋭くして、強い口調で大阪が食い下がる。その顔は、かつて見たことがないほど真剣だ。
「まだ、外部犯の可能性も残ってるやろ?だったら、神楽ちゃんは守らなあかん。
 榊ちゃんと一緒に、ちよちゃんを守らなあかん!」
「・・・ああ、そうかもな」
尋常でない迫力の大阪が紡ぐ説得力ある言葉に、神楽は同意した。
「じゃあ、頼んだぞ、大阪」
「うん、そっちも頼むわ」

ちよは尚も思考を続けていた。
そういえば・・・。
違和感があったのはそれだけではない。今思うと・・・。
いや、実際それは些細なことだ。
それよりも、さっき考えてたあの違和感だ。あれが最重要ではないだろうか・・・?


246 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:59 ID:???
なあ榊、お前はどう思う?」
「・・・わからない。考えたくない!」
榊が頭を抱えて叫ぶ。人一倍優しい心を持つ彼女は、今回の事件のことなど考える気も失せていた。
ましてや、この中に犯人がいるなど・・・。
「待って!違うんや!ともちゃん!」
バタン!!
2階から、ほぼ同時に大阪の叫声とドアを開ける音、続いてバタバタと足音が聞こえてきた。
マズイ!!
瞬時にそう悟った3人は、急いで階段の方に向かう。
階段に、ちょうどともが見えた。サングラスで、その表情はわかりにくい。
「おい!待てよ、とも!!」
神楽が必死に呼びかける。しかし、ともはその足をとめる気配はない。
「とも!!」
やはりともは走り続ける。ついに、玄関前まで到達した。
「待てってば!とも!!」
3度目の神楽の呼びかけで、ついにともは足を止めた。
しかし、こっちには振り向かない。
「なあ、とも・・・なんで逃げるんだよ!違うんなら・・・弁解すりゃいいだけの話じゃねえか!
 なんで逃げる必要があるんだよ!
 それとも・・・何か?逃げなきゃいけない理由があるのか?なあ、どうなんだよ?!」
ともは、何も答えない。振り向きもしない。ただ、黙秘を続ける。

247 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 22:59 ID:???
「おい!何とか・・・」
「神楽さん、もういいです!」
遮ったのはちよだった。そして、ともに向き直る。
「いい加減にしてくださいよ・・・私達を弄んで、そんなに楽しいですか?!」
「お、おいちよちゃん・・・」
今度は神楽がちよの言葉を遮ろうとする。しかし、ちよはやめようとはしない。
「正直、あなたの目的はよくわかりません。でも・・・もうこんなことやめてください!
 お願いだから・・・!」
「ちよちゃん・・・」
「・・・・・・」
両目に涙を溜めて懇願するちよ。
それを、神楽と榊はただ聞いてるしかない。彼女らしからぬ鬼気迫る表情のせいもあるが、それよりも・・・。
2人とも、ちよの言葉の真意がわかりかねているのだ。
「・・・・・・」
一方、ともの方はそれでも、3人に背を向け、沈黙を守っている。
「何とか・・・言ったらどうですか・・・?」
涙目で・・・しかし、眼光は鋭くその背を睨みつけてちよが続ける。
「何とか言ったらどうなんですか、大阪さん?!」


248 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

249 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:00 ID:???
−−−7話−−−
「え・・・?」
神楽と榊は、一瞬呆けたようにポカーンとした後、ちよを見やる。
「ちよちゃん、何言ってんだよ・・・?」
神楽の問いに、ちよは答えない。その代わり・・・
「ちよちゃんには、かなわへんなぁ・・・」
目の前の背を向けた人物から、間延びしたあの声が・・・聞こえないはずのあの声がしてきた。
続いて前を向く。そして、サングラスを外してみせる。
髪型、服装こそ違うものの、その目は、誰が見ても明らかだった。
その双眸は―――間違いなく、大阪のものだ。
「大阪・・・?!」
まだ半ば信じられないといった様子で神楽が呟いた。

「ちよちゃん、いつわかったん?」
感心した、と言わんばかりの口調で大阪が言った。
「本当に、ついさっきのことです。決定的な証拠は、ありませんでした・・・。ただ、不審な点がいくつかありました」
いくらか落ち着きを戻した声で、ちよが話し始めた。
「まず・・・ともちゃんと大阪さんが2階で2人して篭っちゃったこと。
 せっかくの同窓会なのに、同じ大学に行った2人で長時間遊ぶ・・・。
 例え、将棋がどうこうとかどんな理由があろうと、これは不自然です。
 おそらく、どちらかが無理をしてこの状況を作り上げた・・・そう考えるのが妥当でしょう。
 それと、死体が目撃されてから、大阪さんが下に来るまで妙に時間がかかったことも気になります。
 しかし、そんな些細なことより一番の決め手となった不審点があります」
ちよはふう、と一息ついて、再び続けだした。
「サングラスです。私が夜、ともちゃんを見かけた時、その人影をともちゃんと断定した決め手は3つ。
 髪型と、服と、そしてサングラスでした。人が、相手の顔でもっとも深い印象を持つのが目です。
 逆に言えば、目さえ隠せば、通り過ぎた一瞬で相手を判断するのは飛躍的に難しくなります。
 判断を、髪型や服装に頼ることになる・・・」
「・・・・・・」

250 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

251 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

252 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:01 ID:???
「でも、これはすごい不自然なことなんです。夜、灯りの少ない中で行動する時にサングラスなんて、
 普通は絶対かけません。視界が悪すぎて、どう考えても危険です。
 ともちゃんが顔を隠すために着用したとも考えられなくもないですが、それにしたってこのことは妙・・・。
 私は、この一時がずっと気になっていました」
「で、でも待てよちよちゃん!」
淡々と話すちよの推理を、神楽が遮る。
「でも、服装もともと同じものだったんだろ?それっておかしくないか?
 まさか、ともの着る服と同じ服を持ってくるなんて・・・」
「それは・・・あれがともちゃんの服そのものなんですよ」
「・・・え?!」

多分、上に行く時にもっていったコーヒー。あれに、睡眠薬を仕込んだんです。
 そうすれば、消灯時間の頃にはともちゃんはぐっすりと夢の中です。
 睡眠薬は、初めて服薬する人間には恐ろしいくらいの効果がありますから・・・。
 睡眠薬を飲ませるのは、部屋で2人になってしまえば、
 相手の隙を窺っていれば造作もないことです。
 そうすれば、ともちゃんの服を自分が着て、変装するといった芸当も可能です。
 そして、今までこれだけ悲鳴や物音がしたのに、ともちゃんが未だに下に来ないことの説明もこれでつきます」
「・・・・・・」
ちよの推理に異議を唱えられるものは誰もいない。
「そして・・・」
「待ってくれ・・・!」
今度は榊が遮る。
「髪は・・・髪はどうするんだ・・・?」
「そ、そうだぜ!」
彼女の言いたいことに気づいた神楽も同意する。
「ちよちゃんの説明だと、大阪はともに変装してよみを殺して、そのあと大阪に戻って下に来て、
 そしてまたともに変装したってことになるだろうけど・・・。
 一度切って、また元の長さに伸ばして、また切るなんて不可能だよ!絶対無理だ!!」
「最初の大阪さんのセミロングヘアー・・・あれがカツラだとしたら?」
「え・・・?」

253 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

254 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

255 :メロン名無しさん:02/09/28 23:02 ID:???
>>184
> 「――だから、おまえにはやらん。これはみんなで食べる」
> 悔しかったら化けて出てみろ。
涙ぐんでシマタ
ヨカタよ

256 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:02 ID:???
「きっと、大阪さんはあらかじめ、ともちゃんと同じ髪型にセットしてたんです。
 それで、上からカツラをかぶる・・・そうすれば、髪型の微調整だけで、
 何度も髪型をすりかえることが出来ます。ここに来る前の日に髪を切れば、
 誰もそのことには気づかない。
 私達は当然、『4ヶ月程度だし、みんな外見が変わってないだろう』という思い込みがあります。
 カツラの下が変わり果てたショートカットだなんて、誰も思いません。
 絶妙なトリックです・・・」
「・・・・・・」
誰も、何も言えない。何も・・・。
そんな中、ちよの推理は続く。
「殺害の仕方も今思うと巧妙でした。寝静まったのを確認して・・・刃物で喉を掻っ切るか突くかすれば、
 叫ぶこともできずにふとんでもがいた後に間もなく絶命します・・・」
「・・・・・・!」
榊が考えたくないという風に首を振る。歯切れ悪く言いながら、ちよも全く同じことを思っていた。
「つまり、上でともちゃんの睡眠薬を飲ませて眠らせて、ともちゃんに変装し、
 消灯して時間が経ってから下にきて、よみさんを殺害し、上に戻って、
 急いで変装を解いて、誰かが死体を発見してから、いかにも起きて駆けつけたかのように
 大阪さんが出てきて、神楽さんが『ともを呼んでくる』と言われたので慌てて自分が
 上にともちゃんを呼んでくるといって2階に行き、
 1人演技をして、さもともちゃんが部屋から出て別荘を抜け出したかのように見せる・・・。
 もし、下に殺害に来たときに見られても、自分に疑いがかかることは全くない。
 自分のアリバイも成立したように見える。
 その先、どうしようと思ったかはわからないですけど・・・。
 何か、間違いはありますか?大阪さん・・・」

257 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

258 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

259 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:03 ID:???
−−−8話−−−
「ほんまに・・・ちよちゃんには敵わへんなあ・・・」
感服したと言った口調で大阪が呟いた。
「やっぱ、天才なんやなあ・・・」
「ふざけるなよ・・・!」
大阪ののんびりした口調に割り込み、神楽が怒りを露にして、大阪に向かって言った。
その双眸からは、涙が溢れている。
「なんでこんなことしたんだよ!なんでだよ!答えろよ!!」
しばらく黙っていたが、やがて大阪が口を開いた。
「あのな・・・私、ともちゃんが好きなんや」
「え・・・?そりゃ・・・」
「いや、ちゃうねん。そういう好きやなくてやなあ、その・・・」
少し顔を赤らめて続ける。
「恋愛対象というか・・・女としてというか・・・えーと・・・」
「大阪さん・・・!」
「大阪、お前・・・!」
驚愕の事実に、一同は思わず声を漏らすしかなかった。
「実は、高校の頃から気になってたんや。それで、ともちゃんと同じ大学行って・・・受かった時は、
 ホンマに嬉しかった。
 それで・・・大学行ってから、私、ともちゃんに告白したんや。
 でも、正直いい返事は期待してへんかった。きっと、『私、ノーマルだから。ハハハハハ!』
 なんて言われんやろな思うて・・・でも、それでもいいや、伝えてしまお思うて、思い切って言ったんや。
 そしたらな・・・」

260 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

261 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

262 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

263 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:07 ID:???
>>259の続き

そこで、一変して暗い表情になる。続いて、涙がこぼれ始める。
「ともちゃん、真顔で言うんや。『私には、よみがいるから』って・・・」
「・・・!それって・・・」
再び、一同は驚愕するしかない。
「思いがけない答えに、私は面食らってもうて・・・憂鬱になって・・・そして・・・」
溢れんばかりの涙とともに、大阪がその言葉をなんとか口にする。
「よみちゃんが、すんごい憎たらしくなった・・・」
「・・・・・・」
「それで、今回のことで呼ばれた時、絶好にして唯一の機会やと思って、それで・・・」
しばしの沈黙が辺りを包む。
誰も、喋れない。もう、正常な思考を保つのが精一杯だ。
「それで・・・よみを殺して、ともに罪をなすりつけようとしたってわけか・・・?」
神楽が、その重い沈黙をやっとのことで破る。
「ふざけるな!ともが好きなんだろ?!だったら・・・だったら、むしろ2人の幸せを願うべきだろ?!
 そうじゃないか?!違うか?!」
「わかってるねん!わかってるねんで?!」
涙ながらに大阪が抗論する。
「でも・・・ダメなんや。そんな正論は私には痛いだけなんや。
 嫉妬で狂ってしまいそうなんや!!」
あらん限りの声で大阪が叫ぶ。溢れる涙はとめどなく流れる。
「あ、もう狂ってるんやな・・・ハハ・・・最低やな、私・・・
 わかってるねんで・・・でも、大丈夫やで・・・もう、大丈夫やで・・・」
うってく変わって穏やかに喋りながら、ポケットから何かを取り出す。
そして、それを抜く。
それは・・・。
「!!!」
榊が一番速く気づいて、素早く抑えにいった。
・・・それより一瞬速く、それは正確に大阪の頚動脈を切断した。

264 :語り部:02/09/28 23:08 ID:???
おまえらほんと暇だな

265 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:08 ID:???
−−−9話−−−
「なんでだよ・・・なんでだよ!」
やりきれない気持ちがおさまらず、神楽が壁を蹴りつけて叫ぶ。
「とにかく、ともを起こしに行かないか?」
冷静さ―――に見える虚勢―――を見せながら、榊が提案する。
「・・・・・・」
ちよは1人、黙して考え事にふけっている。

「ん・・・?みんな、どうしたの?・・・え?まだ夜中じゃん!
 ・・・ってぎゃあぁぁぁぁぁ!なんで私、裸なの?!」
ベッドの中で、寝起きとは思えないテンションで叫ぶとも。
こんな状況でなければ、どんなにか賑やかになっただろう・・・。
「で、どうしたの?肝試しでも行くとか?
 ははっ、それならみんなでちよすけを脅かそうの会、なんてよさそうだね!アハハハハ!」
・・・・・・。
もちろん、誰も取り合えない。笑えない。
よく見ると、各々の頬をうっすらと涙が伝っている。
「・・・・・・?」
流石のとももやっとこれに気づき、怪訝そうな表情をする。
「あの・・・」
沈黙を破ったのは榊だった。
「落ち着いて・・・いや、それは無理だと思うけど・・・
 とにかく、聞いてほしい・・・・・・」

266 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:08 ID:???
「・・・ううっ・・・うううっ・・・ヒック・・・」
全てを聞いた時、ともの両の目は涙が止まらなくなっていた。
最初は「オイオイ!冗談でしょ?!ドッキリはやめてよ!」などと言っていたのだが、
下で全てを確認してからはずっとこの調子だ。
「こんなの・・・こんなのって・・・」
涙が止まらない。
しかし、それは無理もないことだ。自分と仲のいい―――各々、意味の違う仲だ・・・―――2人の人間が、
眠ってる間にこの世を去ってしまったのである。
「で、でもさ・・・ちよちゃんはすごいよな!そんな事件を一人で完璧に推理したんだろ?
 すごいよ、マジで・・・!」
必死に、明るい表情を取り繕って、ともが言う。
一方、ちよの方はさらに表情が曇る。涙が再び大量に流れ落ちる。
「冗談・・・言わないでください・・・」
なんとか、絞り出すようにして言う。
「私が、あんなこと言わなければ・・・全てを解かなければ・・・大阪さんは・・・!
 ・・・うわぁぁぁぁぁぁぁん!うわぁぁぁぁぁぁぁん!」
ついに、ちよが大声をあげて泣き出す。しかし、ここまで我慢できたことの方がむしろ奇跡と言えた。
「そんなこと言ったら・・・私だって・・・」
神楽が続けるようにして言う。その目からは、涙が止まらない。
「・・・・・・」
榊は無言で、深い悲しみを涙に変えて流し続ける。

267 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:09 ID:???
そしてふと、ちよが一言呟く。
「私も、死んでしまいた・・・」
「やめろ!!!」
力いっぱい遮ったのは、ともだった。
「もう、死ぬとか言うな!思っても、必死に抑えろ!
 違うだろ?!命って、そうやって失っていくものじゃないだろ?!
 やりとりするものじゃないだろ?!そういうものじゃないだろ?!
 どんなに相手が憎らしくても、自分が嫌になっても、命だけは奪うな!失うな!
 だって、そうじゃん?!そうだよね?!
 命ってのは、人間の奪い合いとかとは別次元に存在すべきものなんだ!
 自分から消してはいけない、一度限りの灯火なんだ!!・・・ねえ・・・?!」
ともの叫声が、別荘中に悲しく響き渡った。

−−−最終話−−−
太陽は煌めき、夏の青空がどこまでも広がっている。
かつて事件のおきたその別荘の前で、美浜ちよはたたずんでいる。
今日、この別荘に―――もう、仲間で集まることのないこの別荘に来たのは、
ある決意を今一度、再確認するためだった。
あれから1年。あの悲劇が起きてから1年。
やはり、ちよの心から、あの時の後悔が消えることはなかった。
今でも、後悔に押しつぶされそうになってしまうことがたまにある。
けれども、死にたいと思ったりはしない。
あの時、ともが叫んだ言葉・・・それは理想論に過ぎないかもしれないけど・・・
それでも、人間みんながそうなればいいな、と思わずにはいられないのだ。
ふと、自分の左胸に手を当ててみる。心臓の鼓動が・・・命の鼓動が感じられる。
これから、色んなものを失うかもしれない。あるいは、自分で断ち切るかもしれない。
でも、この命の灯りだけは・・・消さない!

空を見上げると、相変わらず、雲ひとつない青空が広がっている。
その澄んだ青空に、ちよは軽く笑いかけた。
『灯火、風に吹かれて・・・』−−−完−−−

268 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

269 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:11 ID:???
うう、なんか漏れをきっかけにして荒されてしまった・・・。

270 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

271 :語り部:02/09/28 23:12 ID:???
シンプルにいこうぜ

272 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

273 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

274 :語り部:02/09/28 23:18 ID:???


1000ほすい

275 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:29 ID:???
お詫び

下校途中、にわか雨に降られ、ともはよみの持っていた折りたたみ傘
の中に入り、肩をくっつけて歩いていた。辺りは雨雲の薄暗さに包ま
れているが歩行に問題はない。
二人は他愛のない話で盛り上がっていた。それでも、二人にとっては
大切なコミュニケーション方法であり、言わなくてもわかっている特
別な気持ちを、会話の中にそれとなく盛り込んでいく事を、二人は楽
しんでいた。周囲に注意が行き渡るわけもなく、二人の会話は弾む。
突然、茂みから暴漢が現れ、二人に襲い掛かった。よみは咄嗟に傘を
落とし、ともをかばうように正面から抱きしめて顔だけ振り向いて、
暴漢を睨みつける。
「お前、ともを傷つけたら許さない」
「よ、よみ……」
よみの凄みの利いた声に、暴漢は一瞬怯む。だが、内ポケットからナ
イフを出すと、叫び声を上げてよみの背中を目がけて刃を突き立てた。
よみは慌てて身を翻すが僅か遅く、ナイフの刃はずぶりとよみの脇腹
に深く突き刺さった。
暴漢はナイフを引き抜いてニヤリと笑うと、雨の中に消えていった。
「え?……なに……よみ?」
ともは状況を理解出来ず、混乱した。よみの両脇に手を入れて、ぐっ
たりしたよみの体を支える。よみは刺された脇腹を押さえて、引き攣
るような激痛に表情を歪めた。

276 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:30 ID:???
だ、大丈夫だ……とも……怪我はないか?」
消え入る声でそう言うと、よみは地面に崩れ落ちた。傷口から多量の
血が流れて、その血はともの手も赤く染めた。
「怪我してんのはよみの方じゃん!やだ……よみ……しっかりして!」
ともは、よみの押さえている脇腹に自分の手を重ねて出血を止めよう
とするが雨の力も手伝って、流れ出す血の勢いは止められなかった。
「よかった……ともに……怪我が……なくて……」
よみの顔色が変化していくのを目の当たりにして、ともは救急車を呼
ぶという事が思い付かず、激しいパニックに陥っていた。よみの肩を
揺さ振って、よみが意識を失わないよう泣き叫ぶ。
「嫌だ、よみ、よみ……死んじゃやだっ……いやだぁっ!」
薄れ行く意識の中で、ともの悲痛な叫び声を聞いたよみは、震える手
でともの頬に触れる。そして、精一杯の笑みを浮かべた。
「何、馬鹿な事……言ってんだよ、死ぬわけ……ないだ……ろ」
よみはそう言うと、ともの頬からがっくりと手を落とし、瞼を閉じた。
「うそ……よみ?冗談だよね?死ぬわけないって、たった今言ったばっ
かじゃん!よみ……私を置いていかないで……」
ともの号泣によみは反応を示さなくなり、ともはよみの体をぎゅっと
抱きしめ、ただ泣く事しか出来なくなった。
やがて、血にまみれた二人を洗い流すように雨は強さを増して、とも
の体だけではなく、心までも冷やした。


277 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:32 ID:???
>>275>>276はエロパロ板のスレからです。
ここではリンクは貼ってあったけど、転載するのは初めてですね。

278 :保存してた人 ◆mWynp.A6 :02/09/28 23:33 ID:???
あと、もうこの名前では書き込まないので、
同じ名前の奴がいたら偽者です。

279 :メロン名無しさん:02/09/28 23:34 ID:???
>>277
糞ログばかり増やしやがって死ね


280 :メロン名無しさん:02/09/28 23:35 ID:???
くそう、ただでさえアニメ最終回が近くて悲しいのに……
これ以上泣かせないでくれ……

281 :メロン名無しさん:02/09/28 23:39 ID:???
>>279
お前が氏ね

282 :メロン名無しさん :02/09/28 23:41 ID:???
たしか、回転防御でとも絶命の話書いた人って、
どっかでちよちゃんがアメリカで撃たれる話も書いてた気がする……
まぁ、このスレだとそっちは関係ないが。

アニメが終わったら長編劇場版化の告知とかしないのかな。
来年の夏辺りにやりそーな感じが激しくするのだが。

283 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

284 :メロン名無しさん:02/09/28 23:53 ID:???
>>281
お前が死ね

285 :メロン名無しさん:02/09/28 23:54 ID:???
誰か、このスレ含めて今までのSSで凄いってのを教えてください

286 :語り部:02/09/28 23:55 ID:???
お主が死ね

287 :メロン名無しさん:02/09/28 23:59 ID:???
なんか・・・こういう悲しい(もしくはグロい)話は好きじゃないな・・・
わざわざあずまんがでやる意味が良く分からないし、誰も救われないなんて寂しすぎる

あずまんがの魅力はほのぼのしたところだ、と思うんだけどどうだろう?
皆が集まって、時々バカやったり、時々シリアスだったりするけども
最終的にはなんとなくのんびりとした雰囲気になる・・・
そういう流れがいいんじゃないかな?

そもそもエロパロ板のネタはエロパロ板にうpして欲しい・・・

288 :メロン名無しさん:02/09/28 23:59 ID:???
>>285
有名なものはライプスタンダルテアドルフヒトラー師団が
SS第1装甲師団。


289 :メロン名無しさん:02/09/29 00:00 ID:???
>>287
そういうのでお薦めありますか?

290 :メロン名無しさん:02/09/29 00:01 ID:???
>>289
・・・どういうこと?ほのぼの路線とか感動もの路線でってこと?

291 :メロン名無しさん:02/09/29 00:03 ID:???
>>290
そうです。ほのぼの路線でです

292 :メロン名無しさん:02/09/29 00:05 ID:???
>>287
本編で描写されないからこそ観たくなる

293 :メロン名無しさん:02/09/29 00:08 ID:???
皆様こんばんは。伊頭鬼作にございます。
さて今夜は、新たな肉壷が決定いたしましたので、御報告に参上
仕りました。
今回のターゲットは、ニーソックスの良くお似合いになる女子高生、
水原暦様にございます。
最近少々太り気味で体重を気にしておられる御様子ですが・・・・
その肉のお味はいかほどのものでしょうか?

294 :メロン名無しさん:02/09/29 00:13 ID:???
>>291
何かあげろって言われると困るけど・・・
前スレに有った「断髪式」とかがお薦めかな?
感動できるのでいくと「No ward,No think」とかがお気に入りかも

>>292
人それぞれの楽しみ方があるんだろうけど、ここでやるのはちょっと場違いなんじゃない?


295 :メロン名無しさん:02/09/29 00:13 ID:???
>>294
どうもです。早速読んで見ます

296 :メロン名無しさん:02/09/29 00:15 ID:???
>>295
追加。短めだけど前ともスレの95も好き。

297 :メロン名無しさん:02/09/29 00:21 ID:???
よみ「あん?私を陵辱したいのか?」
293「そのつもりで来たのだよ。」
よみ「ハッ!ふざけんじゃねーよ!」
よみの強烈なアッパーに吹き飛ぶ>>293
293「がッ・・・・」
>>293の頭に片足を乗せ上から見下すように睨むよみ様。
よみ「ここはなぁ、おまえみたいなエロ虫の来るところじゃねーんだよ!」
293「ググッ」
よみ「とっとと・・・(足を思い切り振り上げ)帰んな!」
よみ様の蹴りで半角方面に吹き飛ぶ>>293
少しずり落ちたニーソックスを直しながら立ち去るよみ様であった。



298 :メロン名無しさん:02/09/29 00:35 ID:???
態々この鬼作めのためにその様な物をお書きいただき
誠に光栄の極みにございます。
ですがこの鬼作、力技や半端な搦め手などの美学の無い事は
いたしません。
美学を失った鬼畜者はただの変質者、そこの所を御忘れになっては
困ります。
弱みを握り追い込んでこそ誠の鬼畜道なのでございます。

299 :58:02/09/29 00:39 ID:???
続きが明日あたりにうpできそうなんですが、
ともとよみ以外も総出演でいいんでしょうか?
スレ的にはともとよみ以外は出しちゃいけないのかなと思ったので。

300 :メロン名無しさん:02/09/29 00:42 ID:???
アニメからあずまんが好きになって、このスレにたどり着いたけど、凄いですね・・・
昔のSSを再度アプするだけで、こんなに荒れるなんて。
なんでここまで憎むのか・・・?

301 :212:02/09/29 00:43 ID:???
>>299
いいと思いますよ。
とゆーか是非ともおねがいします。

302 :メロン名無しさん:02/09/29 00:43 ID:???
あずまんがヲタはスレ乱立あらしだからだよ


303 :メロン名無しさん:02/09/29 00:43 ID:???
ageんな糞坊主

304 :メロン名無しさん:02/09/29 00:44 ID:???
>>300
君に贈る…

305 :メロン名無しさん:02/09/29 00:44 ID:???
あげっ!

306 :メロン名無しさん:02/09/29 00:44 ID:???
>>299
メロンに全キャラ用のネタスレってあったっけ?
あるならそっちが筋っぽいけど、ここで書きかけたネタなら
ここで完結させる方が大事じゃないかな?


307 :メロン名無しさん:02/09/29 00:44 ID:???
だっふんだー

308 :メロン名無しさん:02/09/29 00:45 ID:???
>>299
別に総出演でもいいんじゃないか?
あずまんがキャラならば。
あくまで「とも&よみがメイン」ってだけだしね

309 :メロン名無しさん:02/09/29 00:45 ID:???
そうそう306みたいなウンコちゃんがね。


310 :メロン名無しさん:02/09/29 00:48 ID:???
>>299
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1032348146/l50
でやって!

311 :メロン名無しさん:02/09/29 00:48 ID:???
>>309
うるせ。しね。


312 :メロン名無しさん:02/09/29 00:49 ID:???
>>297
久々に見たな、そのネタw

>>300
あーゆーのは、光に集まる虫みたいなもんだからな。
それだけこのスレが光ってるってことだろ。

313 :メロン名無しさん:02/09/29 00:49 ID:???
>>310のような糞スレを乱発するから嫌われるんだよ・・・

314 :メロン名無しさん:02/09/29 00:50 ID:???
まあ肥溜めスレだからね
うんこはここでしようよ


315 :語り部:02/09/29 00:53 ID:???
>それだけこのスレが光ってるってことだろ
あずまんが大王は光っているかもしれん、だが
このスレが光っているなどとは・・・笑止!

316 :メロン名無しさん:02/09/29 00:53 ID:???
ここはうんこじゃねー!

317 :メロン名無しさん:02/09/29 00:54 ID:???
>>310
ここは現在、最近あずまんがスレに大量増殖した「語り部」の隔離スレとして
使われてるんじゃなかったっけ?
もともとここのスレ(又は前スレ)で始まったSSだったらここで続きをうpしても
いいと思うんだけど・・・

>>311
嵐、煽り、コピペは放置。相手にする時間があるならSSの一つでも考えた方が得だよ?


318 :メロン名無しさん:02/09/29 00:55 ID:???
>>310のスレは語り部が1
荒らしてやれ!

319 :メロン名無しさん:02/09/29 00:58 ID:???
あらしは放置でおながいします。

320 :メロン名無しさん:02/09/29 00:58 ID:???
(´・∀・`)まーまー

321 :58:02/09/29 00:58 ID:???
みなさんどうもです。一応よみ視点なのでここでうpさしてもらいます

322 :メロン名無しさん:02/09/29 00:59 ID:???
>>321
楽しみにしてますよ〜

323 :メロン名無しさん:02/09/29 01:02 ID:???
>>321 ガンガレ!!

324 :メロン名無しさん:02/09/29 01:05 ID:???
語り部らぶ

325 :メロン名無しさん:02/09/29 01:05 ID:???
>>316
>>318
だからいちいち反応するなってば
あんたらは純粋にこのスレを守りたいんだろうけど、そういう反応はかえって逆効果なんだよ
>>317の言うと通り、荒らしや煽りは無視しよう
反応すればするほど、荒らしや煽りは増えていく
・・・そんなの、自分達だって損だろ?
イラつく気持ちは分かるけど、>>318の言うような荒らしを繰り返すと
それのしっぺがえしがこのスレにも帰ってくる
それに、そこらの荒らしと同じ扱いをされるんだぞ?
そんなの耐えられるか?


だから 
荒 ら し は 放 置 !


それがこのスレのためでもあるし、マターリ進行にも繋がる
協力して下さい

326 :メロン名無しさん:02/09/29 01:07 ID:???
うんこと言えば、誰かあずまんがのキャラを使ったスカトロss
書いてくれませんか

327 :メロン名無しさん:02/09/29 01:08 ID:???
>>326
そういうのはエロパロ板で頼んだ方が実現しやすいんじゃないの?

328 :メロン名無しさん:02/09/29 01:14 ID:???
>>326
あ、そや、逆転ホームラン!
巣過渡路でほのぼの感動路線ってのはどうやろ?

つまり説明するとーともちゃんの○○を飲んでー
ダイエットしすぎで死んじゃったよみちゃんが生き返る。

329 :語り部:02/09/29 01:14 ID:???
>>325
君みたいに顔真っ赤にしてる子を見つけると、
期待されている様な気がして出てこずには居られないよ。

330 :メロン名無しさん:02/09/29 01:19 ID:???
>>329
正直そう来ると思ったよ(w


331 :メロン名無しさん:02/09/29 01:23 ID:x6sPzILP
>>329
たったこちゃんこめだ

332 :メロン名無しさん:02/09/29 01:26 ID:???
そういや、ここの板って改行は何行が限界なんだろ?

333 :メロン名無しさん:02/09/29 01:28 ID:???
さては荒しのためにコピペしたら警告されたな?

334 :メロン名無しさん:02/09/29 01:28 ID:???
333

335 :メロン名無しさん:02/09/29 01:28 ID:???
>>334
カコイイ!


336 :メロン名無しさん:02/09/29 01:29 ID:???
>>332
結構ランダムなような気がする。
30〜35行程度かなあ?


