5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ディアッカと俺の関係

1 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:48 ID:???
今日、バイトを終えて家に帰ったら、何故か台所にディアッカがいた。
ディアッカは、チャーハンを炒めながら俺に
「やあ、おかえり」と微笑みかけた。
俺は、なぜ俺の家の台所にディアッカがいるのかわからずに当惑したが
「た、ただいま」
とぎこちなく微笑みかえした。
その後、ディアッカが作ったチャーハンを食べた。
うまかった。

2 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:50 ID:???
ちんかす

3 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:51 ID:???
俺はラーメン食べたい

4 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:51 ID:???
はい、おめでとうございます

5 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:55 ID:???
>>1は責任持って>>1000までスレを伸ばせよ








まぁ無理だろうが(w

6 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 07:57 ID:???
元ネタはこれか?

関羽と俺の関係。Part2
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1014231975/

7 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 08:04 ID:???
ディアッカのアイコラはまだですかー?

8 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 09:03 ID:???
>>6
確かもっと前にこの板にシャアと俺の関係ってスレがあったぞ
さらにその元があるのかも分からんがな

9 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 12:36 ID:???
今日は昼起きた。
ディアッカは昨日の味噌汁に餅を入れた雑煮、俺は黄粉とノリ醤油の餅を食った。
ふと思い立ち黄粉と牛乳できなこドリンクを作った。
ディアッカは粉っぽいと言って一口しか飲まなかった。
ちょうどその時イザークが遊びに来たので一口飲ませたら、
「クソ不味い!」と言って残りを流しに流してしまった。
あ、もったいない…。

そのあと2人はどこかに出かけたので俺はもう一度寝る。

10 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 16:12 ID:???
>>9
もったいない…に藁た。しかし何故にディアッカ?

11 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 20:49 ID:???
暇なので電車の中で舟をこいでいたら、
隣に誰かが座ってきた気配がした。ディアッカだった。
しかし俺は熟睡してしまったのでろくに挨拶もしなかった。
次に目が覚めたとき、俺は野村克也著『女房はドーベルマソ』を手に持っていた。
奴は既に電車から降りていた。

12 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 22:29 ID:???
今日吉野家で牛丼を食べていたら隣に誰か座った。
注文が味噌汁だけだったので気になって確認するとディアッカだった。
さっそうと飲み終わり帰ろうとするディアッカの横に
特盛りを食いながら「待ってください!!」というニコルが
俺の涙を誘った。

13 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 22:39 ID:???
 目覚めると、ディアッカが『あさげ』だけでメシをむさぼり食っていた。

「メシまで、うまくなる」
 ディアッカがつぶやく。

 ヴェサリウスから通信が入っていたが、俺はディアッカに代わって
それを切った。


 そんだけ。

14 :通常の名無しさんの3倍:03/01/05 23:23 ID:???
講義室でディアッカの隣の席に座った。
ディアッカをはさんでその隣にはイザークが座っていた。
講義が始まるとすぐにイザークは居眠りを始めたが、
ディアッカはせっせとノートをとっていた。
少しディアッカを見直したが、
奴がノートにかいていたのは吉岡美穂のへたれたエロイラストだった。


その日から、俺はディアッカをミポリンと呼んでいる。もちろん心の中で。

15 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 01:51 ID:???
藁。素朴さがいい。ガンガッて次スレにのばしてくれ

16 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 01:54 ID:???
ちょっとワラタ

17 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 01:58 ID:???
ディアッカがラジオを借りに俺の部屋へ来た。
自分がSEEDのラジオ番組に出演するときの為に予習として聴いておくそうだ。
20分ほど経って、ディアッカがラジオを返しに来た。
連合軍を制圧するときはまず韓国から根絶やしにすると息巻いていた。
韓国語が邪魔で聞こえなかったようだ。

そんなに怒らなくても、お前が出演できる可能性は
乳脂肪分より低いから心配する必要はないのにと思ったが、
敢えて言わないでおいた。

18 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 02:59 ID:???
寒い夜、こたつでくつろいでいたらピンポンが鳴った。
ドアを開けてみるとそこには土鍋を持ったディアッカがいた。
どうやら今晩は漏れと鍋をしたかったようだ。
もう晩飯を食べたと告げると大量の食材と鍋を持ったまま
ディアッカはとぼとぼと帰ってしまった。

先に連絡ぐらいよこせよと思いながらも
冷たい夜風に耐えながら帰る後姿を見ていられなかった。

19 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 09:35 ID:???
今日田舎に里帰りしたらディアッカがいた。
どうやら親戚の家にお年玉を貰いにきたらしい
ディアッカに声をかけると自慢気に「お前のお年玉何円だった?(w」
と聞いてきたので、これに対して俺は
「この歳になってお年玉なんてみっともなくて貰ってねえよ」

今でもあの時のディアッカの悲しそうな瞳を覚えてる



20 :ディアッパ ◆Z4nH.EB2uo :03/01/06 10:46 ID:???
ageとこうか

21 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 12:05 ID:???
喉の痛みで目が覚めた。
風邪薬の在り処を思い出しながら起き上がると、
ディアッカがイソジンの水溶液を差し出してきた。
家にはパブロンしかなかったはずだと少し戸惑ったが、
とりあえずありがたく使わせて頂いた。
礼がわりに土産物のアーモンドもみじ饅頭をお裾分けすると、
ディアッカは上機嫌で帰っていった。

…ところで、奴はどうして俺の家にいたんだろう?

22 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 14:45 ID:MJSgvJAw
このスレ最高だな・・・・かんがってほしい・・・。

23 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 15:00 ID:???
切ない…。つかここマジで最高。
ますますディアッカが愛しくなるよ…。





         いけね、視界が涙でゆがんできやがった…

24 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 15:03 ID:???
つーかどこが切れる残忍なのかと小一時間…

25 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 15:08 ID:???
過去ログ
http://ebi.2ch.net/shar/kako/987/987470660.html

26 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 16:21 ID:???
ディアッカにジュースを奢った。
奴はコーラが欲しいと言うので、自販機で缶コーラを買ったところ、
取り出し口から出てきた缶は温かかった。

温かいコーラの缶を手に奴は明らかに困惑していたが、
「俺のジュースと換えてやろうか?」の一言が俺にはどうしても言えなかった。


そんだけ


27 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 17:51 ID:TeeQC/AN
ディアッカってなんか体臭及び口臭がむっちゃ臭そう

28 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 17:57 ID:???
>>15
何気に酷いこといってるw

29 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 18:00 ID:???
正月をずっと家で過ごしていたのだが、
さすがに身体が鈍ったので夕方を待って散歩に出かけた。
雨は止んでいた。風が少し強かった。
川べりの道を歩くと、片隅に段ボールが打ち捨てられていた。
捨てられたのだろう。中にディアッカがいた。
長く続いた雨のせいで髪が濡れ、肌はベトベトだった。
可哀想だけど……ディアッカだしなぁ。
オレは通り過ぎようとした。見つめるディアッカ。
そんな目で見ても拾わないぞ。オマエはいちゃいけない生き物なんだよ。
それでも寂しそうに見つめるディアッカ。
オレは頑固に無視を決め込んで通り過ぎた。





家に戻って数時間後。道路が暗くなるのを待って家を出た。
ディアッカを抱きかかえて連れ帰ると「ゴメン。ゴメンよ」と涙した。

30 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 18:03 ID:???
前スレは結構良スレだったぞ。
ちょっと泣きかけた。

そんだけ。

31 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 18:21 ID:???
ディアッカ臭ッッッッ!!!

32 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 18:27 ID:???
今日は仕事初めだった。
遅刻をしないようにといつもより30分早く家を出た俺は、
ふと毎朝何げに車で通り過ぎる駄菓子屋の事を思い出した。

そこの駄菓子屋は子供好きな人間が経営しているのだろうか、
毎朝子供が登校する時間には開いていた。
もちろん俺が会社に行く時間も開いているのだった。
いつも気になっていたものの、時間がなくてそのままにしていたが
今日は時間がある。そうだ、今日こそ寄ってみよう。

車を店の近くに停め、店のドアをガラガラ、と開ける。
「おはよう、いらっしゃい」
そう優しく声をかけてきたのはディアッカだった。

33 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 18:46 ID:???
今朝雪かきをしていたら隣の家のディアッカが布団で簀巻きにされていた。
いったい何をしたら今時簀巻きにされるのだろう。
-3℃の中で悠然と寝ていた彼は周りから見てとても浮いている存在だった。
見ていて痛々しい気持ちになったので雪かきを止めて家に帰った。

                        そんだけ。

34 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 19:13 ID:???
オモロワラタ

35 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 19:33 ID:???
俺は驚いた。とても驚いた。今年初の驚きだ。

この店の店主は子供好きの老人だろう、と俺の脳内で
勝手に決め付けていたためであろう。
それにしてもディアッカに駄菓子。どうだろう、このミスマッチ。

俺が考え込んでいると、ディアッカは何を思ったか
レジの後ろに置いてあったうまい棒を1本、俺の手に握らせた。

彼の手はとても暖かかった。

俺がポカーンとしている間にそのままディアッカは店の奥に立ち去ってしまったので
俺は礼を言う事さえ出来ずにその駄菓子屋を後にした。

そんだけ。

36 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 19:42 ID:???
ディアッカが、とある店までついてきて欲しいと言った。
不思議に思いながらも俺はディアッカの後をついて行くことにした。

着いたのは靴屋だった。
ディアッカはそわそわしながら店員を探しこう言った。
「・・・・こないだここで買った、この靴のサイズが少しきつかったんだけど」
俺はよくわからなかったので、店員とディアッカのやりとりを少し眺めることにした。
「・・・すみません、お客様。それを購入されたのは1週間前ですので
返品はもう出来ないんですよ。」
店員のその言葉を聞いたディアッカがガックリうなだれた。

ぶたさん貯金箱に少しずつ貯めたお金で買った靴だったらしい。
ちゃんと試着しないからだ、と涙するディアッカを俺は慰めながら店を後にした。

そんだけ。

37 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 20:36 ID:???
月曜日はなぜか疲れるものだ。
まして正月休みでゴロゴロしていた身には辛い。

しかし長い一日を終えて家へと帰る、この充足感は無職では味わうことの出来ないものだ。
そのうえ家では愛する家族が俺のことを待っているのだ・・・
「あら、お帰りなさい。今日は疲れたでしょう?」
玄関に妻がエプロン姿で出てくる。労わりの言葉とやさしい笑顔に、俺も微笑み返す。
「夕飯の用意できてるわよ。それともご飯の前にお風呂に入る?」
体が冷えていたのでそうさせてもらうことにした。

風呂から出て食卓を見ると、食事は1人分ではない。
「今日は帰るの早いだろうと思って、待ってたんだ。」ディアッカがちょっと照れくさそうに答えた。
今日のメニューは餃子と中華スープ。
餃子が少し不恰好だったが、それはディアッカが作ったそうだ。
すごいじゃないかと褒めたら、小さい子供のように喜んでいた。

みんなで食べる夕食はおいしかった。

38 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 21:07 ID:???
突然神社にお参りしに行きたいとディアッカが言い始めた。
あんまりしつこかったので、仕方なく近所の神社に連れて行った。
俺はとりあえず五円投げて、ご縁がありますよーに。と願っておいた。
ディアッカは千円札を入れて熱心にお願いしてたから、後で何お願いしてたのか聞いた。
「お前が合格するようにさ。」って笑顔で言うから、本当のこと言えなかった。

俺受験生じゃないよ、って。


来年はディアッカの頭がよくなりますように、ってお願いしようと思った。

39 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 21:51 ID:???
>>88
生身だったらフラガとやりあって欲しいな。負けそうだけど。

40 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 21:52 ID:???
ごめん誤爆

41 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 23:00 ID:???
今日お寿司食べに行ったら隣にディアッカが座ってた。
コーディネーターも寿司食うんだな、と思いながら横から眺めてると
何故か大漁のガリをむさぼり食っていた、唖然とした俺をしり目にディアッカ
はレジへ向かい店主がピクピクするのを尻目に1円も払わず店を出ていった

42 :通常の名無しさんの3倍:03/01/06 23:36 ID:???
ディアッカが地元の中学生に絡まれていた。
どうやらカツアゲをされていたらしい。
俺が近寄ると中学生どもはそそくさと退散して行った。
どうやらすでに金を取られた後だったらしい。
泣きじゃくるディアッカにいくら取られたのかたずねると、
ディアッカは174円と答えた。
全財産を出したのにまだ金を隠していると思われて開放してもらえなかったそうだ。
俺はポケットに入っていたキスミントを一つやった。
それを受け取ったディアッカは涙を拭い、けなげに微笑んで見せた。
俺の頬に熱いものが逃れた。

43 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:06 ID:???
>42
ディアッカ弱っ!!!ワロタ

44 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:17 ID:???
今日は本屋に雑誌を買いに行った。
いつものようにいつもの場所へ行く。そしていつものように雑誌を手に取り、
いつものようにレジへ行くはずだった。だが、いつもとは少し違っていた。
そこにはディアッカがいた。
不良や子供みたいに座って雑誌を読んでいる。夢中で読んでいるので、俺が来た事にも気付いていない。
そこで俺は気が付いた。ディアッカは俺が買いたい雑誌の上に自分の雑誌を載せて読んでいる。
うわぁタチが悪いなぁ、でも注意したらディアッカに悪いかもしれないなぁ・・・
そう思いつつも、俺はディアッカに声をかけた。
わっ、と言ってディアッカがこちらを振り向いた。何故か顔を真っ赤にして、走って店から出て行った。
ディアッカには悪いことしちゃったかな、と思ったが、俺は追いかけなかった。

家へ帰る途中でディアッカに会った。ディアッカがごめんと言って、俺はいいよ、と返した。
それ以上は喋らなかったが、一緒に歩いて帰った。
そして俺は思った。ディアッカ、主婦の本を熱心に読んでたなぁ、と・・・

45 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:17 ID:???
このスレ良い。笑える。
そしてディアッカがますます微笑ましく思えてくるよ。

46 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:22 ID:???
これってみんなコピペして名前変えただけ?

47 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:26 ID:???
>>46
んなこたーない

48 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:27 ID:???
ラジオネタが出てるのにそれはないだろ>46

49 :42:03/01/07 00:29 ID:???
漏れのは今日起きた出来事だけど

訂正 

最終行 逃れた→流れた

50 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:31 ID:???
>>47
コピペでないならすごいわ。面白いからがんばれ。

>>42
実話か!

51 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:33 ID:???
このスレ切ないよ。・゚(∩Д`)・゚・。

52 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 00:53 ID:???
早朝ランニングに出かけた。
清々しい朝の河川敷はとても走っていて気持ちがいい。
足をとめタオルで汗を拭った後、何気に川の方を見てみると
ディアッカがいた。

何をしているんだろう、と気づかれない程度に
ディアッカを観察していると、ディアッカは
何かぶつぶつ言いながら石を川に投げているようだった。

きっと、なにかとても辛いことがあったに違いない。

俺はそう思って彼には話し掛けずにそうってしておく事にした。
また明日にはいつも通りの彼に出会える事を願って。


ただ、そんだけ。

53 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 01:05 ID:???
ディアッカが泣きのそうな顔で家にやってきた。
どうやらサクマのドロップの缶のふたが開かなっかたらしく、どうしようもなく
家に持ってきたというのだ。
しかたないから俺はテコの原理を応用した開け方を教えてやった。するとディアッカは
子供ようにはしゃいでいた。しかし中にはチョコレート味しか残っておらず、
どうやらチョコレート味は嫌いらしく今まで避けていたようだ。
結局ディアッカはアメを食べずに帰っていった。

そんだけ。


54 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 01:11 ID:???
中学に入ったの時の出来事だ。
俺とディアッカはたまたま席が前後になった。
ディアッカは遠くから引っ越してきたらしく、内輪で話す皆に参加できないでいた。
入学して3日目だっただろうか、ディアッカが突然振り向いて
「お、俺、サッカー部に入ろうと思うんだ!それで―」
既に野球部に入っていた俺は目をそらすことしか出来なかった。
ディアッカが今のような性格になってしまったのは
俺のせいかもしれないと、自分を責める日々が続いている。

55 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 01:46 ID:???
あれは私が都会での生活に疲れ果て、休暇を取って地方へ旅行に行った時の話だ。
そこで私は一人の少年に出会った。彼は私に
「お兄さんどこから来たの?へぇー。都会ってすッげーんだろ。俺もいつか行って、
なんかでっけー事してやんだ」そう話した彼の瞳は輝いていた。私はもう一度がんばって
みようと思った。今思うとあれがディアッカだったのかもしれないが、今はもう知る術はない。
彼は今ごろどうしているのだろうか

56 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 01:57 ID:???
ある日、近くのデパートに行った時のことだ。
ディアッカが玩具売り場の一角でどことなく寂しそうに佇んでいた。
そして、じっと一点を見つめているのだ。
俺が声を掛けると、ディアッカは何故か慌てるように去ってしまった。
ディアッカがいなくなった後、俺はさっきまであいつが見ていた先を見てみた。

・・・プラモデルコーナーだった。
バスターガンダムだけ山積みになっている。
デュエルガンダムですら売り切れているというのに・・・

俺はその場を後にした。

そんだけ。

57 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 01:58 ID:???
>>56
・゚・(ノД`)・゚・

58 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:08 ID:???
なんか機械音痴のディアッカがデジカメを買った。
どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。
何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく
「どうすればいいんだ?」って聞いてきたが
「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。
そしたら「・・・ごめんな」と一言。
そんなディアッカが先日大気圏突入した。
遺品?整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら
俺の寝顔が写ってた・・・欠伸が止まらなかった。

そんだけ。

59 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:10 ID:b0p+/Su4
 「萌え」ではない・・・。しかしこの愛着は一体・・・。

60 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:12 ID:???
是非、カズイにも愛を!

61 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:14 ID:???
>>56
ディアッカは悪くないよ!
バスターのデザインした奴が悪いんだよ!

62 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:21 ID:???
折れはバスター嫌いじゃないぞ

63 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:22 ID:b0p+/Su4
 予備校の自習室に勉強しに行くと、自習中の時間なのにディアッカ
がいた。自習中は退出禁止のはずなのに。「いやぁ、鼻血でちゃって
さぁ、慌てて出てきたんだよ、参った参った。」そう言うと
一緒に自販機で60円のカップコーヒーを買って飲んだ。
次の時間自習していたらディアッカがまた出ていった。今度は
鼻水だそうだ。監督のおっさんにこってりしぼられていた。
そんだけ。

64 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:26 ID:???
父が弟にガンダムのプラモデルを買ってきた。
今、発売されている300円のガンダムプラモデル。
弟が何なに、と急かしているので
父は待ちなさいとにこにこしながらプラモデルを袋から出した。

バスターガンダムだった。

弟の表情が一気に曇った。
そして「こんなの、僕いらない」そう一言言い捨てた。
どうやら弟が欲しかったのはストライクガンダムだったらしい。
一気に家族の食卓が暗くなった。

・・・・・そんだけ。

65 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:28 ID:???
先週の土曜日のクルーゼ隊新年会に誘われた。
興味があったのでついていくことにした。
新年会は、隊長の趣味でカラオケボックスにて行われた。

黙ってカラオケの目次本を読み耽っているアスラン、
はちみつトーストに心を奪われているニコル、
アスランの予約の後にすかさず同じ曲を入れる対抗心旺盛なイザーク、
何かを感じながら歌っている変態長…

ディアッカと俺は盛り上げたり注文したり仲裁したり正気に戻したりして、
結局お互い一曲も歌わずにお開きになった。

2次会もあるんだ…と奴は目で助けを求めてきた。
俺は「明日早いから…」と適当な理由をつけ、ディアッカを置いて家路へ着いた。


奴はあの後無事に帰れただろうか。



66 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 02:42 ID:???
今までディアッカ嫌いだったけど、このスレ読んでからなんか好きになれた気がする。

そんだけ。

67 :山崎渉:03/01/07 02:48 ID:???
(^^)

68 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 07:03 ID:???
もう普通の目でディアッカを見れない・・・
奴が強がっても笑ってしまう

69 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 09:57 ID:???
あれは今日のように寒い…雪が降る日のことだった。

電車を乗り換えるためホームに降りた俺は、制服姿のディアッカとイザークを発見した。
しかし2人とも様子がおかしい。
イザークは無表情にディアッカを睨み、「何か言ったらどうだ。」みたいな事を言っていた。
ディアッカは後姿だったので顔は見えなかったが、かすかに震えていた気がする。

取り込み中という感じの2人には声を掛けにくくてもじもじしていたのだが、
イザークの方が気付いて、まるで何事も無かったような顔で「よう、今帰り?今日は寒いな。」と言ってきた。
ああ、そうだな…と言う俺は何があったのか聞くことが出来なかった。
それじゃ、と俺が言うとイザークは「ああ、また明日。」と、いつもの挨拶。
ディアッカはこっちに顔を向けないまま「バイバイ…」と言った。
涙声だった。

去り際、背中ごしに聞こえた
「俺達、性格合わないんだよ。」「ごめん、ごめんね…」
という友人同士らしからぬ会話が、今でも忘れられない。


あの2人は今、どうしているのだろうか。


70 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 10:16 ID:???
マジ安っちぃメロドラマより熱いよ。泣かせるよ。



71 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 10:25 ID:???
俺は早朝からコンビニに出かけた。
ひとり身の俺の寂しい食卓を少しでも明るくしようと
おかずを買いに来たのである。
ポケットに手をつっこんだままなのでドアを片足で開け、店に入る。

ふと、前を見るとおにぎりのコーナーでもめる4人組を見つけた。
おにぎりよりもパンがいいです、と言うニコル。
イザークはアスランに「こんなものよりも俺の握ったにぎりを食え」とどなっている。
アスランはイザークの声を無視しながらシーチキンおにぎりを手に取り
「キラはこれが好きだったんだよな」と呟いている。

ディアッカは俺にやれやれ、といった表情を向けた。
俺は通りすがりにディアッカの肩をぽん、と叩いた。
個性豊かなメンバーの中でも、いまいちな彼だが
苦労は多いのかもしれないと思ってしまった。少し、涙が出た。そんだけ。

72 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 10:34 ID:???
もうすぐ学校で修学旅行がある。
そのために今日はホームルームで班を決めることになった。
4人の班を作れとのこと、俺はすぐにアスランとニコルと同じ班になった。
イザークもなんだかんだ言いながら班に入ったところでディアッカが現れた。
「イザーク、冴えない奴ばっかりだが、後の2人はどうする?俺はどうでもいいぜ。
 ・・・なんだ、アスランにニコル、入りたいのか?」


帰り際、声が聞こえた様な気がした
「修学旅行が楽しいかどうかは、そのメンバーで決まるもんじゃない・・・」
俺が修学旅行を心の底から楽しめなくなってしまったのは間違いないようだ。
同じ時に、ディアッカはどうしているかと思うと―

73 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 10:43 ID:???
仕事帰りにゲーセンに出かけた。
いつものように格ゲーをしようかと思ったら、
手前のUFOキャッチャーの所でディアッカを見つけた。

ディアッカは熱心に横から見たり、斜から見たり
微妙な調節をしてボタンを押している。
目当ては中央にあるピ○チュ−のぬいぐるみらしい。
ボタンの横に小銭が何枚か置いてある。
どうやら相当な金額を注ぎ込んでいるらしかった。
俺は少し離れた位置からクレーンの動きを見つめた。

「ヨシ」という小さな声が聞こえた。
クレーンがぬいぐるみを掴んで持ち上げたようだった。
やった、やったじゃないかディアッカ!おめでとう!良かったな!
そう思った矢先、荒い足音を立てながらイザークがやってきて
「クソッ、またアスランに負けた!クソッ!」
そう言いながらUFOキャッチャーの壁を叩いた。ドン、ポト。

俺はこれ以上見るのはやめて、いつもの席につきゲームを楽しむ事にした。

74 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 10:50 ID:MFQ9fDSK
このスレマジで泣ける・゚・(ノД`)・゚・
がんがれ。

75 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 11:22 ID:???
みんなの身近なところにいるディアッカ。。

76 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 12:14 ID:???
先日、俺とアスランとイザークとディアッカで出かける約束があった。
だが約束の時間になってもディアッカは現れない。
徐々に苛立ちをつのらせるイザーク。アスランも少し怒り気味だ。
多分、いつものアレだ・・・俺はそう確信した。

約束の時間から40分後、ディアッカが到着した。
すぐさまイザークに怒鳴られるディアッカ。今日はあの大人しいアスランも加勢している。
ディアッカは謝ってこそいるが、遅れた理由は言っていない。
俺は彼が何故遅れたかを知っていた。だが、言わなかった。
あえてそのまま見ていた。ディアッカのために。
ディアッカは暇さえあればペットショップに行って、時間を忘れてずっと金魚を見ているなんて
イザークたちには言えなかったから・・・

77 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 12:41 ID:???
この間銀行に行った。
いつもなら5分と待たないでATMが使えるのにその日は妙に混雑していた。
前の方を見ると一生懸命にATMを操作しているディアッカがいた。
ガンダムは動かせるのにATMは動かせないらしい。
15分してようやっと諦めたらしくATMから離れていった。
帰り際に彼と目が合ってすぐさま俺のところにきた。
 
振込みってどうするの?
俺は窓口を指差してこういった。
あそこで聞いて来い。
するとディアッカは涙目になって走っていった。

そんだけ

78 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 12:58 ID:???
あれは家庭科、調理実習の日だった。
簡単に、ごはんに味噌汁、ゆで卵を作るだけだった。
しかしディアッカは親が政治家のコーディネーター。
「ヘッ、俺が庶民の食事かよ」
皆に不満を言いながら実習は続いた。
何とか完成させ、ついに試食となった。
徐々に文句を言わなくなってほっとしていたのもつかの間。
俺は見逃さなかった。
わずかに残っていた味噌汁をおかわりした俺を
震えながら睨んでいたディアッカの姿を。

79 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 15:07 ID:???
ディアッカと、飯を食う約束してたけど、頭痛がひどいから電話して断った。
でも、なんだか物凄いそっけない断り方しちゃったんで、 ディアッカも
ちょっとムスッとしてた。 で、さっき家のチャイム鳴ったから出てみたら、
なんとディアッカがコンビニでお弁当買って、持って来てくれた。
頭痛いから飯を作れないと思ったらしい。感動して泣きながら食べた。
ほんとにほんとに嬉しい。ごちそうさまでした。

そんだけ。

80 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 15:12 ID:???
このスレ、好きだ。
ディアッカが情けなかったりイイ奴だったり不憫だったり微笑ましかったり。
どのレスにも共通する読後感はコレだがな。

       うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ぁ

81 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 15:43 ID:???
ヴェサリウスを歩いていると、ディアッカが廊下の角で立ち止まっている。
よう、と声をかけようとすると向こうからラクス嬢がやってきた。
と、俺に気づかないまま待ち構えていた様にディアッカが歩き出した。

トンッ

「まぁ、ごめんなさいディアッカ様、大丈夫ですか?」
どうやらラクス嬢とディアッカは軽くぶつかってしまったようだ、
俺には聞き取れないくらいの声でディアッカは何かゴニョゴニョ言っていたが、
やがて二人は離れ、ラクス嬢は向こうに行ってしまった。
俺がなんとなくタイミングを失ってそのまま見つめていると、
ディアッカは誰もいない事を確認するかの様に回りを見まわし、
ラクス嬢に触れた自分の肩の辺りの匂いを嗅いでいた。
俺はそのままディアッカに気づかれないようにその場を去った、なぜか脳裏に
昔の淡い初恋の記憶が浮かんだ。
そんだけ。

82 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 15:52 ID:???
ディアッカとスイカ買いに行かされて、
文句ぶーたれながらも、ルンルンの帰り道。
2人の手が、一瞬はなれて路面に激突。
子供にとっては悲しい出来事だった。
割れたスイカを二人でかき集めて泣き泣き持って帰ったこと、
今でも忘れられない。

そんだけ


83 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 16:19 ID:???
今日は朝礼があった。寒い中、外で立たされる生徒達。
長い校長の話が終わらない。止まらない。

俺はずっと俯いていた。
止まらなかったんだ。俺の鼻水が。
でも持っていなかったんだ。それを拭う物を。
もうつららもいいところだ。恥ずかしくて泣きそうになっていた。

そんな時に後ろから手が差し伸べられた。
「ハンカチ・・・?」

あの黒い手はディアッカだった。

俺は思う存分垂れ下がっていた物をそれで拭った。涙も拭った。
相当辛くなっていると、些細な優しさが身にしみるんだなと思った。そんだけ。

84 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 16:55 ID:???
修学旅行の班作りは思ったより半端が出たので、もう一度決め直すことになった。
キラも残っていると聞いた瞬間、アスランはキラと組むと言って、班を出ていった。
ニコルは怒ったが、一人不足が出たので俺がディアッカに声をかけると、
そう言うことなら仕方ねえな・・・・
と、めんどくさそうに鼻の下をこすりながら、だけど鼻をすすりながら涙声で嬉しそうだったので、
俺はいいことをした気分になれた。
アスラン達は、同じく二人組で余っていたラクスとフレイの女子の組みに入っていった。

放課後、組み同士で計画を立てているとき、一際うるさいフレイの組は、
あきらかにキラはフレイとラクスに、アスランはラクスとキラに鼻の下を伸ばしながらやっていた。
それを見たニコルは、また「アスランらしくない」と怒りだし、イザークは、「よその班の事を
気にするな。腰抜けぇぇ」と、よく分からない怒り方でニコルを羽交い締めにしていた。
静かだったので、隣を見ると、ディアッカは遠くを見るような目で、指をくわえながら
アスラン班を見ていた。

うらやましかったんだろうな。

そんだけ。

85 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 17:08 ID:???
ディアッカに、お前、年頃の女の子と口を利いたことあるか?と聞いてみると、
たまにニコルと話をするとき、脳内妄想でニコルを女に見立てている
と、はにかんだように照れて言ったので、不憫になって胸が熱くなった。
不憫なのと同時に、ちょっと危なかったので、女を紹介してやるというと、
めんどくせえなと言いつつ、服選びと髪型作りに何時間もかけ、
行く道の途中で、何回も、俺、変じゃないか?とそわそわしながら聞いてきて、うるさかった。

待ち合わせ場所で、フレイとナタルを紹介してやって、俺はそこで3人と別れた。
ちょっとカッコつけながら、ありがとうと俺に手を振る嬉しそうなディアッカの姿がけなげで、
俺はいいことをした気分で、ゲーセンによって帰ってきてみると、
何故か俺よりも早くディアッカの方が帰っていて、
部屋の電気もつけないまま、その日は晩飯も食べに出てこなかった。
その日から、よりいっそうディアッカは危なくなってしまって、俺はより不憫に思った。

そんだけ

86 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 17:09 ID:???
ディアッカが待ち合わせ場所にこない。
あまりに遅すぎるので、奴の部屋へ迎えに行くことにした。

ノックもせずにドアを開けるとディアッカがいた。
奴は顔に黒いドーランを塗っている途中だった。
ドーランはまだ顔の半分しか塗られていなかった。
あしゅら男爵みたいだ、と思った。

このことは誰にも言わないでくれと懇願するディアッカに、
俺は「早くしろ」以外のどんな言葉がいえただろう?

87 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 17:44 ID:???
祖父地図のガンプラコーナーの隅っこで特価セールをやっていて、
1/35MGダンバインがひっそりと、しかしいくつも並んでいた。
発売タイミングを間違え宣伝もロクにせず「ただ出ただけ」の哀れなプラモ。
あまりにいたたまれなくて一つ買ってきた。

家に帰って箱を開けたら、部品の代わりに膝を抱えて泣きじゃくる
ディアッカが入っていた。
一瞬もう生きるのやめようと思ったが、気を取り直して「1/100の
バスターガンダムが出たら買ってやるよ」と言ったら、奴が少し笑った。
「見てろよ、世界で一番かっこいいバスターを作ってやるからな」
作っても見せる友人が居ないことは、奴には黙っておこう。

88 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 18:32 ID:???
今日、合コンの誘いが入った。役割分担を考えてディアッカ以外を誘った。
人数あわないからな。

そんだけ

89 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 18:46 ID:???
この間カレー屋いったんだよみんなで。
キラ、ラクス、ニコルはまろやかチキンカレー、
イザークとフレイはエビフライカレー、
アスランは、ほうれん草カレーにチーズのトッピング。
で、ディアッカは何をトチ狂ったか、納豆カレー頼みやがったんだよ。
しかも生タマゴ、牛もつ、ロースカツのトッピングだ。
そこまではまぁ、百歩譲ってよかったんだが・・・

納豆カレーが運ばれて来ると、その臭いでキラが泣き出して、
イザークがこの腰抜け!とか言い始めて煽るわ、
それでアスランがブチギレるし、ラクスは何か知らんけどいきなり歌い出すし。
ニコルは日頃の恨みからか、仲裁するフリして油に火を注ぐし、
フレイはどさくさに紛れて、イザークの皿からエビフライかっぱらってた。

で、ディアッカはというと、黙々と食ってるんだよ。我関せずとな。
旨いか?って聞くと、無言で軽くうなずいたんだよ。
将来大物になるぜ。

そんだけ

90 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 19:07 ID:???
職員室で明日の始業式の準備をしていると、ディアッカがやってきた。
この寒いのに半ズボンだった。上着が長いので半ズボンだと
なにやらスカートのように見えて情けないが指摘はしないでやった。
それに休み中なので上履きがないためか靴下のままだ。
案の定爪先と足の甲に穴があいていたが、爪先はともかく
あんな場所どうやって穴があくのだろう。

「冬休みの宿題の書き初めって何て書けばいいんですか」
この時代、まだそんな宿題があったのか。
職員室に書道担当の教師はいなかった。仕方なく俺は答えた。

「ディアッカの好きな言葉をかけばいいんだよ」
「じゃあ。”夢”とか”平和”とか」
小首をかしげて答えるディアッカ。
「…その言葉が好きなのか?」
ディアッカは浅黒い顔を僅かに染めた。
「…そ、それなら”友情”とか!…」
勢い込むディアッカ。それでいいような気もするし、
なにか間違ってる気もするので

「…ま、がんばれ。」
とだけ言って、職員室から追い出した。
ディアッカは「”初日の出”とかの方がいいのかな…でも俺が好きなのは」とか
呟きながらトボトボと帰っていった。

翌日彼が提出した書き初めは、墨色も美しく、達者な筆で
(実際書道4段らしい)

「ばすたー」

と書いてあったそうだ。それだけ。

91 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 19:52 ID:???
 今日予備校に行くといいながら引っ越す前の街に立ち寄ってみた。
マクドナルドで食事をとった後、カメレオンクラブの2階にあるデュエルスペース
に行ってみようと思い立った。
 横断歩道を渡って到着してみると、階段のところにゲームのラックが置かれていた。
閉鎖されていたのだ。しょうがないのでMTGの50円くじ引きを2回やった。
帰りの電車でアドバンスに熱中しているディアッカに出会った。丁度いいので
くじ引きで当てた今は使えないレアカードをやったら、凄く嬉しそうだった。
今は使えないのに。
 そんだけ。

92 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 20:53 ID:???
きのうの夜中、ザフトにいるディアッカから電話があって、せっぱつまった声で
「いま追われてる。 もし電話がかかってきても知らないって言ってくれ」と言った。
ザフトでロクなことしてないだろうとは思っていたが、だれに追われてるんだディアッカよ。
つーか、このまま連絡がなかったら、無事なのか死んだのかわからんじゃないか。
落ち着いたらすぐ連絡するように

そんだけ

93 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 20:55 ID:???
修学旅行中、男湯で挙動不審なディアッカを見つけた。
注意してみていると、デジカメをタオルの下に隠し持ってぱしゃぱしゃ撮っている。
男色に走ったのかと思ったが、とりあえず俺は撮られていないので、その場は黙って見逃した。
後できつめに問いつめると、アスランとイザークとニコルは後ろからや首の上からだと
女に見えるから後で画像加工してハァハァしようと思ったと、涙ぐみながら白状した。
そんな危険を冒すぐらいなら、エロ本買えよ・・・・と言ったら、エロ本はレジで
本屋の店員に見せるのが恥ずかしくて買えないと、いきなり泣き出した。

ちょっときつく言い過ぎて可哀想になったから、フラガに貰った、話の種程度に
持ってきたエロ本を奴にやった。
泣いていた顔をくしゃくしゃに崩して、しゃくり上げながら嬉しそうに微笑むディアッカを見て、
いいことをした気分になった。

後で持ち物検査の時にエロ本を見つけられ、さらに厳しく調べ上げられて
デジカメの中身も見つけられ、両刀使いのあだ名を付けられたあげく、
デジカメに映っていた3人に袋叩きにあっていて、ちょっと哀れで胸が熱くなった。

俺の言いたいことは、デジカメ使ったり、画像加工できるくらいなら、ネットでエロ画像探せよ。
そんだけ

94 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 21:14 ID:???
今日、フラガと温水プールに泳ぎに行った。
二人でプールサイドを歩いていると、突然水がピュンピュン飛んできた。
あたりを伺うと、象さんの滑り台の陰からディアッカが水鉄砲を構え、
悔しそうな目でフラガを凝視していた。
水は俺たちには命中せず、フラガは全く気付いていなかった。
近くのプールではイザークが溺れていた。
そんだけ。

95 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 21:33 ID:???
あーーーーーうるさい
ドア静かにしめろ
階段くらい静かにおりてくれよまじで。
そんだけ

96 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 21:54 ID:???
ディアッカのやつ、今年受験なんだよな。
最近イライラしててやな感じ。
でも、自分もそうだったなぁって思って懐かしくなった。
もう少し気を使ってやらなくちゃな。

がんばれ!

俺が応援してるよ

心の中で。

97 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 22:04 ID:???
俺の一世一代の芸を見てくれ・・・・

と言う書き置きをディアッカの部屋で見つけた。
その日、ディアッカはガンダムに乗ったまま地球に落ちていった。
胸が熱くなった。
そんだけ

98 :通常の名無しさんの3倍:03/01/07 23:35 ID:???
 わけあって地球の親プラント国家に来た俺は、ハローワークに
入っていくディアッカに出会った。

 回さない寿司をおごってやったら、
「ここの寿司、サビがきついな!」
 ディアッカは涙を流してガツガツ食った。
 お前、わさびは苦手じゃなかったか?

 そんだけ。

99 :42:03/01/07 23:35 ID:???
ディアッカが飯を作りに来た。
昨日、中学生にからまれていたところを助けた礼だそうだ。
ディアッカの作ったもやし炒めは薄味ではあるがなかなかうまかった。
きっとアイツの十八番なのだろう。
アイツとのひとときは孤食主義の俺の食事を楽しいものに変えてくれた。

ディアッカが帰った後に何気なく冷蔵庫を開いたら
マヨネーズが逆さに立ててあった。

そんだけ

100 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 00:39 ID:???
休日の昼飯どき、なにか作るのも億劫だったので出前を取った。
ラーメンとチャーハンを受け取り、出前持ちに料金を支払って部屋に戻ると
いつの間に入ってきたのかディアッカがチャーハンをモリ食いしていた。
あっけに取られる俺に気が付き、レンゲを口に運ぶ手が止まる。

一時の沈黙。

すると奴は目に涙を溜めつつ、「違う違う」とでも言いたげにチャーハンで
一杯に膨らんだ顔を左右にふるふると振りながら、再びレンゲを口に運びだす。
「おまっ!なに勝手に・・・」食ってんだよ!と俺が言おうとした矢先、奴が
むせて思いっきり咳込んだ。
その涙と鼻水と飯粒にまみれた顔を見た俺はすっかり怒る気も失せ、麦茶を注いで
渡してやった。

結局ディアッカはラーメンとチャーハンと麦茶1リットルを全て腹に収めた後
他愛もない話をして帰っていった。
部屋に戻るとせめてものお礼のつもりか、牛丼の割引券が机に置いてあった。
苦笑しながらそれを上着のポケットにねじ込んで、俺は近所の吉○家にちょっと
遅い昼食に出かけた。

ちなみに割引券の期限は切れていたので、定価で食った。

101 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 01:13 ID:???
がんがれ、痔。(つд`)

102 :ディアッパ ◆Z4nH.EB2uo :03/01/08 01:26 ID:???
あんまり虐めないでくれよ・・・・

103 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 01:50 ID:???
彼女とボーリング場に遊びに来た。
30分待ちだったので、上のフロアのゲーセンで時間をつぶす事になった。
適当に暇をつぶしていると俺たちを呼び出す放送があったので、下のフロアへの
降り際、ふと同じフロアにあるバッティングセンターに目をやると、ディアッカが居た。
・・・キャッチャーやってやがるよ。

「うわ、なにあいつキモーイ。ねー早く行こうよぉ」
彼女がそう言って俺の手を引く。正直少しムッとした俺だったが・・・
「ん?あ、ああ、行こうぜ・・・」
反論を飲み込んで、適当に返事をした。
階段に向かう俺たちの背中越しに、ピッチングマシンのボールがディアッカの
ミットを鳴らす音が何度も聞こえていた。

その日の俺のボーリングのスコアは散々だった。

104 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 02:33 ID:???
そろそろ飽きたなディアッカも。













・・・・・・・・・・・そんな目で見てもダメだ。ダメだったらディアッカ。

105 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 04:01 ID:???
俺は夜中に突然尿意を催してトイレに行った。
ドアを開けるとそこにはディアッカがいた。
俺は3秒ほど固まってから「ゴメン…」と小さくつぶやくと
ディアッカも「…うん…いいよ」とうつむき加減に小さくつぶやいた。

その後15分待ってもディアッカはトイレから出てこなかった。

そういえばディアッカは痔なんだって、
どうして俺はあの時気づいてやれなかったんだろう…。

106 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 04:41 ID:???
俺は食堂にいた。
そこにディアッカが何やらいそいそと入ってきた。奴も飯を食うらしい。
見ると手にはカップめんが。
ようやく餌にありつける犬の様にディアッカはポットのお湯を中に注いだ。

ズー、ズゴッ、ズゴゴゴ………

途中でお湯が足らなくなったらしい。

水道で寂しそうに水を汲むディアッカ。
麺は微妙にクタクタになるんだろうな。

俺は自分のカップめんをすすった。

107 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 04:48 ID:???
今日期末テストが返された。
次々と返却される用紙を受け取る生徒たち。
凄愴な表情を浮かべるものや、満悦の笑みを浮かべるもの。
イザークは用紙が返されるごとに、落ち着きなく
「赤点がうずくだろうがぁぁ!」と、狂喜乱舞している。
アスランとニコルは順当に高得点を重ねているようだった。

6科目目の世界史が返却された時、ディアッカが人知れずぽつりと呟いた。
「そろそろマジでやばいぜ…」

翌日からの試験休み、オレはアスランとニコルと遊園地に遊びに行った。
そんだけ。

108 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 12:04 ID:???
数あるガンキャラの中からディアッカを選んだ1は神

109 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 13:38 ID:???
age



110 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 16:35 ID:???
このスレ見てたらディアッカに対する好感度がかなり上がってしまい、ついうっかりバスターガンダムのプラモを買って来てしまった。
・・・がんがれディアッカ!