337 :メロン名無しさん:02/09/29 01:30 ID:???
>>333
さげれ、一応

338 :メロン名無しさん:02/09/29 01:31 ID:???
仕事から帰って覗いてみたらレス数に何事かと思ったよ。
今日明日は休日だからなぁ・・・。

SS職人さんがんがって下さいね

339 :メロン名無しさん:02/09/29 01:32 ID:???
>>333
いや、SS張る時に区切りがいいとこってあるからさ。それでね

340 :メロン名無しさん:02/09/29 01:32 ID:???
>>338
お疲れさん〜
2時間前のカキコが遥かかなたにいってもた(w

341 :メロン名無しさん:02/09/29 01:36 ID:???
>>339
ワード文書1ページ超(40行)投稿したら
「改行数が多すぎます」ってでたよ。

342 :メロン名無しさん:02/09/29 01:39 ID:???
>>341
そういうときは小分けにして少しづつにするのが吉。



343 :メロン名無しさん:02/09/29 01:41 ID:???
>>342
それはそうなんだが・・・
細かく区切ると逆に連続投稿で引っかかる。


344 :メロン名無しさん:02/09/29 01:42 ID:???
>>341-342
どうもどうも。30行をめどにするとよさげだなー


345 :語り部:02/09/29 01:43 ID:???
ちんぽ晒し上げ

346 :メロン名無しさん:02/09/29 01:44 ID:???
御礼が遅れましたが、過去の名作を再UPしてくれた方
本当にありがとうございました。しっかり保存&堪能させて頂きました。

ただ結構な量だったので、生意気なことを言って申し訳ないですが
・フリーのホームページを作ってひっそり公開
・圧縮してどこかのアップローダに上げる
とかの方が、このスレの流れを切らなくてよかったのでは?と思います。


347 :メロン名無しさん:02/09/29 01:46 ID:???
1スレあたりの行数も勿論迷うのだけど、
文章説明の為の、『智』や『よみ』のような固有の名前を
文中にどれだけ挿入すべきか非常に迷う。
多すぎると文章が冗長になってしまうし、逆に少なすぎると
説明不足になってしまう。

348 :メロン名無しさん:02/09/29 01:47 ID:???
>>343
アクセスの少ない時間にあげるとかすればどうだろう
もしくは少しづつ時間をおくとか・・・

349 :語り部 :02/09/29 01:48 ID:???
>>346
「思います」じゃねーだろ粕

お・ま・え・がやれ

350 :メロン名無しさん:02/09/29 01:52 ID:???
>>348
そうですね〜投稿時間も注意しないといけませんね。
それと、なるべく1話あたりの分量を5〜6スレでコンパクトに
収まるようにしたいですね。

351 :メロン名無しさん:02/09/29 01:57 ID:???
>>350
そうだよな、うん。
でもなかなか難しいんだよな〜、いいところで切るのって。
自分的に「ここで切ると話が駄目になっちまう」って時とか無い?
俺はしょっちゅうだけど。

352 :58:02/09/29 02:00 ID:???
>>351
分かる。分かるよー。切りどころって確かに難しいもんね

353 :メロン名無しさん:02/09/29 02:00 ID:???
>>351
話の流れでどうしても長くなり過ぎることがあった。
最後の1レスが連続投稿で引っかかって、泣く泣く
途中で切らざるを得ないはめに・・・

354 :メロン名無しさん:02/09/29 02:06 ID:???
はー、神々もいろいろ大変だなぁ。
相乗効果でいい作品書いてくださいね。
俺は読むだけですが、感想はきっちり書きますんで。

355 :メロン名無しさん:02/09/29 02:09 ID:???
>>354
やっぱり読み手さんの反応が一番気になるので
感想よろしくおながいします(w
自分の手応えと、読む人の反応が違う場合も結構あるしね〜。

356 :オチ無し:02/09/29 02:11 ID:???
よみ・とも21歳
智「おひさ〜よみ」
よみ「ああ、ほんとにひさしぶりだな。3年ぶりぐらいだな」
智「大学入ってからほとんど会ってなかったもんな。ところでよみは就職できた?」
よみ「何とか内定までこぎつけたよ。10社回ってようやく1社決まった。
大手の証券会社なんだけど。今の時代、リクルートに頼っちゃほんと駄目だなあって実感したよ。大学の
就職課に何度も顔出したからな。お前はどうなんだ?」
智「私はぜん〜ぜん。エントリーして適性試験でいつも落とされちゃうんだ」
よみ「適性試験って・・・お前、面接まで行ったことないのか?」
智「うん!」
よみ「・・・・(まあいいか)ところで大阪はどうなんだ?」
智「あいつはもう就職内定してるんだよ〜」
よみ「まじかよ!」
智「ディスカッションは駄目でボロボロだったらしいけど、面接で何故か受けてそれで通知きたんだって〜」
よみ「どこに受かったんだ?」
智「金融会社」
よみ「金融〜〜?あいつは使い物になるのか?」
智「受け付けであんな幸せそうな顔の奴がいれば
客は安心して借りられそうだから採用されたんじゃないんの?」
よみ「そうかもしれんが実務的なものは駄目だろうあいつには」
智「駄目かもね〜〜〜(投げやりに)」
よみ「・・・・」
智「・・・・」
よみ「まあお前も元気出せよ。そうだひさしぶりにカラオケでも行くか?」
智「それいいかもな!よみの美声もひさしぶり聴きたいし!じゃあよみのおごりね」
よみ「誰がおごるか!ワリカンだワリカン!」
智「え〜?いいじゃーん就職決まったんだし〜」
よみ「それとこれとは別」

357 :メロン名無しさん:02/09/29 02:23 ID:???
>>356
大阪はやっぱ落ちか。でも、分かるよー
大阪は使い易い。でも、金融はあかんよねw

358 :オチ無し:02/09/29 02:30 ID:???
智「大学どう?うまくやってる?」
よみ「うんボチボチね」
智「彼氏はもうできた?」
よみ「いや、そういうの全然。こっちは授業数が多くて
それどころじゃなくてね」
智「さり気なく文系を馬鹿にしたなこの野郎!やるじゃねえか!」
よみ「やるじゃねえかって・・・そんなつもりはない。で、お前はどうなんだよ?彼氏できた?」
智「ぜーんぜーん。この智ちゃんに見合う男なんてそうそう回りにいないのよ」
よみ「何が智ちゃんだ」


359 :オチ無し:02/09/29 02:30 ID:???
>>357
なるほどレスありがとう。
やっぱり読めちゃったね。
難しいな。
所詮自己満足ですからね。

360 :メロン名無しさん:02/09/29 02:34 ID:???
>>359
いや、いい出来だと思うよ?
自信もって頑張れ!!

361 :メロン名無しさん:02/09/29 02:40 ID:???
>>356
これで終わり? かってにオチつけちゃったり。

智「このまま就職できなかったらさー」
暦「ん?」
智「永久就職しよっかなぁ」
暦「お、お前そんな相手がいたのか!? なんで内緒にするんだよ!」
智「ほほう?そんなに気になりますぅ?」
暦「何だよ!別に悔しいとかじゃない!
  今日は久しぶりに2人で遊べるって、それで…」
智「なんだよー、いきなり泣くなって。冗談だってば。」
暦「な、泣いてねーよ! …でも、もしそういうやつが出来たら
  最初に私に報告しろよな!」
智「はいはい、じゃあ今から報告するよ。」
暦「!?」
智「よみ、あたしを養って。」
暦「な、何言ってんだお前? 相変わらず脳わいてんのか?」
智「ふふーん、声が震えてるぜー。ほんとは嬉しいくせにさ。」
暦「馬鹿、からかうなよ。これ以上続けたら、もう…」
智「もう?」
暦「もう…もう…」

そのまま暦は無言で智を抱きしめた。
暦の頬のあたたかさを感じながら、智は耳元でそっと呟く。
「・・・・・」

362 :メロン名無しさん:02/09/29 02:45 ID:???
>>359
そんなつもりなかったんだがなあ。
いい感じだと思うよ。がんがれ!

363 :メロン名無しさん:02/09/29 02:47 ID:???
>>361
いいじゃん、それ
終わり方が綺麗だし、ちょっと萌えた(w
是非長編もお願いします

>>362
ってことは続き有り?
期待してます



364 :オチ無し:02/09/29 02:52 ID:???
皆さんレスありがとうございます。
別に自虐的になったつもりはありません。
HN通りどうしてもオチがつかめないので大阪を使ってしまう
傾向があるんで、「あーやっぱり読まれちゃったな」と思ったわけです。

ちなみレズ系は考えていませんでした。
なんというか、無二の親友ではあるが、お互いくっつかない程度の
関係であると考えていたから。

365 :メロン名無しさん:02/09/29 02:56 ID:???
>>364
お疲れ様でした。
就職活動当時のことを思い出して少ししんみりしてしまいました。
よみ、とも、そして大阪も、良い就職をして、そして良き社会人
となってくれればいいですね。

366 :メロン名無しさん:02/09/29 02:57 ID:???
>>364
お疲れ様です、今後も期待してます
オチは無理につけなくてもいい場合もありますし、徐々に慣れていけばいいんじゃないでしょうか?
お互いに頑張りましょう

367 :メロン名無しさん:02/09/29 03:00 ID:???
>>364
かってに続き書いてすみません。
出来れば最後の台詞を「そうやってまた騙されたわけだが」とかに
脳内変換してくださいw
レズネタは、なんてゆーか、大阪と同じでオチに使いやすいのかもね。

368 :メロン名無しさん:02/09/29 03:03 ID:???
>>361
>智は耳元でそっと呟く。
>「・・・・・」

なんて言ってるのか気になるな
小悪魔智ちゃんの事だから・・・

「うそだよ
 そんなに喜ぶなよ
 恥ずかしいなぁ」

369 :メロン名無しさん:02/09/29 03:07 ID:???
>>364
あずまんがに木村以外の男性キャラがほとんどいないので
純愛系を書こうとすると、どうしてもレズものに
なりやすい。
エロパロで書かれているような魅力的なオレキャラを
作り出すことができれば良いのだが・・・


370 :メロン名無しさん:02/09/29 03:07 ID:???
正直智を飼い慣らす(?)には余程の根性がないとダメっぽいな。
みんな扱いきれなくて手放しちゃう感じ。


371 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

372 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

373 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

374 :メロン名無しさん:02/09/29 03:35 ID:???
そこまで粘着なら、なぜ本スレでやらないんだろう・・・
この根性無し・・・・


375 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

376 :メロン名無しさん:02/09/29 03:36 ID:???
あらしはスルーでおねがいします。

377 :メロン名無しさん:02/09/29 03:36 ID:???
>374
荒らしじゃなくて、ただのバカね。
とにかくひたすら憎んでいるらしい。


378 :メロン名無しさん:02/09/29 03:39 ID:???
>376
スルーしても増長して
「貼る」
「上げる」
「意味不明発言」
だからなぁ。単独でやってるようだが・・・

来週も同じ調子で続いてたらある意味すごいわ。


379 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

380 :メロン名無しさん:02/09/29 03:42 ID:???
今まで貼られたバカコピペを見てみると・・・
「ロリオタ」
「水虫フェチ」
「女子高生フェチ」

徐々に見えてきた・・・・



381 :メロン名無しさん:02/09/29 03:43 ID:???
>>378
削除依頼かなやっぱり

382 :メロン名無しさん:02/09/29 03:46 ID:???
>>381
そうそう。重複スレは削除依頼をだそう


383 :メロン名無しさん:02/09/29 03:48 ID:???
>381
つーか、この板が強制IDになれば出てこないと思うよ。
書き込み人を特定できない板でしかこんなまねできない

「意気地なし」

だから。


384 :メロン名無しさん:02/09/29 03:49 ID:???
      ∩
;;;⌒`)≡⊂⌒~⊃。Д。)⊃
      (   ∨ ∨      ドカ!!
      Σ    \\  \
           |\_/ ̄ ̄\_/|
        \ \_| ▼ ▼  |_/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /\ 皿  /   < おや、2chのゴキブリでも轢いたかな?
        ⊂/\__〕 ヽ    \__________
         /丶2    |Σノ
         / //7ゝ〇 ノ\
        (_///⌒γノ/___)
        ///  ///ノ     ブオオオオオオオオオオオオ
         |/  ///
         /  //
        V..ノ


385 :メロン名無しさん:02/09/29 03:50 ID:???
>383
だから本スレには書き込まないわけだ。納得。

卑怯この上ないな。


386 :メロン名無しさん:02/09/29 03:51 ID:???
それより、あずまん厨房のスレ乱立ぶりを何とかしてほしいねぇ

387 :メロン名無しさん:02/09/29 03:51 ID:???
うんうん納得納得

388 :メロン名無しさん:02/09/29 03:53 ID:???
>383
確かに強制IDやと同一人物に見られてまうしな〜
やっぱ脳内あぽーんするのが手っ取り早い気がするわ

389 :メロン名無しさん:02/09/29 03:55 ID:???
強制IDが恋しければアニメ板へと帰りましょう。そして
二度とサロンにはこないでくださいよw

390 :メロン名無しさん:02/09/29 03:55 ID:???
>386
それをウザがってる連中がやってたりしてな。
age&コピペを。
更にとどめを刺すべく、自作自演でスレ乱立もやっていたりしてな。

今までの反応を見てみると、根底にあずまんがスレへの憎悪しか
見えてこないんだわ・・・・


391 :メロン名無しさん:02/09/29 03:57 ID:???
>389
まぁサロン自体が
こんなバカの隔離場所とおもって
諦めるしかないんだろうな。

職人の皆さん、めげずに書いてください。おねがいしまつ。


392 :メロン名無しさん:02/09/29 03:59 ID:???
>390
無自覚にスレを乱立させているあずヲタの多いこと多いこと。
無自覚なあらしほど質の悪いものはない。リアル厨房が多いよう
だから仕方ないのかね。

393 :メロン名無しさん:02/09/29 04:01 ID:???
>392
夏に大量発生したからなぁ。
で、諭された香具師が逆ギレでこんなことしてる線もあるな(藁


394 :メロン名無しさん:02/09/29 04:02 ID:???
>391
ご期待にそえるかど〜かわからないけど、頑張るわ〜
しかし、昨日のスレ消費は異様におおかった。
24時間前は200いってなかったのに(苦笑

395 :メロン名無しさん:02/09/29 04:03 ID:???
>394
上げる時間はちょっと気を付けた方がいいと思いまつ。
老婆心ながら。


396 :オチ無し:02/09/29 04:04 ID:???
とりあえず今また起きてしまったのでネタ考えようと思ったけど
おもいつきませんでした。すみませぬ。
レス下さった方々、どうも感謝です。

何か気になる点があればレス返すと思いますんで。

397 :メロン名無しさん:02/09/29 04:06 ID:???
>395
ご助言さんくす。状況をみつつ投入することにいたしませう。
ただ、次回のUPはもう少し先になりそうです。


398 :メロン名無しさん:02/09/29 04:39 ID:???
そうだな。めげないことは大切なことだ。


399 :メロン名無しさん:02/09/29 06:06 ID:???
そろそろやめようぜ〜
なんかSS書くきが失せるし・・・

400 :メロン名無しさん:02/09/29 06:08 ID:???
×き ○気   
徹夜明けだから・・・と、言い訳してみる

401 :メロン名無しさん:02/09/29 07:48 ID:???
パンツァー・フォー!

402 :メロン名無しさん:02/09/29 09:00 ID:???
なんかレス進みすぎな気が…と思い、ログ読み返したら…。
またかよ…。もういいよ…。

>>399
俺なんてすでに書く気なくしてますが何か?

403 :メロン名無しさん:02/09/29 09:11 ID:???
>>399
だれも期待してないし

404 :メロン名無しさん:02/09/29 09:19 ID:???
ワラタ

405 :メロン名無しさん:02/09/29 10:43 ID:???


406 :メロン名無しさん:02/09/29 10:43 ID:???


407 :メロン名無しさん:02/09/29 12:35 ID:???
前々回は<<157-163、前回は<<211-212
あずまんがcollege2−11
7月17日午前8時32分
京都市内


純青の夏空からは、既に強烈な夏の陽光が差し込んでおり、光と影の強烈な
コントラストを形作っている。
「ふわ〜」
心地よい夢の世界から追い出された智は、半身を起こすと大きなあくびをした。
しばらく頭がぼや〜としていたが、軽く首を左右に振ると意識が
はっきりしてきた。同時に今日の未明の甘酸っぱい記憶も蘇ってくる。
「よみ…」
軽く呟いてみる。暦の真剣な表情、真摯な想い、蕩けるような熱いキス、
そして…
一瞬の間に様々なシーンが脳裏を駆け巡った。
「どうしよう…」
どうやら暦は私のことが好きらしい。では私はよみの事をどう思っている
のだろう、大切な親友だけなのかな、それともそれ以上?
智は視線を暦のほうに移した。自分を感情の迷路に追い込んだ、暦に
少しだけ憎たらしさを覚え、眠りにおちている彼女に近づくと両手で
かるくほっぺたをつねった。


408 :メロン名無しさん:02/09/29 12:37 ID:???
「う…」
頬に違和感を感じた暦は、小さく声をあげ、そして目を開いた。
至近に自分の愛する少女の顔が、悪戯そうな顔をしているのが見えた。
「なんだよ〜」
それでも照れという感情が邪魔をするのか、素直でない表現で悪態をつく。
「起きろ〜」
「あっもう朝か〜」
暦は未だぼんやりとした意識で呟いた。
その時、二人は背後から忍び寄る気配に気がつき、思わず振り向いた。

部屋の入り口に、一人の少女が佇んでいる。半そで半ズボンのパジャマを
着た、流れるような黒髪を持つその少女は、非常に眠たそうな視線で
二人を見下ろしている。
そして彼女の右手は

刃渡り30センチは確実に超えているであろう出刃包丁を
握り締めていた。


409 :メロン名無しさん:02/09/29 12:38 ID:???
包丁の刃先を向けられた、智と暦は絶句した。凶器という言葉を
鮮烈なまでに具現化した鋭い刃先は、夏の強烈な陽光を浴びて妖しいまでの
輝きを放っている。
「な…に…?」
辛うじて智は声を絞り出す。
何故大阪がこんなことを…
智は彼女がしていることの意味が分からず、ただ唖然としている。
すぐそばに佇む暦も、大阪の右手に持つものを凝視したまま、
全く動けないでいる。眼前に展開された光景が信じられないとでも
いうように。

(どうして…どうして大阪がこんなことを)
混乱した智の頭は一つのとんでもない結論を導き出して、そして戦慄した。
(ま…まさか、未明のことを見られた…)
もし大阪が、自分と暦の濃厚なキスシーンを見ていたとしたら、
自分の淫らな喘ぎ声を聞いていたとしたら、そして大阪が私のことを愛して
いたとしたら、絶望のあまり、三角関係のもつれを一気に清算しようと
したのなら…
そこまで思考が及んだとき、未明の自分の軽率なふるまいが、
いかに大阪を苦しめたか、激情のあまりに犯してしまうであろう惨劇が、
彼女や周囲にいる人々の今後の運命を、いかに狂わしてしまうのか。
智は今になって、自分の犯した過ちをはっきりと認識した。激しい後悔と
いう感情が心の底からわきあがる。
彼女が大阪に対して、謝罪の言葉を口にしようとしたとき…

「あ 起きてもたー」
普段と変わらぬのんびりした口調でつぶやいた大阪は、くるりと背を向けた。
「しっぱいやー」
そして、呆然としている智と暦の二人を後に残し、包丁をもったまま
ゆっくりとした足取りで、部屋から去っていった。


410 :メロン名無しさん:02/09/29 12:44 ID:???
しもた・・・逆だ
前々回は>>157-163 前回は>>211-212
申し訳ない(汗

411 :メロン名無しさん:02/09/29 12:54 ID:???
>410
乙彼〜


412 :語り部:02/09/29 13:18 ID:???
(・∀・)スンスンス-ン♪ ( ゚д゚)ハッ! (・∀・)スンスンス-ン♪
( ゚д゚)イェー (・∀・)スンスンスンス-

413 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

414 :語り部 :02/09/29 14:56 ID:???
>>412
くっだんない

415 :語り部:02/09/29 15:25 ID:???
偽者め!

416 :メロン名無しさん:02/09/29 15:46 ID:???
                  __:_jL:_
      ,.r;‐-、  ̄ ̄  ,.::i´|! :
       ,iィ'b^pl:l   ,.イ::;" ,!!
     jl:l、 ワ,!:l ,.ィ:':;;;'' , ' l
     r'^j:::::芥;:r::':;;;:''' /
   /´7:_;:‐:':;;;::''''_,.r''´
  r<ヾゝl;;::'''',,..ィ'l l 
  ゙ー^Y´'‐:'':::::::::::U  

417 :メロン名無しさん:02/09/29 16:00 ID:???
>>416
ミニ包丁大阪や!

418 :語り部:02/09/29 16:07 ID:???
ちんちんかいー

419 :語り部:02/09/29 16:09 ID:???
もっと戦え・・・最後の一人になるまで戦え

420 :メロン名無しさん:02/09/29 16:09 ID:???
>>415
偽者はおまえだつつつつつつの

421 :語り部 :02/09/29 17:04 ID:???
>>420
E唐逝け

422 :語り部:02/09/29 17:05 ID:???
中山vゴール

423 :メロン名無しさん:02/09/29 17:08 ID:???
>420
2ちゃんブラウザで自動あぼ〜んでもしる。
ちょっとでも反応があると調子に乗る奴だから。

漏れは既にやった。
「あぼ〜ん」が多いのがうざくなるけど、遙かにマシ。


424 :語り部 :02/09/29 17:08 ID:???
よみのチャームポイントBEST3を考えた!
1、自傷癖
2、盗癖
3、放火癖

425 :語り部 :02/09/29 17:09 ID:???
とものチャームポイントBEST3を考えた!
1、自傷癖
2、盗癖
3、放火癖

426 :­:02/09/29 17:11 ID:???
>>423
手動も趣きがあっていいと思うよ。

427 :語りべ:02/09/29 17:23 ID:???
ちんちん弄ってたら白い液体が出てきた

428 :メロン名無しさん:02/09/29 17:25 ID:???
長文コピペなんて愚の骨頂だよね。



429 :メロン名無しさん:02/09/29 17:26 ID:???
おまえら、語る話題を間違えてないか?

智ちゃんを語るんだ。

430 :メロン名無しさん:02/09/29 17:27 ID:???
おまえら、語る話題を間違えてないか?

暦たんを語るんだ。


431 :メロン名無しさん:02/09/29 17:27 ID:???
おまえら、語る話題を間違えてないか?

語り部たんを語るんだ。

432 :メロン名無しさん:02/09/29 17:28 ID:???
>>410
おつかれさん、続き期待してます


433 :よみ とも:02/09/29 17:29 ID:???
>>423
そんな切ないことしちゃいけない。



434 :語りぶ:02/09/29 17:31 ID:???
はらへった

435 :メロン名無しさん:02/09/29 17:35 ID:???
>433
消えろ。見たくもない。
漏れも全部ブロックしたが。


436 :メロン名無しさん:02/09/29 17:36 ID:???
プッ・・・あぼーんされてると分かったら・・
「語りぶ」・・・・ガキ・・・・


437 :429-430:02/09/29 17:36 ID:???
ももももうだめぽ

438 :メロン名無しさん:02/09/29 17:38 ID:???
もうこのスレ放棄した方がいいんじゃないだろうか・・・


439 :語りベー:02/09/29 17:39 ID:???
あひぃ

440 :­:02/09/29 17:39 ID:???
>>436
愛ゆえの行動さ。
母の気持ちで見守ると吉。

441 :­:02/09/29 17:41 ID:???
じゃあ、よみの体で好きな部位ベスト3でも挙げていこうか。


442 :メロン名無しさん:02/09/29 17:42 ID:???
>440
彼の言動、どこをど

443 :メロン名無しさん:02/09/29 17:43 ID:???
目つき
ニーソ
感触

444 :メロン名無しさん:02/09/29 17:43 ID:???
>442
誤爆。
首つって逝ってきます。


445 :メロン名無しさん:02/09/29 17:44 ID:???
誰が敵か…
信用できる者はいるのか…
その判断ひとつに、俺と彼女らの運命がかかっている。

狂気と化した元同胞は、すぐそこに迫っていた。

446 :­:02/09/29 17:46 ID:???
1、犬歯
2、義手
3、太腿

447 :メロン名無しさん:02/09/29 17:48 ID:???
フェティシズム集合体

448 :語り部:02/09/29 17:51 ID:???
レズスレマンセーっと

449 :語り部:02/09/29 17:56 ID:???
きゅうちゃんがんばれー

450 :語り部:02/09/29 17:57 ID:???
忘れてた。新記録でるかしら。

451 :語り部:02/09/29 18:03 ID:???
語り部が御送りするハートフル・ショートストーリ、
「本当の戦争の話をしよう」
ご期待下さい!

452 :­:02/09/29 18:06 ID:???
カタルゴ増えすぎですよ。

453 :メロン名無しさん:02/09/29 18:11 ID:JRLYB15P




454 :メロン名無しさん:02/09/29 18:14 ID:???
少女だったとー いつの日かー
思う日が来るのさー

って聞いて、六人のことを強く想いました。

455 :メロン名無しさん:02/09/29 18:16 ID:???
1、太腿
2、脂肪つきのウエスト
3、髪



456 :メロン名無しさん:02/09/29 18:27 ID:???
透明あぼ〜んいいなぁ。
みんなも使ってみよう。いきなりすっきり!


457 :kataribe:02/09/29 18:28 ID:???
あぽーんしちゃうぞ

458 :語り部 :02/09/29 18:31 ID:???
アボーソされるその一瞬、
彼の意識が僕の存在を捉える事が
嬉しくて堪らないんだ。

459 :メロン名無しさん:02/09/29 18:35 ID:???
もうすぐ6時56分。やっぱ見ちゃうよな。

460 :メロン名無しさん:02/09/29 18:52 ID:???
 

461 :メロン名無しさん:02/09/29 18:57 ID:???
語り部氏の真の目的は住人を煽る事ではなく
恐らくこのスレを早急に1000に到達させる事と見た!



462 :語り部 :02/09/29 19:20 ID:???
よじれパイ

463 :語り部 :02/09/29 19:23 ID:???
あ、娘の名前ね。

464 :メロン名無しさん:02/09/29 22:15 ID:???
HONEY QPの「HONEY PACK3」って同人誌を買いますた。
ともよみ18禁ですた。
ともちゃんが自分の乳首の穴に、よみたんの乳首を入れてますた。
よみたん、たまらず射乳してますた。

465 :メロン名無しさん:02/09/29 22:28 ID:???
>464
乳首の穴・・???
なんだそれ(W


466 :メロン名無しさん:02/09/29 22:36 ID:???
>>465
母乳の出てくる穴。

467 :オチ無し(続きです):02/09/29 22:59 ID:???
大学卒業から数年が経ち、暦も智もそれぞれが別々の道を歩むように
なった。フリーターを兼ねてようやく就職できた智。
智は今、一般中小企業の建設会社でOLをしている。
元々周囲と溶け込みことに順応で親しみやすい智のキャラクターは、
すぐ会社でも友達を作ることができた。友達といつものよう上司がむかつくとか仕事がだるいとか
他愛もない会話をしながら帰り道を歩いていたとき、
噴水のある公園を通り過ぎた。そのときふと昔の旧友の顔を
思い出した。

そういえば大学に在学中、一度だけ暦と会ったのはこの場所だったっけ・・・。
大阪も就職して、自分は今だに一社も決まっていない。
智は焦っていたとき暦と会ったのがこの場所。
噴水前のベンチにはカップル、地べたに座っている高校生グループ、
浮浪者、そんな雑音が犇く所で缶コーヒーを飲みながら
互いにいろんなことを報告をした後、カラオケに行って
帰った。その短い時間、あれ以来一度も会っていない。
暦が就職してからは、一回も会わなかった。暦が忙しいこともあったが
智なりに気を使っていたからだ。

468 :オチ無し(続きです):02/09/29 22:59 ID:???
暦は何をしているんだろうか・・・。
やっぱりバリバリのキャリアウーマンになっているのか。
携帯にはちゃんと暦の番号が登録されている。
いつでも電話できるはずなのに結局一度どもかけなくなった。
かけることもできた、でもかけなかった。いつのまにか
友達感覚で時間を共有することを止めたのは自分達が
大人になったからかもしれない。いや、友達だったらこそ
かけることをしなかったのだろう。

「ともーどうしたの?」
珍しく黙っていた智の姿を見た会社の同僚が声をかけてきた。
一度だけ今電話をかけたい衝動に狩られた自分の気持ちから我に返った。

「なんでもないよ。それよりパーとカラオケいかねー?ハゲ上司の顔を
 忘れぐらい歌いまくろうぜ!!」
「さんせー」

これでいいんだ。私達は別々の道を歩んだのだから。
それに・・・友達ならいつだって会える。
彼女の頭の中から暦の事について考えることが消えた。
だがそれは心の奥底でお互いの友情は途切れていないことは智なりに
確信していたからだ。

469 :オチ無し(続きです):02/09/29 23:00 ID:???
訂正です。元々
周囲と溶け込みことに×
周囲と溶け込みやすく〇

470 :メロン名無しさん:02/09/29 23:20 ID:???
おお、神がお帰りになった!
この惨状からスレを救ってくれ!

苦めの大人話は俺も好みだ。


471 :解決!ボンクラーズ!:02/09/29 23:46 ID:???
大阪「なぁなぁ。 よみちゃんとともちゃんて、ほんま仲ええなぁ」
神楽「まぁ、ケンカばっかしてるように見えて、な」
大阪「そうよみちゃんにゆうたら、ただの腐れ縁やて言われてん」
神楽「くされえん? 縁って、関係ってことだよな」
大阪「そや。 せやからふたりは腐った関係やねん」
神楽「そ…それはダメなんじゃないのか?」
大阪「ともちゃーん」

とも 「ふむ。 たしかによみとは、腐った関係だよ」
神楽「そうなのかよ…」
大阪「せやけど、腐ってるからおいしーもんもあるで?」
とも 「そのとおり! つまりよみと私は、ヨーグルトのようにまろやかな関係」
神楽「おおっ、なるほどー」
とも 「チーズのようにまったりとした関係」
大阪「おおー」
とも 「そして、納豆のように糸ひく関係なのだぁー!」
神楽「…糸って……つまり、ふたりで…ねちゃねちゃと…?」
大阪「そ…そこまで進んでたんか……」(赤面する二人)
ちよ 「?」

472 :ちよちゃんのマジレス講座:02/09/29 23:48 ID:???
ちよ「腐るという言葉は、その語源が鎖と同――」
とも「あっちよちゃん! 実は合同スレになったからさー、よみの奴を目立たせ
   なくちゃいけないんだよ。 だからちよちゃんはもう帰っていいよー」
ちよ「!?」

473 :…その夜のよみ。:02/09/29 23:51 ID:???
今夜も机に向かい明日の予習。いつものラジオがBGMだ。
英語の教科書を開いたところで、よみはふと今日の大阪の言葉を思い出した。
「よみちゃん、ともちゃんとほんま仲ええなぁ」
突然言われて思わずどきっとしてしまったが、「ただの腐れ縁だよ」とつとめて
冷静にかわし、そこでタイミングよく授業開始のチャイムが鳴ったのだった。

…あれ以上大阪につっこまれていたら、自分はどう答えただろう。
ともとの関係をあらわすに、もう決まり文句になっている「腐れ縁」という言葉。
その言葉をかくれみのにして、ともへの気持ちは考えないようにしていた。
いつも当たり前にそばにいる、自分にないものをたくさん持っている友達。
そんな彼女への気持ちが、ほんとうに「ただの腐れ縁」?