111 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 17:20 ID:???
ディアッカに将来の夢を聞いてみた。
なかなか教えてくれなかったが、それでもしつこく問い詰めると、
ラクス嬢に高校教師に出演してもらうことだ、と照れながら奴は教えてくれた。
それは将来の夢とは少し違うと思ったが、
どこが違うのか説明するのも億劫だったので、
叶うといいな、とだけ答えておいた。

112 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 17:50 ID:???
 友人の家でトイレを借りた。
 扉を開けるとディアッカがいて、

「便器の黄ばみ、あるよ」

 と言った。

 何だか腑に落ちない物を感じながら、ディアッカと共に他人の家の
トイレを掃除した。

 そんだけ。

113 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 18:44 ID:???
このスレは個人的にsageときたくない。
と、いうことで定期age
がんがれ。

114 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 18:56 ID:???
イザークがフレイを連れて俺んちに来た。
2、3時間部屋を貸せと言われたので渋々ながら部屋を明渡し
近所のゲーセンで時間を潰すことにした。
格ゲーをしていると携帯が鳴った。ディアッカの親父からだった。
夕飯の時間なのにディアッカが俺んちにいくと行ったまま帰ってこないと
言われた。


俺はディアッカの存在をすっかり忘れていた。
奴は俺んちに遊びにきて「正月いろんな物食いすぎてさ、ハラの調子悪いんだ。」
と苦笑いしながら便所にこもりっきりだったことを。
俺はディアッカの事が心配になって慌てて部屋へ戻った。
すると丁度帰るところだったイザークとフレイにでくわした。
去り際イザークに「お前便所のドアくらい直せよ腰抜けがぁ!」とわけの
解らんことを言われた。
俺が帰って便所のドアを開けようとするとノブが回らなかった。
ディアッカ、いるんだろう・・・?と小声で言うと中から涙声が聞こえてきた。
「どうして俺を置いてくんだよ・・・」とディアッカは小さな子供のように
泣きじゃくっていた。「俺・・・もうイザークにエロ本差し入れるのやめるよ。」
最後に呟いた言葉に俺は何故だか涙がとまらなくなった。

そんだけ

115 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 19:09 ID:???
痔のスレなのに
遺作の方が気になる

116 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 19:52 ID:???
俺=格ゲースキーかよw

ディアッカほほえま(・∀・)シー

117 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 20:03 ID:???
ブルーベリー入りのカレールーを買うと言い張るディアッカと
頼むから普通にククレカレーでいこうと言う俺で大喧嘩。
パイナップル入りの酢豚を認めるディアッカと認めない俺の価値観の違いって奴が
はっきり露呈しはじめた頃でした。
最後はもう、なんか意地の張り合いになっちゃって・・・・・・
結局、それが直の原因じゃないけど、そのころから、微妙に距離を感じだして疎遠になりました。
今考えると、ブルーベリー入りルーでもいいじゃんって思えるんだけどねー。

そんだけ

118 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 22:28 ID:???
このスレがどこに行ったか見失ったので検索する事にした。
「ディアッカ」と入力するのが面倒で、
「ディア」とだけ打って検索をかけてみた。
ディアナ様のスレがひっかかった。
見ていこうかとも思ったが、ディアッカの顔が頭に浮かんだから、
おれはスルーしてもう一度、検索ボタンを押した。

そんだけ

119 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 22:49 ID:???
この間本屋へ行ったらディアッカがパソコン初心者の本のコーナーをウロウロしていた。
しばらくして彼はWindows2000の初心者向けの本を手に取るとレジへ行った。
次の日にMSデッキを見るとディアッカが昨日の本を片手に必死にバスターのOSを書き換えていた。
俺は流石にまずいと思ったけどほっといた。

ちなみにさっきの戦闘で彼は地球に落ちていった。
途中で機体が動かなくなったらしい。
そんだけ。


120 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 22:55 ID:???
sage忘れた

121 :通常の名無しさんの3倍:03/01/08 23:52 ID:???
学校で友人と話していたらSEEDの話題になった。
「あんなんガンダムじゃない」
「絵がエロゲーみたいでキショイ」
「エヴァのパクリ」
「真性ホモがいる」
さんざんな言われようだったが、俺は適当に同意しつつ受け流しておいた。
しかし、ふと視線を感じたので振り向くと、教室のドアの陰から
悲しそうに俺を見つめるディアッカがいた。
ディアッカは俺と目が合ったことに気付き、
肩をびくっと震わせると、そそくさと廊下に走り去ってしまった。
友人たちはそれに気付くこともなくSEED批判を続けた。
仕方ない、弁護してやるか。そう思い、反論を試みることにした。
「で、でもSEEDにも良いとこあるぜ。」
一斉に向けられる視線が痛い。
「えっ?! お前アレのどこが好きなんだよ」
「………メ、メビウスゼロとフラガ大尉……」

ディアッカとバスターが好きだとは言えなかった。
そんだけ。

122 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 00:20 ID:???
家に帰るとリビングでディアッカがなにやら一生懸命雑誌を読んでいた。
ニッ○ンだった。
どうしたんだと聞くと、ディアッカはちょっと照れながら
「俺もちょっとおしゃれしてみようかなと思ったんだ」
と言った。
ファッションに興味のないディアッカがちょっと目覚めたらしい。
その一時間くらいずっと○ッセンを読みながら、あーでもないこーでもないと
考えてるディアッカを横目で見て、「ニッセ○じゃあおしゃれにならないぞ」
なんて俺が言えるわけなかった……

一週間後、一枚1000円のTシャツが10枚ほど届いた。


123 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 01:09 ID:???
○ッセンでついでに木製便座も購入したらしい。
木製便座じゃ痔は良くならないぞ・・・・と、思ったが
凄く気に入ったらしく、首にかけながらグゥレイト!とはしゃいでいたので、
声をかけられなかった。

三日後、どうやっても取り付け方が分からないとディアッカから電話があった。
よく聞いたら、和式便所だったらしい。
今便座は、ガンダムのコックピットに取り付けてあるらしい。
O型クッションの替わりになるらしく、奴の痔も良くなったと喜んでいた。
俺は「信じるものは救われる」ということわざを思い出した。
そんだけ

124 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 01:12 ID:???
もうちょっとがんがれ、痔。
ということで定期age

125 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 02:56 ID:GfJtjKgo
プルルルル… ガチャ
ディアッカ「はい、そびえ立つクソですが」
俺「ガチャ!」

何があったんだろう   
そんだけ




126 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 02:59 ID:???
ディアッカがコーンフレークを食べて一言

「グゥーーレィ!」




そんだけ

127 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 04:14 ID:YRQHL2UF
地上げ

128 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 04:18 ID:???
ディアッカ「ボクってば女の子だったのよ〜〜〜〜〜〜っっ!!!!」




そんだけ

129 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 10:14 ID:???
ディアッカって影薄すぎて逆に萌える。
チンコデカそうで脇毛濃そうでセックスも上手そう。

130 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 12:05 ID:???
>凄く気に入ったらしく、首にかけながらグゥレイト!とはしゃいでいたので、
>声をかけられなかった。

想像してしまって禿ワラタ。

131 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 12:52 ID:???
情報処理の授業の最中、隣の席のディアッカがやけに熱心に画面に向かって
いた。
エロサイトでも見ているのか?と思い、こっそり覗いてみると、

  ディアッカって影薄すぎて逆に萌える。
  チンコデカそうで脇毛濃そうでセックスも上手そう。

と、2chに書き込んでいた。

修学旅行の時、ニコルに大きさではるかに負けていたのがよっぽどショック
だったのか。

132 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 13:41 ID:???
今日は仕事をサボってゲーセンに行った。
目当てのゲームで遊ぶ前に、フロアをふらふらと歩いていた時の事。
突然俺の携帯が鳴った。

ああ、上司にサボったのがバレたのかなと半分焦ったが、
着信音の短さからメールだとわかったので
俺は少し落ち着いてメールボックスを開いてみた。

そのメールの送信者はディアッカだった。
件名は「サボんなよ?」だった。
本文も「サボんなよ!」だった。

俺は慌ててあたりを見回したが、ディアッカの姿は見当たらなかった。
そんだけ。

133 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 13:51 ID:???
高校時代のある朝、登校すると何やら大きなみかん箱を
抱えたイザークに会った。覗くとお世辞にも可愛いとは言いがたい
雑種の子犬が寝そべっていた。イザークに尋ねると、
通学路の途中に捨てられていたのを拾ったという。
前の飼い主に虐待でもされたのだろうか、ところどころ毛が
抜け落ち、背中には数カ所の傷があった。
イザークが抱きかかえようとするとあからさまに敵意を示し、
キャンキャンとほえ始めた。
その声を聞きつけ、ニコルとディアッカがやってきた。
事情を話した後、子犬がイザークを警戒しているさまを見て、ニコルが
「また虐待されると思ったんじゃないですか? イザークだし」
とボソリと呟いた。イザークは怒りを露にし、
「うるさいっ、臆病者は黙っていろ!!」と怒鳴りつけた。
すると黙って見ていたディアッカがおそるおそる子犬に手を伸ばした。
最初怯えて唸っていたが、ディアッカに頭を撫でられると、
キューンキューンと鳴いて嬉しそうに尻尾を振り始めた。
ディアッカは少し照れくさそうな顔で、子犬を両腕に抱きかかえた。
すっかりディアッカに懐いてしまったのを見て、イザークは
「そんな犬キサマにくれてやる。ありがたく受け取れぇ!」
と叫んで自分の席に戻ってしまった。
その日一日、ディアッカは席の下に子犬のみかん箱を隠して過ごした。
先生方にバレないようビクビクしながら。
現国の時間、子犬がキューンと声をあげてしまい、
ゼルマン先生が不思議な顔をしたが、ディアッカがゴホンゴホンと
咳き込んでなんとかごまかしていた。
放課後、飼うのかとディアッカに尋ねると、みかん箱を
抱えながら、嬉しそうにうん、と頷いた。その日以降、夕方川原を
ジャージ姿で犬と散歩するディアッカを頻繁に見かけるようになった。

大学を出て、就職で実家に戻ったが彼らには会っていない。
ディアッカとあの犬はどうなったのだろうか。

134 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 14:04 ID:???
本屋でディアッカに会った。
奴はエロ本と女性ファッション誌と鉄道雑誌を持ってレジに行くところだった。
いくらなんでもその3冊はカモフラージュには向かない取り合わせだ、と俺が言うと、
奴はそうだな、と言って
エロ本とファッション雑誌を元の場所へ返しに行った。
俺は心の中では「そっちがカモフラージュ用かよ!!!」と三村ばりのツッコミをしてしまったが、
辛うじて表には出さなかった。

135 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 14:17 ID:???
ニコルが仕事帰りにディアッカを拾ってきた。 茶色くて目がまんまるでコロコロとしたカワイイ奴。
でもノラなので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。
ちょうどイイ兄貴分が出来て嬉しくて 毎日公園へ散歩に行っては一緒に遊んだ。
ウチはみんな働いていて、いつも家にはおらず俺はずーっと独りぼっちだったけど、
ディアッカが現われてからは毎日が楽しかった。
ちょうど1年が経った頃、隊長の仕事の都合で 遠くに引っ越さなくてはならなくなった。
当然ディアッカも一緒に行けるものと思っていたのに、
引っ越し先には連れて行けない事をイザークから告げられた。
アスランはどこかに引き取って貰おうと、貰い手を探して居た様だが
結局どこにも引き取って貰えず、仕方なくナスカ級高速戦闘艦で宇宙に連れて行き
捨てるという事になった。 当然俺は泣きわめいて断固反対した。
ディアッカと別れるなんて考えられない。 まして宇宙に捨てるなんて絶対に嫌だ。
しかし当時ナチュだった俺はあまりに無力で、 結局事態を好転させる事など出来るハズもなく、
捨てる事に決まってしまった。 あのトキの光景を思い出すと、今でもつらくて悲しくて 泣けてくる。
そして、ナチュの身勝手で、ディアッカを飼ったり捨てたり した事を心から反省している。

そんだけ



136 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 14:22 ID:???
>135
宇宙漂流の刑かよ(´Д⊂
強化されて帰ってきたりして。

137 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 14:57 ID:???
このスレを見ながらカップラーメンを作っていたら、>>106のディアッカのように
お湯が途中で足りなくなってしまった。
仕方ないのでぬるいお湯を足しながら食べた。この時夕食は外で食べようと誓った。

その夜、定食屋で出くわしたイザークと一緒に家に帰ってきたら
台所にディアッカがいた。どうやらコンビニで買ってきたクリームスパをレンジで暖めようとしたが
記載されている時間通りにやっても冷たいままで困っているらしい。
俺はディアッカにそれはコンビニレンジ用の時間、一般家庭用はこっち、と正しい時間を教えてやった。
そうしたらディアッカは嬉しそうにレンジを弄り始め、再びクリームスパを暖め始めた。
勝手に人の家のレンジを使ったことに負い目でも感じていたのか、
ディアッカはもう1つクリームスパを取り出し俺に差し出して…そこでイザークがいることに気付いた。
ディアッカは一瞬驚き、とても悲しそうな顔をした後笑顔を作って
「これ、2人で食べてくれよ、俺はもう行くから…あ、レンジ勝手に使ってごめん…」
そう言い残して去っていった。呆然としている俺達の後ろで、レンジがチーンと鳴った。

その後俺はイザークと本日2度目の夕食を迎えたが、2人とも終始無口だった。

138 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 15:31 ID:???
今日の5時限目は音楽のテストだった。
個々で好きな曲を選んで壇上で歌うのだが、ディアッカはみんなの前で歌うのが
照れくさいらしく、歌謡曲の本を読みながら「ったるいなぁ〜」とぼやいていた。

何人かの生徒が歌い終わり、アスランが『亜麻色の髪の乙女』を歌い始めたところで
ディアッカに異変が起きた。どうやら緊張しすぎて具合が悪くなったらしい。
保健室に行きたいと言うので付き添ってあげることにした。
結局ディアッカはそのまま早退することになった。教室に戻るとニコルが『大きな古時計』を
歌っていた。そういえば最近平井堅にはまってるとか言ってたな・・・・
ニコルが歌い終わったのを見計らってディアッカのことを先生に伝えた。
先生は、「そう・・・仕方ないわね。ディアッカ君には次の授業で歌ってもらいましょう」と言って
次の生徒を指名した。

みんなもうテスト終わってるのに次の授業で一人で歌うのって恥ずかしいんだよな・・・・・
そんなことを考えながら俺はディアッカの机の上に置かれたままの「いとしのエリー」の
譜面をぼんやり眺めた。

イザークの「ララバイララバイおやすみよ〜♪」と歌声が遠く響いていた。


139 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 15:53 ID:???
同窓会の連絡網がまわってきた。俺の次はディアッカだ。
携帯に電話をかけたら電源を切っているらしかったので、
ディアッカの自宅に電話をした。

「グゥレイトオ!
 ・・・俺は今、留守にしてい」

ガチャン!
即、俺は受話器を元に戻した。

しょうがない、ディアッカを飛ばして次の人に電話する事にした。
このまま俺が連絡するのを忘れ、ディアッカだけが
同窓会に出てこれなかった。そんだけ。すまん。

140 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 16:33 ID:???
Vocal Collection -side B
発売日: 2003/10/29 盤種: CDアルバム
レコードNo: HENT-2025 モード: ステレオ
税抜価格: 1913円
 
1 An obstinate stalker/アスラン・ザラ
2 I'm steady/ニコル・アマルフィー
3 An eye does not hurt any longer/イザーク・ジュール
4 Nothing is expected to the captain/ディアッカ・エルスマン
5 Love and peace/ラクス・クライン

ディアッカの曲名に少し、涙が出た。そんだけ。

141 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 16:44 ID:???
ヒドい曲名だ…!うあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛


            …でもちょっとかなり聴いてみたい。

142 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 17:23 ID:???
ディアッカのタイトルで泣く前にイザークのタイトルで激しくワラタ

目を怪我したワケじゃねぇだろ!(w

143 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 17:40 ID:???
アスランのってストーカーってこと?

144 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 17:46 ID:???
頑強なストーカー/アス

私は安定しています。/ニコ

目はもはや痛みません。/イザ

何もキャプテンに期待されません。/痔

愛と平和/ラクス


゚・(ノД`)・゚・

145 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 18:43 ID:???
ageとこう。

146 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 18:51 ID:???
段々質が落ちてきてるね

147 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:09 ID:???
前半の方がよかったな。イザークを出演させてるネタがイイ。
と、いうことでイザークネタキボーン。

148 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:21 ID:???
キャラ萌えが臭ってくるのが増えたからつまらん。

149 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:30 ID:???
>140
本スレあるんだからそういうのは向こうに貼ってやれよ…

150 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:33 ID:???
>>149
いやマテ、ネタだろその曲は。

151 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:37 ID:???
>150
そうなんだが、どんどんレス数でここに追いつかれてるのが哀れでな。
悪い。

152 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:42 ID:???
そんな俺達を尻目にお楽しみのディアッカ
ttp://img.2chan.net/b/src/1042097562122.jpg

そんだけ

153 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:46 ID:???
俺もまざろ

154 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 19:52 ID:???
今日は2人で電車乗ってて、2人して居眠りこいてて乗り過ごした。
慌てて降りようとする俺に、ディアッカはのんびりと「このまま乗ってようぜ。」と言った。
そしたらそれも良いか、って気分になって俺はまたディアッカの隣に座りなおした。

『ねぇディアッカ、僕達2人っきりになったね。どこまでも、どこまでもいっしょに行こう。』

そんなセリフが頭に浮かんだがもちろん口には出さなかった。


だって2人きりじゃなかったし。
山手線だったし。

155 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 20:14 ID:???
俺は何故か69がすごい好きだ…

156 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 21:27 ID:???
熱が出たので学校を休んで寝ていた。
夕方ふと目を覚ますと、枕もとにノートが数冊おいてあった。
ノートには、ミミズがのたくったような字でディアッカ・エスルマンと書いてあった。
奴の気遣いに目頭が熱くなったが、
ノートは中身も見ずに鞄にしまいこんでおいた。

すまない、ディアッカ。
自分の名前すら間違えるような奴のノートを
俺はどうしても信じることができない。

157 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 21:45 ID:???
今日は体育で持久走だった。
ディアッカは「俺マラソン嫌いなんだよね…あぁ」と嘆いていた。
そこで、すかさずイザークのキツイ一言。
「そんな事だからお前は虫ケラなんだ腰抜けぇ!!」
俺は、あぁまた始まった…と思い、先にアスランとニコルと走り出した。
しばらく走っているとイザークが合流した。
そこにはディアッカの姿はなく俺はイザークに聞いてみた。
「アレ?ディアッカは?」と聞くと
「知るか!!放っておけぇッッあんなヤツは!!」と、またキツイ言われようだ。
俺はそんなディアッカを心配しつつも後ろを向いた。
ディアッカはカナリ後ろの方に居た。相当キツイ顔しているようだった…。
しかし俺たちはペースを落とすことなく走った。
持久走では制限時間があり、時間内に走らないと追走があるからだ。
終始無言で走っているとニコルが「このペースで行けば追走はさけられそうですね」と
声をかけて来たのでアスランが「あぁそうだな」と答えた。
その時俺はディアッカの事が浮かんだ。『アイツは追走だろうなぁ…』
そこでイザークが「えぇい!!俺は先へ行くぞ!!勝負だアスラーン!!」
と叫び行ってしまった…。アスランはそれに構わず走った。


158 :157の続き:03/01/09 21:45 ID:???
一周半を越えたとこでディアッカの姿が見えた。彼は歩いていたのだ。
すかさず先に走っていったイザークに煽られていた。
「オラオラァ!!早く走れぇ!!お前は追走決定だぞ腰抜けぇぇぇ!!」
もはや諦めかけていたディアッカだがそんなイザークの言葉で更に落ち込んだ。
そこでニコルが「イザーク、何もそこまで言うことないじゃないですか!!」と
怒り散らした。「うるさいッッ!!臆病者は黙っていろ!!」そんな現場で
俺は歩いてるディアッカに声を掛けた。
「お前このペースだと追走決定だけどさ…俺、追走付き合ってやるよ!!」
さすがにこの落ち込んだ背中やイザークからの言われ様を見ていてなんだかやるせなかったのだ。
するとディアッカが「ほ、本当か?ありがとう…俺…今からでも頑張るよ!」
涙ぐんだ顔をして言った。だが「今から頑張ったトコで間に合う距離ではないよ…」
とは言えなかった…。
  その後走り終えた俺たちは完走するディアッカを待っていた。タイムオーバーはとっくだった。
そして鼻水やら汗やら涙やらあらゆる体液にまみれたディアッカが完走した。
「ハイご苦労。お前は放課後追走だ。」クルーゼ先生の極めつけの一言だった…。
その後も散々ディアッカに待たせれてキレたイザークにこっぴどく言われていたのは
言うまでもなかった…。それだけ。


クソ長くてスマソ…。゚・(ノД`)・゚・




159 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 22:01 ID:???
>157-158
リア厨を思い出して少し苦かった。

というかこのスレのイザークは常に半ギレが定説なんだな(w

160 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 22:12 ID:???
「強化人間のくせになれなれしくしないで!!!」
「ええいファンネル達・・・・一番熱量の高いフレイだ!落ちろぉーー!」

161 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 22:12 ID:???
日曜の夕方に、空き地で足踏みをしているディアッカを見た。
近づいてみると半ベソかきながらひたすら蟻を踏みつぶしていた。

なんかイヤなことでもあったのかな…

そんだけ。

162 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 22:49 ID:???
>157-8
俺も昔を思い出して胸が苦しくなった。

163 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 23:41 ID:???
>>140
「何もキャプテンに期待されません。」か・・・。

10月ってかなり先だね。

164 :通常の名無しさんの3倍:03/01/09 23:58 ID:???
ある日、ディアッカとイザークが将棋していた。最初は
アスランとニコルの悪口などをしながら和気藹々勝負していた二人だったが
正面から攻めるイザークに、ディアッカは角や桂馬を駆使して
次第に追い詰めていくにつれ二人は無口になっていった。
オレはてっきり、いきり立つイザークを予想していたが、それに反し
興奮しているのはディアッカだった。
「もぅ一つ!」
ディアッカが馬で王手をかけた時、あまりにも強く盤面を叩いてしまったので
銀がすっ飛び、イザークの左目に突き刺さった。
「いたぃ! いたぃ! いたぃ!」
転げ回るイザークに押され、盤面がめちゃくちゃになった。
それを直すディアッカを微笑ましく思いながら、オレは医務室に二人分の
救急道具を取りに行った。

そんだけ。

165 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 03:33 ID:???
ある日、朝起きたら自分がディアッカになっていた。
ちょっぴり得した気分だった。

そんだけ。ホントにそんだけ。

166 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 04:34 ID:???
ある日朝起きたらディアッカの髪がヘニャっていた。
スタイリング剤が切れたらしい。
何かディアッカがいつになく弱弱しく見えた。
こんな髪型じゃコンビニにも買いにいけないという。
仕方なくイザークに頼んでいた。
「俺はパシリかっ!?そのくらい自分で行けぇ!腰抜けぇっ!」
その言葉に涙を必死でこらえるディアッカに、イザークは少し同情したらしく、
「く…仕方ないな…」といってポケットから愛用のハサミを取り出した。

数日後、俺は艦内でよく金髪のおぱっかを目撃するようになった。
とりあえず存在を抹消しておいた。


そんだけ。


167 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 05:33 ID:???
部活の帰り、ちょうど腹が減ったので、駅の立ち食いそばで何か食っていこうと
いうことになった。アスランはごぼう天そば、ニコルはきつねうどん、イザークは牛すきそば。
俺はコロッケそばだ。さて、みんな食おうかというとこで、ディアッカが暗い顔をしている。
他のみんなは気づくことなく食い始めているが、俺は気づいてしまったし
そんな顔をされていてはそばが不味くなるので、なんかあったのかと聞いてみる。
そしたらなんと、頼んだモノはコロッケそばなのに、出てきたのはかけ、しかも
そばって言ったのにうどんだったそうな。そのことをぼそぼそとディアッカが語ると、
俺は、「じゃあ文句言って取り替えて来い」と言った。俺が言わずともそうしろよこのボケ。
でも、ディアッカは「いいよ・・・」って、寂しげな顔で返事を返しきた。
そしたら、いつの間にか話を聞いていたイザークがいつものごとく「腰抜けぇぇぇ!!」と
ディアッカをなじり始めた。なんか、今にも泣き出しそうだったし、泣かれたらウザイので、
ほらよと俺のコロッケを一つやった。それに続いてアスランとニコルも自分の具を少し
ディアッカにやった。イザークはというと、自分のどんぶりとディアッカを交互に眺めつつ、
ちょっと間をあけてから、「臆病者は卵焼きでも食ってろ」と、乱暴に卵焼きをディアッカの丼に
放りこんだ。そしたら、今まで見たことがないような嬉しそうな顔をされ、みんなちょっと心が和んだ。

そんだけ



168 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 06:08 ID:???
(*´ヮ`*)

169 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 06:14 ID:???
和んだ。(´∀`*)

170 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 06:17 ID:???
心温まるエピソードでしたヽ(´ー`)ノ 

171 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 06:31 ID:???
和んだ(*゚ω゚)イザークいい奴だなw

>>158
関係ないけどクルーゼ先生って
やっぱりあの髪と仮面で服装はジャージなんだろうか…

172 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 06:43 ID:???
ディアッカー!。・゚・(ノД`)・゚・。
もうなんか愛しくなってきたじゃねーか。

173 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 09:32 ID:???
ゲームに負けた罰で、ニコルが最初に教室に入ってきたヤツに愛の告白をすることになった
入ってきた犠牲者はディアッカだった
どう見てもイヤイヤ告白してンのに、硬直した後にその日一日真剣に悩んでいて可哀想になってきた
ごめんな、純粋なディアッカおちょくて・・・・



つーか、悩むなよ

174 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 12:11 ID:???
あの4人の中では一番かっこいいんだけどね>ディ悪化

175 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 12:23 ID:???
>>174
…そうか?

176 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 12:34 ID:???
ディアッカが子猫を拾ったらしい。
道端で、たった一匹、冬の雨に打たれていたからだという。
ペットつながりというわけだろうか、アスランがハロとトリィの話を始め、
イザークは「軟弱だっ! 腰抜けぇ!」とまとめて切り捨てて、また二コルにたしなめられていた。
こんなに典型的な「いい人イベント」をもってしても、
一瞬たりとも話題の中心になれないディアッカの横顔は寂しげだった。

翌日ディアッカの家に行ったら、なぜか玄関先にイザークが来ていた。
出てきたディアッカに、いきなりなにやら大荷物を投げつけている。
受け止めたディアッカが不意に笑顔になったので、よく見れば、はじっこから猫じゃらしが覗いていた。

俺は帰ることにした。「にゃんこの飼い方」の本は明日渡せばいいし。

そんだけ。

177 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 12:39 ID:???
このスレ読んでたらディアッカはもとよりイザークもかなり好きになった。
本編に先駆けてキャラ立ってるな>ザフト陣
本編もこれくらいキャラを掘り下げてほしいよ。


(´-`).。oO(でも無個性なのが痔のいいところなのかも…)

178 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 13:10 ID:???
同じくイザークが好きになった。
ごめんなディアッカ。

そんだけ

179 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 13:47 ID:???
>>177
自分はザフトキャラが全員出て来る話が一番好きだ。
本当にそれぞれキャラの個性が全面に押し出されてて、楽しい。

180 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 13:52 ID:???
>>174
そうか?ディアッカってさー
SMAPでいうと草薙
TOKIOでいうと城島
V6でいうと井ノ原または森田
嵐でいうと相葉

そんなポジション

181 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 14:27 ID:???
>>180
いいところを突いてくる

182 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 15:01 ID:???
>>179

要は種キャラの設定は戦争物ではなく学園物でこそ光るって事だな。


183 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 15:04 ID:???
去年のクリスマスイブ。俺は彼女の部屋に行く途中、ケーキ屋に立ち寄った。
ケーキ屋の入口前ではクリスマスということもあって仮設売店を出してケーキの叩き売りをしている。
この寒い中よくやるなぁ〜と思っていたら聞き覚えのある声が聞こえてきた。
「ク、クリスマスケーキはいかがですかぁ〜〜・・・」
「そんな軟弱な声で客が呼べるとでも思ってんのかッ!もっと腹から声だせぇッッ!!」
なんとそれはディアッカとイザークだった。
二人ともサンタクロースの衣装を着て客引きのアルバイトをしていたのだ。
イザークは見ていろと言わんばかりに胸を張り、ケーキ屋の立て看板を上下に激しく振りながら叫んだ。
「今日はザフト製クリスマスケーキがいつもの30%OFFだぞぉぉッッ!!!この機会を逃したら
もう2度とザフトケーキは食えないと思えッッ!腰抜けどもがぁぁぁッッッ!!!!」
このめちゃくちゃな売り文句が意外と効いたらしく、売店にはわらわらと人が集まり始めた。
ディアッカは「イザーク・・・お前、すごいなぁ・・・・・」と尊敬の眼差しでイザークを見ている。

客足が途絶えてきたのを待って、俺は二人に声をかけた。
「二人ともこの寒い中(しかもイブの日に)バイトなんて大変だなぁ・・・バイト料何に使うんだ?」
イザークは前から欲しかったという『太鼓の達人 タタコンでドドンがドン』を買うつもりだと言った。
「ディアッカは?」
「ああ、オレ特に買いたいものはないから貯金するよ。それにここのバイト最高なんだぜ!
あとで売れ残ったケーキをタダでもらえるんだ!!」
ディアッカは満面の笑みを浮かべながら売れ残りのザフトケーキに思いを馳せているようだった。
俺は「そうか。まぁがんばれよ」とだけ言い残してその場を後にした。

184 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 15:04 ID:???
>>180
>TOKIOでいうと城島
>V6でいうと井ノ原または森田
これは何か逆に(・∀・)イイ!と思わせるが、

>SMAPでいうと草薙
がちょっと許せん。嵐はしらん。私見だがな。

185 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 15:09 ID:???
>>184
性格じゃなくて
美形の中に一人変なのが…ってのをチョイスしただけだろ

186 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 15:57 ID:???
このスレ、腐女子のニオイがしてからつまんなくなった

そんだけ

187 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 16:42 ID:???
おもしれーじゃん

188 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 16:51 ID:???
外見だけならディアッカが一番好きなんだが性格がよくわからんからなあ。
このスレや馬鹿キャラ路線でいくなら今より好きになるかも。

189 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 17:04 ID:???
>>182
がなにげに核心をついているような……
スタッフがどんなつもりでキャラ造形したか目に浮かぶようだ

190 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 18:23 ID:???
ディアッカが遊びに来た。ウォシュレットが
よっぽど珍しかったのか、水浸しにして帰っていきやがった。
『コラ、お袋に怒られるのは俺だろうが!あのうすらデカが!!!』とそのときは思ったが、
実はただ単に、操作法が分からなかっただけらしい。
別に笑ったりしないからちゃんと聞けよな。

そんだけ

191 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 19:59 ID:???
3日前、友達同士で銭湯に行こうという話になった。
のぞき穴があるというウワサの近所の銭湯だ。
ただ行ってのぞくのもつまらないと思ったので、事前
にラクスとバジルール姉さんを誘っておいた。
他のメンバーは、イザーク、アスラン、俺だ。
この話をして一番喜んだのがイザークだ。
「股間がうずくだろうがぁぁぁぁぁ!!」
と、意味のわからない喜び方をしていたが、
とりあえず彼らしい喜び方だと、納得した。
ニコルは間違いなく邪魔になるので誘わないでおいた。
そんな話を学校でしていると、ディアッカがうらやまし
そうにこちらをチラチラ見てきた。当然イザークが、
「破廉恥な目で見るなぁ!!腰抜けぇぇぇぇ!!」
と、キツイツッコミを一発。ディアッカは仲間はずれが
相当、寂しかったのか、肩を震わせて大粒の涙を流した。
イザークはその場から立ち去ってしまったが、アスラン
と俺は、ディアッカをなぐさめることにした。
「ごめんなディアッカ。イザークの奴、お前と将棋やったとき
 できた傷のことまだ根に持ってるんだよ。お前も・・・行くよな?」
この言葉にディアッカは涙を拭いてうれしそうにこちらを見た。
しかし、すぐにまた悲しそうな顔でうつむいてしまった。
「俺、どうせ影薄すぎて逆に萌えられてチンコデカくて脇毛濃くてでセックス
も上手いから・・・・。恥ずかしくて、風呂なんて入りにいけないよ・・・」
こう言って、ディアッカは立ち去ってしまった。
次の日俺達はニコルとディアッカ抜きで、存分に温泉(のぞき)を
楽しみました。しかし気になるディアッカの一言。
「セックスもうまいから・・・・」

そんだけ


192 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 21:03 ID:???
芸術という科目で、皆でプラモを作ることになった。

それぞれお気に入りのHG、MG、果てはPGまで持ち込んでいる香具師もいたのだが、ディアッカだけは何故かバスターガンダムだった。
明らかに浮いている400円の存在。
貧乏だな(w、とか俺が冷やかしていると、横からヌッとイザークが出現して、
「こんなしょぼいプラモなぞ作るな、この腰抜けがぁ! プラモ魂が疼かんだろうがぁぁ!」
チョップを一発。
さすがにちゃっちい材質だ、既に出来あがりかけていたバスターは簡単にもげてしまった。

床に転がった残骸を見て、これにはさすがのイザークも謝った。
だけど当のディアッカはヘラヘラと笑って、
「いいよいいよ。 こいつ安い上に異常に売れ残ってやがるからさぁ、幾らでも買えるんだよな。
イザークも、そんなに気にすんなって。 な…」

その寂しげな笑顔を見て、帰り道、俺とイザークはあいつの誕生日プレゼントを決めた。もちろん、HGのバスターガンダム。

そんだけ。

193 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 21:18 ID:???
(´Д⊂

194 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 21:45 ID:???
ザフトって、良い奴多いな…

195 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 22:45 ID:JNWCYnAE
 同志たくさん。
ttp://www2.rocketbbs.com/301/matoi.html


196 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 22:49 ID:???
>>195
(゚Д゚)ゴルァ!!
キモイURL貼るなや

197 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 23:10 ID:???
最近、ちょっとディアッカの様子が変だ。まぁ、元から変だという説もあるが。
正直どうでもよいのだが、自殺されたら困るので、ヤツの心理状態が
わかるようなものはと、あたりを見回したら総鉄屑製のノーパソを見つけた。
起動して、何か無いかとファイルをいじくっていると、かちゅ〜しゃを見つけた。
ヤツが何を考えているかわかると思い、スマンと心の中で謝りつつ、
かちゅ〜しゃのkakikomi.txtを、覗いてみたら・・・
--------------------------------------------
Date : 2003/01/10 22:45:06
Subject: ディアッカと俺の関係
URL : http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1041720526/
From :
Mail :

 同志たくさん。
ttp://www2.rocketbbs.com/301/matoi.html

--------------------------------------------

ディアッカ・・・、こんな事をするようになるまで追いつめられているのだろうか。
明日イザークと相談してみよう。

そんだけ



198 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 23:22 ID:???
>>195ごときのネタをディアッカに絡ませんな。
ディアッカが汚れる。
ディアッカキチガイネタは好かんな。
あくまでかわいそうなイイ奴でいてほしいという願望がある。

199 :通常の名無しさんの3倍:03/01/10 23:22 ID:???
つーか、なるべく文字レス・感想レスは控えた方がいいと思われ(俺含め
感想レスよりネタが多い方がこのスレ的には面白い。

200 :198:03/01/10 23:27 ID:???
>>199に同意。張本人ながら、そう思われ。

201 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:03 ID:???
折角良スレだったのに、レス3桁以降くらいから空気読めてないネタ増えてつまらん。


202 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:12 ID:???
それは終業式でのこと。体育館に集まって校長の長い話を聞いた後
大掃除の当番を決めるジャンケンが行われた。
各クラスから1人ずつ代表が出てジャンケンをし、負けたクラスが体育館の掃除を担当するのだ。
俺のクラスの代表はディアッカ。アスランとニコルが「頑張れ!」と叫び、
イザークが「負けたらどうなるかわかっているんだろうなぁっ!?」と脅迫めいた激をとばしている。
だが当のディアッカの足取りは重い。そして俺の横を通りすぎる時、奴はぼそりと呟いた。
「今日の牡羊座の運勢、最下位だったんだよな…」
案の定ディアッカは負け続け、ついに隣のクラスの代表のキラと一騎打ちになってしまった。
「はぁ…結局僕たちが掃除なんでしょうかね…」と、ニコル。
「この腰抜けぇっ!最後まで縺れ込むとはどーいうつもりだぁっ!!」と、イザーク。
「…キラに掃除当番を押しつけるわけには…」と、アスラン。
そんな声が聞こえているのかいないのか、ディアッカはうつむいたままキラを見ようともしない。
俺はいたたまれなくなって、イザーク達の野次を止めようとした。その時。
「グゥレイトォ!!」
突如背後からディアッカの叫びが聞こえた。振り返ると高々とチョキのままの手を掲げ、
仁王立ちをしているディアッカの姿。そしてため息をついて自分達のクラスに頭を下げるキラ。
どうやら勝負は一瞬でついたようだ。
代表として前に出た時とは比べ物にならないほど明るい表情で、ディアッカはクラスの列に戻っていく。
そして俺の横を通り過ぎる時、奴はまたぼそりと呟いた。
「俺、占いっていうのはいいものだけを信じることにするよ」
そのまま後ろへ戻るディアッカ。
背後から「覚悟したのに拍子抜けですね」「貴様ぁ!勝つのなら最初から勝て!」「キラ…クラスの人になじられないといいけど」
そんな罵声が飛び交っていたが、俺は何故か振り返れなかった。

そんだけ。

203 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:18 ID:???
グゥレイトォ!!って良いな

204 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:28 ID:???
空気が読めてないのはネタスレにいちいち批判レスつけてる香具師。
ネタ提供もできないやつに批判する権利なし。

205 :微妙に長い。ゴメソ:03/01/11 00:33 ID:???
婚約者のラクスと仲良くしたい、けどいざ会うと緊張して………とアスラン。
そんな2人の仲を進展させてあげたく、俺と俺の彼女を交えて4P…ではなくダブルデートを提案してみた。
「手も繋いだ事もないのにデートだなんて」
と、アスランは最初こそ頑なに拒否していたが、
俺達がいればいささか話しやすくなるし、いい雰囲気だってこっちが用意してあげるから…と延々と説得してみた結果、
とうとう首を縦に振ってくれた。

問題は、その時一緒にいたディアッカ。
痔持ちのコイツに彼女なんかいないよなぁと思いつつとりあえず誘ってみると、妙にトーンを上げた声で
「え? あぁ、ああ。 行く行く。 行くよ!
 なんだよお前、いくら俺でもガールフレンドの1人や2人ぐらいいるよ? 任せとけって…」
絶対強がりだと確信したのだが、アスランが人が多い方がいいと言うのでコイツも連れていくことにした。

206 :205の続:03/01/11 00:33 ID:???
トリプルデート当日。
当然というか何と言うか、待ち合わせの時間になってもディアッカは来ない。
お嬢様のラクスを待たせてはアスランの顔も潰れるというものなので、
もうこのまま4人で行こうという話になった。

そうしたら来た。ディアッカが。
やはり一人だったが、なんだか様子が変だった。猛烈に赤く腫れている。顔が。
フラフラと千鳥足でこちらに向かって来て、俺1人を手招きして涙声でボソボソと何か喋り始めた。
「ごめん…その、遅くなって……。 それに、ごめん……。 俺、見栄なんか張っちゃったけどさ……
 ぶっちゃけ俺、女の知り合いなんか……その、一人もいなくてさ……。
 邪魔してごめんな……。 馬鹿だな、俺。 どうしようもないな、ハハ…。 じゃあな、本当にごめん。楽しんで来てくれ…」
その異様な雰囲気に飲まれて俺が言葉を返せずにいると、ディアッカはとっとと帰ってしまった。
アイツの去り際にようやく知ったのは、頬の腫れはどれもビンタによるものらしいということ。
その数を確認する時間は取らせて貰えなかった。
確かにアイツは馬鹿だ。でももっと馬鹿がいた。

アスラン達には悪かったが、その時ほど気分の悪いデートはなかった。

そんだけ。

207 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:35 ID:???
それは、>>198だけだと思うが。
>>198のみに空気壊されるぐらいなら
ネタ提供してくれ。だんだん哂えん
ようになってきているぞ。


208 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:39 ID:???
ボーイズビーみたいで泣けるな

209 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:48 ID:???
>198より>201のほうが空気壊してると思われ。
自分はこのスレ面白いよ。
つまらないと思ったらさっさとブラウザ閉じてもう来なきゃいいだけの話。

210 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:53 ID:???
正直、コピペの改造にしても自分でゼロから作るにしても、
元ネタ探したり思い出したり、構成したり削ったりして、
推敲したりすると結構時間がかかる。
そのときの思いつきや、気分とかがダイレクトに影響したりするので、
その辺はご容赦頂きたい。
つまらなければ、各自専用ブラウザを使って自分であぼーんされたい。

そんだけ


211 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 00:54 ID:???
>>205-206
俺も同じようなネタ考えていて、書こうと思ってたが、
そっちのネタの方がずっと面白かった。

そんだけ

212 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 01:34 ID:???
朝、コーヒーを飲みながら新聞を読んでいたら
地方ニュースの隅っこでディアッカの名前を発見した。
見出しは「バスターガンダム、逆立ちに成功?前代未聞の珍事にザフト騒然」だった。
なんだかディアッカが遠くへ行ってしまったような気がした。

朝食を食べ終わり、外へ出ると
イザーク達の荷物を持たされてよろよろ歩いているディアッカを発見した。
俺を見つけて弱弱しく笑うディアッカを見て、俺は心のどこかで安心してしまった。

そんだけ。

213 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 03:03 ID:???
夕方、忘れ物を取りに教室に行くと、不良で有名なディアッカが
教室の後ろにある水槽の緑亀にしゃべっていた。
冷徹な目でコロナを無心にむさぼる冷血動物に、普段見せたことのない様な
微笑みをたたえながら、「うまいか?亀吉。遠慮せずに食えよな。俺のおごりだ」
等と話していた。
うまく言えないけど、胸が切なくなって、俺は教室に入らずにそのまま帰った。