よみは英語そっちのけで、本棚の国語辞典に手を伸ばした。
腐れ縁という言葉を引いてみる。
『腐れ縁(名) 離れたくても離れられない関係。』
それを見て、よみは思わず吹き出してしまった。
「あっははははは…  そうか、離れられないかぁ」
自分がおばさんになっても、おばあさんになっても、当たり前にそばにいるとも。
それを想像すると笑いが止まらなかった。

…でも、もうこの言葉は使わないようにしようかな。
やっぱりともとは、「腐れ縁」ではなかったから。
「離れたい」なんて、ほんとうは思ってなんかいないから。
よみは辞書を棚に戻し、改めて英語の辞書を取り出した。
ちょうどラジオは、好きな番組が始まったところだ。

474 :メロン名無しさん:02/09/29 23:54 ID:???
>>468
もしやあなたは救世主か!?(w
ちょっと大人な雰囲気のSSってのもまたいいですよね
続き、頑張って下さいね

−−−ところで
明日でTV版あずまんが大王終わりか
長かったような、短かったような・・・
本当に色々有ったよなぁ
考えてみると、このスレに来たのもTVのおかげだしね
今までにいい思い出もあったし、悪い思い出もあったけど
今までの感謝の気持ちを込めてこのスレとあずまんがに一言言わせて貰いたい

ありがとうございました
俺はあずまんがと出合えて幸せ者でした
本当に、本当にありがとう御座いました

明日の最終回は涙ナシには見られないだろうな
そして、忘れられない一日になるだろう
ちょっと切ないっす・・・



475 :メロン名無しさん:02/09/29 23:57 ID:???
>>471
ほ、ほほえますぃ・・・(w
「納豆のような糸引く関係」でちょっとドキドキしちゃいました
復活おめでとう御座います
今後も期待してます

476 :メロン名無しさん:02/09/30 00:02 ID:???
>>471
ほほえましいですなー。俺もがんがらんとなー

477 :メロン名無しさん:02/09/30 00:03 ID:???
>>473
ええ話や・・・ちょっと泣きそうです

>>474
多分俺も泣くだろうな、多分

478 :もう一つの可能性:02/09/30 00:16 ID:???
「ともちゃん!!」
隣りのちよちゃんが叫んだ時には、私の身体は弾かれるように動いていた。
回転防御だとかふざけていた親友――滝野智が車道によろけた時、
ゾクリと来た『それ』は間違っていなかった。
きっと、彼女は“避けられない”。
私は自分の悲鳴をどこか他人事のように、
しかし心は純粋に彼女を目指して既に走り出していた。
その瞬間、刹那を無限に変えた脳内麻薬が私に未来を囁く。
垣間見たのは、悪夢。
おそらく、間に合わなかった“現実”。
だけど、否定する時間を私は行動へと注ぎ込んだ。
最悪が目前で肉薄する。
だから私は、全てが制止するギリギリの世界を記憶に書き込んで、
命を代価に我が手を伸ばしていた。


たぶん、奇跡を信じて―――――


「……バカ智っ!!」
一声をあげて、私は壁に押しつけるように智へと身体をあずけた。
「……う…わ、まだ心臓がドキドキしてる……」
それは私も同じ有様だが、途切れかけた呼吸と深い安堵に言葉が続かず、
ならばぎゅっと強く智を抱き締めると、二人して地面に崩れてしまった。
「だ、大丈夫ですか! よみさん…ともちゃん!!」
ちよちゃんの声がどこか遠くに聞きながら、
私はもう一度だけ親友に悪態を吐くと、少しだけ泣いた。
「……………ありがとう」
頭上で、それは優しく響いていた。
……わからないが、そんな内容だった気がした。

479 :オチ無し:02/09/30 00:23 ID:???
>>470
>>474
ありがとうございます!毎回オチに苦しんでいたので
評価されるとうれしいです。
まだまだ未熟者なので救世主とか神はもったいない言葉です。

若干誤字もあったし・・・結構むずかしいですね。
一応前回の続きだったんですよ。

480 :メロン名無しさん:02/09/30 00:23 ID:???
>>478
おお、平行世界か!
このアイデアは応用がきくな!

481 :大学拝見@打ち合わせ:02/09/30 00:42 ID:???
>>53-57の続きです)

 智と歩にカラオケで美声を披露してから1週間後、暦は部屋でスペイン語の予習をしていた。
ややこしい活用に頭を痛めながら、辞書と格闘していた時だった。テーブルの上の携帯電話が着
信を告げた。
 ――よみぃ? あのね、みんなに連絡したよ
「で、明日で大丈夫なのか?」
 ――うん。とりあえず、大阪と一緒にあんたの大学行って、それから神楽のとこ行って、最後
に榊ちゃんの大学に行く予定だ!
「ゆかりちゃんとにゃもちゃんにも連絡取ったのか?」
 ――よみ君、甘いなあ。このともちゃんにぬかりがあるはずがないだろ!
「で、二人とも来れるのか?」
 ――大丈夫みたいだよ。駅前で7時に待ち合わせだから。
「で、あんた達は何時ごろうちの大学に来るんだ?」
 ――そうだな。11時くらいかな
「とりあえず、うちの大学で馬鹿な真似だけはしないでくれ」
 ――1流女子大生は世間体を気にしますなあ
「頼んだぞ」
 暦が念を押すと、適当な返事をして智は電話を切った。
 明日、久しぶりに全員が揃う。そのことが暦の胸を弾ませていた。こんなに翌日を楽しみに感
じたことはいつだっただろうと思い出すと、高校2年の春にみんなで遊園地に行った時が頭に浮
かんだ。もっともその時暦は、風邪を引いてしまって参加できなかったのだが……。
 嫌な記憶を振り払うかのように勉強を切り上げて、暦は眼鏡を外してベッドにもぐった。どう
か、風邪を引きませんように。

482 :大学拝見@よみ:02/09/30 00:43 ID:???
「お、いたいた。早速1流大学のキャンパスを見学しに行きますかね」
「ともが時間通りに来るなんて、珍しいな」
「いや、私も大阪と一緒にいるとなんかしっかりするんだよ」
「一理あるな」
 二人の言葉をよそに歩はきょろきょろと忙しなく辺りを見回している。
「大阪、そんなにここが珍しいか?」
「あんなぁ、ここを通るのはエリートやろ? 日本の未来を担う若者として、参考にせなあかん
と思ってな」
「あはははは、ばっかでぇ! 大阪がそんなわけねぇだろ!」
「ともちゃんにだけは、言われたない……」
「なんだとー!」
「まあまあ、とりあえずうちの大学まで移動しよう」
 暦の言葉にいがみあっていた二人も渋々歩き出した。数分歩いて暦が通う大学に着いた。
「大阪、ここの空気を思いっきり吸うんだぞ! そうすれば私たちも少し賢くなるぞ!」
「ともちゃんええこと言った! そうや、こうして二人は日本の未来を担うんや!」
「お前ら、恥ずかしいからやめろ!」
 暦が案内する間も二人は周りを忙しなく見ていたが、一緒にキャンパスを歩けることが少し嬉
しかった。最後に暦は図書館を案内した。
「ここがうちの図書館だ。蔵書は結構多いみたいだから、何かあったら使ってくれ」
 暦の言葉に、智も歩も呆けた顔をしている。
「どうした?」
「なあ、ともちゃん。うちの大学に図書館なんてあった……?」
「ない……」
「お、お前ら! どこの大学でも図書館くらいあるぞ!」
「でも、私は知らない……」
「私もや……」
 智も歩も半泣き状態で暦を見つめた。
「ま、まあ今度大学行く時に探してみろ……」
「うん……」
「と、とりあえず次は神楽のとこだな。ボンクラーズが久しぶりに揃うな!」
 暦が明るく取り繕ったものの、二人の表情は沈んだままだった。


483 :大学拝見@神楽:02/09/30 00:44 ID:???
 二人が余りあてにならないのでちゃんと場所を調べておいた暦を先頭にして、駅から神楽の体
育大学まで徒歩で向かった。
「なあ、よみぃ。バスに乗ればいいじゃん」
「駄目だ。歩くんだ!」
「はいはい。今度はウォーキング・ダイエットですか」
 暦の鋭い眼光に、智はこれ以上の追及を諦めた。その頃歩は二人から少し遅れて、春の日差し
を楽しみながら歩いていた。
 30分ほど歩くと、ようやく大学の校門に辿り着いた。体育館が至るところにあり、それぞれ
から元気のいい声が漏れてくる。
「神楽は凄いとこに来たんだな」
「そういう問題でもないだろう」
「いや、よみちゃん。ここは恐ろしいとこや。1年中体育。地獄や!」
「だから、体育が好きな奴が来るんだろう」
 そんなやり取りの内に、三人を目ざとく見つけた神楽が近付いてきた。
「お前ら、久しぶりだな!」
「すっかり遊び人のように焼けましたな」
「馬鹿野郎! 違うんだこれはな――」
「ボンクラーズ再結成やぁー」
「違う!!」
 二人揃って否定した智と神楽を見て、暦は高校時代に戻った気がしていた。ちょうどその時、
校内をジョギングする一団が近付いてきた。
「なんて恐ろしいとこなんや……。大学生にもなって、罰としてジョギングなんて。あかん。こ
んなとこでは生きていかれへん……」
 暦と神楽がつっこもうとする前に智が口を開いた。それも大声で。
「ばっかでぇー! 罰で走ってるのかよ! まあ、神楽もこんな恥ずかしい大学生になら――」
 慌てて暦が智の口を塞いだ。運良く声が聞こえて無かったのか、そのまま一団は走り去った。
「お前、何言い出すんだよ!」
「そうだそうだ!」
 顔一面にクエッション・マークの広がっている智をよそに、神楽と暦は歩き出した。その時歩
は、「地獄の体育大学」の妄想に一人震えていた。

484 :メロン名無しさん:02/09/30 00:45 ID:???
>>478
よかった・・・ほんとに良かった
ちょっと泣きますた

485 :大学拝見@榊:02/09/30 00:45 ID:???
 暦は最後まで徒歩を希望したが、3人に押しきられる形となった。バス停を降りて4人が校門
に着くと、すでに榊が待っていた。それを見つけた智が手を振りながら、榊に駆け寄った。
「榊ちゃん、お久しぶりー!」
「みんな、元気そうだな……」
「ともは例外だ。例外」
「そうだな! 智は元気なだけが取り柄だな!」
「よみー! 神楽! ともちゃんは大学で女を磨いているのだぞ!」
「ともちゃんは授業中寝てばっかやでー」
「こら、大阪!」
 暦は榊の嬉しそうな顔を見て、自分と同じ気持ちなのだろうと思った。時間は前に向かって動
いているが、通り過ぎた時間が無くなってしまったわけではないのだ。
「おーい、よみー! ぼーっとしてないで榊ちゃんに案内してもらうぞー」
 校内を一通り案内された4人は大学の食堂で、缶ジュースを飲んでいた。
「凄い数の動物がいるんだなー」
「そうだな。とも言う通りこんなにいるとは思わなかったな」
「でも、さっきのトカゲ可愛かったよな!」
「神楽、あんたそんな趣味があったのか!」
「可愛かっただろ? なあ? 大阪」
「でも、あれやなー。ここにおる動物さんたちの中には、解剖されてしまうのもおるんやなぁ」
 全員の視線が榊に集中した。
「うん……」
「榊ちゃんは辛くないのか?」
「辛い。でも、動物を解剖してしまったことを無駄にしないためにも、頑張らなくちゃいけない
と思う。今は辛いことが多いが、それでも頑張るしかないと思う」
「そうだな。榊ちゃんが選んだ道だもんな。今は辛いかもしれないけど、立派な獣医になって動
物を助けるのが、榊ちゃんの夢だもんな!」
 智の言葉に全員が黙った。
「と、ともが珍しく真面目なこと言ったが、言ってることは正しいな」
 暦の発言に誰もが頷いた。
「な、なんだよ! そんなに変なこと言ったか?」
「いや、いいこと言ったと感心してるんだよ」
 暦は優しい表情で答えた。

486 :大学拝見@スペシャルゲスト:02/09/30 00:46 ID:???
 神楽が時計を見ながら智に尋ねた。
「時間よりも早く着いちゃったな。なあ、とも。ゆかりちゃんとにゃもちゃんは7時に来るんだ
よな?」
「そうだよ」
 駅前には、通勤帰りのサラリーマン・OLが多く見受けられた。時々、5人の母校の制服を着
た少女達が駅に吸い込まれていった。
「つい、数ヶ月前は私たちも制服着てたんだな」
「まあ、よみは制服着てても女子大生かOLにしか見えなかったけどな」
「うるせえ!」
 その時、榊が遠くから近付いてくる人影を発見した。
「あ……」
 榊の指した方向を智を除いた全員が見た。
「みなさん、お久しぶりです」
「そうでーす! 本日のスペシャルゲストの美浜ちよちゃんでーす!」
「でも、ちよちゃんアメリカで大統領目指してるんや……」
「大阪さんも相変わらずですね。たまたま、日本に帰ってきてる時に、ともちゃんから連絡があ
ったんです」
「忠吉さんはいないのか……?」
「忠吉さんはアメリカでお留守番です。今度、榊さんもアメリカに来てくださいね」
「うん……」
 それぞれが旧交を温めているうちに、7時になった。
「おおーい、おまえら元気かぁ!?」
 遠くから、ゆかりが手を振っていた。横には少し恥ずかしそうなみなもがいた。6人が手を振
って応えると、彼女たちの方に歩いて来た。
「久しぶりねー。ちゃんと大学行ってるの? あら、ちよちゃんも」
「まあ、ちよすけは別として、大学なんぞて〜きとうに行ってればいいのよ〜」
「あんたね!」
「ゆかり先生も、黒沢先生も相変わらずみたいやな〜」
 6人は頷いた。
「もう、あんたたちは私の生徒じゃないんだし、パ〜っと飲むわよ!」
「おー!」

487 :last@zu:02/09/30 00:46 ID:???
前スレの
Nowrad Nothinkの作者でつ。新スレ記念で書いてみますた。 


〜見上げた空は〜

朝。ここちよい朝日がまぶしく、小鳥のさえずりが聞える。
「おはよう、よみー、学校にいこうぜー!」
「ああ、ちょっと待っててくれ」
制服姿の智がよみの家にやってきた。智はよみを少し待って2人そろって学校へ向かう。
「朝早くオマエのほうからくるなんて珍しいな、どういうかぜのふきまわしだ?」
「なんか今日は早く起きちゃってさ、いてもたってもいられなかったわけよー」
今日は学校へいく最後の日になる。外はどこかに出かけたくなるような小春日和だ。
いつものように通いなれた学校へとつづく道をいつもと違った気分で歩く。
そう、今日は、卒業式―。
少し早めに学校をでて、ちよちゃんたち、いつものメンバーと公園で待ち合わせて
一緒に学校へ行く約束をしていた。
ふたりは待ち合わせの場所の、いつも集まる公園へつく。
「あれ?まだ誰も来てないじゃん」
「ちょっと早すぎたか・・・」
ふたりは公園のベンチに並んで腰を下ろした。
花壇からは春の薫りがただよい、公園の緑の街路樹の木々が春風と遊んでいる。

488 :語り部:02/09/30 00:46 ID:qbDxxiUZ
俺がこんど訪問しようか?

489 :58:02/09/30 00:47 ID:???
相変わらず長くてすいません。
キャラが多いと動かすのも大変です。特に神楽・・・

490 :last@zu:02/09/30 00:48 ID:???
二人はベンチに並んで腰を下ろした。智が大きく深呼吸する。
「ふわぁぁぁぁ〜、ふうー」
そして、おおきなあくび。
智とよみはベンチに座りながら公園を通る人たちを眺めていた。のどかな春の朝がすこしづつ時を刻む。
よみ「もう、この制服着るのも、学校へ行くのも今日で最後か、なんか寂しくなるな」
智「そうだね。この可愛い制服がきられなくなるんだよな〜」
女の子にとって、制服との別れは男の子よりも感慨深いものがあるのだろう。それは少女からすこしづつ
大人へと成長していく節目でもあるのだから。
よみ「そういえば、高校三年間っていろんなことあったよね」
智「アタシはすっげー楽しかったよ!」
よみの頭の中で今までの三年間がオーバーラップする。ちよちゃん、大阪が学校へ来たときのこと。
神楽、榊さんとの出会い。ゆかり先生、黒沢先生のこと。体育祭、文化祭、修学旅行。
ちよちゃんの家の別荘に行ったときの事・・・。
「ほんと楽しかったよな・・・心からそう思うよ・・・」
空を見上げてよみはつぶやく。少し目に涙をためている様だった。
「なにしんみりと思い出なんかにひたってるんだよ、よみ。まだこれから楽しいこともあるじゃん?」
「そ、そうだよな」
これで楽しいことは終りではない。まだまだこれからの人生。ふたりは、これからどんなことが待ち構えて
いるのか、不安はあるが前方に道が広がるような希望を感じていた。

491 :last@zu:02/09/30 00:49 ID:???
「そういえば、よみ卒業式が終わったら大学の合格発表じゃん。よみ、やっぱり心配?」
よみにとって今一番気がかりなことに智が触れた。
「ああ、少しな・・・」
「大丈夫だって!よみは頭いいから絶対合格してるって!」
笑って智はよみの背中を叩いた。
「アタシは信じてるよ。」
智はよみの目をじっと見つめる。
「と、とも・・・・」
智の言葉に、思わず胸が熱くなる。智の信じてる、の言葉はよみにとって
この世のどんな言葉よりも優しく嬉しかった。
「なあ智、聞いていいか?」
「なに?よみ」
「智、もしオマエが大学おちてたらどうするつもりだった?」
「えっ!?アタシ?アタシはもし落ちてたらその時はまた別な道をかんがえるよ。警察学校に
入って婦警になるのもいいなぁ!」
「迷ったりしないのか?自分の進路に」
「うーん・・・・、アタシは迷った時はね・・・・」
智は暫く考え込んで、口を開いた。
「一番楽しくて好きな方を選ぶ!難しく考えるのはアタシ大嫌いだから!アタシはいまが
楽しけりゃそれでいいのだ!アーッハッハッハッ!」
智は勝ち誇ったように大笑いする。
「そういうと思ったよ・・・」
少し呆れたようによみは顔に笑みを浮かべる。
「でも、智と話して気分が楽になったな、ありがとな」
「いえいえ、どういたしまして」
屈託のない可愛い笑顔で智が笑い返す。
見詰め合うふたり。学校生活最後の日もいつものように、いつもの2人だった。

492 :メロン名無しさん:02/09/30 00:50 ID:???
>>483
おお、読ませてくれる文章を・・・
頑張れ!!

493 :last@zu:02/09/30 00:52 ID:???
そして、暫くすると、
「おはようございます智ちゃん、よみさん」
「おはよー、智ちゃん、よみちゃん」
ちょちゃんと大阪がやってきた。
それから少し遅れて榊さんと神楽も来た。
「よーし、そろったなー!みんなーよみの前に集まれー!」
智が皆に声をかける。
「な、なんだよ?みんな!?」
皆がよみを取り囲んで手を前に突き出して円を組んだ。
そして、智の叫びとともにいっせいに叫んだ。
「合格ビーム!!よみは合格するぞ!合格するぞ〜!」
「・・・・・・・!?」
しばらく呆気にとられるよみ。
智「よし、これでよみの合格は絶対だな!いやさ〜よみを元気付けてあげようと
おもってよみには秘密にしておいたんだ。みんなでよみの合格祈願してやろうと思って」
ちよ「よみさん、絶対大丈夫です!よみさんは絶対合格してます!」
大阪「よみちゃん、わたし信じてるでー」
神楽「アタシ信じてるぜ!おまえが絶対うかってるって」
榊「わたしも・・・」
「みんな・・・・ありがとう・・・・」
智たちの励ましに感動してしまったよみ、目から涙がこぼれてきた。
それは嬉し泣きだった。
「おいおい、よみーなくなってばー!」
智たちはよみが泣いたことに少しあせってしまった。



494 :last@zu:02/09/30 00:54 ID:???
「じゃあ、そろそろ学校いきましょう〜!」
ちよちゃんが掛け声をあげる。
「おお〜!」
それに答える智たち。
そして、みんなは公園の街路樹を歩き始めた。
「ねえねえ、このなかで一番最初に結婚するのだれだろうね?」
歩きながらよみがみんなに向かって年頃の女の子のお決まりの話題をはじめた。
ちよ「わたしはよみさんだと思います」
「えっ、わたしが・・・!?」
よみは顔を赤らめ、照れた。
「ちよちゃん、それは絶対ありえな・・・」
ボカッ―。
そう智がいいかけた時、よみの鉄拳が智の頭に炸裂した
「いたいな〜よみーぶたなくてもいいじゃん」
「オマエが言うな!」
またいつものやり取りが始まる。
「アタシは大阪が最初に結婚しそうだと思ってるけどなー」
―以外とそうかもしれない・・・・。
智の答えに妙に納得したよみたちは、いっせいに大阪の顔を見た。
「ん〜?なにー?」
大阪がきょとんとした顔でみんなを見回す。
さてさて、誰が最初に結婚するのか・・・。それはまだわからずじまいだ。

495 :last@zu:02/09/30 00:55 ID:???
広い広い公園の街路樹を進みながら、
「あははは〜!今日はなんかふわふわからだが空にうかぶようやわ〜」
智たちの横で、とつぜん大阪が笑いながら手を横に伸ばしてくるくると体を回して踊っている。セミロングの髪が春風になびく。
それにつられて、智、神楽が加わって踊り始めた。
大阪「ぼんくらーズの卒業の舞いや〜!」
神楽「ぼんくらーズは永遠に不滅だ〜!」
智「あははははは〜!」
今度は智、神楽、大阪が三人そろってくるくると踊っている。
「まったく、こいつらは・・・」
よみは呆れながらも、智たちを笑ってみて見ていた。
ちよと榊もただ笑って三人を見ていた。言葉を忘れて笑っていた。
いつも通った道、見慣れた風景。それも今日でお別れ。
悲しくても寂しくても、なぜか嬉しい。
うかれた気分がとまらない、そんな一日になりそうだ。

「卒業しても、どんなに月日が変わっても・・・」
「心は変わらない」
「これからも」「みんな」「ずっと一緒」
みんなの口から合わせたようにそんな言葉が出てきた。
今日はなんだかいい天気。春の優しい風がなぜか泣きたくなるような
懐かしさを運んできた。
見上げた空は、どこまでもどこまでも青かった。
巡る季節はまた振り出しに戻り、
こんな空の下で平凡な毎日が続いていくことだろう。
明日もまた次の日も変わることなく―。

〜見上げた空は〜おしまい

496 :メロン名無しさん:02/09/30 00:57 ID:???
す、すげえ・・・
神が次々と復活していく!!嬉しいことだ!!

>>487
前作ではぼろぼろ泣かせていただいた一人です
・・・というより俺がSS書き始めたのはあなたの作品を読んだことが
きっかけだったんで、お礼を言わせて下さい
本当に感謝してます、有難う御座いました

今回も期待してますので頑張って下さいね
今からハンカチ用意してお待ちしております

497 :last@zu:02/09/30 01:00 ID:???
最終回記念で書いてみました。(でも今日は見れない・・・)
イメージ的には葉加瀬太郎のエトピリカをBGMしたいな。

498 :last@zu:02/09/30 01:03 ID:???
>>496

早速レス、サンクスです!
こうやって反応がかえってくるのは励みになります

499 :メロン名無しさん:02/09/30 01:06 ID:???
>>489
頑張ってね、応援してるよ


500 :496:02/09/30 01:10 ID:???
>>498
早速読ませていただきました
ハンカチ用意して良かったです・・・今も泣きながらカキコしてます
俺も今年受験なんで、なんかよみの姿がダブって見えました
また今度書いて下さいね、最終回記念と言わずに・・・ね?
有難う御座いました

501 :メロン名無しさん:02/09/30 01:31 ID:???
「ったく、よみのやつもあそこまで怒ることないじゃんかよー。なあ大阪?」
「でもともちゃん、あれはちょっと酷すぎるとちゃうん?」

私は今、大阪と帰っている。よみ・・・?へっ、あんなやつ知らない!
人がちょっとふざけただけであんなに怒っちゃってさあ。

「いくらなんでもあれはあかんで。ちょっと洒落になっとらへんかったもん」
「う・・・」
「ちゃんと謝るんやで?・・・ほな、また明日ー」
「ああ」

・・・あーあ、一人、か。
言われてみれば、確かにちょっとやりすぎたかも。
よみのやつ、突っ込みすらいれてこなかったもんなあ。
えーっと、たしか・・・。
(ザ よみちゃんショー! みんなで音痴になります)
(こーんな風に、眼鏡をかけてー)
(ぼえ〜)
・・・んで、なにも言わずにどっか行っちゃったんだよな。
あの時はあんまり気にしなかったんだけど。こんなこと、今までになかった。
そんなに気にしてるとは思わなかったんだもんな。
なんかよみに今すぐ謝らなくちゃ、そんな気がしてきた。

気が付くと私の足はもと来た道を引き返していた。
まだ、学校にいるといいんだけど。
ふと脇に目を逸らすと、いつだったかちよちゃんに教えてもらった鯛焼き屋があった。
その前にいたのは・・・。

502 :メロン名無しさん:02/09/30 01:33 ID:???

「よみ、私が悪かった!だからやけ食いは止めろ!」
「・・・とも?」
「あんなによみが音痴のこと気にしてたなんて、知らなかったんだ。
私、ずーっと、よみの友達だったのに・・・。」
なぜだか知らないけど、目に涙が溢れてくる。
「・・・は?」
「・・・え?」
「なんのことだ?」
「いや、だから、今日の・・・」
「・・・!あれか。あんなの気にしてねーよ」
「だって、だってあんなに怒ってたじゃんか」
「・・・確かに頭にはきた。でも、本当のことだから。それに歌は心だからな。いつも言ってるだろ?」
「じゃあ、許してくれる?」
「だから、もう気にしてないって」
「・・・いやーさすが!よみは大人だな!」
「すぐに調子に乗るな。・・・そうだ」
「へ?」
「代わりにこれからカラオケに付き合ってもらおう」
「げっ!」
「げっ、とはなんだげっ、とは!・・・あーやっぱり頭にきたぞ。明日から宿題見せてやらない」
「ううーわかったよー。でも私にも歌わせてくれよ」
「とものおごりだからな。ほら、ちゃんと顔拭けよみっともない」
・・・本当に怒ってないのかな?でもよかった、よみと仲直りできて。

503 :メロン名無しさん:02/09/30 01:36 ID:???
イイね。
こういう日常のひとコマは好きだな。

日曜の夜になって大量にSSがうpされるのは、
みんな昼間に書き溜めてたのか?

504 :501=502:02/09/30 01:38 ID:???
なんか書いてた間に次々と常連SS作家さん達が復活してるなあ・・・。
当方まだ二回目なので格の違いはご容赦をば。

>>487
はあー・・・流石ですね。やっぱり周りの描写などもあると文が違います。
タイトルをみて「ポケットの中の戦争」を連想したのは秘密。

505 :58:02/09/30 01:39 ID:???
>>504
俺も2回目だよ。お互いがんがろう!

506 :471-473:02/09/30 02:11 ID:???
>>475-477
レスありがとう。
解決!ボンクラーズ!は前スレの分で終了のつもりだったんですが、
久々に来て「合同スレ」の文字を見たらこんなネタを受信してしまいました。
次の話はとも・よみ物でいきたいと思ってます。

しかし、このSSの量はすごいですな。これぞともよみのドッキングパワーか。

507 :メロン名無しさん:02/09/30 02:40 ID:???
ハローエブリニャン


508 :メロン名無しさん:02/09/30 03:49 ID:???
>>501
すっきりまとまってて良かったです。
神楽のとき同様、ともはマジレスに弱いと見た。

509 :メロン名無しさん:02/09/30 03:51 ID:???
>>473
ちよ頑張れw
最後のよみの独白も雰囲気出てていいなぁ

510 :メロン名無しさん:02/09/30 03:55 ID:???
            ∧__∧
           i     i
          ト──┤
            |::::::::::::::::|
            !::::::::::::::::!
         イi゙、:::::::ハ!ヽ
        |゙'i  `i'´ /i
          i |  |  .|  i         _
        i' i  .|   |  i      ,,r ''~:::::::゙''ヽ、
        i キ====i  i     /::::::::::::::::::::::::::\
        i. /::::::::::::::::::i  i,    /》:::::::::::::::::::::::::::::::《i
         {_i::::::::::::::::::::::ヒ=ュ   i'":::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
        !~i::::::::___::::::::|сg---i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        `'「 ̄ ||  ̄i' ヾ::::::::,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |  ||  ,'   `'''y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ
         !.  i i  i'    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::゙、
          i.  i .|  |     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト:::::゙、
        ├‐┤.|_|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i \:i
           !  !. |  i    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ  ´
          |,,,,i | .,'    i、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
        ├'メ, |__i     ゙\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ '
         !、,,) .!,,」      >--、_,,r-r─‐'''<
                     ̄ ̄      ̄ ̄
ちよ「このスレは素敵なSSがあっていいですよね〜」
大阪「そうやなー私なんかSSがあるから1000まで楽しく居られるようなもんやで〜」
ちよ「すごいですね〜」

511 :メロン名無しさん:02/09/30 04:06 ID:???
>>481
大阪のおびえぶりがよかったですよ。
スレ的には全員集合だと盛り上がらないのかな?
とりあえず、次回作期待してます

512 :語り部:02/09/30 07:05 ID:???


513 :メロン名無しさん:02/09/30 07:10 ID:???
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000とり合戦いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \ ぶーぶーぶー /
      //三/|三|\              タリー
      ∪  ∪     (\_/)タリー    タリー   まだ早えよ〜
                (  ´Д)    タリー  タリー
                /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
               (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))





514 :メロン名無しさん:02/09/30 07:18 ID:???
1.ともの死

最初にそのことを知ったのは、いつものように朝、新聞を読んでいた時だった。
『京都府警殿宮署 滝野智巡査 殉職』
はじめは同姓同名の間違いだと思った。でも、あいつに最後に貰った手紙に書かれていた勤め先と、新聞に書かれていたあいつの勤め先は一致していた。
記事を読むと、何日か前に脱走した脱獄犯のための検問にかり出されたところ、不審車両の暴走にあい、死亡したとのことだった。
「どうしたんだ、暦?」
夫の不思議そうな声を聞いて、初めて気がついた。
私は泣いていた。

あの日、高校を卒業して、12年目の出来事だった。

515 :語り部:02/09/30 07:25 ID:???


516 :メロン名無しさん:02/09/30 07:29 ID:???
その朝刊はもちろん俺達の記事だろうな?             
       
                ∧_∧  
                (-@∀@)
             _φ 朝_⊂)_
           /旦/三/ /| 
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/
        

517 :メロン名無しさん:02/09/30 07:30 ID:???
あんあなんあにあなんれ


518 :メロン名無しさん:02/09/30 07:31 ID:???
                       / l A A .A ヽ
                      ノ.ノノ,lニヽl_,l.ニヽ、ヽ、
         , ‐、/ ̄\‐、       |-ト--‐'l.`‐--'|-|~
        /  l/~ヽ l ヽ      ト.|   .|   .|.'l
       /  /~ ̄ ̄ヽ.\ ヽ     ヽヽ.. __`___ ./ lノ
        / / /-、  ,--\_`ニ'      ヽ`‐-‐'/-=、
      ノ/ノ ̄ .)-(  ̄ヽ_ヽ_ `-'    ./~_l ̄l_\
       (/ `― ' . .`―‐' |' ) ~    / /.!   ヽ ヽ
       l  ∵┌‐┐ ∵ l'     ,∩. ト====l ∩、
        >、  `−'   , <     / .~`┤    l/ ~ ヽ
      / ` ‐-----‐'  \   lヽ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / l
     /   ______  ヽ  |  (~ヽ ね    /~~l  .|
     /__|        |,___| く 〈 ノ     ヽ__」、_|
      |   ,┴、  死   ,┴、  | |  ノ.|_____|、 ヽ |

519 :メロン名無しさん:02/09/30 07:46 ID:???
2.再会

ともの実家や勤め先に問い合わせても、現実は何も変わらなかった。
昔の友人たちにも電話した。神楽なんてわんわん泣いてた。榊も冷静を装っているようだったが普段が静かな分、涙声は印象的だった。意外にも、誰よりも冷静だったのが大阪だ。どこか沈んだ声だったが、淡々としていた印象もあった。
葬式の日に再会することになった。
何年ぶりになるだろうか。確か、神楽の結婚式のときだった気がする。
もう、あんまり覚えてない。

葬式は淡々と進んだ。
みんなと再会した。神楽は子供をつれてきてた。私は邪魔になるから、夫と一緒においてきた。榊は少しだけ表情を柔らかくなった気がする。不思議なことに大阪は全く変わったところが見つけられなかった。やっぱり大阪だ、と思った。
意外なメンツとも出会った。
ゆかり先生とみなも先生だ。この二人は今もって独身で、教師を続けている。多分、もうだめだろう。
ちよちゃんは来なかった。噂ではどこかの研究機関に就職したらしいが、成田でお別れをしてから1年後位に手紙を貰って以来、音信不通が続いている。

520 :メロン名無しさん:02/09/30 08:19 ID:???
>この二人は今もって独身で、教師を続けている。多分、もうだめだろう。

ここで不覚にもワラタ

521 :夏の終りの狂想曲:02/09/30 09:03 ID:???
 高校生活最後の夏休み。流石にまだ8月の半ばを過ぎたばかりである。暑さが暦の額を濡らす。クラスメイトにはとても見せる事が出来ない格好で暦は
お気に入りのクッションを頬杖代わりに寝そべりTVを見入るとも無く眺めていた。
 勿論クーラーなんかは機能させてない。全てはダイエットの為。先般、智
と赴いた夏祭りのお陰様であることは語るまでもない。いくら眼鏡を外し計測しても、自分の記憶している数値を下回る事は結局夏休み中には無かった。
この自虐的ともいえる暑さで体中の汗腺は開き切り、容赦なく着衣をも濡らしていく。「クラスメイトにも見せる事が出来ない格好」とはこの状態の事であった。
 人間とは不思議なもので抑圧されれば発散したくなるのは当然で、暦も次第に怒りの感情が芽生え始めてきた。

 ― くっそー、こんな事なら祭りなんて・・・ ―

当初のうちは祭がその矛先になっていたが、徐々にどういう訳か、それが智に向き始めて行った。

 ― そうだ、ヤツに誘われなかったらこんな事には・・・ ―

「ヤツ」とは勿論智の事である。小さい頃からの腐れ縁。喧嘩仲間。ボケとツッコミ。そして、お互いに生まれて初めて出来た「親友」でもあった。
今までの人生の大半を智と一緒に過ごして来たと言っても過言ではない。しかし、それが故に互いに遠慮というものが存在しないのも事実。

 ― ヤツも同じ憂き目に遭ってもらおうか ―

まるで大阪が良からぬ事を考えているような目つきの状態で、暦は智が丸々と膨れて四苦八苦する姿を妄想した。暦のメガネは今、勿論白メガネ状態である。
部屋には暦1人であったから良いものの、その光景は少なからず不気味という表現がぴったりであった。嗜虐的な表情のまま暦は更に様々な妄想に浸っていった。
(多分続く) 


522 :521:02/09/30 09:06 ID:???
ここの板って、結構書き込むのにも制約多いんですね・・・。
改行まで指摘されてビクーリでした。(笑)

他の神の様に「読める物」でなくてスマソ。
因みにシリアス物にするかハァハァ物にするか思案中<続き

523 :メロン名無しさん:02/09/30 09:09 ID:???
3.居酒屋にて(1)

「あんたたちも変わらないわね〜」
肉じゃがをつつきながら、すっかり出来上がったゆかりちゃんが言った。
最初に「シメった葬式も終わったし、飲み行こー!」と言ったのも、ゆかりちゃんだ。変わらないのは、この人の方だ。
「変わらないのは先生たちの方でしょ」
私の代わりに神楽が言った。ヒザの上で眠った子供を抱えながら、ビールを飲む姿を見ていると、こいつが一番変わったと思う。
「カズくん今年でいくつだっけ?」
みなも先生が、眠っている和良(かずよし)くんのほっぺをぷにぷにしながら訊いた。
「2つ」
「子育てなんて大変でしょ〜」
ゆかりちゃんはもう呂律が回らなくなってきている。
「うん、そりゃ大変だけど・・・やっぱり可愛いから」
神楽は昔と違ってすっかり女らしくなった。髪を伸ばしていた時期もあったらしいが、出産をキッカケにまた切ったらしい。
子供トークですっかり盛り上がっている三人を置いて、榊に訊いた。
「榊の方はどうだ、病院」
「うん、ぼちぼち」
榊は今、小さな動物病院を経営している。近所でも評判の、美人のおねーさんがいる動物病院というわけだ。


524 :メロン名無しさん:02/09/30 10:03 ID:???
ともちゃんってなんか“死”が似合うんだよな…。

525 :メロン名無しさん:02/09/30 10:22 ID:???
葬式のやつ面白いなぁ〜
続き見たくなるな。

>>500が大学落ちてくれれば問題無いよね

526 :メロン名無しさん:02/09/30 10:23 ID:???
 

527 :メロン名無しさん:02/09/30 10:34 ID:???
4.居酒屋にて(2)

「大阪は?」
私は、先ほどからウーロン茶をちびちび飲んでる大阪に話を振った。
「うちも、ぼちぼちやでー」
語尾が少し間延びして、顔もちょっと赤い。こいつは店中に充満するアルコールの匂いだけで酔ったらしい。
大阪は市役所に勤めていると訊いた。それから特に浮いた話しも聞かず、今日会ってみても高校時代からどこも変わった様子が無い。やっぱり大阪だ、と思った。
「よみちゃんは、どうなん?」
「わたしも・・・ぼちぼちかな」
私はと言えば、大学を卒業して旅行代理店に就職した。そこの職場で今の夫と知り合い、2年付き合って結婚した。長男の勇気(ゆうき)が4歳で、昨年長女の裕香(ゆか)が生まれた。
「お〜う、あんたたち飲んでる〜」
ゆかりちゃんの魔の手が迫ってきた。
「ゆかり、またあんたは飲みすぎよ」
なれたようにみなも先生が言った。
「別にいいじゃない、こんな日ぐらい」
ゆかりちゃんのこの何気ない一言が、今日がともの葬式であることを思い出させた。
ともが死んだ。こうして葬式まで体験してしまうと、逆に実感に乏しいものだ。まるで近所のおばさんの葬式にも参加したようだった。新聞に貼り付けられていた顔写真と『死亡』の記事を見たときが、一番実感があった。ああ、死んだんだ、って。
小学校から続いた腐れ縁だったのに、大学を卒業すると、途端に途絶えてしまった。日々の生活に没頭されて、そんなことにさえ気づかなかった。
今日が終わるとすぐに明日がやってきて、明日が来るとすぐに今日が始まる。初めて実感したその速度に追いつくのがやっとだった。
高校生の時は、あいつと一緒にいた時は、そんなこと考えなくともやっていたはずだったのに、
あいつは・・・ともはどうだったのだろうか・・・
「そういやー、ちよすけが見当たらないわね〜」
焼き鳥の串で歯の間をしーしーしながら、ゆかりちゃんが言った。
「美浜さん海外でしょ。忙しいんじゃない」
ゆかりちゃんとの会話においてみなも先生の間の置き方は完璧だ。これをホントの腐れ縁と言うのだろう。
「だれか連絡取ってるやついないの〜」
「私は手紙貰って以来だな。よみは?」
「私もだ。榊は?」
榊は静かに首を振って、視線を大阪に送った。
「うち、この間おうたで〜」

528 :メロン名無しさん:02/09/30 10:36 ID:???
ちよちゃんはどこにいるんだ!
すげ〜気になるぞ!

529 :夏の終りの狂想曲:02/09/30 10:56 ID:???
(続き)
ふと、とある妄想を膨らませた時点で、暦は頭上に電球が浮かんだ。

「これは使える・・・」(м)

感情の昂ぶりが心中の声を表に出した。しかし、暦はそれに気がつくでもなく机の上に無造作に置いてあった「綺麗な動画も撮影できる機種」を謳い文句にした
最新型の携帯電話に手を伸ばした。暦のキャラクターには到底想像もつかないどピンクの筐体。しかし、ストラップは機能性重視のカールコード式であった。
このあたりが暦のキャラクターといったところであろうか。昨今の携帯電話は利便性の良い機能が付いている、そう思いながら暦は折り畳み式の電話を開き筐体に目を落とすことなく耳にあてがった。
 決してこの電話はクラスメイトといえども見せたくない理由があった。ディスプレイを開いた瞬間に出てくるのが何を隠そう智の電話番号だった。
智への連絡だけは正に「臨戦態勢」といった所である。そんな秘密のある電話機も、智にだけは隠し通す事が出来なかった。痛恨である。初めはそう思っていたが心の中では智にだけは知っておいて欲しいと考えていた。理由はいわずもがな。
学校帰りの途中。
「ねぇ〜よみ〜?新しい携帯買ったんだって〜?ねぇ?最新?最新〜?」
・・・ 本当コイツは何時でも屈託の無い瞳でアタシを見やがって ・・・。
・・・ っ!いかんいかん! ・・・
同性同士ではタブーである衝動を、冷静に堪えつつアタシはいつもの口調で智に
「ははん、羨ましいか?オマエのみたいな古臭いやつじゃ使う気も起きないね」
「何だと〜!このピカピカの携帯の何処が古臭いんだよ〜!!」
「確かに綺麗だが・・・それ、電話帳がカタカナじゃないか・・・。」
「へっ? こっ、これってそんなに古いの〜!?」
「オマエなぁ、最新の機種を見てみろよ。全部漢字だよ。カ・ン・ジ」
「なにお〜っ!よみのもどうせおんなじ様なもんだろ〜!」
「お前バカか?」

>やっぱり書きながらのうpはキツイなぁ・・・。
たったこれだけでも2時間近くかかる (。。)
しかも狂ったように神が降臨してるし(笑)
でも合同にしてヨカータね>1
(続く)

530 :メロン名無しさん:02/09/30 11:06 ID:???
  

531 :メロン名無しさん:02/09/30 11:11 ID:???
>>514からシリーズを書いてる者なんだが、続きは夕方になりそうだ。

532 :メロン名無しさん:02/09/30 11:24 ID:???
>>531
待ってるよ。

533 :夏の終りの狂想曲:02/09/30 12:16 ID:???
調子に乗ってしまった。優越感に浸る余りアタシはあろう事か「あの」携帯電話を迂闊にもそのまま智に手渡してしまった。もうアタシの手から離れてしまった
携帯電話を取り返そうにも、それは後の祭りであった。アタシはただひたすら冷静を装い、流れ出てくる汗を隠すことに専念せざるを得なかった。

「すっげ〜!!名前が漢字で書いてある〜!ってなんでアタシの番号が出てんの〜?」
「あっ・・いや・・その・・それは・・・」
「!!もっ、もしや・・よみ・・・・・」
「いや!違う!!断じて違うぞ!!!」
「へっ?これって最新の着信記録じゃないの?」
「なっ・・あっ・・そうっ!それだ!間違いなくそうだ!!」

智はアタシの様子を見るや、「にや〜っ」っと薄笑いを浮かべた。しまった・・。撒き餌をばら撒いてしまった・・・。智はしたり顔で、アタシの顔を覗き込んで来た。
視線をそらすのがやっとだった。心の中まで智に見透かされてるようだった。しかし智は意地悪くしつこく食い下がってきた。

「ねぇ〜?どっち〜?どっちなんだよ〜。嘘ついてもこの智ちゃんにはお見通しなんだ〜。」
「うっ・・うぁ・・・」
「普通さぁ〜、こういう機能の番号ってさ〜1個しか入んないじゃん?家の番号とかカレシの番号でもいれとくんじゃないの〜?」
「!」

やっぱり智には全部お見通しだったようである。まさか3世代も4世代も前の携帯を使ってる人間がそんな事を知ってるなんて・・・。アタシは選択を迫られる。
1:飽くまでもしらを切る。
2:逆ギレの威力で話題を変える。
3:素直に白状する。
アタシの中で答えは出ていた。しかし、それは口に出していいのやら分からない。出てくるのは滝のよう額から流れ出てくる汗ばかりであった。


534 :メロン名無しさん:02/09/30 13:09 ID:???


535 :メロン名無しさん:02/09/30 13:10 ID:???


536 :521:02/09/30 13:12 ID:???
続けるのって難しいなぁ・・。もうだめぽ。
リアルタイムうpの限界を感じた。w

537 :メロン名無しさん:02/09/30 13:24 ID:???
やっぱり書き貯めうpの方がイイかモナー

538 :メロン名無しさん:02/09/30 13:37 ID:???
正直、SS多すぎ

539 :521:02/09/30 13:40 ID:???
>>537
そうすます。アリガd。

540 :メロン名無しさん:02/09/30 14:19 ID:???
>>538
確かに。作品は良いものが多いんだけどね。

541 :香田晋:02/09/30 14:32 ID:???
興味深く読ませていただいてます。
「負け犬」・・・・勝ちってなんだろう? 勝ち犬じゃなくて「勝った
人間」
つまり、まっとうな、誰に対してもみじめさや後ろめたさのない人
間だろう
けど。そんな人、世間にそうそういるもんじゃないだろ? マザ
ー・テレサ
じゃあるまいし、誰だって何かに対しての後ろめたさをもってる
に決まってる。
王様だろうと総理大臣だろうと、誰かには負けているわけさ。
SMは「性的倒錯」で、あまりおおっぴらにできる性癖じゃない。
だけど、
犯罪に走るような幼児フェチとか屍姦フェチに比べたら十分飼
い馴らせる
性癖だと思うけどね。
1にかぎらず、人を見下すことでしか「勝ち」を実感できない人の
方が、
SMよりよほど「負け犬」に見えますが。

542 :香田晋:02/09/30 14:32 ID:???
マゾ男には二つのパターンがあると思う。
一つは人生そのものがマゾで負け犬の奴。
マゾになって努力せずに快感を得ることに慣れてしまった奴。
もう一つは社会的には成功者で、屈辱を受けることが非日常的
で新鮮なためにマゾにはまってしまう奴。
俺は自分で言うのも何だが30代で年収2000万以上あるから、
一応後者だと思うけど、子供のころはいじめられっ子でそのとき
のコンプレックスをバネにしてがんばってきた部分もあるから、
前者の気持ちも理解できなくはない。

543 :香田晋:02/09/30 14:33 ID:???
何や何や貴様らは!!!!!
そんなことで自分を負け犬呼ばわりできるんか!!!
というより己を貶めて興奮しとるただのマゾやろが貴様ら
は!!!!
まあ、236の言うちょることは正しい。ワシが正しいいうとるから
正しい!!!
貴様らものう、己の生き様に胸張らんかい!!!!ちょっと煽
られただけで
「確かにそうです。」ではあまりに情けない!!!!情けなすぎ
るわ!!!!
そんな足元のふらついた輩はのう、ワシが鉄拳で勝ち負けのな
んたるかを教え
ちゃるさかい!!!ちょっとこんかい!!!!

544 :メロン名無しさん:02/09/30 14:37 ID:???
>>543
あんまりアボーソ喰らう書込みしてると
アク禁にされちゃうZO!

545 :メロン名無しさん:02/09/30 14:40 ID:???
コピペ

滝野さんの目がもう見えなくなった。
「僕の顔覚えてますか?」
と聞いたら
「覚えてるよ、当たり前〜。」
と、微笑んでくれた。
この前も
「私の事、邪魔だと思ったら手はなして先行っちゃっていいよ。」
と言った。
僕が滝野さんのことを抱きしめてキスをすると
「もう、えっちだね。」
と言って泣いていた。
でも涙は流れていなかった。

546 :メロン名無しさん:02/09/30 14:43 ID:???
             ヾ''‐、  _,....,,__
            ‐-=` `~´    `゙ヽ
            , ‐'"          \
          , ‐'"    、 ,ヘ  ト、、    \       なんであたし死んでるの!
       , ‐'"       /!/ヽ ヽ,レ'`゙ヽ、,_.   \
        フ     _i'|  @     @   l'l    \
       ‐='/   i゙,/ ''''''''  _,...、'''‐-  レ''''i   \
          'z -'''フ,.ヘ{   r:r''''"   ヽ  _,..ノ 、 、 、,rヽ
           '゙   ヽ、 !/.      ゙、/,,,V``''ー' `
                 r゙i、_,. -‐-- 、ノ´__ ヽ
             / ゙i /-、,//,ニ-、.! ,i
           _/~ヾiハ, i,./r'"{,/  .〉,リ
        ,,. ‐''"    |!  `ロ'゙ ./     !,ノ
     , ‐',i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|r'、    !
     }、 ヽi_  合同スレ   ,|> ヽ  ./
      ! ヽ.....二)      r‐‐'" ,.:  { /

547 :メロン名無しさん:02/09/30 14:46 ID:???
       ,、-‐''''''''''''‐-、
     ,、':::::::::::::::::::::::::::::`、
     ,'::::,、::,、://\ i'、::::::: ',
      i:::/ノ/''x' '  ‐ヤ''! ト、::i    第一の被害者
      !::i' ' ○    ○`'i::::::i       ともちゃん
.    |:::|         |::::::|   
      i::::',    i''''''''i   i::::;;|     そして次々と
     l::::;ヽ、,,,_`--' ,、 ‐'i:::;;;i       殺されるみんな
     ヽ::;;;:r‐1i´`` 1iヽノ::;;ノ
     ',へ_i ゛ToT" 'ノ イ'、
      / i'   |  |    i: \
    /  i'   |  |   ',  ヽ.
   , ' .:::i'   | o |    ',::::.. ヽ.      犯人は私!
  , '  ;、'.i    |  .|    ',` 、::: ヽ
 , ' / i'    |   i    ',  ヽ::::..`、
 '- '´   l    | o |     ',    `'‐ '
     i'    |  |     ',
      ,i'     |  |     .',
     ,i'      |   .|      ',
     i'     | 0 |.     ',
    {_     !  .i      ,i
    i' ""'i=======t''''""',
    i,___.;;i         ',_  ,,',
    イ、,、,,,;',         '-´〜;`
    |.  ,'          ',  ',
    !‐-i'           ',-‐',
     `''''´            ヽ-'

548 :メロン名無しさん:02/09/30 15:07 ID:???
なんとなく・・・BADENDタイプな読み物の方がいいのかな?



と書いてみるテスト。

549 :メロン名無しさん:02/09/30 15:21 ID:???
アク禁くらう条件って何?
あっ板違いやな

550 :メロン名無しさん:02/09/30 15:22 ID:???
あっぷす

551 :メロン名無しさん:02/09/30 15:23 ID:???

553 名前: 削除忍 ★ 投稿日: 2001/02/27(火) 07:08 ID:???
2chでは「削除しなければいけないもの」は存在しません。
荒らしだろうが個人情報だろうが、「削除しなければいけない」
わけじゃない。
荒らしは昔は「放置」だったし、個人情報も「書かれた人が訴え
ればいい」だったし、
割れ物やエロ画像については「クレクレ馬鹿が集まるとウザイ」
ってだけだし、
ブラクラやグロ画像は「踏んだやつが悪い」だったし、全てがあ
る意味で自己責任なんです。
2chの鉄の掟を思い出してください。「転んでも泣かない」です。
それでも削除というものがあるのは、議論もネタもできない馬鹿
に対する防衛手段。
博之のもう1つの口癖は「お馬鹿さんは来て欲しくないです」で
すから。
自分の思い通りにならないと気が済まない荒らしや、
私怨で誰かを攻撃するような叩きや、周りの迷惑を考えないよ
うな人や、
自分さえ良ければ板違いでもなんでもいいような人は、その最
たるものでしょう。
もう一度書きますが、2chには削除をしなければいけないもの
はありません。
「削除をしなきゃいけない」「2chを守る」というのは一歩間違え
れば電波です。
・・・・と、俺も博之に言われたことがあります(苦笑)

552 :あず王は:02/09/30 15:24 ID:???
                       / l A A .A ヽ
                      ノ.ノノ,lニヽl_,l.ニヽ、ヽ、
         , ‐、/ ̄\‐、       |-ト--‐'l.`‐--'|-|~
        /  l/~ヽ l ヽ      ト.|   .|   .|.'l
       /  /~ ̄ ̄ヽ.\ ヽ     ヽヽ.. __`___ ./ lノ
        / / /-、  ,--\_`ニ'      ヽ`‐-‐'/-=、
      ノ/ノ ̄ .)-(  ̄ヽ_ヽ_ `-'    ./~_l ̄l_\
       (/ `― ' . .`―‐' |' ) ~    / /.!   ヽ ヽ
       l  ∵┌‐┐ ∵ l'     ,∩. ト====l ∩、
        >、  `−'   , <     / .~`┤    l/ ~ ヽ
      / ` ‐-----‐'  \   lヽ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / l
     /   ______  ヽ  |  (~ヽ ね    /~~l  .|
     /__|        |,___| く 〈 ノ     ヽ__」、_|
      |   ,┴、  死   ,┴、  | |  ノ.|_____|、 ヽ |

553 :メロン名無しさん:02/09/30 16:02 ID:???
>>548
どうだろう・・・
俺はHAPPYENDの方が好きだけど。
「ただの悲劇モノ」とか「ただ残酷なだけのモノ」とかにならなければいいんじゃないのかな?


554 :メロン名無しさん:02/09/30 16:10 ID:???
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

大阪「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
大阪「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
大阪「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
大阪「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく
直立不動のまま敬礼していた。

スレ違いスマソ
某感動コピペ(改)ですた

555 :メロン名無しさん:02/09/30 16:16 ID:???
つまんね

556 :メロン名無しさん:02/09/30 16:30 ID:???
イイ話だが激しく板違い、残念。
>>555
名前が大阪に変えられてるが、素直に
イイ話じゃないか?
あ〜俺って奴ァ煽りにマジレス(・∀・)カコイイ!

557 :メロン名無しさん:02/09/30 16:41 ID:???
>>553
ありがd

558 :メロン名無しさん:02/09/30 17:09 ID:???


559 :メロン名無しさん:02/09/30 17:14 ID:???
 長いようで短い3年間が風のように過ぎた。
 仲間たちとの数々の楽しい想い出。
 それぞれの道を歩み始めながら
 今、青春の1ページが幕を閉じゆく。

 次回、あずまんが大王最終回
 
    「卒業」 




560 :メロン名無しさん:02/09/30 17:18 ID:???
風のように、だって?
嵐の間違いだろ。

561 :メロン名無しさん:02/09/30 17:30 ID:???
実際みんな一時的に熱くなってる香具師が
ほとんどなんだろうな。
1年たっても2年たっても狂信者でいられるだろうか?
メロンにキャラスレが立っているだろうか・・・
でも何を言ってももう最終回であるが。

年末にもう1度「あずまんが」で検索してみよう

562 :メロン名無しさん:02/09/30 17:40 ID:???
>>561
これの場合、「これしか見てない」「深夜たまたま見てハマッタ」
「何十年かぶりにオタ復帰した」
とかいうケースが多いので、ラブひなとかとはちと違うと思う。

自分も22年ぶりに復帰組。

563 :メロン名無しさん:02/09/30 19:04 ID:???
━━━━━ / /              l   
━━━━━,  ′  ./∧   |、  i l   | よし!私が最終回の主役ゲットだ!
━━━━━レ{  i /  ヽ l :、 l | /  お前ら私の活躍を見ていろ!
━━━━━  l ./ '`ー-、 ∨ _}/-‐!/ ヽ、
━━━━━━ | /.| /´ ̄l__l ̄ ̄ l_,‐  >>ちよちゃん 結局テストで一回も勝てなかったな 
━━━━━━ リ レl___,'   ヽ__ノ     >>榊 マヤーのこと大切にな
━━━━━━' .l  |    ,             >>大阪 もうちょっとしっかりしろよ
━━━━━━ |  ヽ  ,--―――、        >>神楽 食いすぎて太るなよ
━━━━━━ l  _ヽ_ l/::::::::::::::::::::::)' 
━━━━━━ ;- ´l |  `ー----―'   /)     >>とも ・・・お前は許さん
━━━━━━ /  i ヽ   l i     /  < < 
━━━━━ /    > >  l`   /  //
━━━━━/      `、`ー-、|`ー´/_' ;´  
━━━━ /    ,   `ー、ヘ  ,――'

564 :語り部:02/09/30 19:18 ID:???
内閣改造

565 :語り部 :02/09/30 19:20 ID:???
エクセレント!!

566 :メロン名無しさん:02/09/30 19:25 ID:???
5.居酒屋にて(3)

「え? 会った? どこで?」
私は思わず声を上げた。
「あんな〜・・・」
ウーロン茶を一飲み、
「1年位前やったかな〜、お仕事しとたら、お客さんや〜ゆうて呼び出されたん。そしたら、ちよちゃんがおった」
「ちよちゃん、日本に帰ってきてたのか」
神楽が誰に言うともなく、呟いた。
ほんわか気分の大阪が続ける。
「も〜、びっくりしたで。ちよちゃん身長が2メートルになっとったわ」
「うそッ!」
榊が心底びっくりしたような声を上げた。
「うそや〜」
さらりと流す大阪を見て、まあそんなことだろうな、と思っていた。他の3人も大して驚いた様子はない。
「大阪ワールドは健在ね」
「そうね」
ゆかり先生とみなも先生が意外に冷静に突っ込んでた。
「本当はな〜、昔のまんまちっちゃかったわ」
ようやく大阪がまともな会話をはじめた。
「髪がお下げやのうて、ストレートになっとった」
「それで、何の用事だったんだ?」
神楽が強引に話を進めた。
「それがな〜・・・」
大阪が言いにくそうに口を濁した。
「・・・なんや、ともちゃんのこと訊かれたわ」

567 :語り部:02/09/30 19:35 ID:???
つまみにスルメやいてくれ

568 :メロン名無しさん:02/09/30 19:39 ID:???
>>567
貴様を焼いてやる

569 :メロン名無しさん:02/09/30 20:25 ID:???
第二話より
「から揚げに玉子焼きにミートボール!うっひゃー、ともちゃんの大好物ばっかり!!」
ともちゃんってばこういうものが好きなんだ。
まだまだお子ちゃまですね、ふふふ。
ともちゃんのこういうとこがかわいいね。

570 :メロン名無しさん:02/09/30 20:50 ID:???
>>569
禿堂。


神々の皆様、いつも楽しく読ませてもらっています。
頑張ってください、応援しています。


571 :メロン名無しさん:02/09/30 20:58 ID:???
6.居酒屋にて(4)

妙な沈黙がおりた。
「なんや大学でともちゃんはどうだったって、そんなことばっかり訊かれたわ」
「本当にそれだけか? とものことだけ?」
神楽が呆然と尋ねた。
大阪が頷いて、
「なんかともちゃんと連絡とってたみたいなこと言っとったわ。それよりな、ホンマに驚いたのはな、ちよちゃんの2倍くらいあるデッカイ黒人の人つれてたんよ」
さりげなく大阪ワールドが展開した。
「はいはい」
「いや、これはホンマやで。なんかちよちゃんが手招きするとな、デッカイ図体かがめて耳貸すねん。そんでなんか英語でぼそぼそ言っとった」
「それで?」
「後は、二人とも白衣着とったわ。白衣ゆうても、看護婦ちゃうで」
「それは分かってるよ。いつ日本に戻ってきたのかとか、連絡先とか、そういうこと聞かなかったのか?」
「訊くこと訊いたら、さっさと帰ってもうたわ。5分もおらんかった」
白衣を着たちよちゃんが、身長が2倍もある黒人を引き連れて、大阪の勤め先を突然訪れ、大学時代のともことを訊いて5分で去ってしまった。
奇妙な話しだった。
奇妙すぎて、どこから考えていいのか分からない。

572 :メロン名無しさん:02/09/30 20:59 ID:???
7.居酒屋にて(5)

大阪が唐突に、
「ちょっとだけやったけど・・・」
なんだか、いつもとは違うトーンで語った。
「昔と変わらない、ちよちゃんやったわ」
大阪のその一言だけは、正確に真実を語っているものだと思った。だとしたら、どうしてちよちゃんは私たちに連絡も取らず、ともの事を大阪に聞いたのだろうか。
ともは、ちよちゃんはどうして二人で連絡を取っていたのだろうか。
ともは、本当は・・・
「よし! 飲もーッ!」
私は叫んだ。
「わ、なんや突然」
「いよっしゃーッ! 飲もー!!」
「静かにしてよ。カズが起きちゃうだろ」
「私、から揚げ頼もうかな」
「・・・私はサラダを」
今日は飲もう。飲んで、酔っ払って、忘れてしまおう。それが一番いい。

しかし、現実は私に目をそらすことを許さなかった。
次の日、ともからの手紙が届いた。

573 :メロン名無しさん:02/09/30 21:00 ID:???
滝野智巡査のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

574 :410:02/09/30 21:09 ID:???
ほえ〜一日ぶりに来たらすごいことになっとる。
最終回記念のSS祭り?状態やね〜
解決!ボンクラ〜ズ!の方、相変わらず切れ味抜群ですね。
大いに笑わせてもらいました。
大学拝見@さん、生き生きとしたメンバーの掛け合い
楽しかったです。
last@zuさん、あずまんがらしい笑顔の卒業式ですね、自分も前向きな
気持ちにさせてもらいました。
そして、その他諸々の職人さん方、UP作業お疲れ様です。


…あかん、みんな上手すぎてとても続きを書くことができへん。


575 :メロン名無しさん:02/09/30 21:11 ID:???
>>572
そこで一旦きるか!
うまいなー、もう!!

576 :語り部:02/09/30 21:13 ID:???
オチは銭形のとっつぁんと同じ職場に・・
見たいなオチだったりしてなー

577 :メロン名無しさん:02/09/30 21:14 ID:63JCNsoE
本当に全部(例外無く)面白いですね〜

578 :メロン名無しさん:02/09/30 21:19 ID:???
>>577
褒めすぎ、クソも居る

579 :メロン名無しさん:02/09/30 21:20 ID:???
実は滝野巡査は殉職したと見せかけて特別任務についていたのだ!
コードネームはミネ・フジコ!!

580 :メロン名無しさん:02/09/30 21:24 ID:???
>>576
若しくはちよちゃん親衛隊の長官に極秘裏に
任命されたとか?
まぁある意味SSだな


581 :メロン名無しさん:02/09/30 21:24 ID:???
○ボコップネタでしか?

582 :メロン名無しさん:02/09/30 21:31 ID:xxZ5AOWs
漏れは加山雄三主演の「ジャガーは走った」を連想したんだが…。

583 :メロン名無しさん:02/09/30 21:36 ID:???
ハインリヒ・ヒムラーかよ!