そんだけ

214 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 03:54 ID:???
ディアッカがどうしても合コンしたいと言うので、セッティングしてやった。
隣のアークエンジェル高校から、選りすぐりの可愛い子に来てもらったのに、
奴は上がりまくって変なテンションにはいり、会場のカラオケボックスに入るなり、
頭数合わせ程度に呼んだアスラン(本命が既に二人いる)の隣に座り、
いきなり政治問題や家のペットについて等、普段したことないような会話を妙なテンションでし出した。
アスランは、しきりに時計を気にしながら、タイミングの合わない生返事をしている。
そんな二人はもちろん場の雰囲気に合わず、そんな中、そこそこ顔もよく、
まんべんなく愛想のいいニコルは一人で女の子にもてまくり、ますます
ディアッカ達は話に入れなくなっていた。

一次会も終わり、男が集まり会計をしていると、
「合計いくらだから、一人はいくらいくらですね。二次会はどうしますか?
するんなら僕、いい場所知ってるんで、これから予約してきますけど」
等と、幹事の俺を差し置いて、しきり出すニコル。
その背後に忍び寄り、げんこつで全力パンチを喰らわすディアッカ。
自分が悪いんだろ・・・・と思いつつ、ちょっとすっきりするが、あの体格差で不意打ち鉄拳を喰らい
ニコルはそのまま気絶してしまい、気絶すると思わなかったのか、ディアッカは半泣きになって反省し、
「これ、死んでないよな?これ、死なないよな?」とおどおどしていた。
結局、メインが気絶したのでそのままお開きになり、合コンは失敗に終わり、
ディアッカは責任を感じて、ニコルを家までおぶっていってやったようだ。

215 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 03:54 ID:???
次の日、ディアッカは学校に来なかった。
夕べ深夜にいきなり家が半壊し、壊れなかった方で寝ていたので危うく難を逃れたものの、
振動で倒れたタンスの下敷きになって、大けがをしたそうだ。
専門家の話によると、老朽化した家が自然崩壊したのだろうと言うことらしい。
俺達は気の毒になって奴を見舞いに行った。
奴の家にはいると、片方の壁には風で揺らめくビニールシートが掛かっており、
事故の痛々しさが伝わった。
奴は包帯でぐるぐる巻きになりながら布団で寝込んでおり、普段からは想像付かないほど
弱々しい態度で、俺達を歓迎した。
そんな状態になっても、ニコルはあれから脳内出血になってないか。いきなり死んだらどうしよう・・・・
などと、人の心配をしており、俺達の涙を誘った・・・・が、俺達は見てしまったのだ。
風でひらめいたビニールの隙間から・・・。
半壊したがれきの山と化した建物のど真ん中に残るブリッツの足跡を。

とりあえずディアッカには、ニコルは元気だと伝えて置いた。
よかったな、ディアッカ・・・・。合コンが原因で死ななくて。

そんだけ

216 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 05:47 ID:???
>>214-215
ワロタw

217 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 07:22 ID:???
>>214-215
ミラージュコロイドの正しい使用法を、やっと見た

218 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 13:36 ID:???
このスレだんだんトロワスレの様になってきてるな(w

219 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 14:14 ID:???
今日は週に一度の実戦シミュレーション。
高性能のコンピュータを動かして戦場の雰囲気をそのまま映し出しておこなう、ザフトならではの訓練だ。

「だぁぁぁぁ皆殺しだ! ストライクはどこだ! みんな殺しちゃるけいのう!」
などと奇声を発しながら、物凄い勢いでスコアを伸ばしていく男はイザーク。
端から見てるとキチガイそのものにしか見えないのだが、そのダントツの撃墜数はクルーゼ隊長も一目置いているらしい。
精神安定剤は手放せないらしいというのはイザーク本人の弁。…そろそろ病院に連れこんだ方が良さそうだ。

そんな暴れん坊の番も終わり、次はディアッカが基盤の前に座った。
よーしパパ、イザークの奴に追いついちゃうぞー、なんて零しながら自身タップリで始めたのだが、
民間船に動揺している間に後ろから敵に撃たれ、即座に終了した。
「い、いやー…俺、やっぱり本当の実戦じゃないとダメだなー。 はははは、はは…」
等とディアッカは言い訳していたが、これが戦場なら死んでいたんだぞと隊長にキツくしかられ、
終いには成績不振ということで放課後に残る事になった。
イザークは後ろで笑っていた。

俺も一応補習に付き合ってやったが、ヤツはその後も同じ状況で何度も撃墜され、
ようやくお情けで帰してもらった頃には10時を回っていた。
「ごめんな…。 こんな時間まで待ってもらっちゃって……」
などと弱々しく呟くディアッカ。終わらせようと思えばすぐ終わったはずだった補習。
俺は正直腹が立ってないこともなかったのだが、それでも民間船を落とせないのはコイツぐらいだなぁと変に感心した。

そんだけ。

220 :205:03/01/11 14:16 ID:???
>>211
先取りスマソ。
そちらのネタも是非読みたいので、205-6が流れた頃に貼ってみて欲しいな。

そんだけ。

221 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 14:51 ID:???
今日図書館に行ったらディアッカがいた。
生物の棚の前で何かを見ながら大笑いしていた。
古生物図鑑のイクチオステガのページだった。
なにがおかしいのか聞いてみたら、
ディアッカ「こいつの間抜け顔、たまんねー」
といってきた。
「それ、俺らのご先祖様だよ」
といったらとても驚いたようだ。
俺はあのイクチオステガみたいな顔になったディアッカを忘れないだろう。

そうんだけ。

222 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 15:11 ID:???
ここのディアッカは優しいやつだな…

223 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 15:24 ID:???
ここのディアッカうざってー

224 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 18:24 ID:???
>219
チョットしんみりしたyo

225 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 18:27 ID:???
朝からディアッカがうるさかった。
なんでも、夕方のニュースに出るとかで大騒ぎしている。
俺は適当に受け流そうとしたが、ディアッカが(´・ω・`)しょんぼりしたので見ることにした。
何に出たのかはあえて聞かなかった。どうせ通りがかりにカメラに映っただけだろうし。

そしてそのニュースが始まった。
隣のディアッカは、自分が出るのはまだかと待ちわびている。
「このコーナーだ!絶対俺が映ってる!」ディアッカが騒ぎ出した。
初詣のVTRだった。だが、ディアッカがインタビューされているわけじゃなかった。
じゃあ何をしていたかと言うと、後ろでカメラに向かってピースをしていた。
数多くいる参拝者の中、そんなことをしているのはディアッカだけだった。
しかもVTRが終わるまでずっと映っている。どうやらカメラを追い駆けまわし、
撮影するごとに後ろでピースをしていたようだ。

VTRが終わった後もディアッカは興奮していた。
俺は何も言わないでおいた。

226 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 19:19 ID:???
その日ディアッカは出撃もしていないのにこう言い出した。
「僕は・・・・僕は・・・ミゲルを守れなかった・・・うっぐ・・・・」
俺はそんなディアッカを見てこういった。
「俺がついてるから、大丈夫。俺がついてるから。」
俺はディアッカと熱いくちづけを交わした。
当然ディアッカは俺のキスに対して返してくる。
俺はディアッカを優しくこの手で抱いてあげた。

しかし、ミゲル俺は、NT研究所からの一番の親友だ。
それを出撃していないとはいえ守れなかったディアッカを本当は憎んでいる。
「ディアッカ・・・・戦って戦って死なないと俺はお前を許さない」
俺は心の中でそうつぶやいた。

そんだけ

227 :266:03/01/11 19:20 ID:???
ミゲルと俺は、だった。スマソ。

228 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 19:21 ID:???
なんでNT研究所なんだよ!

229 :226:03/01/11 19:23 ID:???
っていうかまた誤爆。

230 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 19:31 ID:???
>>225 ワラタ

231 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 19:39 ID:???
ミゲル俺ワロタ

232 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 19:52 ID:???
ディアッカがどうしても見てくれと言うから
しかたなくSEEDを見てやった。
しかしディアッカはなかなか出てこない。
腹も減ったので吉野屋へ行こうとTVの電源に手を伸ばすと

「イザーク”達”無事に(略」


なんだディアッカ、やっぱ友達居ないんだな…
そう思いながら、俺はTVを消した。

そんだけ

233 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 21:50 ID:???
携帯を見ると、知らない番号から何度も着信があった。
マナーモードにしてカバンの奥に入れていたから気付かなかったが
酷い時には分刻みでかかってきていたらしく、携帯の着信履歴がその番号で埋め尽くされている。
かといって俺からかけ直す気にはなれず、とりあえず放置しておくことにした。

翌日、ディアッカが不安そうな表情で俺に話しかけてきた。
「あのさ…イザーク、俺のこと何か言ってなかったか?」
「別に…何かあったのか?」
「いや、昨日何度もイザークに電話したのに出ないんだ…
携帯だから番号だって出るはずだし、ちゃんと俺の番号だって登録してあるはずなのに…
でも俺、何もイザークを怒らせるようなことした覚えなくて…」
…そういえば以前、俺とディアッカとイザークで携帯の番号を交換した時、
電池がやばくてディアッカの番号はその場で登録せず、メモをもらったまま放置していたのを思い出した。
俺は自分がアホだと思ったが、イザークと俺を間違えて登録したらしいディアッカもアホだと思った。

「………で、イザークには何の用があるんだ?俺からそれとなく聞いておくけど…」
「あ…うん、以前貸した『世紀末リーダー伝たけし』全巻、そろそろ返してほしくて…」

俺はなんとなく突っ込めなかった。そんだけ。

234 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 22:24 ID:???
援交で捕まるディアッカ想像してワラタ

235 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 23:11 ID:???
友達とダベっていたら、帰宅時間が12時を越えてしまった。
夕食も大した物をとっちゃいないので小腹がすいた。なんか冷蔵庫にあったかなぁ。
そう思いながら誰もいないはずの家に到着した。

しかしいた。誰かいた。そんな感じがした。この俺にプレッシャーを与えるパイロットとは一体何者なんだ。
まぁこんな時間に俺の家に無断侵入する輩なんて、1人を除いていなかったのだが。
ピコピコとゲームの曲をBGMに俺が扉を空けたその先には、やはりディアッカがいた。
人が買い溜めしておいた菓子を何の躊躇いもなく食い散らかし、
どこぞの装甲と同じつづりのゲームに熱中していたその男は、当然俺を見ると申し訳なさそう顔をして弁解を始めた。
「あ、ご、ごめん……。 うちのPS、壊れちゃって修理に出しててさ…。 その…すぐ帰るよ」
もう慣れちゃったからいいよ、と俺は半分呆れたように言い捨てたが、ディアッカは寂しそうな表情を消せずに帰る仕度をし始めた。
俺はとりあえずヤツの胃の中に消えた菓子代を通常の3倍の値段で払わせた後、
ずいぶんと汚れてしまった部屋の掃除を一緒にした。
ディアッカは只々ごめん、ごめんと連呼していたが、俺自身はそれほど嫌という感覚はなく、
一度始めたら止まらないコイツの散らかし具合を笑いながらかえって喜んで手伝った。

しかし、同じく床に散乱していたゲームを整理していた時、俺は一つ見慣れないものを発見してしまった。
今まで見たこともない、大小様々な12人の女の子達のみが映ったパッケージ。当然俺の所有物ではない。
これお前のものかよ、と俺がディアッカに聞こうとした瞬間、いや俺がそのソフトを手に取ったときからなのだろう、
ヤツは何の衝動にかられてなのか顔色を真っ青に染めていた。
「あ……ああ…あああ………」
声にならない声を出すと、ディアッカはそのまま逃げるように家から出て行ってしまった。

あれから3ヶ月。
あのゲームは、未だ俺の家に転がったままだ。

そんだけ。

236 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 23:11 ID:???
それだけの為に分刻みで電話するディアッカもすごい。

237 :名無しさんの3倍:03/01/11 23:21 ID:???
で、ディアッカは12人のお兄ちゃんなわけだが

マイシスターは誰だか知りたい

238 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 23:21 ID:???
>>235
> 今まで見たこともない、大小様々な12人の女の子達のみが映ったパッケージ。

ま、まさか妹姫!?

239 :通常の名無しさんの3倍:03/01/11 23:47 ID:???
最近ディアッカのイザークに対する態度が冷たくなったような気がする。
以前はアレほどまでに女王様と気弱な犬という感じだったのに。
あまりに急激な変化にイザークの方がついていけないようだ。
「こ、腰抜けがぁああ!!」と、泣きながらディアッカに捨て台詞を吐いて
走り去るのを見かけた。
どうしたんだろうとアスランに相談したら、
「ああ、ディアッカはおにいたまだからね・・・」
とキラへの熱い視線を外さないまま答えてくれた。

ていうかこんなんばっかかよ、ザフト。

そんだけ。

240 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:03 ID:???
某店のガンプラ売り場をひやかしてたら(なぜか種のはストライクとデュエルしかなかった)
小学校低学年くらいの子どもが俺の前をちょろちょろしながら

「バスターないかなー。バスター。僕が欲しいのはバスターなのに。」


…こ、こいつディアッカか?

単なる実話なんだが、その少年のセリフが妙に棒読み調だったのが気になった。
そんだけ。

241 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:08 ID:???
>>240
禿げワラ。良かったな…ディアッカ…。

242 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:08 ID:???
>「ああ、ディアッカはおにいたまだからね・・・」
これの元ネタがわからない。シスプリ?

243 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:23 ID:???
>>221のイクチオステガ
ttp://www.ne.jp/asahi/dinosaur/araki/im/98.htm

244 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:25 ID:???
>>242
まあ、ここを参照しておくれよ。気をしっかり持ってね。
ttp://www.mediaworks.co.jp/gamers_s/sispri/sis02.html

245 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:26 ID:???
>>243
ディアッカに見えてくるから不思議だ。

246 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:40 ID:???
>243
……(w

>244
サンクス。そうか、わかったよ。おにいたまね。

247 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 00:56 ID:???
アスランがとんでもないことを仕出かしてくれた。
婚約者のいる分際で、他の女をはべらかしてきてくれたのだ。確か名前はカガリだとか言った。
たまたま知り合っただけだ、と彼はいつもの冷然とした様子で言うが、
たまたま合っただけの人間2人が肩を組んで登場するのはありえない。
「この腰抜け兵がぁ、羨ましいだろうがぁぁぁああ!」
例のごとく鬼神イザークのご光臨で、その場は大荒れとなってとりあえず一幕閉じた。

まぁ俺達はただアスランをボコれば気が晴れるのだから何も問題は無い。
厄介なのはラクス嬢だった。
幸いその場にはい合わせなかった彼女だったが、あろうことか誰かが告げ口したらしい。
あれで結構執念深い性格なのか、数日の間はどうも機嫌が悪いようだった。
今回のことが原因で2人が破局という可能性だって充分有り得てしまう。
どう考えてもアスラン本人が悪いのだが、友達の危機は友達が救ってやるべきだろう。
今回の仲裁に、俺はディアッカの清らか過ぎる純心でも利用してやる事にした。

「お、俺がぁ!? そんな、でも俺1人が励ましても……相手はラクス嬢だし、恥ずかしいし……」
もちろんディアッカのヤツは最初は拒否した。
「俺彼女からアウトオブ眼中だし、こういうのは本人達だけで解決するべきだろうし、ムシロワカレテクレレバ………」
いろいろと理由をつけて女々しく回避しようとし続ける軟弱者だったが、
ラクス嬢にお近づきするチャンスじゃないか、と一言付け加えると、ヤツは手のひらを返したように
「そっか…そうだな。 友達の危機は友達が救ってやるべきだよな! 俺、頑張ってみるよ!」
そうしてディアッカは満面の笑顔で生まれて始めてラクス嬢に自分から話しかけたんだ。
そう、アイツはアスランの事を誉めたつもりだったんだよな。
「えっと……ラクスさん。 いやー、はっはっは。 あなたの婚約者のアスランの連れてきた彼女、可愛かったっスね! ははは」

俺達2人は、夕焼けの映える川のほとりに寂しく座っていた。
「なぁ……青春って、難しいね…」
震えるようなディアッカの声に、俺は無言でその肩に手を置いてやった。

そんだけ。

248 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 01:26 ID:???
>>711
いた
痛いいたいたたいたいたいたいたいあいあいたたいあ
いたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたいたい
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
itaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiit
aiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiita
iitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaii
taiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiit
aiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiita
iitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitaiitai

249 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 01:44 ID:???
>>226
>その日ディアッカは出撃もしていないのにこう言い出した。
この時点で爆笑してしまった。最高。

250 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 01:48 ID:???
一応突っ込んでおくが…
>>248、誤爆?

251 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 01:53 ID:???
>>247
>たまたま合っただけの人間2人が肩を組んで登場するのはありえない。
たまたま飲屋で知り合って、意気投合したリーマンみたいだよな(w
肩を組んで登場するのは男同士の付き合いだな。

252 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 02:12 ID:???
可愛い婚約者もいるのに、カッコイイ恋人もできたアスラン。
どうすればそんなにもてるんだ?と、もてない君代表のディアッカがアスランに詰め寄っていた。
隠すと為にならねぇぞ・・・・。
指を鳴らしながら、威嚇するようなその表情は、いつになく真面目で険しい。
真剣だな・・・ディアッカ・・・・・。

「その質問は、私にして貰おうか」
颯爽と、マントを翻して登場するかがり。
ダンッ!と、イスに片足を乗せ、ヤンキーっぽいディアッカの風体に臆することもなく
男らしく正面から相手を見すえてくるかがりの瞳に、さすがのディアッカも顔を赤らめて戸惑っている。
「どうすれば、私のように可愛い恋人(アスラン)が出来るか・・・・教えて欲しいだろ?」
はい、教えて下さい。
・・・・あのディアッカが、なんて素直に・・・・・
よっぽどせっぱ詰まってるんだろうな・・・・・
「ふぅん・・・・・」
しばらくディアッカを頭からつま先まで見渡していたが、成績などのパーソナルデータを耳打ちさせる。
「よし、大丈夫だ。お前でも確実に彼女を作れる方法を教えてやろう」
本当ですか?かがり様!!
・・・・おいおい、様付けかよ・・・・・
「ああ、もちろんだ。お前ならほとんど100発100中だぞ。しかもほとんどの女は料理上手で
家庭的な、男を立てる女が多い。早速明日、その場所につれていってやろう」
ディアッカは、かがりに対して、もうしっぽをちぎれんばかりに振る犬ころのようだ。

次の日ディアッカは、かがりと共に老人ホームに行った。
・・・・慰問にでも行ったのだろうか・・・?

そんだけ

253 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 04:47 ID:O+/LXIQ/
ヽ(`Д´)ノボッキアゲ

254 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 18:10 ID:???
学食で昼飯を食べた後に休憩所に行くと、アスランがソファーに座ってくつろぎながら、
「宇宙拡大加速論と、既存の重力概念の誤りについて」という、俺なら見ただけで吐き気を催す
様なタイトルの本を読んでいた。
そんな本を読みながら、くつろげるなんて・・・・・
さすがコーディネイターだなと思った。

情報処理室に行くと、ニコルが、「遺伝子、環境、脳、ホルモン。人間の外的男女差、内的性的欲求に
最終的に関わってくるのは何か」と言う議論でチャットしていた。
これは俺もちょっと興味あったが、すさまじい勢いで進む訳の分からない単語と化学式だらけの内容に
とてもついていけなかった。
その流れを止めることなくキーボードを叩くニコルの手は、神業としか言いようがない・・・・
さすがコーディネイターだなと思った。

家に帰ると、ディアッカが家の犬に向かって、「どうして1+1は2になるんだろう・・・・・」と、真顔で話していた。
ここまで来ると、頭良すぎてかえって頭悪い気がするのは気のせいだろうか・・・・。
しかも犬に向かって・・・・何を期待してるんだ?おまえは。
さすがディアッカだなと思った。

そんだけ

255 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 19:05 ID:???
すごいでっかい綺麗な花束を抱えたディアッカとばったり会った。
おいおい、誰に渡すんだよ、それ。ちゃかすとあわてて逃げていった。
俺達はわくわくしながら尾行した。
花束が贈られた先は、先日イザークが逝かせた幼女の墓だった。
ディアッカはゆっくりと合掌した。
ああ、ディアッカはおにいたまだからね・・・
アスランのつぶやきが俺の脳内にこだました。

そんだけ。

256 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 19:25 ID:???
もうすぐセンターだから最近誰にもあってない。友達もそうだからメールも来ない。
そんな今日、見飽きたエロ本を見てた。抜いた後、普段見ない後ろのほうのページ
見たら「エロ漫画家への道」とかいうコーナーがあった。エロ漫画家の汚れ切った
生活が詳しく書いてあった。

夕飯を食べた。ディアッカからメールが来てた。・・・・・・・・・。

そんだけ。

257 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 21:28 ID:???
学校のトイレの鏡の前で深刻な表情で髪をいじっているディアッカがいる。
用を足して手を洗いがてら話しかけるとディアッカは
「最近風呂入ると30本ぐらい抜けるんだよなぁ…禿げるのかなぁ…」
と泣きそうになりながら言った。
人間は毎日大小合わせて100本くらい抜けること、
お前みたいに量が多い奴は抜けやすいこと、
髪を痛めない洗髪方法などを教えてやると
ディアッカは俺の手を握って「ありがとう…本当にありがとうぅ…」と
鼻をすすりながら感謝した。
明日からディアッカのために海草料理を増やそうと思った。

そんだけ。

258 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 23:02 ID:???
>>254
ワロタ

259 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 23:40 ID:???
>>254
ハゲシクワロタ

260 :通常の名無しさんの3倍:03/01/12 23:43 ID:???
>>254
犬に必死に話し掛けてるのが悲しい(藁

261 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 00:01 ID:???
1+1は2になるんじゃなくて、1+1を2としたんだったよな?

262 :張 五飛:03/01/13 00:08 ID:???
>>257
髪についてなら、俺が先輩としていつでもアドバイスしてやると
ディアッカに伝えてくれ。

そんだけ

263 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 00:11 ID:???
今日、ザフトの最高文化技術賞の選考会があった。
文化技術賞とはいっても、今は戦時中だ。
当然軍事関連の技術のエントリーが多数を占めている。
そんな中、クルーゼ隊からはディアッカの開発したOSが出品された。

ディアッカの開発したOSは、なんと同時に512体もの敵を自動ロックできるという優れものだ。
現在はバスターで試験運用されているが、このOSを戦艦に搭載したらザフトの勝利はほぼ確定的となるだろう。
当然軍部のお偉い方の関心はディアッカのOSに集中している。
隊長も鼻高々だ。

そんな中ディアッカのプレゼンが開始された。
デ「え〜、このOSの特徴としましては・・・」
ディアッカがOSを立ち上げる。
だがその瞬間立ち上がったOSの壁紙には優香のアイコラが・・・

ディアッカのOSは賞を取る事ができなかった。

後で聞いた話だが、評議員を務めていたイザークの母親が猛反対したらしい。

264 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 01:12 ID:???
今日の夕方、俺が自転車に乗っていると、川原でディアッカを見た。
ディアッカは犬の散歩中らしく、右手にはフリスビーを持っている。

すると、ディアッカが犬を放し、わくわくした表情でフリスビーを構えた。
「そーれとってこーい!」
ディアッカは思いっきりフリスビーを投げた。
が、それを無表情で眺める犬。
フリスビーは30Mほど先で草むらに落ちた。
高揚した顔で、犬とフリスビーを交互に見つめるディアッカ。
が、それを無表情で眺める犬。
一分後、ディアッカはフリスビーに向かってとぼとぼと歩きだした。
その背中がやけに小さく見えた。

俺はなんだか夕日が目に染みて、その場にそれ以上いられなかった。
がんばれ、ディアッカ…!
そう思いながら、泣きながら自転車をこいだ。


265 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 01:15 ID:???
ホッシュホッシュ

266 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 01:35 ID:???
ディアッカは、窓98の「不正な処理を行ったので・・・・」
の不正な処理って何だろうと毎回悩んでいた。
・・・・禿げるぞ

267 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 03:42 ID:???
薬局に行った時、ディアッカがぽつりと呟いた。
「バファリンの半分は優しさでできてるんだって…なんかいいよな」

そういえばこの前マクドナルドに行った時には
「スマイル0円って嬉しくねえ?」と言っていたのを思い出した。

そんだけ。

268 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 03:55 ID:???
スマイル0円を嬉しがるほど周りの人は彼に微笑んでくれないのか・゜・(ノд`)・゜・
でも本編見ても微笑んでくれなさそう。

269 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 04:19 ID:???
種本編で痔悪化を見るたびに、笑いがこみあげてくる

270 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 04:56 ID:???
昨日の昼に、ディアッカと一緒にカップ焼きそばを食べた。
中にお湯を入れてから3分後、お湯を捨てる時にディアッカは
間違えてお湯と一緒に麺まで捨ててしまって、顔を青ざめさせていた。

仕方が無いので、俺の作ったのを二人でわけて一緒に食べた。
ディアッカは何度も「ありがとう」と繰り返していた。

そして今日の晩に買い物に行った時、カップ麺のコーナーを通ったら
何故だかあの時の、申し訳なさそうに感謝の喜びを
表していたディアッカの笑顔が思い浮かんで来て、
気がついたら俺はカップ焼きそばを手にしていた。
次は奴も失敗しなければ良いなと思いながら。

そんだけ。

271 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 07:44 ID:???
>>264の続き

後日、同じ河原を夕方通ったら、どうしても拾ってくるのを躾けるのが無理だったのか
犬にフリスビーを投げさせる訓練をしていた。
犬が投げたフリスビーを、高揚した顔で拾いに走るディアッカを見て、
俺は再び夕日が目に染みて、その場にそれ以上いられなかった。
なんか違うぞ、ディアッカ…!
そう思いながら、泣きながら自転車をこいだ。
そんだけ




・・・・・・作者さん、勝手に使ってスマソ

272 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 12:20 ID:???
ディアッカがスーパーから出て行くところを目撃した。
黒い肌を赤くして、
見ているほうが恥ずかしくなるほど崩れた笑みをしていたので、
どうしたのかと思い見てみると、
手にした買い物袋の中に赤いパッケージの牛乳があった。

ディアッカに、
「MEGMILKにはMEGUMIの母乳が入っている」
という嘘情報を流したことを思い出したが、
ひどく幸せそうな奴の顔を見ていたら、
そんな情報が嘘でも本当でもどうでもいいような気分になったので放っておくことにした。

273 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 12:28 ID:???
>255
>263
>272
おにいたまでおっぱい星人か・・・

そんだけ。

274 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 12:45 ID:???
ディアッカは無類の巨乳好きだからなぁ…

そんだけ。

275 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 16:22 ID:???
馬鹿だなあ。俺達のディアッカは常に飢えてるから何でもいいんだよ

そんだけ。


276 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 16:41 ID:???
北海道のとある牧場を訪れたとき、牛舎で乳搾りのバイトをしている
ディアッカがいた。俺は、「すげぇ!!有名痔だ!!ラッキー!!」
と、ガッツポーズをしたところ、ディアッカは奇怪な声を発しながら、
「MEGUMIちゃーん・・・・ハァハァ・・・おっきいよぉ・・・。
 おにいたん興奮してきたよぉ・・・。」
などと言いながら牛のにゅうを絞っていた。俺は、友達の>>274が言っていた
「ディアッカは無類の巨乳好きだからなぁ・・・」という言葉を思い出し、
納得しつつ、その有名痔の貴重なプライベートを眺めていた。

そんだけ。


277 :激しく板違い:03/01/13 17:15 ID:???
ここ見てたら懐かしいスレ思い出したよ
http://cocoa.2ch.net/soccer/kako/970/970506654.html

278 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 17:29 ID:???
。・゚・(ノД`)・゚・。なんかディアッカがむっつりになってて嫌だ。
始めの頃の純粋なディアッカカムバーック。

279 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 17:47 ID:???
まあ下ネタはほどほどにということだな

280 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 17:54 ID:???
ワラタけど・・・。
むっつりな所も、ディアッカらしい・・・

281 :276:03/01/13 17:57 ID:???
もうそろそろ学園ものとかも飽きてきたから、
ムッツリネタもいいかもな。

282 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 17:59 ID:???
嫌だ…。

283 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:23 ID:???
         /巛 》ヽ
         ヾノ"~^ヽ,^
         c |´Д` リ
         /   /⌒ヽ
      _/⌒/⌒/ / |__
     / (つ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/  ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |  かまって     |  \/
    |    ください   _|/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄


284 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:25 ID:???
283のディアッカを見て俺は…どうしても声をかけられず
ダッシュで走り去るしかなかった…

285 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:27 ID:???
>>283のディアッカは嫌だ・・・・。

286 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:31 ID:???
ニ週間前、ディアッカの奴が俺にこう宣言していた
「二週間後、俺はアスランを越えて見せる!」と
今日で大体二週間になるが一体どんな生まれ変わった姿を見せてくれるのだろうか?

ところでさっきから隣でイザークが騒いでるけど何かあったのか?
「一体なんなんだぁああ!!この赤いアナルバイブはぁああああ!!!」

287 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:31 ID:???
ttp://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1040800074/634-636
。・゚・(ノД`)・゚・。

288 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 18:41 ID:???
近所のコンビニへ行ったら店員がディアッカだった。
ソースの袋を外すのを忘れてお弁当をレンジで暖めてしまったらしく
泣きそうな顔をしながらレンジを掃除していた。
俺は何も買わずにコンビニを出た。

そんだけ。


289 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 21:16 ID:???
ぐおんぐおんぐおんぐおん

何かと思ったら、ディアッカがスーパーサイヤ人になっていた。

という夢を見た。
俺はディアッカを何だと思っているんだろう?とちょっと悩んだ。
ちょっとだけ。

それだけ。


290 :通常の名無しさんの3倍:03/01/13 21:28 ID:???
今日ゲーセン行ったら、ディアッカがいた。
待っている人の迷惑もかえりみず、何回負けても連コインで熱くなって
「ゴウのくせに」とか怒鳴ってうるさかった。
とうとう対戦相手に、「しつっこいんだよ、おまえは!!」と怒鳴られてた。
俺は他人の振りをしてそのまま帰った。

そんだけ

291 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 00:06 ID:???
ふとディアッカについて考えてみた。
「OK!」
「とんだ失態だよね・・・」
「グゥレイトゥ!!!」
以外全く思い出せなかった。
少し悲しくなった。

そんだけ

292 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 00:07 ID:???
ディアッカってダ・パンプの、、、、、、

293 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 00:28 ID:???
この前、目にいっぱいの涙を溜めてディアッカが俺の家に飛び込んできた。
ぶるぶると肩を震わせ泣きじゃくるディアッカ。
「ディアッカ!!?大丈夫か!?落ち着いて俺に話してみろよ」
俺がそういうと、ディアッカは、おびえながらこう言った。
「うっうっ・・・・ぼ・・ぼく・・・電車でお尻さわら・・・れたっ!!」
・・・・・痴漢にあったようだ。俺は、男が尻触られたぐらいでめそめそす
るなとディアッカを励ました。しかしディアッカは落ち着くどころか、
自分があった恐怖を頭の中で再現してしまっているようだった。
俺が、「犯人は捕まったのか?」と聞くと、ディアッカは、
「ぼっ!ぼくっ・・・うっ!!勇っ・・気がっ・・・無かっ!!うっ!!」
相当ショックだったのだろう。ディアッカはしゃべることも出来ないほど
心に傷を負っていた。俺はせめてもの気休めとしてこういった。
「泣くんじゃねぇよ!!俺がそいつ見つけたらぶっ殺してやるからさっ!」
するとディアッカは徐々に落ち着きを取り戻していった。
「ありがとう!!ひっく!ありがとう!!」
人にありがとうなんていわれるのは何年ぶりかと俺は少々照れくさかった。
恐怖感に襲われながらも、ディアッカは犯人の特徴を、覚えていた。
ディアッカによるとこうだ。身長160〜170cm前後。髪はセミロング。
髪は水色に染めていて、目に包帯が巻かれていたという。極めつけは、犯人はディアッカの尻を触って
いる時、なにかぶつぶつささやいていたというのだ。話によるとこうらしい。
「セクシーなケツしやがって・・・・股間がうずくだろうが・・・・。
 これで腰が抜けてなかったら最高だな・・・・・」
特徴がこんなにはっきりしているにもかかわらず、未だにつかまっていない。
ディアッカは、その犯人を、たびたび見かけていたそうだが、怖くて見て見ぬフリ
を続けていたそうだ。普段は、幼い幼女ばかりを狙うらしい。いったい犯人は、
だれなのか?見つけたらただじゃおかねぇ。俺の親友をこんなにも傷つけやがって。
変態め!!!


294 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 00:48 ID:???
みずいろ…?

295 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 00:55 ID:???
痔は自分のことをぼくって言ったり
ケツのことをお尻って呼ぶようなガラじゃないなぁ。
まあ、その違和感が面白いけど。

296 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 01:02 ID:???
>>293
きっと↓のスレの方々が犯人を罰してくれるよ・・・
ttp://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1041067788

297 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 01:11 ID:???
 種本編18話『ペイバック』になんとか自分を紛れ込ませようと、必死で
画像に手を加えるディアッカとトールを見かけた。
 その様子をカズイが物陰から見ている。

 俺は黙っておにぎりとお茶を差し入れしてやった。

 そんだけ。

298 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 02:26 ID:QD4iEvqw
或る日、ディアッカが嬉々として俺にこう言ってきた。
「バスターガンダムの股間にあの大砲つけたら強そうだよね!?」
俺は、うんともすんとも言えなかった。

そんだけ。


299 :妹とディアッカ:03/01/14 02:45 ID:???
俺の妹がディアッカに惚れた……らしい。なぜよりにもよって
奴なのか小一時間問い詰めたかったが、どこの馬の骨に奪われるよりは
マシだと俺は神に感謝した。
そんな妹を気遣って、忘年会は俺の家で行った。アスランとニコルとイザークと
それから、本命のディアッカを呼んで。

俺たちは、こたつで駄弁りながらぬくぬくしていた。暫くして、イザークが
「なんか、持ってこいぃ! 喉がうずくぅだろうがぁぁ」と発狂し始めたので
いよいよ、妹の出番。お茶菓子と、それからみかんを用意した。
みかんはディアッカの大好物だった。

あまり妹が話しかける暇もなく、ディアッカはみかんに飛びついた。
ディアッカは懸命にみかんを剥いていた。奴は弁当にも欠かさず、みかんを
持ってくる奴だが、常に皮を剥くのが下手糞だった。ボロボロになってしまうのだ。
それでいて妙に完璧癖の奴は、みかんそっちのけで皮を剥き続けた。

みかんがどんどん減っていき、見てられなくなったのか妹が
ディアッカにみかんを剥いてやった。綺麗に、一度で。みかんはそれでなくなった。
なぜか、ディアッカの表情が途端に寂しげになった。奴はきっと──自分で
成し遂げたかったのだ。妹の表情も悲しげに変わった。

俺はそんな2人に耐え切れず…それから空気読めずに茶菓子を要求するイザーク
のためにコンビニに補給しに行った。

そんだけ。

300 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 04:21 ID:???
300をカズイに捧ぐ

301 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 04:30 ID:???
さっきディアッカが家に来た。奴はいつものように勝手にあがりこみ、
あの素朴な笑みを満面に浮かべながらギャルゲーをプレイしはじめた。
俺はそれに付き合っていられないのでさっさと寝ようと布団に寝転がった。
そのうちディアッカはギャルゲーの主題歌を熱唱しはじめ、
「これいい曲だと思わない?」と興奮気味に訊ねてきた。
キャラクターのアニメ声と歌を歌い終わる時に毎回ディアッカが発する
“俺ってグゥレイト!”という自画自賛の声に苛ついてた俺は
「はぁ?いいも何も所詮ギャルゲーの歌だろ!」と一蹴し、
電気を消してディアッカに背を向けた。
その後2時間42分くらいずっと押し殺した泣き声が部屋に響いていた。
流石に罪悪感を感じた俺は「…まぁいい曲だと思うよ」と言ってやった。
泣き声はやみ、背中越しにあいつの嬉しそうな微かな笑い声がきこえてきた。
どうでもいいけど今何時だと思ってんだよ。早く帰れ。

そんだけ

302 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 04:45 ID:???
授業中にディアッカが得意満面で紙きれを俺に渡してきた。
「ずっと前気付いたんだけど、屁ってつまりうんこのにおいだよね!
 人の鼻先で屁をこく親父とか友達って時々いるけどさ→
 それってうんこ目の前に持ってって臭いかがせてるのと同じでさ
 そう思うと、屁って凄い嫌がらせだよネ→」
矢印マークにイタタと思いながら、そうだな、と返信した。
ディアッカはなぜか嬉しそうにニヤニヤしている。
…屁と目の前うんこは同じか…。そう思うと屁が許せなくなるな。
つーかこいつ何が言いたいんだろう?
ふと、昨日ディアッカがイザークに屁をかまして
「臭いんだよ腰抜けがァァーー!」と怒鳴られていた事を思い出した。
あの時はアスランが「生理現象だから仕方ない」とイザークを止めていたが…
そうか、昨日のアレは気の弱いディアッカにとって最大の嫌がらせだったのか。
俺は何気なくその紙きれを「ディアッカから」と言ってイザークの席に投げた。
休み時間、案の定ディアッカは怒ったイザークに蹴られまくっていた。
俺は助けを求めるあいつの横を通り過ぎ、トイレに行くためにクラスを出た。

そんだけ

303 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/14 06:22 ID:???
>>302
ワラタ

304 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 07:39 ID:???
今ディアッカの枕の匂い嗅ごうとしたら濡れてた。
おそらく泣いたんだろう。
それなのり朝からすんげえ元気なの。

そんだけ

305 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 08:07 ID:???
>>302-303はジサクジエーンとディアッカが言っていた。

それだけ。

306 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 13:46 ID:???
今日はザフトでのMS操縦シミュレーションを見せてもらった

イザーク「ようやくお出ましだな、ストライクゥウウ!」
ディアッカ「くそ〜、このままじゃマジでやばいぜ」
アスラン「キラ!キラなのか!!」
ニコル「皆さん!!これはシミュレーションですよ!!」

これからはニコルとだけ仲良くしようと誓った

307 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 14:44 ID:???
>306

賢明だな
 by 変態長

308 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 15:06 ID:???
昨日さ、ディアッカが俺に愚痴をこぼしたんだよ。
「俺・・・もしかしてキラ側のガキ5人より影薄いのか・・・?」
って。
俺はさ「そんなことねよ・・・」
って言ってそっとあいつにキスしたんだよ。
次の瞬間半殺しにされた。
奴は大きくなるぞ。

そんだけ

309 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 15:29 ID:???
このところ、忙しくてディアッカにかまってやれない。
・・・あぁっもう、そんな目で見るなッ!
2月になったらちゃんとかまってやるから。
それまで我慢しろ。な。
出張先から電話もするから。おみやげもいっぱい買ってきてやるから。


そんだけ



310 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 15:36 ID:???
・・・あぁっもう、そんな目で見るなッ!>
この書き込み見て、アイフルの宣伝思い出した。
「ねぇパパ、コレ買って」
「だめだめ。ボーナスまでまちなさ・・・・」
ケージから、じっとこっちを見つめるディアッカ・・・・

311 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 16:49 ID:???
310のシチュエーションでのAAキボンヌ(w

312 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 18:40 ID:???
age

そんだけ

313 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 20:15 ID:z7F4kCDG
>310
それ俺も思った。

314 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 20:37 ID:???
実は俺も>310

315 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 20:48 ID:???
昨日深夜番組を見ていたら、怪しい腹筋器具の宣伝がやっていた。アメリカで作られたものらしい。
そのCMになぜかディアッカが出てきた。
「やあディアッカ!!その腹筋ピチピチマシーンを使えばぼくも君みたいに
 ムキムキマッチョになれるのかな!?」
そこには、普段見たことの無いような不自然な筋肉を見せるディアッカがいた。
俺はテレビを消した。

そんだけ

316 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 20:51 ID:???
今日ディアッカに
「本編でお前の一人称をまだ聞いたことが無い」
と言ったら目の前でいきなり泣かれた。
そういえばイザークの一人称も思い出せないなあと思いつつ、
俺は無言であいつの肩を抱いてやった。

でももしあいつが本編で自分のことを「僕」とか言ったら友達やめよう。

そんだけ


317 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:00 ID:???
最近ディアッカを見ると、
頭の中にドナドナが流れる。

そんだけ

318 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:11 ID:1Z+BGCLA
今日家に帰るとぢ悪化が便器で流れていた。
弟が「うんこ頭〜」といって喜んでいた。

319 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:31 ID:???
日曜の昼、暇をもてあまして郊外をフラフラしていたら
ディアッカが公園で子供たちと草野球をしていた。

ディアッカは得意になって指導していたが
奴自身あまり上手ではなく
エラーをしたり構えがへっぴり腰だったりで
子供たちに笑われていた。
けれどもそんなディアッカの様子がとても楽しそうで
俺も仲間に加わりたくなり、夕暮れ時まで一緒になって遊んだ。

そんだけ

320 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:32 ID:F+Baaezj
>318
禿ワラタ。

321 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:36 ID:???
>319
微笑ましくていい。

322 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 21:36 ID:???
>>319
ええ話や・・・

そんだけ。

323 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:11 ID:???
俺とアスランで夏休みにキャンプに行く計画を立てた。
人数は多い方がいいと、ニコル、イザークも誘う。2人とも喜んでくれているようだ。
そして最後にディアッカに声をかけたが、こいつだけ暗い顔を浮かべる。
俺がキャンプは嫌いなのかと聞いたら、首を横に振り、ぽつりと呟いた。
「俺、雨男なんだよ…修学旅行でも雨降っただろ?あれ、俺のせいだよ…」
だからいい、みんなで楽しんできてくれと力なく笑うディアッカ。
だが、いつから会話を聞いていたのか、後ろからイザークの怒声が降りかかった。
「この腰抜けぇっ!雨が怖くてキャンプができるかぁっ!!」
そこにニコルが白い布を持って現れる。
「ディアッカ、僕てるてるぼうず作っておきます。あなたも作りましょう!」
アスランはアスランで携帯をいじっていると思えば、こっちに向かって声をかけてくる。
「今、天気予報サイトの週間予報見たけど…大丈夫、当日は晴れるみたいだ」
突然の皆の言葉に、ディアッカはただおろおろするばかり。
俺はそんなディアッカの肩を叩いて、こう言った。
「皆、お前とキャンプに行きたいってことだよ」
ディアッカは泣きそうな声で「ありがとう」と言い、とてもいい笑顔で頷いた。

ちなみに当日。やはり雨が降ったのでイザークの家に行ってバーベキューだけ食って解散した。
そんだけ。

324 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:18 ID:???
323>
みんなええ子やなあ。

325 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:20 ID:C/7OoIQY
>>323
ええ話やのう

326 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:20 ID:???
>323
ホロリとしそうになったよ

327 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:22 ID:???
でもやっぱり雨降っちゃう所が痔だな。微笑ましいw

328 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 22:55 ID:???
或る日、俺とディアッカとニコルで電車に乗った。
途中、ディアッカが「腹の具合が…」と言い出して、
隣りの車両にあるトイレに駆け込んでいった。
何分かして戻ってきたが、あいつは何故か蒼白な顔をしていた。
また痔が悪化したのかと思って「どうした」と聞いてみると、
あいつはかすれた声で言った。
「あのさ、俺……トイレにさ、鍵…かけ忘れちゃって。
電車が揺れた拍子に、ドア……開いちゃったんだよ。俺、まだ途中だったのに。
トイレ待ってたおばさんと、目ぇ合っちゃってさ。」
ほんとうに泣きそうな顔をしていた。
俺は困って何にもいえなくなってしまったが、ニコルは優しく笑ってこう言った。
「見てなかったよ、きっと。」
そんなわけは決してないのだが、ディアッカは単純に信じて
「そうだよな!見てなかったよな!?」
と、これ以上無いほどの笑みを返してきた。
ちょっと、和んだ。

電車から降りたら3人で飯を食った。

329 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 23:39 ID:???
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                        |``i‐'''''"" |    |
                        |  | (◎ .!  ...|
                        |  |  lj  .!    |
                        |  |    .|   |
                        |  |   _,,,/巛 》ヽ
                        ``‐‐'i''i"  ヾノ"~^ヽ,^
  ,ィュ                           .| |  c |´Д` リ    ___
.,ィi|||iト                        ヽヽ    )  (    /\__\
ミlllll|||lト      .r'"`、                  ,r''',ニ`/´   ヽ  \/(◎)
   ``‐-、_  /   ヽ        _,,,,--/ /_,、 .| .|゙、   `、    `´
       `/     ヽ  _,,,,--'''''    {  {_二ノ.ヽ    ヽ
              \           \ .{  `‐〉    .}、
                }              . | .`r.、__   ノ_ノ l、 .\
                .|             <` | .|\`¨.U \-'   \
             |l    |               \_).\ヽ、  _)!    .\
            .∧  .|                      `-.ニ-‐''      \
``-、         (__.)  |                               \
   ``-、          /
      ``-、_____,,,,--''''、_
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

330 :通常の名無しさんの3倍:03/01/14 23:54 ID:???
かちゅ使うのやめなければよかった。

331 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 00:19 ID:???
美少女オタの友人の家に久しぶりに遊びに行ったら、最近のお気に入り
とかいって「HAPPY LESSON」のビデオを見せてくれた。
五人の母親に囲まれたハーレム設定自体は正直どうでもいいが、
ギャグはそこそこ面白かったし、好きになれそうなキャラもいたので
思ったより楽しめた。
だが、途中でどうしても気になって仕方がないことがあったので、
思い切って友人に聞いてみた。
「この主人公、ママ五人でウハウハはいーけどさ、男友達はいないの?」

友人「…おまえほんっとーに美少女モノに向いてないのな…」

正直俺は12人の妹や五人のお母さんよりも、
一人のディアッカにそばに居て欲しいと思った。そんだけ。

その夜、夢にイザークが現れ、「そばに居て欲しいも何も
お前がディアッカだろうが!!オレが居てやるから心配するな」
と言われたのはヒミツだ。

10行目までは実話だということも。

332 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 00:35 ID:???
今日ディアッカがなぜか一人で一生懸命に公園の中を走り回っていた。
俺が何をしているのかと尋ねたらディアッカは自分の影から逃げることは可能なのかを試していると言った。
一緒にやらないかと言うディアッカの誘いをやんわり断って俺は自宅へと帰った。
4時間後、俺が飯を食いに外へ出るとディアッカが今度は大勢の子供たちと一緒に走り回っていた。
ディアッカは案外教師に向いているのではないかと思いながら俺は回り道をして飯を食いに行った。

333 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 00:58 ID:???
>329
ハゲシクワラタ

334 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 01:28 ID:???
ディアッカと暮らすようになってから、もう二ヶ月が経つ。

俺はその日、仕事で遅くなり、深夜に帰宅した。
リビングはオレンジ色のライトがついていて、うっすらとした部屋の
テーブルの上に、おそらく夕飯であろうものにカゴがかぶさっており、
側にはメモが置いてあった。

「チンして温めてね」

下手な字で書かれたメモを読んで俺はフッと口元がにやけ、
かぶさっているカゴを取った。

そこには伸びまくって汁のないラーメンが一杯あった。

俺は無言でカゴを戻した。

そんだけ。

335 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 01:31 ID:???
>329
何故全裸・・・・

336 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 01:35 ID:???
ちなみに328は俺の実話。
>329
禿藁。

337 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 01:44 ID:???
>336
災難だったな(w

338 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 05:44 ID:???
このスレにかかれているネタの大半は実話なんだろ?