584 :メロン名無しさん:02/09/30 21:42 ID:???
>>577
なんでそんなにベタ誉めしてんの?
自分が書いた奴に誰もレスしてくれなかった
苦い過去を持つとか?しかもageてるし

585 :メロン名無しさん:02/09/30 21:47 ID:???
今日は祭りになるのか・・・?

586 :メロン名無しさん:02/09/30 21:51 ID:???
>>584
そんなべたほめって感じじゃないと思うけど…。
素人の掻いたものに対してはふつう温かい目を向けるものじゃないかな。
>>584は心が狭いね。

587 :メロン名無しさん:02/09/30 21:55 ID:???
>>583
いやジェルジンスキーかも…。

588 :メロン名無しさん:02/09/30 22:01 ID:???
>>586
いや、漏れも577のレスには別の意図を感じる。
もしや語r

589 :メロン名無しさん:02/09/30 22:06 ID:???
>>588
語り部なら語り部と名乗らなきゃ意味がないと思うけど…。

590 :メロン名無しさん:02/09/30 22:09 ID:???
自分の書いた奴に誰もレスしてくれなかった暗い過去…


あるなあ(汗

591 :メロン名無しさん:02/09/30 22:11 ID:???
>>589
変幻自在のスタイル。
ホンモノは常に上げる。

592 :メロン名無しさん:02/09/30 22:14 ID:???
つかただの皮肉だろ、SSウザーっていう。

593 :メロン名無しさん:02/09/30 22:24 ID:???
SSウザかったら、読み飛ばすなりなんなりしたらいいのに…。
いやな皮肉なんぞ言わないで。
気に入ったところだけ拾い読みすればいいのに。
SS面白がってる人もいるんだから。
2ちゃんねらーって、ほんとアホでガキばっか。

594 :メロン名無しさん:02/09/30 22:32 ID:???
ほんとだよ、おまいらスルー覚えなさい!>>577、593、594


595 :メロン名無しさん:02/09/30 22:42 ID:???
>>2ちゃんねらーって、ほんとアホでガキばっか。
まったくその通り(俺含む)。

――――――――――――――終了――――――――――――――

596 :メロン名無しさん:02/09/30 22:43 ID:???
>>595
このスレ終了?

597 :メロン名無しさん:02/09/30 22:45 ID:???
うん

598 :メロン名無しさん:02/09/30 23:20 ID:???
再開

599 :メロン名無しさん:02/09/30 23:30 ID:???
――――――――――――――再開 ――――――――――――――
――――――――――――――終了――――――――――――――

600 :語り部:02/09/30 23:39 ID:qbDxxiUZ
お前ら!俺より酷いな!

601 :メロン名無しさん:02/09/30 23:41 ID:???
600Get

もう最終回か・・・

602 :メロン名無しさん:02/09/30 23:42 ID:???
>>601


603 :語り部:02/09/30 23:42 ID:qbDxxiUZ
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1032348146/l50

荒らしはここつかっていいよ!

604 :メロン名無しさん:02/09/30 23:49 ID:???
お前偽の語り部だろ・・
荒しをそっちに誘導してるんでしょ?
そんな事してると本物がきちゃうぞ〜

605 :メロン名無しさん:02/09/30 23:49 ID:???
あらし揃いのあず厨

606 :メロン名無しさん:02/09/30 23:52 ID:???
最終回の放映時間変更ってほんと?

607 :メロン名無しさん:02/09/30 23:56 ID:???
>>606
テレビ番組表見ようとは思わないのか?

608 :メロン名無しさん:02/09/30 23:57 ID:???
某スレで同じ事聞いてなかったか?
んで本スレ行け、とか言われてなかった?君

609 :メロン名無しさん:02/10/01 00:00 ID:???
でも藁う。それが2ch。

610 :メロン名無しさん:02/10/01 00:01 ID:???
>>606
ああ、ホントだろ
関東地方は確か1:55〜だったと思うけど・・・違ったかな?

611 :606:02/10/01 00:01 ID:???
新聞とってないので・・・
けち・・・

612 :?e^?e`??:02/10/01 00:04 ID:BECxgCtR
>>610さん
どうもありがとうございます!

613 :メロン名無しさん:02/10/01 00:05 ID:???
はぁ…

614 :メロン名無しさん:02/10/01 00:05 ID:???
A「艦長!このままではあずまんが最終回が見れません!」

艦長「くッ、やむを得ん最終回記念緊急浮上!」



615 :語り部:02/10/01 00:06 ID:???
うんこっこっこ

616 :語り部:02/10/01 00:06 ID:???
1000までいくぞ

617 :語り部:02/10/01 00:07 ID:???
まだまだぁー

618 :606:02/10/01 00:07 ID:???
>>610
教えてくれて助かりました。中止かよっ!って怒るとこでした。

619 :メロン名無しさん:02/10/01 00:08 ID:???
死ねよ

620 :メロン名無しさん:02/10/01 00:12 ID:???
         ,,.. -──- 、,
      ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
    ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
   /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
  /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
 i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、  /     /
 | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
 l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
 l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  死ねよだって
  i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
  i:::i. `'‐,ゝ    i"     '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i てめーが死ね   
   !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
   l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
   |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
   !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /

621 :606:02/10/01 00:12 ID:???
あんた本当にひどいね・・・
そんなだから荒らされんだろうよ?

622 :606:02/10/01 00:14 ID:???
>>619
621 名前:606 :02/10/01 00:12 ID:???
あんた本当にひどいね・・・
そんなだから荒らされんだろうよ?

623 :メロン名無しさん:02/10/01 00:15 ID:???
何だその逆切れっぷりは・・・


624 :語り部:02/10/01 00:16 ID:???
>>621
帰りなさい、土に

625 :メロン名無しさん:02/10/01 00:17 ID:???
絡むな、絡むな
アフォに構うだけ時間の無駄だ

それより今は最終回のことだけ考えるんだ

626 :メロン名無しさん:02/10/01 00:17 ID:???
しらね

627 :606 :02/10/01 00:17 ID:???
あんたら本当にひどいね・・・
そんなだから荒らされんだろうよ?


628 :メロン名無しさん:02/10/01 00:17 ID:???
ゾンビーゾンビー

629 :606 :02/10/01 00:18 ID:???
お前らは人間のくずだ!

630 :606 :02/10/01 00:20 ID:???
>>628
621 :606 :02/10/01 00:12 ID:???
あんた本当にひどいね・・・
そんなだから荒らされんだろうよ?


631 :メロン名無しさん:02/10/01 00:24 ID:???
走れくず共

632 :メロン名無しさん:02/10/01 00:27 ID:???
ドイツ人か・・

633 :606:02/10/01 00:27 ID:???
630 名前:606 :02/10/01 00:20 ID:???
>>628
>>631
630 名前:606 :02/10/01 00:20 ID:???
>>628
621 :606 :02/10/01 00:12 ID:???
あんた本当にひどいね・・・
そんなだから荒らされんだろうよ?




634 :よみ:02/10/01 00:30 ID:???
もうなに言いってんだかわかんねーよ

635 :とも:02/10/01 00:33 ID:???
::::::::::::::/::::::::::::::::::/.,':::::/^i:::/,r-、 i i:::::::::!ヽ:::i     |:::i |:::::::::::::::::/./::`7'‐ト、:/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/::/:::::::::::::;/ ,!::;/ i':// /i  i'i:::i;::i. ヽ:!    .i:::i !:::::::::::::;:"ノ::/  /::;/`i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::;;;i:/;_!::::::::;r" / ,/  .レ/ .iレ|  .i i::i i:|  '|     i:| !::::::::;:"ト"~`i';;,,./;:" i::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:/ !i、 |::::::/  .レ"   !. i;;|   i  i| "       i  i:::::/ i'   |;しヽ,  i:::;/,i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i    `|::;r"       |  i;;|   i             `' ,ノ   |;;;;i.  `,i;/  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i    |/          ` !ノ  .i            r‐'"    i;;;ノ  ''"  /::::::::::::::;;::::::r─ 、::::::::::::::
'、              `   '、,           !、      `     /::::::::;;r '"';/-┬、 i::::::::::::
::::`.,,_                     `!  ちよちゃん  !          ∠::-''" /''"     ノ::::::::::::
::::::/`''                  /   荒らしちゃ  ` 、               )    ,/:::::::::::::::
/                o./    だめだよ     `、`'''ーァ              ,r'"::::::::::::::::::
                ,. '"                    `、`'"          --─'、"::::::::::::::::::::::::
ニニ==、、,,,,,   r- 、,,__,,,. ''"     そんなことしたら     `、             _,>、::::::::::::::::::::::
     ゙゙゙'''=く,,,,           よみが悲しむだろ     `'''' ー──-ァ, _,,, - ''"  ヽ:::::::::::::::::::

636 :メロン名無しさん:02/10/01 00:37 ID:???
>>635
何故だろう、すごく微笑ましい光景に見えるぞ(w

637 :メロン名無しさん:02/10/01 00:39 ID:???
とにかく最終回!文句を言わず楽しみましょう!

638 :メロン名無しさん:02/10/01 00:42 ID:XLL1O42E
うまいな

639 :メロン名無しさん:02/10/01 00:43 ID:???
ba ka na ya tsu la

640 :メロン名無しさん:02/10/01 00:54 ID:???
NAHA! NAHA! NAHA!

641 :メロン名無しさん:02/10/01 00:56 ID:???
神楽「じゃあな、とも」
とも「おう、またな」

642 :メロン名無しさん:02/10/01 00:56 ID:???
>>637
激しく同意
泣いても笑っても、今日で最後だ
目ぇ見開いて見るべし!

643 :メロン名無しさん:02/10/01 01:00 ID:???
ちよ「ま、また会えますよね!」
とも「ムリ」

644 :メロン名無しさん:02/10/01 01:03 ID:???
>>643
ひど(w


645 :メロン名無しさん:02/10/01 01:07 ID:???
なぜかよみ様だけエロい想像ができました。
ありがとうございました。

646 :今日の予告:02/10/01 01:10 ID:???
とも「番号なかったー」
よみ「うそっ」


よみ「ほんとにねぇよ!!」

647 :メロン名無しさん:02/10/01 01:11 ID:???
おまえらみんな死刑

648 :メロン名無しさん:02/10/01 01:12 ID:???
>>646
うわ・・・マジかよ(w

649 :次回予告:02/10/01 01:15 ID:???
とも「なぁ、今日は飲もーぜ!」
よみ「うっ、うっ・・・うるせー・・・!」


新聞記事:女子高生 入水自殺

650 :とも:02/10/01 01:16 ID:???
またよみはマジカルランドに行きませんでした・・・

651 :メロン名無しさん:02/10/01 01:16 ID:???
>>646
それやったら監督を神と呼ぶ。

 破 壊 神 と な ! !

652 :メロン名無しさん:02/10/01 01:17 ID:???
北朝鮮に拉致されました

653 :メロン名無しさん:02/10/01 01:18 ID:???
とも「ご協力、おねがいしま〜す」
神楽「拉致被害者救済のための資金をあつめてます」

654 :とも :02/10/01 01:20 ID:???
私達はまた楽しんじゃいました!

655 :(^Д^)ギャハ!33歳 :02/10/01 01:23 ID:???
楽しみですね!

656 :メロン名無しさん:02/10/01 01:23 ID:???
とも「神楽、ニッタイダイって どんなとこ?」

657 :メロン名無しさん:02/10/01 01:25 ID:???
神楽「とも、トイタジョシタンダイって どんなとこ?」

658 :メロン名無しさん:02/10/01 01:26 ID:???
とも「伊代ちゃんが出たとこ!」

659 :メロン名無しさん:02/10/01 01:31 ID:???
ちよ「神楽さんに会ってきたんですか? どうでした?」
とも「うん、なんか凄くなってたよ、筋肉。腹 割れてた」


660 :メロン名無しさん:02/10/01 02:04 ID:???
皆様こんばんは。伊頭鬼作にございます。
この度はあずまんが大王が最終回を迎えるとの事で
この鬼作め非常に悲しくに思っております。
今まで榊様、神楽様、滝野様と肉壷としての悦びを与えて参りましたが
未だに水原様のみこの鬼作、手が出せないでいるのでございます。
そうと言うのも水原様は大変カンがよろしく、なかなか弱みを
御見せにならないのでございます。
しかしそれも今日まで・・・先日、滝野様を陵辱した際に撮影した
このお写真をご覧になれば、きっと御学友思いの水原様は必ずや
この鬼作めの魔手に堕ちる事でございましょう・・・

美学を失った鬼畜者はタダの変質者にございます・・・・
皆様もくれぐれもこの事を御忘れにならないよう
せつに願う限りでございます。

661 :メロン名無しさん:02/10/01 02:14 ID:???

   ,rn
  r「l l h
  | 、. !j
  ゝ .f         _
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │ 
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  | 終わったアニメは忘れよう
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   |  賠償はしっかりするニダ
  \    \.     l、 r==i ,; |'  .人____________
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |

662 :メロン名無しさん:02/10/01 02:25 ID:???
よみ様のちちが・・・

663 :メロン名無しさん:02/10/01 02:30 ID:???
神楽・榊よりでかかったね。

664 :メロン名無しさん:02/10/01 02:30 ID:???
>>660
伊頭鬼作って、まさか映画美術の鬼才といわれた伊藤熹朔が元ネタ?
すげーじゃん!!


665 :メロン名無しさん:02/10/01 02:34 ID:???
最初のほう、智なりによみを慰めてたんだな。
アッパー食らった後で何事も無かったように会話できるってすげぇ関係だ。


666 :メロン名無しさん:02/10/01 02:40 ID:???
終わっちゃったね・・・

667 :メロン名無しさん:02/10/01 02:40 ID:???
エルフのアレだろ

668 :メロン名無しさん:02/10/01 02:53 ID:???
神楽「なぁ とも・・・祭りの後って、なんか寂しいよな・・・」
とも「あたま わいてんじゃねぇの?」

669 :メロン名無しさん:02/10/01 03:06 ID:???
祭りというほど盛り上がってない

670 :メロン名無しさん:02/10/01 03:08 ID:???
批判のスレは大盛り上がりだったよ

671 :メロン名無しさん:02/10/01 03:18 ID:???
神楽「じゃあ、ねるか。もう遅いしな。」
とも「そうだな。じゃ、ねようか」

永遠にな

672 :メロン名無しさん:02/10/01 03:24 ID:???
すげぇなぁ・・・
アニメが終わったとたんに 誰もいなくなったな?
まさか こんなところで こんなワビサビが味わえるたぁ
おもわなんだわ・・・

673 :メロン名無しさん:02/10/01 04:09 ID:???
このスレ荒らしを無視してると良スレだな。
最終回は終わったがまだまだ電波は受信し続ける。


674 :メロン名無しさん:02/10/01 04:16 ID:???
>>673
むしろこれからが本当の良スレ

675 :メロン名無しさん:02/10/01 04:25 ID:???
やっぱりラストまで仲良かったね、この2人。ホノボーボしますた。

676 :メロン名無しさん:02/10/01 07:31 ID:???
榊さんと戦えなかった・・・

677 :メロン名無しさん:02/10/01 07:33 ID:???
よみは落ちたらボクの嫁だお。

678 :メロン名無しさん:02/10/01 08:17 ID:???
8.手紙

ポストの中にさりげなく入っていたそれは、通常の通便手段を介したものではなく、直接人の手で投げ込まれたもののようだった。
消印も、切手もなかったからだ。
私は震える手で封を切った。
まず中から出てきたのは、メモリースティックだった。私は機械が苦手なので何の規格かは分からない。とりあえずこれは後回し。
手紙が出てきた。こう書かれていた。

よみ、お久しぶりです。お元気ですか。
私は元気です。
でも、もしこの手紙がよみのもとに届くのであったら、私はもう生きてはいないでしょう。
この手紙は、私の身に何かあったときに、よみのもとに届けるように私の友人に頼んだものです。
さっそくですが、本題にはいります。
手紙と一緒に添えられていたメモリースティックは通常、デジカメなどに使用される画像記録専用のものです。
しかし実際に記録されている画像はダミーです。この画像を“私たちが最初に出会った日”をキーワードに解析してください。
機械が苦手なよみには酷な作業かもしれませんが、出来るだけ一人で作業を行なってください。手伝ってもらうにも、出来るだけ事情を話さずに、少ない人数で、信用ある人物に限定してください。
解析が終わった後の行動は指示しません。よみの自由にしてください。
最後に、ちよちゃんに気をつけてください。

679 :メロン名無しさん:02/10/01 08:30 ID:???
うお!?
ちよちゃんやべーのかよ!

680 :メロン名無しさん:02/10/01 08:41 ID:???
9.うそ

いつの間にか昼になっていた。
私は朝に手紙を発見した状態のまま、何度も手紙を読み返していた。
間違いなく、ともの字だった。あいつは字が汚いから、私は小学生の頃から、よく注意をしていた。
手紙に書かれている汚い字の主は、間違いなくともだ。
その確信と共に、私は手紙の内容は信じるしかなかった。今は亡きともが、イタズラに意味ありげな手紙を直接ポストに投げ入れるなんてありえないからだ。
ともは、生前に、何かトラブルに巻き込まれていたのだ。

最後に、ちよちゃんに気をつけてください。

最後の一文が、私の心臓を跳ね上げた。
ともが巻き込まれたトラブルに、ちよちゃんも関わっているのだ。
そして私は唐突に、とんでもないことに気づいてしまった。
新聞では、ともは検問の最中に不審車両の暴走で死亡したと書いてあった。
不審車両はともを狙ったのか? 新聞にはその後の不審車両について書かれていない。
いや、ともは検問にかり出されていたのだ。不審車両が、そのことを知りえるのか。
それ以前に、もし誰かがともの命を狙っていたのなら、車で跳ねるというのは不確実すぎないか。しかも検問の最中に、だ。
だとしたら、新聞に書かれていること自体、

うそ・・・?

681 :大阪:02/10/01 08:46 ID:???
シ、シリアスやな・・・ともちゃん・・・。


682 :メロン名無しさん:02/10/01 09:25 ID:???
サ・・・サスペンスもの?!


683 :メロン名無しさん:02/10/01 09:40 ID:???
メチャクチャ先が気になる展開だ…

684 :メロン名無しさん:02/10/01 09:42 ID:???
当初こんなストーリーになるとは予想できんかった・・・
確かに気になる。

がんがってくだちい>作者


685 :メロン名無しさん:02/10/01 09:45 ID:???
特報王国並の引っ張り。ブラボー。
火曜サスペンス並の引っ張り。ブラボー。
作者さんスパシーボ。ガムバッテくらはい。

686 :メロン名無しさん:02/10/01 10:15 ID:???
実はネタが切れてて悶絶してたりしてな
ガンガレ(w

687 :メロン名無しさん:02/10/01 10:53 ID:???
10.現実と非現実

デジカメの扱い方くらいは知っている。パソコンだって、ある程度は使える。しかし、解析云々となってくると、さっぱり分からない。私たちが最初に出会った日がキーワード?
いつだったろうか・・・小学校の頃ということは覚えているが、厳密にいつ、と言われると、ハッキリは思い出せない。
このメモリースティックには、何が収められているのだろうか。手紙には、正確なことは書かれていない。ただ、解析が終わった後の行動は、私に任せると書かれている。
メモリースティックの中身を見た時、私はどうするのだろうか。
裕香が泣いていることに気づいた。私は条件反射のように立ち上がり、ミルクを用意し、裕香が寝ている部屋へ向かった。
化粧台の鏡に、腕に裕香を抱いてミルクをあげている自分の姿がうつった。目線をそらすと、ドアの隙間から居間のテーブルの上に置かれたともの手紙とメモリースティックが見えた。
沈黙で、耳が痛かった。
空は雲に覆われ、今日は雨になるだろう。
主婦生活が長すぎた、と思った。火サスの見すぎだ、とも思った。退屈な日々の生活に飽きて、なんでもない日常の断片から刺激を求めてるだけだ。
今度、神楽とボーリングでも行こうか、そんなことを考えて居間に出た瞬間、インターホンが鳴った。これも条件反射のように動いていた。
「はーい・・・」
ドアを開けた瞬間、近くに落雷が落ちた。
「お久しぶりです、よみさん」
轟く閃光と共に、ちよちゃんがそこに立っていた。

688 :メロン名無しさん:02/10/01 10:56 ID:???
ちよちゃんキチャッタ━━━━━━━( ´Д`)━━━━━━━!
どうなるんだ・・・?

689 :メロン名無しさん:02/10/01 11:41 ID:???
11.訪問(1)

一つの落雷から堰を切ったように雨が降りだした。突風に木々が踊り狂い、バケツをひっくり返したように豪雨が降り注いだ。
まるで地球最期の日のようだった。
「お時間ありますか?」
高校時代、お昼一緒に食べませんか、と言った時と同じ笑顔でちよちゃんが言った。
「えぇ・・・あ、あの」
私は言葉に詰まった。ちよちゃんの突然の訪問にも驚いたが、彼女の背後から言い知れぬ威圧感を感じるからだ。
見上げてみて、初めて気がついた。ちよちゃんの後ろに誰かが立っていた。大阪の言っていた、ちよちゃんの2倍はある黒人だ。
2倍と言うのはさすがに過剰だったが、それでも大きすぎて、首までしか見えなかった。
私の視線に気づいたのかちよちゃんが、
「ああ、この人はマクドゥガルさんです。私の助手です」
ちよちゃんは、マックと呼んで手招きすると、あの大きな図体がしゃがんで、ちよちゃんと英語で2,3何かを話した。
魔人がランプの中に消えていくように、マクドゥガルはどこかに去っていった。
「今、いいですか?」
ちよちゃんが改めて訊いた。
それでも私の口からは言葉が出てこなかった。怪しまれないように自然を装おいたいのだが、カラ回りして銅像のように固まってしまう。
言葉を探しているうちに、あることを思い出した。

ともの手紙がテーブルの上にに出たままだ!

「い、今ちょっと散らかってるから片付けてくるよ」
そういうとちよちゃんが何か言うのも構わずに居間に戻っていた。
握り締めた手紙の最後の一文が目に入った。

最後に、ちよちゃんに気をつけてください。

690 :メロン名無しさん:02/10/01 11:53 ID:???
うげー!続きが気になる〜!!

691 :メロン名無しさん:02/10/01 12:21 ID:???
>>687
もしやちよちゃん「も」サイバーダインに・・・
上手い引きですなぁ。スパシーボ。

692 :メロン名無しさん:02/10/01 12:24 ID:???
ドキドキして待ってます。
プリーヅコンチニュゥ。

693 :メロン名無しさん:02/10/01 12:39 ID:???
このゾクゾク感(・∀・)イイ!!


694 :メロン名無しさん:02/10/01 13:05 ID:???
いやきっと、
ともちゃんはちよちゃんの組織に改造人g(ぱぁん)

695 :メロン名無しさん:02/10/01 13:06 ID:???
12.訪問(2)

私は今、紅茶を煎れている。安物のティーパックではなく、来客用のちょっと高いやつだ。
手紙とメモリースティックは、印鑑とか保険証とかがしまってある棚に入れておいた。
キッチンに向かい合いながら、正面にぶら下がるステンレスのナベの底に反射してちよちゃんの姿が見えた。
大体は大阪の言うとおりだった。髪がストレートになっていた。それも結構長い。あれから12年が経ってるから、ちよちゃんは今、24,5歳だろうか。十分に、高校生に見えた。
白衣の下は、着慣れてなさそうなタイトスカートのスーツ姿だった。
ティーセットを乗せたおぼんを握り締める。だいぶ落ち着いてきた。よし、いくぞ!
「久しぶりだねー、ちよちゃん。いつ帰ってきたの?」
「最近はよく日本によるんですけど、忙しくってなかなか皆さん会う機会がなくて・・・あ、どうも」
紅茶を注ぎながら、
「今なんの仕事してるの?」
「大学を卒業してからは核物理学の雇われ学者をしてましたけど、今は何でも屋さんみたいな感じです」
「何でも屋?」
「はい。今は、ヨーロッパの企業で浸透分子顕微鏡の研究チームに参加しています」
「なに、浸透分子顕微鏡って」
「要はモノを透かして見ることのできるカメラのことです。これができれば様々の分野で大活躍するはずです」
昔のように無邪気な笑顔で、母親から買ってもらったおもちゃを自慢する子供のようにちよちゃんは言った。
ちよちゃんは、やっぱりすごいと思った。本当の天才だ。
全く次元の違うレベルの研究で、世界に貢献しようとしている。

・・・なんや、ともちゃんのこと訊かれたわ

大阪の一言が思い出された。
ちよちゃんは連絡をとっていた。少なくとも大阪の前に現れた1年以上前から。今、聞いてしまおう。聞いてスッキリしよう。全部、自分の勘違いだ。
「あの───」
「よみさん」
ちよちゃんに制された。一瞬、目の前に座っているのが誰だか分からなかった。
「ともちゃんって、昔はどうでした?」

696 :メロン名無しさん:02/10/01 13:30 ID:???
わくわく・・・どうなるんだろう

697 :メロン名無しさん:02/10/01 13:50 ID:???
今までSSなんぞと馬鹿にしていたが
コレだけは何故か読み込んでしまうおもしろさがある。
色恋沙汰がないのがその理由なのかもしれません。

698 :メロン名無しさん:02/10/01 14:07 ID:???
13.訪問(3)

「え?」
あっけなく声を漏らした自分を恨んだ。
ちよちゃんが慌てて、
「あっ、すみません。あんなことの後に・・・」
「あ・・・いや」
ちよちゃんは今にも泣きそうな沈んだ声で、
「日本には昨日ついたんですが、びっくりしました。まさかともちゃんが・・・」
私は言葉を次がなかった。ちよちゃんがこの先、会話をどういう風に持っていくのか、それを確かめたかった。
「でも、もうあんまりともちゃんのことも、高校生の時のことも思い出せないんです。どうしてでしょうね」
それは共感できる。あんまり忙しい日々が続くと、昔のことが思い出しづらくなるのだ。そういう経験が自分にもある。
きっとちよちゃんも、私にそのあたりのことを察してもらいたいに違いない。でも、そうまでして、どうしてとものことを聞きたがるんだ?
大阪には大学時代、私には昔・・・

“私たちが最初に出会った日”をキーワードに解析してください

また近くで落雷が落ちた。同時に、私の脳天にも落雷が一つ落ちた。
今度は躊躇せず、自然と体が動いていた。
「アルバム持ってくるよ」

699 :メロン名無しさん:02/10/01 14:10 ID:???
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!-

700 :メロン名無しさん:02/10/01 14:31 ID:???
>>514からのシリーズを書いてる者なんだが、
盛り上がってるところ申し訳ないんだが、今日はもう疲れたんで、続きはまた明日ね。

701 :メロン名無しさん:02/10/01 14:31 ID:???
700♪
作者の皆さん、頑張ってくださいね

702 :メロン名無しさん:02/10/01 14:31 ID:???
は、早く続きを〜

こんなことなら昼間に覗くんじゃなかった…

703 :メロン名無しさん:02/10/01 14:31 ID:???
>>701
ワラタ

704 :メロン名無しさん:02/10/01 14:47 ID:???
>>700
・・・もしかしてあなたは他にもよみが大坂に殺されちゃうやつとか、
ともが回転防御失敗で(w)死んじゃう奴とか書いてる人でつか?

705 :メロン名無しさん:02/10/01 15:16 ID:???
やばいね〜。他のSS書きが書き込めないぞ(笑)
明日までワクワクだ。
てか、ちよちゃん極悪路線にいっちゃうのか〜?w

706 :メロン名無しさん:02/10/01 15:23 ID:???
>>705
今のうちに書き溜めておくが吉。
俺、ほんとは悲しい系は好きくない人なんだけど698は別。
読ませるSSだ・・・

707 :メロン名無しさん:02/10/01 16:22 ID:???
期待あげ

708 :メロン名無しさん:02/10/01 16:34 ID:???
http://moe.homelinux.net/img-box/img20021001162203.jpg

http://moe.homelinux.net/img-box/img20021001162318.jpg

http://moe.homelinux.net/img-box/img20021001162452.jpg

709 :メロン名無しさん:02/10/01 16:36 ID:???
>>708
(;;)さっそくこんな画像が・・・また泣きそう

710 :メロン名無しさん:02/10/01 17:47 ID:???
このスレ的にはこれだろう

ttp://marimo.sakura.ne.jp/~hanyan/hoe-/az/0930_az-0921.JPG

711 :メロン名無しさん:02/10/01 17:57 ID:???
>>710
恋人同士みたいだね。

712 :メロン名無しさん:02/10/01 17:57 ID:???

・・またタダのキャプを自慢気に・・・

713 :メロン名無しさん:02/10/01 18:04 ID:???
ssうざい

714 :メロン名無しさん:02/10/01 18:06 ID:???
「とも・処女喪失編」 34 バーソロミューのカン違い

学園祭が始まるひと月ほど前に京大催眠術研究会のメンバー
が動物園にやってきた。
ブタを学園祭で使うので貸して欲しいというのだ。
オスブタでなるべく元気のいいやつということだった。
この話を聞きつけたバーソロミューは真っ先に立候補した。

「ブヒィ!」{{オイラがいく! オイラがいく! ぜったいオイラが
いく!}}

この時点ではまだよみに会える確率はゼロに近かった。しかし
よみが会いにきてくれない
以上、自分から出て行かなければ会えないと思ったからだ。も
ちろん外に出たとしても
会える確率は0.001%もなかったが、バーソロミューはそれに賭
けた。

こうして再びよみとバーソロミューは出会うこととなった。


715 :メロン名無しさん:02/10/01 18:06 ID:???
>>713
行数指定アボーンがオススメ

716 :メロン名無しさん:02/10/01 18:07 ID:???
「ブヒィ!」{{アツコ! オイラだよ!思い出してくれよ?!}}
バーソロミューはよみの耳元でささやいたが、パニック状態の
よみにはブタが唸って
いるとしか思えなかった。

「いや??っ! ぶた??っ!」
「ブヒィ・・・」{{そんなコトいわれたって・・・オイラ、ぶただモ
ン・・・}}

{{ところで、なんでアツコはこんなとこで、素っ裸でいるんだ? 
人間のくにじゃ
  人前で裸になるのは恥ずかしいことだったんじゃないのか
な????
  そうか、わかったぞ! これは人間のくにでいう「しょや」って
やつだ。
  アツコとオイラの「しょや」にアツコのともだちが、お祝いにき
てくれたんだ。
  驚かそうとおもってアツコはしばらく会ってくれなかったんだ
な。
  よ?し、オイラがんばるぞ! これでもオイラ、ぶたのくにじゃ
プレイボーイでとおってるんだ}}

717 :語り部:02/10/01 18:12 ID:???
>>716


718 :メロン名無しさん:02/10/01 18:19 ID:???
>>716

719 :メロン名無しさん:02/10/01 18:25 ID:???
自分のマンコで字を書かされたよみは今度は尻の穴に筆を突
っ込まれて書かされた。
「しりの穴」「ケツの穴」「こうもん」「アナル」「うんこ」・・・・
卑猥な言葉や屈辱的な言葉をたくさん書かされた。

そして最後に大きく「犬」と書いた。

よみは文字通り犬となり尻の穴を見せて生きていくのであ
った。

よみは尻の穴で書き終わると筆をはずしてもらった。そして言っ
た。

「よみはこれからケツの穴から臭くてぶっといウンコをヒリ
出します。」

そういうとよみの肛門から太くて茶色い大便が出てきた。

720 :メロン名無しさん:02/10/01 18:28 ID:3TsbqLJt
>>712
そーゆー言い方をするもんじゃないよ。
ガキ丸出し。

721 :SS:02/10/01 18:43 ID:???
其の四十六  「よみはおマンコに筆を突っ込んで字を書
かせて頂きます。」

「ああっーー! 最高っ! 鬼崎さまぁぁーー! もっと突いてぇ
ーーー!
 よみのおマンコをメチャクチャにかきまわしててぇぇーーー
っ!!
 よみの尻の穴、ケツの穴にもぶっといチンボをぶち込ん
でぇぇーーっ!!
 ヒィーーーーーーーっ!!! おっおおオーーーーーーーー
っ!!!
 もうダメェーーーーーっ!! 好きにしてェーーーー
っ!!!!」

ついに鬼崎潤一郎の奴隷となったよみはひたすら責め続
けられた。
三時間ヤリまくられぐったりしているよみに鬼崎は言った。
「今度はマンコに筆を差し込んでかいてみろ」 よみの顔色が
変わった。
「それだけは出来ません。筆は私の魂です。それだけはお許し
下さい。」
「俺の言うことがきけないのか!奴隷の分際で」  よみはすべ
てをあきらめた。
「わかりました。言うとおりにします。よみは自分のおマン
コに筆をぶち込んで
 字を書かせて頂きます。逆らって申し訳ありませんでした。」
よみは尻の穴が見えるほど高く尻を上げて土下座した。よみは
女学生として
女性としてもっとも屈辱的な姿を受け入れざるをえなかった。

722 :メロン名無しさん:02/10/01 18:59 ID:???
>>710
イイ(・∀・)!!