>>329
ディアッカのケツの下に生えているのはクソか汚ねーな(w


339 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 16:04 ID:???
ageとこう

340 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 19:22 ID:???
>>69の翌日も当然俺はその駅を使用した。
改札を通るため、suikaを用意してから、何気なく掲示板を見た。
携帯電話の普及により、現在ではほとんど使われなくなった掲示板は、
ひっそりと常にきれいな姿を保っているはずだった。
しかし今日は違った。
見覚えのある汚い字が、その小さな掲示板を占領していた。
「イザーク さよなら……」
俺は足早に掲示板に近づき、白墨を手に取ると「イ`」と
書いておいた。

ディアッカはあれを見ただろうか。

そんだけ。

341 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 19:45 ID:???
自殺したんじゃないだろうな!>340

342 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 19:46 ID:???
今日、ディアッカが飴玉をくれた。
いつも俺がお菓子などを食っていると、物欲しそうな顔をするので、
分けてあげていたのだが、奴から物をもらったのは初めてだったので、
ちょっと嬉しかった。
「ありがとう」と言うと、ディアッカは嬉しそうに微笑んで、去っていった。
俺は早速飴玉の袋を破き、取り出そうとしたが、
飴は袋に張り付いて出てこなかった。
ディアッカの好意を台無しにしてはいけないと思ったが、
飴玉の袋をゴミ箱に捨てた。

そんだけ。

343 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 20:10 ID:???
>>342を読んで、俺はディアッカから貰ったきんつばが、
カバンの中に入れっぱなしだった事に気付いた俺。

そんだけ。

344 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 21:06 ID:???
ディアッカが近所に越してきたから半年目。
「冬っていいよなぁ」と、鼻の頭を真っ赤にしたディアッカが笑って言った。
「なんで、寒いじゃん?」という俺に、ディアッカは
「だって冬は部屋中が天然冷蔵庫なんだぜ? 食い物が腐りにくいんだよ!」と
嬉しそうだった。そう言えば、自炊派だと言ってた割に、夏の間はコンビニ弁当
ばかりだったなぁ、と思い出した俺は、ディアッカのアパートには、冷蔵庫は
おろか、冷暖房器具も洗濯機もない事を思い出した。
一瞬、俺の使い古しのヒーターをやろうかと思ったが、嬉しそうなディアッカに、
俺は「そうか」とだけ言って別れた。

そんだけ

345 :アスラン:03/01/15 21:36 ID:???
感動てきだな……。
ディアッカ、君のことを何気ない脇役キャラだと思っていたが……
これからはもっと声を掛けてやろう。


それだけ。



346 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 21:37 ID:???
>340今日駅の掲示板に本当に書いてあったんだ。
たぶん女に振られた男の傷心を書いたものだったんだろう。
ついでに「イ`」も本当に書かれていた。

347 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 21:38 ID:???
>>340
69を書いたの俺ですが、美しい続きをありがとう。

>>341
「どいうしているだろうか…」とか書いちゃったけど
ちゃんと今も生きていて、イザークとも相変わらず親友であることを追述しておこう。

348 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 21:41 ID:???
>>346
君のも実話だったのかw

349 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:13 ID:???
>>340を柱の影から見つめて、
suikaじゃなくてsuicaだよ・・・とつぶやくディアッカを見てしまった。

そんだけ

350 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:21 ID:???
今日ウンコしてたら、
なぜだか妙にディアッカのマスコット人形が欲しくなった
 
     /巛 》ヽ,
     ヾノ"~^ヽ,^
     (´∀` リ
     ( つ甘O  
     と_)__)  

       ↑  
     こんなの  

そんだけ

351 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:24 ID:???
「そうか…これも実話なんだ…」
俺の後ろでこのスレをじっーと黙って読んでいたディアッカが呟いた。
「ん?」
「つまりさぁ!現実ってやつも、そう、悪くはないってことだよな!」
少し奴の目元が赤かった気がするが、窓から差し込む夕陽のせいにしておこう。
俺もなんだか、ほんの少しだがそう思ったんだ。
ディアッカ、ありがとう。君(とこのスレ)のおかげだよ。

あのとき、口には出せなかったが、今ここに書き込んでおく。

352 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:29 ID:???
ディアッカの家に遊びに行った。
その時彼は、電話で話をしていた。
相手は「長電話魔」ニコルと思われる。
更にテーブルに目をやると、既にお湯を入れたカップ麺が
置いてあった。
嫌な予感はしたが、敢えて何も言わなかった。

数時間後、やっと電話から開放されたディアッカが
「伸び過ぎてるよ〜」と泣きながら
お湯を吸いすぎてふにゃふにゃのカップ麺を食べていた。
俺は不覚にもその姿に萌えてしまった。

そんだけ。

353 :352:03/01/15 23:32 ID:???
ちなみにこれも実話なんだディアッカ。

354 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:36 ID:???
>>352
萌えたよディアッカ…
長電話ニコルも萌えるけどね…

355 :通常の名無しさんの3倍:03/01/15 23:52 ID:???
>>349
俺はディアッカに突っ込みを入れられる日が来るとは思いもしなかった。
涙が少し出た。
これは悔し涙だろうか。

そんだけ。

356 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 06:07 ID:???
ある日、ディアッカを見た。道路工事の現場で働いていた。
1年前、少し照れくさそうに
「俺、大学行ったら学校の先生になる勉強するんだ」
とあいつが言っていたのを思い出した。
でも、結局ディアッカは大学にいけなかった。親父さんが病気になってしまったんだ。
過労だったらしい。
親父さんの入院費を稼ぐ為に、あいつは働き出した。
それで道路工事かよ。
寒さで顔を真っ赤にしながら黙々と働くディアッカの姿に、涙が浮かんできた。
はっきり言って似合って無いしへっぴり腰だ。やっぱりお前には向いて無いよ。
……その日はなかなか寝つけなかった。

それだけ。

357 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 06:34 ID:???
>356
・゚・(ノД`)・゚・。

358 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 06:59 ID:???
 東京に初雪が降った日。午後8時を過ぎてから、次長に頼まれ、プレゼン資料を100部コピーすることになった。
残業ですか?と聞くと、「コピーするしか能のないOLに残業代つくわけねえだろ」逆ギレされた。
一人寂しく、コピー機の前で作業した。全部終わって、原稿をまとめていると、タイトルページに誤字を発見した。
・・・・・・・・私が頼まれたのはコピーだけだ。次長の席に資料をまとめておくと、会社の通用門から外に出た。

 山手線に乗ろうとすると、イザークとディアッカが降りてきた。
ディアッカは松葉杖をついており、ホームとの段差を乗り越えるのに苦労していた。
「貴様はデュエルの援護してりゃいいんだ。AAにちょっかい出すからそのザマだ」
イザークは鼻でせせら笑うと、スタスタと階段に向かって去っていく。
「ま、待ってくれよお!」
ようやくホームに降り立つと、ディアッカは慌てて松葉杖をこいだ。
と、その時、凍結したホームで脚を滑らせ、イザークが派手に転倒した。
「大丈夫?」
追いついたディアッカは杖を小脇にかかえると、右手を差しだした。
だが、イザークはいらだたしそうに手を振り払うと、さっさと階段を上っていってしまった。
「イザークぅ!切符!切符落したよぉぉ!」
相変わらず不器用に松葉杖をこぎながら、ディアッカは階段を上り始めた。

その後、私は会社に戻って、誤字修正後、資料をコピーしなおした。
翌日のプレゼンは成功した。               そんだけ。

359 :山崎渉:03/01/16 07:34 ID:???
(^^)

360 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 09:33 ID:???
>358
チョット良いかも…(涙

361 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 09:54 ID:???
スーパーへ買い物に出かけると、食品売り場でディアッカを見つけた。
野菜売り場で「見切り品」を漁っているようだった。
余りに必死で選ぶ姿に、俺は声をかけるかどうか悩んだが、俺より先に声を掛ける者がいた。
「あんた、買わないならどきなさいよ!」
巨大な身体を誇るおばちゃんの前に、ディアッカの鍛えられたはずの身体は、いとも簡単に弾かれた。
「あ…ぇ…あ…」
ディアッカが驚いたからか口籠っている間に、おばちゃんは全ての見切り品をその駕籠に放り込み、
おばちゃんが去ったその棚には何も残ってはいなかった。そう、はずみで落ちたニガウリ以外は。
「無いより良いか…」
ディアッカは落胆しならがもそれを拾い、駕籠の中に入れた。
駕籠の中には、しなびたニガウリ一つ。それでも手に入れられた事が嬉しいようで、
はにかみながらも、それを眺めていた。

ディアッカが去って、俺が野菜を買い物していたら、あのおばちゃんが帰って来て、
さっきディアッカから奪った見切り品を投げるように、返していった。原因は解らない。
俺はディアッカを探して、教えてやろうと思ったが、あのはにかんだ笑顔を思い出したら
言えなくなった。喜んでくれるだろうとは思ったが…出来無かった。

俺はその見切り品を買い込んで、夕方彼の部屋の前に置いておいた。

そんだけ。

362 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 11:09 ID:???
信号待ちのバスの中から外を見てると、横断歩道の信号が点滅をはじめ皆走り出した。
恰幅の良いオヤジがドタドタ走り出したので何となく目で追っていたら
横断歩道の真中あたりで反対側から走ってきた男といきなりぶつかった。
ぶつかられた男は大通りに派手にカバンの中身をぶちまけた。
オヤジは一瞬立ち止まりかけたがそのまま走り去った。

「あーあ、かわいそうに」と思いつつ、派手にクラクション鳴らされながら
風で飛び散りかけている書類を必死で拾い集めている男を見ていたら
大学時代にゼミが一緒だったディアッカだということに気付いた。

バスの乗客たちもその光景を見ているけれど、誰も何も言わない。
ようやく書類を拾い集めあちこちにぺこぺこ頭を下げながら
歩道に戻るディアッカのカバンからまた数枚書類がこぼれているのに
あいつは気付かずに走っていった。

昔からああいうヤツだったなと思い、俺は今日も遅刻した。
課長の嫌味を聞き流しながら、あいつも今ごろ足りない書類の件で
いまの俺以上に怒鳴られているんだろうなとおもった。

そんだけ。


363 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 13:31 ID:???
大気圏のバスター


風の中のデュエル 砂の中のブリッツ
ディアッカどこへ行った 見送られることもなく

草原のストライク 街角のイージス
ディアッカどこへ行った 見守られることもなく

大気圏にあるバスターを 誰も覚えていない
アスランはキラばかり見てる

仮面よ 高い空から 教えてよ 大気圏のバスターを
仮面よ 大気圏のバスターは 今どこに あるのだろう


「プロジェクトD〜ジブラルタル降下に失敗した男〜」

364 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 13:49 ID:???
>>363
ハゲシクワロタ

365 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 13:50 ID:???
このスレ見てたら、余りにディアッカが不憫になってきて(俺もいくつか書き込んだけどなー)
可哀相なので、今からバスター買いに行ってくるよ…。頑張れディアッカ!
俺達の痔悪化!

366 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 13:51 ID:???
>363
痔悪化・゚・(ノД`)・゚・。
でも見た瞬間コーヒー噴いた。ワロタ。仮面よ〜が最高だな。

367 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 17:21 ID:???
>>363
ワロタ。最高。

368 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 18:03 ID:???
あげとく。

369 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 18:20 ID:???
>>363
素晴らしい!!

370 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 19:14 ID:???
>>363
名作だ…つい口ずさんでしまった。

ついでにカラオケで一人目を潤ませながらこの歌を唄っているディアッカ
の姿まで目に浮かんだよ。
ディアッカ…そんな自虐はお前に似合わないぜ。
心の中でそう思いながら、そのボックスの隣のアスランやイザーク、ニコル
のいる方へ入っていった…

そんだけ。


371 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 19:25 ID:???
>>363は天才ですか?

372 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 19:34 ID:???
SEEDが気になるよ・・・。
ディアッカ出てくるかどうかが。

373 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 21:04 ID:???
>>372
残念ながら・・・

374 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 21:37 ID:???
>>363
痔悪化・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

375 :通常の名無しさんの3倍:03/01/16 22:27 ID:???
今日コンビニに行ったら、何故かガンダムSEEDのプラモデルが置いてあった。
しかし、バスターガンダムだけ無かった。
きっと最初から置いていな・・・じゃなくて真っ先に売り切れたのだろう。

そんだけ。

376 :キラ・ヤマト:03/01/16 22:28 ID:???
今日サイと2人で近所のスーパーに買い物に出かけた。
買い置きの消しゴムがきれていたのを思い出し文具売り場に行ったら
「特価!」と書かれた張り紙のついたワゴンに
HG 1/144 エールストライクガンダムが山積みになっていた。
まだ発売して2ヶ月なのに・・・。
優しいサイは気付かないフリをしてくれた。

ディアッカ、僕達はまだ合った事もないけれど
君とならこの気持ちを分かり合えるかもしれない・・・。




377 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 03:58 ID:???
この前の自習の時間。
バスターの売り上げが悪いといじけるディアッカを、隣の席のアスランが
必死で慰めていた。だが、アスランではディアッカの機嫌は治らない。
「チクショォ、売れてるお前に慰められても惨めになるだけだー!」
と騒ぐディアッカに、
「この腰抜けーーー! だから貴様は売れないんだよーー!」
と追い打ちをかけるイザーク。
ニコルは知らん顔して、本を読んでいる。

と、その時保健教員のフラガ少佐が教室の扉をガラッと開けて、一言。
「出してもらえただけ、いいじゃないか、ぼうず! 俺なんてなぁ…!」と
唸る様に呟いて去って行った。
一瞬怒られるのか、と思ってシンとなった俺達だったが、ディアッカが
ほんの少し機嫌を直したのを見て、また元のざわつきを散り戻していった。

そんだけ

378 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 04:20 ID:???
>>376
ネタにマジレスカコワルイの覚悟で。特価なら買い。

379 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 08:17 ID:???
はらへったなーとか思って、誰か誘ってなんか食いに行こうと思った。
もう夜中、ニコルは寝てるし大佐はキラブリッジ中。
イザークは奇声をあげながら残虐シュミレイト。
結局残ってるのはディアッカ。

まあこいつとなら気を使わなくてらくだけど。

そんだけ

380 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 08:20 ID:???
もうそろそろ受験なので、みんなでアスランの家で勉強会をすることにした。
俺が行くとみんな来ていて、すでに勉強を始めていた。
さすがに受験が近いだけあって、アスランとニコルはもちろんのこと、
イザークも時々「こんな問題解けるかぁぁ!!傷が疼くだろうがぁぁ!!」
と訳のわからないことをくちばしってはいたが、とりあえずまじめにやっているよ
うだ。
しかし、何故かディアッカだけはコタツにで大の字になって、ぐーすかいびきをか
いて寝ていた。
なんで受験も近いのにこの状況で寝れるんだ?と呆れたが、きっと将来こいつは
グレイトになるなと思い返し、見なかったことにして俺も参考書を開いた。

しばらくすると、
「うあぁぁー、そ、それだけはやめてくれぇぇぇーー!!」
と、いきなりディアッカが起きた。
いったい何事かと思い、奴の方を見てみると奴は目に涙をいっぱいに浮かべながら
「悲しい夢を見た・・・。」
と、ぽつりと呟いた。
どうしたんだと問い詰めてみると、どうやらあまりにバスターの売り上げが悪いの
で廃盤、HGも発売中止になるという夢を見たらしい。
そうか、ディアッカもいろいろと大変だなぁ。

そんだけ。

381 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 10:51 ID:???
>>380

アスランの家に遊びに行ったら、イザーク、ニコル、ディアッカそれに
アスランの旧友のキラが遊びに来ていた。
アスランはキラにべったりで、暇を持て余していたイザークは、
キラのペットのトリィを捕まえて、
「軟弱ものがぁぁぁ!!!」
っと、無理やり嫌がるトリィの翼をニコルに突きつけ遊んでいる。
ニコルは、やめてくださいよっと苦笑いを浮かべたのだが、
それがイザークの癇に障ったらしく、トリィを解放すると、
おまえは日ごろから軟弱すぎるっと、ニコルを罵り始めた。
次の瞬間、トリィがすごい勢いでイザークの目の前を掠め、飛び去っていった。
一瞬の間の後、見る間にイザークの顔は血で染まり、
「痛い! 痛い!痛いいィィい!!」
っとイザークは傷を押さえて転げまわっていた。
慌てて救急車を呼ぼうとするオレが、横目で捕らえた物は、
「人を傷つけてはいけない」っと、トリィを叱るキラと、
「いや、よくやった!」っと、トリィの健闘をたたえるニコル。
「おまえは、調子に乗りすぎなんだよ」っと、
イザークに目で訴えるディアッカの姿だった。

そんだけ。

382 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 12:13 ID:???
昨日家に帰ったらディアッカが俺のPS2でゲームしていた。前の日と同じ場所で
同じ格好で。部屋の状態も同じ。
今日家に帰ったらディアッカが俺のPS2でゲームしていた。前の日と同じ場所で
同じ格好で。部屋の状態も同じ。ディアッカがプレイしている画面も同じ。
「なぁ、ディアッカ。2日もかけてこのダンジョンクリアできないのか?」
するとディアッカは振り向きもせずに応えた。
「次のダンジョン行くのにグミシップに乗って行かなきゃならないんだけど、俺の
バスターと違ってグゥレイトォじゃないからすぐシールドゲージなくなってここに
戻されるんだよ…。」
これから行くダンジョンのポイントを本屋で書き写してきた紙を前に準備万端だっ
たディアッカだが、最後の方涙声になっていた。

383 :380:03/01/17 12:31 ID:???
>>381
(・∀・) ウマイ!!
目で訴えるディアッカ・・・、(;´Д`)ハァハァ

384 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 13:06 ID:???
キンハ…だな。

385 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 15:54 ID:???
>378
実話という罠。
漏れも買うか・・・。

386 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 16:28 ID:W8ffPaVk
このスレ・・・すごく(・∀・)イイ!

387 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 16:29 ID:???
>>382
最後の2行が良いな・・・。

388 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 16:30 ID:???
>>380>>381
あずまんが?

389 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 16:34 ID:???
複合ネタ(゚∀゚)イイ!

390 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 16:34 ID:???
>>388
だな。

391 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 20:03 ID:???
今日ディアッカが学校を休んだ。どうやら熱を出したらしい。
学校の帰りにカゼ薬と鍋の材料を買い、お見舞いに行くことにした。

ピンポーン、ピンポーン「ディアッカ、お見舞いに来たぞ。」
「入って来いよー」と少しエコー掛かった声がした。
家に入って部屋を見渡すが彼の姿は見当たらない。
風呂を覗いてみると、ディアッカはパジャマを着たままお湯に浸かっていた。
「医者に暖かくしてろって言われたんだけど、冬は部屋中が天然冷蔵庫だから…
…その、こ、こんな方法しか思いつかなくて…」

その夜2人で食べた鍋は何故かとても美味かった。
そんだけ


392 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 20:11 ID:???
>391
痔悪化・゚・(ノД`)・゚・。

393 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 20:20 ID:???
今日ディアッカが学校を休んだ。どうやらモツを出したらしい。

「そうだ、今夜はお鍋にしよう!!」


394 :通常の名無しさんの3倍:03/01/17 20:48 ID:???

いろんな意味で腹が痛い

395 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 00:26 ID:???
>>391
アッタカーイヽ(´ー`)ノ

396 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 00:36 ID:???
そういえば明けて今日はセンター試験だな。
センター試験といえば、昔俺が受けに行ったのは雪が降った直後の寒い日だった。
仲間内ではディアッカと試験場が同じだったので一緒に行くことにした。
駅前で待ち合わせて、バスに乗り試験場に向かった。
途中、降車する駅を間違えたりと少々ハプニングもあったが、何とか無事に着くこ
とができた。
そして「俺あっちだから・・・。」と別れてそれぞれの会場に行こうとした直後、
事件は起きた。
ディアッカの歩いていた足元は凍り付いており、奴はそれに足をとられ転んでしまったのだった。
そのこけっぷりは、正にスッテーンという擬音が聞こえてきそうなほど見事なものだった。
するとあまりのこけっぷりに「あ〜あ〜、やっちゃった・・・・。」「あれ、きっと落ちた
ね・・・。」という声が周りから聞こえてきた。
ディアッカに対する周囲の視線は非常に痛々しく、正直見ていられなかった。
しかし、俺はそんなディアッカに目頭が熱くなるのを必死に我慢して、痛そうに顔
を歪めるディアッカに大丈夫かとばかりにかけよった。
ディアッカは、周りの声が聞こえていたのか「どうしよう・・・。」とばかりにみ
るみる顔は青ざめていき、うっすらと目に涙すらも浮かべていた。
俺はそんなおろおろするばかりのディアッカに、掴まれよとばかりに無言で手を差
し出して起こしてやった。
そして腰のあたりを払ってやり、そのまま手を強く握りしめて奴の席までつれていってやった。

あれから何年か経ち、俺も大学を卒業して社会人になった。
ディアッカはというと、いまでも地元でコンビニバイトをしながらフリーターをしている。

そんだけ。

397 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 00:38 ID:???
・゚・(ノД`)・゚・

398 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 00:52 ID:???
電車に乗ってたら、いつもの席にいつものディアッカがいた。
いつも爆睡してる奴が、何故か今日は参考書を睨んでいた。

>>396を見てやっと解った。センター試験か・・・。
前日だけ頑張っても意味無いぞ。

でも、イイ点取れるといいな。

そんだけ。

399 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 01:13 ID:ce9Utsq0
今日は人が少ないな
ここは受験生が多いのか?




400 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 01:30 ID:???
400げっとぉぉぉっ!!!
    ∧_∧
三⊂´⌒つ゚Д゚)っ

401 :長文スマソ:03/01/18 01:34 ID:???
いよいよセンター試験だ。
イザーク、ディアッカ、俺は試験に備えて、最近遅くまでやっていた
試験勉強を、今日は早めに切り上げようという話になっていた。
一人ではつい集中力がとぎれがちになって、つい遊んでしまうために
互いの監視の意味合いも兼ねて、ずっと一緒に勉強をしてきた。
俺たちは、いわば戦友というヤツなんだろう。

イザークとディアッカが帰り支度をしていると、不意にチャイムが鳴った。
出てみれば、そこには寒さで顔を赤らめたニコルが立っていた。
「センター試験頑張ってください! これ、お守りです」
そう言って、俺に袋を渡してくる。受験の神様で有名な所のだった。袋に
小さく、俺たちの名前が記してある。
ニコルは邪魔だろうからとすぐに帰ってしまい、俺は何気なく、お守りが
入っている袋を覗いた。
俺のとイザークのは確かに合格祈願のお守りだった。……なのに。

ディアッカのだけ、安 産 祈 願 と書かれているピンク色のお守りだった。
嫌がらせなのか、間違えたのか、合格祈願のお守りが二個しか残っていなかったのか。
気になったが、俺は素知らぬ振りで、二人にお守りを渡した。

すまない、ディアッカ。……そんだけ。

402 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 02:07 ID:???
>>399
ココに限らず種スレは閑散としてるな
やっぱりリア工が多いのかもね

403 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 12:17 ID:???
センターの日に限って静まるってのも……。前日まで来てるのか?(;´Д`)

404 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 12:42 ID:???
俺の行くスレは種関係以外も静か



405 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 13:04 ID:???
単に放映前だったからじゃね?

406 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 13:10 ID:???
センターで人が少なくなるならピンポイントで高校3年じゃないといかんぞ
ありえん

407 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 13:14 ID:???
浪人生もいるという罠。

みんながんがれ。

408 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 16:21 ID:???
その日は初雪の降る勤労感謝の日だった。
クラス毎に地元の市役所や警察署に行って「いつもお仕事ご苦労様です」
というメッセージカードと折り紙で作った花を渡してきた。
その帰り道、ディアッカはクルーゼ先生に言った。
「先生、雪が降ってるのに道路工事してるよ。あそこで工事してるおじさんたちも
お花とお手紙上げたいな。」

4時間目の半分は先生の特別なはからいによって自習になった。
ディアッカはメッセージカードに次々と「ぐぅれいと!」と書いていき、
他のみんなで花を作った。

放課後、先生とクラス全員で工事現場に行った。
おじさんたちはちょっと戸惑っていたようだけどメッセージカードと花を受け取ってくれた。
突然1人のおじさんが「こんなことは、俺、生まれて初めてだ。」と言って涙を流し始めた。
するとディアッカもつられて泣き出してしまった。先生も仮面を外して後ろを向いていた。

もう何年前のことになるのだろう…
そんだけ


409 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 16:35 ID:???
いい奴!俺感動した

410 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 16:36 ID:???
>408
先生の仕種にワロタ。

411 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 16:48 ID:???
俺も感動したよ(´Д⊂
ここのディアッカは良い奴だな…

412 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 16:58 ID:???
感動した。そして少しワロタ。
8割くらい実話かな?

413 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 18:43 ID:???
さっきディアッカから電話来た。すごい怒り気味でこう言った。
「なあ!!俺とフレイ付き合ってるの知ってるよな!!!!!?
 今日フレイの誕生日だったんだよ!!だから俺あいつの家行ったんだ!!
 そしたら、1週間前にC組に転校してきた綺羅大和と一緒に裸で
 ベッドに入っていやった!!!マジふざけんなあの女!!!思えば、
 綺羅大和が転校してきたときからフレイの様子おかしかったんだよ!!
 お前も見ただろ!!?綺羅が教室に入ってきた時のフレイの顔!!!!
 明らかにあいつら意識してたよな!!?俺その日怪しいと思ってフレイの
 後をつけてたんだよ!!そしたら案の定二人で屋上で弁当食ってやがった!!
 ゆるせねぇ!!マジでゆるせねぇ!!付き合いだした頃はかなりいいな〜って
 思ってたけどもうかなりキレた!!いくら女だか(ブチッ!!)」
・・・・あまりのやかましさに俺は思わず電話を切ってしまった。
今頃ディアッカどうしてるかなぁ〜。

414 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 18:47 ID:???
来週、イザークだけ出てきてディアッカが出てこなかったら面白い

415 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 18:49 ID:???
来週も出て来ない予感・・・。

416 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 19:10 ID:???
放映見て、シャア板がにぎわって、カタカタとマウスを動かしてた
ディアッカがむせび泣きだした。
いいさ。泣けよ。今日だけは・・・
下半身は完璧に出し抜かれちゃったもんな、主人公に・・・

そんだけさ・・・

417 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 19:13 ID:???
今日もキラとフレイ、キショかった。

418 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 19:14 ID:???
417だけど間違った。

419 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 20:36 ID:???
駅前のモツ焼き屋にいったらサイとディアッカが二人仲良く泣きながら
酒をあおっていた。有線放送から流れる「酒と泪と男と女」が目の前の二人に
重なるようで目頭が熱くなった。今夜だけは飲んで良い・・・・
そんだけ・・・
ttp://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/saketona.html


420 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 20:55 ID:???
>>419
ワロタ

421 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 21:16 ID:???
>>413でのディアッカがさすがにちょっと心配になったので、
奴のアパートに様子を見に行った。

ディアッカは、部屋の電気を消して布団を頭からかぶって泣きながら

「今そこにいる僕」を見ていた。

そんだけ

422 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 21:20 ID:???
>412
5割くらいかな
元ネタは保育園の先生してる人に聞いた。


423 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:30 ID:???
「GWは5人それぞれに女の子かお姉様がついてたのになあ・・・」
ディアッカがぶつぶつ何か言っている・・・
お前もう今日は寝ろよ。

そんだけ

424 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:33 ID:???
↓の24はここのスレの奴か?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1042567816/-100

425 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:35 ID:???
>>423
5人以外にもついていたわけだが

426 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:39 ID:???
>425
種もガンダム乗り少年5人てのが共通だったから

427 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:41 ID:???
>425
絡むほどのことでもないような気がするわけだが

428 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:47 ID:???
>>423
五飛って誰かついてたっけ??

429 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:48 ID:???
>>425
トール君は

430 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:50 ID:???
漢ならあえてハイリスクローリターンで

431 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:50 ID:???
誤爆した
ごめんよ痔悪化……。・゚・(ノД`)・゚・。

432 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:53 ID:???
サリィとかいうのがいたような>428

433 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 22:57 ID:???
ここもどうでもいいようなことにしつこく絡む粘着がいまつね

434 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:03 ID:???
サリィもいるけど五飛は既婚者だから

ディアッカはもちろん独り身だよな…

435 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:06 ID:???
                 Ω
       ,,-‐''""''ー-----||
     |" .         .||
     |  クルーゼ隊 ....||
     |             ..||
     |       ,ノ""""''||
     """""""""    ..||
               / )
              / /||
             / /
            ( (   /巛 》ヽ
             \\ ゝノ"~^ヽ^
               \\リ ´∀`)    n <マターリしる
                ハ     \   ( E)
                |     /ヽ ヽ_//

436 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:11 ID:???
もともと別のキャラ萌だった筈なのに、このスレのおかげで
ザフトの画像をみるとまずディアッカの無事を確認してしまう。
今日なんか、あやうくレンタル屋のCDに向かって
「おー、元気そうだなー」と手を振りそうになってしまった。

…なんかさ、そういう奴なんだ、ディアッカって。

437 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:15 ID:???

       ξ  
      ノ"~^ヽ, < 次に出てくるときは髪形が変わっています。ご期待ください
     (´∀` リ
     ( つ甘O  
     と_)__)  












438 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:16 ID:???
来週出るのかなー。

降下した地点が遺作とは別だと仮定→予告で遺作でてるけどディアッカ出てない→遺作メインの話→ディアッカ出ない

と予想してみる。

439 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:20 ID:???
>438
イザークたち無事にジブラルタル基地に降下したみたいですよ。

440 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:32 ID:???
>>439
ぐぅれいと!

バスターで大気圏突入して逝って来ます・・・。

441 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:33 ID:???
つーか2機一緒に同じ地点に降下ってのもスゴイ話だよな…

442 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:37 ID:???
>>439
「たち」とは言ってるが、「イザークとディアッカ」とは言ってない。
もしかしたら「イザークとデュエル」なのかもしれないと言ってみるテスト。

俺がそう書き込んでいたら、後ろからディアッカがいつの間にか覗き込んでいた。
泣いたあいつを慰めて「嘘だって!お前、来週ちゃんと出るよ!」と言った
俺の声は、思ってもいないことを言ったせいか、わずかに震えていた。

443 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:39 ID:???
17歳。
去年までガンダム乗りだったけど、大気圏突入で
出番が全くなくなった。一度やってみなよ。
初回のみだけど、MAごときに粘着して最前線に行って突入すれば
(3週ぐらい)出番減る。
降下するだけ降下して姿見せずに自然消滅することもできるし、
ゾイドもどきと一緒に戦ってしまえば50パーセントでストライクにやられる。見せ場なしで。
出番なきゃキティ遺作の世話してりゃいいだけ。暇つぶしにされる。
ベッドシーンとかランバ・ラルとか色々あるのでマジでお勧め。

http://sondake.ne.jp

444 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:39 ID:???
2機いっしょに同じ地点
というより、某機が他機の下敷きになったとかそういう…



445 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:43 ID:???
ここでは全てがネタにされるな。腹いてぇ>442―3

446 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:44 ID:???
3月にでる種のゲームに痔は出てくるだろうか

447 :通常の名無しさんの3倍:03/01/18 23:45 ID:???
ディアッカもキラの様に熱出したんだろうか・・・。

448 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 00:13 ID:???
冬休みの日記 1/18日

今日はともだちのいざーく君とでぃあっか君がけんかした。
でもぼくはいざーく君がわるいと思います。どうしてかとゆうと。
いざーく君が、「俺が一番ガンダムをうまく使えるんだよ!!腰抜けぇぇぇぇぇ!!」
と言ったからです。それででぃあっか君わぶちギレていざーく君に襲いかかりました。
ぼくはでぃあっかくんわ悪くないと思います。せんせいはどう思いますか?

2ねん4くみ あすらん

449 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 00:14 ID:???
冬休みの日記 1/18日

今日はともだちのいざーく君とでぃあっか君がけんかした。
でもぼくはいざーく君がわるいと思います。どうしてかとゆうと。
いざーく君が、「俺が一番ガンダムをうまく使えるんだよ!!腰抜けぇぇぇぇぇ!!」
と言ったからです。それででぃあっか君わぶちギレていざーく君に襲いかかりました。
ぼくはでぃあっかくんわ悪くないと思います。せんせいはどう思いますか?

2ねん4くみ あすらん

450 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 00:14 ID:???
ゴメン。悪質な誤爆。

451 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 00:16 ID:???
イザーク:傷が疼く
ディアッカ:大気圏突入のショックでおしっこをちびる

それだけ

452 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 00:28 ID:???
俺とディアッカはテレビを見ながら晩飯を食べていた。
相変わらず彼の作るチャーハンは美味い。おかわりをするため台所に行こうとした。
その時だった、急にディアッカが話を始めた。
「実はさ、俺とラクスちゃん同じ幼稚園だったんだ。めちゃめちゃ仲が良かったんだぜ。」
「うん、それで?」
俺は続きが気になり、おかわりを一旦あきらめて座り直すことにした。
「毎日一緒に幼稚園に行って、一緒に家に帰って来てさ…、バレンタインデーには
チョコレートくれて、将来はディアッカさまのお嫁さんになるって言ってくれたんだぜ、
だけど、今はアスランの婚約者になっちゃったから…」
そこまで言うとディアッカは嗚咽を漏らした。
俺は台所からフライパンごと残りのチャーハンを持って来て、一気に平らげた。
「お前の作るチャーハン最高だから、もう泣くなよ」

こいつがキレると残忍な性格が出るなんて言ったの誰なのだろうか?
ふとそんなことを考えた。

453 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 01:13 ID:???
>>441
そのことについて、ディアッカに話を聞いてみた。

なんでも、盾を持っていないバスターには、やはり大気圏突破は無理があったらしく、
大気圏突破中に装甲が溶け始めてしまったそうだ。
慌てたディアッカが、バスターをデュエルの後ろへ退避させ、
さらに少しでも摩擦熱を軽減させようと、バスターをデュエルと接触させたそうだ。
それが悪かったらしい。
装甲が溶けかかっている状態で接触し、大気圏突破後に装甲が冷えたため、
バスターとデュエルは、接触部分が溶接されたような状態になってしまったらしい。
降下地点に二機(一機?)とも、ずれることなく着陸できたのはよかったのだが、
その後、イザークに散々怒られたとしょげていた。

なんと言葉をかけてやって良いかわからなかったので、
プラモも抱き合わせで売ったら、バスターの売上も伸びるかもしれないな。
っと、機会があったら言ってやろうと思った。

そんだけ。

454 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 01:48 ID:???
ディアッカ!
好きだァー! ディアッカ! 愛しているんだ! ディアッカァー!
戦争が始まる前から好きだったんだ!
好きなんてもんじゃない!
ディアッカの事はもっと知りたいんだ!
ディアッカの事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
ディアッカを抱き締めたいんだァ!
潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
心の声は心の叫びでかき消してやる! ディアッカッ! 好きだ!
ディアッカーーーっ! 愛しているんだよ!
ぼくのこの心のうちの叫びをきいてくれー! ディアッカー!
クラスが同じになってから、ディアッカを知ってから、僕は君の虜になってしまったんだ!
愛してるってこと! 好きだってこと! ぼくに振り向いて!
ディアッカが僕に振り向いてくれれば、ぼくはこんなに苦しまなくってすむんです。
優しい君なら、ぼくの心のうちを知ってくれて、ぼくに応えてくれるでしょう
ぼくは君をぼくのものにしたいんだ! その美しい心と美しいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!恋敵がいるなら、今すぐ出てこい! 相手になってやる!
でもディアッカがぼくの愛に応えてくれれば戦いません
ぼくはディアッカを抱きしめるだけです! 君の心の奥底にまでキスをします!
力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!
キスだけじゃない! 心から君に尽くします! それが僕の喜びなんだから
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!
ディアッカ! 君がジブラルタルに素っ裸で大気圏突破しろというのなら、やってもみせる!

そんだけ。

455 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 02:06 ID:???
>454
おまえのディアッカに対する気持ちはよくわかった。
ところで元ネタはなに?

456 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 02:08 ID:???
大学帰り、ゲームセンターによった。
プライズコーナーにディアッカがいたが時に気にとめず
俺はお気に入りのゲームをやりにいった。

ゲームもやり終わって、ゲームセンターを出ようとしたら
ディアッカがまだそこにいた。
流石に気になって、何やってるのかと聞きにいったら
彼の腕には、バスターガンダムのキーホルダーが大量に抱えられていた。
プライズマシンには「ガンダムSEEDキーホルダー」、
バスターだけが残っているようだった。

「だって、俺がとってあげないとバスターかわいそうだろ?」

そういって彼は少し笑い、またプライズマシンに向き直った。

それだけ。

457 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 02:15 ID:???
>>455
今週のキングゲイナー

458 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 02:30 ID:???
「ディアッカや…おきなさい! ディアッカや…」

「!……… あんた…誰?」

「私はあなたの銃 「バスター」の精です。
 ああっ! 逃げないで 逃げないでっ
 逃げないでっ って言うか 引かないでっ

 今日はガンバル君に このワタクシ
 応援をしに参りました。
 さぁ この精霊様に なんでも
 いってみなさい。」

「そ それじゃ精霊さま
 1っコだけ聞きたいことがあります!!