>>714
>>719
>>721
エロパロ板でやれYO
そっちのほうが感謝されるぞ

723 :メロン名無しさん:02/10/01 19:49 ID:???
実はそうでもない罠。
向こうも二人をマンセーしてるだけ。

まぁ、個人サイトで勝手にやってろってこった。

724 :メロン名無しさん:02/10/01 19:53 ID:???
合格したときの普段じゃ考えられない
よみのはしゃぎっぷりと涙がよかった。


725 :メロン名無しさん:02/10/01 20:01 ID:???
てか、よみ胸成長しすぎ
最後まで大阪無視してたのに藁田

726 :メロン名無しさん:02/10/01 20:46 ID:???
>>724
禿同。

727 :メロン名無しさん:02/10/01 20:51 ID:???
>>723
胴衣

728 :語り部:02/10/01 20:56 ID:???
­

729 :語り部:02/10/01 20:57 ID:???
>>727
sageろや粕

730 :メロン名無しさん:02/10/01 21:00 ID:???
sageろと言いつつageるたー
ふてぇ野郎だ!

731 :メロン名無しさん:02/10/01 21:01 ID:???
馬鹿は放置
何を言っても通用せんよ、だって馬鹿なんだし

732 :語り部:02/10/01 21:03 ID:???
餌くれんのかい?

733 :メロン名無しさん:02/10/01 21:04 ID:???
もう寝れ


734 :ちよ:02/10/01 21:09 ID:???
ご飯ですよー

735 :メロン名無しさん:02/10/01 21:16 ID:???
>731
そーそー。
透明あぼ〜んあるのみ。


736 :メロン名無しさん:02/10/01 21:46 ID:???
┌─────────────────────────┐
│★☆★☆★☆★―― 一家に一台 ――――☆★☆★☆★│
│☆        ┏━━━┓┏━━━┓     ☆│
│★        ┗━━┓┃┗━━━┛     ★│
│☆        ┏━━┛┃┏━━━┓     ☆│
│★        ┗━━┓┃┗━━━┛     ★│
│☆        ┏━━┛┃┏━━━┓     ☆│
│★        ┗━━━┛┗━━━┛     ★│
│☆    ┏┳┓┏┳┓  ┏┳━━┳┳┓    ☆│
│★    ┃┃┣┛ ┗┳━┛┃┏┓┃┃┃    ★│
│☆    ┃┃┣┓┃┏┻┓┏┫┃┃┃┃┃    ☆│
│★    ┗┫┃┗┫┃ ┃┃┗┛┃┃┃┗┓   ★│
│☆     ┗┛ ┗┛ ┗┛  ┗┻┻━┛   ☆│
│★                レレ ゝゝゝ  ★│
│☆  古くなった、太ってしまった  >□ □<  ☆│
│★  暦を交換いたします。           ★│
│☆                (  3  ) ☆│
│★☆★☆★☆★☆★☆―暦は心―☆★☆★☆★☆★☆★│
└─────────────────────────┘

737 :メロン名無しさん:02/10/01 22:02 ID:???
>>736
既によみのチョップを受けて歪んでるな。

738 :メロン名無しさん:02/10/01 22:04 ID:???
>>737
よみ張りの鋭いツッコミをお持ちのようで。(w


739 :メロン名無しさん:02/10/01 22:13 ID:???
>>737
フォントを変えるときれいに出たりする。

740 :メロン名無しさん:02/10/01 22:31 ID:???
Nステの中継の後ろで手を振ってるDQNども!
ウザイからっささと逝けや!ポケが!

741 :メロン名無しさん:02/10/01 22:32 ID:???
よみの昔から大嫌いなもの・・・それはぶた・ブタ・豚
学生時代、人生勉強と自己の精神修行を兼ねて動物園でバイ
トすることになった
よみはウサギさんやヤギさんの世話がしたかった。しかしよみ
の担当はブタで
あった。これはたまたまではなくよみのような上品で美人な女に
臭くて醜いブタの
世話をさせてやろうという係員のサディスティックな感情からだ
った。
仕方なくブタの世話をしていると「ブヒ、ブヒィ」と同じような顔をし

臭いニオイでやってくる。よみは係員の目を盗んでブタに蹴りを
いれて
空手の練習をしていた。そのとき蹴られて恨みをもったブタと15
年後に
出会うことになろうとは・・・
「ブタは伝染病が怖いから今日、着けていた下着は処分してお
くから置いて
いってくれ」といわれた。よみの汗が染みこんだパンティとブラ
ジャーは
係員がビニール袋に入れて大切に持ち帰った。

「ブタを蹴るものはブタに食われる」?民明書房刊

742 :メロン名無しさん:02/10/01 22:33 ID:???
↑やべ!誤爆しちまった
マジスマソ

743 :語り部:02/10/01 22:35 ID:???
>>742


744 :メロン名無しさん:02/10/01 22:56 ID:???
予言します

745 :メロン名無しさん:02/10/01 22:57 ID:???
俺は汁のダシかよ

746 :メロン名無しさん:02/10/02 01:09 ID:???
さて、エロパロスレでは着実に馴れ合いが進行しているわけだが。

747 :メロン名無しさん:02/10/02 08:01 ID:???
14.訪問(4)

私自身、アルバムを開くのはずいぶん久しぶりだ。旅行代理店に就職したときに、いつまでも昔のままではいられない、と言うことでダンボールの底にしまっていたはずだ。
押し入れの奥から引っ張り出した、ずっしりと重いアルバムを抱きしめて立ち上がった。部屋の隅で寝かせてある裕香が目に入った。
お母さん、がんばるよ。
「お待たせ」
私はちよちゃんの隣に座り、アルバムを開いた。中から思い出が出てきた。
私の記憶の中にさえないような思い出が、アルバムの中にはちゃんと当時のまま、写真と言う形で残されていた。
「これ、ともちゃんですか?」
「そう、あいつ昔は髪長かったんだよ」
昔といっても小学生の頃だ。なんだかよく分からないが、ある日突然髪をショートにして、どうだ! と自慢げに言ったのを覚えてる。
それからしばらく、二人でアルバムを見ていたが、時々とよちゃんに何のときの写真なのか聞かれても覚えてないモノがいくつかあった。
写真は正確に思い出を刻んでいるのに、私の中では思い出はすでにセピア色から灰色に変わってしまったようだ。
ちょっとだけもの悲しさを覚えた。
思い出のアルバムが、小学校6年生くらいになってから、私はようやく気づき始めた。
ちよちゃんからの質問が圧倒的に多い。
ともの新しい写真を見つけては、これはいつ頃の何の写真なのかを、執拗に聞いてくる。思い出を語るなんてレベルじゃない、質問と言うよりまるで・・・尋問だ。
あたかもちよちゃんは、ともの過去から何かの情報を引き出そうとしているようだ。いや、ここまで来てそうでないと言うのは、そっちの方が不自然だ。
とも、私はどうしたらいい・・・?

748 :メロン名無しさん:02/10/02 08:02 ID:???
15.訪問(5)

「これは何の写真ですか?」
ちよちゃんがまた無邪気に一枚の写真を指差した。
「それは・・・」
覚えてる。それは・・・
「小学校の卒業式の帰りだよ」
とも、私は・・・
「あいつさ、小学生の頃ヘンな口癖があったんだ」
「へえ〜、どんなです?」
「大統領」
「へ?」
「あいつなんか小学生の頃、大統領になりたかったみたいでさ。なにかあると、私が大統領になって解決してあげる、とかわけの分からないこと言ってさ。あいつの中では大統領は神様より偉かったんだろうな」
ちよちゃんはおかしそうに笑って相槌をうった。
タイミングを図ったかのように、ちよちゃんの携帯電話が鳴った。英語で2,3何かを話すと、
「すみません。急用が入っちゃったみたいで」
あっという間だった。今度時間ができたらまた寄りますね、の一言だけを残して、ちよちゃんは来たときと同じように突然去っていった。
なんだかドッと疲れた。
電話がなった。勇気だった。友達の家でお昼ご飯をご馳走になってくる、とのことだった。適当に返事を返しておいた。
居間に戻り、イスに座るとテーブルの上に置かれたアルバムが目に入った。
ごめんちよちゃん。この写真は、本当は卒業式の写真じゃないだ。口癖のことも、本当はうそなんだ。
私は立ち上がって、棚の中にしまっておいた、ともの手紙とメモリースティックを手にとった。

とも、私・・・やってみるよ

749 :メロン名無しさん:02/10/02 09:33 ID:???
本当に引き方が素晴らしすぎます。
火曜サスペンスを越えた!w
どうもちよちゃんの動向が気になりますな〜。
頑張ってください。

750 :メロン名無しさん:02/10/02 10:18 ID:xFJDz2il
楽しみです。がんばって書いてください。

751 :メロン名無しさん:02/10/02 12:30 ID:???
ところでアニメの最終回を見て改めて思ったのだが、よみが花粉症だという事を
ネタにしたのを見た事がない、気がする。


752 :メロン名無しさん:02/10/02 14:31 ID:???
・・・翌朝、よみは露天風呂で開放感に浸り、ミストサウナで汗
を流した。
日本代表のキャンプ地に決定した事により新設された最新式の
ミストサウナだ。
使い心地に申し分は無かった。日頃のストレスや鬱憤を汗と一
緒に洗い流した。
爽快な気分だった。昨日の「トイレ」のことなど忘れてしまってい
た。
脱衣所に戻ってくると、中年女の3人組が入ってきた。書道協会
のメンバーでは
なさそうだ。一見上品そうで都会の上流階級を装っているが話
し方や振る舞いを
見れば下品なだけのおばさん3人組である事はすぐに察しがつ
いた。
よみはバスタオルで「前」を隠した。
「よかった。・・・もう少しで一人だけの優雅な時間を邪魔される
ところだったわ」
よみは、内心そう思った。
おばさん達の会話が聞こえる。

753 :メロン名無しさん:02/10/02 14:32 ID:???
・・・よみは向きを変えて一番上に置いた自分の脱衣籠を取ろう
として両手を伸ばした。
万歳の格好だ。宿泊の時には脱衣籠を一番上の段に置くのは
よみの習慣だった。
自分の身に着けていた下着を見られたくない・・・そういう強い
意識が理由だった。
しかし・・・
「あらやだ、今の見た?あの人!・・・腋毛、生やしっぱなし
ヨ!」
「ほんとに?」
「上品そうに見えて、無精なのね!やぁねぇ。」
よみは「しまった。」と思った。あのおばさん達に脇の下を晒して
しまったのだ。
しかも、処理してない自然のままの腋の下を・・・
普段、肌を露出させることの少ないよみはいつからか、腋毛の
処理を怠っていた。
カミソリをあてれば肌荒れしてしまうし、除毛クリームではかぶ
れてしまう・・・
それくらいデリケートな肌であることも無駄毛の処理を怠ってし
まった理由でもあった。
「見られてしまった・・・」よみは恥ずかしくなり肘を上げないよう
に気を配った。

754 :メロン名無しさん:02/10/02 14:32 ID:???
「聞いて呆れるわ!私達だって無駄毛の処理ぐらいやってるわ
よねぇ!」
「腋毛があんなに毛深いんだから・・・あっちの方はもっと・・・じ
ゃないの!?」
よみは反射的に内腿を摺り寄せ身をよじっていた。そうした事
により両脇の力が
抜けてしまい巻いていたバスタオルを床に落とす事になってし
まった。
・・・たった今、話題になった陰毛も・・・晒してしまったのである。
「やっぱり・・・ね!」
「色白に黒々とした剛毛・・・卑猥よね。」
「いやらしいわね。」
中年女達の言葉責めは続く・・・
「乳首だって結構デカくて黒ずんでたわよ。見たでしょ?」
「遊んでるのよきっと。昨日もヤリまくったんじゃないの。」
「イカされたんでしょ!」
羞恥の言葉を浴びながら早くその場を立ち去りたい・・・
・・・よみはそう思って焦っていた。・・・


755 :メロン名無しさん:02/10/02 15:19 ID:???
あ、新しいSSが光臨・・・。
でも、なんか暦なら、ありえそうなところが○ですね(w

756 :語り部:02/10/02 15:25 ID:???
ジサクジエーンってやつですか?
ネタにマジレスってやつですか?


757 :メロン名無しさん:02/10/02 15:36 ID:???
>>755
(・∀・)ニヤニヤ

758 :メロン名無しさん:02/10/02 16:03 ID:???
光臨じゃないし、降臨だし(w

誰かちゃんとしたSS書いてくれないかなぁ・・・
コピペはいい加減もう飽きたYO

759 :メロン名無しさん:02/10/02 16:04 ID:???
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− −−−
ちよちち用しおり
   ヘ_へ
  /    |       ありえそうかどうかはどうでもいい。
  |<0><0>| |   < 板の区別もつかないヤツは放置するんだ。
  |  ∀  |ノ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

760 :メロン名無しさん:02/10/02 17:17 ID:???
はやく火曜サスペンス完成しないですかねぇ・・・
続きが気になって仕方ないでっせ・・・。
ちよちゃん悪役(?)ネタSSw

761 :?e^?e`??:02/10/02 20:08 ID:???

SS萌えか…
あんたらやばいよ!

762 :メロン名無しさん:02/10/02 21:30 ID:???
16.母親よみ

嵐のような昼は去った。実際に嵐は去り、夕時には雲の切れ目から晴れ間が見え隠れしていた。
デジカメがどこにあるか分からなかった。そういう機械関係はみんな夫に任せてきたせいだ。
多分、夫の書斎だが、なんだか探す気にもなれず、お昼のドラマもワイドショーも見る気になれず、テーブルに突っ伏して死人みたいになってた。
それで今、私は何をしているかといえば、夕飯を作っていた。
ともの死とその葬式、みんなとの再開、ちよちゃんの訪問、いろんなことがあったが、自分が二児の母であることを忘れたわけではない。
その一方で、少しあきれてもいた。あれだけ奇妙なことが続いたにもかかわらず、数時間後の今は数年間続けてきた夕飯の仕度を、何事もなかったかのようにしている自分がいる。
主婦は強いと思う。
しかし、全てがいつもと同じと言うわけでもない。何をするにも、頭の隅にメモリースティックのことがよぎる。そしてその度に、網膜に焼きついたちよちゃんの顔が思い浮かんだ。
ちよちゃんは変わってなかった。今思えば、逆にそのことがかえっておかしいと思える。
あの時、今日のお昼の時に、ちよちゃんに一連のことを訊いていたら、どうなっていたのだろう。
裕香の泣き声が聞こえた。
「ママー、ユカが泣いてるー」
「はーい、ちょっと待ってー」
包丁を置き、手を洗い、火を止め、おしめの袋を持って子供部屋へ向かう。泣き声で大体要求は分かる。
私は母親なんだから。

763 :メロン名無しさん:02/10/02 21:31 ID:???
17.写真

「デジカメどこいったっけ?」
夕飯の後、勇気と一緒になんだかよく分からない芸人の番組を見ている夫に声をかけた。
「デジカメ? なんに使うの?」
私はさりげなく、件のメモリースティックを取り出して、
「友達から借りたからちょっと見てみようと思って」
夫は勇気を置いて立ち上がり、私の手からメモリースティックを抜き取った。
なんだかジッと見てる。裏表をひっくり返して見たりして、首を傾げた。おかしいところがあるのか? 私は内心、心臓が高鳴っていた。
夫は、まあいいや、いう感じで肩をすくめると、書斎の方へ歩き出した。小さい、小さいタメ息が出る。
夫の部屋の掃除はもちろん私がする。でも、夫の部屋の棚の中に何が入っているのかは分からない。別に覗こうとも思わない。夫婦の間にだってプライベートは存在する。
実際、中は何度か見たことがあるが、ごみごみしていた印象がある。きっと主である夫にしか分からない秩序と法則を持って、棚の中の世界はできているのだろう。
その中にデジカメはあった。私はできるだけ夫にも中の画像を見られたくはなかったが、夫はそうそうにメモリースティックを挿入してロードしてしまった。
デジカメの小さな画面に映し出された画像を見て、夫が言った。
「もしかして、これおまえ?」
私は画面を覗き込んだ。
高校生の時の私がいた。ともがいた。榊がいた。神楽がいた。大阪がいた。ちよちゃんがいた。
修学旅行に行った時の写真だ。みんな、心から笑っていた。
「へえ〜、おまえ若いなー」
夫の呟きは私の脳まで届かず、右耳から左耳に抜けていった。
今の私には、ともの太陽のような笑顔がまぶしすぎた。ともは死んだ。もしかしたらその事に、ちよちゃんが関わっていたかもしれない。
みんなの笑顔がまぶしすぎて目をつむると、涙がこぼれ落ちた。

ともは、この写真にどんな想いを込めたんだろう・・・

764 :メロン名無しさん:02/10/02 21:50 ID:???
>763
イイ!続き楽しみ

>みんなの笑顔がまぶしすぎて目をつむると、涙がこぼれ落ちた。

泣かせるぜ・・・



765 : ◆yomiLiPs :02/10/02 22:06 ID:???
ちょっと来てない間にSSの大群が…。
しかも夢中になってしまうねぇ。
続きが楽しみですね。

766 :あずまんがを山形に:02/10/02 23:21 ID:???
この二人は萌えるなぁ・・・

767 :メロン名無しさん:02/10/02 23:23 ID:???
(6 ・ 」・)<萌える?アッソ、オメデトウ

768 :メロン名無しさん:02/10/02 23:30 ID:???
>>764
なんか最終回見た後だと余計泣かせるよね。

769 :メロン名無しさん:02/10/02 23:42 ID:???
>>768

そうそう、まだ脳裏に残ってるからねラストシーン。
む、そこを狙った上でのことか(w

770 :メロン名無しさん:02/10/02 23:53 ID:???
ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !
なんか良いSSがありすぎて自分の稚拙なアレが貼れない・・・
もう少しがんがろうか。


771 :メロン名無しさん:02/10/02 23:56 ID:AFubhU26
>770
いやいや、期待してますよ

772 :メロン名無しさん:02/10/02 23:57 ID:QNw2k4BO
tesu

773 :メロン名無しさん:02/10/03 00:01 ID:Xr5LjZaZ
a

774 :メロン名無しさん:02/10/03 00:08 ID:0CSnUQ3c
いつからここはSSスレになったんだ?

775 :メロン名無しさん:02/10/03 00:13 ID:???
>774
いったい何をするスレなのかなぁ、そうすると。
ひたすらageて、コピペするスレとか?(藁


776 :メロン名無しさん:02/10/03 00:19 ID:???
>>770
頑張れ、期待してるよ

>>774
一言言う前にさげれ、話はそれからだ

777 :メロン名無しさん:02/10/03 00:20 ID:???
SS、ちょっと多すぎな気もするけど楽しいからいいや。


778 :メロン名無しさん:02/10/03 00:33 ID:???
多すぎって逝っても、今のところまともらしき物は
ともの死亡ネタサスペンスが一本だけだし。
あとはコピペ厨の捏造エロネタだけだったから
実は多すぎではない罠。



779 :メロン名無しさん:02/10/03 00:35 ID:???
そーそー、コピペとSSを一緒にされんのは困る


780 :メロン名無しさん:02/10/03 00:37 ID:???
どうも、ここ数ヶ月の荒らしは
「ア ン チ S S 厨 の 仕 業」 ぽ ?



781 :メロン名無しさん:02/10/03 00:38 ID:yL+XwEAO
SS萌えか…
あんたらやばいよ!

782 :メロン名無しさん:02/10/03 00:40 ID:???
>781
こいつか。


783 :語り部:02/10/03 00:42 ID:???
>>781
揚げると荒らしが来ますよ知床タソ

784 :メロン名無しさん:02/10/03 00:43 ID:???
>781
ヤヴァイと思ったらageるなよ。
矛盾してるところが厨だな。


785 :メロン名無しさん:02/10/03 00:47 ID:???
>>781
はいはい、分かった分かった
いいから厨房は早く寝れ、明日遅刻するぞ?

786 :メロン名無しさん:02/10/03 00:57 ID:???
お前ら781を責めて783は放置ですかい?
・・・いや自演か・・?

787 :メロン名無しさん:02/10/03 01:09 ID:???
殺伐としたコピペ荒らしと
その中に輝く大長編SS
一般の住人はもはや観客としてのみ見守っている

ある意味ハイエンドな形に進化し切ったよなぁ
よみたんのニーソがとかバカ話をしてた時代は遠い昔のようだ
果たしてこの先にあるのは進化の袋小路なのか
それとも更に突き抜けていくのか……

788 :メロン名無しさん:02/10/03 01:14 ID:???
おろかな時代の末路に さあ警告しよう
Don't wanna know why,Everybody ready get it on!

789 :メロン名無しさん:02/10/03 01:24 ID:???
>>787
ああ、昔は良かったな。もう落ちちゃって読めないが。
軽いネタの応酬が消えたのはあげ馬鹿が来てからだと思う。
またーり感は一人の馬鹿があっさりぶち壊すからな。
馬鹿に対抗して力作ネタばかりだと、神以外はレスしにくい。
本スレが落ち着いてきたんで、俺は小ネタ系はあっちで振ってみようと思う。

790 :メロン名無しさん:02/10/03 01:30 ID:???
age荒ら師はSS好き、と言ってみるテスト。
隆起スレにも来てたし。

791 :メロン名無しさん:02/10/03 02:13 ID:???
こんな状況の中言うのもアレだけど・・・


SSまだかな〜

792 :ともに対して:02/10/03 03:36 ID:???
「あんまりくっつくな!荒れる!」
とか言ってたりして…w

793 :メロン名無しさん:02/10/03 05:22 ID:???
男子A「おまえ とも先生と水原先生、どっち派?」
男子B「そりゃー」

男子B「・・・水原先生だよ」
男子A「うははは!何!? おまえぽっちゃり系!?」

794 :とも先生:02/10/03 05:47 ID:???
とも先生 「昨日、映画○○を見てきてねえ」
生徒A  「誰と行ったの〜?恋人ですか?」
とも先生 「まあそんなとこかな」
生徒A  「水原先生も昨日見たって言ってました」

生徒B  「あー、先生恋人とかって嘘ついた〜」
とも先生 「? 嘘は言ってないよ?」


795 :春日先生:02/10/03 06:07 ID:???
春日先生 「包丁とかあるんやし、ふざけとったらあかんで」
とも先生  「大阪ー!聞いてくれよ、よみがまたラジオに・・・」
春日先生 「あんなー、今大事な話してるんや」
生徒A   「大阪?」
とも先生  「春日歩 だから大阪」
水原先生 「どこもかかってねーじゃねーか」

796 :水原先生:02/10/03 06:26 ID:???
水原先生 「お、もう水泳の授業をやる季節か」

とも先生  「いやあ、若いもんはいいですなあ」
        「あの辺なんかもう反則スレスレですなあ」

水原先生 「・・・・・・・・・」

とも先生  「妬いてるの?よみ?」
水原先生 「うるせー馬鹿!!!!!!!」

797 :メロン名無しさん:02/10/03 08:04 ID:???
18.ともの動機

私はできるだけ早く、このメモリースティックの中身を確かめたいと思った。行動はできるだけ早く起こしたほうが、いいような気がしたからだ。
しかしそうなってくると、当然私一人の力では限界がある。解析作業を急ごうとすれば、それに比例して私は人の力を頼らなければならない。
問題はまだある。解析のキーワードである、“私たちが最初に出会った日”というのも思い出せない。もしかしたら言葉自体がヒントで、言葉の意味である日付は関係ないという可能性もある。
それよりも私は気になっていたことがあった。
そもそも、ともはどうして警官になったのだろうか。まさか本当にICPOを目指していたわけではあるまい。
おそらく大学生活のどこかで、本気で警察を目指そうとした何かがあったはずだ。
私は大阪にアポをとり、お昼に市役所の近くの喫茶店でおちあうことになった。
裕香、神楽のトコに預けとかないと・・・

「なんや、ともちゃんのこと訊きたいんやてー?」
「ああ、すまないな、突然・・・」
喫茶店のテーブルを挟んで向かい合って座りながら、大阪はのほほんと言った。
「ええよ、ええよ。うちもヒマやったから」
それで市役所はいいのか、と思ったが、口には出さなかった。
「それでさっそくなんだが、ともはいつ頃、警察を目指すようになったんだ?」
「いつーゆうてもなー。就職活動する時には、すでに警察って決めてたみたいやったけど」
「なんか、おかしいところはなかったか? 悩んでる風だったとか」
「別になかったよ。いつも元気いっぱいやったよ」
それじゃあ、ともは一体いつ・・・
「男と別れた時も」
「え? 男? あいつ付き合ってたの? あ!」
そういえば一時期、男と付き合ってたことがあるって、言ってたっけ。すぐに別れたって訊いてたから、すっかり忘れてた。
「その人って、どんな人? 名前は?」
「おんなじ大学やったけど、別の専攻やったわ。名前なんてゆうたかなー・・・」
大阪の手のフォークが、先ほどからロボットのようにスパゲッティをくるくる巻いている。こいつは一度に二つのことをできない人間だ。
「あれや! 核物理専攻しとった瀬野さんや」

798 :メロン名無しさん:02/10/03 08:43 ID:???
やはりテレホタイムになるとアフォが来るなぁ(藁)嫌なら来なきゃイイのに。















釣れるかな?

799 :名も無きSS:02/10/03 11:40 ID:???
「でさあ!結局だめになっちゃたんだよ〜!笑えるだろ〜」
とある昼休み、智の声が教室に響く。そして、また大阪が唐突な発言をした。
「なぁなぁ、なんであたしは男に生まれんかったんやろか」
「えー?大阪さん、男に生まれたかったんですか?」
「そういうわけやないねんけど……。あたしな、立ちションしてみとうて」
「な、なに言ってんだお前!?」
神楽が声を上げる。そこにいた誰もが慌てていた。大阪は続けた。
「きのう、あたしのおとーやんが言うてたんや。立ちションは男のロマンや、て。みんなはもし自分が
男やったらって思ったことある?」
全員が真剣に考え始めた。あの、智でさえも。そんな中、最初に口を開いたのは神楽。
「やっぱ、もっといろんなスポーツやりてぇな。野球とか格闘技とか。ああいうのは男の世界だし」
「それは神楽らしいな」
よみがあいづちを打つ。続いたのはちよちゃんだ。
「えーと、私は家に鯉のぼりを飾りたいです!すっごく大きいの!」
「鯉のぼり・・・。いいかも・・・。でも、あたしは女のほうがいい」
鯉のぼりを想像しているのだろうか、顔を赤らめて榊がいった。
「よみちゃんは?」
大阪がよみに訊いた。その瞬間、智の表情が曇った。そしてすぐに素に戻り、よみの発言に耳を傾ける。
「あたし?あたしは、そうだなぁ。食い放題巡りとか。で、さっきから黙ってる
お前!智はどうなんだよ?」
もし、の話題になってから黙りこくっていた智。いきなり振られて驚きの表情が出る。
「あ、あたし?あたしは――……」
表情が驚きから動揺へ変わる。が、それも一瞬。気を取り直して発言しようとした時、チャイムが鳴り、
教師が入ってきたことで、会話は終わった。


800 :名も無きSS:02/10/03 11:41 ID:???
下校。みんなと別れてからは少しの間、二人だけの時間が流れる。
「……なぁ、今日のおまえ、少し変じゃないか?」
不意に、よみが智にいった。
「はぁ?何が?あたしはあたしだろ」
一瞬の動揺。そこからの気持ちの綻びをよみは察していた。が、とりあえず智は無視。
無言で歩く二人。この「間」というか、お互いの干渉の度合いも、もう他者の追随を許さないレベルだ。
二人の家が近づく。唐突に智が口を開いた。
「あのさ、昼間の大阪の話」
「……もし自分が男だったら、ってやつか?」
「食い放題巡りですかぁ。よみさんらしい考えですなぁ」
「ほっとけ。あの時、ぱっと浮かんだのがそれなんだから、しょうがないだろ」
一瞬の沈黙。視線は合わせない。家はもう目の前だ。
「あのさ、あたしがもし男だったら……、絶対、よみのこと好きになってると思う」
「……!?」
「で、よみに告白して、付き合って、結婚するの。子供は3人」
「……!?……!?」
智が一気にまくし立てたことも相まって、よみは言葉の意味を追うのがやっとだ。自分でも今、結構すごい
表情なのだろうと予測できる。
「ぎゃはは!?なんだよ、その顔!サイコ―!なにマジになってんの?笑えるーー」
一転して、智は笑い出した。
「てめ!その攻撃はなしだろ!?」
「へっへーんだ。じゃ、また明日」
智は自分の家へと駆け込んだ。
「ったくあのバカは。……ま、元気が戻ってなによりか」
よみもまた、自宅へと歩を進めた。
                      END


801 :メロン名無しさん:02/10/03 11:42 ID:???
神降臨に触発されての初挑戦。
うーん、俺にはこれが限界だ。

802 :メロン名無しさん:02/10/03 13:34 ID:???
先生ワラタ


803 :メロン名無しさん:02/10/03 13:55 ID:/nkODs1p

超強力漢方バイアグラ「威哥王」、「蟻力神」をどこよりも安い特価でご提供!
「中田氏」の後に妊娠を回避!緊急避妊薬(アフターピル)や、低用量ピル、抗鬱剤プロザックも特価!
ガンを治す力の素、アガリクスもなんと1キロ10000円!!!
あの101の最新超進化版101Gであきらめていた髪もフサフサ!

http://www3.to/ultimateviagra

804 :メロン名無しさん:02/10/03 14:02 ID:???
>>803
おまえが買えば

805 :メロン名無しさん:02/10/03 14:23 ID:???
ネタニマジレス(・∀・)カコワルイ!!