 私 もう不幸続きでヒドイ有様です
 この先もずっと不幸にまみれる人生なのでしょうか…」

「……………… まーね……

 まっ 待ちなさいっ ディアッカっ
 今のナシっ! ウソ! ノーカン! ノーカン!」


そんだけ。


459 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 03:55 ID:???
>>458
減る新愚キター

460 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 04:51 ID:???
>>458
ヘルシング見たことないがワロタ

461 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 12:48 ID:???
ディアッカとサイが雨なのに川原でキャッチボールしてた。
雨で濡れてる二人が泣いてるように見えた。

そんだけ。

462 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 13:21 ID:???
痔だけでなくサイまでも…

463 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 13:23 ID:???
冬休みの日記 1/19

「ヽ(`Д´)ノウワァァァン こちぬけぇー!!こちぬけー!!!」
いざーくくんは、きのうのことでまだおこっているようでした。
でぃあっかくんは「もうぼくなかなおりできない・・・」
といいました。ぼくは、いざーくくんが悪いと思うけど、
ふたりがなかよくなればいいとおもいます。
いざーくくんはすこしあたまが悪くなっていました。

2ねん4くみ あすらん



464 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 13:27 ID:???
>>458
「ガンバル君に」を「ガンバレル君に」と読んでしまった。
フラガスレに帰ろうと思った。

そんだけ

465 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 13:51 ID:???
昨日俺の弟が、ストライクのプラモを買ってきた。
そんでソッコーで作って俺に見せに来た。
「できたよー」
その時だった。
「あっ」という言葉と共に弟が手を滑らせたのだ。
完成したばかりのストライクは床に落ち、がしゃんという嫌な音がした。
弟が拾い上げると、股間の部分が壊れていた。

あの時恐くていえなかったが、俺は見てしまった。
弟の背後からストライクをのプラモを
憎憎しげに見つめるディアッカとサイの生霊を…。

466 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 14:45 ID:???
ある日河原でぽつんと座っているディアッカとサイを見た。
接点のない二人の会話内容に興味がわいたので盗み聞いて
みることにした。
「お前、出番がいっぱいあっていいよな…」
水面に石を投げるディアッカにサイは悲しげに笑った。
「出ないほうが幸せってこともあるよ」
その言葉にディアッカは「ごめん」と小さく謝って、また
石を投げた。
ディアッカの投げた石は一度も弾まずに沈んでいった。
俺は買ったばかりのストライクのプラモを、二人の後ろに
そっと置いていった。


そんだけ


467 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 15:07 ID:???
>>466
。・゚・(ノД`)・゚・。

468 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 19:31 ID:???
それは確か、ディアッカと同じクラスだった頃。
体育のプール授業が終わって着替えてた時、ふと更衣室の床を見るとブリーフが落ちていた。
誰かが「オイ、誰のパンツだ?汚ったねぇー!」などと笑い始めた。
俺の隣りで着替えていたディアッカも「相当のマヌケだなー」とか笑っていた。
俺は少し不安になって自分のバッグを漁ったが、何とか下着は有るようだ。
さっきの俺と同じようにディアッカもバッグを漁り始める。
「有ったか、ディアッカ?」と聞くと奴の肩電気でも走ったかのようにビクッと震えた。
ディアッカは「ああ、えっと、うん・・・・・」とおどおどしながら返事を返した。
会話しながら着替えていたので、とうとう更衣室には俺とディアッカだけになった。
俺のほうが先に着替え終わり、外に出たが忘れ物に気付いて更衣室に戻る。
そのときだった。
扉をガチャリと開けると、ディアッカがさっき床に落ちていたブリーフを履いていた。
そのブリーフを良く見ると、奴特有の字で「でぃあっか」と書いてあった。
「・・・お前の、だったのか。」と俺が言うと「誰にも言わないでくれよぉ」と
泣きじゃくりながら必死にディアッカが訴えてきた。
俺はただ「いいから早く着替えろよ」としか言う事が出来なかった。

そんだけ。

469 :468:03/01/19 19:35 ID:???
訂正。
× 奴の肩電気〜
○ 奴の肩に電気〜

470 :通常の名無しさんの3倍:03/01/19 21:10 ID:???
夜明け間際の吉野家では 化粧のはげかけた魔乳・ガールと
ベイビィ・フェイスのディアッカたち 肘をついて眠る

なんとかしようと思ってたのに こんな日に限って朝が早い
兄ィ、俺の分はやく作れよ そいつよりこっちのが先だぜ

奪ったばかりのバスターは 大気圏突入で よれよれ
まぁ いいさ この女の化粧も同じようなもんだ

 狼になりたい 狼になりたい ただ一度

向かいの席のメガネ見苦しいね ひとりぼっちで見苦しいね
ビールをくださいビールをください 胸がやける

あんたも朝から忙しいんだろう 頑張って稼ぎなよ
昼間・俺たち会ったら お互いに「グゥレイトォ!」なんてな

人形みたいでもいいよな 出番のある奴はいいよな
みんな、いいことしてやがんのにな いいことしてやがんのにな
                      ビールはまだか
 狼になりたい 狼になりたい ただ一度

俺のバスターで行けるのは 町でも海でもどこでも
ねえ あんた 乗せてやろうか
どこまでもどこまでもどこまでもどこまでも
 狼になりたい 狼になりたい ただ一度
 狼になりたい 狼になりたい ただ一度

中島みゆき「狼になりたい」の替え歌
そんだけ・・・・
ttp://www.sunfield.ne.jp/~fukutyan/music/miyuki_nakajima/want_to_be_wolf.html

471 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 00:57 ID:???
今日CSでヒゲの映画やってたんでディアッカと一緒に
見てたら、ディアッカがグエンと似てるか似てないかで
ケンカになった。色黒で金髪だから、軽くからかうつもり
だったんだけどな。

「俺はあんな変態じゃないし、タラコ唇でもないぞ!」って顔を
真っ赤にして怒ったから、そこで話は終わりになったんだけど、
体育祭でニコルが女装した写真を引き出しの奥に隠してるのは
お見通しなんだぞ、と心の中で呟いてみた。

また女を紹介してやろうかなぁ・・・

そんだけ。

472 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 02:45 ID:???
このスレ見てたらディアッカが激しく不憫に思えてきたよ・・
ヤツのためにバスターのプラモ3個ぐらい買ってやるか。
HGじゃなくてコレクションのほうだけど。

そんだけ。

473 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 05:44 ID:???
ディアッカが君望の平慎二にクリソツだと思うのは漏れだけでつか?

474 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 05:47 ID:???
>>473
うpきぼんぬ

475 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 05:53 ID:???
>>474
はい、コレ
ttp://www.age-soft.co.jp/Product/Kimibo/m002.htm

476 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 06:14 ID:???
>475
似てる・・・・外見だけ

477 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 11:08 ID:???
紳士下着売り場に行ったらディアッカとサイがグンゼのブリーフを選んでいた。
声をかけるとディアッカは満面の笑みを浮かべ、こう言った。
「俺達二人でお揃いのブリーフを履き、ブリーフブラザーズを結成するんだ。」
俺は「何故ブリーフなのか?」と思ったがディアッカの満面の笑みの前に何も言えなかった。
帰り道、ふと二人のブリーフ姿を想像し、その情けなさと似合いっぷりにちょっと微妙な気分になった。
それだけ・・・・

478 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 12:03 ID:???
>>475
ディアッカというか…まんまトウジじゃないか

479 :山崎渉:03/01/20 14:37 ID:???
(^^)エヘヘ

480 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 19:52 ID:???
>475
恋愛より友情を大切にするのか・・・・
ディアッカの場合、友情しかないからな・・・
いや、それすら怪しい?(´Д⊂

481 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 20:21 ID:???
今日、ディアッカの奴が落ち込んだ表情で教室に入ってきた。
その落ち込みっぷりを見兼ねて、何かあったのか聞いてみた。
すると奴は突然泣き出して
「昨日…俺…実戦でバスターに乗ってて撃沈される夢見たんだよ…。
しかもさ、脱出出来なくてさ…そのまま、死んじまって…。
イザークの奴が俺の事呼んでくれてたんだけど、クルーゼ先生が
『ディアッカは名誉の死を遂げた…。イザーク、戻れ』とか言うしさ…。
もう、何かどうしていいのか分らなくて…」
と、一気に吐き出して机につっぷしてしまった。
あまりのそのやるせなさに、俺は
「大丈夫、死ぬ夢ってのは縁起がいいんだよ…」
と言って奴の背中をぽん、と叩いてやった。
しかし結局奴はその日一日泣き通していた。

そんだけ。


482 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 21:12 ID:???
模型板で見つけちまった。ディアッカ…
ttp://gun-seed.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20030120204437.jpg





483 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 21:24 ID:???
>482
一瞬何で尻に割り箸突き刺さってるんだ?と( ゚Д゚)ポカーン となったが
何の場面かわかったよ(w

484 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 23:14 ID:???
ディアッカ、泣かせてくれ。


そんだけ

485 :通常の名無しさんの3倍:03/01/20 23:26 ID:???
>484
某AAクルーの方ですか?

そんだけ

486 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 00:01 ID:???
age

487 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 01:44 ID:???
ディアッカが真っ黒な子猫を拾ってきた。
彼曰く、「なんか・・・コイツ、俺に似ている気がしてさ・・・」だそうだ。
どんな名を付けたか問うと「黒い幸 ホーリーナイト」という答えが返ってきた。
ヤツに似合わずセンスのいい名前だ。子猫も彼を気に入っておりくっ付いて甘えている。
俺は彼らの微笑ましい光景を見て心が和んだ。ようやく彼にも心を許せる友ができたわけだ。

しかし、このなにか不吉な感じは何だろうか?まるでディアッカがいなくなってしまうような・・・

そんだけ・・・・
ttp://sou5.hp.infoseek.co.jp/boc-k-9.swf


488 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 01:53 ID:???
>487
ディアッカー!!・゚・(ノД`)・゚・。

ここしばらく全く音楽聴かなかったんだけど目が潤んできたよ。
フラッシュのおかげもあるのかな?

489 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 02:08 ID:???
>>480
ルートによってはヒロインを寝取った事実が発覚する訳だが

490 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 09:26 ID:???
イザークの部屋へ 電話をかけて
アスランと遊んでる芝居続けてきたけれど
あいつも傷が 疼いちまうようで
そうそうつき合わせてもいられない

土曜でなけりゃ SEEDもやらない
ザフトの食堂もいつまで いられるわけも無い
帰れる当ての ニコルの部屋も
ナンバーディスプレーにしたんだな 居留守中

ディアッカになるならクリスマスはおよしよ 寂しくなりすぎる
こらえていた言葉がホロリ 小声で呟く 「グゥゥゥレェイト…ハァ」
ディアッカになるなら 裸で夜更けのバスターで泣いてから
涙ぽろぽろぽろぽろ 鬱って枯れてから

そんだけ

491 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 11:59 ID:vDoTgf0B
>>473
激同。
最初ディアッカの画を見たときそう思った。

492 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 13:26 ID:???
>>491
同志! ナニスキーかまでは語るまい

>>478
エヴァ属性よりもエロゲ属性が濃かったということで

493 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 13:38 ID:???
>>482
・゚・(ノД`)・゚・


494 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 15:11 ID:???
>>487
俺、こういうのに弱いんだ…(´Д⊂

痔悪化もホーリーナイトになれるといいね

495 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 17:27 ID:???
>>488 >>494
これも同じ歌のフラッシュ。どこかの掲示板でもらった。
パスは「バンプオブチキン」
ttp://lounge.dip.jp/~yoshinoya_off/up/data.cgi/1043137557.zip

496 :495:03/01/21 17:43 ID:???
すまん、失敗した。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1043138488.zip
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1043138523.zip
こっちでよろ。パスは両方とも「このスレの主役の名」。漢字3文字。

497 :487:03/01/21 18:09 ID:???
>>495
夜具氏のFLASHですな。
Bump of CHICKENのFLASHはここのサイトにもたくさん置いてありますな。
ttp://sou5.hp.infoseek.co.jp/kamaboko.htm

498 :495:03/01/21 18:23 ID:???
>>497
ああ、これはどうも。まとめてあるサイトがあったんだね。

499 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 19:37 ID:???
先日ディアッカがしつこく「話題のF91、見に行こうぜ!」ってうるさいから
学校が終わってから一緒に見に行くことにした。
ずっと騒いでたディアッカだが、始まると静かになった。
もう終盤だなって頃になって、ディアッカがしゃべり始めた

「なあ、、ビルギットって脇役なんだよな・・」
「ああ」
「ドレルも・・・だよな?」
「ああ」
「ザビーネは?」
「脇役だな」
「そう・・・」


今日もまたディアッカは学校を休んだらしい。
俺はお見舞いに行かなくてはならない。

500 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 19:46 ID:???
500

501 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/21 20:51 ID:c2QSJoKi
花に嵐のたとえもあるぞ

さよならだけが人生だ

502 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 23:30 ID:???
ディアッカが何か言いたげにしているから、俺は何か用かいと訊いてやった。
「お前さあ…」と口を開いたディアッカは周りを確認して、
「エッチなゲームとか……持ってるんだよな?」
ああ、何本か持ってるぞ、と返した俺に
「いいのがあったらさ……貸してくれよ…」と蚊の鳴く様な声で頼むから、
エロゲー一本借りるのにうろたえてるディアッカが可哀想になったので
快く貸すことにした。
「ちょうどいいのがあるぞ。転校生の主人公が部活で一緒になった
お姉さま方にリードされるやつだけど、そういうのはどうだ?」
ディアッカはそういうのもいいね、と言ってくれたから、俺は翌日そのソフトをバレないよう別のケースに入れ替えて渡してやった。この段階で既に嬉しそうなディアッカ。

更に翌日、俺は早速感想を聞きに行った。
ディアッカは泣いていた。俺と目を合わせようともせずに。
俺はいきなりガッツ2はちょっと酷かったかなと思い、謝るだけ謝った。

503 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 23:37 ID:???
>>502
初エロゲーがタカさんかよ!?(w
でもアメリカナイズな痔なら意外と平気かもよ。

504 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 23:53 ID:???
会社で飲み会があった。
俺は酔っぱらい、ふらふらと道を歩きながら、そういえばこの近くに
かつての友人ディアッカが住んでいたことをふいに思い出した。
「アイツ、今なにやってんだろうなぁ……」
そう呟いて、俺はやつのアパートに向かうことにした。

ディアッカの住む部屋の鍵は壊れていた。アパート自体、もういつ自然崩壊を
起こしてもおかしくはない代物だったから、さして驚きはしなかったが。
「お〜い、ディアッカ! 遊びにきてやったぞ!」
酔っぱらいの俺は、へらへらと笑いながら電気も点いていない部屋に、ずかずかと
上がり込む。
ディアッカは既に眠っていた。
煎餅布団を体に巻き付けるようにしながら。


「俺ってグゥレイトォ! 俺ってグゥレイトォ! 俺って…………」
自分の声を吹き込んだ、テープをエンドレスで流しながら。

俺はなにも言わずにアパートを後にした。
そういえば、あのテープレコーダーは俺がMDコンポを買って、用済みになった
やつをディアッカがどうしてもというから、あげたものだったことを思い出す。
「変わらないよな、お前……」
俺の小さなひとりごとは、夜の闇に紛れていった。

そんだけ。

505 :通常の名無しさんの3倍:03/01/21 23:59 ID:???
>490
ナンバーディスプレイで出てもらえないほど嫌われてるのに、
どうして遊んでる振りするんだ?
なんかとってもディアッカぽい気がしてワラタじゃないか。

506 :502:03/01/22 00:00 ID:???
すいません。「部活で一緒になった〜」の件は4のつもりで
書いてましたが、後半になって冒頭のインパクトが強そうな2を
選んでしまいました。間違いです。

507 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 00:06 ID:???
>506
キニシナイ! ガンガって次をうpする!

508 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 01:20 ID:???
502を読んで、ガッツ2ってなんだろう?と思って検索してしまった。
目が腐るとはこう言う事だ!とラルが脳内で叫んだ。
・・・これはディアッカが、地上でハモンのパチモンの姐さんに蹂躙される予兆かも
しれない。あの姐さんも服を脱ぐと・・・・・・・・・・・タ・タカさーん!
なんて悪意たっぷりに想像して、鬱憤を晴らした。
でも、ディアッカは泣きながらよろこんでいるようでした。
                            そんだけ。

509 :502の続き:03/01/22 03:00 ID:???
流石に反省した俺は、お詫びとして「このはちゃれんじ!」を貸してやった。
ディアッカは今度こそ喜んでくれたようで、どのイベントは笑えた、などと
話してくる。当初の「エッチなゲーム」という目標から外れてるが
まあいいやと思い、ディアッカもディアッカでエロゲーライフを満喫しているようだった。

日曜日を挟み、その日は一日中プレイしていたらしい。
月曜、ディアッカは全部やり終えたと言って俺にこのちゃを返してくれた。
あんなに気に入ってたのに、何故か辛そうな面持ちで。
理由を聞くとディアッカは一呼吸置いて「皆、いい人過ぎるよ…」とこぼした。
日頃からイザークになじられ、MSに乗ればバスターの人気不振。
何度か女を紹介されるが実らず、番組内での扱いも狭い。
そんなディアッカに、いい人ばかりの世界は返って辛かったようだ。

案外ナイーブな面を知った俺は、「お前にもいい人が見つかるよ」とだけ
声をかけておいた。かけておいて、根拠もなくそんなことを言って
悪かったとまた反省したが、今のディアッカを励ます自信は無かった。


それだけ

510 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 03:28 ID:???
ある日、ディアッカから「彼女ができたので紹介する」という電話が掛かってきた。
待ち合わせ場所に行くと、サイが先に来ていたので一緒に待っていると、ディアッカが
満面の笑みを浮かべながらやって来た。「彼女はどこにいるのか?」と聞くと彼はニンマリと
しながら、後ろを向き、「マナマナ〜!」と呼びかけた。すると街路樹の陰から、こんな感じ
(ttp://www.age-soft.co.jp/Product/Kimibo/c004.htm)の大人しそうな眼鏡をかけた少女が出てきた。
「どんな筋肉女が出てくるか?」と楽しみにしていた俺は少々面食らった。誇らしげな顔のディアッカに
馴れ初めを聞くと「一族の平慎二に紹介してもらった」という答えが返ってきた。それから小一時間、俺と
サイは彼らのノロケ話を聞かされる羽目となった。話の間、どんどん暗くなっていくサイの顔が印象的であった。
俺はこんな状況のサイの前に平気な顔でノロケ話をするデリカシーの無さに憤りを感じた反面、あのディアッカ
にもようやく春が来たことで何かホッとした気分になった。ディアッカにはあんな感じの世話好きでよく気が付く
やさしい娘が似合ってるのかもな・・・と思った。

あれから一ヶ月・・・ディアッカと会っていない。仕事場にも顔を出さず、電話をかけてもいつも留守番電話である。
うつろな顔で町を歩いているのをニコルが見かけたそうだが、声はかけなかったらしい。
一体どこへ行ったのだろうか・・・・・・・?

そんだけ



511 :某スレのネタを拝借:03/01/22 03:53 ID:???
宇宙戦闘の訓練中行方不明になったディアッカが帰ってきた。
服は剥がれ、顔は涙でクシャクシャになったディアッカ。

聞けば俺たちとはぐれた後、見知らぬ小惑星の近くで黄緑色の大型MSに
遭遇したらしい。そのMSは独立して行動する小型のビーム兵器らしいものを
使っていたという。ふむ、噂に聞くファンネルというやつか?
それがあまりに数が多いのでバスターはあやうく行動不能に追い込まれ、
ディアッカはそのMSに乗っていたパイロットに引きずり出されたそうだ。
捕虜にされたのか、と皆が案ずる中、ディアッカは「…慰安婦だよ」と言った。
なんと敵MSのパイロットはまだ小学生くらいの女の子で、助けてくれるのかと
一安心したディアッカの服を剥ぎ取り、信じられない事にディアッカは
MSのコクピットのなかで犯されていたらしい。それも、何度も。
その小惑星に戦利品として持ち帰られたディアッカは少女の自宅らしい所に
連れ込まれたが、そこにいた俺たちと同年代らしい男が少女を説き伏せると、
「すいません。以後こういうことがないように、僕の方からも
言っておきますので」と平謝りに謝って帰してくれたそうだ。

一通り聞かされた皆は、首をひねった。アスランも敵のことは知らない
らしいし、イザークが例によって「この腰抜けがぁぁ!!」と怒鳴れば
ニコルが「まあ、実際腰から抜かれたんですから」となだめる。
しかし俺はその招待に心当たりがあった。

ディアッカよ、お前が会ったという同年代の男… 森優じゃないのか?


                  そんだけ

512 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 05:37 ID:???
修学旅行の時の話だ。夜中は出歩くなと、先生からはきつく言われていたが、そんなの律儀に守る奴はいない。
俺はイザークとアスラン、ニコルも誘って女子の部屋に遊びに行く事にした。
「あれ?何処行くんだ?」
で、部屋を出た矢先にディアッカがいた。目的を話すと奴は案の定、俺も行きたいと言い出した。
イザークはなんか不満そうだったが、俺はここでダメと言うのも可哀想だと思い、笑顔でいいよと言った。
遊びに言った先では中々に盛り上がった。
(アスランは違うクラスのキラとかいう奴のところにいきたがっていたらしいが)
会話のネタは主にディアッカ。こいつったら、普段から間抜けな奴だから笑い話が多い。
奴は自分の恥ずかしい話が暴露される度に複雑な顔をしてたが、それで女の子が笑ってくれるのには満更でもないようだった。
それがいけなかった。
俺はついつい調子に乗って、ディアッカがニコルの女装写真を大事にしてる事をばらしちまったんだ。
場が凍り付く。ディアッカの目に涙が浮かんだ。沈黙を破ったのはイザークだった。
「こ、腰抜けェェェ!!」
が、ノリとは怖いもので既にハイテンションだった女の子達が、なんとか引かずに話しに乗ってくれた。
けど、話の方向はずれた。ずれにずれた。
今ここでニコルに女装させてみよう。それだったらディアッカも。いや、いっその事全員男装女装……。
http://snow.prohosting.com/fraud8/cgi-bin/up/source/up0152.jpg
その時、見回りの先生が来た。俺達は先を争って部屋のベランダ伝いに逃走した。
だが、ディアッカは、一人布団に躓いて出遅れてしまった。
見つかってしまったディアッカはこっぴどく叱られた上、廊下に正座させられた。もちろん女装姿のままだ。
でも、俺達もあそこにいた事はバラさなかった。
そんだけ。

513 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 09:28 ID:???
大晦日にディアッカが家に来た。
一緒に紅白見た。
正確には、見せてやった。
中島みゆきの歌を聴きながら涙をツツーと頬に伝わせていた。
鼻をグシュグシュさせながらヤツは言った。
「中島みゆきっていいよね。こんな人がお姉さんだったら最高だな」
お姉さんよりもお母さんのような歳だとは言わなかった。

そんだけ

514 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 12:39 ID:UT/pvwwr
ディアッカがageて欲しそうな目でこちらをみている。
・・・しょうがねーな。

そんだけ

515 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 12:57 ID:???
この間買った『Gガンダム』のDVDを、みんなで観た。
イザークは「師ィィィィ匠ォォォォォ――――っ!!」
と叫びながら、号泣している。いつもながら、テンションの高い男だ。
アスランは「変形する時はどうすればいいんだろう?」
と、モビルトレースシステムでもないイージスの操縦の事で悩み、
ニコルはニコルで
「なんなんですか、あの『ファイティングスーツ』とかいうやつは、いやらしい!
あれじゃあ、まるで『全身コ●ドーム』じゃないですか!!!」
と、憤っている。
ディアッカは、といえば、
「鼻をつまんで『マスターガンダム』って言うとさぁ、
『バスターガンダム』って聞こえるよね」
と、嬉しそうに笑っていた。

そんだけ。

516 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 14:19 ID:???
ついさっきディアッカのためにHGバスターガンダムを買ってきた。
正直、ストライクよりバスターのが好きだったりする。

そんだけ。

つか、>>511の元ネタって何ですか?

517 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 14:44 ID:???
諸君 私はディアッカが好きだ
諸君 私はディアッカが好きだ
諸君 私はディアッカが大好きだ

砲撃が好きだ
バスターが好きだ
大気圏突破が好きだ
浅黒い肌が好きだ
「同感だね」が好きだ
「グゥレイッ!」が好きだ

宇宙で 大気圏で
河原で 宇宙船で
雨中で コンビニで

この世界で行われるありとあらゆるディアッカの行動が大好きだ

94mm高エネルギー収束火線ライフルが轟音と共に敵艦艇を吹き飛ばすのが好きだ
砕け散る戦艦の中に真空へ放り出される敵兵を見つけたときなど心がおどる

ディアッカの操るバスターが遠間からストライクを牽制するのが好きだ
バスターに脅え57mm高エネルギービームライフルを連射しエネルギー切れでPS装甲が消えたストライクを見たときなど胸がすくような気持ちだった

雨にさらされた哀れな捨て猫を胸に抱き上げるディアッカの姿が好きだ
猫の姿に自分の姿を重ね自嘲気味の笑みを浮かべるディアッカの様など感動すら覚える


518 :517の続き:03/01/22 14:45 ID:???
サイと一緒に河原で投げた石が水面に写るディアッカの姿を歪ませるのが好きだ
お互いに語らず不幸を分かち合える二人の姿に夕陽が重なった時などとても悲しいものだ

ほんの少しの失態でイザークに罵られるディアッカの後姿が好きだ
発狂したようにまくし立てるイザークの口撃になす術も無く途方にくれたディアッカを見るのは屈辱の極みだ

諸君 私はディアッカを笑いの神の様なディアッカを望んでいる
諸君 私に付き従う2ちゃんねらー諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なるディアッカを望むか?
情け容赦のない糞の様なディアッカを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様なバスターを望むか?

『ディアッカ! ディアッカ! ディアッカ!』

よろしい ならばディアッカだ

我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で16話もの間堪え続けてきた我々にただのディアッカではもはや足りない!!

ディアッカ・エルスマンを!!
一心不乱のディアッカ・エルスマンを!!


519 :517:03/01/22 15:23 ID:???
長文かつびみょーにスレ違いスマソ。
っで、まだ続きがあったりするわけだが、
書き込んで良い?

520 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 15:27 ID:???
どうぞ

521 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 15:27 ID:???
ワロタ。続きどぞー

522 :517:03/01/22 15:33 ID:???
んじゃま、続き

我らはわずかに522レス 1000レスに満たぬ敗残兵に過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総力52万2千と1人のディアッカ団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう
連中にディアッカの味を思い出させてやる
連中に我々のバスターの砲撃音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らのネタでは思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千人の2ちゃんねらーのディアッカ団で
2ちゃんねるを燃やし尽くしてやる

『ディアッカと俺の関係』スレより全2ちゃんねらーへ
目標2ちゃんねる鯖上空!!

第一次ディアッカ・エルスマン作戦 状況を開始せよ

逝くぞ 諸君

そんだけ。


523 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 16:07 ID:???
>>517=>>522
AOT兼業?

524 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 16:38 ID:???
今日少し遠出をして、トイザ○スにHGのバスターを買いに行った。
しかし、一通り店内を見回したが見当たらなかったので店員に聞いてみた。
すると店員は心当たりがあるのか携帯電話を取り出し、どこぞに問い合わせてくれたようだ。
「うん、バスターだよ、バスター。違う、違う、マスターじゃなくてバスター。
そうそう、バスター、バスター。」
・・・、なんか恥ずかしかった。

そんだけ。

525 :517:03/01/22 17:09 ID:???
>>523
質問に質問を返してスマソが、AOTってなに?
UOのギルド名?
Age Of KINGSをタブレットでやる事?
なんかの雑誌名?
調べたのだが、よくわからんかった。

526 :524続き:03/01/22 17:23 ID:???
結局ト○ザラスでは買えなかったので、今度は近所の模型屋に行ってみることにした。
小さな店だったのであまり期待はしていなかったが、新製品だしさすがにあるだろうとたかをくくり店に入った。
しかし、店内にバスターを見つけることはできなかった。
仕方ないので聞いてみようと思い、あたりを見回してみるとカウンターにおばちゃんがいるだけだった。
一抹の不安が胸をよぎったが、だめもとでで聞いてみることにした。
しかし、おばちゃんはそんなの知らないと言い出すのだ。
そんなわけ無いだろう、その後ろにあるアサルトシュラウドなんなんだ?と思ったが、あえて恥を忍んでわかり易く説明してみたが、おばちゃんは首をかしげるばかり。
すると、埒があかないとばかりに店主らしき人物が奥から出てきた。
やっとわかる人が出てきたなと安心したのもつかの間、その店主も知らないというのだ。
入荷予定表のようなものもみせてもらったが、バスターの名前はそこになかった。
打ちひしがれて店をでようとした際、ふと棚に目をやるとSEEDの400円シリーズが目に入った。
アストレイ、ストライク、デュエル、イージス、ジンがあったがバスターはなかった。

そんだけ。

527 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 17:26 ID:???
>>525
「アスランお菓子隊」だろうな、多分。

528 :523じゃないが。:03/01/22 17:28 ID:???
>>525
AOTはアスランお菓子隊の略称。
アスランスレのテンプレにも、そのヘルシングネタが貼られてるんだわ。

529 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 17:31 ID:???
>>525

A アスランタン
O 御菓子
T 隊
これで多分あってるよね?アスランスレが主な活動場所らしいけど。

530 :517:03/01/22 17:44 ID:???
>>527 >>528 >>529
なるほど、情報ありがとう。
理解しました。

>>523
AOT兼業じゃないです。

531 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 17:47 ID:???
頭文字D(ディアッカ)というスレを立てようかどうか迷ってる。そんだけ。

532 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 20:50 ID:???
ディアッカがPCの前で俺を呼んでいたので、
弁当を食べるのを中断して見に行った。
2ちゃんねるのシャア専用板という板を開いて、
「頭文字D(ディアッカ)」というスレを今まさに立てようとしていた。
「ぐぅれいとなスレになるぜ」

1 名前:通常の名無しさんの3倍 投稿日:03/01/22 12:21 ID:deliakka
   職人降臨キボンヌ

2 名前:通常の名無しさんの3倍 投稿日:03/01/22 12:22 ID:???
   2

3 名前:通常の名無しさんの3倍 投稿日:03/01/22 12:23 ID:???
   種スレ乱立逝ってよし(´・ω・`)

4 名前:通常の名無しさんの3倍 投稿日:03/01/22 12:26 ID:???
   そうだ!
   どうせ出番がないんだから、ネタの出しようがないさ!
   ディアッカ!
   わからないんだァー! ディアッカ! 君の個性が! ディアッカ!
   こんなスレを立てる前から(略


俺はエビフライをディアッカにあげた。だから、もうやめとけ。

そんだけ。

533 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 21:36 ID:???
532は神の領域だと思う。スパゲティが鼻から出た。

534 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 21:56 ID:???
>>532
グゥレイト!!!
スレ立てキボンヌ。でも本当にそんな展開になりそうなヨカーン

535 :通常の名無しさんの3倍:03/01/22 21:58 ID:???
至る所で奪取されて、あぶれるヤシはディアッカだという。
そんなレスを見ながら、彼はアスラン達に目で訴えていた。
「俺じゃないよな、俺、これからのキャラだよな」
誰も彼に答えはしなかった。

あとでディアッカの為に失敗作のストライクをあげようと思った。
もちろん、1/20キラ付きで。

  そんだけ。

536 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 00:50 ID:???
ホッシュホッシュ

537 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 00:55 ID:???
agaリマス

538 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 00:55 ID:???
上がりまーす。

539 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 09:50 ID:???
昨日、ダイエーの文房具売場に行った。
SEEDのシールがあった。
ディアッカのシールを探した。
何故か無かった。
ふと真っ白な紙を裏返して見た。
1枚だけ残っていたディアッカだった。
だれだ、裏返しにしたヤツ。

実話

540 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 10:02 ID:???
>>539
実話なところがまた痔らしい

541 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 13:17 ID:???
>アルテミスにて「そういうことじゃねーよ!ヽ(`A´)ノ」

あれは状況が悪かったからじゃないかな。
子供嫌いだとは思わなかったけど、意外に口悪いなぁとは思った。
確かあの時は、チャンドラが「これからどうなるんでしょうねぇ…」とか言ったのに対してもトノムラは、
「わからん、何もわからんよ!ヽ(`Д´)ノ」とかいうような反応してたし…結構短気なのかもね。

542 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 13:20 ID:???
すまない。541は誤爆だ・・・

543 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 14:17 ID:???
どこのスレに書き込もうとしたか想像できて笑える(w

544 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 15:16 ID:???
       o___________
         .||                 l
        .||  上戸彩3rdシングル  l  二
       .||                .l
         ||    『Hello』       .l  二
        ||               ..l
          .|| 2003年2月26日発売.   l  二
         .||___________..|
          ||
        || ノ川ヽヽ  ニ   
        と(V▽V. ニ−(⌒:
        と_    ヽニ─(⌒:⌒:
         ||  ゝ  (⌒:⌒:  :⌒:⌒:
          (_ノ(⌒::   ::⌒:⌒:⌒:

545 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 17:22 ID:???
今日、学校帰りにフラリとプラモ屋に行った。
そしたらバスターのHGが新商品で出ていた。
ストライク・デュエル・イージスの3種類と一緒に置いてあったが、バスターだけが山積みになっていなかった。
きっと入荷が少…新商品なだけに売れたのだろう。
残りが2箱だったのでとりあえず買った。

明日ディアッカに教えてやろう。

546 :通常の名無しさんの3倍:03/01/23 21:49 ID:???
昨日、HGバスターを買いにイエサブに行った。
しかし、そこにHGバスターが販売された形跡がなかった。
ふと、>>524 の事が脳裏をよぎった。
ついでに、
「……ゴメン………おれ、人気無いし……ホント、ゴメン…………グゥレイッ…」
というディアッカの声が聞こえた気がした。

ショボーンとするオレは、隣で∀ガンダムのプラモを漁ってるやつらが、
SEEDを罵っている事に気がついた。
でも、最後までディアッカの名前は出てこなかった。
……ダイジョブ
まだ、大丈夫だよね? ディアッカ……

実話だけど、そんだけ。

547 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 00:04 ID:???
保守ついでに。

ディアッカ「凶」
アス&ニコ「きょー?」
イザーク 「ディアッカおいしいな」
ディアッカ「どうしたらいい?どうしたらいいんだ?」
アスラン 「木に結ぶと悪いのが清められるって聞いたことがある」
ディアッカ「じゃ結ばなきゃ」
イザーク 「でも結ぶと書いてることがかなうってのもよく聞く」
ディアッカ「ええ!?じゃだめじゃん!!どうしたらいい?どうしたらいいんだ?」
ニコル  「きっともうだめなんですよ」

そんだけ。

548 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 00:35 ID:???
>>547

ニコル 「あ、クルーゼ隊長だ」
イザーク「敵は渋滞で動けないぞ! 突撃だ!!」
ニコル&あす「ワー!ワー!ワー!」
ディア 「隊長! これあげる!!」
クルーゼ「ん?」(凶のおみくじを受け取ってしばらく硬直)

クルーゼ「アデス。財布はこの中か?」
アデス 「えぇ、そうですけど……お金。抜かないでくださいよ?」
クルーゼ「わかっている。入れるだけだ」

いかん。うろ覚えだ。
そんだけ。

549 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 03:00 ID:???
ホッシュホッシュホッシュアゲ

550 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 04:05 ID:???
痔悪化「ポカポカな陽気に誘われウニャニャニャーン」
ニコル「ウニャニャニャーンてなんですか?」
痔悪化「聞かれた!!」

そんだけ。

551 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 05:06 ID:???
>>550
わらた。
痔馬鹿っぽい

552 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 15:18 ID:???
>>547>>548>>550
思わずコーヒーを吹き出しそうになってしまったぞ(゚Д゚)ゴルァ!!!

553 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 15:55 ID:???
痔がトモなのか

554 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 16:15 ID:???
新ガンダムが、
・キラ→フリーダムガンダム
・アスラン→ジャスティスガンダム
ということで、
・イザーク→ブレイブガンダム
・ニコル→ラブガンダム
・ディアッカ→グレイトガンダム
・・・と大胆予想してみたり。


555 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 16:32 ID:???
大胆に誤爆ですか?

556 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 16:57 ID:???
いや、そんなことは無い。
イザークとニコルの分はおまけです。

557 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 17:16 ID:???
ここの大気圏のバスターを歌いすぎて
本物の歌詞を忘れたんだが

風の中のすばる 砂の中の・・・なんだっけ?



558 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 18:27 ID:???
>>557
砂の中の銀河だよ。

そして自分も大気圏のバスターを歌いすぎて、
テレビで曲流れてると「仮面よ〜」と歌い出す始末。

559 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 19:54 ID:???
新ガンダム
・キラ→フリーダムガンダム
・アスラン→ジャスティスガンダム
・イザーク→バーニングガンダム
・ニコル→プリンスガンダム
・ディアッカ→実はまだ決まっていない

それだけ。

560 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 20:18 ID:???
>>559
(´Д⊂

561 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 20:36 ID:???
今日の夕飯は冷凍のご飯が余っていたのでチャーハンにした。
レタスチャーハンにしてみたが、結構うまかった。
そういや、ディアッカの作るチャーハンは凄くうまいんだよなぁ。
なんか食いたくなってきたので、明日出番が無く暇だったら作ってもらおう。

そんだけ。

562 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 20:44 ID:???
>>559
部下ばかりガンダムに乗っていては隊長としての面目が立たないので、
ディアッカの分は隊長に没収されました。

・イザーク→バーニングガンダム
って、それはザフト製ではなくネオ・ジャパン製ですか?w

563 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 21:06 ID:???
変体仮面「みなさあん お待ちかね!
     給与ですよぉーーーーーッ」

ディアッカ (少なくてもいい!
     俺様の努力と血と汗の結晶…
     その証が大事なんだ…!
     なーんつってね
     ゲロ少なかった時の心の保険をかけながら…)
ディアッカ 「ひ… ヒィーヤァァァー グ〜レィト〜〜〜!?」
イザーク「何だ!? イチイチ奇声を発するな、腰抜けぇぇぇぇ!」
ディアッカ 「こ…こんなに!? こおんなに!?
     ど ど ど どう見てもコレ…
     漱石さんが3人いるんスけど!?」
イザーク「うっそ」
ニコル 「よかったですね ディアッカ!」

命張って三千円はよくないだろニコル。

そんだけ。


564 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 21:20 ID:???
イザーク>シャイニングガンダムに1000000モナー

565 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 21:47 ID:???
家に帰るとディアッカが「千と千尋の神隠し」を見ていた。声をかけると彼は
こんなことを聞いてきた。「あの黒柳徹子みたいな婆さんに俺の名前が奪われたら
俺はどんな名前にされてしまうんだろうか?」

「痔だろ。」思ったが、いくらなんでもあんまりなので、「ハクってイザークと似てるよな。」
などといってごまかした。
そんだけ

566 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 22:11 ID:???
>>563
ディアッカ軍曹〜
命張って3千円で喜んでちゃだみですよ〜(;´Д`)

関係ないけど、ケロロ軍曹ってガンネタ結構入ってるよねぇ。
ガンガルまで扱ってたところがマニアックだった。


567 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 22:23 ID:???
最近ディアッカが妙にニコルに対して、強気になっていた。
あのいつものディアッカは、何処へ行ってしまったんだと心配して
奴の部屋を覗きに行くと、

2050←サイヤ人
969←まあ、隊長だし。
718←目標
372←健闘、グゥレイッ
329←( ´,_ゝ`)プッ

という謎の紙があったが、俺はああ、と直ぐに気がついて
372の上に、415←仲間、と振って置いてやった。

そんだけ

568 :通常の名無しさんの3倍:03/01/24 22:52 ID:???
>>566
ディアッカの家は金持ちだからさ、(パパ、評議員)
普段の支払いはみんな、タッドパパのゴールドカードなんだよ。
だから、あんま、現金は見た事ないってわけ。

569 :山崎渉:03/01/24 23:04 ID:???
(^^; 

570 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 00:06 ID:???
「上海で人が空から降ってきて民家を直撃」
そんなニュースが、付けっぱなしのテレビから流れてきた。

「そういえば、あいつ……」
元気かな、と俺はグゥレイトグゥレイト五月蠅いアイツを少しだけ思い出した。
上海で空から降ってきたのが、ディアッカでなければいいのだが。

そんだけ

571 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 00:20 ID:???
俺とディアッカは走っていた。
目的は通勤ラッシュ中の電車の座席、ただ一つ。
この時間とこのタイミングでいけば9割の確率で場所は確保出来るという事は、経験と実績から得た結論。
もちろんその日とて的は外さなかった。絶妙な間合いを見切って席へとなだれ込む二人、当然プロジェクトは成功。
口癖がうつった訳ではないが、正にグゥレイト。
立ち組から怨念かのような視線が突き刺さるが、俺とディアッカはそれすら慣れたものだった。

3、4駅通過すると、車両内の密度もだいぶ高まってきた。
乗客は皆押しつつ押されつつで、座っている俺達の方にも今にも倒れ込んできそうであった。おいおい勘弁してくれよ、と。
そんな折、何故か隣のディアッカだけはそわそわし始めていた。
1つ前の駅で客層があらかた入れ代わったころからだろうか。まごまごもじもじ、鬱陶しいったらありゃしない。
俺が肘で小突いてやってもその仕草を止めないので、いい加減にしろ、トイレぐらい我慢しろよ。 と一言。
するとディアッカは今度は口の方をもごもごし始めて、蚊の鳴くような声でようやく
「ち、違うんだ………。 俺、席を…」
その続きを言いかけた直後、やっぱりいいや、とそれだけは音量を上げて打ち消した。
ヤツの貧乏揺すりは止まったが、同時に二人の会話もそこで止まった。
俺達はそのまま無言で何駅か通過し、そして無言でその座席を立った。

だけどなディアッカ、俺分かってたんだ。
お前、俺達のすぐ前にいたばあちゃんに席譲ろうとしたんだよな。
でもお前引っ込み思案だし……勇気いるよな、ああいうの。
ごめん、ばあちゃん。
ごめん、ディアッカ。

そんだけ。

572 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 00:42 ID:???
今日、俺とガモフ組の4人で千と千尋で出てきた変な世界に行った。
確かに美味そうな匂いだ。だがそう簡単に食べる程俺達は馬鹿じゃない。

ディアッカ「グゥレイトォ!美味いぜ!!」

俺達はディアッカを置いて、夜になる前に逃げ去った。
途中でイザークそっくりのハクって奴に会った。

あれ以来、ディアッカの姿を見た者はいない。
多分豚になって食われたんだと思う。

それだけ。

573 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 01:31 ID:???
>>570
「上海で人が空から降ってきて民家を直撃」
・・・この書き方だと民家の方が被害者みたいだな。


そんだけ

574 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 01:54 ID:???
http://www.gundam-seed.net/
公式HPでやってる投票で、何故かバスターが一位だった。

それだけ。

575 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 01:58 ID:???
なんか連投のコツつかんできた・・・
と呟きながらネットする痔を見た。

そんだけ

576 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 03:18 ID:???
ディアッカが買え買えうるさいので、今日HGバスターを一人で買いに行った。
でも精算時につい「プレゼント用に包装してください」と言ってしまった俺、
そしてその後会ったニコルに「バスターが好きなんですか?」と聞かれたのに
またもつい「そうでもないな」と言ってしまった。

振り返るとディアッカがいた。
何も言わなかったが、その目が俺を責めていた。
そしてそのまま踵を返すディアッカ、遠くに泣き声を聴いて俺は後悔した。
ごめんディアッカ、何となく気恥ずかしかったんだよ。本当はバスターが一番好きなんだ。
考えた挙げ句、「明日暇だし良かったら一緒にバスターを作ろう」とメールすると
すぐに「オーケィ」とだけメールが返ってきた。
それ見て、心がフッと軽くなった。
明日、ディアッカの出番があったら一緒にお祝いもしてやろう。

そんだけ

577 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 03:24 ID:???
午後3時39分、ディアッカがモニタの前でガクガクブルブルしていたので、
俺は眠い目をこすりながら、画面をみた。

『772 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/25 02:29 ID:???
 痔と俺スレ見たら早速ネタにされてたよ…

 773 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/25 02:31 ID:???
 本人が連投した模様。
 月曜日になったら不正発覚します。

 774 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/25 02:32 ID:???
 おのれ痔ぃぃぃ!! 狡猾な真似を…!