806 :メロン名無しさん:02/10/03 14:34 ID:???
    |          
    |                |
    |      ∩   ジャーッ ゴボゴボ・・・
__ノ      .| |         |  _
| |        .| |          ./ )ノ\__ヽ
ヽ二二 ヽ -―- | |        .//|\ノ(◎)
_____/ /" ̄| ヽ∧_∧// .|
   /  /    / ( ;´Д`)  ̄ ̄\
   |  |/⌒゙ /      /       \
   .\ヽ__ノ__,,./。 ゚    |\   .\
     .\\::::::::::::::::: \\ ゚ ./   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       .\\::::::::::::::::: \\ | 先生!早く続きを!
       \\::::::::::::::::: \ .\_________
         \\_:::::::::::_) )
             ヽ-二二-―'


807 :メロン名無しさん:02/10/03 15:16 ID:???
              ,. ‐''''''`'-、 ,, -''                    ヽ.........',   よし
             /      '、      ,,......:::::--::::''''''``::::::i\''''''''-.、 ',::::::::::',   神以外は
             ,'          ', ,, ..‐::::/ ',:::::,:::::::::::::::::::::::/',::::i  ..゙、::!、::::::::',:::::::::'.,  先生ネタでもりあげろ!
            ,'         i::::,:::::/  ゙、::!゙、:::::::::::::::::,' ',::‐''".、、',:! ',::::::::',:::::::::'.,
           .i         i::/',:,' ``'ヽ':! ',::::::::::::,'  .,::'"(``, '! '、:::::!-、:::::'.,
           l          i,' '!',::'"(``,  ゙、:::::/  .i:::::::::`'':::',  ',. i'、::!  ',::::'、
           !          l / .i::::::::::`''::',   V   .l:::::::::::::::::!  | .iヽ'!  .!:::::::'.
           ',           !|  l::::::::::::::::::!       ',::::::::::::::,!.  ' !./  ノ:::::::::::'、
       ,,.、、、., ゙、         ,' '.  '、::::::::::::::,!        ` --''     !  , '::::::::::::::::,`,',''`
       /    `'ヽ       ∧    `‐- '    .    ,,        .i_, '::::::`:、::::::::::::::::::::``::''':-..、` ''-、
     ,.'       ヽ       ',. ',        __ .,, ‐ ' " ',       ,':::`::_...........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  )
     丿         ヽ、     ヽ,i       i.       ',    .ノ:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ゙フ
  , ‐'"        、         ' ,      '.        ,'   ,. '|::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::,,:..:::-----'"`' "
  ,'           ゙、         \、、.. _  ' 、     ,. ' ,. i'  ,!:::::::::::.|::::: ,.:‐ ' "
  l.     ヽ      ヽ、    ,,.. --、  ',::::::::::.|‐ - . ニニ ‐ '  |/:::::::::::::::.!'"


808 :メロン名無しさん:02/10/03 15:58 ID:???
>>793-796
面白い!ぜひシリーズ化キボンヌ

>>797
相変わらず読ませるSSだ・・・続きが気になるね
頑張って

>>801
いいじゃん、レベル高いよ!また書いてくれ〜



結論・・・俺はSS賛成派ですが何か?

809 :ss:02/10/03 16:00 ID:???
 で、どこまで書いたんだっけ。そうそう、牡豚さんたちのナマセ
ックスだった。

 逃げまどうよみは、幌トラックから飛び降りようとしたところで、
牡豚たちに噛み付かれたのだった。
「ブヒ、ブヒ。お嬢さん、裸で逃げるつもりかい?」
 そう、よみはトラックから飛び降りようとした瞬間に、ためらっ
てしまったのである。裸で街中に飛び出すには
彼女の羞恥心は強すぎた。
 牡豚にヒップを噛まれたよみは、そのまま幌トラックの中に倒
れ込んだ。一匹の好色そうな豚が、彼女の脚を掲げるように
して、生殖器を剥き出しにした。すかさず、もう一匹の豚がボン
レスハムのようなペニスを突き出した。
 いまや、よみの性器を牡豚の凶器が切り裂こうとしてい
る。
「いやぁーっ!」
 あまりにも大きすぎる牡豚のペニスがよみの陰唇を押し広
げ、全開にされた肉襞が音をたてて軋む。
「ギャウ!!」
 あまりにも凄絶な光景だった。野太い肉の凶器を下腹部に突
き入れられて、身動きのできない女。
ひたすら生殖本能を掻き立てられて、猪突する牡豚。よみ
の膣口に血が滲んでいる。
 そのとき、トラックが急停車したのだった。急停車した拍子に、
牡豚のペニスが勢いよくよみの子宮口をこじ開けた。
「あおぅ!!」


810 :メロン名無しさん:02/10/03 16:00 ID:???
 目を剥いて絶叫するよみ。しばらくは、牡豚たちも驚いたよう
な表情だった。トラックの幌
が開けられ、若い女があらわれたのだった。
「何してんのよ。豚と抱き合うなんて、あきれた人」
 よみは思わず、はだけた胸を両手で抱いた。声の主は、中山
里香だった。Wカップいらい、何かにつけてよみを陥れようとして
きた女である。
「ど、どうして、あなたが?」
「そんなに豚とセックスがしたいんなら、遺伝子操作をしたほう
がいいかもよ」
「な、何ですって……。好きこのんで、こんなこと……」
 よみは引き裂かれたTシャツで裸体を隠した。
「降りなさい。これから桜庭さんのレセプションよ。これに着替え
なさい」
 と、里香が紙袋を渡した。牡豚たちの輪姦から救われたことよ
りも、よみは新たな恐怖に怯えた。


811 :メロン名無しさん:02/10/03 16:01 ID:???
・・・静岡県袋井市「西の丸」。日本代表のベースキャンプ地に
なったことで一躍
話題になった宿泊施設で学校の会合が開催された。
会合は無事に終わり、よみは深い溜息をついた。
有力女学生、協会役員、・・・気を使う相手ばかりの会合を終え
たのだ。
安心したのだろう。・・・
安心した理由はもう一つ有った。一週間振りに、便意を催した
のだ。
元々便秘症で展覧会や会合の前は決まって便秘していたが今
回のはかなり重い便秘
だった。繊細でデリケートな体質が便秘と誘発していた。体質と
言うより「性格」
なのだろう。
のんびりしている暇はなかった。突然の便意だった。人気のな
いトイレを探さなければ。
こんな時のオナラが強烈に臭いのはよみ自身が一番良く知っ
ていた。誰にも聞かれたくない、
誰にも嗅がれたくない、と言う気持ちをよみは強く持っていた。
・・・自分の臭いである事が恥ずかしく、赤面してしまうほどの異
臭・・・


812 :語り部:02/10/03 16:03 ID:???
邪神(・∀・)キター

813 :メロン名無しさん:02/10/03 16:11 ID:???
はい、スルー、スルー。

814 :メロン名無しさん:02/10/03 16:41 ID:???
語り部降臨期待アゲ

815 :577:02/10/03 19:46 ID:GAbakyz3
なんていうか・・・・本当に面白かったから書いただけなんですけど。
いや誰も覚えてないとは思いますが一応。

816 :メロン名無しさん:02/10/03 20:02 ID:???
>796

元ネタとオチの意味合いが違うとこがまたいい味だしてる!

817 :メロン名無しさん:02/10/03 20:59 ID:???
>>815
Eから下げて頂戴!


818 :メロン名無しさん:02/10/03 21:04 ID:???
19.炎上

喫茶店を出た後、私はロボットのように街中を機械的に歩きながら、大阪の言ったことを思い出していた。
大学時代、ともと付き合っていた男──名前は、瀬野秀一(せの しゅういち)。核物理学を専攻していた秀才で、しかも実家はどこかのボンボンらしい。
大阪の見た限りでは、瀬野という人物は極めて物静かで傲慢なところがなく、一見ともとは正反対のように見えるが、よく馬が合っていて、いいカップルに見えたそうだ。
瀬野という人物は、一連の出来事に関わっているのだろうか?

買い物を済ませて、幼稚園に勇気を迎えに行き、神楽の家から裕香を回収して家に帰ると、もう夕方だった。
夕飯の準備にかかる前に、私は大阪から訊いた、大学時代のとものめぼしい友人たちから、ともが警官を目指すようになった動機を尋ねまわった。
何人かは面識があったので簡単な説明で済んだが、そうでない人は少し面倒だった。
聞き込みの結果はと言えば、あまり成果はなかった。ただ不可解な情報を手に入れることができた。ともと瀬野秀一が付き合っていた時期が、ほとんどの場合ばらばらなのだ。
おそらく正解は、とも本人が大阪と私に明言した、大学2年の時の9月から10月の一ヵ月だろう。ところが、これは推測になるが、この二人は、別れた後もちょくちょく会っていたのではないだろうか。
現に大阪以外の人は、ともと瀬野が二人でいるところを見たから、そう判断していたようだ。
瀬野の進路についても訊いたが、誰も知らなかった。
いよいよ最後の頼みは、あのメモリースティックだけになってしまった。
そろそろ夕飯を作ろうと、よっこいしょ、とババ臭いこと口にしながら、立ち上がると電話が鳴った。
受話器から切羽詰ったような神楽の声が聞こえた。
『テレビ見た!?』
「え?」
テレビに目を向けると、フッ素パワーが歯を真っ白にすると歯磨き粉のコマーシャルが主張していた。
『8チャン! 8チャン!』
チャンネルを変えた瞬間、画面の中で大きな建物が炎上していた。見覚えがあった。
手から滑り落ちた受話器から神楽がなにか言っていたが、私の耳には遠く届かなかった。
かつて、みんなと肩を並べて登校した、高校の校舎が燃えていた。

819 :メロン名無しさん:02/10/03 21:26 ID:???
な、なんだって〜!?
どきどきわくわく・・・
これからどうなるんだ・・・楽しみ!

820 :メロン名無しさん:02/10/03 21:34 ID:???
おいおいおいおいおい!!
凄い事になったてきたなー!!!
超大作のヨカン!!!(;゚∀゚)

821 :メロン名無しさん:02/10/03 21:36 ID:???
いい意味で予想裏切られるなぁ・・・
しかも区切りのタイミングが・・・まさに火曜サスペンス・・・
というか、海外のサスペンス系になってきたような・・・

わくわく。


822 :メロン名無しさん:02/10/03 21:38 ID:???
どのくらいまで続くんだろうか

823 :メロン名無しさん:02/10/03 21:39 ID:???
これは過去のSS一番の超大作になるヨカーン。
今までにないタイプで大変イイっす。


824 :メロン名無しさん:02/10/03 21:41 ID:???
長すぎ。五行で纏めれ。

825 :メロン名無しさん:02/10/03 22:26 ID:???
・・・サスペンスやな?(w)

でもチョト悲しげな雰囲気やね・・・
あ〜、続きが気になる〜!


826 :メロン名無しさん:02/10/03 22:33 ID:???
いつも言ってるが本当に区切り方がンマイ!
ちよちゃんよ、早く悪の科学者になって登場してくれ(笑)

827 :メロン名無しさん:02/10/03 22:38 ID:???
アップが一区切りされるたびに火曜サスペンス劇場のCMのあの音が
聞こえてくるのは私だけ?

828 : :02/10/03 22:39 ID:???
智「お前とは絶好だ!暦!!」
暦「あーそうかい。こっちもせいせいしたわ!」

二人は罵声浴びせた後、別々の道を歩いていった。
去り際にも智は捨て台詞で「ばーかばーか」と言い続けた。

凹凸コンビと言われながら、本気で喧嘩などしたこともなかった
二人が何故本気で怒りあってるのか。
話は今から30分前に遡る・・・。



――30分前
暦「ともーコーヒーもってきたよ・・・あれ?ケーキがなくなってる!」
智「あー・・・全部食った。」

829 :メロン名無しさん:02/10/03 22:44 ID:???
竜頭蛇尾の予感

830 :メロン名無しさん:02/10/03 22:47 ID:???
よみは水虫ですよね。


831 :メロン名無しさん:02/10/03 22:48 ID:???
>>828
よみがマジ切れすんのはやっぱり食べ物ネタか・・・(w


832 :メロン名無しさん:02/10/03 23:02 ID:???
智「うえー飲み屋で飲みすぎた・・・」
暦「ほらしっかり歩け」
智「なあ暦〜キスしたことある?」
暦「は?何言ってるんだ?お前」
智「キスしようか?暦・・・」


833 :メロン名無しさん:02/10/03 23:13 ID:???
漏れ「うえー厨スレで煽られすぎた・・・」
832「ほらしっかり歩け」
漏れ「なあ832〜キスしたことある?」
832「は?何言ってるんだ?お前」
漏れ「キスしようか?832・・・」

834 :メロン名無しさん:02/10/03 23:14 ID:???
>>832
いい具合ですな。
でもともは普段、よみのことを「こよみ」と本名では呼びません。

835 :メロン名無しさん:02/10/03 23:33 ID:???

智「ヨミミズハラ氏ニ逢イタイノダガ・・・」
暦「どうでもいいけどよぉ・・・砂糖ぐらい抜いといてくれよな」
智「コレハシツレイ」



智「トコロデ・・・ドウシテシュークリームヲ食ベテイルノカナ?」

836 :メロン名無しさん:02/10/03 23:44 ID:???
誰かあずまんがのキャラで小津映画のパロディやってくれ。

837 :メロン名無しさん:02/10/03 23:58 ID:???
>>828
絶好?絶交じゃなくて?








それはそれでハァハァ

838 :オチ無し:02/10/04 00:11 ID:???
智と大学違うとこ行きましたが
実際電話のやり取りはあるんでしょうね。
でもよみからは何となく素気なくしていそうなイメージがある。
電話はともが一方的。

でもちょっと期待、ちょっとうざいって感じに思っているよみ。

839 :メロン名無しさん:02/10/04 00:13 ID:???
誰かあずまんがのキャラでドストエフスキーのパロディやってくれ。



840 :メロン名無しさん:02/10/04 00:18 ID:???
>>828が面白いです。ぜひ続きを。

841 :メロン名無しさん:02/10/04 00:32 ID:???
「白痴」
配役
ムイシュキン 春日歩

以上

842 :メロン名無しさん:02/10/04 00:41 ID:???
>>828
夜、部屋で後片付けをしていたよみは昼の出来事を思い出していた。
よみ「うーん・・・昨日はたかがケーキぐらいでムキになりすぎたな・・・
   しかしともが食べたのは悪いし・・・ 」

ピリリピリリ
携帯のベルが鳴り響いた。
着信相手はともだった。

ドキ・・・

ここで出たらまたつまらない喧嘩になりそうだ・・・でも
くだらないことでいつまでも喧嘩してるのも馬鹿らしい。
よしっ!出るか。

よみ「もしもし、なんだともか」
とも「おーすよみ!」

あまりにあっけらかんとした態度だったので拍子抜けしてしまった。

よみ「なんだよこんな時間に」
とも「あのさー実は・・・」

ぶっきらぼうに答えつつ内心ほっとした。

843 :メロン名無しさん:02/10/04 00:44 ID:???
前々回は>>211-212 前回は>>407-409
あずまんがcollege2−12
7月17日午前10時30分
京都市内

「ありがと〜ございました」
「き〜つけてかえりなはれや〜」
大阪の叔母は微笑を浮かべて手を振っている。

「今日はどうするんだ?大阪」
先頭を歩く智は後ろを振りかえる。
頭に大きなたんこぶを作った大阪は、黒いリボンのついた大きな麦わら帽子を
かぶりながら口を開いた。
「ともちゃんも、よみちゃんも水着もってきたん?」
「お〜持ってきたぞ、とびっきりなセクシーな奴をな」
「ああ、一応な…でも京都に泳ぐ場所なんてあったか」
暦はけげんそうな顔をみせる。
「莫迦だな〜よみは、鴨川で泳ぐにきまってんじゃん」
「はあ?」
「阪神が優勝するとだな、橋からみんな飛び降りるんだぞ」
「それは道頓堀だろ…」
呆れた表情を見せながら、深いため息をつく。
「それでも…どこにいくんだ、プールか?」
暦は眼鏡の角度を片手で調節しながら、傍らに見える麦わら帽子に向かって
たずねる。
「たんすいよくや」
「たんすいよく?」
「そうやねん、たんすいよくやねん」
妙に自信満々な口調で言い切ると大阪はずんずんと歩き出していった。


844 :メロン名無しさん:02/10/04 00:46 ID:???
「うわ〜海だ〜きゃっほ〜い」
眼下に広がる水面に向かって、水色のビキニ姿の智は弾むように駆け出していく。
「海じゃないけどな…」
砂浜を飛び跳ねている智の姿を見送りながら暦は呟いた。

夏の強烈な陽光が水面に乱反射し、蒼い水面に宝石の煌きが散りばめられている。
空も青く澄んでおり、対岸の山の稜線をはっきりと眺めることができる。
岸からはさほど遠くないところからは、水上バイクのモーター音が微かに
響いている。
浜辺は夏休み直前の平日であるためか、さほど混んでおらず、所々で若い
カップルや、家族連れのあげる喚声を耳にする程度である。

「ともちゃ〜ん、急に深くなるからき〜つけてな」
大阪は両手を口に添えかわいらしい声で叫んだ。
京都駅からJRで30分ほど行ったところにある近江舞子水泳場は、琵琶湖
西岸の中でも規模の大きい遊泳場である。キャンプ等のレジャー施設も整って
おり、京阪方面から遊びにくる人も多い。ただ、地形の関係上、岸辺から
離れると急に水深が深くなってしまう特徴をもっている。


845 :メロン名無しさん:02/10/04 00:46 ID:???
3人の水着姿の少女達は、波打ち際ではしゃいでいたが、暫くすると疲れを
覚えたのか、暦は一人だけ浜辺からあがり、バスタオルで軽く茶色がかった
長髪を拭った。愛用の眼鏡を外し、松の木陰の下に敷いたシートの上に体を
ゆっくりと横たえる。
やや遠くからは、楽しげに水をかけあっている智と大阪の歓声が微かに
聞こえている。

(なんか、気が抜けたな)
大学での生活に決して気を張ってつもりはなかったが、智や大阪とはごく
自然な気持ちで一緒の時間を過ごすことができる自分に、今更ながらに気付いて
思わず苦笑する。そして、未明の智との出来事に思いを巡らす。
(ちょっと強引だったかな…)
暦の心の中は、自分の想いを思い切り打ち明けた爽快感と、今後智がどんな反応を
みせるのかという不安が混ざり合っている。
後は智の気持ち次第だろう…
考えることに疲れを覚えた彼女は、木漏れ日の眩しさを僅かに感じながらも、
心地よい風を乾き始めた体に包まれて、まどろみの中に落ちていった。


846 :メロン名無しさん:02/10/04 01:02 ID:???
「あれ?混線してる…」

847 :?i¨:02/10/04 01:18 ID:???
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1032348146/l50

848 :メロン名無しさん:02/10/04 01:20 ID:???
collegeさん乙。こういう淡々とした流れはわりと好きです。
告白した後の、なんか落ち着かない雰囲気が良いですね。


849 :メロン名無しさん:02/10/04 01:24 ID:???
>>848
れすありがとう
まったり感をもう少し出せればよかったかも
また週末に〜

(もっと推敲しないと…反省)



850 :メロン名無しさん:02/10/04 01:32 ID:???
>>841
「痴」ってやー、知恵の「知」ーに、「やまいだれ」やんかー?
きっと病気が治ったら、知恵者になるんやろなー。
でもいつんなったら治るんやろか?

も もし不治の病やったら・・・
それにもし気付かへんかったら・・・

851 :メロン名無しさん:02/10/04 01:37 ID:???
>>850
安心して。
それでも君は元気に生きているじゃないか。

852 :メロン名無しさん:02/10/04 01:49 ID:???
新しい人大阪

853 :メロン名無しさん:02/10/04 02:07 ID:???
>>834

よみ暦 1

母が亡くなったのは、私が4歳のとき。

「…ね、聞いてこよみ。あなたの名前のお話。

 1日たつと必ずお日さまがのぼって
 1年たつと必ず春がくるわね。
 世の中には、変わるものと変わらないものがあるの。
 変わらないもの、変わってしまうと大変なもの。
 それが『暦』。

 あなたが毎日おはようって言ってくれることが
 お母さんにとっての『暦』だった…
 大事なもの、永遠に変わらないで欲しいもの。

 でもお母さんは行かなくちゃ。
 もうあなたに毎日おはようを返してあげられないの。
 そしてお父さんにも。
 ごめんね… 本当にごめんなさい…

 約束して、こよみ。
 お願い、お父さんに毎日おはようって言ってあげて…」

母の最後の言葉は、幼い私にとって
心の支えであり、かつ重い鎖だった。
父が再婚するまでの3年間、私は約束を守った。


854 :メロン名無しさん:02/10/04 02:07 ID:???
よみ暦 2

父は逃げるように仕事に打ち込み、帰りはいつも遅かった。
暗い家で一人待つ私は、急激に視力を落とした。
外食やお弁当ばかりの生活で体重も増えた。

学校は嫌いだった。
最初は「メガネ」次に「デブ」
最後に「ヨミ」というあだ名がついた。

死後の世界。漫画の悪役の名前。
母の想いを理解できない、出来の悪い奴ら。
もう我慢なんかしない、ぜったい見返してやる。

必死で勉強し、必死で運動した。
家事を完璧にこなし、少しづつ友達を増やしていった。
からかう奴にはきつい言葉で言い返した。
そして私をいじめる人はいなくなった。

それでも学校は嫌いだった。
母を失ったさみしさは消えることはなかった。
ともに会うまでは。


855 :メロン名無しさん:02/10/04 02:08 ID:???
よみ暦 3

父は会社の同僚と再婚した。
新しい生活のために引越しをして
父におはようを言う役目は、新しい母に移った。

引越しと同時に転校したが
今度の学校ではすぐに友達が出来た。
前ほど学校を嫌いではなくなったし
むきになって努力することもなくなった。

新しい家には両親がいる。学校にいじめてくる人はいない。
幸せな環境にいるはずなのに、さみしさは消えなかった。
そのときの私にはさみしさの理由がわからなかった。

3年生に進級したとき、滝野智と同じクラスになる。
意外と近所に住んでいた彼女と私は
毎日一緒に学校へ行くようになった。

彼女はいつも屈託が無く、誰にでも馴れ馴れしく
毎日騒ぎを引き起こしては、楽しそうに笑っていた。
いつのまにか私は、彼女の保護者という役回りになっていた。


856 :メロン名無しさん:02/10/04 02:08 ID:???
よみ暦 4

智とはじめて喧嘩をした。理由はもう思い出せない。
次の日から、私は彼女の家まで迎えに行くのを止め、
別の友達と一緒に帰宅した。

その週の日曜日、彼女が家にやって来た。
いままで人にきちんと謝ったことがなかったのだろう。
急に黙り込んだり、同じ言葉を繰り返したり
屁理屈を捏ねたりしながらも、2時間かけて
ようやく「ごめんなさい」に辿り着いた。

「やっぱりさー、毎朝あんたの声聞かないと落ち着かないんだー
 なんかほっとするっていうかさ、お日さまがのぼるのと同じくらい
 毎日あんたと会うのが当然みたいになっちゃって。

 だからさ、怒っててもいいからさ、一緒に学校に行こうよ。
 この前のことはごめん。別に悪気はなかったんだよ、ホントだよ?
 ね、いいよね? 明日は迎えに来てよね? 待ってるからさ」

そう言って彼女は帰った。

嬉しかった。
彼女にとって、私は『暦』だった。
そして私も『暦』を求めていたんだ。

雨が降ったり、風が吹いたり、2人の間の天気が変わっても
お日さまが必ずのぼるように、次の日はおはようって言わなきゃ。

変わらないもの、大事なもの、永遠に変わらないで欲しいもの。
私たちはお互いに『暦』になるんだ。


857 :メロン名無しさん:02/10/04 02:08 ID:???
よみ暦 5

夏休み。ともの家族と一緒にキャンプに行った。
ともは遊びの天才だった。
本当に、夢のように楽しい時間だった。

夜、興奮して眠れない私たちは
今日のこと、学校のこと、お互いの家族のこと
2人が出会う前のことを語り合った。

私が亡くなった母のこと、自分の名前のことを話したとき
ともは一緒に泣いてくれた。

「これからあんたのこと“こよみ”って呼ぶとき
 今の話思い出して泣けちゃうなー。
 あ、今度からあんたのこと“よみ”って呼んでいい?
 私のことも“とも”って呼んでいいからさ。」

こうして私たちは「とも」「よみ」と呼び合うようになった。
昔つけられた嫌なあだ名の思い出は、もう気にならない。
母を理解してくれる友人が出来たから。


858 :かおりん先生:02/10/04 03:51 ID:???
生徒      「先生はどうして教師になったんですか?」
かおりん先生 「 女教師とか好きだから! 」



榊先生 in 生物室  「ん?なんか寒気が・・・」

859 :かおりん先生:02/10/04 03:52 ID:???
生徒      「かおり先生ってとも先生と同級生だったんでしょ?
          どんな生徒だった?」
かおりん先生 「あはは。 それがいろいろ逸話があってね〜」
とも先生    「百合の花〜♪ 百合の花〜♪
           ゆりゆりゆりゆり百合の花〜♪」
かおりん先生 「・・・・・・・・・ フ、フツーの生徒だったよ・・・」
  :
  :
とも先生    「あははー!かおりんにはこの歌が効くな〜」
春日先生   「ともちゃん、その歌ってともちゃんにも効くんちゃうん?」
とも先生    「なっ!」

860 :新婚さん:02/10/04 03:57 ID:???
とも先生 「ま、確かに人のネクタイを結んであげられる水原先生らしくありませんな」
水原先生 「!」
生徒達  「えーーっ!?何でできるのー!?」
とも先生 「昔この女、私を実験台に彼氏のネクタイを結ぶ練習をしたですよ!」
生徒達  「おーっ」

とも先生 「ところが、後になってみると彼氏という話は嘘っぱちで、
       実は私のネクタイを結ぶという若妻の役を・・・」
水原先生 「!☆□◇○!☆?!!!」
生徒達  「おお!!けんかだ けんかだ!!」

861 :メロン名無しさん:02/10/04 04:01 ID:???
ちなみに女からの意見を言わせていただくと女同士のキスはあんまり抵抗が無かったり
する。好きでもない男とキスする方が抵抗ある。
ま、ネタだと思っていただいても構わないが、少なくとも自分はそう思う。


862 :メロン名無しさん:02/10/04 04:03 ID:???
それって男同士チムコくっつけ合うのと同じ感覚だよね。

863 :メロン名無しさん:02/10/04 05:22 ID:???
>>862
それは激しく抵抗があるぞ、俺は。

864 :メロン名無しさん:02/10/04 06:02 ID:???
先生シリーズイイ!!
818氏の話しも激しくおもろいが、こういうほのぼのもイイ!!

865 :834:02/10/04 08:36 ID:???
>>853
なぜ漏れに「よみ暦」を?

866 :メロン名無しさん:02/10/04 08:40 ID:???
20.お見舞い

あっという間に3日が経った。
私はお見舞いの品を手にぶら下げて、病院の廊下を歩いていた。
ノックしたドアの脇には「谷崎ゆかり」と書かれたプレートがあった。
「どーぞー」
どこか投げやりな、ゆかり先生の声が聞こえた。
病室はすでにいっぱいだった。神楽、榊、大阪に、みなも先生が来ていたからだ。図らずも、ともの葬式の時に集まったメンバーだった。
「なんだあんたまで来たの? 主婦はヒマねー」
相変わらずのゆかりちゃんだが、頭に巻いた包帯が痛々しい。
「大丈夫なんですか?」
「だーじょーぶよ。にゃもが大げさにしただけなんだから」
「頭から血ぃ流しすぎてぶっ倒れた人が文句言わないの」
この3日の間に、神楽とかといろいろ情報交換して分かったことだが、ゆかり先生は逃げ遅れた生徒を助けるために怪我を負ったらしい。なんだかんだいって、ちゃんと先生をやっているみたいだ。
「しっかしスッゲー火事だったなー。あれじゃー、みんな丸焦げだろうな」
神楽が言った。
「資料室のほうから出火したみたいだから、火の手が回るのが早かったのよ」
「どーせ、男子の誰かがヤニ吸ってたんでしょー」
「原因分かっとらへんのかー?」
「出火元も、出火原因も分かってないらしいわ」
みなも先生の言葉が、重く圧し掛かった。
ともの死に続いて、このタイミングで原因不明の高校の火事。それが意味するものは何なのだろうか。
誰かが、なにかの過去を抹消しようとしている。そう思うのは、過ぎた妄想だろうか。だが、ともの死と高校の火事はまぎれもない現実だ。
いずれも、私とここにいるみんなは関わっている。誰かの魔の手がそこに伸びないとは、誰が保障できる。
図らずも、みんなはここに集まっている。
私はここでみんなに一連の出来事を話し、協力してもらうべきじゃないのか。どのみち、私一人の力ではメモリースティックの解析はできない。でも、みんなと力を合わせたら・・・
「あのさ・・・みんな」

867 :メロン名無しさん:02/10/04 09:12 ID:???
>>861
( ´_ゝ`)フーン      (´・∀・`)へー
(6 ・ 」・)<アッソ、オメデトウ
(´し_、` )プッ
(・∀・)ニヤニヤ
( ゚д゚)ポカーン

(・∀・)カエレ!

868 :メロン名無しさん:02/10/04 09:32 ID:???
>>853
歳を取ると涙腺が弱くなりますわ。泣ける文章ですた。特にお母さんの台詞。
>>866
そろそろサスペンスも佳境でしょうか?頑張ってください。やはりティヨちゃんは悪か?(笑)

869 :メロン名無しさん:02/10/04 10:27 ID:???
ドキドキワクワク

870 :メロン名無しさん:02/10/04 10:37 ID:???
悪ちよネタのオチっつーとアレか?

871 :メロン名無しさん:02/10/04 13:05 ID:???
             ∩
             |~~|
      ,,,,,,,,,,,,,   |~~|
      [,,|,,, ,,|,]  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ・∀・)/ /  < やっぱりちよは悪値よですか?
     /|\/|  /    \______________
     / |~~|:~~ /
  ____|  |  |:  | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||


872 :メロン名無しさん:02/10/04 13:58 ID:???
            /     , .∧     `'、
            //  , i  / ,/ 'i i,  ,   'i
           ',i' ,  /フ'メi_/   '、i_i,_L,, i  ',
           ,/ ,,i / ,,r==、,,''  _,,,ニ,,i 'i,i i i,
         ./ i. レ'i             `' i/レ'! ',   おまんこー!!
         i  '、 i    r─---┐    i  i ',
     _,,..,,,_ , i   `'i,.   i      i   ,' /  ',  
   ,r''"  ,..,,,`'i'、!    /ヽ,   '、    ノ  ./''"    i
 / -─/  'iく ト-、,/   フ-、`ー‐ '",,_-''" ',      i   
 i   --i,__ , i.i.  `'ヽー" 'ヽ,  ̄ ̄''ー0'i   ヽ    i
 'i        )i i     `ヽ  `ヽ,,`>、,,,,,,L_  \,,,j
  '、   ─--r' i i          i       ヽ,
   \,,__,,ノ-,i,i           i   0 i ',
    i,    //      ,, -'   i 0    ', i


873 :メロン名無しさん:02/10/04 14:00 ID:???
智(;゚Д゚)     (゚Д゚;)暦


874 :(*´Д`):02/10/04 14:21 ID:???
ガイシュツかもしれませんが
アニメのマヤーが来た回で、ちよちゃんの家から帰る途中
かみねこが帰った直後

よみ様が智にキスしておられますた。


875 :メロン名無しさん:02/10/04 14:50 ID:???
>>874
まじで?

876 :メロン名無しさん:02/10/04 15:28 ID:???
しかも強引に腕をつかんで智を引き寄せキスしてました。


877 :(*´Д`):02/10/04 16:01 ID:???
ビデオで確認するがよろし

878 :メロン名無しさん:02/10/04 16:26 ID:???
>>853
いい話だ・・・ちょっとジーンときました

>>866
相変わらずにくい切り方ですね、続きが気になってしょうがない・・・

879 :メロン名無しさん:02/10/04 17:01 ID:???
>>877
今確認。
静止画でみれば確かに。
しかしその直後の榊さんのエプロンのアップが一瞬バスタオルに見えた方が気になる。


880 :メロン名無しさん:02/10/04 17:02 ID:???
>>870-873
ワラタ


881 :メロン名無しさん:02/10/04 17:36 ID:???
>>878
でも前スレからのコピペ

882 :メロン名無しさん:02/10/04 17:52 ID:???
>よみ様が智にキスしておられますた

そういう風に見えるとかいうならまだしも
何でそう言い切れるんだ?電波か?

俺ってネタにマジレス(・∀・)カコイイ!

883 :メロン名無しさん:02/10/04 18:05 ID:???
どっちかっつーと(・∀・)カコワルイ

884 :メロン名無しさん:02/10/04 18:09 ID:???
あ、俺がやろうと思ったのに・・・

885 :メロン名無しさん:02/10/04 21:36 ID:???
あれは今晩どう? て合図だよ!

886 :メロン名無しさん:02/10/04 21:49 ID:???
ひとりで暮らす冬は早涙
思い出せば虚しく消えた日々
あなたを愛した秋はもう去って
感じるものは悲しい白い冬




887 :メロン名無しさん:02/10/04 21:51 ID:???
「とも、こい!」
あの帝国軍人みたいなよみのしゃべりにハァハァすますた。

888 :メロン名無しさん:02/10/04 22:09 ID:???
今DVD見てる・・・初夢スペシャルってかおりんも追加されてたのか・・・

それにしてもよみの不良姿の似合うこと似合うことw

889 :メロン名無しさん:02/10/04 22:21 ID:???
他の3人はあきらかに仮装っぽいけど、よみは雰囲気から違うな。
かおりんからみて3人は格下ということ?

890 :メロン名無しさん:02/10/04 22:26 ID:???
よみは姐さんって感じだな。


891 :メロン名無しさん:02/10/04 22:28 ID:???
どうだろう、智と大坂は眼中にないっぽいな

その後不良ちよすけが「姉ちゃん〜ちょっと付き合えや〜!」っていうシーンと
不良グループを退治する榊さんのシーン、ちよすけに記念祭の気ぐるみを着せて
何やら頷いてるシーンで笑ってしまった


892 :メロン名無しさん:02/10/04 22:33 ID:???
>>890
学ランと木刀が似合いそう
誰か描いてくんないかな・・・不良よみw


893 :メロン名無しさん:02/10/04 22:52 ID:???
あ! とも学ラン!
そ! 私と神楽とー よみは学ランなのだ
( ´_ゝ`)フーン


894 :メロン名無しさん:02/10/04 23:11 ID:???
「とも、来い!」
「よみ!」

そして二人は駆け落ちしたのでした。

895 :メロン名無しさん:02/10/04 23:14 ID:???
>>894

(´し_、` )プッ

896 :メロン名無しさん:02/10/04 23:20 ID:???
>>894
それより僕と駆け落ちませんか

897 :メロン名無しさん:02/10/04 23:22 ID:???
男がらみの3角関係泥沼恋愛ネタSSって今まであったっけ?

898 :メロン名無しさん:02/10/04 23:22 ID:???
>>894
めでたしめでたし・・・なのか?

899 :メロン名無しさん:02/10/04 23:24 ID:???
百合はひどいインターネットですね

900 :語り部:02/10/04 23:26 ID:???
さて、終焉が見えて来たわけだが

901 :メロン名無しさん:02/10/04 23:28 ID:???
>>897
無いねー。

902 :メロン名無しさん:02/10/04 23:29 ID:???
前々回は>>407-409 前回は>>843-845
あずまんがcollege2−13
7月17日午後0時30分
近江舞子

「よみちゃ〜ん」
少し間延びした声が鼓膜を揺らす。
心地よい眠りの世界から追い出された暦が瞳を開くと、ピンクのワンピースの
水着姿が映った。輪郭がにじみ出し、ぼやけて見えている。
2、3回瞬きをした後、ゆっくりと半身を起こしながら、傍らに置かれた眼鏡を
かける。
明快になった視界には、彼女の目線にあわせてしゃがんでいる少女の姿が
はっきりと映った。湖水に濡れた黒髪から生み出された水滴が、夏の陽光を
乱反射させながら、次々と地面に落ちている。
「あ〜大阪か」
まだ少し眠気が残っているようだ。
「はい、ジュースやねん」
少し危なっかしそうな手つきで山吹色の液体が入った紙コップを手渡す。
「ああ、ありがと」
渡されたオレンジジュースを一気に半分ほど飲み干すと、頭が幾分かは
鮮明になってくる。それとともに、元気すぎる少女の姿が見えないことが
気にかかってきた。


903 :メロン名無しさん:02/10/04 23:30 ID:???
「ともはどうした?」
何気ないそぶりで尋ねる。
「ナンパされたねん」
「へっ?」
大阪が平然とした口調で言ったため、一瞬何のことか分からず、きょとんとする。
しかし、一瞬後には鋭敏といわれる頭脳が回転し、紡ぎだされた言葉の重大性を
明確に認識する。そして素早く立ち上がり、周囲を懸命に見渡すが、智らしい
水色の水着姿はどこにも見えない。
「うそや」
「なっ」
絶句した暦は無言のまま大阪に近づくと、黒い髪の上に強烈な手刀を叩き込んだ。

「いたいいたい」
両手で頭を抑えながら大阪は屈み込む。
「朝にもおばちゃんにはたかれたんやから、堪忍してや〜」
「自業自得だ!」
寝ぼけて包丁を持って起こしにきた大阪に、危うく現世から抹消されそうに
なった今朝の恐怖体験を思い出して、容赦のない言葉を浴びせる。
「ほんとはな、シャワーを浴びにいったんや」
大阪はいつのまにか、のんびりとした表情と口調に戻っている。
痛いという感覚は既に忘れてしまっているようだ。
「そっそか」
暦は安堵のため息をついて彼女の顔を見つめなおした。数秒の沈黙が流れた後、
大阪はゆっくりと口を開いた。

「よみちゃんってともちゃんのこと好きなのん?」


904 :メロン名無しさん:02/10/04 23:34 ID:???
よみは浣腸と催眠術によって排便させられようとしてい
た。よみは幼少の頃
から中山春蘭の厳しい指導とイジメにあってきた。それも自分
自身の修行と思い
これに耐えてきた。しかし京大に入学し21才になって女性のプ
ライドも人間と
してのプライドもそれなりにあった。その師匠の前で大勢の人の
前で排便するなど
とは悪い夢を見ているかのようであった。
ただの浣腸ならもっと我慢することが出来ただろうが大便をしな
さいと催眠術で
命令されているのでよみの体は排便する態勢に向かってい
た。
黒いハイヒールを履いただけの素っ裸の格好で大きく足を開き
腰を落とし下半身に
力を入れて踏ん張りはじめた。
「お願い!やめて!わたしにだってプライドがあります。裸にさ
れただけでも
恥ずかしいのに、その上こんなことされたら生きていけませ
ん。」
よみは必死で訴えたがよみの体はもう完全に排便をする態勢
になっていた。
「せめてしゃがませてぇ?!」よみの最後の願いも無視された。
「だめっ!見ないでっ! あっあーーーーーっ」

905 :メロン名無しさん:02/10/04 23:34 ID:???
よみの絶叫と同時によみの肛門が開き茶色い大便が出始め
た。
ゆっくりとゆっくりと搾り出すように茶色いものが出てきた。
物静かな知性的な美人とは不釣合いなぶっとい大便が出てき
た。
しかも信じられないほどのたくさんの量であった。
(まだ出るのか、いったいどれだけ出るんだ?)みんながそう思
った時、
ブリブリーと音がしてミス京大・よみの脱糞が終わった。
場内は一瞬、静寂に包まれた。誰も声が出なかった。
静寂を破ったのは少女の「くっさ?????????
い!!!!」の声だった。

906 :メロン名無しさん:02/10/04 23:35 ID:???
オレは革のパンツに革のコルセット、随所に打たれた鋲、革のポリスキャップに
乗馬ムチが似合うと思うが。
誰か描いてくんないかな・・・女王よみ。



907 :とも:02/10/04 23:43 ID:???
やっぱ〜次のスレは別々にしてよ。

908 :とも:02/10/04 23:45 ID:???

よみのファンて変態多いんだもん!

909 :メロン名無しさん:02/10/04 23:51 ID:???
おお、あずまんがあずまんがcollegeキタ――――!!


910 :メロン名無しさん:02/10/04 23:56 ID:???
>>906
んなもんはエロパロ板で頼め(ワラ

911 :メロン名無しさん:02/10/05 00:13 ID:???
>>514からのシリーズを書いてる者なんだが、
ネタをまとめるのに思った以上に時間を食ってしまって、
次の更新が少し遅れそうです。

それと、完結までこのスレもちそうにないんだけど、
どうすりゃいい?

912 :メロン名無しさん:02/10/05 00:21 ID:???
>>911
とりあえず、950きるまではこのスレで連載するってのはどうでしょう?
その頃には新スレのことについても大方話がまとまってるでしょうし・・・

913 :メロン名無しさん:02/10/05 00:22 ID:???
>>911

>>902の話を書いている奴だが、911氏と同じくこのスレでは終わりそうも
ないです。

…次スレ?

914 :メロン名無しさん:02/10/05 00:22 ID:???
>>902-903
読んだ後に>>904の一行目が排便とか出てきて
笑ってしまった。

915 :メロン名無しさん:02/10/05 00:25 ID:???
>>914

>904からは別人です…


って念を押す必要はないか(w

916 :メロン名無しさん:02/10/05 00:36 ID:???
>912
ブラボー!

917 :メロン名無しさん:02/10/05 00:38 ID:???
分割すんのかい

918 :メロン名無しさん:02/10/05 00:39 ID:???
>>915
知っています。

知っているからこそ笑い転げてしまった。

でも最初は気付かなかったんだけどね。

「よみちゃんってともちゃんのこと好きなのん?」
好きなの後、さあ読もうかと思ったら

よみは浣腸と催眠術によって排便させられようとしてい た

(゚Д゚)?

爆笑してしまった。

919 :メロン名無しさん:02/10/05 00:40 ID:???
今のままでいいんでない?
今後レスの進みはゆっくりになっていくと思うし

920 :メロン名無しさん:02/10/05 00:45 ID:???
確かにともスレには変態はいなかったなw


921 :メロン名無しさん:02/10/05 00:56 ID:???
コピペ嵐はよみ好き

922 :メロン名無しさん:02/10/05 01:01 ID:???
後ろに萌え萌えになって目をハートにしたファンと引き連れて自慢げに歩く智
と、
自ら縛られてたり、ローソク持ってヤケに興奮してる変態共につけ回されて
困った顔して歩く暦。


923 :メロン名無しさん:02/10/05 01:02 ID:???
ファンと→ファンを


924 :元ネタ分かったら神:02/10/05 01:11 ID:???
よみ「じゃあおめえのペットについて質問だちよ」
ちよ「くッ!!」
よみ「忠吉さんはトナカイの事知らないなんて本気で思うか?」
ちよ「忠吉さんはそんなこと考えはしない」
よみ「長距離でいきなりスタートダッシュして自滅することなんてあるかい?」
ちよ「忠吉さんはそんな愚かなことはしない」
よみ「「忠吉さんはうれしそうにウコン茶連発するかい?」
ちよ「忠吉さんはそこまで下品じゃない」
よみ「ふーん・・・だったら・・・智のほうが馬鹿かもな」



925 :メロン名無しさん:02/10/05 01:21 ID:???
ぼのぼの

926 :メロン名無しさん:02/10/05 01:48 ID:???
シマリス

927 :メロン名無しさん:02/10/05 01:56 ID:???
>>924
えーと、「智はよみのペットかよ!」
…すみません、一応。

>>922
よみが好き=変態=とも
の図式が浮かんでしまいました。どうしよう。

928 :487:02/10/05 02:21 ID:???
またSS書きたくなったよ・・。

929 :メロン名無しさん:02/10/05 02:24 ID:???
>>487
激しく期待しています

930 :メロン名無しさん:02/10/05 02:26 ID:???
いま電波受信し損ねた。

931 :メロン名無しさん:02/10/05 02:28 ID:???
    ∧ ∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ̄ ̄( ゚Д゚) ̄ ̄|   < 火曜あずまんが劇場の続きが気になって寝られない!
|\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\   \
|  \           \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|
  \ |_______|

932 :メロン名無しさん:02/10/05 04:24 ID:???
ともとよみが同じ布団で寝てるSSが読みたいなぁ。
ほのぼの系で。

933 :メロン名無しさん:02/10/05 06:07 ID:???
>>932 ほのぼのでないかもしれないけど、どうぞ

あずまんがcollege番外編(高校時代の布団SS)

宿題の最後の問題を解きおわった少女は、勉強机の上にある、風船を持った少女が
描かれている置時計をちらりと見た。既に午後11時を回っている。軽くあくびを
して、彼女は常用の眼鏡を外した。
急に眠気を覚えて、部屋の電気を消すために立ち上がろうとした時、机の隣にある
窓から、叩きつけるような音が数度響いた。
思わず視線を窓に向けると、毎日見慣れている顔が窓越しに映っている。
慌てて駆け寄り、窓を開けてやると、靴を片手にもった少女がはいあがってくる。
「どうしたんだ、こんな夜中に…」
智と呼ばれるショートヘアの少女は、最初は怒ったような表情をみせていたが、
すぐに自嘲するかのような笑みを浮かべた。
「いや〜親とケンカしちゃってね〜」
意外なほどあっけらかんとした口調で話す。
「おい、だいじょうぶか?」
「ま…そういうことで、悪いけど泊めさしてくれ」
言い終わると智は、部屋の中央に敷いてある布団に潜り込んだ。


934 :メロン名無しさん:02/10/05 06:09 ID:???
「いや〜やっぱり布団はいいねえ〜羽毛かな」
智の家ではベッドを使用しており、彼女は布団特有の柔らかい感触が珍しいようだ。
「そんなに布団がいいか?」
ちょっとあきれた暦は呟き、細い紐を引いて電気を消した。そして智に占領されて
いる布団に潜り込む。
「なんでいきなり消すんだよ〜」
いきなり周囲が真っ暗になった智は頬を膨らませる。
「なんでって?、今から寝るんだよ」
少し冷淡な口調で突き離した暦は、大きな枕を智から奪い取って横になった。

「じゃあ私も一緒に寝る〜」
「ばっばか」暦は顔を真っ赤にしている。
「なんで、そんなに興奮する? …もしかして」
智は人の悪い笑顔を浮かべる。
「よみさんはえっちですな〜」
「う…うるさい!」
勘違いを容赦なく指摘された暦は、智の視線から逃げるように背中を向けた。
それっきり一言も喋らない。時計の針の音だけが、無機質に時を刻んでいる。


935 :メロン名無しさん:02/10/05 06:10 ID:???
どれくらい、時間がすぎたのだろうか…。
「ごめん…」
後悔した智は小さな声で謝る。
その声に、愛おしさを覚えた暦は体の向きを変えて、智の瞳を正面からみつめる。
「仕方がないな」
暦はくすっと笑い、いつも悪戯を考えていそうな、くりくりとした瞳をのぞきこむ。
(こいつ、こんな表情している時はかわいいんだけどな)

「よみ…」
智は甘えた声を出す。
「なんだ?」暦は優しく問い返す。
「私たち卒業しても、ずっと一緒だよね…」
少し寂しそうな表情を見せて、確認を求める。
「ああ…一緒だよ、ずっと」
暦は軽くうなずいた。例え二人の進路が異なったとしても、いつも心の奥では
つながっている。会いたい時には心の中であえるのだ。
すごく楽しい気分になった暦は、智の顔をもう一度覗き込むと、いつの間にか
可愛らしい寝顔をみせて眠りの世界に陥っている。
静かな寝息をたてている少女にゆっくりと近づいた暦は、彼女の柔らかい頬に唇を
のせた。
今夜はきっといい夢を見ることができるに違いない。
「おやすみ」
暦は一言だけ呟いて、瞼を閉じた。


936 :932:02/10/05 06:31 ID:???
>>933
萌え死にマスタ。

937 :10月某日・1:02/10/05 06:43 ID:???
な!大御所に先手を取られた?・・・せっかくだから許してー。

「なあ、とも・・・」

ここは私の部屋。ベッドの上にともがいる。
家が近所なのをいい事に、ちょくちょく私の部屋にやってくる。
ふと窓の外を見ると、空に月がくっきりと浮かび上がっていた。

「そろそろ帰ったらどうだ?明日も学校だろう?」
「え〜、もうちょっといいじゃん」
「そう言っていつも私のベッドで寝るのはどこのどいつだよ!」
「まあまあ、そう怒りなさんな」
「ったく・・・あと30分だけだからな」

そういって私はまた机に向かった。まだ宿題が残っている。
とものやつは・・・やっぱりやってないんだろうな。
ラジオから流れてくる音楽を聴きながら、黙々と宿題をこなす。
二人とも何も喋らない。ただ音楽だけが流れている。

「・・・よし、終わった!」
そう言ってうんと背を反らす。時計を見るともう12時を回っていた。
「おい、もう帰れよ」
返事が無い。
ラジオの電源を切りつつベッドのほうに目をやると、ちゃっかり布団をかぶって寝ているともの姿があった。
「あ・・・。こいつ、また寝やがった」
また椅子に座って寝るのか・・・そんなことを考えながらともの寝顔を見る。
私もそろそろ眠らなくちゃ、夜更かしは肌に悪いからな・・・。

938 :10月某日・2:02/10/05 06:44 ID:???
「・・・ほら〜よみ、泣かない泣かない・・・」

!・・・なんだ寝言か、しかしなんて夢を見てるんだ。
突然、ともが両腕を上にあげた。全く、相変わらずの寝相の悪さだ。
はだけた布団をかけ直そうとしてベッドに近づくと、突然その両腕が私を抱え込んだ。
「う・・・わっ!」
バランスを崩してベッドに倒れこむ。

「よみぃ〜 へへへ・・・」
うっ、なんだこいつは。寝言とは言え不気味だ。
腕をほどこうとしたが、寝ているくせに強いともの腕力はそれを許さない。
どうすればいいんだ・・・。

「・・・仕方が無い」
そう自分に言い聞かせるように呟いて、私も布団にもぐり込んだ。
眼鏡を外し、部屋の電気を消す。
・・・同じ布団で寝るなんて、小学校の時以来だろうか。
聞こえるのはともの寝息と、電線の鳴らす笛のような音。
カーテンを閉めた窓からは、わずかに外の街路灯の光がもれている。

ともの寝顔を見ながら、私ももう寝ようと、目をつぶったのだった。

939 :10月某日・3:02/10/05 06:44 ID:???
「ん・・・」
カーテンの隙間からこぼれる朝日に、私は目を覚ました。
ふと傍らのともを見ると・・・って、いない。
どうやら私よりも早く起きて、家に帰ったようだ。
「一言言ってけよな」
自分も寝ていたくせに、そんな言葉を呟いてみる。
ベッドから起きて、カーテンを開ける。今日もいい天気のようだ。
眼鏡をかけて机をみると、何か紙切れが置いてある。

「おっはようよみ お先に失礼 とも」
どうやらともが書いたらしい。あいつにしては几帳面だ。
ん?裏にも何か書いてある。

「P.S. よみの寝顔かわいいですなあー」

・・・学校に行ったら、とっちめてやる!

940 :932:02/10/05 06:57 ID:???
>>937
また萌え死にマスタ。

941 :メロン名無しさん:02/10/05 08:57 ID:???
貴様の感想なんザ誰も聞きたくねーよ
勝手に萌え氏ねよ

942 :メロン名無しさん:02/10/05 11:36 ID:???
21.接触

「あのさ・・・みんな」
みんなの視線がぐさぐさ突き刺さるのが分かった。
「えっと、あの・・・」
散々ノドをしぼって出た言葉が・・・
「みんな、これからどうする? なんかお腹空かない?」
あはは、と笑いながらそんなようなこと言ってた。
「よみちゃん、相変わらず食いしんぼさんやなー」
「おい、相変わらずってどういうことだ」
「・・・そういえば、もうお昼だな」
榊が病室の時計を見ながら言った。
「じゃあ、みんなでどこか食べに行きましょうか」
「よし! 行こー!」
「ゆかり、あんたは寝てるの」
ゆかりちゃんとみなも先生が、またなにか言い争ってる。病院食だけじゃ死んじゃうわよー、だとか、病院食は健康にいいのよー、とかそんな内容だった気がするが、私は半分も訊いてなかった。
自分の情けなさに、世界が遠ざかっていくようだった。
結局、私は適当なことで自分を納得させて、このわけの分からない恐怖感をみんなと共有したかっただけのだ。単なるなすりつけだ。
それ以上に、みんなに信じてもらえないことが怖かった。結局、大騒ぎしているのは自分だけではないのか。
暴れるゆかりちゃんを置いて、神楽の知ってる安くてうまい和食店に行った記憶も、半分くらいしかなかった。

駅の3番線ホームのベンチに座りながら、私の気持ちは沈む一方だった。
手紙もメモリースティックも、忘れてしまうのも、一つの選択肢だと思った。しかし、なにかが私の中で、その選択肢を選ぶことにブレーキがかけている。
もう、3本くらい電車を見送ってると思う。
突然、
「暦さんですね」
後ろのベンチに、背中合わせに座った誰かが声をかけてきた。知らない声だった。
「瀬野です」
意識が一気に急浮上した。振り向こうとした私は、彼の声がさえぎった。
「よく訊いて下さい・・・」
私は息を飲んだ。
「今すぐ、日本から逃げてください」

943 :メロン名無しさん:02/10/05 11:52 ID:???
で、でたー!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

944 :メロン名無しさん:02/10/05 12:09 ID:???
いいなぁ。
いままでに(・∀・)ナイ! パターンだ。
これなら実写ドラマでも十分に(ry


945 :メロン名無しさん:02/10/05 12:10 ID:???
>>942
なんてゆーか…
すっげー面白かった!!




946 :メロン名無しさん:02/10/05 12:19 ID:???
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!

947 :メロン名無しさん:02/10/05 14:07 ID:???
>>941
貴様の愚痴なんざ誰も聞きたくなねーよ
勝手に燃え氏ねよ。

948 :メロン名無しさん:02/10/05 14:22 ID:???
次スレは再分割きぼんぬ

949 :メロン名無しさん:02/10/05 14:33 ID:???
アニメが終わったのに分割しても大丈夫か??
統合したほうが廃れにくいと思うがどうよ?


950 :メロン名無しさん:02/10/05 14:42 ID:???
>>949
賛同
分割しても消費できないし…
途中でdat落ちするはめになってはみっともない。

951 :メロン名無しさん:02/10/05 14:58 ID:???
つーか過去ログ見てると、SS反対派も結構いるっぽい。
いっそ次スレは『あずまんが大王SS総合スレ』とかにすれば?
他キャラスレにも声かけて、SSばっか集めるとか。

952 :メロン名無しさん:02/10/05 15:05 ID:???
それは断じて嫌だ。
神楽スレや榊スレの糞コテハンがいないから
マターリできているんだと思う

953 :メロン名無しさん:02/10/05 15:08 ID:???
>>951
「あずまんがcollege」を書いている奴だけど
SS反対派がスレ住人の総意であるならば、
書き手の側としては去るしかない。
もう少し意見が上がってくるのを見守っているが…

954 :メロン名無しさん:02/10/05 15:27 ID:???
というか、SS反対してる奴って同一人物じゃないの?

955 :メロン名無しさん:02/10/05 15:32 ID:???
>>954
そういう考え方は危険だ。
禿同だけど

956 :メロン名無しさん:02/10/05 15:45 ID:???
どっちにしても、次スレ立てるなら
板杉なタイトルをなんとかしてほすぃ…。


957 :メロン名無しさん:02/10/05 15:49 ID:???
まだ続いてるSSが幾つかあるわけだし、このまま次スレ案に一票。
今回は荒らしのせいで消費が激しかったからなあ・・・。

>>953さん
楽しみにしてる人の方が多いと思う。俺も含めて。是非続けて書いて欲しいです。

958 :メロン名無しさん:02/10/05 15:52 ID:???
>>956
ほのかに同意。
二人を必要以上にくっつけようとしてる感があって
逆に不自然だ。


959 :メロン名無しさん:02/10/05 15:57 ID:???
漏れはよみ×智のSSを楽しみにしています。

なので、次スレも統合で賛成です。
もちろんSSも賛成です。

960 :メロン名無しさん:02/10/05 15:58 ID:???
じゃあ次スレは

【あずまんが大王】とも・よみ総合スレ2

ぐらいでどう?

961 :メロン名無しさん:02/10/05 15:58 ID:???
仲良くはなれて暮らせばいいさ。
ということで分割キボン。
というよりも智タソ単独スレを作りたいです。

962 :メロン名無しさん:02/10/05 15:59 ID:???
>>960
無難な線でよいと思う。


963 :メロン名無しさん:02/10/05 16:05 ID:???
統合案出てからスレ建つまですぐだったから、
不満があった人も居たかもしれないね。

964 :メロン名無しさん:02/10/05 16:13 ID:???
>>961
俺もあのころマターリ感を取戻したい。
なんでこんなに荒されるようになったんだろう。


965 :メロン名無しさん:02/10/05 16:21 ID:???
よみさまのフェロモンが変態を惹きつけているからです

966 :メロン名無しさん:02/10/05 16:26 ID:???

             ,. -──- 、
          ,,/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,/'/,、::::::::::;::::::::::::::r、〈ヽ.
          i/ /'゙/:::::::::;ハ::::ト:::::ヽ,ヾ ヾ;、
          ! ´,':;:::/|:ム 、';::|ヽ::;:::',  ゙ i
          |   !'レ'‐l'    `リーi| i::|   ,'
     ,r‐rヘ,   l ──  ──-|:|   〉、_    あかん
   , ‐'" ,ヘヽ >'゙|         |:ヽ、/ ,/ ヽ
 /   ゙  Yi゙:::::l         l::::::〈,_/i ヽ  \  このスレには構造的欠陥があるで
'"       , ‐'!::::::i:':.、  i二コ  ,/!:::::::::l      \
     /''ヾ''|::::::l""''`i‐--‐''゙/`''|::::::::;、i`ヽ,     ヽ
   イ    `!i;::::i.   |‐ -/  i:::::;i:|/´`"ヽ     ゙,
   '"     ||!ヽ:l、_,. |~゙`/   i::::/'リ    ゙;ヽ     !
``''ー-、.,_ ー-、!  ` <_ i, /  ,.i''|/ /        _,.ノ
      ```'''|    `''*‐''"   /  ,.

967 :メロン名無しさん:02/10/05 16:28 ID:???
このスレも前半は荒れていたが
後半はそんなこと無いんじゃないか?

俺は今の状態は割といいと思うんだがなぁ

968 :語り部:02/10/05 16:32 ID:???
総合スレッドで建てなさい。
その方が手間が省けるというものです。

さあ、マターリ埋めていきますYO!。

969 :メロン名無しさん:02/10/05 16:37 ID:???
>>967
長文荒らしは相変わらず元気ですよ…
>>968
神楽スレとかに逝け


970 :メロン名無しさん:02/10/05 16:37 ID:???
語り部って
なにを語るの?

971 :メロン名無しさん:02/10/05 16:39 ID:???
>>970
ただのアゲ荒らし。
コピペ荒らしと同一人物だとおもう。

972 :メロン名無しさん:02/10/05 16:45 ID:???
智タソ単独スレ立てていいかしら…、
統合スレとは別に。

973 :953:02/10/05 16:55 ID:???
>>972
智スレ3をたてたのは自分ですが、進行がゆっくりで苦労した
経験があるので、あまりお勧めできないです。

…がスレ立てをとめる権利は当然ないので、
この意見は、ご参考程度にしてください。

974 :メロン名無しさん:02/10/05 16:56 ID:???
キャラ毎に単独スレを立てて、
それとは異なるSS専用スレを立てる。

乱立?知らねーよ!

975 :メロン名無しさん:02/10/05 16:56 ID:???
ある程度、読み飛ばせる人なら今でも十分マターリしている。
スレタイは>>960に賛成

あずまんが大王のアニメも終わったことだし、
人の少ないキャラスレは淘汰されるんじゃないか?
すでにちよ、大阪は半分終わってる。榊、神楽スレはコテハンがウザイ。
たのむからココだけは潰さないでくれ。

976 :メロン名無しさん:02/10/05 16:58 ID:???
SSうざいって人がいたけど、
そのひとたちはマターリ雑談したいんだろうね。

977 :メロン名無しさん:02/10/05 17:00 ID:???
>>973
じゃあ、一日一レスくらいの寂れマターリスレを目指します。

978 :メロン名無しさん:02/10/05 17:02 ID:???
智スレたてたいお方は
厨房板でもなんでもあり板でも最悪板あたりでやってくだちい


979 :メロン名無しさん:02/10/05 17:05 ID:???
>978
日本語がおかしくなったスマソ
いいたいことはこれだけです
他所でやれ

980 :メロン名無しさん:02/10/05 17:19 ID:???
あずスレ乱立の現状。
もともと別だったとは言え一度統合したものを再分割することは
他のスレ住人からの反感を買う恐れがある。
もはやこのスレの残りも僅か。議論が決着することは無さそうだ。

と言うわけで980ゲッターの俺が総合スレ立てようと思います。
よろしいでしょうか?みなさん↓

981 :953:02/10/05 17:24 ID:???
>>980
賛成します。


982 :メロン名無しさん:02/10/05 17:27 ID:Qkfsfpkx
賛成

983 :メロン名無しさん:02/10/05 17:28 ID:F/t54KV2
賛成です

984 :メロン名無しさん:02/10/05 17:30 ID:???
決まったところで1000取り合戦。

985 :メロン名無しさん:02/10/05 17:30 ID:???
985

986 :980:02/10/05 17:31 ID:???
じゃあ今から立てます。

987 :メロン名無しさん:02/10/05 17:34 ID:???
1000

988 :メロン名無しさん:02/10/05 17:35 ID:???
988

989 :メロン名無しさん:02/10/05 17:36 ID:???
1000gex!

990 :メロン名無しさん:02/10/05 17:36 ID:???
果たして誘導は間に合うのか?
990

991 :メロン名無しさん:02/10/05 17:37 ID:???
992?


992 :メロン名無しさん:02/10/05 17:37 ID:???
次スレ
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1033806947/l50
992

993 :あお ◆rQbe0wuW2. :02/10/05 17:38 ID:???
1000げっと

994 :メロン名無しさん:02/10/05 17:38 ID:???
993

995 :980:02/10/05 17:38 ID:???
立てました。

http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1033806947/l50

996 :メロン名無しさん:02/10/05 17:38 ID:???
>>992
お疲れ様でした。

997 :メロン名無しさん:02/10/05 17:38 ID:???
1000

998 :メロン名無しさん:02/10/05 17:38 ID:???
2get

999 :メロン名無しさん:02/10/05 17:38 ID:???
1000!

1000 :語り部:02/10/05 17:38 ID:???
パレードは続く・・


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

351 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)