 775 :通常の名無しさんの3倍 :03/01/25 02:39 ID:???
 連投かよ・・・とんだ失態だよね。               』

ディアッカは、このカキコ以降、1時間もフォローなしであることに愕然としていた。
「もう寝ろよ、今日は珍しく出番、あるんだろ・・・・・?」

声をかけたが、ヤツは両目に涙をためたままフォローのカキコを待ちつづけていた。
ちなみに773は、俺だ。           ・・・・・・・・・・・・・・・・・そんだけ。

578 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 03:28 ID:???
>>577 午前だった。スマソ。

579 :元ネタはジョーク:03/01/25 10:48 ID:???
ある日ディアッカは、ガレージセールで古ぼけたランプを見つけ、うちに持って帰って洗うとランプの精が現れた。
「ご主人様、私をランプから出して下さってありがとうございます。大変心苦しいのですが、
私は力の弱いランプの精なので願い事を一つしかかなえられませんが、どうぞ願い事をおっしゃって下さい。」

「それは凄い。どうせなら俺の願い事一つで世界をグゥレイトォにしたいものだな。」と彼は答えてしばらく考えた。
それから壁に貼ってある世界地図に近づいてこう言った。
「ここに世界地図がある。今、地球は戦争状態に陥っている。俺のただ一つの願い事で、地球に平和をもたらしたい」

ランプの精はゴホゴホとせき込んで答えた。「あぁ、それは....それはちょっと仕事が大きすぎますね。
えぇと、ほら、ここの件はあのやっかいな、人種間の軋轢ってやつがからんでくるでしょ、
それから、えぇと、ザフトと連合の子ども達は、ティーンエージャーの頃から戦うことを覚えてしまうんですよね。
とても申し訳ないのですが何か別の願い事を....」

「分かった、それなら俺のたった一つの願い事として」彼は答えた。
「俺がグゥレイトォに活躍できるガンダムを出してほしい。」

ランプの精はちょっと考えてから壁に貼ってある世界地図に近づいて言った。

「地球の平和の可能性を考えてみましょう。」

そんだけ。

580 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 12:15 ID:???
今朝、俺がバイトしている弁当屋に、
ディアッカのオヤジさんの後援会事務所から、弁当50人前の注文があった。
近々選挙があるという話も聞かないが、いったい何なのだろう、と思いながら、
さっき仲間と一緒に配達に行ってきた。
そこには、ずらっと並んだ電話の前に同じ数のウグイス譲が陣取って、口々にさえずるのが、かしましい事この上ない。
キーンとハウリングを起こしている俺の耳は、ふと、一つのはっきりとした言葉を拾った。
「ぜひ、『バスターガンダム』に、清き一票をお願い致します。
ええ、バスターです、バスター。マスターでなく、バスターです。
よろしくお願い致します。」

帰りに通りかかった『ユーリ・アマルフィ後援会事務所』には、シャッターが下りていた。
そういえば、ロウの家だけ、政治家じゃなかったな・・・。

そんだけ。

581 :580:03/01/25 12:36 ID:???
すまん、最後の行、
「そういえば、キラとロウの家は、親が政治家じゃなかったな・・・」
に、替えておいてくれ!

582 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 15:59 ID:???
>>577
未だに誰にもフォローしてもらえてないのな。w

583 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 16:04 ID:???
>>582 ディアッカ・・・・・いつまで凍り付いてるんだ・・・・お前は。

584 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 18:32 ID:???
今日は出番あってよかったな。
見せ場は相変わらず無かったが。
ソンダケ。

585 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 18:58 ID:???
今夜はディアッカの家でチャーハンをご馳走になろうと思ったが、まだ帰ってないらしい。
今回は台詞付きの出演だったので、きっとどこかで舞い上がってるのだろう。
いつ帰ってくるかもわからんし、奴の幸せに水をさすのも悪いから今日は帰ることにした。
だけどこのまま帰るのもなんなだから、今夜はサイと一杯やるか。
あいつもいろいろと大変そうだし、回らない寿司でも奢ってやろう。

がんがれ、イ`!!

そんだけ。

586 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 18:59 ID:???
灼けつく大気を切り裂いて ヤツに遅れず 落ちて見せたい
明日に出番 望みたいから キレてる俺を忘れるために
抱かせてくれよ お前のママの 身体を

メタルファイヤー 燃えつきーた 
バスターグゥゥゥゥレイト!

見せ場と出番は口だけのことと わかっても求め合い

OPだけでは嫌だ EDだけでも無理だ
見せ場と出番は言葉 信じられれば力?
OPだけでは嫌だ EDだけでも無理だ
見せ場と出番は言葉 感じられれば力

ディー、ディー、ディアッカ・エルスマン 探してね 今ここで
ディー、ディー、ディアッカ・エルスマン キレる残忍(元) ディアッカ・エルスマン

587 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 19:00 ID:???
今日は珍しくディアッカに出番があったらしい。
でもイザークに偉そうな態度&セリフを吐いたので、撮影後にイザークに殴られたらしい。
「お、俺の本心じゃない!台本通りに言っただけだっつn いてっ!やめて殴らないで」
「台本のせいにするな臆病者がぁぁぁぁっ!!」

お前らしばらく地球で一緒に行動するんだから仲良くやれよ。
そんだけ。

588 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 20:54 ID:???
風の噂で、ディアッカが出番を貰えたと聞いた。
だから俺は、あいつにおめでとうと言ってやりたかった。
それで、俺はディアッカの家に行ったんだ。
あいつの家の鍵は開いていて、呼んでも返事は無かった。
中に入ったら、ディアッカは布団に包まって泣いていた。
声が掛けられる雰囲気じゃなかった。

風の噂で、ディアッカが監督に体を売ったと聞いた。
俺は出番なんかより自分を大切にしてほしかった。でも、そんなこと言えやしない。

そんだけ。

589 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 21:48 ID:???
モツ焼き屋に行ったら今日もサイとディアッカがいた。サイはだいぶ荒れているようで
焼酎を浴びるように飲んでいた。ディアッカはというと先週とは違い、サイの飲み過ぎを
諌めながら彼の愚痴に逐一うなずきながら彼を励ましているようであった。
「小学校の頃のフレイ、かわいかったなぁ・・・サイにいちゃん、サイにいちゃんって、俺の
後ろを付いて回ってな・・・それが今では・・ううぅっ・・!」
「アンタもつらいんだな・・・わかるよアンタの気持ち。俺が言っても説得力無いけどな。」
「畜生っ・・!あの遺伝子組み換え野郎っ!フレイを寝取った上、逆切れしやがって!喧嘩が強けりゃ
偉いのか・・・!頭が良けりゃ偉いのか・・・!ろくに努力もせず遺伝子に小細工しただけの癖に!!」
「まあまあ・・・そう怒るな。目の前にいる俺も一応コーディーなんだぜ・・・あんまり苛めないでくれよ・・・」
「あっ・・・ゴメン・・・」
「気にするな・・・俺達だって偉そうなこといえた義理じゃない・・・おあいこさ・・・」
こんな感じで小一時間ほど彼らは飲み明かし、席を立った。ディアッカは会計でサイが財布を出そうとするのを制し、
「今日はおごりだ。兄弟!」とサムズアップをしながら自分ののがま口を取り出し、代金を払おうとした。
「お二人様で4750円になります。」
その瞬間、ディアッカの顔が青くなった。彼のがま口には3000円しか入ってなかったのである。
青くなるディアッカの様子を見かねた俺は、そっとディアッカを呼び、2000円ほど貸してやった。
安堵の表情を浮かべながら会計に戻るディアッカを見ながら俺は「あいつも成長したな・・・」と思った。
そんだけ


590 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 21:55 ID:???
今日ちょっとコンビニへ弁当を買いに行ったら、
うつむきながらトボトボ歩いているディアッカを見かけた。
何か嫌なことでもあったのか?と聞いてみると、
「いやぁ、たいした事じゃないんだ・・・。
ただ、切れるも残忍もイザークに取られて、
俺の存在理由はどこにあるのかな・・・・・って。」
俺は何も言わずに、ディアッカに焼肉を奢ることにした。

そんだけ。

591 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 21:58 ID:???
ちなみにそのあとサイは線路に飛びこんだが、
駅員に間一髪救出されて事無きをえた。

そんだけ。

592 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 22:21 ID:???
今日、宇宙のクルーゼからジブラルタルのイザークとディアッカに連絡があったらしい。
連絡後、イザークは包帯を取っていた。顔に傷が残っていた。
ディアッカはというと、「イザーク・・・ちょっと恐かったよ」とビビっていた。

その後、ディアッカはイザークに睨まれると逆らえなくなってしまったので、部屋に引き篭もってしまった。
イザークと会いたくないそうなので、レセップスまで、俺がバスターを操縦する羽目になった。
ディアッカを入れたコンテナを担いで。

それだけ。

593 :通常の名無しさんの3倍:03/01/25 22:31 ID:???
イザークとサ店に入ったらディアッカとサイがいた。
珍しい組み合わせで興味あったので、2人に気付かれないように近くの席につく事にした。

どうやらサイがなにやらディアッカに相談しているようだった。
なんでもサイには許婚の娘がいて、最近態度がおかしいらしい。
まず俺はこんな相談ディアッカにするサイに呆れた。イザークも同感のようだった。
だが次の瞬間、俺は耳を疑った。
とにかくその娘と一度しっかり話をするべきだと、
サイがその娘を大切に思っているんなら、きっとその気持ちは相手にも通じるはずだ、と
あのディアッカが言ったのだ。
まさかディアッカの口からこんな立派な台詞を聞ける日が来る事になるとは。
そしてその時イザークが、ディアッカの成長に嬉しいような寂しいような複雑な表情を一瞬浮かべた事を
俺は一生忘れる事はないだろう。


・・・あのサ店の出来事は何週間前の事だっただろうか。
あれ以来、それまで見た事無いほど荒れたサイとディアッカが一緒にいるのをよく見かけるようになった。
まぁ、今のディアッカなら任せておいても大丈夫だろう。
そんだけ。

594 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 00:37 ID:???
是非次スレは「ディアッカとサイと俺の関係」にして欲しい所。

595 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 00:40 ID:???
ついにサイまで加わったのか(w

596 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 01:15 ID:???
サイはキャラが立ちすぎて参戦だね・・・・。哀・戦士。

597 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 05:01 ID:???
今日は珍しくディアッカに出番があったらしい。
しかもカコイイ台詞を貰って、本人も納得のいく演技ができたようだ。
「激しく今日の俺はグゥレイトォ!!絶対見てくれよ!!」と電話してきた
ディアッカが激しくウザイと思いながらも、俺は種を見た。

……鬱

サイにどっぷり同情した俺は、サイスレで脊髄反射レスに励んだ。
途中ディアッカから「今日出番あったのにスレが伸びないんだ……」
と涙色メールが入っていたが、俺は激しく無視してキラを叩いた。
ごめんなディアッカ、俺には人事じゃなかったんだよ。
彼女いない歴17年のお前にはわからないだろう、この気持ちは。



激しくそんだけ


598 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 07:18 ID:???
>>597
たたきはよくないよ。あそこはサイと一緒に泣くスレのはず。
脊髄反射とか、やめようよ、ね?

599 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 07:21 ID:???
………ネタにマジレスカコワルイ
とまでは言わんが、あそこの惨状は十分ネタにしていい筈だが
どうか?

600 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 08:19 ID:???
マジで被害受けた人にとっては、笑い事ではなかったんだろ。

俺は、マジレスに刻の涙を見た・・・・・・。
                     そんだけ。

601 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 09:39 ID:???
597-598で一連の作品に150ディアッカ。

602 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 20:27 ID:???
痔悪化とイザークの部屋はいつも痔悪化がちらかすし、
洗濯物は溜まる一方なので、イザークに言われて時々俺が仕方なく掃除に行く。

一通り片付けて洗濯をはじめたが、イザークの靴下が片方行方不明だった。
「またかよ!しょうがねーなー」などどぼやきつつ俺はもう片方の靴下を探しに行った。

靴下は痔悪化のベットの下から密封ビニール袋(ジップロック)に入って発見された。
まったく(面倒)臭いことすんじゃねーよ痔悪化!
これで4度目だぞ?!仏の顔も3度までってことわざ知ってるか?!
流石の俺もこれ以上我慢できねー!痔悪化の奴、小一時間問い詰めてやる!!

俺「おい痔悪化!コレは一体どーゆーつもりなんだ?!」
痔「あ、俺のイザークコレクション!時々無くなると思ったらオマエがもってたのかよー。」
俺「ハァ?洗濯する時こういうことされると困るんだよ!大体なんで密封してんのさ?」
痔「・・・・オマエも嗅いでみたらわかるって!!」
俺「断る。」
痔「嗅げよ。」
俺「・・・・・・・・・・・・一回だけだからな?」

それは俺が今まで体験したことの無い未知の領域だった。
次の日、イザークの使用済み靴下が1セット無くなっていたのは俺と痔悪化だけの秘密な話。

そんだけ。

603 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 20:41 ID:???
おい、すごい気になるぞ。どんな臭いなんだよぉ!!!

604 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 20:42 ID:???
ディアッカの奴が突然
「俺は機械の体を貰うためアンドロメダへ旅に出たい」などと言い出した。
どうやら松本○士の「銀河鉄道999」にはまっているようだ。
しかしはしゃいでいる様子を見ると、まだ最終巻までは読み終っていないっぽい。
友人の俺に出来る事といえば・・・
この漫画の結末を話してあげる事と、
アンドロメダに到着する前に
バスターの燃料が切れるのを祈る事と・・・どっちが良いんだろう。

そんだけ。

605 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 21:25 ID:???
ガソリンスタンドでバイトをしていたら、スクーターに乗ったディアッカが来た。
まあアイツも一応がコーディネーターだし、バイクの免許くらいは取れるよな。
で、ガソリンを5リットル頼むと言ったので5リットル入れた。
しかし入れ終わった後にディアッカが言った。
「あそこのメーターだと4.8リットルしか入ってないから、あと0.2リットル入れてくれよ」
・・・なんつー図々しい奴じゃ。
俺は業務に逆らって「ありがとうございました」を言わないでおいた。

そんだけ

606 :通常の名無しさんの3倍:03/01/26 23:12 ID:???
ジブラルタルに降りてからディアッカは落ち込みがちだ。
どうしたんだ?と尋ねてみると、ディアッカはこう返事をした。

「ガモフが・・・沈んじまったんだよぉ・・・」
「そうか・・・ゼルマン艦長や他のクルーの事を考えてたんだな」
「違う・・・違うんだ・・・」
「何が違うって言うんだ?」
「俺の・・・俺の部屋にあったラクスたんの盗撮写真集がよぉ・・・アスランから小遣い全部渡したのに・・・」

あまりに不謹慎なので殴っといた。
それだけ。

607 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 08:12 ID:???
>>606
痔、ラクスをめぐってアスランと三角関係勃発か?

でも、正直、トライアングルネタはおなか一杯です。

608 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 11:18 ID:???
この前、カズイと話していると、>>606がやって来て、ディアッカが「ラスク盗撮写真集」
をなくして悲しんでいることを教えてくれた。クルーよりエロ本の心配をするディアッカに
あきれつつも、少しかわいそうになったので、数日後、シュークリームを持って彼の家を
訪ねた所、胸に茶封筒を抱え、「グゥーレイトォ!」と叫びながら満面の笑みを浮かべ
部屋中を跳ね回っていた。俺が来たことに気付くと彼はおもむろに抱えていた茶封筒をこちらに
掲げてこう言った。「一月遅れのサンタが来たんだよ!!」封筒の中身を見せてもらうと、中には
ラスクとAAの女性クルー達の盗撮写真がぎっしり詰まっていた。よく見ると中には入浴風景や着替え、件のSEXシーン
などかなり際どいものも混じっている。ディアッカにこんなもんどうやって手に入れたのかと聞くと
彼は「朝起きたら枕元に置いてあった。」と答えた。この後、小一時間ほどシュークリームを食べながら
写真鑑賞会を行った。おれは床一面に広げた写真を封筒に戻すとき、こっそり何枚か魔乳の写真をくすねておいた。
ディアッカの家を出た後、サイの家に寄った所、彼のところにも「一月遅れのサンタクロース」が来て盗撮写真を
置いていったらしい。まあ、さすがにそんなもの見るような気分じゃなかったらしくディアッカほど喜んではいなかったが。
(ちなみに、件のセックスシーンは入ってなかった。)
だいたい想像が付くが、「一月遅れのサンタ」とは何者なのだろうか・・・・?
そんだけ


609 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 11:51 ID:???
>>608

「ラスク」はフランス伝来のパン菓子です。
たっぷりと手間暇をかけた、昔づくりの正統的なフランスの製法による
シベールのフランスパンは日本一の美味しさです。
http://www.mugikobo.co.jp/new/index7.html

そんだけ。

610 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 12:37 ID:???
>608
もしや大佐のトリィが撮ったのでは……?
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

611 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 12:46 ID:???
カズイじゃないの?

612 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 13:55 ID:???
ディアッカって小中学校のときあだ名が「ディアッカ・エロスマン」だった。

そんだけ

613 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 14:29 ID:MZsOX566
保守

614 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 14:32 ID:???
>>612
その前のあだ名は学校でウンコを漏らしたため「ウンコ」だった。

そんだけ

615 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 16:00 ID:???
>>614
「それはやめてよ!」とディアッカがせがんだ為、
黒い肌からとって「アフリカ」になった。
でも扱いは全く変わらなかった。

そんだけ

616 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 16:36 ID:???
そのあと先生に問題視され、学年集会が開かれたのは言うまでもない。


そんだけ

617 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 18:40 ID:???
今日HGバスターを買ってきたよ!
ほんとはデュエルが欲しかったなんて口が裂けても言わないよ!
沢山余ってたから買ってやったなんて(ry

あれ?なんで泣いてるの?ディアッカ‥

618 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 20:06 ID:???
「戦争なんか早く終わってしまえばいいんだ!」

そんな事を言っていたお前がまさかクルーゼ隊のMS乗りになってしまうとは思ってもみなかったよ、ディアッカ。
もう昔には戻れないのか?
そんな俺の想いは、地球に降下していくバスターの姿を見て消し飛んだ。

「も、戻れない・・・っ」

あ、良かった。昔のまんまだ。
それだけ。

619 :通常の名無しさんの3倍:03/01/27 22:56 ID:???
土曜の放課後の人気のない水飲み場でディアッカを見た。ディアッカは一人で水槽のグッピーの世話をしていた。
そういえばあいつ、生き物係だったな。
そして、グラウンドで仲間とサッカーをしているイザークも同じ係だったことを思い出した。
時折歓声が聞こえてくる。黙々と作業を続けるディアッカ。
水も満杯になり、後はグッピーを水槽に戻すだけだ。
俺はこの後、水槽を教室に運ぶのを手伝って、ディアッカと一緒に帰ろうと思った。その時だ。
「あっ」
ディアッカは手を滑らせてグッピーを移していた入れ物を落としてしまった。
ザーッ、ゴボゴボ
「あ、あ、あああ…」排水口を呆然と見つめるディアッカ。どうやら全部流れてしまったようだ。
「おい…」と俺が声をかけるとヤツはビクッとして振り返った。
「…見てた?」「…ああ。」「先生とか、皆に怒られるかなあ…」ディアッカは涙目になっていた。
「大丈夫だって。元はといえば係の仕事をお前一人に押し付けたイザーク達のせいなんだから」
「でも…」そんなに心配なら、と俺はある提案をした。
そして不安がるディアッカを連れ、グラウンドでサッカーに興じるイザークに見つからないようにこっそり学校を抜け出した。
向かった先はペットショップだった。「グッピーって安いんだな。俺、もっと高いのかと思ってた」
「これならお前でも買えるだろ?」ああ、とディアッカはやっと安堵の笑みを浮かべた。

再び学校へ戻る道中、ディアッカは「グッピーって、汚い水の中でも生きていけると思う?」と聞いてきた。
俺はその質問には答えず、「急ごうぜ」とだけ言った。

そんだけ。

620 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 00:44 ID:???
>>619
マジレスするけどグッピーは汚水には強いらしいよ
ttp://www.denen.maff.go.jp/InterServ/MULTIMEDIA/html/contents/ikimono/page/110.html
寒さには弱いけどね。

621 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 09:21 ID:bY00fdan
ある日、ディアッカとイザークがカラオケに行こうと言うので
俺とアスランとニコルも誘って行く事になった。
場を盛り上げようとするニコル。
ラクスの歌しか歌わないアスラン。
アニソンしか歌わないディアッカ。
やけにイザークがやる気になっていた。
俺はそんなイザークに注目して、ある事に気がついた。
いつもなら、アスランの予約の後にすかさず同じ曲を入れる対抗心旺盛なイザークなのに、
あまり歌わずディアッカが歌いだすと、なぜかコソコソし始めるのだ。
俺はその意味を次の日の学校での昼食時間の校内放送で知ることになった。

次の日の校内放送でディアッカの歌が垂れ流された。
しかも妹姫の電波ソングだった。>235
昨日イザークが録音していたようだ。
教室は爆笑の嵐だった。
後で聞いた所、イザークは面白く編集するのに2時間かけたらしい
ディアッカは泣きながらイザークを殴り、教室から逃げた。
そのままディアッカは学校を早退した。
そしてイザークは放課後にクルーゼ先生に呼び出された。

俺はそんなディアッカがかわいそうだなと思った。

そんだけ。

622 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 11:02 ID:???
>>621
小学校の時に全く同じことされたヤツがいたな

そんだけ

623 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 11:31 ID:WvrCPkrQ
カズイとディアッカが新聞部を再建したと聞いたので様子を見に行った。
どうやらカズイが部長らしい。
俺がどんな新聞を作るんだと聞くと、
カズイ部長とディアッカが試作品を見せてくれた。
俺はその新聞を見て、唖然とした。
俺にはその新聞が投稿写真誌だとしか思えなかった。
俺がこれを本気でクラスに配布するのかと聞くと、
ディアッカは1部600円で売ると真顔で言った。
また盗撮ビデオも売るらしい。
俺が退学になるぞと言うと、
カズイ部長は心配ない、先生達の写真もあるからと言った。
俺は無言で立ち去った。
背後でディアッカが俺を呼ぶ声が聞こえたが無視した。
次の日、カズイとディアッカはキラやアスランに殴られたらしい。
また彼らを見る女達の目が冷たくなった。
そして、サイがなぜか落ち込んでいた。

友達選べよ、ディアッカ。
金無いのなら相談しろよ、ディアッカ。

ただ、そんだけ

624 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 13:59 ID:???
私達の近くに必ずディアッカはいます。

そんだけ。

625 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 16:24 ID:???
大きなバスターガンダム


大きなのっぽのバスターガンダム ディアッカのガンダム
3ヶ月いつも戦ってた ご自慢のガンダムさ

ヘリオポリス襲った朝に 盗ってきたガンダムさ
今は もう 増やせない その出番

3ヶ月休まずに ドン・パチ・ドン・パチ イザークといっしょに ドン・パチ・ドン・パチ
今は もう 呼ばれない その名前

なんでも知ってるバスターガンダム ディアッカのガンダム
大気圏に突入した その日も「グゥレイト!」

嬉しい事も悲しい事も 皆知ってるガンダムさ
今は もう つくれない その見せ場

3ヶ月休まずに ドン・パチ・ドン・パチ イザークといっしょに ドン・パチ・ドン・パチ
今は もう 見せれない 「キレる残忍」

真夜中に通信がきた ジブラルタル基地
お別れの時が来たのを 皆に教えたのさ

地べたで這いずるディアッカ 仮面ともお別れ
今は もう 見たくない イザークの鬼形相

3ヶ月休まずに ドン・パチ・ドン・パチ イザークといっしょに ドン・パチ・ドン・パチ

今は もう 戻れない 宇宙(そら)のクルーゼ隊
今は もう 活かせない そのガンダム


626 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 16:49 ID:???
。・゚・(ノД`)・゚・。

627 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 17:13 ID:???
>621
俺も小学校の頃、お昼の放送(給食の時間に流す放送)で同じ様な事した奴がいたよ。
で、次の日からお昼の放送が中止になった。

それだけ。

628 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 18:59 ID:???
>>623・625
ワロタ

629 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 21:13 ID:???
案外>>621>>622>>627は同じ小学校だったのかも知れないな。
それだけ。

630 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 21:16 ID:???
今日、ものすごい勢いでディアッカが俺の所にやってきた。
「今後の展開が分かったんだ」
ものすごい興奮している。
「新しい5体のガンダムって言うけど、それに俺らが乗る事と言うのが間違ってたんだ」
「?どゆこと?」
ポケットからこぎれいに畳まれたプリントが出てくる。
「アスランとキラがまず、ジャスティスとフリーダムに乗り換えるだろ?」
「その後、終わり頃にキラがシードガンダムに、アスランが何かに乗り換えるんだよ」
「すると……9体だろ?残り1体は?」
「クルーゼ隊長が乗るに決まっているじゃんか」
自信満々なディアッカ、きっと、昨日帰ってから一生懸命考えていたんだろう。
「そうすると、ディアッカの新しい機体が無いよな?」
「あ……」
今さら気が付いたようだ。
「いいよ、どうせ、僕なんてそんな扱いなんだ……」
俺はそっとディアッカに最後の機体に乗るのはクルーゼ隊長じゃなくてお前さ、と慰めてみた。

それだけ。

631 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 22:28 ID:???
今日、喫茶店で珍しい組み合わせのカップルを見かけた。ディアッカとラクス嬢だ。
何か楽しそうな雰囲気だったので、邪魔しちゃ悪いと思って後ろの席から2人の話を聞いていた。

「そうですか・・・17話でようやくセリフらしいセリフを貰えたんですね」
「ええ・・・まぁ。でも、イザークに比べるとどうしてもパッとしなくて」
「私なんか初登場の時に口ポカーンですよ?挙句に戦闘中に歌い出す始末です。
キラ様の前でパンツ丸出しになれって言われた時はホント、ピンクちゃんで撲殺したくなりましたわ」
「へ、へぇ・・・そうなんですか。あ、あははははは・・・」

イザークだけでなく、ラクス嬢に対してもへっぴり腰じゃないか。
でも、デートみたいな事が出来て、奴も満足だろう。

次の日、ディアッカは俺にこう言った。
「昨日さ・・・ラクスちゃんと喫茶店に寄ったんだよ」
「へえ・・それで?」
「さ・・・財布忘れたから金払って貰った」

それだけ。

632 :通常の名無しさんの3倍:03/01/28 23:04 ID:???
なんかこのスレの感じに似た曲だ。
ttp://www.miyuki-lab.jp/disco/lyric/ba102.shtml

633 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 02:04 ID:???
>>632
泣けた・・・そば食いてぇ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。 
そしたらディアッカは
「俺そばアレルギーなんだ」
と言った。空気の読めないやつめ、と思いながらそばを食わせたら
ほんとにアレルギーが出て死にかけてた。

それだけ。

634 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 08:58 ID:???
昨日HGのバスターを2個買って帰宅する途中、ディアッカと偶然鉢合わせた。
「やぁ」と挨拶を交わしたあと、俺の持っているビニール袋に入ったバスターの
キットを目ざとく見つけたディアッカは、俺の両手を握り締め、
「グゥレイトォ!2個も買ってくれてありがとう、かっこよく作ってくれよな!」
と言いつつブンブンと振り回した。そのあまりの喜びように俺は
「……ごめんディアッカ、このバスターは太腿を今作っているストライクとデュエルに流用
するために買ったから、いつ作るか決めてないんだ。」
とはとても言えず、あいまいに「あ、ああ。」と頷くだけだった。
前の2つが完成したら太腿のパーツを請求して作ってやってもいいかなと思った。

そんだけ。


635 :たねぽ兵 ◆N/VIkcM7RI :03/01/29 11:49 ID:???
昨日玩具屋であんまり売れ残ってるんで(ディアッカが哀れになって)HGバスター一個買ったんですよ
で作ってみたんです。
…関節動くようにはなってるけど取れるポーズ限られてるなぁ
ポーズ取るだけなら400円プラモでも十分事足りると思ってしまった今日この頃。

許せディアッカ

636 :632:03/01/29 15:09 ID:???
世界じゅうがだれもかも偉い奴に思えてきて
まるで自分ひとりだけがいらないような気がする時
突然おまえから電話がくる 突然おまえから電話がくる
あのぅ、そばでもくわないかあ、ってね

べつに今さらおまえの顔見てそばなど食っても仕方がないんだけれど
居留守つかうのもなんだかみたいでなんのかのと割り箸を折っている
どうでもいいけどとんがらし どうでもいいけどとんがらし
そんなにかけちゃよくないよ、ってね

風はのれんをばたばたなかせてラジオは知ったかぶりの大相撲中継
あいつの失敗話にけらけら笑って丼につかまりながら、おまえ
あのね、わかんない奴もいるさって あのね、わかんない奴もいるさって
あんまり突然云うから 泣きたくなるんだ

風はのれんをばたばたなかせて ラジオは知ったかぶりの大相撲中継
くやし涙を流しながらあたしたぬきうどんを食べている
おまえは丼に顔つっこんでおまえは丼に顔つっこんで
駄洒落話をせっせと咲かせる

風はのれんをばたばたなかせて ラジオは知ったかぶりの大相撲中継


637 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 15:16 ID:???
世界じゅうがだれもかも偉い奴に思えてきて
まるで自分ひとりだけがいらないような気がする時
突然ディアッカから電話がくる 突然ディアッカから電話がくる
あのぅ、そばでもくわないかあ、ってね

べつに今さらディアッカの顔見てそばなど食っても仕方がないんだけれど
居留守つかうのもなんだかみたいでなんのかのと割り箸を折っている
どうでもいいけどとんがらし どうでもいいけどとんがらし
そんなにかけちゃよくないよ、ってね

風はのれんをばたばたなかせてラジオは知ったかぶりの大相撲中継
あいつの失敗話にけらけら笑って丼につかまりながら、おまえ
あのね、わかんない奴もいるさって あのね、わかんない奴もいるさって
あんまり突然云うから 泣きたくなるんだ

風はのれんをばたばたなかせて ラジオは知ったかぶりの大相撲中継
くやし涙を流しながらあたしたぬきうどんを食べている
ディアッカは丼に顔つっこんでディアッカは丼に顔つっこんで
駄洒落話をせっせと咲かせる

風はのれんをばたばたなかせて ラジオは知ったかぶりの大相撲中継



638 :ホカイドー人:03/01/29 22:12 ID:???
今日「どさんこワイド」を見たらディアッカが出ていた。



そんだけ。

639 :設計:03/01/29 22:54 ID:???
ザクU+ディアッカ=ディアッガイ


こんなのが出来た。

それだけ。

640 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 23:06 ID:???
昨日マウンテンサイクルから
「グゥレイト!グゥレイト!グゥレイト・・・」
とだけ録音してあるテープが発掘された。

これも黒歴史と何か関係があるのだろうか・・・?

641 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 23:16 ID:???
>>639
顔の色がアガーイ色だしねぇ・・・。

642 :通常の名無しさんの3倍:03/01/29 23:17 ID:???
飯の時の会話

俺「ディアッカって元気だよね」
アスラン「元気だよね」
ニコル 「元気だよね」
イザーク「うざいよね」

そんだけ。

643 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 00:56 ID:???
今日は大変な事件が起こった。事の発端はキラとサイの揉めあいだ。
「僕が本気になったら、サイが叶う訳ないだろ!」
キラがサイをねじ伏せながらそう喋っている。どうやら、フレイの事で揉め合っているようだ。
だがこのままではサイは酷い怪我を負ってしまう。
不運な事に、この場にアスランやラクスはおらず、キラを止められる人間がいない。どうすれば・・・
「や、やめろよぉぉっ!」
そう言って、キラに飛び掛ったのはディアッカだった。
2人は縺れ合い、そのまま倒れ込む。
「こんのぉっ」
ディアッカはブチ切れたキラにボコボコにされている。
同じコーディネーターとはいえ、キラとディアッカの実力の差は明らかだ。
それでもディアッカは必死にキラを抑えようとしている。いつものあいつとは別人のようだ。
そこへようやくアスランとラクスが現れた。2人の説得により、キラも渋々だが、引き下がった。
俺は急いでディアッカに駆け寄った。
「へへっ・・・友達が争い合ってるのを見たくないからさ・・・」
ディアッカ・・・今のお前は最高に格好いいぜ。これはお世辞なんかじゃない。

翌日、どさくさに紛れて脱糞していたディアッカは『うんこマン』とあだ名を付けられた。
止める前に、トイレぐらい行っとけよ。
それだけ。

644 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 02:40 ID:sVjqukiJ
となりのディアッカ。
この変な生き物はまだ日本にいるんです。多分。
元ネタ分かるやつ少ないと思った
そんだけ

645 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 02:53 ID:???
空からディアッカが降ってきた

おちこんだりもしたけれど、ディアッカは元気です。

活`!

トンネルの向こうはディアッカの町でした。

そんだけ

646 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 03:23 ID:???
ディアッカだってがんばってるんだよォ。
家内安全はディアッカの願い
私はディアッカと旅に出る。
おちこんだりもしたけれど、ディアッカは元気です
ジブラルタル・夏・17歳  俺とディアッカのプロローグ
そんだけ・・・・

647 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 08:41 ID:???
おちこんだりもしたけれど、ディアッカは元気です
と言いながら、元気に戦争するのを想像してシモタ。

648 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 10:23 ID:???
あるところにディアッカという少年がいました

それだけ

649 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 12:02 ID:???
ディアッカはとても絵の上手な少年でした。将来は絵描きになるのが夢です。
しかし彼の家は貧乏でお金がなく、いつも牛乳配達の仕事をして
わずかばかりのお金を稼いでいました。

それだけ

650 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 16:35 ID:iLYXrd96
今日は変態仮面が何を血迷ったか
飯をおごると言い出したので、アスラン、ニコル、イザークを
誘ってステーキハウスに行ってきた。
ウェイターが注文を聞くと、
「フィレステーキ、ミディアムレアで。」
とアスラン。
「プライムリブをミディアムでお願いします。」
とニコル。
「サーロインステーキ、ウェルダン。」
とイザーク。
「ハンバーガーを、ふ、普通で・・。」
とディアッカが言った。

そんだけ



651 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 17:26 ID:uP6FSlRm
良スレあげ

652 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 18:01 ID:???
>>650
ダメだ。そんなこと言われたらディアッカに萌えてしまう…。

653 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 20:30 ID:???
ttp://kira-moe.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/imgbbs/img_box/img20030130200822.jpg
ディアッカ・・・

654 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 20:43 ID:???
>653
ディアッカのデの字もねぇな。・゚・(ノД`)・゚・。

655 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 20:50 ID:???
>>654
カガリのおかげでカズイのカの字はあったな。

656 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 21:17 ID:???
今日、帰りに欲しい本があったので本屋に寄った。
本を買い店を出ようとしたとき、ふと一冊の雑誌>>653が目に入ったので何気なく手にとってみた。
ぱらぱらとめくってみると、「SEED人気投票結果発表」なる文字があったので、少し読んでみた。
結果をみてみると、キラ、アスランのワンツーフィニッシュだった。
このあたりはキャラがうんぬんというよりも主人公の特権だなと思いながらも、俺は「ディアッ
カ・エルスマン」という文字を探してみた。
・・・・・・、無い。
ディアッカ、お前はハロだけでなくストライクにも勝てんのか・・・、と少し目頭が熱くなってしまった。
その帰り道、屋台でニコルと二人で飲んでいるディアッカをみかけた。
珍しい組み合わせだなと思いつつ声をかけようとしたが、二人の背中があまりに寂しそだっ
たのでそのまま帰ることにした。
そして帰宅後、何故か蕎麦が食いたくなった。

そんだけ。

657 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 21:36 ID:???
>>653
今日、家で暇をもてあましていると、ディアッカがひどくそわそわした様子で
駆け込んできた。彼によるとある雑誌で種キャラの人気投票の結果が出るらしい。
暇だった俺は彼と共にその結果を見に行くことにした。本屋に向かう道すがら、
彼はこんなことを言っていた。「やっぱり、一位、二位はキラとアスランで決まりだろうな。
イザークやニコルもいるし、俺は5位ぐらいかなぁ・・」と言いつつも彼の顔は自信に満ち溢れていた。
本屋に着くとディアッカは緊張した面持ちで雑誌を開いた。「一位・二位はやっぱりあいつ等か。で三位は・・・
フラガじゃねーか。さすがは俺のライバルだな。で四位は・・・」順位が下がるにつれ彼の顔はどんどん曇っていった。
彼の名前はベストテンはおろか次点にも無かった。小刻みに震える彼に俺は「まあ、気にすることは無いよ。
所にお前の名が無くたってお前の良い所を見てくれる人はきっとたくさんいるよ・・」と慰めの言葉をかけた。
すると彼は「イヤ、イイッス・・・気にしないでください。自分調子に乗ってた見たいッス。自分みたいなヤツが
アスランさんやキラさんと肩を並べようって事自体間違ってたッス。これだから自分、だめなんスよね・・・」
そう強がったことを言いながらも、彼の膝はガクガクと震えていた。そこにニコルが通りかかった。「どうしたんですか?」
一部始終を説明すると彼は「気にすることはありませんよ。どうせ君はかませ犬キャラなんだからそんなこと気にしたって
しょうがないですよ。」と慰めになってない言葉をディアッカにかけた後、自分の順位を確認するため、雑誌を開いた。
「おや、僕のイラストが載ってますね。こんなかわいく描いてくれるなんてうれしいですね。さて、僕の順位は・・・・」
俺はあのときニコルが見せたなんともいえない表情を一生忘れない。
そんだけ

658 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 23:19 ID:???
>657
ニコルと俺の関係?

659 :通常の名無しさんの3倍:03/01/30 23:30 ID:???
中途半端なので、全部まとめました。>>644-647

「ディアッカの愛が奇跡を呼んだ。」
「ある日、ディアッカが空からふってきた……」(>>645)
「デュエルとバスターで生きようと思った。」
「この変なディアッカはまだジブラルタルにいるのです、たぶん。」(>>644)
「落ち込んだりもしたけれど、ディアッカは元気です。」(>>645)
「私はディアッカと旅にでる。」(>>646)
「ディアッカとはこういうことさ」
「ジブラルタル。夏。17歳。」(>>646)
「ディアッカだってがんばってるんだよぉ」(>>646)
「好きな人ができました。」
「生きろ。」(>>645)
「家内安全は、ディアッカの願い。」(>>646)
「トンネルのむこうは、ディアッカの町でした。」(>>645)
「ディアッカになっても、いいんじゃないッ?」
「ふとふり返ると。ディアッカ」

2つほど、ひねりようがなかったけど…
そんだけ

660 :646:03/01/31 00:56 ID:???
>>659
好きな人がディアッカでした。じゃダメか?
まあ、ディアッカに好きな人ができましたでも良いが。

661 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 01:29 ID:???
「生きろ」は「落ちろ」

662 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 02:49 ID:???
保守

663 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 03:55 ID:???
>>659
まとめると分かりやすいな。
ずっとナウシカだけ思い出せなくて気になっていた。

664 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 03:56 ID:???
フレイ―利用→キラ←―お気に入り―ラクス
         ┐↑ \        /  ↑
       /  \ キモイ     愛...  |
      敵意     .愛... \  /....    |
    /            \ ↓↓  .    |
イザーク─(実は俺・・・)→大佐―――キモイ
    ↑ \        / ┐│\
    │   |    狙う/  │  \
    │ パシリ  /  慕う.   | 惹かれる
    │  ↓ ↓ /     |     \
    │    ニコル       |     カガリ       全員
    │     ↑        狙う              / ↑
    |     └狙う     |           面倒 かまってほしい
    │          \   |            ↓   |
     狙う───────隊長──誰だっけ?→ディアッカ
                /  ┐               |↑
         もう飽きた /.           唯一の親友|
           / 執着...                |一応友達
            ↓ /                    ↓|
           アデス                     俺


こんなのできてたんだな、ワロタ

665 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 04:24 ID:???
おいおいディアッカ…
ジャンプランドhttp://www.jumpland.com/見つけて
遊びたおすなよ…
なんで今の時期に…

そんだけ


666 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 04:39 ID:???
>664
訂正すべき箇所がいくつかある罠

667 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 05:25 ID:???
>666
下手に訂正するとディアッカにこのスレ的追い討ちを掛ける罠
面倒→放置

668 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 05:39 ID:???
>>667
新しいやつがあるんじゃねーの?

669 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 07:44 ID:???
>667
いやそこじゃないんだけど

670 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 07:51 ID:???
無関係

そんだけ

671 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 15:05 ID:HGHi6KA4
ディアッカが初めて買った通販商品はアブクンフーらしい

そんだけ

672 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 15:48 ID:???
イザーク─(実は俺・・・)→大佐

こんなの誰が入れたんだ?
実はなんなんだ?
まったく理解できないんだが。

673 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 19:16 ID:Z87VH1m0
age

674 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 20:34 ID:???
挙動不審なディアッカがどっかの部屋の前に立っていた。
俺はディアッカの傍に寄り、声を掛けた。
「何やってんだよ、ディアッカ」
「……あれ…」
ディアッカが指指す方を見ると、なんとフレイに虐められているイザークが!!
「何やってんだよディアッカ!!早く助けに行こーぜ!」
「…ちょ、ちょっとまて……」
「なんだよディアッカ」
「ト…トイレに行ってもいいかな…」
「何言ってんだ、早く行くぞ!」
ごめんディアッカ、俺もお前の気持ちはわかっていたんだけどな。
誰だってあんなイザークの姿見たらトイレ行きたくなるよな。

675 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 20:56 ID:???
ディアッカが黒い子犬を拾ってきた。
友達から預かっているんだと本人は言っていたが、
俺な。見てたんだ。
お前が、雨の中。ダンボールの中でうずくまる黒い子犬の前で、
何時間も立ち尽くしているの。
それに、お前に子犬を預けようって、無謀な奴いないし。

子犬はディアッカに随分となついているようで、
訓練時も、遊びに出たときも、いつもディアッカについてまわっていた。
ディアッカは、そんな子犬をウザイと強がってはいたが、まんざらでもないようだった。
しかし、そんな一人と一匹の幸せな時間も長くは続かなかった。
子犬は日を追うごとに、グングン成長し、
とうとうディアッカが住んでいる、アパートの大家に見つかってしまったのだ。

号泣するディアッカを説得し、大家に呼ばれて来た保健所の職員を追い返し、
子犬を地球にある保護施設に送るよう手配したのは、
意外なことに、いつもディアッカに辛く当たっていたイザークだった。
普段の態度からは想像できなかったが、イザークがディアッカに辛く当たるのは、
ディアッカの性格を心配しての事だったようだ。

その後しばらくしてから、ディアッカの元に手紙がくるようになった。
子犬は、成犬となり元気に暮らしている。という保護施設からの報告だ。
その手紙を何度も読み返し、満足そうに微笑んでいたディアッカは、いま地球に降りている。
会えると良いな。
あの黒い子犬−−バクゥに。


676 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 21:14 ID:???
>675
久々にホロリとキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
・゚・(ノД`)・゚・。

677 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 21:54 ID:???
>>675
エエ話だ・・・。会えるといいな、痔。

678 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 21:59 ID:???
>675
良い話なんだが、なんだが。

    バクゥかよ!キラに踏み潰されてんよ!!

679 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 22:30 ID:???
つーか、子犬の時のバクゥって、どんなんだ?(w

680 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 22:30 ID:???
30分の一。

681 :通常の名無しさんの3倍:03/01/31 23:25 ID:???
>672
なぜか、寝ても覚めても、憎らしいはずの
大佐の顔ばかり頭に浮かぶ遺作
「は、これはもしかして、こ…恋なのか?!」
遺作17歳、初めての恋

てなかんじ?
ここでの「俺」とは「痔悪化と俺」の「俺」じゃなく、
遺作の一人称としての「俺」ってわけですな?

でも、最近は吉良っちへ執着してるような気がするが。
大佐の影が薄くなる〜〜〜(髪も?)

682 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 00:59 ID:???
金色の火花を散らして 突っ込めば、大気圏突入
バスターから炎が吹けば 機体ごと地球に落ちるの

イザークは使えない仲間ね 遠くからキラを呼んでる
殺し合う人は誰でも 戦い方を知ってるものよ


クルーゼ隊のディアッカ 髪を軽くなびかせ
クルーゼ隊のディアッカ 大気圏をを飛び超え
青空から舞い降りたら やさしくつかまえて


サイやキラ、フレイの修羅場を あなたにも見せてあげたい
なぜ人は傷つけあうの 幸せに小石を投げて


ジブラルタルのディアッカ 砂嵐が晴れたら
ジブラルタルのディアッカ 手とて固く握って
大地けって飛び立つのよ はるかな地平線


ジブラルタルのディアッカ 大気圏を飛び超え
青空から舞い降りたら やさしく抱きしめて



683 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 01:48 ID:???
>>682
ワラタ。良い歌だ。(w

684 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 01:53 ID:???
>>682
元歌は何?・・・歌いたいんだけど。
・・・おぼろげに、知ってるパターンの歌詞だと思うのだが・・・

685 :682:03/02/01 02:07 ID:???
>>684
「風の谷のナウシカ」だ。元の詩は↓参照
ttp://www2.rosenet.ne.jp/~ang107/music/naum.html
MIDIはここの「風の谷のナウシカ」をどうぞ。
ttp://www.canal.ne.jp/~shinya-y/mononoke/midi2.html

686 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 02:27 ID:???
>>685
ありがとう!!
・・・しかし、メロディが、サビの部分以外、思い出せなかった・・・。


687 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 04:26 ID:???
今日も今日とていつものように学校へ行った。
教室ではいつものようにアスランが窓辺で
明後日の方向を見ながら「キラ…」と呟いているし
ニコルはいつものように特大サイズの弁当箱で早弁していた。
そしてディアッカは…いつものようにイザークに蹴られている。
俺はいつも通りの日常がそこにあることに何となくほっとした。
「この臆病者めがー!」「痛いよー(つД`)誰か助けてー」
「いい加減にして下さい!うるさくて食べられません!」「キラ…」
「おはよう四馬鹿カルテット」「僕を馬鹿の数にいれないで下さい!!」
「みんな揃って馬鹿五重奏だ臆病者がー!」「俺も数に入るのかよ!」
「静かにして下さいよッ!」「キラ…」「痛いー助けてー」

誰一人欠けることなく卒業したいな…。

そんだけ。

688 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 04:40 ID:???
>>687
マターリ(・∀・) マターリ

689 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 05:17 ID:???
このスレのイザークは良いキャラしてるなあ。

690 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 08:00 ID:???
実はこのスレ、元ネタと言われてる『シャアと俺の関係』や『関羽と俺の関係』の
総レス数をすでに超えていた。

そんだけ。


691 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 08:11 ID:???
>>690は勘違いしてるみたいだが、ソッとしておくことにした。

そんだけ。

692 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 08:40 ID:khSs0/XR
age

693 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 14:08 ID:O/SxG/cM
ある日の昼休み。
アスランとニコルはバレーボールに興じている。
イザークはサッカーに夢中だ。
ディアッカは・・・・、
一人で英語の教科書を開いて勉強していた。
ディアッカのそばにいってみると
ディアッカがぶつぶつなにかつぶやいてるのが
聞こえた。耳を澄ますと
「グゥレイトッ!、グゥレイトッ!」とつぶやいているのが聞こえた。


そんだけ




694 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 15:08 ID:???
この前の授業中、ディアッカが机の下で携帯をいじっていた。
後ろの席のイザークがそれを発見して「コソコソするな腰抜けぇ!」
と叫んだので教室中の視線がディアッカに集まり教師もディアッカの席へと近づいた。
そして携帯が見つかり、没収されようとしたとき
「グゥレイト!!!」
ディアッカの声で、大音量で携帯が鳴った。
マナーモードって大切だなと思った。

そんだけ。

695 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 15:47 ID:???
今日店に行くとディアッカがいた。と思ったらディアッカの等身大ポスターだった。
そういえば前に、俺も撮影したんだぜ!!、ととても満足した表情で俺にポスターを買うように勧めてきたことがあった。
おっ、いい顔してるじゃないか。まぁ売れ筋は悪いだろうがな…。と思うと胸がいっぱいになって思わず買ってしまいそうになった。
慌てて店を出ようとしたときのディアッカポスターの表情の変化は見て見ぬふりをした。
そんだけ。

696 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 18:34 ID:???
今日、痔悪化の弟が亡くなったらしい

そんだけ

697 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 18:44 ID:???
>>696
やっぱみんな考える事は同じか・・・。

698 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 18:56 ID:???
PS装甲の耐久力実験の的にバスターガンダムが選ばれた。
衝撃に耐える訓練の一環としてディアッカも搭乗することになった。
バクゥのミサイルが次々と炸裂するが効いていないらしく、
時折「グゥレイトッ!」とか言うディアッカからの通信が入ってきた。
ちょうど76発のミサイルをくらった時点でPS装甲が切れたらしく
バスターガンダムの色が元に戻っていた。
それに気付いていないのか、はたまたわざとなのかは知らないが
バクゥはミサイルを撃ち続けていた。
流石に心配になった俺は「あのー、中にディアッカがいるんですが・・・」
と担当者らしき男に止めさせるように伝えたが、
「中の人などいない ! !」と反論された。
それでもバスターガンダムとディアッカは無事だった。

そんだけ。

699 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 21:18 ID:???
>>698
中の人などいないッ!!

700 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 21:53 ID:???
700

701 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 21:53 ID:???
ディアッカよりマーチンの方が1回あたりの台詞が多いんじゃないかと思った。

そんだけ。

702 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 22:48 ID:???
>>701
禿同

703 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 23:24 ID:???
>701
(/Д`)。゜.・

704 :通常の名無しさんの3倍:03/02/01 23:42 ID:???
今日教習所へ行ったら、ディアッカがいた。
少し落ち込んでいたので声を掛けてみた。
今日の教習で「グゥレイトッ!、グゥレイトッ!」と
叫びながらコースを無視した運転をしたため落とされたそうだ。
俺は「そりゃ落とされるだろう」と思いながら慰めた。

そんだけ。


705 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 00:40 ID:???
>>675 の後
砂漠の乾いた風に、懐かしい匂いを感じた。
懐かしく、愛しい匂い。
ふと彼方に目をやると、鳥型の機械(兵装無)が、
連合のパイロットの胸に飛び込んでいる姿が見えた。
匂いは、しかし彼らからではないようだ。

上体を起こし、さらに辺りを見渡す。
――いた。
匂いの主。我が友。ディアッカが砂の丘を駆け降りながら、手を振っている。
我は兵器として、幾多の戦場を駆け抜け、感情など、とうに捨てたはずなのに、
彼を目にした瞬間の、このエンジンの高鳴りは、なんなのだろう。

ふと、さきほど捉えた鳥型機械の映像を思い出す。
本能的にそれが愛情表現であることは理解できた。
愛情。我が彼に感じている物は、果たしてそれなのか?
――――・・・・・・
我の脳が情報を整理するが、そこから結論を得ることはできなかった。
そのはずなのに・・・・・・

TMF/A−802・バクゥ――いや、懐かしい主人を見つけた黒い子犬は、
全高11.7m、総重量69.3tの体を起こし、はじめは静かに。
次第に自分の感情が抑えられないかのように加速し、
愛しい主人――ディアッカの胸へと向かっていた。

706 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 00:40 ID:???
>>705 の後日談

ディアッカから、絵葉書が来た。
写真には、黒い鉄の壁を背景に、包帯だらけのディアッカが写っていた。
文字は汚くて「グゥレイッ!」以外は読み取れないが、
写真の中の、アイツの笑顔を見ていると、
戦時中だからと、ピリピリしていた自分が
馬鹿らしく思えて、自然と笑みが漏れた。

そんだけ。

(ネタ提供元:美浜ちよ○ゃん)

707 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 01:05 ID:???
良すれ禿

708 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 01:13 ID:???
飛びつかれて大怪我したのか。でも良かったな、痔。バクゥたんに会えて。
本編でも会えるといいな。

709 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 03:57 ID:???
キラにぶっ壊される前にね…

710 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 06:08 ID:???
>>705-706
(・∀・)イイ!!

711 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 09:43 ID:???
なあ、相談なんだが、
このスレの見過ぎなんだかどうかわからないんだが、
最近、夢にディアッカが出て来るんだ。

「グゥレイト!」
そう叫びながら、痔が微妙に失敗してる金ちゃん走りで近づいて来て
「よかったな!」
って俺の耳元で呟いて、また
「グゥレイト!」
そう叫びながら、微妙に失敗してる金ちゃん走りで去っていくんだ。

…一応真剣に実話なんで、すごく気になってるんだ。
なあ。なんのお告げだと思う?

712 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 09:53 ID:???
もうすぐディアッカがテレビで活躍するっていうお告げだよ!
と俺が言ったら、痔は実に嬉しそうな顔をして失敗した金ちゃん走りで走っていった。

…我ながら下手な慰めだと思ったんだけどな。
本人は幸せそうだから、まあいいか。

そんだけ。

713 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 11:46 ID:???
>>711は「グゥレイト!」「グゥレイト!」言って死ぬの。でなきゃ許さない

そんだけ。

714 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 13:38 ID:???
今日はアスランとイザークで近くのおもちゃ屋に行った。
すぐ様プラモコーナーに行くとそこはSEEDのプラモで目立っていた。
1/60ストライクが大きく縦に置かれていて人気っぷりを見せていた。
アスランが「キラ…」とぼやいていたが放っておいた。
俺は他のプラモより比較的山積みになっているHGバスターに目をやった。
「ディアッカ…どこのプラモ屋行ってもこうなのかよ…」と哀しくなった。
HGバスターは隣に積んであるイージスの下にも置かれていた…隣に漏れてまで売れないなんて…。
そこでイザークが「この様をケータイで撮ってアイツに送ってやれぇぇ!!」と
俺は「な、何言ってんだよ…ディアッカもそんな事痛いくらい分かってるだろう…」
「だから面白いんじゃないか!!臆病者は黙ってるんだな。貸せぇ!!」
と言って俺のケータイを取り上げて撮り出した。「あ〜あ…もう知らない。」
 翌日イザークがディアッカを大笑いしていた…。
「こんな事…俺分かってるのにヒドイや…」とディアッカが目に涙を溜めていた。
俺は某サイトでHGバスターが売上げ1位になってるのを黙っていた…何故か知らんが。
そんだけ。

ちなみに事実です。ケータイで撮ったのとサイト1位は。

715 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 15:59 ID:???
>>675
恐レスだが、総集編の時に思いっきりビームをぶっ放すバスターガンダムの隣には
バクゥがいた。

そんだけ。

716 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 16:27 ID:???
>>715
心暖まる・・・

717 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 16:37 ID:l2/30fiO
ありがちな話で申し訳ないのですが、
この間、ディアッカの部屋に行ったんです。
そうしたら彼が、暗い部屋の隅っこに座り込んでうつむいたまま、
「グゥレイト!グウレイト!」って呟きながらひたすら何かに没頭していたので、恐る恐る声をかけたんです。

「ディアッカ君、何してるの?」

「せんずりさ…。」




……
………。

そんだけ。

718 :通常の名無しさんの3倍:03/02/02 19:03 ID:???
>717
「シュッシュッポッポ」か。
ワラタよ

719 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 06:44 ID:VdsVhJJv
保守

720 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 07:44 ID:???
夕方河原でぽつんと独り黄昏いるディアッカをみかけた。
あーあ、またどうせイザークあたりにでも苛められたんだろう。
あいつはなにかあるとすぐにここに来るからな。
しょうがないんで慰めるべくディアッカに声を掛けた。
すると、いつもは「聞いてくれよ〜、イザークの奴がさあ・・・。」と泣きついてくるはずなのに、ど
うやら今日は様子が違うようだ。
声を掛けても生返事ばかりで、ぼーっと水辺を眺めている。
不思議に思いつつ、俺もディアッカの隣に腰を下ろし、水辺を眺めることにした。
しばらくそうしていると、不意にディアッカがつぶやいた。
「実はさ・・・、弟が死んだんだ・・・。」
俺はディアッカに弟がいること自体初耳で驚いたが、極めて冷静に「そうか・・・。」とだけ返した。
「最近わかったことなんだけど、あいつレジスタンスなんかに入っちまってさ・・・。そして、先日ア
フリカ戦線がそのレジスタンスと交戦した際に命を落としたらしいんだ・・・。」
というと、水面に向かって石を投げた。
「アフメドはさ・・・、いい奴だったんだぜ。昔は泣き虫でな、いつも俺の後ろを兄ちゃん、兄ちゃん
てくっついてたっけなぁ・・・。だけどさ・・・、三年前のある日突然あいつは家を出ていったんだ。
俺も兄ちゃんのようなグゥレイトな男になるっとだけいってな・・・。」
というと、また水面に向かって石を投げた。
「あいつはさ、虫も殺せないような内気でやさしい奴だったんだぜ。この三年間あいつになにがあった
かわからないけど、それがなんでレジスタンスなんかに・・・、どうして死ななきゃならなかったんだ
ろうな・・・。」
というと、俯き黙ってしまった。
そんなディアッカに俺は掛けるべき言葉も思い浮かばず、ただ黙っていることしかできなかった。
どれくらいそうしていただろうか?あたりは暗くなり始めていた。
さすがに冷えてきたので、このままだと風邪を引くから帰ろうと促がすと、ディアッカは力なく立ちあ
がり共に帰路についた。


721 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 07:46 ID:???
>720の続き

一緒に歩いているあいだ中、ディアッカも俺も一言も喋らなかった。
そして別れ際、じゃあなと告げそれぞれ別の方向に向かって歩き出すと、一二歩歩いたところでディ
アッカに呼び止められた。
振り向くとディアッカは俯き黙っていたが、しばらくすると
「今日は、ありがとう・・・。」
と、小さな声でそう言うと踵を返し闇に消えていった。


そんだけ。

722 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 09:52 ID:???
>720-721
・゚・(ノД`)・゚・。
ディアッカ…ディアッカー!

723 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 09:56 ID:???
今日、HGストライクを買いにプラモ屋に行ったら、
いつもは誰も手をつけないバスターガンダムが売り切れていた。
見れば、レジに山積みされたバスターのプラモ。
しかも、その大量のバスターを購入する男は、よく知る顔だった。
俺は恐る恐るその男、ディアッカに聞いた。
「そんなにたくさん買ってどうするの……?」
するとディアッカは、さも当たり前のような顔で
「どうって、作るのさ。プラモだろ?」
と言ってきた。
俺はディアッカに頼んで一つ譲ってもらった。


そんだけ。

724 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 13:36 ID:???
>>720-721
アフメドが弟なら、痔は髪を金に染めてるってことか…

725 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 15:35 ID:???
それ以前にアフメドはコーディネーターだったという事に・・・・・・?
いやまさか痔の方がッ!?

726 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 16:13 ID:???
俺、イザーク、アスラン、ディアッカの4人で100階建ての超高層ホテルに泊まったことがある。
偶然な事に、 泊まった部屋は100階だった。夜になり、「よし、めし食いに行くか」
という事になり、一階までおりて夕飯を食べに行った。
食べ終わりホテルへ戻ると、エレベーターが全て故障のため止まっていた。
すぐ直るかと四人でロビーのソファで少し待っていたが、どうも直りそうもない。
筋トレも兼ね、階段で行くかって事になった。四人で階段をかけのぼっていく。
ちょうど五十階まできたところだ。イザークが「ただのぼるだけじゃヒマだから、一階のぼる
ごとに怖い話をしていこうぜ」と言い出した。そうする事にした。
怖い話をしながら、ついに九十九階まできた。あと一階、次はディアッカの番だ。
「よし、俺が超とっておきの話をしてやる。めちゃくちゃ怖い話だぞ。もしかしたら
トラウマになるかもしれん。・・・・よく聞けよ」
そこまで怖い話なのか。俺とイザーク、アスランは期待した。











「一階に部屋の鍵を忘れた」

727 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 16:16 ID:wRDNzMIl
ディアッカ「俺の名前を言ってみろ!!」イザーク「ディアッカ。」

728 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 16:26 ID:???
ディアッカがある日怯えながら相談してきた。
「実は数日前から、寝しなにある幻想を見るようになった・・・」
聞くと、寝いりばなに見えないはずのマンションの一階の階段を子供が上ってくるそうだ。
最初の日は一段上がって「一段」とだけ呟くと消えてしまったそうだ。
次の日は二段目に上がって、「二段」と呟いて消えたそうだ。
それが日に日に上に上がってくるんだと。
「俺の部屋のある階にまで上がってきたらいったい何が・・・・」
((((((゚д゚;)))))))ガクガクブルブル
と震えているので、大丈夫だよと言っておいた。

根拠はないが、本当に大丈夫だって・・・・
だってディアッカが住んでるのって100階じゃん
そんだけ

729 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 19:48 ID:???
>>726
ハゲシクワロタ

730 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 20:13 ID:???
>726
な、なんて恐ろしい話なんだ((((((((゚д゚;))))))))ガクガクブルブル

731 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 20:45 ID:???
この間、外回り中にボールペンのインクが切れたので
ダイエーの文房具売り場で一本だけ買った。
久しぶりにダイエーなんて入ったからと、売り場をうろうろしてみた。
そこでディアッカのシールが目に入った。一枚しかない。
入荷数が少なかったのか、それとも売れたのか。
俺は、別に買う気も起きなかったけれど
悪戯心からシールを裏返しにして置いてきた。
そして今日、このスレの>>539を見た。




正直スマン。
いや、ディアッカと>>539にな。

732 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 20:47 ID:???
〉726
その後、発狂寸前の遺作にズタボロに殴られてる痔を想像しちまった。
ディアッカぐわんばれ!

733 :通常の名無しさんの3倍:03/02/03 22:05 ID:???
>>724
留学してる奴が言ってたんだけど、あちらさんの金髪って染めてるらしいぞ。
これには漏れもびっくりした。

734 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 00:55 ID:???
「アンリミテッド・サガ」なるソフトを買った。
マイスなる名でポニテにしたディアッカが主人公の一人だった


そんだけ

735 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 08:29 ID:???
まあ地毛の金髪は少ないっていうよね。
ディアッカ父が明るめのブラウンだったから
ホントはディアッカも似たような感じなのかも。

736 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 08:43 ID:???
・・・って事は、やっぱ、みんな金髪にしたがると言うか、
あちらさん的にも、金髪がカッコイイってわけ?
なら、ディアッカは元々金髪、これがいいなぁ・・・。
きっとママが金髪なんだよ。

737 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 14:21 ID:???
子供の頃は金髪だけど年取ると色素沈着して金髪じゃなくなるんだよ
日本人で幼い頃は茶系の人がいつの間にか真っ黒になるように

男の金髪はあんまりモテない(悪役は大抵金髪だし
美人度が高いのは黒(ただし黒髪+青目は最悪
男はライトブラウンが一番ダメ
ディアッカみたいな紫の目は人的にありえない色だったような…

738 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 17:18 ID:???
まあ人的にありえないピンクやらグリーンの髪の毛の色のキャラが
いるわけだし。ディアッカの肌の色と金髪もコーディだからかなあ。

739 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 19:27 ID:???
ディアッカの好きなアニメは、『シンプソンズ』らしい。

そんだけ。

740 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 23:50 ID:???
>>737
スレ違いで申し訳ないが、「黒髪+青目は最悪」ってのはどういう事なの?

741 :通常の名無しさんの3倍:03/02/04 23:58 ID:???
黒髪に青い目だなんて日本人の自分からするとキレイだな、
くらいにしか思えないんだが向こうの人はどうなんだろうね。
女性の金髪はバカっぽく見られがちだとは言うよね。

742 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 01:13 ID:???
>>740
色素の濃い髪に色素の薄い瞳って組み合わせだから
髪の色は目の色のことも考えてコーディネイトするもの
ちなみに青い眼ってのは碧眼(緑)とは違う

743 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 01:44 ID:???
Bump of Chicken「Danny」の替え歌で「Diakka」

When the morning.I get up early.
I couldn't find my friend.
His name is "Diakka".He is very fool.
But he is my old friend.

I'm very surprised and looking for him.
I called his name many times "Diakka,Diakka"
Then,I can hear Danny's voice "Great!!!"
He was fighting with strike in battle-ground.

Keep in fighting,Diakka!
You are fool,but big fighter!
Keep on running,Diakka!
Your eyes are burning,yes,burning.

When the morning.I get up early.
I couldn't find my friend.
His name is "Diakka".He is very fool.
But he is my old friend.

I'm very surprised and looking for him.
I called his name many times "Diakka,Diakka"
Then,I can hear Danny's voice "Great!!!"
He was fighting with strike in battle-ground.

Keep in fighting,Diakka!
You are fool,but big fighter!
Keep on running,Diakka!
Your eyes are burning,yes,burning.

744 :続き:03/02/05 01:44 ID:???
I'm very sad,and hold him so tight.
I called his name many times "Diakka,Diakka"
Then,he say "Good bye" to me "Great!!!"
Diakka is dying.I can't believe it.

Diakka I love you!I want you!
I need you! I'd hold you!
Your touch,your mind,your eyes,and all!
I don't need more than words,yes

"Diakka is all!"

Keep in fighting,Diakka!
You are fool,but big fighter!
Keep on running,Diakka!
Your eyes are burning,yes,burning.

Keep in fighting,Diakka!
You are fool,but big fighter!
Keep on running,Diakka!
Your eyes are burning,yes,burning.

ttp://sou5.hp.infoseek.co.jp/danny.swf

745 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 01:51 ID:???
>743-744
や、訳詩キボンヌ(´Д⊂

746 :743:03/02/05 01:53 ID:???
>>745
一番下に書いたurlのFLASHを見れば歌詞の意味も理解できるだろう。

747 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 02:09 ID:vnU/ktNE
age

748 :740:03/02/05 02:13 ID:???
>>742
ああそういう、「あり得ない組み合わせ」ってだけの意味なの・・・
向こうには何かそういう、「黒髪と青眼は魔性のもの」みたいな伝説が
あろのかと思っちゃったんだよ(w

749 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 02:27 ID:???
最近、髪の色について話題になってるみたいなので、ディアッカに聞いてみると
「ああ、染めてるよ。」
と意外にもあっさりした答えが返ってきた。
しかし、引き続き理由を尋ねてみると奴の表情は一変して暗くなった。
「だってさ、俺って一応敵役じゃん。残酷という俺のキャラなんかもイザークにとられてしまったし、
>>733が言うようにこうでもしないとはくがつかないんだ。まだ背景になりたくないしな・・・。」
というと、ディアッカは力なく笑った。
次の日、俺はディアッカにMoistureRich(特に痛んだ髪用)をプレゼントした。

そんだけ。

750 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 02:28 ID:???
>743
死ぬな痔悪化…( ´Д⊂

で、この行↓直し忘れてるぞ。
Then,I can hear Danny's voice "Great!!!"

751 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 02:28 ID:???
組み合わせ自体は天然であるっしょ
色的に不細工ってこと

752 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 02:28 ID:???
すまん、>>737の間違いだ。

753 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 03:32 ID:???
DANNYがバクゥに見えた。

そんだけ。

754 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 09:45 ID:???
どうも文中の「俺」は、ラスティに思えてならない。

755 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 11:49 ID:???
ラスティだったらまたしてもディアッカの妄想か…

756 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 12:57 ID:???
>>754
実は、俺もそう思ってたんだけど、言い出せなくて・・・。
そいじゃ、「痔俺スレ」は、霊界より、ラスティのディアッカ観察日記てことで。
ラスティはアスランと同室だったけど、本当は明るくてシャレの解る
ディアッカと仲良しだったんだ。



757 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 13:15 ID:???
そういや昔、>>5って奴がいたけど、
この調子で行けば>>1は責任を果たせそうだね。

そんだけ。

758 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 13:20 ID:???
>>756
俺は文中の『俺』はまだ見ぬザフトのエースパイロットでディアッカがキラに落とされた
後、その弔い合戦に出て、キラを圧倒すると信じているんだがなぁ

759 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 13:22 ID:???
ラスティってストライクに乗る予定だった奴のこと?
散々既出だけど、仮に死ななくても
奪ったのが未装備状態のストライクなんかじゃ
どうせ活躍できなかっただろうなラスティ。
ストライク本体は云わば刀の柄で、
重要な刀身にあたる部分は外付けの装備だもんなラスティ。
でもそんなの解らないもんなラスティ。
ナイフとバルカンだけ持って帰る羽目になるんだろうなラスティ。
けどなんか福田の脳内では女性という設定だったそうじゃないかラスティ。
結局顔も見えなかったし何ともいえないけど
敵方に女性の戦闘員がいたって良かったのになラスティ。
つかザフトの皆はもっと悼んでくれてもいいはずなのになラスティ。
気付けば激しくスレ違いだなラスティ。

そんだけラスティ。

760 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 13:29 ID:???
ラスティだったらストライクに自分で装備設計して付けるさ。

そんだけ。

761 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 13:33 ID:???
一番哀れなんは、名前だけのラスティか。
だが、生き地獄を味わっているのはディアッカか。
微妙だな。

762 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 14:09 ID:???
ラスティとディアッカを入れ替えてみるテスト。
そんだけ。

763 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 16:12 ID:???
>>762
そんなことしたらラスティ以外誰もディアッカのことを思い出してくれません。

764 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 16:34 ID:???
ディアッカがラスティの代わりになれば良かったのに。

765 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 16:56 ID:???
釣られてみるか。
数合わせで殺されたキャラと痔を一緒にすんな(゚Д゚)ペッ

766 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 17:18 ID:???
マターリ(´ー`)ノ

767 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 17:43 ID:???
ディアッカ?バカジャネーノ?
いつまであんなキモイ奴の擁護してんだよ。
あれならまだ変態仮面の方が数百倍マシだろ?(´,_ゝ`)プッ。
つーかお前ら日常でも痔並に存在感無いんだろ?な?
かわいそうだな。どーせ部屋に引きこもって一人で痔最高!とか、
最萌はラクスタンだよ!とか言ってんだろ?キモッ!
こんなとこに居ないで外出たらどうだ?ヒッキー君(藁
ウゼェ。氏ね。

768 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 17:50 ID:???
ディアッカ最高

769 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 18:11 ID:???
>>767
分かる!分かるぞ!
君も本当は痔悪化が大好きなんだよな?
ただ、強がって本当のことが言えないだけだよな。
その気持ち分かるぞ。

770 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 18:16 ID:???
>769
なるほどな!>767はディアッカを映し身として、
自分にエールを送っているのだな!
涙ぐましいな、>767!

771 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 18:17 ID:???
>>769-770
>>768

772 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 18:24 ID:KaknVrRF
おもしろいのでage

773 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 20:33 ID:???
>>762てすと。

今日、田舎から蟹が送られてきた。
美味そうなので、さっそくチャーハンを作ろうと思ったのだが、
一週間前からガスが止められているので、チャーハンを作る事ができない。
仕方がないので、オレは蟹と炊飯器(すでに米は炊けている)を持って、
近所のラスティの家へ、チャーハンを作りに行く事にした。
きっと、グゥレイッ!なチャーハンになるに違いない。

オレが台所で、チャーハンを炒めていると、ラスティが帰ってきた。
ラスティは、オレとチャーハンを交互に見てぽかんとしているので、
「やあ、おかえり」と微笑みかけてやった。
ヤツは不思議そうな顔をしながら、
「た、ただいま」
とぎこちなく微笑みかえしてきた。
その後、オレが作ったチャーハンをラスティと食べた。
グゥレイッ!だった。

(参考文章:>>1

そんだけ

774 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 21:02 ID:???
>>773
イイ!!

775 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 21:02 ID:???
>>773
やぱっり俺=痔なのか?
やっぱりディアッカ最高だぜ!!

776 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 21:11 ID:???
しかし、「俺」=ラスティだとバスタープラモネタが成り立たないような気がするのだが・・・・

777 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 21:48 ID:???
「俺」ってのは特にキャラ設定のないニュートラルな役だと思ってた。
つか俺=ラスティと限定してしまうとネタが作りにくくなる。

778 :773:03/02/05 21:49 ID:???
なんとなくやってみただけだから、
「俺」が誰かなんて考える必要ないんじゃないか?

779 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 21:52 ID:???
なんでそう飛躍するんだ?
ラスティでも当てはまりそうなネタもあるな、って程度の話題だったかと
思ってたんだが。

780 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 22:13 ID:???
そういや実家から送られてきたカニ缶があった…
よし明日はチャーハンをつくろう。

そんだけ

781 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 22:30 ID:???
俺ってのは1人じゃないと思う。
ラスティであり、それこそ俺達の一人一人が俺なんだよ。
ただ確実に言える事は皆、痔やサイが好きだという事よ。

782 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 22:59 ID:???
>>781
>ただ確実に言える事は皆、痔やサイが好きだという事よ。

↑この「好き」っていうのは、古典の時間ふうに言うと、
『いとあはれ』って事だろ?


783 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 23:01 ID:???
俺が家に帰ってみると、ディアッカがいた。
ディアッカは机の上にカニ缶とツナ缶を並べ、
腕を組みながら真剣な眼差しでそれらを眺めていた。
俺が何事かと訊ねるとディアッカは、チャーハンを作ろうと思っているのだが、
どっちを使うかで迷っていると言ってきた。
俺はツナのチャーハンなんて食ったことがなかったので、
ツナチャーハンはウマイのかと訊いてみたがディアッカは答えなかったので、
しばらくディアッカをそのまま放っておくことにした。
するとディアッカは、1時間近く机の前でブツブツ独り言を言った後、
やっと重い腰を上げ台所へ向かって行った。
それから少し経って俺の前に出てきたのはカニとツナ入りのチャーハンだった。
どんなもんだろうかと思いつつ食ってみたらこれが結構いけた。
あれだけ迷って結局どっちも使ったディアッカを
とんでもなく優柔不断なヤツだなと呆れながらも
俺はチャーハンを一気にたいらげた。
戦場では迷うなよ、と思いつつ。

そんだけ

784 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 23:05 ID:???
チャーハン大好きだな。ディアッカw

785 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 23:38 ID:???
俺さ、チャーハン食った後に「ぐぅれいとぉ」って言うようになってた。

本格的にやべぇ。

786 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 23:38 ID:???
まぁ、ラスティネタはラスティスレで。

787 :通常の名無しさんの3倍:03/02/05 23:48 ID:???
>>773みたいな痔視点の話も面白いなぁ。

788 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 02:39 ID:???
17歳
去年までレギュラーだったけど、大気圏突入と半端なキャラ立ちで
2ヶ月で出番無くした。一度へこんだ。
初回のみだけど、1回以上通信すればセリフ(3行くらい)貰える。
もらうだけもらってイザークにビビることもできるし、
バスターでストライクに思い切ってつっかっかれば
50パーセントで出番が2倍になる。死ぬけど。
度胸なきゃ索敵するふりしてゲームすればいいだけ。ごくつぶしになる。
そういや白鳥でキャラゲー出るけどまた不遇なんだろうな。
取り合えず↓はマジでおすすめ。
http://www.ankohouse.com/j/Game3/u_seed.html

そんだけ。

789 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 05:35 ID:???
教室にノート忘れたんで、部活の後に取りに行ったら
夕暮れの教室にひとり、ディアッカがいた。
こんな時間に一人でいるなんて、笛でも舐める気なんだろうか、と
隠れて様子を見ていたが、僕の予想は大きく外れていた。

(中略)




そんだけ。

790 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 07:49 ID:???
ディアッカ=チャーハン職人

791 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 10:13 ID:???
>>739
物凄くツボに入った。

792 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 11:07 ID:???
>>789
何が略されたのか激しく気になる

793 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 14:19 ID:???
隣のクラスの確かディアッカとか言う奴が、放課後誰もいない内のクラスにいた。
後ろのタナの名前を一つ一つのぞき込んで、「ラクス」の名札の場所を何度も確認し
周りを確認しながら素早くその上のタナから縦笛を抜いた。
ケースから出すと、ごくりとつばを飲み込んで、最初は遠慮がちにちろちろと舐めていたが、
最後には口にくわえたりしゃぶったりしてエクスタシーを感じていたようだ。
その姿には、いつも休日にはナンパして成功しまくってると自慢げに話す奴を微塵も感じることが出来なかった。
色々見栄張ってることも可哀想だったが、何よりも、家のクラスは名札タナの上に付けることを知らないのが哀れだった。
まさに絶頂に達しようと言う彼に、それはクルーゼの笛だなんて言えるか?
そんだけ

794 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 15:12 ID:jR/tCDD6
ディアッカ……俺、もう駄目かもしれない。

この場合の「駄目」っていうのはさ、
「お前ってダメダメじゃん」みたいな時に使うあの「駄目」じゃなくてさ。
つまりは、もうすぐ、死ぬかもしれないってことなんだ。
こんな風になってから気づいたって遅いかもしれないけど、
俺、お前のこと結構イイ奴だって思ってた。
嫌いじゃない……どころか結構好きだったのかもな。
格好つけたがりのくせに実は気の小さい奴だってのも知ってたから、
いつもお前のことが気にかかってたよ。
給食の献立の次くらいに。

俺がいなくなったら、お前にアレやるよ。
ほら、ベッドの下のカツオブシの箱。
あん中に、いつだったかお前がすごい欲しがってた
おもちゃのカンヅメ(男の子用)が入ってる。持ってってくれ。
銀のエンゼルも見たことないって言ってたお前に、餞別としてくれてやる。

だからさ、その代わり交換条件だ。
俺とする――最期の約束だぞ。
頼む、いいか――






「泣くな」

795 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 15:40 ID:???
・゚・(ノД`)・゚・。

796 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 16:59 ID:???
794は天才ですか。

797 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 18:39 ID:???
こっちが泣きそうになってきた

798 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 20:09 ID:???
泣いていいですか

799 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 20:46 ID:???
ええ話や

800 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 20:50 ID:???
反則っす。

801 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 22:23 ID:???
ここは>>794を褒め讃えるスレですか?

802 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 23:03 ID:???
アスラン「ラスティは失敗した」
ディアッカ「・゚・(ノД`)・゚・。」

それだけ。

803 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 23:34 ID:???
痔スレでこんなの発見
ttp://www.42ch.net/UploaderAnime/source/1044370973.jpg

804 :通常の名無しさんの3倍:03/02/06 23:43 ID:???
「アスランとラスティは…?遅いな」
俺は辺りを見渡した。
「今奪取したこの機体でアスランとラスティを援護に行きましょう!」
同時に通信を通してニコルの声が聞こえた。
「任務はMSを壊さずに持って帰ることだ!」
ニコルの言葉に相づちを打とうとしたのと同時にイザークの怒鳴り声が響き渡り、
ニコルの案は即却下されて先に三機持ち帰ることを強引に決定された。
俺は後ろ髪引かれつつも、イザークを追ってそこから離脱した。




ラスティの遺品の中からおもちゃのカンヅメ(男の子用)が出てきた。
「ディアッカへ、餞別だ」
とだけ書かれた紙と一緒に…。
俺、いつか話したっけ…銀のエンゼル見たことないんだ、って。
おもちゃのカンズメ(男の子用)がすげー欲しかった、って。
あいつ…覚えててくれたんだな。
そういやいつも俺のジョークに乗ってくれたの…おまえだけだったよな…。




―――俺はその日、誰に知られることもなく涙を流した。

こんな俺を見たらおまえは「泣くな!」とか言うんだろうな。
明日にはまた「グゥレイトッ!」とか言っていつもの俺に戻るから…、これで最後に
するからさ……だから今だけは許してくれよな…。

805 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 00:15 ID:???
>>804
ええ話や・・・。
黒くない痔悪化ですな?(マガジンZ版)
トーン、なんで貼らないのか、いまだに疑問。

806 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 00:18 ID:???
>>805
忘れられ(ry

807 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 01:12 ID:???
>>794はラスティなのか。やはり?

808 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 01:18 ID:???
あれはオレ達が中学校の頃だったかな。
夕暮れ時に、幼稚園の砂場で1人黙々と砂遊びしてるお前を見つけたのは。
周りに人影なんてないし、ずいぶんと寂しいやつが居るもんだと思ったら、
同じクラスのディアッカ。お前だったんでビックリしたっけ。

オレはなんとなしに、お前の背中に声かけたんだったよな。たしか――
「ディアッカ。そんなとこで何やってるんだよ」
とか、なんとか。そしたら、お前、
「チャーハンの練習」
なんて言うから、そこから二の句が継げなかったのは、はっきり覚えてるよ。

お前の手元覗き込むと、中華鍋を握ってさ、
その中の砂――あれは、米の代わりだったわけだよな?――とにかく、
その砂を片手で何度も宙に放り出して。真剣そのものだったもんな。
「・・・・・・そうか、がんばれよ」
そんな事を言って、オレは帰ったんだっけか。
台所でチャーハン作ってるお前の姿をみると思い出すよ。あの日のこと。
『継続力は力なり』なんて、ナチュラルが好みそうな言葉だが、
今のお前のチャーハンの腕前を考えた時、
やっぱ時間をかけて得た力は大きいって、実感できるな。

話がそれたが、聞いてくれ。ディアッカ。
オレが言いたかった事はだ、

 た ま に は、 チ ャ ー ハ ン 以 外 の 物 が 食 い た い

そんだけ

・・・・・・だめだ、
>>794の後だと、ラスティの思い出話にしか見えなくなってしまう。。。
なんか負けた気分。

809 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 02:02 ID:???
>>808
イイよ!!>>794に負けてないよ!グゥレイト!!
「俺」はディアッカの作る飯が好きなんだな。

そんだけ。

810 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 02:23 ID:ojOt67CS
大佐!ここに逝ってきました!
おっしゃる通りの面白いサイトでした!
まさか連邦が極秘でこんな面白いサイトを運営しているとは・・・
このままではジオンは壊滅ですっ!
連邦はあのようなサイトをどのように開発したのでしょうか?
よほどの技術力を持った開発者がいるとしか思えません。
大佐!我々はコッソリと遊ぶしか無いのでしょうか?
http://www.interq.or.jp/japan/tds/snj-tv/


811 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 02:50 ID:???
俺=ラスティの解釈はネタの振り幅が狭くなるので大嫌いだが


 >>794  最  高  。  ・゚・(ノД`)・゚・


本気でグッときた。

812 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 08:19 ID:???
ディアッカの作るチャーハンが食べたいっ!!!!!

813 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 10:26 ID:???
初体験は15歳と本人は言ってたけどネタふりしてもどうも童貞臭い。

そんだけ

814 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 16:00 ID:???
>>811
俺も『俺』=ラスティ派じゃないが>>794には胸が熱くなった。
>>794には及ばないながらも替え歌を作ってみた。

 「D」
プラントの大通りを ディアッカが歩く
御自慢のクセッ毛をおっ立てて 威風堂々と
そのウザさから彼は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石が投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若いラスティの腕
「今晩は 素敵なおバカさん 僕らよく似てる」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を

走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて

どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た



815 :続き:03/02/07 16:00 ID:???
それから彼はラスティと 二度目の冬を過ごす
ラスティは 友達にあだ名をやった 「黒い幸」“ホーリーナイト”
彼の日記帳は ほとんど黒尽くめ
ディアッカも 初めての友達に チャーハンを作った。が ある日

不意の銃弾に 倒れる名付け親 最後の手紙を書くと大佐にこう言った

「走って 走って こいつを届けてくれ
唯一の友達だった僕の 帰りを待つディアッカへ」

イザークが怖くて援護には行けないが それでもアンタは援護を待った
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った



816 :最後:03/02/07 16:01 ID:???
雪の降る山道を バスターが走る
今は故き親友との約束を その胸に宿して
「見ろよ!ザフトの機体だ!」睨み付けるフレイ
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから
「ホーリーナイト」「聖なる夜」と呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ

彼は辿り着いた 連合の領土に アークエンジェルまで あと数キロだ

走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る ビームと砲撃
負けるか俺はグゥレイトォ 千切れそうな機体を
引き摺り なお走った 見つけた!ストライクだ!



最期を看取ったサイは もう動かない彼の名に
アルファベット一つ 加えて土に埋めてやった
ザフトの騎士を埋めてやった

ttp://sou5.hp.infoseek.co.jp/boc-k-9.swf

ちょっと無理やりだったかな。


817 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 16:22 ID:???
今日、ディアッカが床屋に行く金がないので俺に散髪を頼むと言ってきた。
絶対失敗するから無理だと断ったが、食い下がってきたのでやむなくokした。
…で、案の定失敗した。だから言っただろうがこのヴァカ。
泣きそうな顔してるが、自己責任だからな!俺は知らないからな!…しらないったら。
あぁ、わかったよ。お詫びとして、今度吉野屋で何かおごってやるよ!
と、そう言ったらうれしそうに帰っていった。なんともまぁ、単純なヤツめ。
翌日、髪型をイザークにからかわれていたのは言うまでもない。

そんだけ



818 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 16:40 ID:???
ディアッカの髪を切ったら、はさみのほうがボロボロになりそうw

819 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 18:25 ID:???
正直またこんな話題振ってスマソだけど、
もし俺がラスティで、しかも福田の脳内通り女だったら、(男じゃなきゃ成り立たないシチュもあるが)
案外萌えるかも…。

そんだけ。

820 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 18:43 ID:???
>>794を村枝賢一に「ガンダムSEED SPIRITS」として漫画化して欲しいと思った。
そんだけ

821 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 20:04 ID:???
>>803
元よりもいいかも(´∀`*)

822 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 21:02 ID:???
体育祭だ。とくれば、最後のトリがクラス対抗のリレーというのはもはや定番。
放課後に5名、代表選手を選ぶことになった。が、みんなえらくやる気が無い。
そんな中、ディアッカは「俺は興味ないね」と言わんばかりのクールな態度を取ってる。
……結局小一時間程の話し合いの末、じゃんけんということになった。
見事敗れた5人とは、アスラン、ニコル、イザーク、ディアッカと俺だった。
ディアッカは手の平返し、顔を紅潮させて「グゥレイトゥ!」と叫んだ。
アスランやニコルも、元が真面目なこともあって戦意は十分。イザークもなんだかんだ言ってもやる気だ。
俺だって皆だって恥はかきたくない。次の日から俺達の練習が始まった。
毎日残ってはバトンタッチの練習が続く。最初はぎこちなかった動きも本番直前には大分滑らかになった。
もともと皆運動神経はいい。これはいけるかもしれないと、誰もが思いはじめていた。
そして体育祭当日。
各クラスとも得点は横並び。ドラマティックにもこのリレーで勝負が決すると言うわけだ。
銃声と共に一走のニコルが走る。先頭から3番目。良いポジションだ。バトンは次々渡り、その間に俺達のチームはトップに躍り出ていた。
そして、四走がディアッカだ。驚いたが、これが意外に速い。二位以下との差がまたも広がる。
見る間にゴールが近付き、アンカー、イザークがバトンを受け取るための助走に入った。
が、そこでディアッカがいきなり失走した。スタミナ切れしたのか怪我したのか、一向にイザークに追いつけない。
イザークが苛立たし気に後ろを振り向いたとこで、ディアッカの足がもつれた。思いっきりつんのめって顔面から地面に突っ込む。
バトンは宙を舞い、よりによって応援席の中にまで吹っ飛んでいった。
飛んでいったバトンを拾う間に順位は大きく落ち、イザークはいたたまれない視線の中ゴールテープ(張り直された)を切った。
その日の夜。打ち上げでは、お勘定の時になって呼ばれたディアッカが、イザークとニコルの分を支払っていた。
そんだけ。

823 :通常の名無しさんの3倍:03/02/07 22:31 ID:???
・・・なんて運の悪い男なんだ・・・。

824 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 00:12 ID:???
「脚付き発見」その報が届いたのは十分前。
おかげで格納庫は目の回る忙しさだ。
こんな時に俺のヘッドセットに通信してくるバカが居た。
ディアッカだった。
「なあ、聞こえる?
 もうすぐ戦いだよな。
 …何回目の出撃だっけ。
 …いや…泣き言いうために、ザフト入ったわけじゃねえよ。お前もそうだろ。
 俺達は…戦うしかないんだよな。
 …。
 以上、交信終わり。残弾数確認開始。
 今日も盛大に狩るぜ!」
俺はあいつに最終調整終了の信号をおくってやる。


やがて暗黒の海に消えていくバスター。
俺はあいつ帰ってくる場所のために声を張り上げた。




台詞部分はまんまコピペ(w

825 :通常の名無しさんの3倍 :03/02/08 01:07 ID:???
ディアッカと花輪君はキャラが被る事があるなとふと思った。

そんだけ。

826 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 09:27 ID:UHy/DET/
age

827 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 10:46 ID:???
花輪君と聞くと、ガノタ的にはカミーユの声だよな。最近知ったけど。

そんだけ。

828 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 11:12 ID:???
>>827は間違っているよ。

そんだけ

829 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 11:36 ID:???
ガノタ的にはイーノか

830 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 11:41 ID:???
丸尾君がカミーユ

そんだけ。

831 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 13:20 ID:???
473 名前:通常の名無しさんの3倍 本日のレス 投稿日:03/02/08 10:55 ???
273 名前:通常の名無しさんの3倍 投稿日:03/02/08 10:38 ID:???
2誌ゲットこんな内容だった。
アニメージュ3月号
・キラポスター付
・キラ、フレイ、アスラン、カガリの現在の考察
・虎とキラの声優インタビュー
アニメディア3月号
・カガリに肩をかしてるキラの新イラスト(萌え
・キラくん内に地獄、外に地獄特集(メディア曰く女人地獄絵巻だそうですw
・フレイ様、新たな素っ裸カット(背中だが)&壊れ顔、カガリドレス姿設定
・イザークの傷は消せるが、キラを倒すまで、わざと残している。
・フレイの親父はブルーコスモス確定
・ニコルはピアノ、ディアッカは日本舞踊、イザークは民族伝承が趣味
・22話にはキラとカガリの間で驚きのシーン有り、AAの進路はオーブ行き

日本舞踊……???

そんだけ。

832 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 13:24 ID:???
日本舞踊…

833 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 13:42 ID:???
日本舞踊っか・・・・・・
習い事としてやっているだけなら、まだわかるが、趣味って・・・・・・
コーディだけに、家元クラスの腕前だったりするんだろうか。

834 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 13:53 ID:???
その設定が本編で活かされる日は来るのだろうか・・・。

835 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:01 ID:???
その前にあぼゲフンゲフン

836 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:05 ID:???
ニコルのピアノや、イザークの民族伝承あたりだったら、
出てくることはあるのかもしれないが・・・・・・
日舞ってどんなタイミングで出てくれば、不自然じゃないんだ?(汗

妄想1:エルたん追悼の舞
妄想2:ニコルンへの求愛の舞
妄想3:ショボーンとしたときの悲哀の舞
妄想4:バクゥと再開したときの歓喜の舞

・・・・・・まぁ、ディアッカだから、どのタイミングでやっても
許される(というか、だれも気づかない)か。

余談だが。
日舞と聞いた後、脳内ではSDディアッカが両手に扇子を持ってコミカルに踊っている。

837 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:11 ID:???
まさかとおもうが実は痔悪化は嵬ではあるまいな?

そんだけ。


838 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:19 ID:???
嵬・・・。
種がはじけると、呼んでしまうのか・・・。
前世の記憶在りか?千年前も、二千年前も、そして未来も、
ディアッカだった・・・。
永遠に生きるディアッカ・・・

そんだけ。

839 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:43 ID:???
>>827
ちなみに、二コルとプー太郎の声も同じだ。はまじはグレミーと同じ

840 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 14:58 ID:???
>ニコルはピアノ、ディアッカは日本舞踊、イザークは民族伝承が趣味
コレ実は後継機の特徴になったりして。
日舞ガンダム。

841 :八アススレよりコピペ:03/02/08 15:43 ID:???
             /巛 》ヽ      
             ヾノ"~^ヽ,         
     グゥレイト  (´∀`*リ
            ___)  (___
           /|::::|V/|::::::|~\
         /  |@| / |:@ | .  \
         |.  .|::::|...;;.|::::::|    |
         |.  .|::::|..::;;|::::::|    |
         |.  .|::::|.ロ..|::::::|    |
         |  /|__|  .|;__/、   |
         |__|   y  .  |__|
.            |   :| ;;◎. |
           |.◎..;;;| ;::::. |
            |  ;;:::| ;;;;※|
         .  |;※: ::|..;;;.∂ ;|
         .. |____|____|
           (_y___) .(_y____)



842 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 17:48 ID:???
>>816
>負けるか俺はグゥレイトォ 
感動した

843 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 18:56 ID:???
ディアッカコネーーー

844 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 18:59 ID:???
ガサラキのスレはここですか?

845 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 19:03 ID:???
>>843
ディアッカは新キャラにすら出番とられまくりで
自室ですねてます

846 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 19:22 ID:???
>845
 俺が見たディアッカは、自室で『出番よこせの舞』を舞っていた。

 そんだけ。

847 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 21:59 ID:???
                           
     Å          
  __/ \__ オドルナライマノウチ…グレイトゥゥゥ!
 / (;´Д`) /\           
/| ̄ヽ ̄ノ ̄|\/       
 |.  痔  |/            
  ̄ ̄ ̄ ̄

848 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 22:50 ID:???
>>846
俺が見たディアッカは、名取りになった時に貰った大切な扇子を、
ガモフと共に失ってしまった、とえらく落ち込んでいた。

そんだけ。

849 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 23:13 ID:???
ディアッカの新ガンダムは腰に2本の扇形サーベルを装備、色は萌黄色・松葉色等和風な感じで。

850 :通常の名無しさんの3倍:03/02/08 23:28 ID:???
          ヘヘヘヘヘヘ
           \ヽ|7〃
           ヾ|//  
              凵       
             /巛 》ヽ      
             ヾノ"~^ヽ,         
            (´∀`*リ
            ___)  (___
           /|::::|V/|::::::|~\
         /  |@| / |:@ | .  \

おまえ、それ扇でなくてハリセンだろう。イヤ…それ以前に、なにアホなことやってんだよ。
つっこんでほしいのか?と思ったが馬鹿らしいので放っておいた。そしたら少し悲しそうだった。

そんだけ

851 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 00:09 ID:???
ディアッカが趣味の日本舞踊を披露したいと言うので見に行くことにした。
彼の稽古場に着くと中にラスティが一人ぽつんと座っていた。
どうやら、ディアッカの踊りを見に来たのは彼と俺の二人だけのようだった。
舞台の前に座り、開演を待っていると、舞台の袖から鼻に五円玉を付け、ホッカムリを
したディアッカがざるを片手に出てきた。ディアッカは舞台からこちらを見回し、出席者
の少なさに一瞬寂しい表情を浮かべた後、気を取り直したようにこう言った。
「忙しい中、この俺のために集まってくれて有難う!今日はこの俺のグゥレイトゥな
踊りを堪能して言ってくれよな!!」そういって彼は舞台の上のラジカセのスイッチを入れた。
ディアッカが袖から出てきたときからいやな予感がしていたがラジカセから流れてきたのは安来節だった。
俺は「それは日本舞踊とは少し違うんじゃないか」思ったが、ディアッカの得意そうな顔を見るとそんなことは言えず
ディアッカはそのまま安来節を踊りきった。その後ディアッカは田植え踊りやつぶろさし(ttp://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/chin-man/tuburo01.html)
など、日本の民族舞踊を踊り続けた。そのわけの分からないグルーヴ感に俺たちはただ眺めることしかできなかった。
踊りが終わったあと、ディアッカは我々にチャーハンをご馳走してくれた。
そんだけ

852 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 01:04 ID:???
【舞踊】ディアッカと俺の関係【炒飯】

853 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 01:13 ID:???
舞う、のと踊る、のは違うんだぁぁぁあ!と後でディアッカに怒鳴られた。


854 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 01:20 ID:???
ある日、ディアッカにこう尋ねられた。
「俺、日本舞踊を舞うのが好きなんだ」
「へぇ・・・意外だな」
「ところで日本って何だ?」

それだけ。

855 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 02:43 ID:???
しばらく本編での出番はないが、
素敵な燃料補給をしてくれたな、アニメディア・・・。

856 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 02:51 ID:???
2時51分。
冗談抜きで、まだ仕事が終わらん。
手伝いに来てくれディアッカ。

お、ディアッカ。
きてくれたのか。ありがとう。
だがな、オレの後ろで舞うのはやめてくれ。
チャーハン作るのもやめてくれ。
・・・・・・泣くな!

857 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 03:07 ID:???
ヤーパン忍者といい勝負だな

858 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 03:21 ID:???
タンゴとか、ラテン系のほうが合うと思うんだがな・・・。

859 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 03:31 ID:???
>856
チャーハンはご馳走になってやれよ、気ぃ遣って夜食作ってくれたんだからさぁ〜〜


860 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 07:27 ID:???
7時27分。
あさだ、あ〜さ〜だ〜よ〜。。。。。
ディアッカ!
寝るな!
あと、少しで仕事が片付く!
すまんが、もーすこし手伝ってくれ!!

だからといって、寝ぼけながら舞うな。
チャーハン作るな。
泣くな!寝るな!はたらけぇ〜!

>>859
仕事が片付いたら、いやってほどご馳走になる。

861 :リンク先の1:03/02/09 08:21 ID:???
スレを立ててみた。
まだディアッカには言ってない。
良かったら来てくれ。

シャア専用・クリックで救える命
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1044740247/



そんだけ。

862 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 08:35 ID:???
やっぱ良スレ

863 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 10:18 ID:???
切れると狡猾になるだけで残忍になるわけじゃないよな。

864 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 10:22 ID:???
切れると走っている奴に足をかけたくなるのか

865 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 10:42 ID:???
第28話 「ブルーコスモスヨコハマ」
物資の買い出しにジャパンの「ヨコハマシティ」に訪れたキラとカガリは、
運悪くブルーコスモスに見つかり、追われることとなってしまった。
その途中、キラたちは炒飯屋の店主であるディアッカ・エルスマンと出会い、
成り行きで行動を共にすることに。中華街を逃げ回るうち、次第に仲良くなっていく三人だったが、
アークエンジェルの前にたどり着いたとき、キラとカガリは、現実が厳しいものであることを思い知らされる。

866 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 12:19 ID:???
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1044760716.zip
痔の出番なくて悲しいから

867 :カンガルー通信:03/02/09 12:26 ID:???

 やあ、元気ですか?
 今朝、近所の動物園にカンガルーを身に行ってきました。たいして大きな
動物園ではないのですが、それでもゴリラから象まで一応の動物はなん
とか揃っています。でも、もしあなたがラマとかアリクイのファンだとしたら、
この動物園には来ない方が良いでしょう。ここにはラマもアリクイもいません。
インパラもハイエナもいません。豹さえいません。
 そのかわりにカンガルーが四匹います。
 一匹は子供で、二ヶ月前に生まれたばかりです。それから雄が一匹に雌
が二匹。いったいどういう家族構成になっているものか、僕には見当もつき
ません。
 カンガルーを見るたびに、いったいカンガルーであるということはどんな気
持ちがするんだろうと、いつも不思議に思います。彼らは一体何のために、
オーストラリアなんて気が利かない場所をはねまわっているんでしょう。そ
して何のために、ブーメランなんていう不細工な棒切れで殺されちゃうんで
しょう?
 僕にはよくわからない。
 でもまあ、それはどうでもいいことです。たいした問題じゃありません。
 とにかくカンガルーを眺めているうちに、ディアッカに手紙を出したくなりま
した。

868 :カンガルー通信:03/02/09 12:26 ID:???
 あるいはディアッカは不思議に思うかもしれませんね。どうしてカンガルー
を眺めていたらディアッカに手紙を出したくなるのか、カンガルーとディアッカ
のあいだにいったいどんな関係があるのか、と。でも、そんなことは気にしな
いで下さい。どうでもいいことなんです。カンガルーはカンガルーだし、ディ
アッカはディアッカです。
 つまりこういうことです。
 カンガルーとディアッカとのあいだには36の微妙な行程があって、それを
しかるべき順序でひとつひとつ追っているうちに、僕はディアッカのところに
行きついと、それだけのことなんです。その行程をいちいち説明してみても
きっとディアッカにはよくわからないだろうし、だいいち僕だってよく覚えてない。
 だって36ですよ!
 そのうちひとつでも手順が狂っていたら、僕はディアッカにこんな手紙を
出していなかったでしょう。あるいは僕はふと思いたって南氷洋でマッコウ
クジラの背中に跳び乗っていたかもしれない。あるいは僕は近所の煙草屋
に放火していたかもしれない。
 しかし36の偶然の集積の導くところによって、僕はこのようにディアッカに
手紙を送る。
 不思議なものですね。

そんだけ。

869 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 12:53 ID:???
>>866
・゚・(ノД`)・゚・

しかしディアッカ、良い声してるな・・俺お前の声好きだよ。

870 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 13:46 ID:???
今日、家でごろごろとしているとディアッカが相談事があると訪ねてきた。
話を聞いてみると、今度雑誌でザフトのガンダムパイロットの趣味を載せるらしい。
そこで、普段から影の薄いイメージを払拭するため、インパクトのある趣味にしたいというのだ。
俺はそれでは詐称だし、第一お前にはチャーハンの研究という立派な趣味があるだろうといってやったが、ディアッカはこんなのアイドルの趣味と同じで分かりゃしないし、なによりも漢をあげたいというので、その熱意にうたれて一緒に考えてやることにした。

後日、道端でみずしらずの子供に「うそつき!」「えせがいじんなんかに、にほんぶようがで
きるわきゃねぇだろーー!」と石を投げつけられているディアッカをみかけた。
すまん、ディアッカ・・・。
やはり、妥当に切手集めにしとけばよかったな・・・。

そんだけ。

871 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 14:19 ID:???
>>866
落とせない(つд`)

872 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 14:53 ID:???
↑同じく。ウワァァァァァァンヽ(`Д´)ノ

873 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 18:29 ID:???
>>870
・゚・(ノД`)・゚・



だが切手集めもどうかと思う

874 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 19:28 ID:???
>>871-872
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/
ここへ直接行って1044760716.zipを探して窓なら右クリックで「対象をファイルに保存」を選べばDL出来る。
今なら11ページ目にあるぞ

875 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 19:39 ID:???
スレ違いなのに2回もごめん
でも痔のネタになると思うんで
faの7866に前半をあげてみた

876 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 20:19 ID:???
>>875
いただきますた。
狐のような男・・・このスレ見てるとごんぎつねを思い出してしかたねぇ・・・
あと、サンバを踊るディアッカを想像してしまった。
「アミーゴ!!アミーゴ!!」
そんだけ・・・

877 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 20:44 ID:???
なんとか、fa7875に後半あげました

878 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 21:11 ID:???
>>875=877
ありがd。
いただきますた。
笹沼さんがここのディアッカと被る・・(w
スレ違いだけど機体のこととかディアッカのこととか真面目に考えてくれてる
っぽいね・・ちょっと感動した。サービス精神も旺盛っぽいし。

879 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 21:35 ID:???
>>875,877
サンクス。
色々と面白かった。(w

880 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 21:35 ID:???
関さんのほのぼのとした喋り方がどうしても忍玉の先生とかぶる。
まあ、ご本人なわけだがw
忍術学園で修行するディアッカ・・・。
だめだ・・・、逝ってきます。

881 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 22:31 ID:???
すいませんfaって何ですか?
いちおう自分で探してみたんだが見付からず・・・
質問厨でスマソなんだが俺もどうしても笹沼さんの声が聞きたいんだ・・・

882 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 22:34 ID:???
>>881
「fa アプロダ」で愚愚零

883 :通常の名無しさんの3倍:03/02/09 23:22 ID:???
>>882
見付かりました。産休!!

884 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 00:07 ID:???
>>867
元ネタは知らんのだが、なんとなく村上春樹っぽいとオモタ

885 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 01:00 ID:???
>>875=877
.fa行ってきたけど削除されてた・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
何の音声だったんだ・・激しく気になる

886 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 01:42 ID:QsMsZHOJ
>>885
同じく…

887 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 13:22 ID:???
>>884
漏れもそう思った。

>>867
って事で元ネタ公開キボン!!

888 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 15:22 ID:???
学校でパソコンルームに行ったときの事だった。
2chをやろうと座ると隣でディアッカがなにやらうれしそうにキーボードを叩いていた。
俺がどうしたのかと尋ねると
「このスレッドって今887まで書き込まれてるんだよな、俺が書き込んだら888だぜ、グゥウレィトゥ!!」

すまんディアッカ、お前が打ってる間に俺がもう書き込んじまったよ・・・。

889 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 15:23 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   888 グゥレィッ
      >、 ー-=-ー  /T     
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/


890 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 15:25 ID:???
---------前が真っ白になった。

そして一瞬のうちに目の前に昨日の夜の風景が広がった。
見なれた部屋。俺の部屋。
明日の作戦の会議も終わりベッドで横になっていたところに
ディアッカがやってきた。
「あ、あのさ・・・」
不安そうな表情で俺はディアッカと明日の事について話した。
いつも自信たっぷりに見えても不安なんだな。俺もだよ。
俺とディアッカの気が済むまでその日は語り合った。
明日、成功させような---------

寝ている時に見ている夢って、実は長く思えて
一瞬な事なんだって聞いた事があるんだよな。
そうか。今思い出したコレもある意味夢ってやつか。
またこうやって話す事が出来たらいいなあってな。


あ、あはは。俺・・・やっぱ駄目だ。ごめん、な

891 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 16:33 ID:???
>>889
ゲットできてねーよ!さすが痔( ´,_ゝ`)プッ

892 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 16:39 ID:???
>>890ラスティ?
そんなあなたに
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1042526008/l50

893 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 17:07 ID:sc35P/z1
場違いかもしれないけど…
昔「俺の屍を越えてゆけ」ってゲームがあったんだけど、
今やったらきっと色黒で金髪の男が生まれたら
「痔悪化」って名前にして職業も「踊り屋」とかにすると思う。

そんだけ

894 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 17:13 ID:???
>>893
ソレダ!
後列向きだし、まさに痔悪化。

895 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 17:18 ID:???
今日の晩飯はツナチャーハンにしよう。



ツナ缶買って来る。

896 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 19:24 ID:???
そろそろスレ違いを指摘されそうだけど…
ヤフーブリーフケース mokmok99jpに
SEEDが一番、笹沼関をあげてみた

897 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 20:17 ID:???
915 :通常の名無しさんの3倍 :03/02/10 19:24 ID:???
  「このスレもココまで来たか。やはりディアッカ人気はとてつもないものが
   あるぜ。まさにグゥレィト!!まったく1000までいった時の>>5の顔が見てぇぜ!」
 
とディアッカが書き込んでいた。

そんだけ


898 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 21:23 ID:???
ツナチャーハン(゚д゚)ウマー

899 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 21:25 ID:???
..       ヾ〃 ヽ〃  ヾ/       ヽツ      i〃   レソ ヾ〃
        ,':..゙:, ':,`.‐、.. ':,`:、,...,.    ;',:;゙:、  ,.,...,::':,'   ,.,‐'´,:'  ,':..゙:,
エビフリャ━━i゙・д・;:━:、・д,;━`:':.. ・゙:━i':.. .:;゙;━:.・ .,;:'━:.д・,;;:;'━;゙・д・゙;━━!!!!!
        `゙゙"゙   ゙゙"    `゙゙"´  `゙゙"´  `゙゙´   `゙゙"   `゙゙"゙


900 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 21:27 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   900 グゥレィッ
      >、 ー-=-ー  /T     
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/


901 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 21:49 ID:???
ラクススレより拝借した痔の姓名判断

◆ざっくばらんな性格、何事にも鋭い切れ味、強情で自信家タイプ。
◆打てば響く頭脳を持ち、自我心も強く勝ち気で虚栄心も強く、
 不屈の忍耐力が特徴ではあるが、情に弱い。
◆融通がきかないので、頑固であったり、我が強いと言われたりします。
 しかし根は人情家です。
◆アイデアが豊富で状況判断が早く新しがり屋でおしゃれで初心貫き、
 恋には盲目のためトラブルが起きやすいでしょう。
◆質実剛健で竹を割ったような性格の持ち主ですが、
 権力をほしいまま行動すると人から嫌われて大凶となります。
◆感情にも起伏があるため、人が集まりにくい傾向があります。
 表面的な人当たりはよくても、なかなか健全な友人関係は築きにくいでしょう。
◆交際相手に恵まれますが色難浮気に注意して下さい。

902 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 21:59 ID:???
>896
頂きました。産休。痔悪化の声だ煤i゚Д゚;)

903 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 22:00 ID:???
ディアッカが校庭でバッティングの練習をしていた。
ディアッカが空振りするたびにイザークから、
「ストライクゥゥゥ。臆病者ぉ、へっぴり腰がぁぁぁ。」
と、罵られていた。そのつど、ディアッカはうつむいていた。
投手役のアスランは、たんたんと投球を続けていた

俺は、ディアッカは、バントのフリをした後打てばいいと思いつつ、外野にいたニコルに声をかけた。
「球拾いだろ?大変だな。」ニコルは薄く笑いながら答えた。「いいえ。一球も来てませんから。」

俺は、ディアッカにどんな言葉をかけようか考えながら、日暮れを待った。


そんだけ。

904 :通常の名無しさんの3倍:03/02/10 22:39 ID:???
>>900を900と言いながら取るディアッカなんて。。。。ディアッカなんて。。。。

「とんだ失態だよね」

905 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 00:28 ID:???
>>900
とりあえずおめでとう、ディアッカ。
まさか本当にこのスレがここまで伸びるなんて・・・。

906 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 00:29 ID:???

リアップのCMの”りーーーーーーあっぷ!”が
”でぃーーーーーーーーあっか!”にきこえてしまう。


そんだけ。

907 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 00:50 ID:???
テンプレ及びスレタイを考える頃か?

908 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 00:51 ID:???
次スレまで逝くぞ、ディアッカ!
正直、ここまで延びるとは思わなかったよw

  そんだけ。

909 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:19 ID:???
【とんだ】ディアッカと俺の関係【失態だよね】

910 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:23 ID:???
【グゥ】ディアッカと俺の関係【レイトォ!】炒飯2杯目

911 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:24 ID:???
910に1票

912 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:26 ID:???
投票に・・・・・名前が無い・・・・

913 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:27 ID:???
【ラスティ】ディアッカと俺達の関係【サイ】

914 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:32 ID:???
で、テンプレはどうするよ?

915 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:33 ID:???
いつもディアッカに冷たいイザークだけど、俺は見た。


 「このスレもココまで来たか。やはりディアッカ人気はとてつもないものが
  あるぜ。まさにグゥレィト!!まったく1000までいった時の>>5の顔が見てぇぜ!」

       '" ´ ~`,ヽ
      i |,_i_/|_|    ・・・と。
      L.」゚/Д゚)」
       /   \    
      /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
______(__ニつ/  FMV  /__
        \/____/



  ∧、   
'" ´ ~`,ヽ
/⌒ヽ\ i |,_i_/|__|   何見てんだコシヌケェ!!
|( ● )| i\L|゚/Д ゚L」
\_ノ ^i |/   \    
 |_|,-''iつl   / ̄ ̄ ̄ ̄/
  [__|_|/〉 _ /  FMV  /__
   [ニニ〉\/____/
   └―'


危うく死に掛けた。


916 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:33 ID:???
【日舞】ディアッカと俺の関係(3-1)【炒飯】

917 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:34 ID:???
ディアッカと俺の関係 おかわり!

わかりにくいか…

918 :915:03/02/11 02:35 ID:???
まあ、なんつーか

∧||∧

919 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 02:43 ID:???
>>917
【炒飯】ディアッカと俺の関係【おかわり!】
に、アレンジ。どう?

920 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 03:58 ID:???
>>918
生`。ネタ提供ありがd!

>>919
もちっと手を加えて

【炒飯】ディアッカと俺の関係 2【おかわり!】

は、いかが?

921 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 05:09 ID:???
ttp://clyne.hp.infoseek.co.jp/lacus/AA/04.html
ほれ、ディアッカ大活躍だぞ

922 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 07:45 ID:???
【炒飯】第2痔 ディアッカと俺の関係【おかわり!】

923 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 07:49 ID:???
ディアッカの俺への友情

924 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 09:13 ID:???
>>910に一票っす

925 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 10:41 ID:???
>>923
「友情」イイ!

【炒飯】ディアッカと俺の友情【おかわり!】

926 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 11:44 ID:???
【炒飯】ディアッカも俺と関係【プレイ】

・・・・・・スマソ。逝ってくる。

927 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 13:18 ID:???
【炒飯】ディアッカと俺の関係2【グゥレイトォ!】

928 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 13:23 ID:???
ディアッカと俺の関係 2年目

929 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 13:46 ID:???
>>928
一票。シンプルでいい。

930 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 14:12 ID:???
>>928
に一票。
シンプルなのが(・∀・)イイ!

931 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 14:14 ID:???
ディアッカは俺と関係

932 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 14:18 ID:???
ディアッカが俺と関係

933 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 14:44 ID:???
ディアッカと俺がグゥレイトォ! 2

934 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 15:35 ID:???
【グレイトォ!】ディアッカと俺の関係 二皿目【炒飯】

935 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 16:40 ID:???
【ディアッカ】炒飯と俺の関係【ラスティ】

936 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 16:44 ID:???
>>935
充実野菜を吹いてしまった。

937 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 17:56 ID:???
>922
に一票

938 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:02 ID:???
>>928
が好きだ。

939 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:24 ID:???
【炒飯】ディアッカと俺の関係 2杯目【おかわり!】 に一票


940 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:29 ID:???
>>928
グゥレイトー

941 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:35 ID:???
>>928
いいね

942 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:36 ID:???
>>928 に1票。

テンプレどうするよ?俺文才無いから纏まらない。

943 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:43 ID:???
【炒飯】【おかわり!】がいいな

944 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:44 ID:???
>928が、なんか淡々としてて良いな。

945 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:45 ID:???
【炒飯】ディアッカと俺の関係 2年目【おかわり】

946 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:48 ID:???
〜年目って書くとちょっと違和感が・・・。

次次スレだと成年になってしまう。

947 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:55 ID:???
テンプレ案。ここの>>1に一行付け足した。
が、>>946の言う通り、「年目」は強調しない方がいいか?


今日、バイトを終えて家に帰ったら、何故か台所にディアッカがいた。
ディアッカは、チャーハンを炒めながら俺に
「やあ、おかえり」と微笑みかけた。
俺は、なぜ俺の家の台所にディアッカがいるのかわからずに当惑したが
「た、ただいま」
とぎこちなく微笑みかえした。
その後、ディアッカが作ったチャーハンを食べた。
うまかった。

それから1年が過ぎ、ディアッカと俺の関係は2年目になろうとしていた。


前スレ
ディアッカと俺の関係
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1041720526/

関連スレ
ディアッカ・エルスマンについて語るpart3
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1043728047/

948 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 18:55 ID:???
  ディアッカとサイと、俺と・・・。

じゃダメ?

949 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 19:21 ID:???
【】を付けて飾らないほうが、ディアッカらしいと思うのだが

950 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 19:35 ID:1gc+F+hw
>>896
頂いたのだが、どうやって聞くの…?

951 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 19:59 ID:???
>>947
テンプレ、グゥレイトォ!
1は是非これで行こう。 あとはタイトル案か・・・・・
今日中に1000か? よかったな、ディアッカ。

952 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 20:05 ID:???
ディアッカが俺にグゥレイトォ!な2週目

953 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 21:00 ID:???
新スレ、誰が立てに行く?やっぱり>>950か?

954 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 21:06 ID:???
2スレでもこのレス欲しいな

>>1は責任持って>>1000までスレを伸ばせよ








まぁ無理だろうが(w


955 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 21:17 ID:???
>>954
有志でがんがって2ゲトして下さい。w

956 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 22:13 ID:???
ディアッカと俺の関係 2杯目

957 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 22:25 ID:???
>>946
別にいいんでない?
このスレでも、学生ネタが多かったけど、たまに「俺」が社会人なネタとかもあったし。

958 :957:03/02/11 22:26 ID:???
ああ、ちょっと言葉が足りなかったな。
「俺」が社会人で、学生時代の友人のディアッカを思い出して、とか、そういうことね。

959 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 22:42 ID:???
【炒飯】ディアッカと俺の2年目【おかわり?】

960 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 23:36 ID:???
やはりスレタイに「グゥレイトォ!」は必要だと思うんだが。

961 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 23:46 ID:???
【友達100人】ディアッカと2人目の俺【できるかな】

962 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 23:48 ID:???
>>961
ワロタ

963 :通常の名無しさんの3倍:03/02/11 23:59 ID:???
誰も次スレ立てないようなので立ててみるけどいい?
スレタイはシンプルに>956のでいきまつ

964 :963:03/02/12 00:02 ID:???
失敗しました。別の方よろしく

965 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 00:09 ID:???
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1044976093/

次スレ立ちました。移動よろ。

966 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 02:58 ID:???
これ1000まで埋めないと5の予告通りにならないか・・・?
とどうでも良いことをずっと心配するディアッカ
お前細かいぞ。。。。
そんだけ

967 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 04:39 ID:???
1000取り合戦しないの?

俺に聞くなよ、ディアッカ。


そんだけ。

968 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:24 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   1000 グゥレィッ
      >、 ー-=-ー  /T     
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/



969 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:26 ID:???
1000!!!

970 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:29 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    まさかの2ゲト!!?  
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/


971 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:30 ID:???
このペースならまだネタでも貼ったほうがよさげかな。

972 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:50 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    俺にもイザークみたいな疼く傷をつけろよ!
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/

973 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 06:51 ID:???
ここから>>1000まで、ディアッカが種製作スタッフに
いろんな注文するスレになりますた

974 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 07:03 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}    教えてくれ、福田  
      >、 ー-=-ー  /T     俺のキャラはちゃねらーによって
      ト、\  ̄  //       作られてしまうのか??
        \`ーt‐"/  

975 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 07:16 ID:???
1000取りに拘ってないなら放置した方がサーバーに負担かからなくて良い、と
思うんだが…。
今複数の竿でブラウザ読み込み出来なくなってるから気を付けないと。

976 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 07:18 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U   メ /,}    この傷の礼だ  
      >、 ー-=-ー  /T    
      ト、\  ̄  //     
        \`ーt‐"/  

977 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 07:21 ID:???
おーいそろそろ>>5を呼んでこようぜ。


978 :5:03/02/12 07:30 ID:???
すいませんでした。
まさかこんなことになるとは思いもよりませんでした。
今後はディアッカ氏のことを温かく見守りつつ、
応援し続けようと思います。

ディアッカ、ガンバ!

979 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 08:34 ID:???

           -=ニ_'" ,./ '"´ ,. -‐‐-、,      `ヽ、
          _,,/"´´//:...::::::: :/ ̄`゙/   __    `ヽ、
        -‐ァ''",〃::/ //::::/'´  /_,,..-‐''"ヽ、 `,     `r=‐-、
        /::'´,:':::::'"´ ̄´/ ̄``>'"ヽ、      \|      \
      /_:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄  _,二=-、    | /  .   ト、'、
    -‐''"´/,ィ'::::::::::::::::::::::/::/´_,,./ ̄      `>、  l/| ,! .:..   | ヾ
      /´/:::::::/::::::::/,〃゙´ ̄        __,/-‐=\ l':|:.::::::, .ィ /!
       ノ::::,,./::::,イ./'     _,,-==‐''''"´ ', r'´○ヽヾ/:!:::::/:/|/ 
       /'"_ニ/:,:/ |!_l_,. -‐''  ,_   ,,.  ` `ヽ-‐'./::〃/l/ '´
 _,,. -‐''"´ ̄ /,'/:.:.:.:゙、  ゙,     (r-、 \__      /::  | '  よかったなぁ!!痔ぃぃぃ!!
'´::::::::::::::::::::::::::/'゙:l:.:.:.:.:.:.:\ ゙、    `'ー-、 、,>    /:::..::  |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:.:.:.:.:.:.l、:ヽ,.゙、    `ヽ、`'゙    _ノ:::::::::   |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:.:ノ ヽ、〉〉ヽ、   _,,.-‐'''"´,::::::::::::::::/! l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:|/ ̄//  >‐''" _ノl"´!:::,ィ::::/ |l:|
:::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::\:.//,.‐-、/ ̄ ̄7'´:::゙! l/:::/  /リ
::::::::::::::::::::__,/_j`!::::::::::::::::ヾ//⌒) ノ_,/:::::::::::'、//
::::::::,r‐'''" /   |:::::::::::::::::/   'ー/ ̄,r‐、:::::::::::::::::::\
::::/    i´   /、:::::::::::::/    ./:::::/ l |:::::::::::::::::::::::::',
:::|    |    |  \:::/    /:::::/  ート::::::::::::::::::::::::::|
:::!   ノ    !   /     /::::::ノ   .||:::::::::::::::::::::::::::|


980 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 08:45 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    イザークには俺の気持ちなんて……
      ト、\  ̄  //      
        \`ーt‐"/

981 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 08:49 ID:???
           -=ニ_'" ,./ '"´ ,. -‐‐-、,      `ヽ、
          _,,/"´´//:...::::::: :/ ̄`゙/   __    `ヽ、
        -‐ァ''",〃::/ //::::/'´  /_,,..-‐''"ヽ、 `,     `r=‐-、
        /::'´,:':::::'"´ ̄´/ ̄``>'"ヽ、      \|      \
      /_:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄  _,二=-、    | /  .   ト、'、
    -‐''"´/,ィ'::::::::::::::::::::::/::/´_,,./ ̄      `>、  l/| ,! .:..   | ヾ
      /´/:::::::/::::::::/,〃゙´ ̄        __,/-‐=\ l':|:.::::::, .ィ /!
       ノ::::,,./::::,イ./'     _,,-==‐''''"´ ', r'´○ヽヾ/:!:::::/:/|/ 
       /'"_ニ/:,:/ |!_l_,. -‐''  ,_   ,,.  ` `ヽ-‐'./::〃/l/ '´
 _,,. -‐''"´ ̄ /,'/:.:.:.:゙、  ゙,     (r-、 \__      /::  | '  分かるに決まってるだろうがぁぁ!!
'´::::::::::::::::::::::::::/'゙:l:.:.:.:.:.:.:\ ゙、    `'ー-、 、,>    /:::..::  |   ・・・・・・俺とお前の仲だろ?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:.:.:.:.:.:.l、:ヽ,.゙、    `ヽ、`'゙    _ノ:::::::::   |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:.:ノ ヽ、〉〉ヽ、   _,,.-‐'''"´,::::::::::::::::/! l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:|/ ̄//  >‐''" _ノl"´!:::,ィ::::/ |l:|
:::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::\:.//,.‐-、/ ̄ ̄7'´:::゙! l/:::/  /リ
::::::::::::::::::::__,/_j`!::::::::::::::::ヾ//⌒) ノ_,/:::::::::::'、//
::::::::,r‐'''" /   |:::::::::::::::::/   'ー/ ̄,r‐、:::::::::::::::::::\
::::/    i´   /、:::::::::::::/    ./:::::/ l |:::::::::::::::::::::::::',
:::|    |    |  \:::/    /:::::/  ート::::::::::::::::::::::::::|
:::!   ノ    !   /     /::::::ノ   .||:::::::::::::::::::::::::::|

982 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 09:41 ID:???
イザークの中の人も大変ですね

983 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 10:50 ID:???
なんてマッタリとした1000取り合戦なんだ・・・

984 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:23 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    あのキラって奴ががアスランと
      ト、\  ̄  //       幼馴染じゃなかったとしたら
        \`ーt‐"/          俺だってもっと取り上げられたはずなのに

985 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:28 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    色々あったけど
      ト、\  ̄  //       私、このスレが大好きです。
        \`ーt‐"/         

986 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:36 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    グゥレイトォ!
      ト、\  ̄  //   で1000取れたらグゥレイトォ
        \`ーt‐"/         


987 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:38 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}    アップデータ起動
      >、 ー-=-ー  /T     ナーブリンク再構築
      ト、\  ̄  //     ギャリーブレード完了
        \`ーt‐"/          1000ゲットグゥレィッ!!

988 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:57 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    1000はいらない
      ト、\  ̄  //       出番が欲しい
        \`ーt‐"/         


989 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:58 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ '.■ `    ■  ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}    チラ
      >、 ー-=-ー  /T  
      ト、\  ̄  //   
        \`ーt‐"/         


990 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:58 ID:???
どうか



どうかじかんがあったら ぢ のはかに1000をそなえてやってください

そんだけ

991 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 11:59 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ '. ●`    ( ● ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}    ギョロ
      >、 ー-=-ー  /T  
      ト、\  ̄  //   
        \`ーt‐"/         


992 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:05 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ '. ♥`    ( ♥ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T  
      ト、\  ̄  //   
        \`ーt‐"/

993 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:09 ID:???
>>990
泣ける・・・

994 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:13 ID:???
>>989
>>991-992
キモッ

995 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:14 ID:???
どうか



どうかじかんがあったら あふめど のはかに1000をそなえてやってください


996 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:15 ID:???
どうかじかんがあったら らすてぃとみげる のはかに1000をそなえてやってください

997 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:15 ID:???
>>995
まだマーチン(だったか?)が生きてんだろうが。

998 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:16 ID:???
どうか



どうかじかんがあったら あふめど のはかに いざーく をそなえてやってください


999 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:17 ID:???
       _      __
    っ,_ノ)-‐―/    ̄)
   /   / ̄ ~     `ー--')
   |  / /( i  i    ,,-‐   'ー、
 i i  人、ゝゝゝ'/  /〃〃//'  ヽ
 ゝ'N| リ ヽ_,、__  _y'_     ,-Ji
  `Y`‐ス/`~    ̄   ̄ヽ、-彡' Y
  ( ̄7 __       __ {  ,-i  
   `i | ⌒ニ_=、   ,-,ニ_‐⌒<,=J
   (`ハ 'コプエ`    ヘプ7コ ii`) )   
   ヽハ  ̄   ,     ̄  スノ    
    `ヘ、    U     /,}   
      >、 ー-=-ー  /T    1000はいらない
      ト、\  ̄  //       出番が欲しい
        \`ーt‐"/         


1000 :通常の名無しさんの3倍:03/02/12 12:17 ID:???

                      
      ______          ♪
      \|       (___
    ♪   |\            `ヽ、  1000♪
  , `´~^`^ , |  \            \
 〈 ((ノノ从 |   \             〉    ´  ノノ 
 ヽdυ ゚ ヮ゚ノ |      \          /    !(((!´゙リ))
 ‖( iつ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   ノ リ.゚ ヮ゚ノ
 ‖( 匚______ζ--ー―ーrー´    ( ((つ¶ つ 〜♪
  〓〓JJ .‖    ||       .||       く/j_|j〉
 ‖       ‖    ◎      ||   ♪   し'し
.       ◎            .◎

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

355 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)